2月19日 小倉大賞典の穴馬は!? フェブラリーSはスポマスをチェック!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は穴馬の本命がことごとく3、4着と惜しい競馬が続いちゃいましたね。コウセイコタロウ(門司S。11人気3着)とか、超惜しかったのに……。

石橋 武(以下、石) 結果、外したからね。惜しいもへったくれもないよ。それにそういうときこそ人気馬の本命が勝ち切らないといけないのに、それもできてないわけだから。門司Sだけじゃなくて、ほかのレースでもね。

編 まあ、あれだけ上位に走ってくる人気薄を指名し続けているのもすごいし、人気馬の本命が来て、きっちり獲っているレースもあるんですけどね。

石 どうしても配当的にはね。

編 でもすぐに10万馬券とか20万馬券とか獲ってくれるんですよね?

石 うん。

編 「うん。」って、あっさり答えるなぁ、おい(笑)。

石 軽く返事をしたつもりはないけど(笑)、今までの配信をご覧いただいている方なら期待していただけるんじゃないかな。

編 たしかに。なんかもはや10万馬券は当たり前みたいな感じになってますからね。ついこの間も獲ってるし。

石 当たり前は言い過ぎ(笑)。これでもプレッシャーを感じているんだから。

編 そうは見えませんが。だいたいプレッシャーを感じている人が去年のフェブラリーSで最低人気だったコパノリッキーを推奨したりしないでしょ。

石 それもプレッシャーの末だよ。あ、そうだ。フェブラリーSに関してはスポーツマスターのほうで穴馬3頭を挙げて話しているので、興味のある方はチェックしておいて下さいね。トップページの「編集部通信」に掲載されているはずなので。

編 そうそう、そうでしたね。

石 誰でも無料でご覧いただけますので、ぜひ。

編 ということはこっちの対談は?

石 小倉大賞典にしようかなと。

編 お、今週は2レースもお話を聞けてラッキーですね。

石 3レースだよ。土曜日のレースはVstyleでいつも話しているから(毎週金曜日〜更新)。

編 あ、そうか。超ラッキーじゃないですか。

石 当たればね(笑)。じゃあ、そろそろ始めましょうか。

編 はい、お願いします。では小倉大賞典の注目穴馬をお願いします!

石 ダコール、ウインマーレライ、コスモソーンパーク。

編 早っ(笑)。

石 タイプがちょっと似ているんだ。この3頭は小回りで道中のペースが厳しくなったほうが持ち味を発揮できるタイプなんだよね。言い換えると、瞬発力勝負になるとちょっとツライというか。

編 たしかにウインマーレライは小回りのハイペースを前で押し切る競馬がベストでしょうし、コスモソーンパーク、ダコールも小回り、内回りで差してくる馬ですよね。しかもこの差し馬2頭は小倉での成績もいいし。直線が短いのによく差してこれますよね。

石 うん、小回りで前がかりの競馬(ハイペース)になりやすいというのもひとつの理由なんだけど、小倉競馬場はスパイラルカーブを採用しているから、4コーナーでスピードを落とさずに直線に向くことができるんだ。だから小回りのわりに差し馬が台頭しやすいんだ。

編 へ〜、コース形態の影響もあるのか。

石 さすがに開幕したての馬場だと小回りらしい内有利、前有利の傾向が強いんだけど、開催が進むにつれて一気に外差しのレースが増えてくる。先週はまだ前有利、内有利の競馬が多かったけど、今週、とくに日曜日あたりから外差しの競馬にシフトしてくるんじゃないかと。

編 なるほどね〜。

石 日曜日のレースだけに、土曜日にじっくり馬場と展開をチェックできるからね。馬場次第ではさっきの3頭の扱いは軽くなるかもしれないけど、納得のいく答えを出させていただければと。

編 ええ、的中が一番ですから(笑)。ぜひ、じっくりと見ちゃって下さい。

石 なんだそりゃ(笑)。というところかな、現時点では。

編 わかりました。じゃあ、フェブラリーSの見解もチェックしつつ、週末を楽しみにお待ちしております。どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR