単勝二頭流 新装・朝日杯FSの激走穴馬はここを見よ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は3連複祭りとなりましたが(笑)。

石橋 武(以下、石) 3連複祭り(苦笑)。スポーツマスターの編集部通信でもそう言われてたみたいで。

編 ああ、そうなんですか(笑)。まあ、先週の結果がすごかったですからね。3連複の好配当がバンバン当たって。

石 阪神JFは堅かったけどね。

編 でもそれ以外だと、たとえば土曜日に浜松特別の20,400円、日曜日もチバテレ杯の71,240円、中山最終でも13,150円なんかが的中。3連複での7万円超えはなかなかでしょう。

石 ちゃんと穴馬が走ってきているからね。本命、相手に関わらず。

編 そうですね。サーランスロット(浜松特別13人気2着)とか、チバテレ杯は馬券絡みの3頭とも穴馬だったし(カフヴァール6人気1着、クリノタカラチャン10人気2着、カディーシャ7人気3着)、中山最終もレッドグルック(9人気3着)が大激走。よくもまあ、こういう穴馬を推してきますよね。

石 ただね、裏を返せば、本命に推した穴馬がちゃんと勝ち切ってくれれば3連単的中なわけだし、そもそも「単勝二頭流」と銘打っているからには本命馬が勝ってナンボというところはあるからね。その点は修正していかないと。

編 殊勝(笑)。でもまあ、予想をご覧いただいている皆さんもこれだけ穴馬がバンバン激走してきてれば、そのうちすぐに超高配当が当ててくれるというのは、経験でわかっているでしょうし。

石 それは本当にありがたい話なんだけどね、そこに甘えてもダメだろうと。

編 殊勝×2(笑)。

石 茶化すんじゃない(笑)。

編 ここ最近だけでも25万馬券だ、やれチャンピオンズCだと獲っている人がそこまで言うと嫌味なんですよ(笑)。ここまでの成績を残す予想家さんなんて、ホントいないんですから。ま、上を目指すのはいいことだけどね。

石 お〜い、上からものを言ってるぞ(笑)。

編 だっていじけてるから(笑)。

石 いじけてね〜よ(笑)。ラスト2週、そして来年へ向けて気合いを入れてただけ。決意表明だよ。

編 わかりました。じゃあ、今まで以上にハードルを上げて期待してますね。

石 望むところです。目の玉ひんむいてしかと見やがれ!

編 なぜにいきなりけんか腰(笑)。

石 気合いの証だよ。さ、時間も限られてることだし、そろそろ朝日杯FSの話を始めましょうかね。

編 そうですね。今年から舞台を阪神芝1600mに移して、新装・朝日杯FSですね。どういう馬を選べば良いのか迷うファンも多いでしょうから、今日、そして週末の勝負予想とよろしくお願いします。

石 こちらこそよろしくお願いします。

編 さて、さっそくなんですが、現時点ではどの穴馬に注目しておけばいいですか?

石 まずはケツァルテナンゴ。

編 なんかいきなりすごい穴馬から入りますね。

石 そんなに人気ないかな〜。負けたのは前走だけなんだけど。

編 その前走の負けが気になるんじゃないですかね。ほら、この馬に先着した5頭のうち4頭が出てくるわけで、勝負付けは済んだということなんじゃないかと。

石 全然済んでないでしょ。そもそも前走なんて阪神マイルとは求められる適性が大きく違う京都マイルなのに。しかも、ケツァルテナンゴなんて、前走まともに走ってないからね。

編 ああ、掛かっちゃってどうしようもなかったですもんね。抑えるのが精一杯で。前に行ったと思ったら、最後方まで下がるみたいな、チグハグな競馬でした

石 そう。そういう幼さというか、危うさはあるよね。ただ、あんな競馬をしながらも最後はまた伸びてきてるんだよ。普通だったらあれだけ掛かれば終わっちゃうところなんだけど。

編 たしかに上がり3ハロンは34.1と、メンバー中3番目(延べ4番目)の速さなんですよね。

石 あれは能力がなければできない芸当だよね。ましてや前走は京都だったわけだから。

編 さっきも阪神と京都は求められる適性が違うと言ってましたよね。

石 京都はパワーがいらないからね。下り坂を利用して勝手に加速するし、直線も平坦。いわゆる長く良い脚を使うタイプに有利だよね。

編 阪神は?

石 長い直線で自らトップスピードに持っていかなくてはならないし、急坂もある。瞬発力も大切だけど、パワーとかタフさが必要になってくるんだ。ケツァルテナンゴは、今回と同じ阪神マイルでも勝っているし、もっとタフな中京マイルでも中京2歳Sを勝っている。しかも2戦ともメンバー中最速の上がりでね。こういうタフなコースに向いている証だと言えるね。

編 なるほどね〜。

石 休み明けの前走をひと叩きされた上積みも見込めるし、なによりもいいガス抜きになったんじゃないかな。好勝負が期待できるよ。

編 前走の凡走で人気を落としたのはラッキーなんですね。期待してます。

石 続いてはナヴィオンをチェック。

編 デイリー杯の3着馬ですね。

石 そう、前走は結果的に前を捕らえ切れなかったけど、2走前のききょうSなんかをみていると、阪神で良いタイプだよね。坂でも脚色が衰えないというか、最後までしっかり伸び切れる。

編 たしかに京都とか新潟だと伸びてはいるけど、ちょっと足りないと言う競馬に見えますね。

石 ん〜、まあ、前走は位置取りが悪かったのが敗因だとは思うけど。ただ、デビュー当初と比較すると、前めの位置で競馬ができるようになったのは収穫。やっぱり最後方からの末脚一辺倒じゃ、展開に左右されるからね。中団から差し脚を活かす競馬に期待したいね。

編 そうですね。

石 あとはジャストドゥイング。

編 前走は東スポ杯で10着に大敗。え〜と、どのあたりを評価したんでしょうか。

石 1800mでの実績。

編 はあ。

石 間抜けな返事をするんじゃない(笑)。さっきも言ったように阪神芝1600mというのは京都なんかに比べると非常にタフなコースなんだよね。

編 ええ。

石 しかもG1ともなれば2歳馬にとっては結構ハードなんだ。その点、1800mを経験している馬というのは、ある意味1600mより(スタミナ的に)タフな競馬を経験しているとも言える。実際、阪神マイルの2歳戦では前走から距離を短縮してきた馬というのが良く走るんだ。

編 へ〜、そうなんですね。逆に距離延長してきた馬は?

石 もう全然ダメ。たしか勝率にすると10%以上の差がついてたと思うよ。

編 そんなに違うんですか!?

石 そうなんだよ。ジャストドゥイングは、福島、新潟とまったく違うコース形態の1800mでメンバー中最速の上がりを使えているし、新馬戦を見てもわかるように、マイル戦にも対応できている。

編 前走の負けは気になりませんか?

石 なる(笑)。ただ、2カ月の間隔があいてプラス12キロの馬体重。ちょっと重かったかなと。それがゴール前での失速に繋がった気がするね。今回の馬体重云々は僕らが考えてもどうしようもないけど、前走をひと叩きしたのは明らかにプラス。上積みも含めて期待したいね。

編 わかりました。では、現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 そうね。最終的にどの穴馬を推すのかは、スポーツマスターの勝負予想でご覧いただければと。

編 で、土曜日のレースについての見解は、金曜日に公開されるVstyleでご覧いただくと。

石 そうね。ようやくそのサイクルに慣れてきた(笑)。

編 僕もです(笑)。では、今週末も期待してますね。どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR