単勝二頭流 ジャパンCの注目穴馬は意外なアノ馬!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さ〜ん、25万馬券当てた次の週に好配当ゲットならずとかやめて下さいよ〜。

石橋 武(以下、石) いや〜、ホント面目ない。そうなんだよね。ここで高配当が決まってれば年末まで遊びながら馬券買ってられるくりの余裕が出せたんだけどね。

編 まあ、遊んでもらっても困るんですけど。

石 たとえだよ、たとえ。

編 もちろん毎週20万、30万の馬券が当たるとは思ってないですし、結果的に馬券が当たってない週だってあるとは思うんですけど、25万とか当たっちゃった次の週でバカみたいに馬券買っちゃうじゃないですか。

石 そこは、いつもと同じだけ買ってもらえればいいんですけど。

編 そういうわけにもいかないんです、競馬好きは。ま、それでもトータル的に全然プラスなんでいいんですけど、今週は頼みますね。調子崩したわけじゃないんですよね。

石 もちろん。調子を崩すのって、センスで買っている人に多いでしょ。勝負予想の見解を読んでもらえればわかると思うけど、僕はセンスがないぶん、わりと理詰めで決めるタイプだから調子が悪いとかってあまりないんだよね。

編 じゃあ、先週はその理詰めの「理」が間違っていたと。

石 ハッキリ言うね(苦笑)。まあ、結果からすると間違っていたことになるんだろうけど、決して言い訳をするわけじゃなくて、ちょっと歯車が噛み合わなかったというか。

編 まあ、たしかに惜しい!というレースがいくつもありましたからね。マイルCSだって、穴馬の本命◎エキストラエンド(12人気5着)が最後の直線でスムーズに伸びてこられていれば馬券に絡んでいたでしょうし、人気の本命◎フィエロ(3人気2着)も勝ったダノンシャークに目標にされちゃってましたしね。で、そのダノンシャーク(8人気1着)も相手筆頭に評価。さっき文句は言ったものの、さすがの予想ではあるんですよ。特に人気薄の選択が絶妙で。だから余計に悔しいという。

石 大丈夫。僕がいちばん悔しいから。ただ、歯車が噛み合なかった原因も把握できているし、東京、京都の最終週を良い形で締めくくれると思う。先週のぶんは早めに取り返しておかないとね。

編 そうですよ〜。お願いしますね。ちなみに歯車が噛み合なかった原因ってなんだったんですか? さっきのレースのスムーズさを欠いたとか、そういうことを除くと。

石 一言で言えば、馬場傾向の読みがちょっとズレてた。先々週までの福島がたぶんエクイターフの影響なんだろうけど、全然悪くならないのよ。ずっと前が残るというか。で、京都ってそのエクイターフの割合がいちばん少ない競馬場なんだよね。だからそろそろ内が荒れて外が伸びてくるだろうなという意識がちょっと強かったかな。東京も先週からCコース替わりで、前残りが増えるのは当然なんだけど、その傾向がいつもより強かったというか。まあ、このあたりは馬場の傾向だけじゃなくて、出走馬、レースのレベルにも拠るところだから、これだけが原因ですって言うわけじゃないけどね。

編 なるほど。

石 途中から聞くのあきらめただろ(笑)。

編 だって、エクイターフとか出ちゃったらわかんないですもん(笑)。とりあえず僕の耳にには、今週は馬場の傾向に気をつけて、頑張りますっていうふうに聞こえました。

石 脱力……。まあ、もうなんでもいいよ。

編 まあまあ、そんなにガッカリしないで(笑)。

石 うるさい(笑)。それで今日はジャパンCの話?

編 そうで〜す。かなりハイレベルなメンバーが集まって、難しそうな一戦ですが。

石 難しそうというか、難しいよね(笑)。でもジャパンCはJRAのG1のなかでももっとも厳しいレースになることが多くて、すごく好きなんだ。だから相性もいいんだよね。

編 去年もデニムアンドルビーに本命を打ってましたよね。人気ないのにジェンティルドンナにハナ差まで詰め寄って(7人気2着)、石橋すげ〜なと思ったのを覚えてます。

石 そこ、呼び捨てになってる(笑)。

編 心の中を忠実に再現してみました(笑)。ただジャパンCって堅いイメージがあるんですよね。去年はたまたまというか、高配当になりましたけど。

石 まあね。ここ10年で1番人気馬が馬券に絡まなかったのは1回だけだし、2番人気も6回は馬券に絡んでいるからね。

編 あ、ホントだ。しかもたった1回だけ馬券圏内を外した1番人気って、外国馬のデインドリームだったんだ(11年)。

石 そう。日本馬が1番人気に推されたときは無条件に馬券に絡んでいるんだ。

編 となると、穴馬の出る幕が……。

石 ないね。

編 え〜〜!

石 ウソウソ。ちゃんとあるよ(笑)。ほら、今までの結果を見てごらん? ジャパンCは人気馬2頭+穴馬1頭で決まるケースが多いでしょ。

編 ホントだ。なんででしょうね。

石 さっきもちょっと言ったけど、ジャパンCはレースレベルが高くなるからね。能力上位の人気馬がガチンコ勝負するなか、人気薄は一矢報いようと逃げとか追い込みとか一発狙いの競馬がハマるんだ。

編 ああ、なるほどね〜。一昨年の3着馬ジャガーメイル(14人気3着)なんてまさにそんな競馬でしたよね。

石 そうそう。人気馬の能力、適性をちゃんと精査したうえで、そういう穴馬を見つけておけばほぼ当たるレース。って言うと、ちょっと強気すぎるか。

編 でもそのチェックが難しい外国馬が参戦してきますよね、ジャパンCは。

石 外国馬なんてここ10年一度も買ってないよ(笑)。それこそさっきのデインドリームがまさにそうだったんだけど、凱旋門賞で強い勝ち方をする馬って、言い換えればロンシャン芝2400mが合うわけであって、別に日本で強いわけじゃないからね。反対にディープインパクトだって、オルフェーヴルだって日本の馬場には合うけど、向こうの馬場には合わないわけでしょ。

編 まあ、そうなんですよね。でもつい引きづられちゃうというか、たとえば凱旋門賞馬が参戦ですっ!なんてなったら買っちゃうんだよな〜(笑)。

石 どうせ買うんだったら、凱旋門賞で負けた馬とか、ヨーロッパでは一流ではない戦績の馬のほうを選ぶべき。今年のアイヴァンホウみたいに。

編 は? 外国馬を取り上げるんですか? さっき10年以上買ったことがないと言いながら?

石 そう、超久しぶりにね。

編 アイヴァンホウのどこを評価したんです?

石 まさにさっき言ったように、凱旋門賞ではまったく走れなかったし、ヨーロッパではとても一流とは言えない戦績という点。それでもG2では地位は盤石のようだし、G1を勝つだけの能力もあるのがいい。

編 ちょっと言ってる意味がわからないんですけど……。

石 向こうの一流馬、たとえばダービーをはじめとするG1を勝ちまくっちゃうような馬って、能力もさることながら、向こうの馬場への適性が非常に高いわけ。

編 そうですよね。じゃないと、そんな成績を残せませんから。

石 でもそのどちらかが欠けている馬について考えてみようか。

編 はい。

石 まずは適性があるけど、能力はない馬。これは簡単だよね。いくら適性があっても能力が足りなければ、とてもじゃないけど重賞では活躍できない。日本で言えば条件馬という感じかな。500万下とかの。

編 では、適性はないけど、能力は高い馬は?

石 能力が高ければ、適性がなくとも重賞の上位に走ってこられる可能性は高いよね。さっきのディープとかオルフェもそうだったけど。オルフェはちょっと適性もあったけど。

編 たしかに能力だけで上位に食い込んだ印象ですよね。

石 もっとわかりやすくいうと今年の凱旋門賞のハープスターみたいなものか。ジョッキー云々は置いといて、適性はまったくないんだけど、最後の直線だけで6着まで伸びてくるみたいなね。

編 その外国馬バージョンがアイヴァンホウだと。

石 そういうこと。向こうの馬場への適性はそんなに高くないけど、能力があるからG2なら確勝級だろうし、すべてのG1で好走するわけじゃないけど、なかには勝つレースもある。

編 そういうことか〜。でもそういう馬が日本の馬場に適性があるかどうかはわからないですよね。

石 その通り。こればっかりは走ってみないとわからないよ。ただね、向こうでの惨敗も含めた競馬ぶりを見ていると、強い日本馬が向こうで走ったような戦績なんだよね。それに全然人気がないわけじゃない。

編 ええ。最近の外国馬の成績が悪いし、さすがに外国馬が人気になるようなメンバー構成じゃないですよね。

石 でしょ? ここまで人気がないならチェックしておいて損はないと思うよ。

編 たしかに。実際に馬券を買うかどうかは、週末の勝負予想まで待ちますけど、この馬が馬券に絡んだらデカイですよね。完全にノーマークでしたけど、ちょっと楽しみになってきました。

石 続いてチェックするのはヒットザターゲット。

編 前走も天皇賞(秋)で5着と、このところ良い競馬が続いているんですけど、あとひと押しが足りないというか。

石 それがいいんだよ。ジャガーメイルみたいなイメージを持ってもらえるとわかりやすいんじゃないかな。

編 ああ〜、たしかに!

石 本質的にはタフさ売りのジャガーメイルとは違うんだけど、天皇賞(秋)なんかだと、スピード負けというか展開待ちというか、ちょっと足りないのは同じ。それがジャパンCになって流れもタフになれば、この馬の着拾い的な競馬がハマってくる。言ってみれば、ジャガーメイルの場合はタフな流れで本気を出せて3着。ヒットザターゲットの場合は、他馬がキツくなってきたところで本気を出して馬券圏内を狙うというね。

編 強者には強者の、弱者には弱者の戦い方があるってことですね。

石 そういうこと。ただ、この馬の末脚は本物だし、それが安定して出せるようになってきたからね。決して侮れない一頭だよ。

編 正直、侮ってましたけど(笑)、ちゃんと見直します!

石 もう一頭はデニムアンドルビー。去年の2着があるから、このレースに向いていることは言うまでもないんだけど、このジャパンCはリピーターが多いからね、特に牝馬は。

編 そうですね。前走の天皇賞(秋)も窮屈になりながらも、僅差まで脚を伸ばしていますし、去年同様の走りが期待できそうですね。

石 現時点ではこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。あ、そうだ。

石 なに?

編 今日のこの対談って、ブログだけじゃなくて、スポーツマスターでも公開させてくれって言われてたんだ。

石 あ、そうなんだ。

編 ええ。注目度の高いレースだから、ぜひって言ってましたよ。どうしましょう、録り直しましょうか。

石 なんでだよ(笑)。どこで話そうが、内容に変わりはないよ。このまま出せばいいよ。もしくはキミの名前だけ変えるとか。

編 なんでですか(笑)。そういうところで、ちゃんと仕事してるんだとアピールしておかないと。

石 ちゃんとねぇ。仕事してる風ねぇ。

編 風じゃないです、してるんです(笑)。とにかく、今週も新設重賞の京都2歳S、京阪杯もありますし、ジャパンCともどもお願いしますね。

石 はい。ぜひご期待下さい。



※土曜日のレースの見解はVstyleにて絶賛公開中!


-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR