単勝二頭流対談 〜アルゼンチン共和国杯の穴馬をチェック!〜

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、石橋さん。すごいんだけどもどかしい週末でした。

石橋 武(以下、石) そうハッキリ言ってくれると、むしろこちらも話しやすいよ(苦笑)。ホントもどかしかった。

編 ですよね。超のつく穴馬を本命に推して、しかもちゃんと上位に走ってきてるんですよ。だけども馬券としては単勝、3連複のみの的中だったり、ハズレだったりと。あ、あっちの反響がハンパなく大きかったです。

石 なんの反響?

編 Vstyleの土曜日の対談ですよ。

石 ああ、アルテミスSね。

編 ええ、ご覧になった方も多いと思うんですけど、穴馬3頭を取り上げて。ココロノアイが9番人気1着、トーセンラークが11人気3着ですよ。そりゃm反響も大きいはずですよ。しかもまだ力関係のはっきりしていない2歳馬の重賞ですからね。

石 ちなみにもう1頭はタマモルミエールの13番人気12着。

編 あえて言わなかったのに(笑)。

石 フェアじゃないでしょ。好走した馬だけ取り上げるのは。

編 真面目かっ! ただ、そのアルテミスSは3連複24,100円の的中がありましたけど、さっきも言ったように土日を通してもどかしい競馬が続いたかなと。

石 そうなんだよね。でもまあ、大丈夫だけどね。今週末で取り返せるでしょ。

編 自信ありすぎでしょ(笑)。でも、先週初めて石橋さんの予想をご覧になった方も多いと思うんですよ。お申し込みが異常に増えていたので。

石 あ〜、そういう方は不安になっちゃうよね。申し訳ない。

編 そう、だからさっき石橋さんが言った「大丈夫でしょ」の根拠が知りたいなと。

石 根拠!?

編 はい。

石 ん〜、まず基本的に単勝二頭流自体が穴狙いの予想ということだよね。全レース当てるのが理想とはいえ、競馬で毎週それを狙うのは無謀。年に1度あるかないかぐらいでしょ。ただ、高配当馬券っていうのは毎週出ている。

編 ええ、それこそ先週のアルテミスSだって13万馬券ですからね。

石 そう、そういう馬券を狙う、そしてある一定以上の的中率をキープすれば、トータル的に勝てるからね。実際そうだし。

編 ええ。ことあるごとに30万馬券だ〜、20万馬券だ〜って獲ってますからね、石橋さんは。たとえ1週は負けても、4週トータルで見たら余裕で勝ってるというか。

石 そうね。それともうひとつ。え〜と、あ、そうだ。先週の馬券に絡んだ本命馬を見てもらおうかな。恥をさらすみたいだけど。

土曜日
アルテミスS
◎トーセンラーク(11人気3着)
東京12R
◎アンジェリック(3人気)

日曜日
東京9R 国立特別
◎ボンジュールココロ(7人気3着)
東京10R ウオッカC
◎アルボナンザ(5人気3着)
福島11R 河北新報杯
◎ワイルドジョイ(11人気2着)
東京11R 天皇賞・秋
◎スピルバーグ(5人気1着) 
京都12R
◎トータルヒート(4人気3着)

編 改めてこう並べてみると、すごい走ってるんですよね。ふたケタ人気馬が馬券に絡むことなんてそうそうないのに、それが2鞍もあって。しかもヒモとかなじゃなくて、本命ですからね。これ全部。

石 土曜日は4レース配信して2つは本命が馬券に絡めなかったんだけど、日曜日は配信した全部のレースで馬券絡みしているでしょ?

編 ええ。

石 これで外しているレースもあるから恥をさらしているだけなんだけど。単勝二頭流だけに、ホントは全部1着というのが理想なわけだし。

編 たしかに(笑)。あ、冗談です。ただ、これだけ本命の精度が高いというのは、異常ですよ。石橋さんが自信を持って、「今週取り戻せるでしょ」って言える理由が一目瞭然ですね。

石 もちろん競馬だけに今週で絶対取り戻せますよなんてことは口が裂けても言えないんだけど、ただ続けてもらえればさっきみたいな高配当がすぐにでも当たるというのは実感してもらえると思うんだよね。

編 もう十分に実感しております(笑)。

石 今は東京、京都、福島だけど、3場とも馬場傾向とか、そういったことはちゃんと掴めているし、うん、今週末も期待していただければと。

編 そうですね。じゃあ、そろそろ今週末のレースについても伺っていこうかと。

石 アルゼンチン共和国杯でいいんだっけ?

編 ええ。あ、ちなみにVstyleではどのレースを取り上げるですか?

石 先週と同じく2歳牝馬重賞のフェアリーSにしようかな。金曜日の18時にはアップされていると思うので、そちらも合わせて参考にしていただければと。

編 もちろんですよ。だって、先週のアルテミスSがあれですからね。見るなと言われても見るでしょ(笑)。

石 まあ、見るなとは言わないので。さて、じゃあ始めましょうかね。

編 はい。では石橋さんのアルゼンチン共和国杯の注目穴馬を教えて下さい。

石 了解。じゃあ、まずはマイネルジェイドに注目。

編 マイネルジェイドって、中山巧者じゃないですか? 東京ではあんまり走っていない印象ですけど。

石 そう、その通り。でも今回のアルゼンチン共和国杯はそれがいいほうに出るレースなんだよね。

編 と、言いますと?

石 ん〜、例えばダービーが行なわれる東京芝2400mとか、天皇賞・秋の東京芝2000mとかね、そういうコースって瞬発量勝負になるでしょ?

編 ええ。直線の長い東京コースですし、瞬発力勝負という意味ではJRA全10場のなかでも一、二を争うコースですよね。

石 そうね。だからマイネルジェイドは東京コースで勝てないわけだよね。スパッと切れる脚を持ってないから。

編 ええ。でも、だからなんでアルゼンチン共和国杯はそれでいいんですか?

石 瞬発力よりも持続力というか、負荷のかかるレースで走れる能力が求められるから。マイネルジェイドは、中山とか福島コースで速い上がりを使えるタイプなんだけど、これって過去の好走馬と同じなんだよね。去年の勝ち馬のアスカクリチャンなんかもそうだったし。

編 ああ、たしかに。そんなタイプが多いですよね。ルルーシュもそうだし。

石 でしょ? というのも、東京芝2500mってスタートが最後の直線の坂の手前なんだ。要するに2回の坂超えがあるコースなんだよね。

編 ああ、だからタフな馬が走りやすいという。

石 そうね、簡単に言うと。スタート直後、そしてゴール直前の坂は馬にとっては相当堪える。これをクリアできる馬って、瞬発力、軽いスピードはないけど小回りでずっと小脚を使い続けることができるようなタイプなんだ。しかもその流れでメンバー中上位の上がりを使えるようなね。

編 なるほどね〜。

石 続いてはコスモロビンをチェック。

編 この馬も中山での好走が目立ちますよね。あ、去年のこのレースでも4着に善戦しているのか。

石 そうそう。中山芝2500mで速い上がりを使えているし、去年の10番人気4着というのも決してフロックではない。ハンデももらったとしても去年と同じだろうし、休み明けも問題ないからね。

編 去年の好走実績があるだけに、もうちょっと人気するのかなと思ったんですが、そうでもなさそうですよね。

石 そう、ラッキーなことに。アルゼンチン共和国杯はリピーターが多いレースだし、去年以上の走りを期待したいね。

編 そうですね。

石 あとはクリールカイザー。

編 たしかに中山で速い上がりを使うタイプですけど、人気じゃないですか〜?

石 いやいや、そんなに人気しないでしょ。

編 え〜、下手したら4番人気、5番人気じゃないですか?

石 それぐらい勘弁してよ。

編 VstyleでやったアルテミスSはふたケタ人気とかだったのに〜。

石 そりゃ、レースによって変わるだろ。ね、クリールカイザーでいきますよ。

編 しょうがないか。ただ、たしかにさっきも言ったように、中山とかのタフな流れで速い上がりを使えているんですよね。

石 それに最近感じるんだけど、この馬って年齢からくるものなのか、けっこうズブくなっているように感じるんだよね。追い出してからエンジンがかかるまでがワンテンポ遅れるというか。

編 へ〜、そうなんですね。

石 その点、直線の長い東京コースに替わるのはプラス材料だし、休み明けを叩かれつつ着実に上昇しているのも強調材料。勝ち負けまで期待できるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということで。

石 そうね。最終結論はいつも通りスポーツマスターで配信しますので。あ、土曜日分の対談はVstyleで確認して下さい。

編 金曜日の夕方ですね。楽しみにしてます。それでは今週も超人気薄の激走を期待してます! 石橋さん、ありがとうございました。

石 ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR