再開記念第2弾! 富士Sの注目穴馬はこちら!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、netkeiba.comの対談も無事に最終回を終えまして、ひとまずはお疲れ様でした。

石橋 武(以下、石) はい、お疲れさまでした。

編 とは言っても、来週以降もこのブログで対談を続けていくので、僕らとしては何も変わらないんですけどね(笑)。

石 まあね。こちらに引っ越しても大勢の方に見に来てもらえるように、クオリティーを上げていかないとね。

編 そうですね。その点も踏まえて、今週の対談で初めて対談の引っ越しを知ったという方もいらっしゃると思いますので、改めて皆さんに今後の予定をお伝えいただけますか?

石 そうだね。では改めて。まず、今までnetkeiba.comさんで連載していた日曜日の重賞に関するお話は、毎週木曜日の18時までにこのブログにアップします。内容も今までと変わりなく、穴馬3頭をピックアップ。もちろん無料でご覧いただきます。

編 ということです。

石 それともうひとつ。

編 あら? 何かありましたっけ?

石 ブログ再開記念ということで、先週と今週は土曜日の重賞についてもお話ししているんだけど、これを続けてほしいという声が寄せられていまして。

編 そりゃ、僕だって可能なら続けてほしいですけど、そんな時間あります? 勝負予想もあるのに。

石 そうなんだよね〜。でもせっかくのリクエストだしなぁ。どうしようかな〜と思ってたところに、Vstyle(ヴイスタイル)さんというサイトからいいタイミングでオファーがありまして。

編 時間は大丈夫なんですか?

石 うん、そちらの編集の方が木曜日の深夜に動いてくれるということで、時間の問題はクリアできそうなんだ。

編 へ〜、それは楽しみですね。ちなみにそちらの公開スケジュールも決まっているんですか?

石 え〜とね。金曜日の夕方から深夜にかけてのアップになるかと。ためしに今週はここで富士S、Vstyleさんでも土曜日の富士S以外のレースをアップしてもらうので、金曜日にでも一度遊びに行ってみて下さい。

編 ということは、今週は3レース分も石橋さんの話が聞けるんですね。

石 そうなるね。なんか申し訳ないけど(笑)。

編 なんでですか(笑)、かなりありがたいですよ。ちなみにVstyleさんのほうの対談も無料で読めるんですか?

石 ええ、そうなるように交渉してきました。

編 さすが!

石 そのほかVstyleさんでは有料コンテンツ(月額540円)もありますので、詳しくはサイトのほうで確認してみて下さい。

編 そうします。コンテンツが増えてきたので、ちょっと整理させて下さい。アップ時に配信内用の詳細も追記しておくので。以下のスケジュールで合ってますよね?

木曜日:このブログで日曜日の重賞について対談(無料)
金曜日:Vstyleで土曜日の重賞について対談(無料)
   :Vstyleの有料コンテンツあり(上記対談+各馬の印を掲載)
   :スポーツマスターで勝負予想配信(有料)
土曜日:Vstyleで有料コンテンツあり(日曜日の勝負予想から重賞以外の1レースをピックアップ。見解、印、買い目を配信)
   :スポーツマスターで勝負予想配信(有料)

編 こんな感じでしょうか?

石 はい、合ってます。

編 大忙しじゃないですか(笑)。

石 そうなんだよね(笑)。でもできるだけ皆さんのご希望に沿えるようにと考えた結果だし、今は楽しみのほうが大きいよ。

編 素晴らしい! 半年後もその意気を忘れないで下さいね(笑)。

石 キミじゃないんだから(笑)。もちろんクオリティーを下げることなく続けていきますよ。

編 楽しみにしてま〜す! それでは本日のお楽しみに参りましょう。土曜日に行われる富士Sの注目穴馬を教えていただければと。

石 そう、ここからが本題だったよね(笑)。

編 そうなんです。お願いします。

石 了解。まずはクラリティシチーに注目しておこうか。

編 前走はセントライト記念で11着。距離が影響したんでしょうか。

石 ん〜、それはなんとも言えないけど、今回東京芝1600mに替わるのは大きなプラスだよ。

編 たしかに東京コースでは【1 1 2 0】と大崩れなく走っていますよね。

石 そう、東京だと距離にかかわらず追走するのがラクなんだよね。反対に中山とか福島みたいな小回りコースだと1コーナーまでに置かれてしまって、早めにまくりぎみに仕掛けるという強気な、というかムチャな競馬になっちゃうという。

編 ああ、たしかに。

石 行き脚がつかない馬だから、スタートしてすぐコーナーだとどうしてもポジションを下げちゃうんだ。その点東京コース、とくに今回の東京芝1600mだと最初のコーナーまでの距離が長いから、そこまでポジションを下げなくて済むんだ。

編 なるほどね〜。

石 東京コースなら先行しても差してもちゃんと末脚を伸ばせる馬だし、鞍上が不安ではあるけど、普通にスムーズな競馬ができれば好走が期待できるよ。

編 続いてチェックするのは?

石 ミトラもいいね。

編 この馬も東京巧者で【3 1 0 1】という成績を残していますね。

石 そうね。以前はダートを走っていたこともあって(一本調子になりやすい)1400mタイプかなとも思っていたんだけど、東京マイルでの1600万特別(紅葉S)勝ちとか、前走の京成杯AHなんかを見てると、上手く緩急のある競馬にも対応していて、成長の跡がうかがえる。2走前の関屋記念は不利もあって大敗したけど、馬場のいい東京で好位からできる強みもあるし、大駆けが期待できるよ。

編 たしかに、前走も長い直線でヨーイドンの競馬になりましたけど、好位から脚を伸ばしてきましたよね。

石 今回はメンバー的にも中団から進めたい有力馬が多いだけに、展開面でも期待できるしね。要チェックだよ。

編 わかりました。

石 あとはシャイニープリンスもチェックしておこうか。

編 3走前に今回と同じ東京芝1600mの多摩川Sを勝って再昇級。すでにオープンの東風Sを勝っているように、能力的にはまったく問題ないですよね。

石 ないね。というか去年のこのレースの3着馬でもあるしね。

編 あ、そうか。

石 近走は展開が向かなかったり、不利をうけたりとイマイチ力を出し切れていないだけで、能力が足りない云々の話ではない。敗因ははっきりしているからね。

編 むしろ巻き返しが期待できると。

石 そうだね。

編 わかりました。では土曜日の富士Sはこの3頭の穴馬に注目ということで。さて、来週は天皇賞・秋ということですが、このレースを楽しみにしていたんですって?

石 まあ、どのレースも楽しみだけど、今年の天皇賞・秋は大混戦になりそうでしょ。

編 たしかに。凱旋門賞組の3頭が出てこないし、3歳馬の参戦もあるということで、力関係が把握しづらいですよね。

石 そう、そんなふうに思われてるんだよね。ただ、この夏からの一連の競馬を見ているとある程度の力関係の把握はできるはずなんだ。

編 じゃあ、石橋さんは?

石 もちろんできているつもり。来週はそのあたりも含めてお話しするので、また遊びに来ていただければと。

編 もちろんです。来週もよろしくおねがいします。というか、今週末もよろしくお願いします。Vstyleさんのほうも楽しみにしていますね。

石 はい。乞うご期待です!



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR