ブログ再開記念! 府中牝馬Sの穴馬はこれだ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、なんか新鮮ですね。ひさびさにこの場に戻ってくると。

石橋 武(以下、石) たしかに。またここで長く続けていけるというのは、いいね。

編 そうですね。まあ、いろいろとあったようですが(詳細はnetkeiba.comをご覧下さい)、ブログ再開ということで!

石 いろいろはないけど、ま、クオリティーを落とさずにこっちで自由に話そうかなと。

編 僕らは石橋さんのお話が聞ければ、どこでもいいので(笑)。皆さんもブックマークをよろしくお願いしますね。

石 そう言っていただけると嬉しいよね、キミじゃなくて読者の方に(笑)。さて、ブログ再開ということで、簡単に今後の予定をお話しておきましょう。

編 お願いします!

石 まず本日はブログ再開記念ということで、今週の土曜日に行われる府中牝馬Sについてお話していきます。日曜日の秋華賞はnetkeiba.comさんのほうをご覧下さい。

編 はい。

石 で、来週の土曜日の富士Sもブログ再開記念第2弾ということで、こちらで公開します。

編 netkeiba.comさんは来週で最終回ですよね。

石 そう、菊花賞が最後。ですので、天皇賞・秋以降のG1をはじめとする日曜日の重賞のお話は、今後はこのブログで公開していくことになります。

編 毎週ですね?

石 そう、毎週。毎週木曜日の18時、今までのクオリティーを一切落とさず、内容も注目穴馬3頭をピックアップ、そして無料と何も変えずに続けていこうかと。

編 公開場所が変わるというこだけで。

石 そういうこと。

編 ちなみに富士S以降の土曜日の話は?

石 欲しがるね〜(笑)。実は土曜日の対談も本格的に始めようかと思っているんだ。せっかく再開記念と称して公開するんだから、そのまま続けてみようかなと思って。

編 おお、やった〜! 欲しがってみるもんだ(笑)。

石 詳しくは来週くらいにお伝えできるかなと。

編 わかりました。ではブログ再開記念第一弾ということで、府中牝馬Sの注目穴馬をお願いします!

石 了解。まずはスイートサルサをチェックしようか。

編 去年の3着馬ですもんね。

石 そうね。去年はスローペースで好位からの競馬になったんだけど、この馬のすごいところはどの位置からでも、脚を使えるというところ。

編 たしかに。後方から直線一気という競馬もあれば、2走前のようにハイペースを前で押し切る競馬もできるという。

石 前走は出遅れてまったく競馬をしなかったけど、もともと出遅れグセのある馬でもないし、前走のダメージがないぶん、かえって馬にとっては良かったかなと。道悪を走ったあとだったしね。

編 そうですね。

石 形のうえでは格上挑戦になるんだけど、実績、適性からも互角以上の戦いができるよ。期待大だね。

編 そうですね。

石 続いてチェックするのはアミカブルナンバー。

編 1400mのイメージしかないですけど、距離は大丈夫ですか? 1800mは初めてですよね。

石 まあ、そうくるわな。距離に関しては厳密に言うとやってみないとわからない部分はある。ただ、持つだろうなという根拠はあるよ。

編 その根拠を教えて下さい。

石 それは1400m巧者であるということ。

編 は?

石 スポーツマスターの勝負予想をご覧になっている方ならわかると思うんだけど、1400m戦っていうのは緩急がつきづらく、非常にタフな流れになりやすいんだ。

編 ええ。だから石橋さんはいつも「1400mはスペシャリストを狙え」って言ってますもんね。

石 そうそう。1400m巧者って、だから実際に走っている字面以上のスタミナの持ち主であることが多いんだ。

編 ああ、字面のうえでは1400mだけど、求められるのはそれ以上のスタミナという?

石 そうそう。それに1400mが非根幹距離だけに、(根幹距離の)1200mや1600mのレースより(非根幹距離の)1800mのほうが対応しやすいということもある。まあ、このあたりを詳しく説明しだしちゃうと、えらい時間が掛かっちゃうので「1400m巧者には1800m巧者の素質がある」って覚えておいてもらえばいいよ。

編 そうします(笑)。簡単に理解できそうもない(笑)。つまり、1400mを走っていれば、1800mはもつってことですね。

石 そういうこと。アミカブルナンバーは、1400mで重賞級の走りを見せているし、牝馬限定のここなら能力上位と言ってもいい。かなり楽しみな穴馬だよ。

編 なるほどね〜。

石 あとはオツウもチェック。

編 前走こそ大敗しちゃいましたけど、芝・ダに限らず大崩れしない馬ですよね。

石 そうだね。前走は大逃げを打って潰れてしまったけど、というかあのペースで行ってもつわけがないんだけど、本来は好位でも競馬ができるくらいの馬だからね。

編 そうですね。いろんな意味で前走はびっくりしましたけど。

石 過去の戦績からも1800m巧者なのは間違いないし、1000万特別を連勝してくるあたりは能力がなければできないこと。牝馬限定戦なら引き続き好勝負できるよ。

編 3歳時にはレッドオーヴァルあたりとも好勝負になっていた馬ですからね。ちょっと遠回りしましたけど、ここで一発決めてほしいですね。

石 うん、十分可能だと思う。

編 わかりました。では週末の勝負予想のほうも期待していますね。

石 今週末は楽しみだよね。秋華賞も高配当が狙えそうだし、うん、期待していただければと。

編 では来週もよろしくお願いします。ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR