ファンタジーSの注目馬をこっそり公開中!


※ この対談は枠順確定前に行われています。週末に配信する最終結論と各馬の評価が異なる可能性があります。あらかじめご了承下さい。


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週からはnetkeiba.comのコラムだけではなくて、ここでも週末のレースについてお話を伺えるということで。

石橋 武(以下、石) ええ、まあほかの仕事との兼ね合いもあるので、「必ず毎週更新する」とお約束まではできないんですけど、できる限り頑張ってみようかと。

編 大体、木曜日か金曜日に?

石 そうですね。対談自体は今日のように月曜日に行うんですけど、もろもろの事情で更新するのは木曜日か、遅くとも金曜日の夕方までにはという感じになりそうです。

編 わかりました。とにかく毎週更新していただけることを期待しています(笑)。

石 ええ〜っと、頑張ります(笑)。

編 というわけで、さっそく始めましょうか。今日はどのレースを取り上げます? netkeiba.comではエリザベス女王杯のお話をされたんですよね?

石 そうですね。じゃあ、ここでは土曜日の牝馬重賞、ファンタジーSについて話しましょうか?

編 お、土日で牝馬祭りですね(笑)。わかりました。では現時点での石橋さんの注目馬を教えていただけますか?

石 はい、じゃあまずはフクノドリーム。

編 ちょっと人気は読みづらいですけど、連勝中だけにある程度の評価は受けそうですね。

石 それって、遠回しに人気馬なんか挙げるなよと言ってます(笑)?

編 ちょっとだけ(笑)。

石 僕としては、短距離のダート戦で連勝してきている馬だからこそ、芝1400mのここは人気を落としてくるかなと思ってるんですけどね。

編 ああ、むしろオイシイと。でも石橋さんって、芝・ダかかわらず1400m戦は実績が大切っていつもおっしゃってますよね。

石 そう、1400m実績が大切というか1400mのスペシャリストを狙うべきというかね。

編 でもフクノドリームの戦績って、ダート短距離で逃げて圧勝を繰り返していますよね。2走前は芝戦とはいえ馬場がかなり悪かったですし。

石 そうだね。この戦績だとダート短距離のスペシャリストと判断するのが普通だろうね。ただ、フクノドリームのレースを振り返って見ると、たしかにスピードの違いでハナに行っているんだけど、上がりはいつもメンバー中最速か2位でしょ。

編 あ、ホントだ。逃げて上がり最速って、他の馬が勝てるわけないですよね(笑)。

石 速い上がりを使えるというのは1000m、1200mで一杯いっぱいの馬じゃないということ。さらに、何週間か前の勝負予想でも書いた気がするんだけど、芝1400戦というのはダートでも通用するような押し切る力というか、一本調子なところがいいほうに出ることが多い。

編 ああ、そう書いて、狙った馬が激走しましたよね。万馬券的中で。

石 その話はおいといて、となると、フクノドリームは芝1400mのスペシャリストたりえるものは持っているんじゃないかと。

編 なるほど。その他ではどの馬に注目しています?

石 モズハツコイもいいですよ。

編 こちらは1400m実績も豊富ですよね。

石 そうですね。デビュー以来1400mと1600mで走っているんですけど、馬券に絡んだ3レースはいずれも1400m戦。もちろん1600m戦がいずれも重賞だったというのもありますけどね。

編 それでも1400m戦では確実に馬券に絡んでいるのは事実ですもんね。

石 そうですね。今のところはこの2頭に注目しておきましょうか。

編 わかりました。では週末の配信も楽しみにしていますね。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR