FC2ブログ

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、こう言っちゃなんですけど、先週末は散々な結果でしたね。

石橋 武(以下、石) もうね、先週のコラムであれだけの方に拍手ボタンを押していただいたのに、恥ずかしくて出られないです。

編 いや、こういうときはちゃんと公開処刑をさせていただきます(笑)。というのは冗談ですけど、ご自身としてはどうお考えですか?

石 不的中は本当に申し訳ないと思っているんですけど、負け方としては正直ショックはないというか、悪くないんだよね。見当外れな負けではないので。

編 たしかに人気馬の本命はけっこう馬券に絡んでいるんですよね。

石 それもそうなんだけど、穴馬の本命は大負けしている馬が多かったでしょ? なんか自慢しているわけじゃないんだけど(苦笑)。狙っていた馬と真逆の馬が走ってしまって、しかもその原因が馬場。決して馬場のせいにしているわけではなく、読み間違えた僕が完全に悪いんだけど。

編 あ、そうか。馬場を読み間違えて、結果、穴馬の本命が沈んだということは、ちゃんと適性と能力が掴めているからこそ負けたとも言えるのか。

石 そうなんだけど、なんかそういうとすごい屁理屈をこねているように聞こえるわ(苦笑)。まあ、たとえば小倉芝。先々週だったかなジョッキー心理もあるし、これ以上馬場が悪化すれば先行馬が外を回すからさらに外を回す差し馬がツラくなって前残りが増えるというような話をしたと思うんだけど。

編 ありましたね。

石 今開催は馬場がどこも悪すぎて、外を回す先行馬があまり出てなかったんだよね。ただ、先週にそれがきちゃった。結果、先週は前残りの競馬が一気に増えて、狙っていた差し馬が壊滅的なことに……。

編 たしかに小倉芝コースだけで一気に戦績を下げましたよね。

石 あとは東京ダート。先行有利の馬場と見ていたら、特に日曜日は軽いダートでバンバン差しが届く。さっきも言ったけど、これは明らかに僕の馬場の読みが間違っていたわけで、言い訳もできないんだけど、ただ敗因はそこだったというお話で。

編 わかってますって。馬場読みを失敗したのも(笑)。

石 フェブラリーSにしても、前走の走りから△モズアスコットにダートの適性がないわけはないと踏んでいたけど、あそこまで△モズに向いた馬場になるとはね〜。速い上がりが使える馬に有利な馬場で。

編 ◎サンライズノヴァの競馬だと思ったんですけどね。このコラムで推した△ワンダーリーデルもいい競馬をしていましたし、あと2年連続でペースに恵まれることはないと△インティの評価を下げたのも合っていましたし。

石 まあ、だからこそ(サンライズは)人気馬の本命にしたわけだけど(苦笑)。インティは先週のコラムで去年の見解を出したよね? ホントああいうことだよね。

編 たしかにおっしゃる通りでした。まあ、敗因がはっきりしているならまったく心配なし。今週からは得意の中山開催、中京開催が始まりますし、心機一転、よろしくお願いします。

石 そこで阪神にだけ触れないと、阪神苦手みたいだから(笑)。阪神もマイルと1800m以外は得意ですよ〜。

編 マイルと1800 mは苦手?

石 というか、基本的に瞬発力一辺倒のコースなので堅いことが多い。穴が狙えるときはバンバン攻めるので、安心して買ってください。苦手というわけではないので。

編 了解で〜す。で、今週は中山記念と阪急杯ですね。どちらに……中山記念少なっ!

石 ダノンキングリーとウインブライトで決まるでしょ(笑)。

編 となると、阪急杯ですね。こちらはフルゲートになりそうかな。ではさっそく石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 まずはロジクライ。

編 もうしつこいくらいに1400mの馬だっておっしゃってますよね。

石 だってそうなんだもの。たしかに勝ち星はすべてマイル戦だし、1400mでは3戦して3着2回。

編 実際、去年のこのレースも3着でしたし。

石 そうね。ただ、3着だった去年の阪急杯、そして特に京王杯SCはペースが緩かったからね、瞬発力のないロジクライにとっては向かない流れになっちゃったよね。

編 全くと言っていいほど速い上がりが使えない馬ですからね。

石 そう、瞬発力よりも持続力を活かしたいタイプで、だからこそ1400mが合うわけで。阪神Cはペース的には悪くなかったんだけど、馬場が速すぎてあの時計ではこの馬は無理。脚が使えない。

編 そして近2走は1200mでしかも斤量は59キロでしたし。

石 まあ、ちょっと無理だよね。今回は距離延長に加えて斤量も3キロ減。これが大きい。この馬、ガサ(馬格)の割に斤量に敏感なところがあるのか57キロ以上だとさっぱりなんだよね。

編 お〜、たしかに、オープンに入ってから馬券に絡んでいるのは56キロですね。最大でも56.5キロか。

石 今回は距離延長、斤量減とプラス要因が多いし、巻き返すならここでしょ。

編 ただひとつ心配なのがペースなんですよね。前に行く馬が少なくないですか?

石 いい振りしますね〜(笑)。そこで次の馬マイスタイル。たしかにメンバー的に積極的に前に行く馬はいないけど、なら、マイスタイルが行くでしょうと。

編 たしかに、溜めていい馬じゃないですしね。実際、2走前のマイルCSでは逃げているわけだし。

石 この馬も瞬発力がないから、スローからのヨーイドン!は避けたいんだよね。そうなるくらいだったら、自分でペースを作ってしまえばいいという馬。さらにその後ろに好位から脚を使えるクリノガウディーもいて、このあたりが展開に恵まれそうかな。

編 なるほど、では現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 ですね。先週の分もきっちり取り返せる配信をお見せします!

編 ホント、マジでお願いしますよ。期待してます!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週も相変わらずの小倉狙いで(笑)。

石橋 武(以下、石) 面白いからね〜(笑)。日曜日は重賞も少頭数だったし。

編 たしかに面白い。外からとんでもない馬が突っ込んできたりしますからね。あ、それで思い出しましたけど、先週は穴めの単勝も獲っているんですけど、3着の抜けが多かったですね〜。とくにふたケタ人気の3着抜けが。

石 そうなんだよね〜。申し訳ない。

編 クイーンCで3着セイウンヴィーナス(12人気)抜け、日曜日も玄海特別で3着ギルマ(15人気抜け)、北九州短距離Sでも3着イエローマリンバ(13人気)抜け。どれも単勝も当たっているし、2着馬も買っているんですよ。要は3着さえ印を回していれば全部3連単まで完璧に当たってたんですよね。しかもそれぞれ11万馬券、28万馬券、4万馬券。

石 もったいないったりゃ、ありゃしない。ただ、どれも印を回しづらい馬だったから。当たり前っちゃ、当たり前なんだけど。

編 ああ、超差し馬場での先行馬とかでしたから。

石 そうだね。ただ、おかげで今週に活かせる傾向も得られたかなと。

編 ほう。どういう?

石 先週もそうだけど、小倉芝では大外を回してでもいい、とにかく差し・追い込み馬を中心に買っていたわけだけど、外も徐々に悪くなって、レースによっては(先行馬の能力によっては)内を回したほうが距離ロスがないぶん残れちゃうケースがあるなと。

編 あ〜、なるほど。内外の伸びの差がなくなってきたと。

石 いや、なくなってきたというか、多少差が縮まってきたというくらい。相変わらず内は伸びない。まず失速する。ただ、外も伸びづらくなってきたから。

編 あ、それで思い出した。先週はたしかに3着抜けが多かったですけど(笑)

石 しつこい(苦笑)。

編 でもかなり感心したことがあって、ほら日曜日の最初のレースだから小倉8レース(小倉芝1200m)か。あのレースの見解で、「小倉芝1200mはダート短距離で好走実績があり、芝でも速い上がりを使えるタイプが走る」というようなことを書いていて、実際に北九州短距離Sの見解で「まさにこういう馬が今の小倉芝1200mで走るタイプ」とした◎シヴァージが1着でしたよね。まさに言った通りだと思って。

石 まあ、◎シヴァージは1番人気だったけど、そうなんだよね。要はパワータイプの差し馬が走るんだよね。ホントまさにああいう馬。◎シヴァージが負ける気はしなかったもの。あと、1200mじゃないけど、玄海特別の◎ドゥオーモとかね。あ、◎ドゥオーモはダート実績はないか。まあ、見解に書いたようにパワーのある差し馬だよね。前走の壇ノ浦特別も道悪で伸びてきて。

編 そうなんですよね〜。ちゃんと理にかなっているから、本命馬がちゃんと走ってくるんだなと。先週の単勝の的中は4つでしたけど、堅いところ(人気馬の本命)ではクイーンCの◎ミヤマザクラ(2人気1着。380円)、さっきの◎シヴァージ(1番人気1着。280円)、穴馬の本命も土曜日東京最終の◎トラストロン(5人気1着。1,170円)、◎ドゥオーモ(7人気1着。1,140円)と、プラス収支でしたし。

石 ◎トラストロンは人気馬の本命だね。

編 あ、ホントだ。配当だけ見て穴馬の本命と思っちゃった。失礼しました。

石 もう少し派手なのを獲りたいし、あと的中数も増やさないとな〜。ま、今週末はというか、今週末も小倉は相当面白いし、あと重賞も4レースとも頭数が揃ったよね。久々に。

編 そうですね〜。それだけでも嬉しい(笑)。

石 本当にね。おまけに小倉も充実しているしで、たぶんいつもよりレース数を多く出すと思います(笑)。

編 先週も土曜日5鞍、日曜日5鞍といつもより多かったですからね。

石 そうね。別に数撃ちゃ当たると思っているわけではないけど(笑)、高配当を狙えるレースが多くて絞れないんだよね。だったら、可能性があるレースはすべて見てもらったほうがいいかなと思って。

編 いい心構えだ。

石 なぜ上から!?(笑)

編 ちなみに今週末はどのレースを配信するか決まっているんですか?

石 だいたいね。土曜日はダイヤモンドS(東京11R)、京都牝馬S(京都11R)、帆柱山特別(小倉11R)、八代特別(小倉12R)と、あと1鞍。早鞆特別(小倉10R)か河原町S(京都10R)か京都最終のどれか。

編 日曜日は?

石 フェブラリーS(東京11R)、小倉大賞典(小倉11R)、あざみ賞(小倉10R)。それと、小倉8R、ヒヤシンスS(東京9R)、大和S(京都11R)、大島特別(東京12R)のなかから2鞍か3鞍。

編 最大11レースの配信になるじゃないですか。

石 最大はね。なんか3連休だし、出しておいたほうがいいかなって。関係ないけど(笑)。

編 いや、土日でしっかり稼いでもらって、ラスト1日を優雅に過ごすという流れでお願いします。

石 ああ、そのパターンね。じゃあ、3連休ということで、いつもより多く10レースか11レース配信します。

編 わ〜い(笑)。

石 いや、でもこれ外れたらイタイことになるからね(笑)。

編 いまの小倉の理にかなった予想ぶりと、小倉大賞典の得意だし、あと、スポーツマスターの本田さんが今週末は石橋さん爆発の予感って言ってました。あの人、石橋さんの高配当的中の読み、すごいですから。

石 そうなの? どういう根拠があるのか、こっちが知りたいけど(笑)。

編 なんか、本田さん曰く、石橋さんって徐々に超高配当てに近づいていくらしいです。そう考えると、小倉芝でも狙いを絞ってきて、今週末ズドンとかあるなと。

石 まあ、そんな内輪話はどうでもいいや(笑)。

編 たしかに(笑)。話を戻すと、石橋さんってフェブラリーSもなにげに得意ですよね。

石 「なにげに」って(笑)。

編 以前はコパノリッキー(14年。16人気1着)の大激走を指摘して大騒ぎになりましたし。

石 大騒ぎって、あれは話した場所がnetkeiba.comさんだったしな。というかあれから6年も経っていることに驚くわ(笑)。

編 もういいおっさんですからね。というか、初老(笑)。

石 黙れ。

編 そのあともけっこう精度の高い予想ですよ。あ、コパノリッキーのあと(14年。3連複5万5,360円的中)をまとめちゃいましょうか。キリよく近5年。あと今年も参考になる見解も併せて掲載します。去年の見解は必読です。

15年
穴 馬の本命 ◎グレープブランデー(11人気4着)
人気馬の本命 ◎ベストウォーリア(3人気3着)
3連複3,060円的中

16年
穴 馬の本命 ◎ロワジャルダン(6人気5着)
人気馬の本命 ◎ベストウォーリア(3人気4着)
外れ!

17年
穴 馬の本命 ◎コパノリッキー(6人気14着)
人気馬の本命 ◎カフジテイク(1人気3着)
3連複2,140円的中

18年
穴 馬の本命 ◎インカンテーション(6人気3着)
人気馬の本命 ◎ノンコノユメ(4人気1着)
単勝1,070円 3連単4万1,560円 3連複6,540円的中

「一方、人気馬の本命◎ノンコノユメも16年のフェブラリーSで2着に好走しているリピーター候補だ。意味のない(と私は思っている)去勢も含め、不調の時期が長引いたが、前走で復活。やはりワンターンのコースは走る。内から捌けるような馬ではなく、枠順によって好走、凡走が左右されるタイプだが、前走に引き続き外めの絶好枠を引き、自らチャンスを呼び込んだ。強敵相手にもっとも重い58キロの斤量で勝ち切った前走は高く評価でき、しかも今回はそれ以上の状態で、ベストの距離を走れる。ペースも速くなりそうなだけに、末脚勝負で勝ち負けまで見込める。」

19年
穴 馬の本命 ◎ユラノト(8人気3着)
人気馬の本命 ◎ゴールドドリーム(2人気2着)
3連複2,310円的中

「各馬の見解の前に今年のフェブラリーSの展開を考えてみよう。まずハナを切っていくのはサクセウセナジーと△インティ。それに◎ユラノト、サンライズソアが続いていく形だろう。となると、近年のフェブラリーSと同様、まずスローは考えづらい。特に中距離を走ってきた△インティは他馬に競りかけられた経験がなく、揉まれる競馬は避けたいところ。コーナー4つの中距離とワンターンのマイル戦では道中のラップの緩み方がまったく別物となるだけに、同馬の進め方次第ではかなり速めのペースも考えられる。
これが△インティの落とし穴になる可能性は高いとみる。同馬はこれまで下級条件の中距離戦で6連勝してきたが、前走の東海Sを含め、中距離でインティのスピードに競りかけていったら自滅するのは明らか。というか、そもそもあのラップについていける馬はいない。だからこそまったく他馬を意識しない競馬が可能で、マイペースの圧勝を続けてきたわけだが、今回はコーナーで息をいれづらいワンターンのマイル戦。当然、いままでよりも道中のペースが上がるうえに、相手は近走よりレベルアップしており△インティのスピードについていける.自ずとペースは上がり途中でぱったりというケースも十分ありえる。去年のフェブラリーSで、△インティ同様に中距離での連続好走から臨んできたテイエムジンソクも初のマイル戦でペースを狂わせて2番人気で凡走したが、あれと同じことが起きても不思議ではない。さすがに去年のテイエムよりはマイルへの適性、そして能力も高いが、初の長距離輸送、初のマイル戦、初のワンターンということを考えると前日のオッズながら1番人気は相当リスキー。番手の競馬のペースがハマれば勝ち切るくらいの能力があると認めるが、先の不安要素、そして妙味からも△評価が妥当とした。」

石 長〜わ(笑)。そして当たらなかった16年だけ声張りすぎだわ。

編 (笑)。でもこう改めて見直すと本命馬はかなり走ってきていますよね。

石 むしろ本命だけに走ってもらわなきゃ困るんだけど、勝ち切れてないね。3連複ばっかり。

編 そういう意味では去年も惜しかったですけどね。そこで去年の見解ですよ。

石 ああ、インティね。言い訳ではなく、去年は完全にペースに恵まれたよね。言い換えれば武豊騎手のレース運びが完璧だった。あのペースじゃ届かないし、見解と真逆の流れになっちゃってるから。

編 そうなんですよ。これが今年につながる。今年もインティが出走してきますけど、どうですか?

石 去年よりも前に行きやすいメンバーなのは間違いない。追いかける馬いないでしょ。それに前走で控える競馬である程度結果を出しているから、外めの枠なら控えるという選択肢も増えたわけで。

編 今年もインティにとってはラクなペースになると。

石 枠順も見ていないここで断言するのは怖いけど、その可能性は高いよね。それも踏まえて、注目の穴馬は先行できる馬をピックアップしたし。

編 なるほど。では具体的にお願いします。

石 まずはデルマルーヴル。あ、スポーツマスターの寄稿したので、それを見てもらったほうが早いか。

「デルマルーヴルは近走こそ地方交流競走で堅実に走り中長距離のイメージが強いが、もともと1400〜1600mで強い競馬を見せているように、距離の融通性は高い馬。UAEダービーでも慣れない環境のなか、後方から脚を伸ばしており環境に対する順応性も高い。精神的にタフな馬だ。そのUAEダービーは先行馬に有利なコースながら、スタートで遅れてほぼ最後方から。たしかに上位3頭からは離された4着ながら、前述のように前有利のコース・展開を後方から詰めてきたのは同馬だけで、世界の強豪と渡り合ったのは特筆に値する。実際、その次走のジャパンダートダービーではハイペースを前で受けてクリソベリルの2着。またその次レパードSでも上位を追込馬が占めるなか、同馬だけはハイペースを強気に押し上げるレースで2着と、能力の高さを証明している。今回は久々のマイル戦となるが、このメンバーなら異常なハイペースになるとは考えづらく、同馬のスピード、持続力で十分に通用する。インティが先行する流れになれば去年同様のイープンペースの可能性が高く、番手からの競馬で展開利も見込める。地方の馬場で結果を出しているとはいえ、中央の短距離を走っているのと比較すると、明らかに中央の軽いダート向き。適性、展開を武器に好走が期待できる。」

石 あとはワイドファラオも。

「ワイドファラオがダートは3走前のみやこS、そして2走前のチャンピオンズCで勝ち馬との差がついたが、みやこSは前が総崩れとなるハイペースのなか、むしろよく5着に粘ったという内容で、またチャンピオンズCはスタートで躓き先行する同馬にとっては厳しい競馬となってしまった。それを加味するとダートではまだ底を見せていないと言え、G1ながら一軍半レベルのメンバーなら好走の可能性は十分。前走の根岸Sも速いペースを前で追いかけて5着。斤量が2キロ軽い3、4着馬に最後割って入られたとは言え、スプリンターのスピードがあるコパノキッキングについていったスピードは高く評価できる。前走からの距離延長、そして他馬と同斤量(同馬は前走から1キロ減)になるプラス材料もあり、前走からの巻き返しを期待したい。」

編 これ、スポーツマスターで公開した馬ですよね。あと一頭くらいお願いします。公式ブログの読者向けに。せっかく読んでいただいているので。

石 もちろん用意してますよ。あとはモジアナフレイバー。

編 おお、地方所属馬。交流重賞でも堅実に走っていますよね。

石 堅実。言い換えればちょっと足りないとも言えるんだけど、G1となると2000mはちょっと長い印象なんだよね。実のところ、マイルくらいがベストなんじゃないかと。

編 ただ、南部杯はこのレースにも出てくるサンライズノヴァア、アルクトスらに先着を許してますよね。

石 あれはかなり外を回らされたからな〜。それにかなり久しぶりのマイル戦であのハイペースを強気に追いかけての競馬だし。前走の東京大賞典もいい脚で追い上げたけど、終い甘くなるところを見ると、距離短縮はプラスに出ると思うんだ。足抜きのいい馬場での走りを見ても、いかにも中央の軽いダートも合いそうだし。

編 なるほどね〜。

石 地方所属馬ということで不当に人気を落としそうでもあるし、馬券に入れておいて損はないかなと。現時点ではこの3頭かな。

編 ではあとは週末の勝負予想ですね。小倉といい、フェブラリーSを含めた重賞といい、見どころ満載の週末になりますので、みなさん、ぜひ勝負予想をご覧になってみてください。スポーツマスターさんは1週間単位での購読も可能ですので。

石 おめでとうございます〜。いつもより多く配信しております〜。

編 もうそれをわかる人少なくなってますよ。まさに初老のジョーク。

石 悪かったな。

編 皆さま、この初老に免じて、このブログを毎週読んでくださっている方は拍手ボタンを押してあげていただけますか。たまに目に見える形で読者の皆さまを感じられると、この初老、非常に喜びます(笑)。というのは冗談で、いや冗談でもないんですけど、どれぐらいの方にご覧いただけているのか、今後の運営の参考にさせていただきたいと考えております。ぜひ、お願いします。

石 実際、喜びますが(笑)。よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はあからさまに小倉芝1200メートルを狙ってましたね〜。

石橋 武(以下、石) 高配当が出やすいし、傾向がはっきりしているから獲りやすいんだよね。……外したけど。

編 土曜日の2鞍はダメでしたね。敗因は?

石 小倉は先週からBコースに替わったんだけど、それを意識しすぎちゃった。先々週よりも前で決まるイメージでいたんだけど、やっぱり後ろからだった。だから日曜日はそれを修正したんだけど。

編 すぐ修正できるのがすごいですよね。実際、土曜日は小倉9Rを配信して、人気馬の本命が◎アレス(7人気)。そして穴馬の本命が◎ドクターデューン(13人気)と後方からの馬を軸に据えた買い目で。

石 そう。だからこそ最後は◎アレスに差し切って欲しかった。

編 クビ差届かずで。差してたら3連単は10万馬券でしたけどね〜。内外の差ですかね。とはいえ、3連複の14,700円はきっちり獲っていますけど。

石 まあねえ。でもあそこは内を着いた藤田騎手を褒めるべきだろうな〜。

編 藤田騎手って呼んでるんですね、菜七子ちゃんじゃなくて。

石 だって典弘ちゃんとか呼ばないでしょ?

編 横山典騎手?(笑) たしかに呼ばないですけど。でもそれとこれとは……

石 まあ、そんな話はどうでもよくて(笑)、差し切って欲しかったなという話。

編 人気馬の本命で7番人気ですから、本気で100万馬券狙ってたんですね。

石 もちろん。狙えるレースはどんどん狙っていきます。今週も引き続き小倉芝1200mにご注目いただければと。

編 今週も外差しの人気薄に注目ですか?

石 基本的には。ただ完全に外差しになっているのはジョッキーもわかっているからね。先行馬が馬場の真ん中より外に進路をとって、さらにその外を回してと考えると、そんなに素直な競馬にはならないかなと。

編 あ〜、ジョッキー心理もあるか〜。やっぱりまた石橋さんの予想に丸乗りしよう(笑)。あと惜しかったといえば、先週の東京新聞杯も本命馬が2着で。

石 ◎シャドウディーヴァ(6人気2着)ね。

編 こちらも3連複19,730円を的中と。勝った△プリモシーンは相手筆頭の評価でしたね。

石 左回り、直線の長い東京、マイル戦に戻れば、そりゃ強いからね。ただ、今回は最内枠だったでしょ?

編 ええ。

石 この馬が差してくるときはいつも外を回ってくるだけに、今回は差してきてもロスがあるなと。それにデムーロも良くないしね。そのぶん相手筆頭に落としたんだけど、まあ、このレースはうまく乗られた。

編 ◎シャドウディーヴァも唯一後方(4角ふたケタ番手)から差してきたんですけどね。

石 やはり使える脚の長さが中距離っぽい。それを推して買って正解だと思うよ。あ、正解と言うと、勝ってないから怒られるのか。

編 でも穴馬の本命としては正解ですよね。

石 東京新聞杯よりも道中が厳しくなるヴィクトリアマイルはさらにいいんじゃないかな。去年のノームコア(5人気)みたいな感じで。

編 たしかに。これは覚えておこうっと。で、今週は同じく東京芝1600mでクイーンCが行われますね。

石 そうね。この時期の3歳牝馬にとっては東京マイルの重賞はけっこうタフなレース。だから先週の古馬とはちょっと傾向が変わってくるね。先週はスローから長くいい脚を使える馬。あとは一瞬のキレがある馬を狙ったけど、クイーンCは速い流れからでも脚を使える馬が穴馬になる。

編 展開が速くなる?

石 いや、遅いと思うよ。ただ直線に入ってゴールまで脚を使うようなレースで、それは体力的に3歳牝馬には厳しい。そういう厳しいなかでも脚を使えるタイプというかな。便宜上、速い(タフな)流れと言っちゃったけど。

編 ああ、なるほど。

石 瞬発力のあるタイプも悪くないけど、強い馬は人気になりがちだし、生半可な瞬発力だと、途中で脚が上がる。

編 つまり瞬発力タイプでちゃんと走れる馬は人気馬になりやすい。

石 そりゃそうだろうねという話ではあるけど(笑)。

編 では、そのあたりを踏まえて石橋さんの注目穴馬は?

石 アカノニジュウイチ。

編 それ、人気馬じゃないですか?

石 え、人気になる? ルナシオン、ミヤマザクラ、マジックキャッスル、ホウオウピースフルときて、その次じゃない?

編 いや〜、ヘタしたら4番人気とかあり得そうですけど。

石 まあ、いいや(笑)。あとの2頭は全然人気ないし。アカノニジュウイチは前走がまったく展開不向き。でもかなり長く脚を使って勝ち切っちゃうという。前走の1400mであのペースはスタートで遅れたこの馬にとっては最悪だったからね。

編 たしかに2着以下は前残りでしたよね。

石 しかも前走は秋のまったく前が止まらない馬場。それを差しちゃうんだからたいしたものだよ。なんか上から話しちゃってるけど(笑)。今の馬場は秋に比べて格段に差しやすいし、前走より道中が流れるここはチャンスだよね。

編 なるほどね〜。そのほかでは?

石 ヤマニンプレシオサとメルテッドハニー。

編 ヤマニンプレシオサは想定の範囲内でしたけど、メルテッドハニー? たぶん最低人気ですよ。

石 いいじゃん、人気ないほうが。たしかに未勝利脱出にも時間がかかてっているし、未勝利でも惨敗していた馬だし、昇級してもいいところなしだよね。

編 だったらなぜ?

石 この馬が走ったのってほとんど超のつくスローペースで、唯一未勝利を勝ったときだけ速く流れたんだ。あの競馬は見どころがあった。(キレをもとめられない)タフなレースになれば、こういう切れなくてもハイペースに強いタイプの粘り込みはある。小柄な馬だけに斤量が増えるのもマイナスだし、相手も強くなるけど、この人気なら押さえておいていいしね。

編 そうですね。

石 ヤマニンプレシオサは新馬戦を評価。

編 1200mですよ?

石 そうね。中山芝1200mというかなりの持続力コースだよね。

編 ええ。あ、それがタフさに繋がると。

石 そう。もちろん1200mを勝てばどの馬でもタフさがあるといういことではないよ? この馬にとっては明らかに距離が短かったなかで先行して楽勝。速いペースのなか、勝負どころで上がっていく強気の競馬で押し切ったからね。

編 でも前走は大敗ですよね?

石 レース見た? 中山マイルで緩い馬場、外枠、スタート遅い、一気の距離延長、しかも4コーナーでは大外をぶん回して、それでも最後まで食い下がってたよ。見せ場は十分にあった。

編 着順しか見てなかったです……。

石 軽い東京の馬場のほうが合うと思うし、距離も2度目。バカにしないほうがいいと思うけどね。

編 バカにはしていですけど、ノーマークでした(苦笑)。ちゃんと馬券には入れておきます。ちなみにこの3頭って、このあと配信する勝負予想でも印を打ったんですよね?

石 そうだよ。小倉芝1200mといい、クイーンCといい、土曜日から面白いレースで参っちゃうね(笑)。

編 みなさん、このハイテンション、いい穴馬がいた模様です(笑)。じゃあ、このあとの配信もありますし、今週はここまでにしておきますか。石橋さん、今週もありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週は日曜日の重賞(共同通信杯・京都記念)がともに少頭数となるため、公式ブログでは土曜日に行われるクイーンCの注目穴馬をお伝え致します。
石橋氏が馬場(天候)、枠順を見たうえでお話ししたいとのことで、金曜日の午後に対談を行うこととなりました。
ブログの公開は金曜日の19時を予定しています。
ぜひご期待下さい。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部より

予定時刻より遅れてしまいました。大変申し訳ありません。
今週は対談ではなく、先ほど石橋氏より届きましたアルデバランSの穴馬とその見解をお伝え致します。3頭とも勝負予想で印を回している馬となります。

なお、東京新聞杯の注目穴馬3頭をスポーツマスターさんの編集通信にて公開しております。どなた様も無料でご覧いただけますので、ぜひ参考にしていただければと思います。


アルデバランS

京都ダ1900mは1800mから100m延びただけだが、その差100mという字面以上にスタミナを要求される。それもあって中距離ダートでは珍しく差し・追い込みが決まりやすいコースでもあり、実際に、去年、一昨年は差し馬のワンツー(というか、同じ2頭が入れ替わっただけだが)。(先行有利の)ダートでは先行馬が人気に推されやすく、さらに人気馬ロードレガリスの出走で仮に前が遅くなれば、早め早めのマクり競馬になる可能性もある。いずれにせよスタミナのない先行馬には厳しい競馬になりそうだ。
ということで、穴馬は差し馬を中心にピックアップ。

まずはジョーダンキングとサンデーウィザード。ジョーダンは前走のような小回りで急がせるとよくないが、それ以上に距離が短かった。今回の距離延長はプラス材料で、さらにこの馬も道中で動いていける器用さとタフさがある。
サンデーウィザードは前走がそう悪くない競馬。もともと休み明けは走らない馬ながら、前走はなかなかいい脚を使っている。初ダート、そしてスローであそこまで差せればこの馬にとっては及第点。道中死んだフリ、着拾いに徹する、そんな終いに賭ける競馬で面白い

残り1頭は逃げるアポロテネシー。前走は相手が強すぎ。地方のダートは合わないが、あのペースでは厳しかった。中央の軽いダートに戻って、さらに突ついてくるような先行馬がいないとなれば、道中はかなりラク。後半の厳しさに耐える貯金をいかに前半で作れるか。要は、3コーナー過ぎまでにどれだけ差を広げられるかの勝負。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

先週お伝えしました通り、今週はスポーツマスターさんとの合同企画として、スポーツマスター編集部通信にて東京新聞杯の注目穴馬を石橋氏がお話し致します。
公開は金曜日の18時ごろとのことです。どなた様も無料でご覧いただけますので、ぜひ参考になさってください。
また、石橋氏からの提案により、当ブログでは土曜日に行われるアルデバランSの注目穴馬を公開することとなりました。
対談という形でお伝えできるのか、注目穴馬とその見解を発表する形になるのかは調整中ですが、いずれにせよスポーツマスター編集部通信同様、金曜日の18時ごろには公開致します。
こちらも合わせて参考にしていただけますと幸いです。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR