FC2ブログ

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週この公式ブログでお伝えした京阪杯は絵に描いたような惨敗でした。

石橋 武(以下、石) 嫌な予感というか、嫌ったほうの流れになっちゃったね。

編 ああ、堅いほうの決着になっちゃったという。

石 先週もお話ししましたけど、5年中2年が100万円超えの馬券、そのほか50万馬券も飛び出していて、要は大振りできるレースなんだよね。だから人気の先行馬から超大穴の差し馬へ流すという決め打ち作戦を取ったんだけど……

編 結果、3連単がたった3万円しかつかないという堅い決着になってしまって。

石 そう。人気馬の本命に推した◎モズスーパーフレアが飛ばしていくまではよかったんだけど、いつもの京都より馬場が荒れていたこともあって、厳しい流れゆえの実力勝負になっちゃった。ああなると、末脚一発というタイプの馬じゃ厳しいわ。ホームランを狙いにいって凡フライに終わったという。

編 一方のジャパンCは人気馬の本命◎カレンブーケドールが3歳牝馬ながら古馬男馬を相手に2着に好走。3連複を的中しました。

石 先週も話したけど、やはり枠順の恩恵は大きかったね。もちろん能力があってこその好走だけど、道中でどこを通るかの勝負になったかなと。結果的には。

編 石橋さんも勝負予想の見解に書かれていましたけど、東京は雨が上がったあと急速に馬場が乾くからというお話でしたよね。

石 そう、どうしても内から急速に乾いていくし、そのぶん内有利になりがち。実際、先週も僕が予想した稍重までは回復しなかったけど、それでも内を通った馬が好走していたし。

編 たしかに。そのあたりも読んでいたし、個人的には的中に等しい◎カレンブーケドールだったと思いますけどね。

石 まあ、そう言っていただけると。◎カレンブーケドールは完璧なレースだったと思うよ。でもまあ、実際のところ、あの条件下だと勝ったスワーヴリチャードのほうが一枚上だし、実際、単勝からして外しているわけだから、反省点は多いけどね。

編 反省はいいので、今週から始まる得意の中山で巻き返してください。

石 そうね。来週からは2歳G1も始まるし、楽しみなレースが多いからね。きっちりお返しさせていただきます。

編 と、その前に今週末はチャンピオンズCが行われますね。中京ダ1800mも石橋さん、得意ですよね。

石 得意というか、基本的に前残りの競馬だけ想定しておけばいいので、わかりやすいんだよね。その割に逃げ・先行馬が人気にならないことが多いし。

編 ということは今回のチャンピオンズCも逃げ・先行馬から買っておけばいいということですね。

石 そう、と言いたいところなんだけど、そうは問屋が卸さない。たしかに先行馬も馬券圏内に残っているんだけど、勝つとなると人気馬に限定されるんだ。ここあら穴目に流すという買い方もあるけどね。

編 たしかに人気薄で馬券に絡んでいるのはむしろ差し馬のほうが多いし、先行有利の割には差し馬がけっこう好走していませんか?

石 そうなんだよ。さすがにG1というのもあって普段の中京ダ1800mと違ってハイペースになることが多い。早めにペースがあがったり。それもあって差し馬が台頭してくるんだ。僕も先行馬一辺倒で狙っていた時期もあったけど、さすがにG1は甘くないなと、去年くらいに思い直した。

編 わりと最近ですね(笑)。

石 そう(笑)。中京で4回やって、あれ?と思って。1年目(14年)が典型的な中京ダ1800mの決まり方で、やっぱりこれでいいんだなと思っていたら、次から差してくる、差してくるで(苦笑)。

編 たしかに14年は3連単まできっちり取っていましたよね7万くらいの馬券でしたか。あとの年は3連複の的中があったくらいで。

石 ですね。そういう意味では今年はスカッと決める年だと勝手に決めているけどね。

編 ぜひ、決めてください! ちなみに今年のチャンピオンズCですが、展開的にはどう見ています?

石 インティが内枠(2枠4番)に入って逃げるだろうけど、隣にチュウワウィザード、クリソベリルら実力馬がいて、これらがそうラクな逃げをさせないと思うんだよね。1コーナーを回ってもラクをさせない形で。

編 単騎のマイペースで行かせるとうるさい馬ですからね。ただ鞍上が武豊騎手。

石 それはある(笑)。というか、そこ大事。ただ、道中で突っつくような競馬をしなくても、インティ自体スローに落とすと後ろに食われるのはわかっているわけで、平均ペースから早め仕掛け、というのが現実的かなと。いずれにしろインティにとってはラクではないなと。ただ、外からロンドンタウンがハナを奪いに行くようだと、インティの番手からの競馬が炸裂しちゃうかも。馬群に栓をしちゃうような。

編 じゃあ、どうすればいいんですか?(笑)

石 まあ可能性としては、インティのハナ。平均ペースから徐々にラップをあげていく競馬かな。ロンドンタウンはシレっと番手につけたとき怖いけど。

編 やはり展開の鍵を握るのはインティなんですね。

石 まあ、逃げ馬だし、前走の負けが59キロ、ハイペースが原因だし、鞍上を考えると、そりゃ展開の鍵はね。ただ、それがインティが勝つかどうかという結果につながるのかはまた別の話だけど。ただ、流れ的には自力のある馬に有利な能力勝負になると考えておいたほうがいいかも。

編 となると、そのなかで穴馬を狙うとすると……

石 ヴェンジェンス、ワイドファラオ、ウェスタールンド。

編 ウェスタールンドは去年も2着に走っていますよね。

石 一度走った馬を穴馬で挙げるというのもどうかと思うんだけど(苦笑)、マクりぎみに追い込めるメリットは(このレースに関しては)大きいからね。

編 ヴェンジェンス、ワイドファラオは?

石 どちらも1400mの厳しい流れで好走していた馬で、かつ差し脚も持っているタイプ。厳しい流れを追走しつつ、さらにもうひと伸びできるという。今回はG1の流れでそれが可能かどうかというところがキモだけど、人気を考えるとチャレンジする価値は十分にあると思う。

編 なるほど。では現時点ではこの3頭に注目しておきます。あとは週末の勝負予想を楽しみにしていますので。

石 はい、なんとかビシッと決めないとね。年末のホープフルSまでで今年のプラスを確定させますので。あ、あと来週の香港の4レース、ホープフルSの翌日の交流G1東京大賞典も勝負予想を配信しますので、そちらもご覧いただければと。

編 わかりました。ではまずは今週末、よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、けっこう久々の対談になってしまいましたね。

石橋 武(以下、石) 皆様、私の都合で更新の遅れ等が生じてしまいまして、大変申し訳ありませんでした。来週からは木曜日18時までの更新が可能となる態勢が整いました。今後ともよろしくお願いします。

編 ちょっとこのところ忙しすぎましたよね。石橋さんは。

石 まあ、そこは言い訳にならないので。とにかくご迷惑をおかけしました。

編 ご迷惑と言えば……

石 エリザベス女王杯とマイルCS(苦笑)。どちらもわざわざ「いらない」と言った馬に走れられるという体たらくで。そのあたりはスポーツマスターさんの編集部通信でもお話させていただきました。言い訳ではなく(笑)。あとジャパンCの注目穴馬についても話していますので、ぜひご覧いただければと。

編 いつもながら無料でどなたでも読めるようになっています。

石 はい、編集部通信11月21日号なので、すでに公開しています。

編 ただ、エリザベス女王杯とマイルCSはアレでしたけど(笑)、特徴のあるコースというか、クセの強い福島ではさすがの的中でしたね。編集部通信の本田さんが福島記念だけでも見る価値があると言っていたように、完全的中。先週もフルーツラインCの3連単25,610円から日曜日の会津特別の3連複48,970円的中とか。

石 その福島も終わってしまいましたが(笑)。

編 でも来週からはこれまたトリッキーというか特徴のある中山開催、中京開催が始まりますし、あとはなんといっても2歳G1ですよね。

石 2歳G1はなにかと相性がいいからね。

編 ですね。なかでも人気馬の本命◎サトノアレス(6人気1着)、穴馬の本命◎ボンセルヴィーソ(12人気3着)と両本命が走った16年の朝日杯FS(2着△モンドキャンノ。3連単22万1,200円的中)はファンの方の反応も凄まじかったですよね。

石 あ〜、そうね。今年の2歳馬は牝馬が相当強くて、一方の牡馬路線はまた荒れるかもね。

編 楽しみですね〜。でもその前に来週のチャンピオンズCが行われる中京ダ1800mも石橋さんが得意とする舞台ですし、あとは今週末のジャパンC、そして京阪杯ですよね。

石 京阪杯は荒れるからね〜。ここ5年で100万超えの馬券が2回も出ているし。

編 なんでこのレースはこんなに荒れるんでしょうね。

石 ん〜、わからん(笑)。

編 わからないのかい!

石 まあ、原因は色々とあるから一概にコレとは言えないけど、ただ、荒れる形はあるよね。

編 と言うと?

石 まずこのレースの馬券の形は逃げ・先行馬2頭+追い込みに近い差し1頭で決まりやすいということ。加えて内回りだから圧倒的に先行馬が有利なだけあて、追い込み馬は超のつく人気薄になりがち。

編 あ〜、たしかに。これまでふたケタ人気で馬券に絡んでいるのは追い込み馬が多いですね。

石 そう。今年のメンバーで言えばモズスーパーフレアが人気の逃げ・先行馬で、たぶんコケることはない。あ、いや、まだ人気馬の本命にするとは決めていないけど。

編 言っているようなもんですけど(笑)。

石 で、この馬が逃げるとなるとハイペースになるのは間違いなくて、この馬の番手でペースを握れる先行馬、そして、追込馬にもチャンスが出てくる。ということで、今回も穴馬はこの2タイプから選べばよくて、しかもレース傾向からかなり大振りしてもOKなレースだから、馬は絞りやすいよね。

編 そうか。中途半端な流れのほうがたしかに絞りづらいですよね。ハイペースと決め打てるのはたしかに強みだわ。

石 でしょ? 大荒れと決め打って買うのもありなレースで、であればモズスーパーフレアから先行馬、そしてふたケタ人気の差し・追込馬で馬券を構成しちゃうのもありだし。

編 ですよね。堅かったら仕方ないという馬券で勝負する価値のあるレースですからね。これまでの高配当ぶりを考えると。

石 そういうこと。週末の勝負予想もけっこうな配当を狙える布陣で勝負していきますよ。どんな買い目でもビビらずに買っていただければと。

編 もちろんです。で、そういうレース傾向に照らし合わせると、現時点ではどの穴馬に注目しておけばいいですか?

石 まず先行馬からニシノラッシュ。外枠に入っちゃったのがちょっと残念だけど、2つ内枠にモズスーパーフレアがいる。かなり番手を取りやすい並びになってくれたなと。京都との相性もいいし、7歳とはいえ数を使っていないからまだまだ伸びしろもある。過去のレース結果からは先行馬は人気馬のほうが来ているから、穴馬はこれ1頭。もちろん現時点では。

編 じゃあ、あと2頭は差し・追込馬から?

石 そう、エントリーチケットとアイラブテーラー。エントリーチケットは京都芝では勝ち切れていないけど、これは前が止まりづらい馬場だから仕方ない。むしろ(先行有利の)京都内回りを中心に走る追込馬でこれだけの成績を残しているほうがすごい。

編 あ〜、そういう見方もできるのか。一見阪神のほうが戦績が良さそうにみえるけど、急坂のおかけで追い込みがハマりやすい。ただ、先行有利の京都で【0 2 2 4】というのはむしろ評価できると。

石 僕が言った事を繰り返しているだけだけど(笑)、その通り。そしてアイラブテーラーは追い込みというより差しに近いけど、中穴で収まったときの保険的な意味合いで。

編 なるほど。じゃあ、あとは週末の勝負予想ですね。先ほど石橋さんが仰っていたように、相当な高配当を狙う買い目となりそうですが、皆さん、きっちり勝負していただければと。

石 キミがいちばんビビりそうだけどな(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

先週に引き続き今週も対談ではなく注目穴馬をお伝えする形となります。
また、更新が遅れたこと、事前にご連絡できなかったこと、お詫び申し上げます。

来週はスポーツマスターさんとの合同企画でジャパンCに関する対談をお伝えする予定でしたが、石橋氏と相談のうえ、今回の更新遅れのお詫びの意味も込めまして、京都2歳Sか京阪杯に関する対談もしくは注目穴馬をお伝えする形での公開をさせていただく事となりました(ちなみにジャパンCの注目穴馬につきましては、スポーツマスターさんの編集部通信でどなただでも無料でご覧いただくことができます。公開は木曜日か金曜日とのこと。遅くとも来週の金曜日の18時には公開できるとのことです)。
ぜひ、ご期待下さい。

以下、石橋氏よりメッセージです。
「今週も私の都合で対談ができずに本当に申し訳ありません。また先週はこちらの公式ブログで評価しなかったラッキーライラックに走られるわ、反対にスポーツマスターさんの編集部通信(11月7日号)でご注目いただいた福島記念は的中するわとチグハグな形となってしまいましたが、足りない点を反省しつつ明日のマイルCSほか5レースに全力で取り組んで参ります。日曜日はマイルCSのほか、荒れるであろうローカル福島から2鞍、東京メイン、京都最終を配信する予定ですので、ご注目いただけたら幸いです。
また下記にお伝えするマイルCSの注目穴馬に関しては、勝負予想で印を打った馬のなかからお伝えしております。参考にしていただけましたら幸いです。」


マイルCS(G1)


■グァンチャーレ
グァンチャーレは京都巧者で、先行馬のなかではベストの枠順を引き当てた。末脚勝負に賭けたい有力馬が多いなかでベストの枠から先行できるのは大きなメリット。7歳になっても能力を落とすどころか、まさに今が充実期。鞍上の思い切った先行策も期待でき、馬券には入れておきたい一頭。


■クリノガウディー
クリノガウディーは見事に脚質転換を成功させて末脚を活かす競馬ができているが、人気上位馬と比べると瞬発力という意味では一枚落ちる。ただ、前走の富士Sは最後の直線で行くところ行くところで前が詰まり、まともに追えないながらも4着に走っている点は評価すべき。京都に替わるのも大きい。

■レイエンダ
ムラ馬という印象も強いが、その原因のひとつが同馬の揉まれ弱さ。ただ、チークピーシーズを着用した近走(エプソムC、富士S)は安定して走れており、今回、大外枠を引いたのはかなりのメリットとなる。加えて初ブリンカー着用で揉まれ弱いという弱点はカバーできる。瞬発力勝負に長けており、一発の魅力十分。

(※一部、勝負予想見解より引用)




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログも石橋氏の都合により対談ではなく、エリザベス女王杯の注目穴馬をお伝えする形にさせていただきます。
参考にしていただけましたら幸いです。


■エリザベス女王杯

このレースはラスト800mからいかに長く脚を使えるかがキモとなる。キレッキレの瞬発力タイプよりも、上がりのかかる競馬で好走している馬が狙い目。東京や阪神の1800mで差して伸びてはいるものの届かずという人気薄がいれば、即買い。
それもあって意外とスタミナを要求されるレースでもあり、たとえばラッキーライラックのように1800mくらいの距離を速めのペースで押し切ろうというタイプには合わない。

シャドウディーヴァ
前走の秋華賞は早めの仕掛けから伸びてきたが、直線で取りたかったポジションをカレンブーケドールに獲られてしまい、やや不完全燃焼な競馬だった。ただ、前走から外回り替わり、距離延長は明らかにプラス材料で、内から伸びてこられる同馬にとってはベストの枠も引いた。ローズSのように一瞬の加速を求められるとツライが、前述したエリザベス女王杯の流れは得意だ。

センテリュオ
【4 4 0 3】という戦績が示すように勝ち味に遅いタイプではあるが、このレースを走るうえではそれが魅力。一瞬の切れがないために最後にかわされて、あるいは前を捉えられずに2着が多いということは(それでいてメンバー中上位の上がりを使えている)、裏を返せば長く脚を使えているということでもある。適性を考えると魅力。

サラキア
近走は逃げのイメージが強いが、もともとは出遅れ→差して好走がデフォルトの馬。同型の存在、枠順と、今回は逃げられない可能性のほうが高いと思うが、そこは問題ない。秋華賞でのパフォーマンスが非常に高く、バテない末脚は強みだ。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


編集部からのお知らせ

今週は石橋氏の都合により対談ではなく、重賞の注目穴馬をお伝えする形とさせていただきます。
取り上げるのはアルゼンチン共和国杯の予定でしたが、13頭立てでもありますので、みやこSの注目穴馬もお伝え致します(いずれも勝負予想で印を打った馬となります。内枠から順にお伝えします)。


■アルゼンチン共和国杯

ハッピーグリン
この時期特有の高速馬場で、昨年はジャパンCを7着に善戦。馬場適性、さらに好走の多い距離延長で狙う。

トラストケンシン
同レースと相性のいい六社Sの好走馬。スローからの瞬発力勝負に長けており、昨年同様の流れになった際には軽ハンデも活かして好走が期待できる。



■みやこS

ヴェンジェンヌ・キングズガード
同コースを得意とするインティの存在感が大きいだけに、それに対抗できるとなると短距離のスピード勝負でも上位の差し脚を繰り出していたこの2頭に注目したい。特にキングズガーは折り合いに心配がなく、スローでも後方で脚を溜められるタイプ。前走以上の好走が期待できる。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR