FC2ブログ

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の稲妻Sはお見事。ようやくというか、得意の新潟芝1000mで高配当が的中しましたね。

石橋 武(以下、石) そうなんだよね。さすがに新潟芝1000mもファンの方に研究しつくされてきてなかなか高配当がね。アイビスSDは天気の読み違いもあって外したし(苦笑)。

編 それを一発で取り返す的中劇。穴馬の本命◎クールティアラ(4人気)が1着、そして人気馬の本命◎サラドリーム(1人気)が3着。2着の12番人気馬△ブラッククローバーのおかげで3連単は94,230円(3連複10,860円)と高配当にありつけました。

石 ◎クールティアラにしても、もっと人気がないと思ったんだけどね。

編 ダートで連勝していたとはいえ、久々の芝、初の直線競馬でしたからね。それで4番人気、しかも単勝690円というのは(笑)。

石 そう、もしかして人気になっちゃうかなと思って、見解にもそこは触れていたんだけど、やはり皆さん馬券が上手い。

編 でもあの見解は良かったという声が多いですよ。人気馬の消し情報も入れてくれていましたし。ああ、これですね。

「人気がちょっと微妙なところだが、格上挑戦、初千直、休み明けでそこまで人気にならないと判断して、穴馬の本命には◎クールティアラ。ここまでダートで大崩れなく走っており、馬券絡みはすべてダート。今回は未勝利時代以来の芝戦となるが、新潟芝1000mはスタートから飛ばしてゴールまでトップスピードで粘り込むという競馬で、求められる適性はダート短距離戦と同じ持続力。ダート好走馬がしばしばこのコースで穴をあけるのもそれが理由だ。特にダート短距離で先行してタレるような詰めの甘いタイプが千直の穴馬として格好の狙い目だが、◎クールティアラは2走前から連勝中。適性はかなり高いが、この連勝で人気になってしまうと妙味がちょっと……という評価。冒頭にも書いた要素で多少なりとも人気を落としてもらいたいところだ。と、人気はさておき、同馬は適性が高いうえに、今回はメンバーにも恵まれた。人気馬の本命◎サラドリームは強敵だが、斤量差と雨で時計のかかる馬場となることを考えれば、同馬なら逆転は可能だ。(◎サラドリーム以外で)上位人気になりそうなエスターテ(なぜ人気になるのか。外枠と未知の魅力だろうが、脚が遅いタイプで千直には合わないと判断)、△レッドラウダ(絶好枠と思われがちだが、スタートが速くなく、中団より後ろで競馬する同馬にとっては前に入られまくる嫌な枠。差し馬はむしろ真ん中くらいのほうがいい)らに不安材料があるだけに、勝ち負けまで期待したい。」

編 人気も含めて(笑)、素晴らしい洞察力。エスターテ(3人気7着)は無印でしたし、△レッドラウダ(2人気6着)6番手評価。

石 外枠だけで人気になってくれてね。そのあたりの評価を下げられたのも高配当的中には繋がったかなと。

編 あと意外というか、惜しかったのが△ゲンキチハヤブサですね。僕は完全にノーマークでしたけど8番人気4着に走ってきて。

石 そうね。夏競馬のオーラス、日曜日の新潟最終も直線競馬だから、最後にもう一つ大きいところを獲れるように頑張ります。

編 そうですね。そしてそのひとつ前のレースでは伝統のハンデ重賞。新潟記念が行われます。

石 伝統……まあ、54回もやってるから伝統でいいか(笑)。これもなかなか高配当が期待できそうなメンバー構成になったよね。

編 ですね。正直、どの馬が勝っても驚けないようなメンバーで、僕にはさっぱりです(苦笑)。どういう馬に注目すればいいんですか?

石 穴馬ならズブズブの馬だよね、やっぱり。他場で切れ負けしているのがいい。過去の好走馬を見ても、クランモンタナとか、アルバートドックとか、ラストインパクトもそうだし、メートルダールとかね。とにかく詰めが甘いというか、ざっくりイメージ的に【4 7 6 13】な成績の馬というかね(笑)。

編 ああ、わかります(笑)。

石 ただ、今年はメンバー的にもスローになるだろうし、そうなるとそういう馬がここでも切れ負けという感じになっちゃうんだよね。ある程度流れてくれないと。

編 ただ、土曜日まで雨の予報で、馬場が悪くなる可能性がありますよね。時計がかかるならそういう馬でもいいんじゃないですか?

石 新潟は水はけいいからな〜。ただ、キミが言うように土曜日が道悪での競馬になるなら、日曜日もボコボコの馬場になる。そのあたりは週末の勝負予想での見解までお待ちいただくしかないんだけど。

編 ですね。

石 ただ、仮にスローになったとしても、ズブズブ馬の台頭は念頭に置いておきたい。さすがにキレッキレの一瞬の脚しか使えない馬には新潟の直線は長いし、高配当を狙うという意味でも他場で負けていながら、新潟には合うという馬を狙ったほうがいいからね。

編 そうですよね。では、あくまで現時点で、ということですけど、どの穴馬に注目しておけばいいですか?

石 サトノキングダム。

編 全体成績が【5 7 3 5】(笑)。たしかに。

石 まあ、さっきの戦績の話はあくまでイメージだけど、サトノキングダムみたいな伸びてくるけど最後に前を捕まえられないとか、なんかに差されるとか、ちょい足らずの馬だよね。穴馬として面白いのは。でもこの馬は人気しちゃうかもだけど。

編 堅実ではありますからね。

石 あとはここのところ走ってきちゃって、これもある程度売れそうだけど、カデナ。復活したここ3走も伸びているけど差し届かずというね。ただ、そういう上がりのかかる競馬で伸びているのはいいんだよね。

編 新潟は反対にスパッと切れるイメージですけど。

石 新潟はどの馬でも速い時計は出るから。時計の問題じゃなくて、レースの形態というかな。ああいうずっと脚を使って結果的にメンバー中上位の上がりを使っているというのはいい。

編 なるほどね〜。

石 あとはダッシングブレイズ。この馬は今の2頭と違って、溜めて溜めて最後に脚を爆発させる系の馬だけど。スローで脚がたまりやすいぶん、そして前との距離がないぶん、ハマりやすくなってくる。人気もないし、馬券に入れておいて損はないかなと。

編 日曜日が楽しみですね、これは。

石 そうね。日曜日は大好きな小倉2歳Sもあるし、もちろん最後の新潟芝1000mもね。いい形で秋競馬に入っていけるように、高配当で夏を締めくくらせていただきます!

編 お〜、珍しくやる気を出してる。

石 やる気はいつもあるわ(笑)。

編 知ってます。いつも見せないだけですよね。さっきも僕が入ってきたら画面切り替えましたけど、各馬の過去のレースを散々見返しているのも知っていますし、そこの机の下にあわてて隠したデータの束も知っていますし……

石 お願い、そういうの恥ずかしいから言わないで(笑)。

編 というわけで、石橋さんも的中のために必死になっている週末の勝負予想。ぜひご期待ください!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週も大仕事がありましたね。

石橋 武(以下、石) 土曜日?

編 日曜日(笑)。逆に土曜日なにがあったんですか(笑)。あ、配信全レースで本メンバが馬券絡みしているのか。そっちじゃなくて……

石 北九州記念ね。

編 そうです。◎ダイメイプリンセスです。単勝30.8倍の9番人気ですからね。これを本命にはなかなか推せない。

石 近走の成績にとらわれ過ぎ。前年の2着時もCBC凡走からアイビスSDで勝って、北九州記念を2着。

編 今回と全然違うじゃないですか。

石 キミは見解の何を読んだんだ(笑)。今年もアイビスの前のレースで凡走、アイビスで好走。そして北九州記念でしょ? 加えて小倉が合う理由も書いた気がしたけど。

編 意外とあっさりしていたような……。まあ、見てみましょう。

「◎ダイメイプリンセスは去年の2着馬。ギアチェンジにモタつくところがあり、緩急がつく競馬では足りないが、スパイラルカーブを採用している小倉芝コースでは大崩れなく走れている。小倉の3コーナー過ぎから加速し、スピードを落とさずに回って来られる、そして直線入り口で馬群がバラけるというコース形態が非常に合っている。今年に入って調子を落としていたこともあり凡走が続いたが、それも徐々に復調。前走のアイビスSDでは不利な内枠からかなり脚を使わされながらも6着に善戦。ベストの小倉芝1200mなら去年以上の走りが期待できる。勝ち負けまで期待したい」

石 たしかにあっさりし過ぎか。去年の経緯も詳しく説明するべきだったかな。

編 まあ、このコースには合う、その理由もわかる、アイビス好走から今年も好走というローテもよさそう。というのは伝わりますね。

石 それがすべてですが(笑)?

編 もうちょっと詳しく書いたら、僕みたいな素人にもわかりやすいかもとは思いました。まあ、見解水に単勝買ってましたけど(笑)。

石 おい!

編 (笑)。それだけ石橋さんの馬券を信用しているってことです。

石 ってことです。キリッじゃねーわ(笑)。まあ、獲ってくれたならいいけど。

編 あと3連単の話をすれば、先々週同様、人気馬の抜けがありましたよね。北九州記念も2着のディアンドルも抜けましたし。

石 はい、そこは反省しています。ただ、ディアンドルに関してはもう一度やってもあのレースでは買わなかったな。たしかに連勝で来ていて、斤量も52キロ。たしかに買っておいてもいいのよ。

編 でも買わなかった。

石 この馬が連勝してきたレースって、相手が弱かったり少頭数だったり、正直レベルが高いとは言えない。言い換えれば、陣営のレース選びがすごく上手いなと感じるんだけど、それが古馬相手の重賞に入って即通用とは思えなかったんだよね。勝ってきたのもスローで緩急のついた展開で最後にスッと脚を伸ばす競馬だったし。

編 基本的には小倉芝1200mには合わないと。

石 そうなんだよね。今回はハナから速い流れになると見ていて、そういう流れには向いていないので。未だに合っているとは思えないし。いや、誤解のないように言っておくと、今回のこの馬のパフォーマンスを否定する気は全くないですけど、結果的に内枠から先行して脚を伸ばしたのはこの馬だけだし。

編 そうか、ちゃんと印を打たなかった理由があるんですね、

石 当たり前だろ(笑)。まあ、今となっては見る目がなかったということになってしまうんだけど。

編 いや、「単勝二頭流」として穴馬の単勝をきっちり当てるという大仕事はしていますからね。でもさらなる大仕事を期待している方が多いですからね。今週末はキーンランドC、新潟2歳Sと石橋さんが好きなレースですし、相手抜けに気をつけて(笑)、がんばっていきましょう!

石 ひと言多いけど、がんばります(笑)。で、今週はどっちにしますか?

編 2歳戦がよくわからないという人が多いので、新潟2歳Sでお願いできますか?

石 了解。

編 新潟2歳Sなんですけど、キャリアも浅いし、どんな馬を狙えばいいかわからないんですよね。

石 あ、それはわりと簡単で、距離実績と瞬発力。たしか瞬発力には過去の見解にも書いたことがあって、去年、あ、一昨年のこれがそうか。当時の見解に「新潟2歳Sはとにかく瞬発力。なにはなくとも瞬発力。新潟の長い直線を見越してというジョッキー心理もあるだろうが、ラスト3ハロンまではかなり緩いペースで進めて末脚を温存。ラスト3ハロンにかけて一気に加速。そのままゴールまでなだれ込むというのが、このレースのパターンだ。ゆえに狙うのは前走、あるいは前々走でメンバー中速い上がりをマークしているタイプ」と書いたんだよね。

編 あ〜、覚えてなかったです(笑)。

石 だろうね(笑)。例えば近5年で言うと、前走が1600m未満だったのは5頭だけ。

編 お〜、すごくはっきりしている。

石 瞬発力、上がりの速さに関して言うと前走でメンバー中1位か2位の上がりを出している馬しか馬券に絡んでいない。まあ、当てはまる馬は多いけどね。

編 なるほど。そのなかでも瞬発力に秀でたタイプを買うと。ではそれを踏まえて注目穴馬を挙げていただくと?

石 ウインカーネリアン、セツメンノトビウオ、タイムマシンの3頭かな。ウインカーネリアンは、前走もいいけど、2着に負けた新馬戦でこのレースと相性のいい東京で速い上がりを出しているんだ。ここ2戦ともに評価できる。

編 たしかに前走の上昇ぶりはすごかったですよね。

石 セツメンノトビウオはちょっと馬場に恵まれないところがあったけど、それでも前走はしっかりマイル戦を勝ち上がってきた。しかも当時の2着馬は(未勝利馬ながら)仕上がり早で能力も高い馬。あの馬を末脚で競り落としたからね。

編 地味と言ったら失礼ですが、完全にノーマークでした。でも言われてみると馬券に入れておいて損はなさそうですね。

石 タイムマシーンは人気しちゃうのかな? これは前走の新潟のパフォーマンスを素直に評価。まだ余裕があるしね。

編 現時点ではこの3頭に注目ですね。では、さっきも言いましたが、今週末は抜けに気をつけて……

石 わかったって。あ、あとキーンランドCもかなり面白いと思うので、合わせてご注目いただければと。

編 わかりました。では石橋さん、今週末もよろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は人気薄の本命が土日で激走していましたね。

石橋 武(以下、石) ああ、◎アードラー(土曜日小倉11R。10人気1着)とか。

編 そうそう。その阿蘇Sは3連単80万馬券という超高配当がついたわけですが、2着の人気薄△グアン(13人気)も印を打っておきながら……

石 3着のメイプルブラザー(7人気)が抜けるという。

編 そうなんですよ。◎△の馬連配当が4万3,240円というのを考えてもとんでもなく荒れたレースだったんですが、痛恨の3着抜け。ただ、単勝25.3倍はしっかりいただいて全然プラスなんですけどね。

石 まあ、単勝二頭流としては及第点。でも皆さんに高配当獲ってほしかったな〜。

編 ですよね。ちなみに4着の△メイショウワザシは買い目に入っていて、もし3、4着が逆だったら3連単52万5,680円の的中だったんですよね。

石 あ〜、そのタラレバいらないわ。スポーツマスターの本田さんにも電話で言われたけど。

編 ああ、今週の編集部通信に書いてありましたね(笑)。

石 そう、ひどい書かれようだった(笑)。そりゃ、奥田さんとは人間のデキは違いますけどね(笑)。

編 まあ、そうひがまずに。

石 ひがんではない(笑)。

編 でも本命◎アードラーは、素晴らしいですよ、実際。

石 狙い通りというか、想定した通りの勝ち方をしてくれたなと。

編 で、日曜日も小倉最終でふたケタ人気の本命馬が激走していましたよね。

石 なんだっけ。◎メイショウラバンドか。

編 そうそう。結果、外から突っ込んできて2着まででしたけど、これも単勝11番人気と超人気薄。よく本命を打てますね(笑)。

石 小倉は走るからね。年齢と近走成績で嫌われていたみたいだけど、小倉で条件があえばまだまだ走ると思っていたので。

編 で、実際に大激走してくれたと。このレース、3連複4万9,200円が的中したわけですけど、これ3連単27万5,660円も獲れたんじゃないですか?

石 買ったのが人気馬だからってことでしょ? まあ、もちろん想定はしていたけど、人気馬の本命には推せなかったな〜。

編 人気馬の本命は◎エヴァイエ(3人気)でしたもんね。せっかく抜けた1番人気の△ナリスを軽視していただけに……とも思ってしまいますが。ただ、これも◎メイショウラバンドが差し切っていたら3連単52万7,320円……

石 だからもしとか仮にとかはいいって(苦笑)。

編 いや、そうは言いますけどね、言いたくもなりますよ。だって、ハマってれば土日両日50万馬券的中ですよ? めっちゃすごい。

石 ハマって「レバ」ね。もう、今週はそういうことを言わさないように、びしっと決めます。

編 やった、これを狙ってた(笑)。

石 ウソつけ(笑)。

編 (笑)。で、今週はどちらの重賞についてお話ししましょうか。

石 考えたんだけど、メンバー的にあまり絞りたくないので、札幌記念から1頭。北九州記念から2頭挙げるという形でいこうかと。

編 たまにはそれもいいですね。では札幌記念のほうからいきましょうか。

石 こちらはペルシアンナイト。皐月賞、大阪杯と好走しているように内回りなら2000mは十分に持つし、今のところスローか、あるいは後半4ハロンが速くなる流れを想定してるんだけど、そういう流れでも好走しているからね。もちろん前が速くなればなったにこしたことはないわけだけど。

編 たしかに。でもそういう緩んだペースの時って、京都とかある程度直線の長さがないと届かないんじゃ?

石 いや、コーナーの角度が大きくてスピードをあまり落とさずに回ってこられる札幌芝コースなら、この馬の特性が活きるよ。瞬発力で差してくるイメージが強いかもしれないけど、一瞬でエンジンに点火というより、徐々に加速してトップスピードに乗っていくタイプだからね。札幌は合うと思う。

編 なるほど。じゃあ、北九州記念のほうは?

石 こちらは小倉得意の2頭。エントリーチケットとアンヴァル。そのほかの小倉巧者は気持ち的に切れちゃっている印象もあるし、ハンデ、枠順、展開から現時点で推せるのはこの2頭かなと。

編 わかりました。じゃあ石橋さん、今週はまずは50万馬券2本でお願いします。

石 頑張るけれども、ノルマじゃない(笑)。ただ、勝負予想では先週に引き続きけっこうな穴馬を本命に推すかもですけど、単勝はちゃんと買っておいてください。

編 お〜、なんか期待大な予感。楽しみにしています! 




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はアイビスSDの予想、かなり力が入っていましたが。

石橋 武(以下、石) 3連複9,320円しか当たらないという。

編 9番人気の◎オールポッシブルからの買い目だったんですけど、1、2着が人気馬でしたからね〜。

石 そうなんだよね。

編 ただ石橋さん、知ってました? 石橋さん、4着の△トウショウピスト、5着の△レジーナフォルテにも印を打っていたじゃないですか、もし1、2着馬がいなくて、◎オールポッシブル、△トウショウピスト、△レジーナフォルテで決まっていたら、3連単314万馬券だったらしいですよ。スポーツマスターの本田さんが言ってましたけど。

石 タラレバ通り越しておとぎ話だろ、それ(笑)。

編 いやいや、あり得る話ですよ。差もそんなになかったし。というか、△トウショウピストって。16番人気ですよ。

石 いや、それだけ荒れると思っていたんだよね。台風の影響を受けるつもりだったし。時計がかかれば◎オールポッシブルも△トウショウピストも足りるなと思っていたから。まあ、そのせいで軽い馬場で走ってきた△ライオンボスを軽視しちゃったんだけど。

編 そうなんですよね〜。残念。って、3連複は当たってますけどね。なんかやっぱり千直得意だなと思いました。まだまだ新潟開催は続きますし、今週末も千直がありますし、300万馬券、期待してますよ。

石 300万はないわ(笑)。

編 それと先週といえばクイーンSですよね。週中から自信ありげで、実際このブログで挙げた3頭の穴馬のうち2頭(スカーレットカラー、カリビアンゴールド)が馬券絡み。

石 公式ブログをアップするのが遅くなってしまって、申し訳なさしかなかったわ(苦笑)。

編 結果、お役に立てたと思うので、勘弁してあげます。

石 偉そうか。まあ、でも実際馬券も当たったしいいか(笑)。

編 ダメですよ、ホントは! 木曜日しか読めない、土曜日の深夜じゃ馬券を買えないという方もいらっしゃるんですから。ちゃんと木曜日中にアップできるようにスケジュールは取っておいてください。

石 はい、すみません。本当に申し訳ないです。……ただ、来週はキミのせいでお休みですよね。

編 せいというか、はい、すみません。夏休みです(笑)。

石 そのせいでどれだけの人が迷惑することやら。

編 ごめんなさい。でも上から怒られるんですよ。

石 冗談だよ(笑)。たまには休んでくださいな。まあ。私は思いっきり休みなく働いてますけど。

編 それが予想家ってもんです。というわけで、本領を発揮していただきましょうか。今週はどのレースを取り上げましょう?

石 レパードSかな、面白いのは。

編 一昨年、◎ローズプリンスダム(11人気1着)で話題となった。

石 また古い話を持ち出して(苦笑)。

編 いや、そうじゃなくて、当時の見解で先行有利、持続力勝負的な話に納得したのを覚えていて。

石 ああ、そういうこと。新潟ダートは1200mも1800mも先行有利だからね。

編 コース形態が?

石 そう。楕円形をさらに上下から潰したような競馬場で、コーナーがきついんだよね。だからどうしても(他場と比べて)大きく減速せざるを得ない。それは先行馬も後続馬も一緒なんだけど、後続馬は前に追いつきたいところで減速せざるを得なくて、先行馬は逆にゆっくり息を入れられる。加えて直線が短くて平坦。そりゃ、先行馬に有利なわけなんだよね。もちろんペースや馬場状態によるけど。

編 そうなんですよね。近5年中4年で逃げ馬が馬券に絡むとか、すごいもの。だから穴馬は基本的に先行馬からと。

石 そういうこと。

編 では、具体的にどの穴馬に注目しています?

石 まずは前走で、古馬相手の2勝クラスを勝っているアッシェンプッテル。そして前走は外枠から中に入れずロスだらけの競馬だったハヤブサナンデクン。そして最後に中盤が緩まないレースばかり走っているワシントンテソーロ。スローで一変する可能性があるね。どれも先行馬で、かつ速いペースを踏ん張ったことがある馬だけに、楽しみ。

編 アッシェンプッテルは出遅れだけ心配ですよね。

石 まあ、たぶん出遅れると思う(苦笑)。ただ、それでも前走はかなり長い脚を使えているし、前走のように早めに前に取り付く競馬ができればということころかな。

編 わかりました。ではこの3頭に注目しつつ、週末の勝負予想を楽しみにしています。ありがとうございました。

石 それでは来週の当ブログはお休みさせていただきます。週末の勝負予想はもちろん通常通りに配信しますので、ご安心ください。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR