FC2ブログ

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、1週間でG1ふたつの単勝を的中ですね。

石橋 武(以下、石) ん? ああ、宝塚記念と帝王賞ということか。そうね。両方とも人気馬の本命だったけど。

編 たしかに両方とも3番人気でしたけど、どちらも大混戦のレースですからね。そのなかで◎リスグラシュー、◎オメガパフュームをちゃんと選んだのは自慢していいかと。そしてどちらも3着抜けだったのは反省していいかと。

石 褒めた途端にディスるとか(苦笑)。まあ、その通りですけれども。

編 でも宝塚記念の3着馬スワーヴリチャードは、いつも右回りはダメって言いますよね。

石 いつも言うというか、いつもダメだから。今回だってレースを見た人はわかるだろうけど、最後の直線でまともに追えてないからね。右にもたれるのを鞍上が懸命に立て直してなんとか3着には走ってきたけど。やっぱりあれを見ちゃうと、右回りでは割り引かざるを得ない。ただ、少頭数であまりごちゃつかないということを考えると、能力的に3着の馬券は買っておくべきだったなと。

編 思い切りすぎた。

石 というより、読みが甘かった。危険ですよとお知らせすることにこだわってしまった感がある。あとから思い返すと。あの人気なら押さえても良かったんじゃないかというのは反省材料。

編 でも、一方の帝王賞では×インティはあっても3着までという見解で。

石 そうね。どちらの見解もスポーツマスターの編集部通信に載っているみたいだけど、まあ、ああいう感じで。

編 インティに関してはズバリ不安が的中という。

石 実績は認めるけれども、ラクな競馬しかしてこなかったのは事実だし、あとタフな2000mというのもね。馬場が渋っていたからスピードのあるインティを馬券には入れたけど、良馬場だったらばっさりいっていたと思う。

編 だから予想は正しいんですよ。それはホントすごいと思う。ただ、先週は特に3着抜けが目立って、それに関してはお叱りのメールもいただいていますからね。

石 申し訳ないです。

編 でも、先週は相手の抜けが目立った一方、帝王賞までいれて配信10レースのうち6レースで単勝が的中。「単勝二頭流」としては、良かったのかと。

石 だから、褒めるのかディスるのか、はっきりしてくれと(笑)。まあ、良くはないけど、悪くはない。でも、皆さんが期待しているのは、単勝の的中はもちろん、高配当的中だと思うので、夏競馬で巻き返します。

編 ですね。毎年、10万、20万の馬券を連発する開催ですし、特に函館は芝1200mとかダ1700mとか、石橋さん定番の稼ぎどころですから。福島とかね。

石 だね。皆さんにも例年通りに稼いでいただければと。

編 そうですね。そしてさっそくいかにも石橋さんが稼ぎそうなレースがあるんですよね。

石 ラジオNIKKEI賞な(笑)。

編 そうです(笑)。石橋さん、こういうレース好きですもんね〜。

石 正直、ダービーより楽しみだったりする(笑)。

編 でもどうしてこんな難しいレースが好きなんですか?

石 いつもと違う適性というのかな、中央場所とは違う適性が求められるから、中央で負けている人気薄が勝ったり、人気を背負った実績馬があっさり負けたりね。そういうレースは面白いよね。

編 なんか性格の悪さがにじみ出ていますけど(笑)、当ててくれれば文句なし。

石 おい!(笑)

編 (笑)。ちなみにどういう馬がいいんですか?

石 この先、大きなレースを勝ちそうもない馬。身も蓋もない言い方をしちゃうと。実際、過去の勝ち馬を見てもわかると思うけど、近年、このレースを好走してG1を勝ったのって去年のフィエールマンくらいじゃない? それにフィエールマンだって、言い換えればこのレースではメイショウテッコンに負けているとも言えるわけで。

編 適性がないけど能力だけでラジオNIKKEI賞を走ったとも取れると。

石 そうそう。それに勝ったG1はちょっと特殊というか長距離の菊花賞と天皇賞(春)というのもわかりやすい。要はキレッキレのマイルG1とか、天皇賞(秋)、ジャパンCとかじゃないんだよね。

編 たしかにほかの好走馬も重賞を勝っていますけど……

石 中山芝2200mとか、地方の2000m重賞とかでしょ。ホントそういうタイプの馬が勝つレース。

編 あ、なんかすごくわかりやすいかも。具体的にはどの馬がいいですか?

石 現時点ではダディーズマインド、ヒルノダカール、あとはブレイキングドーンを挙げておこうかな。

編 なんかこの馬が大きいところを勝ちそうもないというのも気が引けますが。

石 そう、今になって気づいた(苦笑)。関係者の皆さん、ごめんなさい。ただ、弱いわけじゃなくて、日本のレース体系だと大きいレースが行われる舞台には合わないというだけで、海外ではまた話は別ですので。

編 うまいことごまかしたな(笑)。

石 ごまかしてはない。ホントそういうことだから。

編 はいはい。ではその3頭について一言ずつお願いします。

石 まずダディーズマインドは、今回と同じ福島芝1800mのきんもくせい特別が強かった。結果3着だったけど、厳しい流れを先行。強気にポジションを押し上げての0.1差。2着はダノンチェイサー(きさらぎ賞。NHKマイルC4着)だったし。

編 ただ前走の皐月賞では9着に大敗していますよね。

石 着順的には。ただ、あのハイペースを番手で受けて、直線の入り口では先頭に立つというかなり厳しい競馬をしているんだ。それでいて直線もかなり粘っていたし。

編 たしかにこうやって見返すと、見せ場を作っていますよね。

石 でしょ? ラジオNIKKEI賞は逃げ・先行馬2頭+差し馬1頭というのがデフォルトの組み合わせで、ダディーズマインドも厳しいペースで先行できるというのは、急流になりがちなこのレースで大きな武器だよね。ここは大きなチャンスと見ているよ。

編 ヒルノダカールは?

石 切れのなさがネックでホープフルSとかは負けちゃっているんだけど、このコースはそういう中央で求められるような瞬発力は不要。それにラヴズオンリーユー、サートゥルナーリア、リオンリオンら強い相手に揉まれつつも、大敗はしていない。それも向いていないコースでね。

編 ここに入れば能力は高いし、適性もあると。

石 そう。前走は完全な乗りヘグリでまったく追えなかったけど、スムースに先行できればこのメンバーのなかでは速い脚を使える。スローの競馬しか経験がないというのはネックではあるけど、この手の切れ負けするタイプはタフな流れのほうが合うし、そこはあまり気にしていないかな。

編 最後にブレイキングドーン。石橋さん、この馬好きですよね。ホープフルも本命を打っていたし。

石 好きだから本命を打ったわけではないけど、この馬、能力はかなり高いんだよ。ただ、まだその能力に追いついていないというか、どこか持て余している感じがある。ただ、今回は福島芝1800mという、スパッと切れずともしぶとい競馬ができるタイプが台頭できる条件。皐月賞で本命を打ったクラージュゲリエ(14人気5着)にも内回りの京都2歳Sで僅差の勝負ができているし、不器用というか、まだ荒い競馬なんだけど、ここなら能力でなんとかなるかなと。

編 なんかやっぱり好きなんじゃんという話に聞こえますが(笑)。

石 そんなことないわ(笑)。まあタフな競馬になればなるほど、台頭してくるタイプ。順調なら菊花賞を任せたい。

編 おお、そんなに?

石 今のところ(笑)。現時点ではこの3頭ですね。

編 わかりました。週末の勝負予想、期待していますね。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、たった今プリンスオブウェールズSが終わったわけですが、まずは的中おめでとうございます。さすがの本命馬ワンツーで。

石橋 武(以下、石) まあ、堅い決着で(苦笑)。

編 馬場はあんなに柔らかかったのに。

石 それ、全然うまくないからな。それにしても穴馬の本命に推した◎クリスタルオーシャンが2番人気という……。恥ずかしいことこの上なし。

編 まあ、8頭立てでしたからね。でもちゃんと◎クリスタルオーシャンと人気馬の本命◎マジカルで決まるあたり、海外の馬券もよく当てますね。

石 いや、もうこの話いいわ。単勝も3連単も大して儲かってないし。3連複に至ってはトリガミだし。

編 レース直後から冷めてるとか、土砂降りの雨に立たられたアスコット競馬場か。

石 いや、本当に全然うまくないから。むしろイラっとするわ。

編 酷い。

石 そんなことより宝塚記念の話なんでしょ?

編 そうです。結局12頭立てですかね。

石 だろうね。頭数は少ないけど、メンバー的には揃っているんだよね。そこそこ。

編 ですね。G1馬が全部で6頭。出走馬の半分がG1馬ですから。

石 ただ、穴馬となるとかなり難しい。この頭数で印、買い目もかなり絞るつもりではいるので、今ここで馬名を挙げると(基本的にブログで挙げた馬には印を打っているため)印を打てる馬が限られちゃうという。少頭数とはいえ荒れやすいレースだから。

編 いや、でもG1で皆さん期待していると思うんですよね。ほかに重賞もないし。

石 そうなんだよな〜。ホントはUHB杯とかやりたいんだけど(笑)。

編 出た、得意の函館芝1200m(笑)。

石 まあ、「あくまで現時点の」というのをいつも以上に強調しつつ、宝塚記念の話にしますか。

編 はい、そうしてください。UHB杯だと土曜日の夜から日曜日の朝にかけての更新で、見られない方もいらっしゃるとのことで。

石 そうなんだよね。じゃあ、もう一度「あくまで現時点での」と言っておいて(笑)、宝塚記念の話に入ります。

編 まあ、実際お天気も微妙で、馬場次第のところもあるでしょうし。それにしても、このレースは荒れやすいですよね。

石 そうなんだよね。近5年で馬券に絡んだ15頭のうち、6番人気以下が9頭もいる。

編 それらの馬にわかりやすい共通点はあるんですか?

石 あったらラクなんだけど(笑)、そう都合よくわかりやすい共通点はない。

編 そう簡単にはいかないか。じゃあ、わかりづらい共通点は?

石 全馬に共通するわけじゃないけど、やはり先行馬が穴をあけるパターンは多いよね。ただ、今年はキセキが出ているから、どうしても先行馬には目が向きがち。

編 じゃあ、反対に差し・追い込み馬に注目だ。

石 展開的にはね。キセキが逃げるとして……

編 ちなみにレイデオロも前走で逃げていますよ。

石 あ〜、日本馬は外国馬に比べてスタートが速いから、海外のレースだとポジションが前になっちゃう。よほど意識的に後ろにつけないと。……で、キセキが逃げるとして、アルアインも前めの競馬だし、右回りがダメなスワーヴリチャードも大阪杯みたいに早めに仕掛ける競馬でラチを頼りたい。内枠を引けば話は別だけど。

編 少なくともスローにはなりそうもないですね。

石 まあ、これも枠順次第なんだけど。それに雨で馬場が悪くなったら極端な追い込みでは厳しいし。

編 歯切れ悪〜(笑)。

石 たしかに(笑)。よし、馬場は稍重までとして、展開もさっき言った想定として話そう。

編 改めてどんな馬が狙い目ですか?

石 切れない馬。よほど展開が速くなれば瞬発力タイプの直線一気というパターンもあるんだけど、こういうのは着拾いがハマった的なレースになりがち。押さえは必要だろうけどね。

編 その、切れないというのは文字通りの意味ですか?

石 そう。宝塚記念が行われる阪神芝2200mは内回りコースを使用。さらに3コーナー過ぎから積極的に仕掛けていく前がかりの競馬になりやすくて、他場では切れ負けするような馬がバテない強みで走ってきちゃうんだよね。

編 あ〜、なるほど。

石 反対に他場で瞬発力を活かして勝ってきたようなタイプは、道中でなしくずしに脚を使わされて、脚が溜まらない。切れないタイプは極端にいえば【2 5 4 8】みたいな成績で、切れるタイプは【5 2 0 8】みたいな感じ。極端に言えばよ? イメージ的にそんな感じ。

編 ここまでの話を今年の出走馬に置き換えると、着拾いの展開待ちがマカヒキ。切れないのがノーブルマーズ。瞬発力タイプがレイデオロ的な?

石 まあそうだけど、馬名を挙げるとのちのち混乱するから(苦笑)。それはあくまでキミの私見ということで。

編 あ、そうか。失礼しました。

石 ただ、ノーブルマーズは去年もズブズブの追い比べになったこのレースで3着に走っている。今年もあれくらいの馬場になれば、というかあれくらいの上がりがかかるようならチャンスはある。まずはこれが1頭目かな。

編 2頭目は?

石 スティッフェリオ。前走の大阪杯は7着とはいえ0.5差。苦手なスローからの急加速みたいなレースになっちゃって、その着差なら及第点はあげられる。今回は距離延長、急坂とマイナス材料があるような評価をされているけど、道中から徐々に加速していくような展開は向いているからね。そんなに急坂がダメとも思わないし、1ハロン程度なら距離延長も問題ないと思うしね。現時点ではこの2頭かな。

編 わかりました。あとは天気と枠順ですね。そして何と言っても函館がほぼ開幕!

石 ほぼ(笑)。

編 先週はまさかの大量除外で、ちょっと話になりませんでしたからね。気分を新たに“ほぼ”開幕ということで(笑)。

石 そうね。今週は出走頭数も揃ったようだし、UHB杯を含め、楽しみなレースが多いよ。勝負予想の配信も函館がちょっと多くなるかも。

編 楽しみですね〜。期待しています。それでは石橋さん、今週もよろしくお願いします。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、まだダービー完璧的中の余韻が冷めやらぬなか……

石橋 武(以下、石) 冷めやれよ、いい加減(笑)。

編 いや、あまりにもすごすぎて(笑)。スポーツマスターさんの編集部通信(5月30日号)にも、100万円近い払い戻しを受けた方の画像も掲載されていましたよね。みんな、儲かってるな〜、と。

石 ありがたいよね、信用して買っていただけて。

編 まあ、実績がありますから。それに高配当と言えば、先週の多摩川Sですよ。

石 ファストアプローチね。

編 ええ。ただでさえ逃げ切るのが難しい東京芝1600mで、大外枠のファストアプローチを本命に推してくるとは。しかも出走18頭中16番人気ですよ(笑)。

石 でもちゃんと走ったでしょ?

編 ええ。展開も適性も読み通りでしたね。その見解がこちら。

「ファストアプローチはマイル戦で勝ち鞍こそないものの、近走で走っている2000m前後の距離では先行して伸びきれないという、もどかしい競馬が続いており、やや距離が長いという印象だ。実際、マイル戦では勝ち鞍こそないものの、朝日杯FS、シンザン記念、ニュージーランドTとレベルの高い重賞で善戦しており、ベストは1600mとみる。ましてや、3勝クラス、しかもトップハンデタイとはいえ56キロならば、同馬の実績からも明らかに能力は上の存在だ。540キロを超える大型馬だけに、休み明けの前走は凡走も致し方なし。時計も同馬にとっては速すぎた。今回は直前の雨のおかげで同馬が好きなソフトな馬場が見込まれ、叩き2走目の上積みも見込める。このスロー確定のメンバーなら大外枠からでも前につけるのはさほど難しくもなく、ベストの距離、ベストの馬場で自身の競馬ができれば巻き返しは可能。大駆けが期待できる。」

編 もう完璧!

石 ただこのレース、100万、200万円の馬券を狙っていたので、2、3着の人気馬を切っちゃったんだよね。危ないところもあったので。

編 そうなんですよね〜。2、3着に1、3番人気を入れるだけで76万馬券的中だったのに……(苦笑)。でも2〜5着はかなり僅差で、人気薄の4、5着馬は馬券に入っていたんですよ。組み合わせ次第では200万馬券が当たっていたという。

石 惜しかった。でも仕方なし。

編 200万馬券を仕方なしの一言で片付けるとは(笑)。ただ、改めて石橋さんの予想は100万馬券、200万馬券に近いなと実感しましたし、実際、すぐに獲れるだろうなと。

石 そうね。皆さんが思っているほど難しいものじゃないと思うよ。ホント、いつもの配信レースから組み合わせ次第で、すぐ当たる可能性はあるわけで。

編 そうなんですよね。さっそく今週、当ててほしいわ(笑)。で、今週末なんですけど、ここで取り上げるのは函館スプリントSでいいですか?

石 OK。ではさっそく始めますか。

編 はい、よろしくお願いします。

石 まずはトウショウピスト。

編 めっちゃ人気ない(笑)。

石 だろうね。ただ、函館芝1200mでは函館2歳Sの3着も含めて、【3 1 1 1】と好相性。それだけじゃなくて、日曜日の函館は恐らく大雨で、まず時計勝負になることはない。

編 たしかに、オープンに昇級後は時計的についていけていない印象ですからね。

石 なぜかこの馬が走るときは良馬場が多くてね。それにこの馬にとってありがたいのが展開面。短期で行けそうなメンバー構成もいいし、突っかかってくるようなタイプもいない。

編 展開利が見込めると。

石 その通り。マークしておくべき一頭だよ。

編 続いてチェックするのは?

石 タマモブリリアンだね。

編 去年のこのレースの5着馬ですね。

石 そうそう。去年は異常に時計が速かったんだけど、それでも5着に善戦。さっきも言ったように、今年は時計がかかるのは間違いないし、去年より前進が見込める。

編 この馬も函館は得意ですしね。

石 そうだね。それに千直を走ったあとって、それが刺激になって好走する馬って結構多いんだ。タマモブリリアンも前走の韋駄天Sがカンフル剤になる可能性もあるよね。

編 なるほどな〜。

石 現時点ではこの2頭に注目かな。

編 わかりました。では今週末もよろしくお願いします! ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏のスケジュールの都合により土曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも土曜日の午前7時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。
取り上げるレースは石橋氏が得意とする函館芝1200mの函館スプリントSを予定しておりますが、枠順ならびに天候次第でユニコーンSに変更の可能性がございます。

先週も多摩川Sにて◎ファストアプローチ(16人気1着。単勝5,860縁)を本命に推すなど、穴馬を仕留めている石橋氏の注目穴馬、そして勝負予想にご期待ください。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは対談形式でお伝えする予定でしたが、石橋氏と編集部のスケジュールが合わず、石橋氏からの注目穴馬をお伝えする形に変更させていただきます。
楽しみにして下さった方、申し訳ありません。
ただ、その代わりにエプソムCだけではなく、マーメイドSについても注目穴馬も公開致します。
ぜひ、ご自身の馬券の参考になさって下さい。
また、スポーツマスターの勝負予想は通常通りに公開、さらに日本時間の日曜日午前7時37分に発走予定のベルモントSの予想も公開しますので、楽しみにお待ち下さい。


マーメイドS
過去5年の同レースで5番人気以下が馬券圏内に好走したのは、全部で9頭。その内の実に7頭が前走1800mを使われ、残る2頭も1600m。内回りの2000m、かつ牝馬限定戦だけあって、スタミナあるいは持続力よりもスピード、瞬発力のあるタイプ狙いが吉か。重視穴馬は距離延長組から選びたい。

■ウインクルサールーテは前走で出遅れ、終いは差を詰めたものの終始流れに乗り切れなかった。ただ2走前は今回と同じ阪神芝2000mで1000万特別を中団からの競馬で見た目以上の楽勝ぶりを見せており、しばしば軽量馬が穴をあけるマーメイドSでハンデ50キロも有利。

■ランドネは近2走で13着、6着。とはいえ2走前は最後の直線で捌けず、そして前走も直線で不利を受けており、いずれも消化不良な結果。度外視でOKだ。内めの枠から先行力を活かす競馬ができるのもプラス材料で、斤量もこのメンバーで54キロなら許容範囲。




エプソムC
金曜日からの雨、そして馬場が緩んだ土曜日に競馬が行われるため、先週までの高速、前残り馬場から一転しそうな日曜日の馬場。勝負予想は土曜日の結果を踏まえて結論を出すが、過去の傾向からは外差しが決まる馬場になるとみる。また、目メンバー的にはスローが予想されるため、一瞬でトップスピードに乗れるタイプ(人気になりがちだが)か、ラチ沿いを逃げられそうな馬が狙い目か。

■カラビナは前走は中団から競馬を進めているが、長距離戦なら逃げるだけの行き脚はある。このメンバーなら思い切って行く可能性は十分だ。仮に藤沢和厩舎がスローを嫌ってソウルスターリングを行かせるようなら、隣枠だけにさらに競馬はしやすくなる。番手からの競馬ならさらにチャンスだ。

■差し馬からはアンノートル。1600mをメインに走ってきたが、実績からも1ハロンの延長は問題なし。ここにきてかなり競馬が安定してきており、近走はほぼメンバー中上位の末脚をマークしている。末は確実だ。脚質からも外枠からの競馬は願ったり叶ったりで、好走を期待したい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは枠順、天候を確認のうえお伝えしたいとの石橋氏の希望により、金曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも金曜日の24時までには公開致しますので、今しばらくお待ち下さい。
なお、スポーツマスターで配信する勝負予想では、アメリカで行われるベルモントSの予想も配信致します(土曜日版)。エプソムC、マーメイドSとともに合わせてご期待下さい。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR