FC2ブログ

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週のコラムで高松宮記念のショウナンアンセム(17人気3着)を穴馬として推奨していたじゃないですか。あれ、ちょっとした話題になってましたよ。参考にされた方もいらっしゃいましたし。

石橋 武(以下、石) 参考になったのなら幸いだけど、勝負予想では無印にするという失態を犯してしまって(苦笑)。

編 まあ、理由があってのことですから仕方ないですね。もったいないけど。

石 まあねぇ。

編 ちなみに勝負予想の見解では「ショウナンアンセムには時計が速すぎる」ということで、無印にされていましたけど?

石 そうね。あ、そうだ。それ、スポーツマスターさんに載ってる。今週から質問コーナー?というのか、新しいコーナーができたらしくて、会員さんから来た質問に答える形で。

※編集部注:新コーナーは「予想家に訊いてみよう!」。スポーツマスターさんのトップページでご覧いただけます。編集部通信の下に掲載、会員はどなたでも無料で見られるとのことです。

編 よりによってコーナーの一番最初が外れたレース(笑)。

石 そう(笑)! ただ、当たったレースには質問がほとんど来ないからね。 

編 高松宮記念はダメでしたもんね。

石 その質問コーナーでも答えたけど、予想以上に内有利の馬場になったなと。もちろん、僕の想定がダメだったというのが大前提だけど。

編 本命馬に関して言うと、穴馬の本命◎アレスバローズ、人気馬の本命が◎ダノンスマッシュで、それぞれ9着と4着。

石 だね。◎アレスバローズについては、道中も何度かぶつけられていたんだけど、それでも抜群の手応えで3コーナーを回ってきたんだよね。で、そこから勝負というところで、◎ダノンスマッシュに寄られて急ブレーキ。あれで終わった。スムースだったらどうなっていたかはわからないけど、まあ少なくとも上位にはきていただろうなと。

編 たしかにあれは痛かった。しかも邪魔したのが人気馬の本命◎ダノンスマッシュという(苦笑)。その◎ダノンスマッシュも4着まででしたし。

石 ダノンスマッシュはもうちょっと内枠だったら、4コーナーで外に振られなければとも思うけど、あとは適性もあったかな。

編 と言いますと?

石 レース前が終わってから気づくあたり、僕のセンスのなさなんだけど、この馬、道中で溜めるところがないと伸びない。今回は鞍上も馬場のこともあって前につける競馬をしたんだろうけど、もう少し後ろで溜めたほうがよかったのかも。結果論だけど。

編 でもそれまでも前につける競馬をしていましたよね。

石 そこ。高松宮記念の前2走は京都だったんだよね。京都芝1200mはコース形態的に道中でラップが緩む。そこで脚が溜まるんだよね。で、瞬発力でスッと抜けられる。シルクロードSも前が詰まって、あれが不利だったように見えるんだけど、実際はあそこで脚が溜められたという見方もできるわけで。もちろん狙ってやったわけじゃないけど。結果としてね。

編 そう考えると、たしかに大回りの札幌でも2着に負けていますね(キーンランドC)。

石 だよね。持続力に優れたナックビーナスに完封されている。要は短距離のなかでも瞬発力が活かせる京都芝1200mなんかは大の得意コースで、今回の中京とか、あと中山芝1200mで無条件に信頼するのは怖いなと。

編 なるほどね〜。次からはレース前に気づいていただければと(笑)。

石 返す言葉もございません。

編 ま、その分は中京の最終で取り返してもらいましたし。気馬の本命◎ミッキーワイルド(1人気2着)はともかくとして、穴馬の本命セイウンクールガイ(11人気3着)はお見事でした。◎セイウンクールガイは本命に推せないわ。あ、勝負予想の見解はこちらです。

「◎セイウンクールガイは、3歳時に中京ダ1200mで初勝利を挙げ、今回と同じ中京ダ1400mで行われた沈丁花賞を勝利。中京ダートに対する適性は非常に高い物がある。また、沈丁花賞を勝った後にもレベルの高く、また適距離よりも明らかに長かったユニコーンSで逃げて5着に善戦しており(しかも1〜3着は差し馬が独占しており、展開面も不向きななかでの善戦だった)、同馬の能力は非常に高い。近走は気の悪さを出してしまってまともに走っておらず、今回もそこは走ってみないとわからないところはあるが、調教は前走から一変。好時計を連発して格上馬にもラクに先着。充実度はものすごい。適性の高いコースで、能力も上位。気の悪ささえ出さなければ(そして調教の前向きさからすると、今回は気の悪さは出さないと思う)、勝ち負けになる馬だ。」

石 そうやって勝手に出すし。まあ、見解の通り、このところ走っていないだけで、能力はもともと高かったから。ただ、本命馬の2、3着は「単勝二頭流」としてはちょっと痛い。

編 でも3連複でも43,150円という好配当ゲットですから。この手の僕ら素人じゃよく見当もつかない本命馬が走ってきたら、石橋さんは要注意。高配当の固め打ちが始まりますので、今週末あたり、超楽しみです。

石 あ、それで思い出した。今週末は配信レース数が変則的になります。

編 あ、ドバイか。

石 そうです。勝負予想の土曜日版は通常のJRAの4レースに加えて、ドバイの4レースの予想を配信します。で、日曜日はJRAの4レースを配信する形になりますので、ご注意下さい。

編 全部で12レース。ドバイは出走頭数が少ないレースもありますけど、それも配信するんですか?

石 点数を絞って、買い目もいつもと違うかもしれませんが、配信はします。

編 いいですね〜。では先週の高松宮記念のぶんをきっちり取り返していただきましょう。

石 さっき中京の最終で取り返したって言ってなかったっけ?

編 それはそれ、これはこれということで(笑)。

石 なんのこっちゃ。

編 というわけで、大阪杯のお話を伺いましょうか。現時点ではどの穴馬に注目しています?

石 まずはステイフーリッシュ。

編 ここ3戦は重賞でも大崩れなく走ってますけど、G1ではダービー10着、菊花賞11着と結果が出ていないですよね。

石 ダービーは得意ではない瞬発力勝負で切れ負け。外を回ってそれで0.6差なら十分評価できるし、菊花賞はあの伸びなさから考えると明らかに距離が長くてどうにもならなかった。その点、今回は内回りの阪神芝2000mに替わるからね。

編 内回りのほうが合っている?

石 もちろん。スローからのヨーイドン!がダメなタイプで、その代わり速いペースを前で受けても脚を伸ばせるタイプ。急流とまではいかないかもしれないけど、小回りで速いラップが続くのは大歓迎のクチだからね。2走前の中山金杯だって、かなり長く脚を使っているし、バテない末脚はここでも十分通用するよ。

編 なるほど。

石 あとは同じく前で速いラップを受けられるエポカドーロ。前走はちゃんとコントロールが効いて、好メンバーを相手に3番手からあわやの競馬。

編 同じく内回りの皐月賞も勝っていますし。

石 そうだね。この馬も瞬発力勝負に持ち込まれるのはイヤだし、キセキを行かせた番手の競馬ができる展開利も見込めそう。

編 枠も3枠4番といいところに入りましたしね。

石 そうだね。欲をいえばキセキのほうが内にいて欲しかっただろうけど、今週からBコース替わりでロスなく回ってこられるのはプラスだね。ラチも頼れるし。

編 そうですよね〜。

石 あとはサングレーザー。こちらは瞬発力タイプだけど、大阪杯はこういうスパッと切れるタイプ、一瞬でトップスピードに乗れるタイプの差し込みは要警戒。基本的に瞬発力があるタイプは人気になるんだけど……

編 ペルシアンナイトとか、ステルヴィオとか。

石 そうそう。エアウィンザーとかね。ただ、これらの馬がいるおかげでサングレーザーが人気の盲点になりそうだし、切れるタイプで妙味を考えるなとこの馬かなと。

編 たしかに。

石 現時点ではこの3頭かな。あくまで現時点での注目穴馬なので、勝負予想の印とは違う可能性がありますので、その点はご了承ください。

編 それネタとしか思えないんですけど(笑)。先週、それでショウナンアンセムを無印にして失敗したばかりなのに(笑)。

石 あ……、うるさいわ(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋より枠順発表後に行いたいとの申し出により、金曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも金曜日の午後19時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。

なお、今週末にスポーツマスターで公開される勝負予想では、土曜日版にドバイの4レースも配信致します。
土曜日 日本4レース+ドバイ4レース
日曜日 日本4レース
の計12レースの公開となりますので、ぜひご期待下さい。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ春のG1シリーズが始まりますね。

石橋 武(以下、石) まずは高松宮記念からか。

編 ええ。去年は◎ファインニードルできっちり単勝を仕留めましたからね。今年も期待は大きいですよ。

石 仕留めたって言っても、人気だったから(2人気1着)。あまり、やった!てなった記憶はない(笑)。

編 僕はすごいと思いましたけどね〜。けっこう混戦だったじゃないですか。あのなかからの一本釣りは難しいですよ。

石 まあ、そう言っていただけると。

編 ただ、先週はエンジンのかかりが遅かったですからね。ちょっと気合を入れ直してもらわないと。

石 ホントその通り。エンジンのかかりが遅かった。土曜日もフラワーCの◎ランブリングアレーとか走っているんだけど、馬券に結びつかなくて。

編 いや、フラワーCは馬券に結びついていますって(笑)。

石 あの3連複じゃどうしようもない(苦笑)。

編 で、日曜日にようやくエンジンがかかって、中京、阪神、中山の最終で3連発。遅いわ(笑)。

石 不利だなんだはあったけど、まあ、言い訳しません。ただ、今週はきっちり巻き返せると思いますよ。

編 ホントお願いします! ただ、春のG1戦線という意味では、去年は桜花賞の前からアーモンドアイのずば抜けた能力を見抜いて桜花賞(2人気1着)、オークス(1人気1着)では不動の本命、ほぼ桜花賞前から予告していましたよね。そのほか皐月賞も見立ては完璧、不利がなければという予想の内容で、ダービーでは◎ワグネリアン(5人気1着)で大混戦に断。もっと大混戦だったNHKマイルCも◎ケイアイノーテック(6人気1着)という完璧な予想。3歳戦以外でも高松宮記念はさっき言った◎ファインニードルだし、天皇賞(春)はシュヴァルグラン(1人気2着)で3連複的中、ヴクトリアマイルは◎レッドアヴァンセ(7人気3着)で3連複的中。安田記念は……あれ、資料がない。

石 なくさないでよ。安田記念は外したよ。その日はキングクリチャンの記憶しかないもん(笑)。

編 あ〜、ありましたね。由比ヶ浜特別(笑)。10番人気の◎キングクリチャンが勝って3連単172万馬券という高配当だったレース!

石 3着抜けたけどな(苦笑)。

編 そうそう、痛恨の。あ、G1の話でした。で、極めつきは宝塚記念! なんと単勝10番人気の◎ワーザーを本命に推して、これが2着に大激走。つまりなにが言いたいかというとですね。

石 なにか言いたいことがあったのか。

編 ありますよ、もちろん。安田記念以外、すべてのレースで本命馬が馬券絡みを果たしているんですよ。

石 いや、皐月賞も本命馬は馬券に絡んでない。

編 ああ、グレイルか。そう、でもその2レース以外はすべて本命馬が馬券に絡んでいるんですよ。

石 馬券的にどうだったかはさておき。

編 そう、さておき。違〜う。たしかに本命馬が2、3着で勝ちきれなかったレースもありますし、あとは本命馬が勝っても2着抜けとか3着抜けとか。ただ、見立てはほぼ完璧。皐月賞の◎グレイルだって不利さえなければ完全に馬券に絡んでいたでしょうから。

石 まあ、タラレバはやめておこうか。

編 それにしても、相当な予想精度だと思うんですよね。だからこそ、今春のG1シリーズでは全レースで本命馬が馬券絡み、そして少なくとも3本は10万馬券を獲っていただきたい。

石 10万馬券のほうは僕の力じゃどうしようもないだろ(笑)。配当を決められないんだから。それこそ全レース堅かったら無理なわけで。

編 それもそうか(笑)。まあ、とにかく、昨春もあれだけの予想ができたわけですから、今年も期待しています!という話でした。

石 ……やっぱり特に言いたいことなかったんだろ。

編 ドキッ。

石 まあいいです(笑)。言われなくても皆さんに的中馬券を届けたいと思っているので、そりゃ、全レース的中を狙いますよ。とくに高配当になるレースは獲り逃したくないしね。まずは高松宮記念からじっくりとご覧いただければと。

編 はい、よろしくお願いします! では、その高松宮記念についてですが、どんな馬に注目しておけばいいですか?

石 このレースは図式的には先行馬2頭+差し・追い込み馬という決着になりやすくて、それは高松宮記念の週からBコースに替わるのも影響しているんだけど、直線の長さの割に先行馬が残りやすいんだ。とはいえ、ある程度人気がないとツライんだけど。

編 ああ、実力があってこそ粘れるということか。

石 そうだね。だから先行馬ならロジクライ、ナックビーナスあたりに注目かなと。あと先行とまでは言わないけど、中団前めにつけられる馬、5〜8番手くらいの馬も加えておく。ダノンスマッシュか。

編 なんか堅そうなんですけど(苦笑)。ちなみに逃げるモズスーパーフレアは?

石 もちろん逃げ馬自体の成績も悪くないコースなんだけど、この馬は前走もガーッとかかり気味に行くタイプだけに、直線が長くなるのは嫌だろうね。そのあたりをどう考えるか。これから展開、ペースをじっくり考えて当日にはどういう扱いにするか決めるよ。

編 なるほど。となると、穴馬は差し・追い込み馬?

石 展開次第では、番手にいる人気薄の先行馬が好走する可能性はあるけど、まあ、狙いやすいのは差し・追い込み馬だよね。

編 具体的には?

石 ショウナンアンセム、アレスバローズあたりかな。

編 ショウナンアンセムは前走のオーシャンSでも評価していましたよね。

石 穴馬の本命だったね。かなりのハイペースだけに差し届くんじゃないか期待したけど、思った以上に前残りの馬場で。完全に読み違えた。ただ、久々の1200m戦の割には動けていた。1400mに勝ち鞍が多いように、タフというか一本調子のペースのほうが合っているのは間違いない。今回、前残りの目立った中山から差しのきく中京に替わるのは大きなプラス材料だよ。

編 いまの中京は上がりの速い馬が馬券に絡んでいますからね。

石 あとはアレスバローズもこのコースに対する適性は高くて、スパッと切れるタイプではなく徐々に加速していくタイプだから、京都だと差し届かないんだよね。エンジンに点火したときには時すでに遅しみたいなレースが多い。小回りでもスパイラルカーブを採用している小倉なんかだとコーナーで減速しないし、馬群もバラけるからいいんだけど。

編 中京の直線の長さがいいのか。

石 その通り。差し馬からはこの人気薄2頭に注目しておこうか、今のところは。

編 わかりました。今日色々と馬名が挙がりましたね。

石 ああ、人気馬についても話しちゃったから。ただ、あくまでも現時点での注目馬で、最終的な印、買い目は勝負予想をちゃんと確認してください。

編 もちろんです。それでは石橋さん、今週末、そして春のG1戦線、よろしくお願いします! 皆さんも石橋さんの高配当的中に乗り遅れないでくださいね〜。まだまだ間に合います! さっそく今週末から一緒に喜びましょう!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏の希望により、高松宮記念の枠順発表後に行わせていただきます。
その後、対談をまとめアップ致しますので、金曜日の夕方に更新致します。
遅くとも金曜日の午後19時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
お待たせしてしまい申し訳ありませんが、ご了承下さい。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、今週末は重賞が4つ。そして来週からは春のG1戦線がスタートしますね。

石 あ〜、そうか。連続G1になるのか。

編 そうなんですよ。大阪杯がG1になりましたからね。まずは来週の高松宮記念から大阪杯、桜花賞、皐月賞まで4週連続G1。

石 しかも大阪杯の週はドバイワールカップも行われるからね。

編 ドバイは今年も予想を配信するんですか?

石 もちろん。JRAで馬券を発売する海外G1はどれも配信しますよ。

編 お〜、大忙し(笑)。

石 でも海外の馬券のほうが情報が少ないぶん、ちょっと人気サイドから外れるだけで「こんなに!?」というくらい高配当になったりするからね。けっこうお得なレースなんだよね。

編 それ言ってるの石橋さんくらいじゃないですか?(笑) けっこうみんな苦手意識持っていると思いますけど。

石 そうかな。まあ、結果を出してナンボだからね。口だけにならないように、今年も狙っていきます。再来週を楽しみにしておいてください。

編 で、その前に今週の4重賞ですね。

石 4と言っても阪神大賞典はたぶん配信しないので、配信するのは3つだけどな。

編 でも石橋さんが得意な距離1400mの重賞もありますからね。

石 ファルコンSか。あ、そうだ。ファルコンSに関してはスポーツマスターさんの編集部通信で話してきたので、興味のある方はそちらを覗いてみてください。誰でも無料でご覧いただけるので。

編 へ〜、珍しい。

石 たまたま事務所に行ったら捕まっちゃって(苦笑)。

編 まあ、こちらとしてみれば、編集部通信の本田さん、よくやった!というところなので(笑)。じゃあ、こっちでは日曜日の皐月賞トライアル・スプリングSにしましょうか。

石 そうだね。久々にフルゲートになるし、今の馬場の荒れ方からも一筋縄じゃいかないレースになりそうだよね。

編 やっぱり馬場は荒れてますか。

石 荒れてるね〜。まあ、この開催はずっとAコースを使ってるし、雨も多かったから。

編 そして土曜日も雨の予報が。

石 だね。中山芝コースは基本的に内有利、先行有利なんだけど、先週の中山芝で1枠の馬が絡んだのは1頭だけだったかな。2枠まで入れても2頭だったと思う。もちろん脚質とかもあるからこれだけで内がダメとは言わないけど、まあ、厳しいよね。

編 なるほどね〜。となると、枠順が出ていないなかで注目穴馬を教えていただくわけですが(笑)。※この対談は水曜日に行われています。

石 まあ、いい枠に入るように願うしかないね。

編 そうですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 まずはエメラルファイト。スプリングSはトライアル戦だけあって、仮に前半がスローに流れても3コーナー過ぎから一気にペースが上がる。だから直線の短さの割に長くいい脚を使えるタイプ、上がりのかかるコースで上位に走ってくるタイプが台頭してくるんだ。

編 へ〜、なるほど。

石 だから、言い換えればこのレースを好走して出世する馬は少ないでしょ?

編 たしかに。

石 日本のG1というのは基本的に持続力よりも瞬発力が求められるコースで行われる。要はスプリングSで好走する馬とはベクトルが真逆なんだよね。

編 そういうことか〜。

石 ただ、去年のステルヴィオみたいに、直線に入ってからの末脚だけで勝ち切るような馬は、瞬発力が抜けているということだね。のちのマイラーに多いけど、そういう馬はのちのちG1でも走ってくるんだけど。

編 で、エメラルファイトは?

石 ああ、ごめん。話が逸れてたわ。エメラルファイトは札幌2歳Sが秀逸。スタートで後手を踏みつつ、ハイペースの流れを強いにポジションを上げていってメンバー中上位の上がりで4着にまで突っ込んできた。

編 たしかに。ただ、そのあとも勝ち切れず、2勝目は前走。能力的に足りるのかなと。

石 足りるよ。2走前のアイビーSは苦手なスローからの瞬発力勝負になってしまったし、朝日杯は出遅れが響いた。ただ、急坂のある阪神マイルでメンバー中最速の上がりを使えたのは評価すべきだね。

編 で、前走はあっさり勝利と。

石 そう。中団から徐々に上がっていく競馬は今の中山芝コースにぴったりだし、勝ち負けまで期待できるよ。

編 なるほど。その他でhあ?

石 ディキシーナイトとニシノカツナリ。ディキシーナイトも厳しい流れから脚を伸ばせるタイプで、きんもくせい特別とかジュニアCでは、ちょっと仕掛けが速かったけど、メンバー中上位の上がりをマークしている。前走はスローの流れでも折り合えたし、これも中団から競馬ができれば楽しみ。

編 そしてニシノカツナリ。

石 この馬はスローの2戦しかやっていないんだけど、新馬は外を回して長く脚を使っていたし、前走は楽勝だよね。人気もそこそこだし、馬券には入れておきたいなと。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 あとファルコンSね。

編 ああ、そうだ。スポーツマスターさんの編集部通信もぜひご覧いただければと。それでは石橋さん、今週末もよろしくお願いします!

石 こちらこそ。

編 高配当を期待してます。ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは編集部の都合により金曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも金曜日の19時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。
読者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週一緒に競馬に行ったじゃないですか。

石橋 武(以下、石) 行ったね。

編 そのとき石橋さんの新聞チラッと見たんですけど、大阪城Sなんなんですか〜!?

石 なんなんですかとは、なんのこと?

編 あれですよ、スピリッツミノルに本命打って消したあとがあったじゃないですか!

石 あ〜、それな……。その話はしません。結果的に変更して外したので、いまさら当たってたんだよな〜は、予想をご覧いただいている方にも失礼。ああいうのはよくあるし、変更したことで当たるレースもあるから。

編 でも変えなきゃ58万……

石 だからもういいって。外したということです。

編 でも……

石 しつこい。

編 じゃあ、そのぶん今週お願いします。このところちょっとの差で100万馬券、50万馬券を獲り逃しているので!

石 それは……そうね。頑張ります。

編 はい、では頑張っていただくとして(笑)、日曜日のレースについてお聞きしていきましょうか。日曜日は金鯱賞とフィリーズレビューが行われますけど、どちらのレースを取り上げます?

石 今週の日曜日ってどちらも雨予報なんだよね。馬場状態を見たいというのがあって、今日は穴馬2頭にしてもらいたいなと。その代わりといってはなんだけど、金鯱賞とフィリーズレビューと両方取り上げるので。。

編 2頭ずつ?

石 そう。

編 まったく文句なしです。むしろラッキー(笑)。では金鯱賞のほうからお願いできますか?

石 中京芝2000mは直線がやたらと長い上に急坂がある。急坂を上ってからまた1ハロンくらい走らなきゃいけないし、かなりタフなコースなんだよね。おまけに馬場まで重くなることを考えると、いつも以上にじりっぽい馬を穴馬としてピックアップしたいなと。

編 具体的には?

石 ショウナンバッハとメートルダール。もともとこのコースは他場で切れ負けしている馬とか差し届かなかったじりっぽい穴馬が来るんだけど、この2頭も中京だとメンバー中上位の上がりを使ってくるよね。

編 ですね。どちらも年は違いますけど中日新聞杯で好走した実績がありますし。

石 そう。それとは反対に瞬発力を要求されるレース、コースだと5〜8着みたいに中途半端に負ける。こういう馬がいいんだ。

編 なるほど。で、ショウナンバッハとメートルダール。ちなみにショウナンバッハは先週の大阪城Sでスピリッツミノルから変更した穴馬の本命でしたよね(笑)。

石 まだ言うか。前走はダメだったけど、ついていくのに若干手間取った印象なので、コーナー4つのコースに替わるのはプラス材料だよ。

編 では続いてフィリーズレビューのほうは?

石 こちらは阪神芝1400m。阪神芝コースは雨が降ると極端にパワー志向の馬場になるので、そのあたりがポイントかな。1400mらしく上がりのかかるレース、コースに適性のあるタイプで、パワフル馬場の実績があればなお良しという感じかなと。

編 それが?

石 ジュランビルとホウオウカトリーヌ。特にホウオウカトリーヌのほうは持続力勝負になる中山芝1200mで安定した強さを発揮している。1400mにも実績はあるし、中山の稍重とはいえ力のいる馬場をこなしているのもいいね。ジュランビルはこのところ緩いペースが続いているけど、本来は消耗戦に強いタイプだと思う。現時点ではこんな感じでしょうか。

編 わかりました。では詳しくは週末の勝負予想でお願いします。

石 もちろん。

編 それでは今週末、一発大きいところをよろしくお願いします! くれぐれも先週のぶんを忘れないでくださいよ。あれだけ超高配当に近づいたということは、適性その他しっかり掴んでいるということですからね。

石 キミに言われるまでもないわ(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週の阪急杯は残念でした。本命◎ロジクライは3着に走ったんですけどね〜。石橋さん、ロジクライにはかなり自信がありそうだったので……。

石橋 武(以下、石) あったんだけどね〜。ただ、スタートでぶつけられていつもより後ろからの競馬になったのが痛かった。最後も前が詰まってまともに追えなかったからね。タラレバになっちゃうけど、普通にスタートできていればラクに先行できる流れだったし、早めにダイメイプリンセスを捉えにいく形で結果は変わっていたと思うけどね。まあ、それも含めて競馬だから。

編 悔しいですよね〜。

石 ただ1400mへの適性は示したと思うし、消化不良のレースでも3着という能力も示した。次走を含め、きっちり取り返してもらいましょ。

編 まあ、ただ相変わらず中山の最終レースに強くて(笑)、土曜日には3連単45,910円(3連複6,110円)、日曜日は単勝8番人気◎グランティエラからの馬券で3連複12,340円を的中してましたね。

石 そうね。全開催は謎に最終は芝のレースだけだったんだけど、今開催から普通に戻ってね。芝だけだと頭数が集まらなかったりするので。まあ、的中できてよかったです。

編 ホント中山最終レースの高確率ぶりはすごい(笑)。もともとクセが強いコースは得意とはいえ。

石 いや、ほかのレースも注目してください。

編 それはもちろんですけどね(笑)。で、そのほかのレースなんですが、今週の日曜日は弥生賞ですよね。ただ頭数が……

石 10頭立て?

編 になりそうですね。

石 土曜日のオーシャンSにしようか。弥生賞はブレイキングドーンだろうし。

編 あ、そうなんですか(笑)?

石 と、思うけどね。あ、勝負予想では弥生賞を配信しないので、それはご了承ください。

編 じゃあ、ここではオーシャンSということで。

石 はい。中山芝1200mだね。

編 ええ。石橋さんは持続力が要求されるコースだと見解で書いていますよね。

石 そう。スタート直後から直線半ばまで下りが続いて、そのまま急坂に突入。要はハイペースで息が入りづらい流れのまま急坂を登るというタフなコース設定なんだ。これ、けっこう特殊なコース設定で、だからリピーターも多いよね。

編 たしかに。過去もリピーターが多いし、今年のレースもナックビーナスとスノードラゴン、キングハートが馬券に絡めばリピーターになりますね。

石 だよね。リピーターという意味では、コース巧者を狙うのも手だよね。

編 ああ、レースではなく、このコースに対するリピーター。

石 そう。そのあたりに注意しつつ注目穴馬を選んでいけばいい。

編 となると具体的には?

石 まずはカイザーメランジュとペイシャフェリシタ。この2頭はともに中山芝1200mで2勝を挙げているコース巧者で、前半33秒台の速いペースにもラクに対応している。とくにカイザーメランジェの前走は1600万特別だったとはいえ楽勝だったからね。

編 あとは時計的にどれだけ詰められるかですよね。

石 まあね。ただ、週中の雨もあって時計はかかってくると思う。純粋な時計勝負にならないのはこの2頭にとってはプラス材料。まあ、どちらも7秒台には対応できるから問題ないけどね。

編 展開面は?

石 今回、先行するナックビーナスが前走からマイナス4キロの54キロ。これに押し切られる展開だとツライけど、ただ今の中山は差しがきくからね。スムースな競馬ならチャンスは十分にあるよ。

編 そのほかで注目しておきたいのは?

石 ショウナンアンセム。これは未勝利をこのコースで勝っただけで、実績的にはコース巧者とまでは言えないんだけど、イーブンラップからやや速めのラップになる中山マイルに対応しているよね。

編 たしかに。でも東京とか上がりの速い競馬での好走のほうが目立つような……

石 そう。たしかにスローからの瞬発力勝負に長けているんだけど、今の馬場を考えるとこの末脚は魅力的。それに最近のレースを見ると、本来は瞬発力勝負じゃなくて、タフな流れのほうが合っているんじゃないかと。

編 たしかにオープンでは前に行って切れ負けする競馬が続いていますよね。

石 そうなんだよね。1600万クラスまでは瞬発力まかせでも好走できていたけどね。もちろんこれが完全にスロー→瞬発力に特化しているタイプだと買えないんだけど、この馬は道中のラップが流れる展開でもちゃんとメンバー中上位の上がりで差してくるからね。

編 ああ、そういうことか。中山が悪いわけじゃないし、展開さえハマれば突っ込んでくると。

石 もうちょい積極的かな(笑)。中山のタフな流れは合うと思っていて、さらに末脚が活きる馬場でもある。一発があり得る馬だなと。1200mだと近走みたいに前に行けないだろうし、それがかえってプラスに働くしね。

編 以前のように溜められると。

石 そうそう。適性があると踏んだうえで、この距離短縮はいいカンフル剤になると思うよ。

編 なるほど。では現時点ではこの3頭に注目ですね。このほかに注目のレースはあります?

石 土日の中山最終(笑)。あと播磨Sとか、日曜日は太宰府特別、阪神最終なんかにも注目していただければと。

編 わかりました。では石橋さん、今週末もよろしくお願いします! ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR