FC2ブログ

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、そして読者の皆さん、木曜日に更新時間を変更してから結局遅くなってしまって、本当にすみません。

石橋 武(以下、石) 先週なんか対談じゃなくなってたし(笑)。

編 そうなんですよ、もう申し訳なさすぎる。

石 意外と対談じゃないほうが人気っぽいけど(笑)。

編 いやいや、そんなことはないでしょう。それにしても先々週の勝負予想で、狙い通りに札幌芝1200mで17万馬券が的中していたので、先週の対談ではいい話がたくさんできそうだったのに……。

石 まあ、そのぶんスポーツマスターさんで取り上げてくれていたから。

編 僕の口から皆さんにご報告したかった。ただ、今週までの3週間は石橋さんが勝負ウィークと宣言しているように、毎年高配当が的中する得意のシーズンですからね。

石 僕は宣言していないけど、勝手にそうなってた(苦笑)。

編 ただ、札幌芝1200mもそうだし、あとは今週の新潟記念、小倉2歳S、札幌2歳Sですよね。小倉2歳Sは何年か連続で的中している超のつく得意レースでしょ?

石 函館2歳Sもそうだけど、2歳の1200m戦は当たっているとは思うけど、もはやどれがどのレースだか……(笑)。まあ、毎年狙い方は変わらないので、今年も期待していただければと。

編 それと新潟記念。

石 今年は13頭立て? 頭数がちょっと落ち着いたぶん配当がどうかなというのはあるけど、メンバー的にはけっこうついてもおかしくないなと。

編 お、いいじゃないですか〜! 夏競馬のラストウィーク、各重賞と札幌芝1200m、そして新潟1000m、小倉ダ1700m……、どのレースも大勝負! ぜひ楽しみにお待ちください。

石 景気良くドドンと大花火といきますか。

編 よろしくお願いします! で、さっそく今週末の重賞なんですけど、新潟記念の注目穴馬でいいですか?

石 いいよ。小倉2歳は勝負予想の見解でわかりやすく狙いを書くつもりなので。

編 まあ、それは全レースですけどね(笑)。それではここでは新潟記念ということで。現時点の注目穴馬をお願いします。

石 まずはストーンウェア。

編 前走、小倉記念で5着に善戦していますね。

石 そう。スパイラルカーブを採用しているとはいえ、直線の短いコースでよく頑張ったと思うよ。それだけ充実しているということなんだろうけど。

編 じゃあ、直線が長い新潟外回りコースに替わるのはプラス材料なんですね。

石 もちろん。もともと東京、京都の外回り、中京、そして新潟の外回り良績を挙げている馬だからね。小回りより今回のほうが断然向いている。しかも一瞬の脚で他馬を置き去りにするというより、上がりのかかるコース、レースで速い上がりを出すのに長けているからね。

編 だから中京の成績がいいのか。

石 そうそう。今回は新潟だけど、最終週だけあって馬場も荒れているし、みんな大外を回ってくるだろうからね。その上がり勝負のスピードについていけて、なおかつそのスピードを持続できるこの馬にとってはかなり走りやすいんじゃないかな。

編 ハンデも54キロと手頃ですし。

石 そうだね。あとは人気にならないように願うばかり(笑)。

編 そのほかでは?

石 メートルダールがオススメ。

編 去年の春に今回と同じ新潟芝2000mで3着という成績がありますよね。

石 そうね。さらに3走前には中京芝2000mでも重賞(中日新聞杯)を勝っているでしょ。2走前の金鯱賞は展開が向かずにいいところがなかったけど。

編 前走も内回りというのが響きましたかね。

石 内回りというよりメンバーが強かったのと、展開不向き。あとは本調子じゃなかったのもあると思う。今回は立て直してきて、頭数も手頃だから差しやすいでしょ。

編 そうですね。

石 展開に左右される馬ではあるけど、外差し馬場で長くいい脚を使う展開には強い。あとは人気がどうかな〜。

編 ですよね。意外と単勝は売れそうな気もするんですけど……。あ、じゃあその代わりに小倉2歳Sの注目馬をお願いします。

石 なんだよ、その代わりって(笑)。

編 人気関係なくでいいですから、ざっと名前だけでも。

石 ん〜、じゃあ、タガノジェロディ、アズマヘリテージ、セプタリアン。でもこれはあくまで現時点で、という話でお願い。まだ枠順を見てないので、替わる可能性があります。

編 大丈夫、わかってますって。さてさて、では今年の夏競馬のラスト、超高配当で締めくくっていただきましょう。石橋さん、よろしくお願いしますね!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

今週の公式ブログは内容を変更してキーンランドC、新潟2歳Sの注目穴馬をお伝えする形とさせていただきます。ご了承下さい。

■キーンランドC
デアレガーロ
ティーハーフ
クリーンファンキー


■新潟2歳S
スティルネス
ジョディー

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは編集部の都合により、金曜日の更新とさせていただきます。
2週連続で公開が延びてしまい、誠に申し訳ございません。
遅くとも土曜日の午前8時までには公開致しますので、今しばらくお待ちください。

なお、今週の対談は先週の小樽特別で17万馬券を的中した札幌芝1200mから、キーンランドCの見解をお伝えいたします。
ぜひ、ご期待ください。

また、先週の詳しい配信内容についてはスポーツマスターの編集部通信にて取り上げられております。どなたでも無料でご覧になれますので、興味のある方はのぞいてみてください。

※24日夕刻、編集部の都合によりブログ公開時間を金曜日18時から土曜日午前8時までと変更させていただきました。ご了承ください。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週は石橋氏の都合により対談ではなく、北九州記念、札幌記念の注目穴馬をお伝え致します。ご了承下さい。
いずれも勝負予想でなんらかの印を打った馬となっております。

■北九州記念
路盤改修、開催日数の短縮で前残りが目立つようになった同レースだが、今回はハイペース必至のメンバー構成。差し馬にも目を向けておきたい。
・セカンドテーブル
・ナガラフラワー
・ラブカンプー

■札幌記念
コーナーが緩く、直線が短いコース形態ゆえに、長く良い脚を使えるタイプが狙い目。また、こちらもハイペースが見込まれるため持続力勝負に強い差し馬を狙いたい。
・サクラアンプルール
・ゴーフォザサミット
・サウンズオブアース



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏の都合により対談を行えないため、
札幌記念、北九州記念の注目穴馬をお伝えするかたちとさせていただきます。
お伝えするのが遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
ブログの更新は土曜日から日曜日の朝にかけてとなる予定です。
遅くとも日曜日の午前7時までには更新致しますので、今しばらくお待ち下さい。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週はすわっ! 高配当か!?というレースが多くて、悔しいやら、感心するやら、大忙しの週末でした(笑)。

石橋 武(以下、石) そうだよね〜。お〜100万超えたか!?みたいなレースからこれ抜けかよ! ごめんなさい!というレースまで盛りだくさんで(苦笑)。盛りだくさんとは言わないか。

編 いや、でもホントそんな感じで。さっそく土曜日から振り返ってみましょう。

石 この日は堅っい堅っい単勝ばっかりで。

編 そうなんですよ。新潟9Rが◎ロシュフォール(1人気1着)、新潟11Rが◎オールドベイリー(2人気1着)、札幌12Rが◎カイザーメランジェ(1人気1着)、そして新潟12Rが◎ゴライアス(1人気1着)。

石 振り返る必要なし(笑)。

編 ただ、新潟最終レースはゴライアス1強のなか、唯一対抗できるとしたらということで選んだ穴馬の本命◎グラスブルースが4人気で3着。見解で書いていた通りの早め仕掛けからよく粘りましたね。

石 最後は目標にされたところまったけど、まあ、狙い通りの競馬をしてくれて3着。やっぱり(勝った馬の)力が違ったわ。

編 ですね、結果的には。ただ、このレースでは上位6着まですべて印を打った6頭で独占。もちろん3連単まで的中で、予想としては完璧でしたね。

石 まあ、誰でもわかるレースになったかなと(笑)。だいたい上位6着まで印を打った馬で〜というけど、結果的に1番人気から6番人気の馬だからね(笑)わざわざ言うほどのことじゃない。

編 あ、ホントだ(笑)。そこ見てなかったわ。と、こんな感じで土曜日が終わりまして(笑)、続いて日曜日。

石 これが配信最初のレースからアツくて。

編 そうなんですよ。その最初のレースが札幌10Rの大倉山特別。覚えておられる方も多いでしょう、3連単で139万6,410円と大荒れのレースだったんですが、なんでこれがアツいかというと、これ、メチャクチャ惜しかったんですよ。

石 キミも知らないことを言うと、もっと惜しかった(苦笑)。

編 と言いますと?

石 いや、これは言わない。話を続けて。

編 気になるな〜。まあ、いいか。このレースで石橋さんが本命に推したのは◎エピックアン。単勝5番人気の馬ですね。で、レースの主導権を握ったのは12番人気、単勝万馬券の△セイカエドミザカ。4コーナーでこの△セイカエドミザカに◎エピックアンが並びかけると、最内で粘る△ベラポーサとともに3頭並んで最後の直線へ。一歩△セイカが前に出ると、負けじと◎エピックが抜き返すという息もつかせぬ展開に。

石 盛り上げるね〜(笑)。

編 いや、ほんと興奮したもの、見ていて。で、一旦は◎エピックが先頭に立つシーンもあったんですけど、ゴール板では△セイカが先頭。結果、1着△セイカエドミザカ、2着◎エピックアン、3着△ベラポーサというクビ、クビ決着。で! で、ですよ。この配当がなんと139万6,410円ですよ!

石 100万馬券がすぐそこだったんだけどな〜。

編 それでも3連複の9万6,280円は的中しているので万々歳なんですけど、仮に◎エピックアンが1着だったら、それでも3連単はなんと72万9,470円! 実に惜しいとともに、改めて100万馬券近ぇ〜と思いました(笑)。いつも言ってますけど。

石 そうな〜。

編 でもいま石橋さん、「100万馬券がすぐそこだったんだけどな〜」って言いましたよね。

石 言ったよ。

編 普段だったら、絶対言わないはずなんですよ。アタマが違ったら3連単は当たらないので。

石 細かいところ見てるな〜(笑)。はいはい。そうです。実はこれ本命にしようか迷ったんですよ。でも結果本命にはしなかったので、今さら言っても詮ないことなので。

編 やっぱり。まさに100万馬券に肉薄してたのか〜。マジ、すぐに当たりそうだわ。ここはもうタイミングひとつだから、今後に期待するとして、続いての配信レースは得意の千直、驀進特別。

石 これは当たると思ってたよ。配当はさておき。

編 が、勝ったのは△レッドラウダ。

石 そうね。△レッドラウダはアイビスSDでも軽視していたんだけど、最近は以前ほど持続力がなくなったと思っていて。今回は時計がかかったのに救われた感があるし、あと本命に推していた◎アーヒラが、△グランッドシェリーが外にヨレたおかげで進路が塞がって追い出しが完全に遅れたのに救われたところもあるから。

編 たしかに◎アーヒラが前をカットされたのは痛かったですね。あれさえなkれば、石橋さんの確信通りに的中していたかと。

石 それはわからないでしょ。

編 厳しいな〜。でもこのレースではさすがというところを見せてくれていまして、穴馬の本命に推した◎シルヴァーコードが8番人気2着。本命馬2頭が2着同着という。これも適性を見抜いているからこそ。なかなか8番人気の馬を本命には推せないし、しかもそれがちゃんと上位に走ってくるという。

石 いかにも新潟芝1000mで走ってくるタイプなんだけどな。

編 そりゃ、石橋さんが見ればそう見えるんでしょうけど。あ、それで思い出した。新潟11RのレパードSも石橋さんらしいなと。人気の△グレートタイム、△ドンフォルティス、△アドマイヤビクターには目もくれず、本命に推したのは前走大敗の◎グリム。

石 この馬って、ユニコーンSのときに1800mというかコーナー4つのほうが向いているって書かなかったっけ?

編 ちょっと待ってくださいね。え〜と、書いてないですね(笑)。

石 あ、書かなかったのか。書いておいてあっさり勝たれたらカッコ悪いからな(笑)。

編 それが理由じゃないくせに(笑)。

石 まあ、ともかくそういうことだよね。

編 ちなみに当日の見解はこんな感じでした。

「とにかく圧倒的に先行有利の新潟ダ1800m。加えて日曜日の新潟競馬場は午後には強い雨が降る予報で、後ろから行く馬にとってはさらに厳しい条件となる。もちろん前がガリガリとやり合ってハイペースになれば、出番は出てくるだろうが。ということで、穴馬の本命には◎グリム。同馬はここまでワンターン(コーナー2つ)のダ1600m、ダ1400mで結果を出しているが、実は適性はコーナー4つのコースにあると見る。まあ、それよりも揉まれるか揉まれないかのほうが大事ではあるのだが。今回は多頭数の真ん中より内ということで揉まれる心配があったが、同馬の外から被せてくるような馬はおらず、さらに行こうと思えば逃げられるスピードもある。さらに能力下位の馬との差もあり、馬群は固まらずにバラける競馬が想定され、揉まれる心配はまずないと判断した。脚質的にも持ち味のスピードと持続力を考えても、今の馬場と非常にマッチしており、能力的にも2走前を見ればわかるように世代トップクラスであるのは間違いない。まったく力を発揮できなかった前走からの巻き返しが期待できる。」

石 実際、逃げて結果をだせたね。揉まれると全然ダメだから。

編 ええ、まさに言った通り。で、「圧倒的に先行有利」というのも、さっきのの上位人気3頭の評価を下げた理由?

石 だね。それでもアドマイヤはもうちょっと前で競馬すると思っていたから、3頭のなかでは評価していたけど。△グレートタイムは枠も最悪だし、典型的な差して届かずになるなと。力もみなさんが思っているほど抜けてないしね。

編 まあ、考えて見れば、オープンに上がってから勝ち鞍なしの馬ではあったんですけど。どうしても人気につられちゃうんだよな〜。

石 だからダメなんだよと言いつつ、僕もこのレースは2着抜け。3連単67万1,670円を取り逃がすという。

編 3着の△ビッグスモーキー(9人気)は評価していたんですけどね〜。

石 力不足ですみません。

編 67万馬券はデカかった! 惜しいで言うと小倉記念もそうなんですよね。仕方ないとはいえ、◎サンマルティンが心房細動を発症して下がってきた△ストロングタイタンに進路を塞がれてしまって……。

石 あれがなくても△トリオンフは交わせてないでしょ。個人的には地味なレースだけど、新潟最終の方が悔しかったんだよね。

編 ああ、◎スピアーノ(12人気)の本命!

石 そうそう。単騎でいけるのは間違いないし、距離短縮も吉に出ると確信してたからね。ここは勝負だったんだけど……。

編 結果、最後に△ニシノウララに交されて2着。3連複3万1,850円の的中にとどまったという。いや、それでもすごいんだけど。さっきの9万馬券といい。ちなみに見解はこちら。

「近走の成績、そして休み明けということもあってまったく人気はないが、◎スピアーノのスピードには大いに魅力を感じる。デビュー戦から一貫して中距離を使われてきたが、気性的にも母馬が活躍していた短距離のほうが合っているはず。今回の距離短縮は大きなプラス材料とみていいだろう。開幕したての平坦コースで、さらに内回りコース使用、そして先行有利の1400mとなれば、当然内枠の先行馬狙いが鉄則。前走はテンから絡まれたことで大敗したが、今回のメンバー構成は絡んでくるような馬もおらず、斤量も52キロ。距離短縮も利したマイペース&ハイペースな逃げで勝機は出てくる。大駆けを期待したい。」

石 さっきから勝手に見解をさらすんじゃない(笑)。

編 いいじゃないですか。まさにこの通りなんだから。とまあ、先週、特に日曜日は高配当的中もあり、超高配当に肉薄したレースもあり、改めて石橋さんの予想精度の高さに驚いた週末でした。

石 そのうち大きいのは当たると思うけどね。穴馬が見立て通りに走ってきているし。

編 ですよね。この夏は大チャンスだと思ってます。それでは今週末も……って、違うわ。アブね〜。肝心の今週末の話をしてないですよ。

石 あ、するの?

編 しますよ。木曜日復帰一発目から何言ってるんですか。

石 キミが締めようとしたから。

編 うるさい。では時間もなくなってしまったので、関屋記念の注目穴馬をお願いします。

石 では、ババっといきますと、ショウナンアンセム、ジョーストリクトリ、チャンピオンルパン。基本的には先行馬狙いでよくて、かつ他場ではキレ負けしているようなタイプ。持続力があるタイプが穴馬候補。瞬発力も大事だけど、あの新潟の長い直線をキレッキレの脚でぶっこ抜くのは能力のある馬=人気馬だから。

編 穴馬は先行して粘れるタイプと。

石 というか、東京とかで差して届かないとか、切れ負けしたとか、チョイ足らず馬というイメージかな。

編 ジョーストリクトリとか、チョイじゃなくて相当足りなそうですけど。

石 そうだね。ただ、3歳時の走りは持続力に長けている馬の走りだし、本調子を取り戻してくれば一発はある。

編 まあ、石橋さんの言うことだから素直に受け取りますけどねぇ(笑)。

石 そんなに言うんなら買うな(笑)。ま、あくまで現時点での推奨穴馬なので。

編 わかりました。では今週末の勝負予想を楽しみにしています。お忙しいなか、どうもありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR