FC2ブログ

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はすごかったですね〜! ホントありがとうございました!

石橋 武(以下、石) 韋駄天Sね。皆さん、獲ってもらえてよかったです。

編 獲りも獲ったり、3連単19万2,260円ですよ! マジすげ〜! しかも本命馬のワンツー決着で、穴馬の本命は得意の◎ノットフォーマル(12人気2着)という。

石 そうなんだけど、そのあたりって全部スポーツマスターさんの編集部通信で話してきちゃったんだよね(笑)。

編 え、マジですか? そういう楽しい話はこっちでお願いしますよ〜。でもあれですね。京都新聞杯で26万馬券を当てて、中1週で韋駄天Sの19万馬券。一気に高配当の固め撃ちに入りそうな感じですね。

石 あ〜、言いづらいけどそういう話もしてきちゃったな〜、なんて(笑)。 

編 マジかよ。で、ダービーの見解もスポーツマスターさんなわけですよね。

石 そうだね。

編 はぁ。あ、あの話はしました? 新刊発売の話。

石 ああ、それはほとんど話してない。

編 あ、じゃあ、ちょっとその話をさせて下さい。何年ぶりでしょうね、ついに石橋さんの新刊が発売されました。『なぜか穴馬券も当たり続ける 私の単勝2点買い!』ですね。

石 大仰なタイトルで(笑)。これは編集部の皆さんでつけてくださったということで。

編 そうですね。では石橋さんから本の内容について簡単にご説明いただけますか?

石 キミが編集したんだから、説明してくれてもいいじゃない。

編 そういう問題ではなくて!

石 冗談だよ。え〜、今回は二頭流の理論というより、如何に穴馬を見つけるかということに特化した内容ですね。コース毎にどういうところに目をつけて穴馬を探せばいいかというのを書いてみました。

編 そうですね。だからたとえば阪神芝3000mとか、内容が薄い薄い。反対にローカルのダート1700mのページが厚かったり、石橋さんのクセがすごく出ている内容ですね。

石 阪神芝3000mとか、書くことがないって書いて起こられましたからね。

編 当たり前です。夏休みの絵日記じゃないんだから(笑)。

石 それと最近になって『単勝二頭流』を知ったという方もいらっしゃると思うので、理論的なところも載せたほうがいいんじゃないかということで、デビュー作で書いた理論の説明というか、マニュアル的なところもそのまま再録しています。

編 そうですね。理論はもう完成されているので、そのまま掲載したほうがわかりやすいだろうということで。

石 これは僕のわがままで入れてもらったところでもあるので、前の本を買ってくださった方からすれば「前と同じ内容じゃん」となってしまいますけど、そこはご容赦いただいて。

編 まあ、とにかく石橋さんの原稿が遅くて延び延びになっちゃいましたけど(笑)、ぜひ手にとっていただければと。

石 いや、難しいんですよ。穴馬のパターンなんてたくさんあるじゃないですか。それを限定して書くというのは。できるだけわかりやすく、いつも使えるパターンを書いたつもりですけど、書いた内容がすべてではない。ただ、そのパターンとか考え方を知っていることで、次の穴馬探しに繫がるという。そういう内容にはなっているかと。

編 競馬ですからね。すべてのパターンをカバーするのは絶対に無理なので。

石 ただ、僕がほしいなという内容にはなったと思います。この本、ほしいもの。僕にとっては備忘録というか(笑)。

編 それ言っちゃうと、すごく私的な理由で本を作ったみたいな感じになっちゃうから(笑)。ただ、石橋さんの穴馬の哲学というか考え方、各コースの特徴、穴馬の見つけ方が詰まった本ですので、え〜、買って下さい!

石 言い方! まあ、でも買って下さい(笑)。

編 と、宣伝はいい加減にしておいて、目黒記念ですね。あ、繰り返しますがダービーの見解はスポーツマスターさんの編集部通信でご覧いただけます。どなたも無料でご覧いただけますので、そちらを参考になさって下さい。で、目黒記念ですね。ダービーが行われる東京芝2400mより100mだけ距離が延びますね。

石 そうね。ただ、その100mが大きい。芝2400mは最後の直線の坂の途中からスタートなんだけど、2500mは坂下からのスタートになる。つまり坂を2度越える形になるんだよね。あぶんこれが理由なんだけど、芝2400mよりもかなりスタミナが要求されるんだ。

編 たった100mで大きく変わってくるんですね。

石 そうなんだよ。だからイメージ的にはジリ脚タイプが狙い目。他場の中距離戦で差して届かずとか、切れ負けするようなタイプ。

編 なるほど。去年はそれでハッピーモーメント(13人気3着)を本命にして、3連複4万1,190円を的中していましたよね。

石 そうそう。よく覚えてたね。

編 では、そのあたりを踏まえて、現時点の注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。じゃあ、まずはそのハッピーモーメント。

編 去年、人気薄で3着に走っているだけあって適性はばっちりですよね。

石 そうね。相変わらず鈍足というか、一瞬で加速できないところを見せているけど、上がりかかる競馬ならまだまだやれる。

編 ただ、3走前に同コースのアルゼンチン共和国杯を大敗していますよね。そこは気になりますけど。

石 馬体重が減っていたように本調子ではなかったし、あとは同コースでありながらアルゼンチン共和国杯と目黒記念って、あまり関連しないんだよ。野芝とか芝の種類が影響しえいるんだけど。去年こそフェイムゲームとヴォルシェーヴがどちらでも好走した経験があったんだけど。ただその2頭を含めても、近5年の目黒記念で馬券にからんだ延べ15頭のうち、3頭だけじゃないかな。どちらのレースでも好走したというのは。

編 へ〜、めちゃくちゃ少ないですね。

石 そういう意味でも、3走前の負けは気にしなくていい。前走は瞬発力が要求される流れながら勝ち馬とは0.3差と健闘していたし、復調してきているからね。去年以上の好走が期待できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてチェックするのはポポカテペトル。

編 菊花賞の3着馬ですね。

石 そう、あの泥んこ馬場の。この馬もいつも良い競馬をするんだけど、あとひと押しが足りないよね。そういう馬がいい。ハンデ55キロなら好勝負になるよ。

編 あともう1頭は?

石 サウンズオブアース。

編 お、珍しい。このところ全然買ってなかったですよね?

石 だって走ってないじゃん(笑)。

編 それが今回は買いと。

石 そうだね。結果的にはドバイ遠征が影響したのかなというその後の結果だけど、前走の有馬記念をみると、ようやく復調してきたかなと。久しぶりに上位の上がりを使ってきたしね。

編 あとは2着が多いように、この馬の勝ち味の遅さがどうでしょうね。

石 だからそういう馬がいんだって(笑)。58キロはラクではないけど、地力はこのメンバーに入っても上位だし、この馬自身の勝ち味の遅さをカバーしてくれるこのコースで巻き返しが期待できるよ。

編 わかりました。さあ、石橋さん! いよいよダービーですね。超のつく高配当的中が続いていますし、目黒記念も毎年荒れるレースだし、今週も超楽しみですよ。

石 そうね。配当がすべてじゃないけど(笑)、まあでも皆さんに喜んでもらえる配信になればと。

編 いや、配当がすべてです(笑)! ま、今週も10万馬券は出るんじゃないかと、そういう予感がプンプンしていますので、皆さんもぜひご注目下さい! それでは石橋さん、ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは土曜日から日曜日にかけての更新とさせていただきます。
取り扱うレースは荒れるハンデ重賞・目黒記念となります。
なお日本ダービーの見解はスポーツマスターの編集部通信にて公開しております。
どなたでも無料でご覧いただけますので、興味のある方はぜひそちらをご確認下さい。

また、目黒記念の見解に関しては、遅くとも日曜日の午前8時までに公開しますので、今しばらくお待ち下さい。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

石橋武です。
今週はなんとか対談をと考えておりましたが、新刊の執筆に追われて時間を取ることができませんでした。申し訳ありません。
来週は通常通りの対談をお送りしますので、よろしくお願い致します。
それと新刊もダービーが終わったころに書店に並ぶと思いますので、そちらもよろしくお願いします(笑)。

さて、本題のオークスですが、桜花賞の1、2着馬が揃って出走してきます。特に桜花賞馬アーモンドアイの末脚は前走をご覧になった通りで、この馬の後ろから差す、あるいは同じような競馬で好走するというのは現実的ではありません。
したがって同馬より前でレースを運べる馬、なかでも早めに抜け出して粘るような、アーモンドアイと真逆の競馬ができる馬を狙いたいと思います。
そこで注目したいのが、下記の2頭。

カンタービレ
パイオニアバイオ

カンタービレは前に行って、かつ速い上がりを使えるタイプ。上がりのかかる競馬しか経験していませんが、外回りコースを走った新馬戦の加速を見ても東京の速い上がりに対応は可能。むしろこちらのほうが合っている可能性も高いと思います。
一方、パイオニアバイオはフローラSでも本命に推しましたが、同馬の持ち味は切れないけれどもバテない末脚。前走はサトノワルキューレの鋭い末脚に屈しましたが、今の東京の前が止まりづらい馬場で早めにいってバテないというのは大きなアドバンテージ。粘りこみに期待です。

以上となります。
勝負予想はスポーツマスターで公開致しますので、ぜひご期待下さい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏の都合により、土曜日中の更新とさせていただきます。
現状では対談をできるように調整をしておりますが、石橋氏の新刊執筆が佳境ということもあり、現時点では調整がついておりません。
先週と同様、注目穴馬の公開となる可能性もございます。ご了承ください。

いずれにせよ、土曜日中には公開しますので、今しばらくお待ちください。

ヴィクトリアマイル

土曜日の京王杯SCを見てもわかるように、とにかく速い上がりが要求される東京芝コース。このレースも極端にペースが速くなることは考えづらく、上がり勝負が想定される。そこで穴馬として注目したいのが下記の3頭。
速い上がりを使える馬、長くいい脚を使える馬をピックアップしたい。

レッドアヴァンセ
デンコウアンジュ
ワントゥワン

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは、石橋氏が書籍執筆に追われており、対談ではなく注目穴馬を公開する形とさせていただきます。
取り上げるレースはヴィクトリアマイルとなります。
レース当日の午前8時までには更新できるとのことですので、今しばらくお待ちください。
対談を楽しみにされていた方には申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願い致します。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、期待された天皇賞(春)はおもいのほか堅い決着で……。

石橋 武(以下、石) もう、たまらんね。

編 と言いつつ、ちゃんと3連複は的中しているんですけどね(笑)。

石 的中っつってもねぇ。見解で評価を下げた△レインボーラインが勝って、3着も△クリンチャーだから。

編 そうなんですよね〜。ちょっと目論見が外れた感じですか?

石 目論見というか、◎シュヴァルグランもあそこまでタフな競馬にしなければよかったのにというか……(苦笑)。

編 どういうことですか? 先行しちゃったから?

石 先行したこと自体はいい。去年の天皇賞(春)もあの位置で走っているしね。ただ、キタサンが引退したということもあったんだろうけど、ある程度強気の競馬をしても負けないと思っていなんじゃない? 強気に乗りすぎた。

編 4コーナー手前ではすでに先頭に並びかけていましたからね。

石 そう。ということはその前からスピードが緩んでいないわけで、速いラップが続くタフな流れになっちゃった。となると、そういう流れでしか台頭してこないはずの△レインボーとか△クリンチャーは上位に走ってくるよな〜という。

編 石橋さんの想定よりも厳しくなった。

石 相当ね。まあ、強気に乗りすぎでしょ、ボウマン。

編 ちょっとゴウマンだった。

石 全然、面白くないから。言い換えればシュヴァルは負けてなお強しなんだけど、ちょっと悔いの残る騎乗だったんじゃないかな。

編 石橋さんも悔いが残る?

石 いや、もちろん今回みたいな流れも想定はしたけど、実力ナンバーワンのシュヴァルが勝ちに行くなら、この展開にはならないなと思っていたので。

編 結局、意図とは裏腹にシュヴァルが勝てる競馬を自ら落としてしまったという。

石 まあ、結果論になっちゃうけど。シュヴァルにとっては先行馬が早めにタレちゃったというのは誤算だったろうし。まあ、これも競馬ということで。

編 でもいい意味で「これも競馬」というのがそのあとの京都最終でしたね。

石 なんだっけ? ああ、◎アードラーか。

編 そうです。スタートで出遅れて、ああ終わったと思ったら、とんでもない末脚でぶっこ抜き。単勝20,8倍の8番人気ながら1着という。

石 まあ、あれは「これも競馬」というか、出遅れを想定したうえでの本命◎だから(笑)。でもまあ、救われたのは事実だよね。

編 ええ、前日の東京最終(3連単18,520円ほか)、日曜日の谷川岳S(3連単18,580円ほか)の的中もありましたし、天皇賞(春)はさておき、前向きに今週末へ向かいましょう!

石 で、今週末はNHKマイルCか。

編 ええ。石橋さんと相性のいいレースですよね。13年の◎マイネルホウオウ(10人気1着)から見ていますけど、全的中とはいいませんが、結構な率で的中しているんじゃないかと。

石 いや、相手抜けとかあるからな(苦笑)。ま、今年は大丈夫でしょう。

編 お、自信ありげ。ではさっそく現時点での注目馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはパクスアメリカーナ。

編 人気じゃないかな〜。ん〜、まあギリとしましょう(笑)。この馬のどの辺りを評価したんですか?

石 キレッキレではない末脚。

編 嫌味にしか聞こえませんが(笑)。

石 いや、ほんとに(笑)。NHKマイルCってだいたいが前半3ハロン34秒台後半くらいの平均ペースで流れるんだよね。平均ペースっていうとちょっとラクそうに思えるけど、中盤も12秒台のラップがないことも多くて、なんというか思ったよりも緩まないんだ。

編 ほう。

石 だから持続力のある先行馬か、速い脚のある差し馬が台頭してくるんだけど、持続力タイプに関しては(こにレースを逃げ切るとすれば)ミッキーアイルとかそのレベルになるので、今年は考えなくていいと思う。

編 ということは差し馬ですね。でもなぜキレッキレではないほうがいいんでしょう?

石 使える脚が短すぎるんだよね、キレすぎると。スローで馬群がひとかたまりとかになるなら別だけど、さっき言ったように平均ペースでは流れるわけだから、一瞬の脚だけでスパッと抜けられるわけではない。速い脚を長く持続できるタイプのほうがいいんだ。

編 一瞬の爆発力よりも、エンジンに点火してからが長いタイプ。

石 そういうこと。

編 だからさっきから瞬発力という言葉を使わないのか。

石 誤解されやすい言葉だしね。で、パクスアメリカーナはたとえば2走前のこぶし賞がわかりやすいけど、広報こあらレースを進めつつ、3コーナーすぎから一気に前との差を詰めてそのままメンバー中最速の上がりで勝ちきっている。

編 たしかに。どんだけ長い脚を使うんだという。

石 前走はタワーオブロンドンに負けたけど、内に閉じ込められて仕掛けも遅れた。トップスピードに乗るまでにある程度距離が必要だからこそ、上位の上がりを使えなかったわけだけど、それがかえってこのレースへの適性と、タワーオブロンドンを逆転する可能性を示しているんじゃなかと。

編 なるほどね〜。

石 未勝利勝ちのレースも前傾ラップを先行してメンバー中上位の上がりで押し切っているし、このレースにはぴったりの脚を使えるよね。

編 リスクとしては、スローになったら差し遅れる可能性があるということ?

石 そうだけど、それ言い出したらどの馬もリスクはあるわけで(笑)。でもまあ、(仮にスローになるのであれば)先行できるというのも強みだよね。

編 では、ほかになる馬は?

石 あとはミスターメロディ。

編 前走、初芝でファルコンSを制しました。

石 もともとダート馬というわけではなかったからね。どちらもこなせるタイプで、将来的にはダートのほうがいいんだろうなというくらいで。

編 その前走は1400m戦で先行して押し切り勝ち。ちょっとパクスアメリカーナとは違った印象を受けますね。

石 だってパクスと同じタイプって、あとは人気になりそうなんだもの(笑)。ただ、ミスターメロディに関しては、さっきミッキーアイルクラスはいないからと言ったけど、その1枚後ろで折り合いさえつけば、かなりの持続力を発揮できると思う。

編 折り合いよく先行できればチャンス。

石 そうそう。ちょっと2タイプの穴馬をあげてみました。

編 その心は?

石 穴馬がけっこう多くて、まだ選びきれていない(笑)。もうちょっと展開を絞り込んでそれに見合う穴馬をみつけたいなと。

編 ということは荒れる可能性も?

石 そりゃあるでしょう。人気のタワーオブロンドンとか危ないと思っているし。

編 距離ですか? 前走はマイルで折り合ったじゃないですか。

石 でもあれが休み明けだから折り合った可能性は? 1回使ってテンションが上がる馬なんていくらでもいるし、前走は阪神かつ締まった流れだったから折り合ったのでは?とかね、いろいろケチはつけられる。まあ、こういうことを書くとあっさり勝たれたりするんだけど(笑)。

編 たしかに(笑)。

石 ただ、そのあたりも含めて、どれが穴をあけるのか、穴馬に限らずどういう適性の馬がいいのかを見極めて勝負させていただきます。

編 わかりました。推奨穴馬が2頭になった言い訳を長々とありがとうございました(笑)。

石 あら、バレてた(笑)?

編 もちろん。でもまあ、このレースは仕方ないというのもわかっているので。その代わり週末はビシッと決めてもらいますよ。

石 もちろん。ぜひ、ご期待ください。

編 それでは今週末もよろしくお願いします! 




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

皆様からのリクエストもあり、5月2日に行われるかしわ記念(Jpn1)の予想をスポーツマスターにて公開しております。
購読期間中の方はご覧になれますので、ご確認ください。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR