FC2ブログ

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週のフローラSはこのコラムで取り上げた超人気薄パイオニアバイオ(13人気)が2着に大激走。けっこう反響ありましたよ。

石橋 武(以下、石) そうね。コラムでも言ったようにまったく切れないタイプだからあの競馬がベストだよね。ただ、◎ノーブルカリナンのマイナス20キロは誤算だったわ〜。

編 そうなんですよね。馬券のほうは……。マイラーズは◎サングレーザー(4人気)を含め完璧だったんですけどね。点数を絞った勝負で。

石 ただ、あの配当じゃね(苦笑)。

編 たしかに(笑)。ただ、ただ! 今週は天皇賞(春)! 去年こそ堅い決着でしたけど、10万馬券がデフォルトみたいな、超高配当レースですよね。

石 そうなんだよ。今年もメンバー的に混戦模様だし、100万馬券とはいわないけど(笑)、けっこうな高配当が狙えると思うよ。

編 お〜、たのしみ。

石 そんななかこのブログでは人気馬を扱うという(笑)。

編 だって穴馬はスポーツマスターさんで公開しちゃってるんですもん。

石 まあ、そうなんだけど。でも人気馬ってどうなんだろう……。わざわざ話すことなんだろうか(笑)。

編 あ、こうします? もうあえて1頭にするという。

石 それな。たしかに2頭も3頭も挙げてどうするんだというのがあるしな。

編 でしょう? というわけで人気馬、お願いします。

石 シュヴァルグラン。

編 あっさりか(笑)。

石 まあ、しょうがないよね。でもこの馬、この路線では最強でしょ。かなり強い。……あ〜、なんかつまんないね。青葉賞の注目穴馬を挙げとくか。

編 おお! いいですね。

石 内枠から強気の競馬ができればカフジバンガード。開幕週の馬場で先行できればそうそうバテない。切れないぶん長い脚を使えるからね。持続力勝負に持ち込みたいよね。

編 あとは?

石 同タイプのノストラダムス。そして反対のタイプで、切れのあるゴーフォザサミットかな。

編 了解で〜す。天皇賞(春)ということで、勝負予想の購読お申し込みもかなり多くなっているようですよ。スポーツマスターでしか読めないですしね。まあ、プレッシャーも大変でしょうけど(笑)、期待しています! 

石 は〜い。良い報告ができるようにがんばりま〜す。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、皐月賞は悔しいんじゃないですか?

石橋 武(以下、石) そりゃあ、ねぇ……。ま、あの展開に賭けられなかった時点で外れだった。

編 とはいえ、僕から見ても惜しいというか、いいところに目をつけているなという印でしたけどね。

石 あ、ありがとうございます。ただ、勝ったエポカドーロに印を打っていないわけで、まあ、それは予想としては致命的だから。

編 でもあの展開は考えてはいたんですよね?

石 もちろん。アイトーンは溜めてもしょうがない馬だし、△ジェネラーレウーノはコントロールも難しそうだし、まあ行くでしょうと。大外のジュンヴァルロは枠的には厳しいけど、遼馬ワグネリアンもいるしスローにはさせたくないから前に行くだろうと。あそこまでの雁行態勢じゃないにせよ、この3頭が前に行くのは皆さんも想定していた通り。というか、この話、さっきスポーツマスターの編集部通信でしてきちゃった。ごめん。

編 あれ、登場は来週の予定じゃなかったでした?

石 なんか今週も呼ばれて皐月賞を回顧してほしいということで。で、来週は来週で天皇賞(春)の穴馬をと言われているんだけどね。

編 ええ、それはこの公式ブログとの共同企画ということで聞いていたんですけど。来週は人気馬については公式ブログ、穴馬についてはスポーツマスターでやるということで。

石 え、そうなの!? そこまでは聞いてなかったわ。でも人気馬の話なんて皆さん聞きたいかね……。

編 僕は聞きたいですけどね。自信を持って買えるというのもあるし、この前の桜花賞みたいに、2頭で堅いということであればそれで勝負もできるし。

石 そういうことなら、ちゃんと話しますけど。

編 じゃあ、皐月賞の回顧はスポーツマスターさんにお任せしつつ、そして天皇賞(春)と言えば石橋さんということで……

石 いつの話をしてるんだ(苦笑)。もうほんとそれいいから。

編 まあまあ(笑)。ということで、来週も楽しみにしておきつつ、今週末の重賞のお話をお願いします! 希望はやっぱり3歳戦のフローラSです!

石 はいはい。

編 ではさっそくオークストライアル・フローラSの注目穴馬をお願いします!

石 了解。じゃあまずはノーブルカリナンに注目しようか。

編 前走はフラワーCで7着。

石 出遅れが響いたというのもあるけど、ペースが緩かったから。ただ、それ以上に適性もあったかな。速い上がりは使えるんだけども、瞬時に加速できるタイプではなくてエンジンがかかってから徐々に加速していくタイプだけに中山の内回りというコース形態が合わなかった。

編 たしかにそれまでの3戦は外回りか直線の長いコースで結果を出していますよね。

石 そうね。基本的にメンバー中上位の上がりを使って差してきているんだけど、勝ち味に遅いというか、勝ってはいるんだけど、スパッと切れないぶんもたつくところがあるよね。

編 たしかに抜けきれないというか……

石 タイプ的には、レースレベルが上がって道中のラップが厳しくなったほうが走りやすいし、あ〜、具体的に言うとデニムアンドルビーなんだよね、この馬。

編 13年のフローラSの勝ち馬。

石 そうそう。デニムアンドルビーの戦績を振り返ってみるとわかりやすいと思う。未勝利ではコロッと負けちゃって初勝利まで3戦かかるんだけど、未勝利勝ち直後のフローラS勝ち、オークス2着。そのあとも秋華賞を含め、内回りでは凡走。反対にレースレベルが上がって道中のペースが厳しくなるジャパンCとで2着に好走したりね。

編 あ〜、なるほど。

石 2走前のエルフィンSなんかをみても、能力が高いのは確かなんだけど、ちょい足らずに見えるのはデニムアンドルビーと同じトップスピードに乗るまでのモタつき感があるから。言い換えれば、東京芝2000mはその弱点をカバーできるコースだし、前走からの巻き返しが期待できるよ。

編 ただ、ちょっといいですか?

石 いいよ。

編 石橋さんって、けっこうデニムアンドルビーを小回りで買ってませんか?

石 お、嫌なところを突いてくるね(笑)。なんて、冗談。たしかに小回りでも買うんだけど、宝塚記念(2着)とか、あとは急流になりそうなレースで買ってるんだ。その都度見解にも書いているけど。道中のラップが厳しくなれば、トップスピードに乗るのが遅い馬でも差せるから。もちろんペースとか、レースレベルによるけどね。

編 そういうことか〜。失礼しました。でもたしかにデニムアンドルビーと比較するとわかりやすいですね。

石 そうね。デニムはここを勝ってオークス3着。ノーブルカリナンの今回のレース内容にも注目しておきたいね。

編 そうですよね〜。

石 続いてチェックするのはパイオニアバイオ。

編 ずっと惜しい競馬を続けていたんですけど、デビューから8戦目となる前走で初勝利。たしかお母さんのアニメイトバイオも善戦が多かったですよね。

石 そうだね。アニメメイトバイオは9戦目でオークス(4着)。この馬はここで権利を取れば10戦目でオークス。似ているところがあるのかもね。

編 だから推したというわけではないんでしょうけど(笑)、どうしてこの馬を?

石 たしかに初勝利までに時間はかかったけど、展開に恵まれなかったり、相手に恵まれなかったり。強いところは見せているんだけど、それが勝ちにつながらなかったね。運が悪かったというか。

編 たしかにチグハグな競馬も目立ちましたからね。

石 ただそんな恵まれないなかでも確実に上位に走ってきているというのは能力があればこそだし、相手なりに走れるというのも強みではあるからね。

編 今回初勝利を挙げた中山から東京芝2000mに替わるのは?

石 プラス材料。というか、前走に引き続き2000mで走れるというのがいいね。

編 マイルくらいだと短い?

石 そう感じる。マイルでもラクに先行できてはいるけど、もっとゆったり乗ったほうが脚は溜められるんじゃないかな。前走の内回りから直線の長いコースに替わるのもいいし。中山より東京というタイプだと思う。

編 今回は一足とびに重賞挑戦となりますけど、そのあたりは?

石 相手なりに走るタイプって、勝ち味に遅い部分があるかもしれないけど、昇級を気にしないという強みもあるからね。十分に好走のチャンスはあるよ。

編 なるほど。じゃあ、あと一頭挙げるとしたら?

石 カーサデルシエロかな。

編 前走、経験馬を相手にデビュー勝ち。

石 しかも調教をほとんどやってなかったんだよね。明らかに速い時計が不足していたけど、それで経験馬相手に勝っちゃうんだから。

編 素質は高いと。

石 しかも上位人気の逃げ馬が大凡走するなかで、好位からメンバー中2位の上がりで差し切るという競馬ぶりで。今回はしっかり追い切っているし、上積みなならこの馬。一発が期待したいね。

編 わかりました。ではこの3頭の穴馬に期待しつつ、しっかりレースをチェックしておきます! 先週の皐月賞は結果的にはアレでしたけど(笑)、ただ狙いも含め、僕はかなり正しかったと思っています。それだけ今年の3歳馬は把握できていると思いますし、実際高配当も的中していますしね。今週末も期待してますね!

石 3歳戦だけじゃなくて、古馬戦もよろしく(笑)!

編 もちろんです(笑)。それでは石橋さん、ありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は桜花賞が行われましたが、本命に推していた◎アーモンドアイはとんでもない強さを見せてくれましたよね。石橋さんも勝負予想の見解で「かなり強い。△リリーノーブルとの一騎打ち」というようなことを書かれていましたよね。

石橋 武(以下、石) 強いというのは、まああの未勝利勝ち、シンザン記念勝ちを見れば誰でもわかると思うんだけど、それにしても想像以上に強かった。△リリーノーブルも内枠スタートからかなり気を使って完璧に乗ったと思うけど、今回は相手が悪すぎた。◎アーモンドアイは強すぎるわ(笑)。

編 見解ではオークスはさらに向く。鉄板だとすでに書いちゃいましたしね。

石 書いちゃった(笑)。そのあたりはスポーツマスターの編集部通信に掲載されると思います。使いたいって言ってきてたから。

編 あ〜、そうなんだ。全文は長すぎるでしょうけど、全部載せてほしいな〜。

石 いや、3着に好走したリリーノーブルを無印にした理由もあって、恥をさらすだけなので。

編 あ〜、思いっきり切っちゃいましたね。

石 そうね。見解にも書いたけど3議席のうち◎アーモンドアイ、△ラッキーライラックで2議席が決まり。残る1議席をとるのは◎フィニフティか△トーセンブレスとかね。まあ、ダメでした。すみません。

編 いや、あの見解のおかげで馬連、馬単で勝負したという方がすごく、本当にものすごく多かったようで、スポーツマスターさんにも馬連1点、馬単1点勝負で大儲けできましたというメールがたくさん届いていたそうですよ。いつもの10倍以上来てたんじゃないかな、と。

石 へ〜、みんなちゃんと読んでくれているんだね。

編 そりゃ、読むでしょう。あとはほら、桜花賞の前に同じ3歳牝馬限定戦の忘れな草賞で3連単10万5,550円(3連複28,400円)を的中していたというもの大きかったと思いますよ。

石 うまいこと2、3着に人気薄が走ってくれて。

編 ええ。10番人気、7番人気ですからね。というか、よく10番人気の△リュヌルージュ(2着)を相手筆頭に推せたなと思いますけど(笑)。

石 桜花賞が堅かったぶん、こっちでカバーできたかなと。ただ、不的中のレースもあったわけで、当たったね、よかったねと能天気に言えるわけでもないからね。皐月賞を含め、今週のレースでなんとかしたいね。

編 その皐月賞ですけど、ダントツの1番人気と目されていたダノンプレミアムが回避。さらに日曜日の中山は強風、雨で大荒れの予感がしますよね。

石 そうだね。雨、風がどれくらいになるのか、まだ細かく調べてないけど、かなり気になるところだよね。

編 ですよね。レースへの影響は大きいでしょうから。で、そんな状況ではあるんですけど、現時点での注目穴馬を教えていただこうかなと。

石 そうね。あくまで現時点でということで、先行できる3頭に注目してみた。サンリヴァル、ジェネラーレウーノ、そしてジャンダルムね。

編 3頭とも今回と同じ中山芝2000mを先行して好走した実績がありますね。

石 風向きがどうかだけど、悪化する馬場、そして強風だと想定すると、差しづらい競馬になる公算が大きいかなと。ただ、これはもうほんとに風向きにもよるので、しつこいけど現時点(木曜日深夜)での見解にしておいてほしい。

編 わかってますって。ちなみに風向きはどうだったら先行馬有利なんですか?

石 1周するコースだから一概にはいえないけど、中山は最後の直線が南から北に走ってくることになるんだよね。スタートもこの直線にあるから、追い風のほうがスピードに乗りやすいし、最後の直線も粘りやすいと言える。そういう意味では南風のほうが先行馬には有利かな。とはいえ、新潟の1000mみたいに直線だけのコースじゃないからね。1周するわけだから、どの馬にとっても影響はある。だから先行有利とか差し有利ではなくて、時計が変わってくるというのが問題かな。

編 なるほどね〜。で、先ほどの3頭に話を戻しまして、いずれも中山芝2000mで結果を出していると。

石 そうそう。サンリヴァルとジャンダルムはホープフルSだよね。ホープフルSは掲示板に載った5頭のうち4頭が差し馬という状況のなか、2番手からの競馬で4着に粘っているんだよね。

編 それでジャンダルムのほうはそのハイペースの流れを中団から押し上げて4コーナーでは4番手という競馬でした。

石 それで2着だからね。今回は当時先着を許したタイムフライヤーが最内枠と、なかなか難しいところに入ったし、どちらも逆転の目はあるでしょう。

編 もう1頭のジェネラーレウーノは、葉牡丹賞、京成杯と中山芝2000mを連勝中です。

石 そうね。とくに京成杯は差し馬有利の流れのなか、2番手からよく粘った。時計がかかるような流れだと一気に浮上してくるのがこのタイプだからね。雨の降り具合によっては面白い一頭になるんじゃないかな。

編 わかりました。現時点での注目穴馬3頭でした。

石 あとは週末の勝負予想でご確認いただければと。

編 そうですね。こういうひとクセもふたクセもあるレースは石橋さんの得意とするところですし、先週の勢いもありますからね。大注目です。石橋さん、よろしくお願いしますね!

石 もちろん。楽しみにお待ちください!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週のG1大阪杯は不的中ということで……。

石橋 武(以下、石) ですね〜。

編 悔しそうですね。人気馬の本命◎サトノダイヤモンドが3番人気7着。穴馬の本命◎ヤマカツエースは10番人気ながら4着に頑張ったんですけど。

石 適性、能力的にもヤマカツエースにはせめて馬券圏内に走って欲しかったけど……。サトノダイヤモンドに関しては、ん〜、勝ったスワーヴリチャードが上がっていったときに、下がっていくというチグハグな競馬になったな。機敏に動けないあたり、本調子ではなかったのかな。調教は問題なかったけど。長距離を続けて走ってきて、前走の金鯱賞もスローだったし、ペースに合わせられなかったところがあるかも。結果論だけど。

編 で、石橋さんがあまり評価していなかったスワーヴリチャードが1着と。

石 右回り苦手は間違いないよね。だからこそああいうふうにマクる競馬はあると思ったし、実際にそれをされて勝たれたんだけど、外してごめんなさい。でも悔いはないです。

編 潔し(笑)。

石 いや、あれが人気薄ならむしろそっち(マクりが成功するほう)に賭けて勝負するけど、1番人気となるとリスクが高すぎるでしょ。結果的に今回に関してはあの乗り方は正しかったし、すごいと思うけど、人気馬の勝ち方としてはトリッキーすぎる。これをみて、じゃあ右回りはもう大丈夫だね。とは絶対にならないからね。長期的にみれば、こういう場合は本命にしないほうが正解だと僕は思う。

編 たしかに毎回ハマる勝ち方ではないですからね。

石 そうだね。ただ、馬券は当たったモン勝ちなので、言い訳、負け惜しみと取られても仕方ないと思って話してます(笑)。

編 そう、当たったモン勝ちです(笑)。ただ、実際スワーヴリチャードの次走は左回りの安田記念に進むみたいですよ。

石 だろうね。春天の3200mでドンと来いというタイプじゃないし、右回りをクルクル回るのはマイナスでしかないからね。僕がオーナーでも安田記念に行くよ。

編 ふ〜ん、そういうものですか。ま、いっか。で、当たったモン勝ちなんですよ。

石 え、なんでそこからやり直すの(笑)?

編 まさか自分で話の腰骨を折ると思わなくて(笑)。当たったモン勝ちなので、今週はお願いしますよ、ということです。

石 まあ、そうなるんだろうけれども(苦笑)。

編 というわけで、桜花賞はばっちり決めてくださいね。

石 はい、頑張ります。

編 ではさっそくその桜花賞ですけど、どんなタイプがいいんですか?

石 簡単に言うと、1400mでも好走できて、かつ1400mで速い上がりを使えるタイプ。

編 あれ、桜花賞ってマイル戦ですよね。石橋さんのいつもの理論だと、1400mを好走するタイプとはちょっと違うイメージでしたけど。

石 なかなか鋭い。でも甘い(笑)。たしかに1400mは持続力勝負になることが多いし、そこで好走してきている馬はマイルでは瞬発力が足りないと言ってきたね。そこまでは正しい。

編 ですよね。

石 ただ、ポイントは1400mで「速い上がり」を使えるということ。ちょっとこれを見て。近5年の桜花賞の前半3ハロンと後半3ハロンのタイムなんだけど。

2013年  34.8 - 36.1
2014年  33.8 - 36.3
2015年  37.1 - 33.5
2016年  34.8 - 34.3
2017年  34.7 - 36.2

編 はい、見ました。

石 見ただけかよ(笑)。2015年は見ての通りのスロー、2016年は前後半の時計はあまり変わらなくて中盤が緩む形でスローだったんだけど、それ以外は完全に前傾ラップでしょ?

編 ああ、そういうことか。たしかに、前半の3ハロンのほうがかなり速いですね。

石 ここがポイント。たしかにマイル戦なんだけど、前半から飛ばして後半もそのスピードを維持するという資質が求められるんだよね。1400mを好走する資質だよね。

編 なるほど! だから1400m巧者なのか。

石 そう。ただ、さすがにマイル戦だけあって瞬発力も必要。中盤はそれなりに緩むし、最後の直線でエンジンに点火する必要があるんだ。だから上がりの速さも求められる。実際、この5年は毎年少なくとも1頭は1400mをメンバー中3位以内の上がりで勝ち負けした馬が馬券に絡んできている。15年のどスローのときも、結局途中からグンとペースアップするから、スピードの持続力は求められたしね。

編 どれどれ。たしかに13年はアユサン、レッドオーヴァル。プリンセスジャックの3頭とも該当するし……

石 全部挙げていたら長くなるからいいわ(笑)。ただ、人気馬の場合はこの限りではないよ。あくまで人気薄を探す場合ね。人気馬は能力だけで好走しちゃうから。

編 今年はどうなんです? メンバー的にはスローの公算が大きいのかなと思いますけど。

石 たしかにね。ただ、この時期の3歳牝馬だけにまだキャリアも浅いし、コース改修前ほどじゃないにせよ乱ペースになる可能性もある。“乱”までいかなくてもなんかの拍子にペースが上がることもあるし。だから、穴馬としては「1400m巧者でかつ速い上がりを使えるタイプ」というのを狙って損はない。

編 たしかに。さっきのスワーヴリチャードの話じゃないですけど、人気馬じゃなくて穴馬の話ですからね。

石 そういうこと。

編 で、それを踏まえるとどの馬に注目しておけばいいですか?

石 アンコールプリュとスカーレットカラー。まずアンコールプリュに関しては、まんまさっきの条件の該当馬だよね。

編 たしかに。2走前につわぶき賞(中京芝1400m)で上がり最速、1着。前走はフィリーズレビュー(阪神芝1400m)で上がり最速、2着。

石 しかもデビュー戦で今回と同じ阪神芝1600mを快勝しているという。1400mもいいけど、マイルで実績があるのはプラス材料だね。

編 たしかに安心感がありますね。で、スカーレットカラーのほうは? こちらはデビュー戦以外はずっとマイルを使われていますよね。

石 そうね。まずそのデビュー戦が阪神芝1400mでメンバー中最速上がり。そして2着。あとはね、フェアリーS。

編 中山マイル。

石 そう、マイル戦。ただ、スカーレットカラーは出遅れて後方からのスタートだったんだよね。で、4コーナーから外を回って追い上げて2着。信じられないくらい長く脚を使ったんだ。ああいう競馬は一瞬の脚しか使えない馬には無理だし、持続力を証明したと言っていい。

編 なるほどね〜。

石 スローの瞬発力勝負になっちゃったら厳しいけど、ハイペースだったり、後半一気にペースアップする流れなら面白いところがあるんじゃないかな。

編 いいですね〜。で、あと1頭は?

石 この2頭とはちょっと違ったタイプで、フィニフティ。

編 前走のクイーンC(5人気2着)でも相手筆頭に推してましたよね。

石 そうだね。この馬はマイル戦しか走っていないんだけど、前走のクイーンCがハイペースを強気に押し上げて行きつつ、メンバー中2位の上がりをマーク。ただそれでも余裕が感じられたし、かなり能力は高いよね。時計の詰め方といい、まだまだ伸びしろがあると思う。まだ強さがバレてないというか、盲点になっている気がするので、これを最後に推しておこうかと。

編 わかりました。どの馬も納得です。あとはこの3頭が走ってくれれば言うことなし。

石 そりゃそうだ(笑)。それとまだほかにも1400mで速い上がりをマークしている馬がいるので、レースレベルとかあと枠順、馬場も含めて総合的に判断します。最終結論はスポーツマスターの勝負予想でご確認いただければと。

編 そうですね。話している感じからも相当自信がありそうですし、楽しみにしています。

石 はい、先週の大阪杯の借りはここでお返しします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR