FC2ブログ


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は結果的にはちょっと厳しいものがありましたね。


石 はい、予想をご覧いただいた方には申し訳ない結果となってしまいました。


編 敗因は?


石 これはもうはっきりしていて、すべてが悪いほうへ出ちゃったなという。予想をご覧いただいた方はわかると思うんですけど、ほとんどのレースで勝ち馬や好走馬が買い目に入っていたと思うんですよね。


編 そうですね。


石 ただ、的中が第一というのは当たり前なんだけど、たとえばどっちが好走しても……というケースで、人気のないほうを取るのがギャンブルでは常道なんだけど、それが結果的に裏目に出てしまったレースが多かった。


編 あ〜、実際、配信した9レースのうち、5レースが3連単4ケタ配当というガチガチの決着でしたよね。


石 そうなんだよ。その前の週が3日間開催ということで、出走馬が揃うレースが少なかったのもあって、ちょっと難しい配信になってしまったかなと。というか、言い訳っぽくない(苦笑)?


編 なにも知らずに聞いていると(笑)。ただ、石橋さんの普段の配信内容、的中実績を知ってますから、たしかに先週は不運だったよなと素直に思いますけど。ただ、そんな厳しいなかでもオールかマーとか、ちゃんとファイトしている姿が伝わってきますからね。


石 ああ、◎マイネルミラノ(10人気4着)とか。


編 ええ。結果的に4着でしたけど、あれはレースを見ていて興奮しましたよ。まさか10番人気馬が本命で、しかもあそこまでいい競馬を見せて。僕、完全に終わった馬だと思っていましたから。


石 見解にも書いたけど、近走の競馬内容、使うレース(コース)が悪かっただけだから。あれくらいは走る馬だよ。


編 そう。そういう見極めをしてくれているし、今までの実績もあるので、逆に平気で先週悪かったみたいな話ができるんですよね。ずっとダメな人に、先週ダメじゃんとは言えないので(笑)。


石 ふ〜ん、そんなもんかね。まあ、とにかく今週は想定のメンバーを見ても、先週のようなガチガチ感はないし、ここで一丁巻き返しますので、ご注目いただければと。


編 はい、頼んます! ま、短距離は今年の夏に40万馬券を含め大稼ぎした得意なカテゴリーでしょうし、ダートもレパードSの◎ローズプリンスダム(11人気1着。単勝6,630円)とか、秋競馬でも鋸山特別で9万馬券的中。土曜日のダート重賞シリウスS、日曜日の短距離G1スプリンターズSと、得意カテゴリーだけに、大丈夫でしょうというのが本音ですが(笑)。


石 それは裏切らないようにせねば。


編 というわけで、そろそろ本題に入りましょうか。今日はスプリンターズSと凱旋門賞についてもお話をうかがつつもりですので、よろしくお願いします。

石 はい、こちらこそ。


編 まずはスプリンターズSなんですけど、石橋さんって、このレースの穴馬を挙げるときに、いつもダート実績に注目しますよね?


石 そうだね。勝負予想の見解をご覧の方には耳にタコ状態だろうけど(笑)、中山芝1200mはダート的な要素、つまりハイペースでレースを進めてどこまで粘れるか、ハイペースのなかでどれだけ終いの脚を使えるかというのがポイントになるんだ。


編 それはコース形態から?


石 その通り。中山芝1200mはスタートしてからずっとゆるやかに下っていって、最後の直線に急坂があるコース。最初からハイペースになる要因が揃っていて、しかもいちばん苦しいところで急坂を迎える。いかにゴールまでスピードを持続できるかというコース形態だから。実際、去年のレッドファルクスもそうだし、過去のスプリンターズSの好走馬もダートに実績のある馬が多いよね。


編 たしかに。ということは今年もそこに注目すればいいんですね?


石 そう。それでいいんだけれど、ちょっと問題があって。


編 え、なんですか?


石 今年はダートに実績のある馬って、人気どころなんだよね(笑)。この対談ではちょっと名前を挙げづらい(笑)。


編 注目穴馬を挙げる対談ですからね(笑)。


石 そう。ということで、それぞれ別の角度から穴馬を挙げてみたいなと。


編 いいですね。ではさっそく一頭目は?


石 ダンスディレクター。ダート実績は皆無(笑)。でもこれも常々言っているように、持続力勝負になりやすい1400mに実績があるのは強調しておきたい。


編 あ、1400mもダート実績をチェックするって言っていますもんね。


石 そう。1400m戦って芝・ダートを問わず、基本的には前にいる馬にとって有利。これはワンペースの競馬が多くて、そういう緩急のつかない競馬というのがダート戦の流れに似ているからでもあるんだよね。ダンスディレクターはそういう流れのなかからでも末脚を伸ばせるタイプだけに、ここでも面白い存在だよ。


編 なるほど。ただ、去年のスプリンターズSが15着に大敗。適性的にはどうなのかなと。


石 去年は出遅れてそのままだったからな〜。スプリンターズSにしてはペースが緩んで、前に行った馬が上位にそのまま残っていたし。この馬にとっては展開的に厳しかった。今年もメンバー的に去年の顔ぶれと大きくは変わらないけど、それでも逃げ・先行馬は多いし、去年はポンと人気のミッキーアイルが先手を取って他が遠慮しちゃった格好だったよね。誰も競っていかないという。ああいうのは想定外の展開だし、それが2年続くとは考えづらい。そして考えたくない(笑)。


編 今年はミッキーアイルはいませんし。


石 そうね(笑)。いつも通りのスプリンターズSの流れならば、ダンスディレクターで勝ち負けまで見込めるよ。


編 いいですね〜。では続いてチェックするのは?


石 レッツゴードンキ。この馬も去年のスプリンターズSで凡走しているんだけど、こちらも展開が向かなかったから。まあ、そのあとの函館スプリントSとか、あとは春の高松宮記念でスプリント適性がバレてしまったのがちょっと残念だけど。


編 でもそのわりに今回もそんなに人気しないんですよね。


石 もっとわかりやすく1200mがいいという馬がいるからね。ただ、レッツゴードンキもワンペースなところがあるから、中山芝1200mが合っているのは間違いない。ほら、4走前にもマイル戦だけど中山芝コースで好走しているでしょ?


編 ええ。6番人気ながら2着に好走しましたね。


奥石 あのレースも中山マイルっぽい澱みのない流れになって、それを後方から差してきている。ペースは多少違えど、ああいうダート的なハイペースというか、緩まない流れは瞬時に加速できないこの馬にとってはプラスだからね。


編 ああ、それで逆に緩急のつきやすい東京マイルでは前走みたいに惨敗しちゃうのか。


石 そうだね。さっきも話したように、今回は自動的にハイペースになりやすいコースだけに、大駆けが期待できるよ。


編 なるほど。あと一頭挙げていただくとすると?


石 モンドキャンノかな。2着に好走した朝日杯FSを見ても、脚が溜められれば破壊力はあるよね。前に行くと淡白な面があるけど。その朝日杯FSも速い流れから脚を繰り出しているし、逆に瞬発力が必要だった東京マイルでは凡走。


編 レッツゴードンキと似たような成績ですよね。


石 同じような適性なんだよね。今回もじっとついていきつつ、最後の直線で弾ける競馬ができればチャンスはある。能力は高いからね。


編 ではスプリンターズSはこの3頭に注目ということで、つづいて凱旋門賞ですけど。


石 こちらは外国のレースらしくまだ出走馬が固まりきっていないので、穴馬にこだわらず注目している馬を挙げておくと、カプリとウィンターあたりかな。


編 ブックメーカーで人気に推されているのはエネイブルですよね。


石 だろうね。勝ちっぷりがハンパないから。実際強そうに「見える」し。


編 なんかトゲのある言い方ですね。


石 トゲがあるというか、あの着差を額面通りに受け取っていいのかどうか、レースレベル自体はどうなんだというのがちょっと引っかかってて。週末までに整理するけど。


編 そうか、凱旋門賞は勝負予想でも配信するんですよね。


石 もちろん。勝負予想の日曜日版で配信しますので、こちらもご期待いただければと。


編 じゃあ、日曜日は全部で6レースの配信になるのか。楽しみです。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週は石橋の都合により、対談ではなく、重賞2鞍の見解をお伝え致します。
ご了承下さい。
なお、来週はスポーツマスターさんとの合同企画として、スプリンターズSの見解、そして凱旋門賞についてもお話を聞く予定です。
どうぞご期待ください。


神戸新聞杯

例年は春の実績馬が順当に上位を占め、堅く収まることの多いレースだが、今年はやや低調なメンバー構成。ダービーも決してレベルが高いレースだったとは言えず、伏兵馬にもチャンスはある。

ベストアプローチ
ダービーは展開が向かずに9着。使い詰めでおつりがなかったのも響いた。もともとスパッと切れるタイプではなく、ダービーのように急加速が求められるレースでは厳しい面もあるが、神戸新聞杯はトライアル戦らしく道中から一気にペースアップするケースが多く、息の長い末脚が求められる。青葉賞もそうだが、道中が緩まない流れのほうが力を発揮できるタイプで、好走が期待できる。

マイスタイル
低調なメンバー構成で、前残りにも警戒が必要。弥生賞、ダービーのレース内容からスローの逃げ馬との印象もあるが、差し馬が上位を占めたシンザン記念の速い流れを先行して好走しているように、本来は持続力を活かせるタイプ。今回は展開的にも恵まれそうでチャンスは十分。

アドマイヤウイナー
青葉賞のレース内容を評価。ある程度前めの位置からベストアプローチに食らいついていった走りは、神戸新聞杯でも評価しやすい。休み明けの馬が多いなか前走をひと叩きされているのもプラス材料で、上積みも含め期待したい。



オールカマー

ツクバアズマオー
切れる脚はないが、上がりのかかるコース、レースでは強さを発揮する典型的な中山巧者。近走はふたケタ着順が続いているが、2走前の函館は馬場が合わず、前走は不利もあった。いずれもまったく力を出し切れずに終わっている。得意の中山で締まった流れになりやすい芝2200mなら巻き返しがある。

デニムアンドルビー
中山で3戦して未勝利だが、そのうちの2戦は有馬記念、そしてもう1戦は3走前の中山牝馬S。いずれも内回りコースのレースで、一瞬の脚に欠ける同馬には不向きなレース。にもかかわらず、G1の有馬記念はさておき、中山牝馬Sでは前残りの展開をメンバー中2位の上がりで小差の5着まで差してきており、急坂や馬場を苦手とするわけではないのが明らか。今回は中山といえども外回りコースに替わり、また道中からのペースアップで、展開的にも同馬向き。中間の調教も脚元を考慮した内容ではなく、きっちりと消化できている。なかなか勝ち鞍に恵まれないが、もともとの能力は高く、このメンバーなら期待は大きい。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏のスケジュールの都合により、土曜日の午前7時までの更新とさせていただきます。
毎週、毎週、更新がずれてしまい、申し訳ありません。
石橋氏も心苦しく思っているところですが、少しでもお役に立てる内容でお伝えしたいとのことですので、どうかご理解いただけますと幸いです。
お送りするのは対談となった場合は、オールカマーについて。
先週同様、見解のみとなってしまった場合は、オールカマー、神戸新聞杯の両重賞を取り上げます。
公開までお待ち下さい。

なお、来週の公式ブログでは、スポーツマスターさんとの合同企画としまして、スプリンターズSについてのお話をお送りする予定です。ぜひ、ご期待ください。


編集部からのお知らせ
今週は3日間開催ということもあり、石橋氏より対談を行うのが難しいとの連絡を受けました。
週中にもお伝えした通り、代わりにローズS(G2)、セントライト記念(G2)の穴馬の見解をお伝え致します。ご了承ください。


ローズS(G2)

メイズオブオナー
同馬はダート戦で勝ち上がってきたが、本質的には芝馬。実際、前走では最後の直線半ばまで前が詰まりながらも、前があくやいなや瞬時に加速。あっという間に先行各馬を差し切った。未勝利脱出まで10戦を要した馬とは思えない楽勝ぶりだった。その前走が休み明けでプラス14キロと馬体的に成長したのも大きく、ようやく本来の力を発揮できる身体になったのだろう。未勝利時代に戦ってきた相手を考えればこのメンバーでも気後れは不要。重馬場も得意なタイプで、馬場も味方に勝ち負けまで期待できる。

ミリッサ
同馬はもともと能力を高く評価されており、前走で古馬相手の1000万特別をレコード勝ちしたのも驚くことではない。実際、チューリップ賞でも今回人気のリスグラシューに僅差にまで詰め寄った実績がある。前走、長すぎる中京の直線でメンバー中最速の上がりをマークしているように、タフなコースで長く脚を使えており、外回りの阪神芝1800mでもその強みを大いに発揮できる。どちらかと言えば火曜日に延期になってくれたほうがありがたいタイプの馬だが、注目すべき一頭と言える。



セントライト記念(G2)

サーレンブラント
サンシロウ
どちらも前走で新潟の長い直線で脚を伸ばして好走。中山芝2200mは外回りコースを使用するために長く伸びる脚が必要となるうえに、月曜日の中山はおそらく重馬場。どの馬も末脚勝負が使えないとなると道中のラップが緩まずにいつも以上の持続力勝負になりがち。そこで強みを発揮するのが、2頭の前走のような息の長い末脚。
また、サンシロウのほうはダートで勝ち上がってきたが、これもローズSのメイズオブオナーと同様に体質的な弱さがあっただけ。本来は芝向きの馬で、メイズ同様に前走の楽勝ぶりがそれを証明している。
正直なところ、セントライト記念はある2頭のワンツーとなる可能性が高いと考えているが、3着に入ってくるのはこの2頭のようなタイプだろう。



編集部からのお知らせ

今週は3日間開催となります。
配信レース数が通常より増えること、また台風の影響を受ける可能性もあり、石橋氏のスケジュールを調整中です。
対談が行われる場合はセントライト記念を取り上げる予定ですが、時間の調整がつかずに穴馬の見解のみをお伝えする形になる可能性もございます。
その場合はローズS、セントライト記念の両重賞の穴馬をピックアップしてお伝えいたします。
また、公開は土曜日の夕方〜日曜日の朝にかけて、遅くとも日曜日の午前7時までには更新しますので、その点につきましてもご了承ください(台風の影響も考えられますが、いずれにせよその時間までにはなにかしら発信致します)。


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、夏競馬はお疲れさまでした。40万馬券から新潟記念の大外れまで色々とありましたね。

石橋 武(以下、石) 新潟記念な〜(苦笑)。すべての読みの逆に行き過ぎて、悔しくもなんともないレースだったわ。

編 それはもう見事な外れっぷりで(笑)。

石 展開から違ってたので、外れて当然。あれで当たってたほうが怖いわ。

編 悔しいという意味では小倉2歳Sのほうが?

石 小倉2歳と札幌2歳、両方とも。本命馬がともに2着という不完全燃焼さだからね。

編 そうでしたね。札幌がファストアプローチ(4人気2着)で、小倉がアイアンクロー(5人気2着)。ただ、すごいなと思ったのが、ここまで2歳重賞は4つありましたけど、そのうち3戦で本命馬が好走しているんですよね。

石 新潟がダメだったからね。

編 函館は◎カシアス(1人気1着)完勝で3連単17万5,020円的中。で、新潟2歳を外して、先週の札幌と小倉(ともに本命馬が2着)ですね。やっぱり得意なんですか?

石 得意というか、獲りやすいんだよね。函館2歳のときにも言ったけど、
逃げて勝った馬を信用しないとか、そういうのが通じるから。

編 それ、他のレースでも通じるんですか?

石 短距離の小倉には同じことが言える。特に小倉は馬場が荒れるから、より外差しの傾向になるね。って、3連単も獲れないやつがなに言ってんだってなるからやめようか(笑)。

編 いや、予想の難しい2歳重賞で、この本命馬の精度はすごいですよ、マジで。でももう終わった話だし、いいか(笑)。

石 いいよ。いいよ。秋競馬の話をしよう。

編 どうですか、秋は?

石 質問がざっくりしすぎて答えられないわ(笑)。まあ、今週ということに限って話すと、紫苑S、京成杯AH、セントウルSはメンバー的にも注目のレースだよね。

編 秋華賞トライアルに、重賞ですからね。

石 それもあるけど、メンバー的にひとクセもふたクセもあるタイプがけっこう出走してくるんだよね。紫苑Sなんかも人気しそうな実績馬が何頭か出ているけど、ちょっと危ないんじゃない?という感じもするし。

編 お〜、荒れそうな感じですね。

石 荒れるかどうかはまだわからないけど、危ない人気馬がいるのはたしか。京成杯AHだって、枠と馬場を見たいけど、いかにも荒れそうなメンバーが集まったよね。

編 ですよね。

石 まだ競馬ファンの間では、開幕週だし中山マイルだから内枠の先行馬を狙おうという意識が強いんだよね。でも実際は違う。エアレーション、シャタリングの影響で、開幕週から差せる馬場になるのが今の中山だし、外枠に関しても、逃げ、先行馬以外はさほど不利じゃない。

編 たしかに石橋さんは去年? 一昨年くらいからでしたっけ? それを勝負予想の見解で書いていますよね。

石 まだ一般のファンは知らない人も多いからね。

編 石橋さんの予想を読んでいる人は、もうバッチリでしょうけどね。セントウルSはどうです?

石 堅く収まる可能性があるとしたらこれかなと。先行力、持続力に秀で得たタイプを買えばいいから。あとは夏場に使ってきた馬と、休養してきた馬との兼ね合いだよね、この時期は。個体差もあるけど、そのあたりの見極めがポイントになるかな。今年の夏は比較的涼しかったし、使ってきた馬のなかにもまだへたってないのが多そうだし。

編 となると、堅い可能性が高くなりますよね。近走頑張って、今回もいいわけですから。

石 そうなんだよね。ま、いずれにしても週末の勝負予想をお待ちいただければと。

編 そうですね。って、ならないから。ちゃんと週末の注目穴馬を教えてもらいますから。

石 あ、やっぱり(笑)? じゃあ、京成杯AHでいいかな?

編 もちろんです。石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 さっき言ったように中山は開幕週から差しが効く馬場になっていると思うんだ。で、枠順も出ていない現時点でお話しできるのは(枠の有利不利が少ない)差し馬なので、ガリバルディとダイワリベラルを挙げておこうかな。

編 たしかにどちらも差して好成績を挙げていますよね。

石 ガリバルディが好走するひとつ目のポイントはとにかく直線の長いコースということ。中京記念がいい例だね。

編 じゃあ、全然違うじゃないですか。今回は中山マイルですよ。

石 慌てるなって。で、もうひとつが長く脚を使わされるレースに強いということ。2走前の大阪城Sがそんなレースで、緩い流れから後続馬が早めに進出していって追い比べになったんだ。勝ち切れなかったけど、ああいう長く脚を使うレースは得意だよね。メンバー中最速の上がりをマークして。

編 今回はそのパターンになると。

石 先行馬が揃っているし、流れは速くなると思うんだ。中山は3コーナーからずっと下って、後半のラップが速くなりやすいタフなコースで、他馬がバテるような流れで脚を伸ばしてくるガリバルディにはもってこい。できれば外枠がほしいね。

編 ダイワリベラルは去年のこのレースで4着に善戦しているんですよね。

石 そうね。もともと中山芝コースで【4 3 3 5】と好成績を挙げている、典型的な中山巧者。加えて、トリッキーな中山マイルで前に行く競馬も後ろからの競馬も両方できるのも心強いね。

編 たしかに。去年のこのレースは差して4着。3走前の東風Sは逃げて2着と、どんな競馬もできますね。

石 今回はメンバー構成からも差しに回ると思うけど、まさかの最内枠なんかに入ったときは出していかざるを得ないこともある。それに対応できるのは強みだよね。

編 じゃあ、現時点ではこの2頭に注目ということですね。

石 はい、いつもより1頭少ないけど、ちょっと枠は見ておきたいので。

編 そこをなんとかと言ったら?

石 ミッキージョイ。でも枠次第かな。これは参考までに。

編 言うんだ(笑)。うれしいけど。2頭プラス参考までにミッキージョイということで承りました。では石橋さん、秋競馬のスタート、ばっちり決めてくださいね! よろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR