『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、そして読者の皆様、先週は大変申し訳ありませんでした。

石橋 武(以下、石) ほんとだよ。頼むよ。

編 すみません。せっかく当たってたのに……。

石 当たり外れも大切なんだけど、読者の方はわざわざ時間を割いて読みにきてくれているわけだから。当日も気になったと思うよ。全然アップされないから。

編 そうですよね。編集部内でも大反省会で、今後は徹底してチェックしていくことになりました。二度とこのようなことがないように気をつけます。

石 よろしくお願いします。はい、この件はここまで。以上! それよりも僕の43万馬券を褒めて(笑)!

編 UHB杯ね。もうすでにみんなが褒めてるでしょ。欲しがりか(笑)。でも、その気持ちはよくわかりますよ。だって、◎ウエスタンユーノーが本命なんて、僕からしたらあり得ないもの(笑)。

石 みんなそう言うけどね〜。ただ、止まらないスピード馬場の函館、◎ウエスタンユーノーの直千でも前に行けるスタートと二の脚の速さ、1000mから1200mへの距離延長、そして斤量。ここから考えれば、狙えるんだけどね。って、たまたま当たったから言ってるだけか(笑)。

編 いやいや、そんなことはないですよ。実際、勝負予想の見解でも書いていることですし。あ、見解をご存知ない方はどうぞこちらをご覧ください。

「◎ウエスタンユーノーは新潟芝1000mでもラクに先手を奪えるほど、スタート、そして二の脚が速い。今の函館芝コースはかなりのスピード馬場で、ちょっとやそっと飛ばしたくらいでは止まらない。同馬は飛ばすだけ飛ばして、終いにバテるという競馬を繰り返しているが、ハナを競ってくる馬もおらず、コーナーで息が入りやすく、さらに前が止まらないこのコースなら最後まで我慢できる可能性は高い。函館開催が始まった先週から他場で淡白な走りを見せていた馬が変わり身を見せており、同様の変わり身が期待できる。」

石 あ、斤量と距離延長は触れてなかったのか。

編 そうでしたね。まあ、斤量は見ればわかりますし。それに相手も難しいなか△ラホーヤビーチ(7人気)、△ライトフェアリー(2人気)と、しっかり高評価。まさに完璧な42万馬券でした。スポーツマスターさんのほうにも、かなりのお礼があったみたいですよ。

石 お礼だけじゃなくて、ブログ未更新の苦情もスポーツマスターさんに行ってたみたいですよ?

編 あ。スポーツマスターさん、すみませんでしたぁ!

石 当たった42万馬券で、スポーツマスターさんに菓子折りを持っていってください(笑)。

編 そうさせていただきます! もうね、42万円、全部使っちゃってもいいです。

石 ホントに〜?

編 ホントです! どうせまた石橋さんがすぐにスゴイの当ててくれるし。ほら、いつもこんな感じで函館、札幌の芝のレースで超高配当を当てるじゃないですか。夏の終わりまで、まだたっぷりチャンスがありますからね。あ、今週も土曜日にTVh杯(芝1200m)、日曜日に道新スポーツ杯(芝1200m)が行われますよね。

石 道新スポーツ杯は10頭立てだから、配信はしないかな。TVh杯はやりますけどね。

編 UHB杯と同じ函館芝1200m! また一発デカイのをお願いしま〜す! で、そのTVh杯を見事に的中していただくと、次の日にはCBC賞とラジオNIKKI杯の2重賞が行われるという。今週はこの2レースとも、注目穴馬を挙げていただけるんですよね?

石 お前のせいでな(笑)!

編 すみません〜。でもラッキー(笑)。じゃあ、さっそくですけど、CBC賞のほうからお願いできますか?

石 了解。まずはアリンナとオウノミチ。

編 両方とも軽量の先行馬ですね。

石 別に先週のウエスタンユーノーの再現を狙ってるわけじゃないよ(笑)。

編 たしかに似てますね(笑)。

石 このレースも毎年のように先行馬が1頭馬券に絡むんだよね。

編 そうですね。特にハンデが軽い馬に限らず残ってますよね。開幕週だけあって。

石 この2頭は澱みないペースで先行させたほうがいいタイプで、タフな中京は合う。雨で渋りそうば馬場も味方につけられるし、好走が期待できるよ。

編 なるほど。

石 あとは タイムトリップ。前にも行けるし、差してもいいところがある馬で、中山で良績を挙げているように、こちらもタフで持続力を要求されるコースが得意。いくら軽ハンデとはいえ、この時期の重賞で3歳馬が勝ち負けするというのはなかなか厳しいけど、さっきのアリンナとともに期待したくなる適性の持ち主だと思う。

編 穴馬としては狙って損のない馬たちですよね。

石 そうだね。

編 じゃあ、続いてラジオNIKKEI杯の方もお願いします。

石 こちらはバルベーラとニシノアップルパイの2頭を挙げておこう。

編 どのあたりを評価したんです?

石 バルベーラのほうは瞬発力はなさそうだけど、2走前、前走と内回りコースで勝っているように、上がりのかかるレースで安定して走っているのがいい。ラジオNIKKEI杯はG1を勝つような馬じゃなくて、G1で切れ負けするような馬のほうが合っているので、まさにバルベーラ向きだよね。

編 これを陣営が聞いちゃうとちょっと微妙な気もしますが(笑)。

石 重賞勝てれば十分でしょう。

編 ニシノアップルパイのほうは?

石 こちらも持続力勝負に強いのがいいんだけど、特に先行できるのは強み。小回りの開幕週だし、早めに後続馬に来られる可能性はあるんだけど、ラクに逃げられればそのままなだれ込めちゃう。人気馬だったら考えるけど、人気もないし、一発を狙ってみるのはありだよね。

編 たしかに。

石 とりあえず現時点ではこんな感じですね。

編 わかりました。では当日にどういう評価になるのかは、勝負予想でお願いします。よし、これでまた高配当が取れる気がしてきました。

石 まあ、楽しみにお待ちください。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

先週は誠に申し訳ありませんでした。
今週の対談は金曜日の午前中に行われることとなりました。
すでにお伝えした通り、CBC賞とラジオNIKKEI賞の2レースについて、石橋氏の注目穴馬をお聞きする予定です。
30日(金)中には更新致しますので、今しばらくお待ち下さい。

編集部からのお詫び

日曜日の午前7時までに更新すると申し上げた宝塚記念、UHB杯の注目穴馬ですが、編集部内の事情によりレース発走までに公開されないという事態が発生してしまいました。
ご期待いただいた読者の皆様には大変なご迷惑をおかけ致しました。本当に申し訳ございませんでした。

この事態を編集部内で検証し、今後は二度とこのようなことがないように務めて参ります。
また、石橋氏にも正式に謝罪し、今回限りということでお許しいただけました。さらに、皆様にご迷惑をおかけしたお詫びとしまして、石橋氏からの提案により来週の公式ブログではラジオNIKKEI賞、CBC賞と2レース分の注目穴馬を配信することに致しました。
石橋氏がUHB賞を的中しているだけに、皆様にも、石橋氏にもご迷惑をおかけすることになってしまい、重ねてお詫び申し上げます。
今後はこういったことがないように、万全のチェック体勢を敷いて参りますので、来週からも当ブログをよろしくお願い致します。

「石橋武 公式ブログ」編集部一同

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログでは、宝塚記念が11頭立てと少頭数で行われることから、石橋氏と協議の結果、宝塚記念の注目穴馬に加え、日曜日の函館11R UHB杯(芝1200m)の注目穴馬についてお話しすることになりました。
石橋氏が得意とする函館芝1200mのレースとなりますので、ぜひご期待下さい。
UHB杯の枠順確定後に対談を行いますので、公開は土曜日の夜から日曜日の早朝にかけてとさせていただきます。
遅くとも日曜日の午前7時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。

編集部からのお知らせ

今週の対談は宝塚記念が少頭数になったこともあり、ただいま石橋氏と話し合いを行っています。
当然、注目度の高いG1戦ですので、まったく取り上げないということはありませんが、妙味を考えると重賞に限らず他のレースについても話していいと石橋さんよりご提案があったところです。
出走馬確定まで時間があること、また勝負予想との兼ね合いで、まだどのレースにするか決められる段階ではございませんので、対談公開のタイミングにつきましては金曜日の夕方までに改めてお知らせいたします。
読者の皆様をお待たせしてしまいますが、どうぞご理解下さいますようお願い致します。


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ただいま、17日土曜日の午前7時半。しかも電話……

石橋 武(以下、石) すみません、すみません。ホント申し訳ない。読者の皆様、ごめんなさい。

編 先週とまったく同じ話してますけど(苦笑)、どうせ今週もそんなに時間が取れないって言うんでしょ?

石 ……すみません。

編 いいんですけどね、当たりさえしてくれれば。

石 でしょ〜?

編 その点、先週はまあまあでしたよね。ここで話したエプソムCのダッシングブレイズが5番人気で1着。マーメイドSのアースライズが6番人気3着。それに勝負予想のほうでも土曜日の東京最終で6万馬券。日曜日もエプソムCで47,120円的中。そのほかにも3連単、3連複の的中は多かったし、及第点としましょう。

石 ありがとうございます! って、偉そうか!

編 (笑)。

石 というか、そろそろ始めますよ。

編 じゃあユニコーンSからお願いします。

石 え、今週も2鞍?

編 時間ないんだから、それくらいサービスしてもらいますよ。

石 わかったよ。じゃあ、ユニコーンSから。このレース、というかこのコースはダートにしては珍しく、緩急のつく競馬になりやすいんだ。

編 よく言っていますよね。向こう正面の直線も長くて、ペースが緩みやすいって。

石 そうそう。最後の直線も長いから末脚を温存して直線勝負という競馬にもなりやすい。もちろん芝ほどじゃないけどね。ということで狙いはウォーターマーズ、ラユロット、トラネコ。人気馬に前で引っ張るタイプの馬が多いから、穴は瞬発力を使えるタイプ。3頭とも近走でメンバー中最速の上がりをマークしているよね。

編 たしかに。

石 脚質的に展開に左右されるけど、穴としては一発の魅力もあるし、面白いと思うよ。

編 じゃあ、続いて函館スプリントS。石橋さん、洋芝の1200m得意ですからね。初っ端からビシッと決めて下さい。あ、今日のHTB杯(函館11R)も勝負予想で配信しているんですか?

石 もちろん。めっちゃ楽しみなレースだよ。

編 じゃあ、その調子で函館スプリントSの穴馬をお願いします。

石 こちらはジューヌエコールとレヴァンテライオンの2頭。2頭ともマイルも使われたけど、そこではうまくスピードを活かすことができなかったね。この距離で何も考えずに飛ばしていっちゃえばいい。どちらも斤量的にもスピードを活かせるしね。

編 たしかに。じゃあ、現時点ではこれらの馬に注目しておきますね。それと、来週こそゆっくりとお話ししてくださいね。

石 そうね。そのためにも今週あたり大きいのを獲っておきたいな。

編 お願いしま〜す!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏の都合により金曜日から土曜日にかけての公開となります。
遅くとも土曜日の午前10時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
お待たせしていしまい、大変申し訳ありません。


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ただいま、10日土曜日の午前7時半。しかも電話……

石橋 武(以下、石) すみません、すみません。ホント申し訳ない。読者の皆様、ごめんなさい。

編 まあ、そこまで謝らなくてもいいですけど(笑)。

石 いや、もう時間がないので、それも含めて謝っちゃおうと。

編 マジか。

石 ごめん! というわけで、駆け足でお伝えしてきます。

編 え〜……

石 その代わり、エプソムCとマーメイドS、どっちも取り上げるから。というわけで、エプソムCね。このレースの注目穴馬はまずはナスノセイカン。3走前の中京のように、差せる馬場なら確実に脚を使ってくる。前走も差してきてはいるんだけど、まだあのときは前残りの馬場。差し切るまではいかなかった。今回はたぶんスローになるけど、先行馬との差がないだけに瞬発力勝負なら同馬に有利だからね。差せる馬場なったのもいいし。

編 なるほど。

石 あとはレッドレイヴンとダッシンブブレイズ。先行タイプが人気になりそうだし、穴馬は差し馬からピックアップかな。馬場を考えても。

編 マーメイドSのほうは?

石 プリメラアスールかな。先行できるのはいいし、斤量51キロも有利。強気の競馬をしてくれればチャンスはひろがるかな。あとはアースライズか。でもこれは人気かな。とりあえず、こちらはこの2頭で。あ、マーメイドSのほうは頭数が少ないので、勝負予想としては配信しない可能性があるので、それはご承知置きください。

編 以上?

石 すみません、以上です。来週はゆっくりお話しします。失礼しました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは、石橋氏の都合により金曜日から土曜日にかけて更新させていただきます。
取り上げるレースはエプソムCとなります。ぜひ、ご期待下さい。
また、スポーツマスターで公開する勝負予想 土曜日版では、ベルモントパーク競馬場で行われるベルモントSの予想も公開致します。


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、ダービーも終わって一段落ということですかね。

石橋 武(以下、石) 全然だよ(笑)。今週末は安田記念があるし、東京もようやく馬場が荒れてくるし、阪神は阪神で(雨が多い)この時期は特殊な馬場になるから、どっちの競馬場も高配当が出やすくなるからね。

編 あ〜、だから毎年この時期の高配当的中が多いのか。再来週からは得意の北海道シリーズも始まるし。

石 ダービーまでの3歳馬のレースももちろん面白かったけど、馬券的にはこれからさらに楽しめるよね。

編 たしかにダービーも堅い決着でした。

石 最後は瞬発力だけの勝負になっちゃったよね。まさかあんなに時計が遅くなるとは。

編 ◎スワーヴリチャード(3人気)は2着、3連複は的中しました。

石 というか、グチになるけど、△クリンチャーなんなの、あれ。あの騎乗されたらさすがにみんな怒るでしょ。

編 まったくハナに行かなかったですからね。

石 意味がわからないよね。それも含めて競馬と言われればそれまでだけど、馬の力を殺すような騎乗をするのは予想できないわ。

編 ですよね〜。一方の勝った△レイデオロは神騎乗で。

石 こちらは褒めるしかない。それに応えた馬もすごいし。ただ、スローからの瞬発力勝負になったという意味では、この結果がそのまま各馬の実力を示すものではない。この先、まあ秋か。秋に出てきたときは、これを鵜呑みにせずに改めて能力を確認しておいたほうがいいね。

編 △アドミラブルも不利な大外枠からよく3着に好走しましたしね。

石 そうね。

編 よく3着にと言えば、石橋さん。目黒記念は素晴らしかったですね。

石 3連複(41,190円)だけだけどな。

編 それにしても、ですよ。本命がなんと単勝13番人気の◎ハッピーモーメント。それが3着に大激走で、高配当ゲットですよ。また、見解もすごくわかりやすかったし。ということで恒例の(笑)、見〜解チェック!

石 古いぞ、それ(笑)。

「ダービーの2400mから半ハロン、たった100m距離が延びるだけだが、ダービーが(特に有力馬は)瞬発力を重視すべきなのに対して、2500mで重視すべきはスタミナ。切れなくていい、エンジンのかかりは遅くていい。そういう馬が好走するのがこのレースだ。狙いは他場で切れ負けしている馬や、ゴール過ぎに伸びてきているような馬。そこで狙いは◎ハッピーモーメント。前走もそうだが、先行しつつ直線で追い出すと速い脚が使えずにあっさり抜かれている。この前も含めチョイ負けというレースが多いのが、この手のタイプの特徴。一方、同馬が好走しているのは京都芝2000mや福島芝2000mといった、流れが緩まない小回りの持続力を要求されるレース。要は上がりのかかるレースだ。前走をひと叩きされた上積みも大きく、ハンデも54キロ。勝ちみの遅さをカバーできる条件が揃い、大駆けが期待できる。」

編 まあ、わかりやすい。たった100mの距離延長がこうも影響するとは。

石 何度か書いたことがあるから、今回は見解に書かなかったんだけど、東京芝2400mは坂上からのスタートなんだけど、これが2500mになると坂の途中からのスタートになるんだよね。要するに2回の坂超えがあるんだよ。そのぶん、スタミナが要求されるんだろうね。

編 で、実際に結果はその通りになると。

石 今回は本命馬が3着だったけど、同じスタンスで狙っていけば普通に高配当は獲れるよ。

編 東京芝2500mは近走で切れ負けしている馬、エンジンのかかりが遅い馬ですね。

石 そういうこと。

編 それに対して、芝1600mは?

石 いきなり安田記念の話に飛んだな(笑)。こっちは基本的には瞬発力勝負になる。速い上がりを使える馬に有利なレースだよね。まあ、ここ2年はスローということもあって、前残りになっちゃったけど。

編 じゃあ、それも踏まえて現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 それを踏まえるとね、人気馬になっちゃうのよ(苦笑)。瞬発力のある馬、近走で速い上がりを使った馬って、基本人気馬だから。

編 たしかに。

石 かといって、堅く収まるレースでもないんだ。一昔前は日本一堅いレースと言われていたけど、近年の結果を見てもかなり荒れてるでしょ?

編 ええ、近10年で言うと3連単が10万以上の配当になったのが7回。むしろ荒れるレースですよね。

石 そう。人気馬も走ってくるんだけど、ちゃんと穴馬も来る。忘れられた適性馬というのかな、そういうのが穴をあけるんだ。ちょっと前で言うとグランプリボスとか。リアルインパクトなんかもそのパターンだよね。

編 両馬とも同じ東京マイルのNHKマイルCを好走しているのか。あ、クラレントもそうだわ。

石 同コースのG1だからね。NHKマイルCに限らなくてもいいんだけど。

編 じゃあ、そのあたりから穴馬を探っていただくと?

石 ディサイファがいい。

編 去年の安田記念は6着でした。

石 去年はさっきも言ったけど前残りの競馬になって、切れ負けしちゃったけど、あのスローはかなり特殊なレースといっていい。あの結果にとらわれすぎない方がいいよ。

編 たしか去年のマイルCSでは本命に推してましたよね。

石 そう。直線で大きな不利を受けちゃって、結果10着だったんだけど、不利がなければ間違いなく馬券に絡んでいた。当時の対談でもグチったかもしれないけど(笑)。もともとは中距離を中心に使われていたけど、マイルのほうが適性は高いと見ているんだ。

編 東京でも毎日王冠とかエプソムCとか好走していますよね。

石 そうね。速い上がりを使えているよね。まさにこういうタイプが、いままで穴をあけてきたんだ。マイル路線に絶対的な存在がいないなか、この馬に順番がまわってくる可能性は十分だよ。

編 なるほど。そのほかではどうです?

石 香港馬2頭。コンテントメントとビューティーオンリー。去年暮れの香港マイルの結果を持ち出すまでもなく、今の日本のマイル路線ははっきり言うと弱いのよ。

編 その香港マイルを勝ったのがビューティーオンリーで、コンテントメントも4着でしたね。

石 そうね。モーリスの活躍もあって盲点になっているけど、この日本馬の弱さは今回はっきりと出ると思う。この2頭は香港でもトップクラスの馬で、香港馬が日本の馬場に適性があるのは、過去の結果を見ても明らか。というのも最近こそヨーロッパからの輸入も増えてきたとはいえ、香港のほとんどの馬はオーストラリア、ニュージーランドからの輸入馬。そういうオセアニアの生産馬って、日本の高速馬場にすごく強いんだ。スピードの持続力があるから。

編 だから走ってくるのか。

石 それに加えて、香港競馬はかなり景気が良くて、優秀な馬をどんどん入れているからね。賞金がいいし、英語が通じるからジョッキーも集まるし、自ずとレベルが高くなるんだ。

編 単純に強いと。

石 特にこの路線はね。それでいながら日本では知名度の問題もあって。全然人気にならないでしょ?

編 ええ、よくわからないというのが大きいんだと思いますけど。

石 強いのに、適性があるのに人気にならないという、馬券的には非常においしい状況なんだよね。買っておいたほうがいい2頭だよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ですね。

石 冒頭でも言ったけど、そろそろ東京も馬場が荒れてくるところで、内有利の状況が崩れてきそうなんだ。ということはつまり、馬券的にも荒れてくる可能性が高くなってくるということ。安田記念も含めて、ご期待いただければと。

編 そうですね。そろそろ10万クラスの馬券が欲しくなってきたところなので、ちょうどいい(笑)。よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR