『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さ〜ん、福島芝1200m……

石橋 武(以下、石) キミが煽るとロクなことがない。

編 人のせいにして……

石 そうだな。外したのは僕の責任だね。申し訳ない。

編 そう、素直に謝られると返す言葉もないんですが(笑)、結局、福島芝1200mは全部で(開催中に)5レース配信して、3連単までパーフェクト的中したのが3レース。単勝的中が4レース。外れが1レース。成績的には上々ですけどね。配当的にも21万馬券とか、5万馬券とか。

石 ただ、注目していただいた先週が単勝だけという。ちょっとチグハグな感じになってしまって。

編 ただ、相変わらずスゲ〜なと思ったのもたくさんあって、福島牝馬SとマイラーズCの3連複的中はどうでもいいんですけど、

石 失礼か(笑)!

編 たしかに(笑)。ただ、それ以上にすごいなと思ったのが外れたレースのなかにあって、それが土曜日の京都12R。3連単268万1,900円もついたレースです。

石 あれ、メッチャついたな〜。

編 あのレースで石橋さんが本命に推していたのが◎メイショウノボサン(5人気2着)で、相手上位に13番人気3着のカメットもマークしていたんですよね。あれ、すごいわと。

石 全然。勝った馬、印打ってないから。

編 たしかに馬券としは、まあ、外れですよ。ただ、メイショウの本命とか、13番人気馬を相手上位にもってくるとか、260万円ですか、そんな配当のつくレースで、それに肉薄するという。あえて言います、肉薄ですよ、あれ。先々週の皐月賞(◎アルアイン、△ペルシアンナイト)もそうでしたけど、100万馬券、近いなと思って。

石 ん〜、先週の京都最終はちょっと違うような……。本命馬が勝っていればまた話は別だけど。

編 石橋さんがどう思おうがどうでもいいんです、そこは。フローラSだってそうですよ。先週ここで話していただきましたけど。

石 そっちも全然来てない(苦笑)。

編 そうそう、馬券的にはドッパズレですわ。でも勝負予想の見解で行っていたことがぴったりだなと。あ、この対談で話した内容とも被りますけどね。

石 ああ、スタミナ必要ということ?

編 そうです。ゆえに、フローレスマジックを△評価に落としましたよね。スタミナの裏づけがないぶん、勝ちきれるかどうかは微妙ということで。

石 実際、そうだったね。最後のひと押しが効かずに3着まで。あ、ちなみに言っておくと、オークスはフローラSからさらに400m距離が伸びるけど、むしろオークスのほうがマイラー的な資質を要求されることが多いんだ。だから単純に距離が伸びるからもっとスタミナの要素が〜と考えないほうがいいよ。まあ、そのあたりはオークスのときに改めてお伝えしますけど。

編 で、実際に勝ったのがここで仰っていたように1800m以上の勝ち鞍もあったモズカッチャン(12人気)。2着が△ヤマカツグレース(10人気)。

石 そうなんだよ。狙ってたスタミナタイプの馬じゃないほうが来ちゃったという。いちばんカッコ悪いパターン。言っていることは合っているのに、馬券が外れているという。

編 でも言っていることが合っているのがすごく大切で、たしかに今回はダメでも、論理的に合っている馬が来ているということは次に繋がるということですから。まぐれで当たるより全然いいですよ。先々を見据えれば。

石 まあ、そうだけどね。

編 それと圧倒的な1番人気に支持されていたホウオウパリュームの評価を下げていましたよね。

石 △は打ったけどね。

編 下位のほうで。で、見解にもしっかり書かれていて、「(圧勝は)中山でのパフォーマンスだけに、素直に信用するのは危険。差し届かない可能性は高い」的なことを書かれていました。

石 そう。中山の内回りの流れ、締まった流れだからこそ脚が使える馬というのは多いからね。ホウオウもこの先どうなるかはさておき、少なくとも寒竹賞は中山だからこそ、上がりがかかるからこそのパフォーマンスだったから。

編 で、実際に早い脚も使えず、8着に沈むと。このあたりのセンスが石橋さんなんですよね〜。と、会員の方が何人も言っていました(笑)。

石 キミじゃないんか(笑)。でもまあ、(僕が)見ているところをちゃんと見てくれている人がいるというのは、すごく励みになりますよ。ありがとうございます。ただ、外したレースで褒められても……というのもありますし、心苦しいので、また今週しっかりと取り返します。

編 はい、よろしくお願いします。というわけで、今週は皆さんお待ちかねの天皇賞(春)! 150万馬券の再来だ〜!

石 と、わざとらしくテンションを上げてもらっていますけど、天皇賞(春)についての見解はスポーツマスターさんの編集部通信で公開しておりまして。

編 はい、わたくしもしゃべっております(笑)。ただ、向こうで公開とはいえ、どなたも無料でご覧いただけますので、ぜひ注目しておいてください。で、こちらでは青葉賞の注目穴馬について教えていただこうかと。

石 そうね。現時点では2頭。まずはタガノアシュラ。

編 若葉Sは7着に負けてしまいましたけど。

石 前走はスタートから先行争いをしてしまって、ペースが速くなってしまったというのもあるけど、それ以上に完全に勝ち馬にマークされる厳しい展開になってしまって。

編 たしかに番手を進んだ勝ち馬にベストの競馬でしたよね。ただ、それ以前も重賞では凡走が多いのが気になります。能力的に足りるのかという点も含めて。

石 たしかにね。ただ札幌2歳Sは逃げて新馬を勝ったのにも関わらず、出遅れて全く逆の差し競馬になってしまって、朝日杯FSも逃げられず。きさらぎ賞はあの道悪がすべてでしょう。たしかに能力的にどうかというのはやってみないとわからない部分はあるんだけど、ただ、自分の競馬ができた2走前のすみれSでは皐月賞で強い競馬を見せたクリンチャーの2着に善戦。

編 自分の競馬に持ち込めればやれると。

石 その通り。しかも先週開幕したばかりの東京芝コースは、完全に内有利、先行有利。逃げるタガノアシュラにベストの馬場だよね。なんというか、小器用なタイプが好走できるというか、内をロスなく回ってくる馬に利がある馬場だから。

編 なるほど。

石 無理に競りかけてくるような馬も見当たらないし、馬場を味方に好走が期待できるよ。

編 あと1頭は?

石 ポポカテペトル。この馬は折り合いの心配がなくて、好位から流れに乗れる器用なタイプだよね。

編 そうですね。さっき石橋さんが言った器用に走れるタイプですよね。あとは重賞になっての力関係ですが。京成杯は10着でしたし。

石 いやいや、あの京成杯は直線の不利がすべてでしょう。外から玉突きにあって、挟まれちゃってるから。全然追えなかった。あれはノーカウント。むしろ2000mの重賞で前につけて流れに乗れていたし、出直した前走はあっさり勝利。

編 たしかに。ただ、今思ったんですけど、この馬人気になりませんかね。

石 ならないという体で話してます(笑)。だって、このメンバーで勝ち負けできる穴馬ってそうはいないよ(笑)?

編 まあ、そうか(笑)。了解です。じゃあ現時点ではこの2頭に注目ということで。東京は馬場の攻略がポイントになりそうですね。

石 そうだね。まだしばらくは前残りの感じだけど、注視しておかないとね。

編 あと今週末は香港もあるのか。

石 ああ、そうだね。クイーンエリザベス2世カップ。勝負予想はちゃんと配信するけど、少頭数なんだよね。

編 ええ、現時点で8頭立てだったかな。ま、勝負は天皇賞(春)を含む、日本のレースなので、まずはそちらに注力しましょうか。

石 もちろん。ぜひ、ご期待ください!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、皐月賞惜しかったですね〜。もうちょいで100万馬券。◎アルアイン(9人気)は完璧だったので、惜しいというか、すげー!なんですけど。

石橋 武(以下、石) 惜しくはないよね。3着のダンビュライトは印を回せなかったからね。

編 でも、◎アルアイン、2着のペルシアンナイト(4人気)で結果が出ているだけに、皆さん、改めて100万馬券はすごく身近にあるって感じてくれたみたいですよ。お礼のメールもかなり多かったし。

石 昔と違って3連単があるとね、100万馬券は簡単とは言わないけど、無理だろって諦めるようなものでもないんだよね。年に2、3回は狙って獲れるチャンスはあるよね。じゃあ、獲れよという話だけど(苦笑)。

編 石橋さんの予想をご覧になっている方は、すぐ獲れるだろうと思ってますよ。実際、30万、40万の馬券は何度も獲ってもらっていますし。でも、それにしても驚いたのが本命の◎アルアインですよ。マイルを中心に走ってきた馬だったし。

石 そこは先週の対談で話した通りだよね。って、話したよね? 皐月賞はマイルくらいを走れるスピードが必要というのは。

編 ええ。まさに仰る通りで。

石 恥ずかしかったのがアレね、人気馬で触れたファンディーナとカデナ。まさか両方とも沈むとは。

編 勝負予想では人気馬の本命に◎ファンディーナを推していましたからね。△カデナは評価を落としていましたけど。

石 ◎ファンディーナね〜、パドックでもうるさかったし、レースでも行きたがってたから。そのあたりが影響したのかな〜。繊細な牝馬らしいところが出ちゃった感があるね。△カデナに関しては、高速馬場になると予想したので、そういう馬場ではツライだろうなと。今までのレースぶりからも。

編 でもまあ、それはさておき、なんと言っても◎アルアインですよ。単勝9番人気ですよ。単勝2,240円ですよ。勝負予想の見解通りの走りで、それもあいかわらずスゲーなと思ってるんですけど。

石 まあ、そのための見解だから。

編 というわけで、レース当日の見解をどうぞ。

石 おい、勝手に……

「中山10R春雷Sの見解にも書いたが、中山芝コースは速い時計の出やすい先行有利の馬場となる。開幕当初はクッション性を持たせたことで外差しが決まる馬場だったが、先週の雨もあってかなり馬場が固まってきた。それゆえに、近年の皐月賞はマイル戦にも対応できるスピードと持続力が求められる。そこで狙いは◎アルアイン。同馬は力の要る阪神マイルをラクに勝っており、前走では毎日杯を2番手からレースを進め、鋭い脚を使う後続馬を封じ込めた。前走は少頭数とはいえ、決してラクなペースではなく、その流れでスッと加速できる資質は皐月賞を攻略するうえで非常に重要だ。しかも前走は調教も緩く、そのぶん今回は上積みがかなり大きい。実際、前走の調教と比較すると別馬のように動いている。内にいる◎ファンディーナに先んじて仕掛ける形になるだろうが、多少なりとも◎ファンディーナがもたつくところがあれば、同馬が先行から押し切る公算は高い。2000mは初となるが、先に触れたようにマイラー的資質が求められる皐月賞なら問題なし(おそらく将来的には1600〜1800mで活躍するだろう)。一発ならこの馬だ。」

編 もう、お見事としか言いようがない。馬場の読みから、求められる適性、すべて読み当てているという。

石 勝ってくれたからなんとでも言えるけど、ここまで書いて凡走された日にゃ(笑)。

編 いや、こういうふうにしっかり見れているからこそ、ちゃんと好走するわけで。とにかく素晴らしかった。よくやった。

石 いきなり上から目線になったな(笑)。

編 あまり褒めすぎてもと思って。でもまだ褒めなきゃいけないことがあるんですよね。

石 いいよ、嫌ならやめてくれよ。

編 先々週、喜多方特別で21万馬券を的中したとお伝えしましたが、その福島芝1200mがえらいことになってまして。

石 ああ、外してないからね。

編 そう、あっさり言っちゃうかね(笑)。完全に狙ってますよね、福島芝1200m。

石 狙ってるね、完全に。じゃなきゃ、あんな地味なところ、あ、失礼!(笑)、ああいう目立たないレースを週に2鞍も出さない(笑)。

編 やっぱり。先週は土曜日の雪うさぎ賞で、◎レジーナフォルテ(4人気)からの勝負で3連単28,540円を的中。これは本命馬2頭のワンツー決着でしたよね。で、日曜日が医王寺特別で◎クリーンファンキー(4人気)からの勝負で3連単58,230円を的中。あ、これも本命馬2頭のワンツーだ。あ、今気づいた。

石 だから狙ってって言ってるでしょ。

編 狙っ宝と言って漏れるもんじゃないでしょ、普通。いや、すげ〜な、これは。福島は今週で終わりか〜。今週も福島芝1200mのレース、配信します?

石 もちろん。頭数が揃うようなら積極的に出していきますよ。

編 こうなったら的中率100%、続けていきましょうね。

石 かつ高配当ね。狙っていきますよ。

編 そのほかにも土曜日の鹿島特別とか、日曜日の阪神最終とか、先週はまあよく当ててくれました(笑)。今週もこの調子でお願いします。

石 は〜い。で、今週の話に移りましょうかね。

編 頭数的にはフローラSの話でいいですか?

石 いいよ。ただ、抽選対象となっている馬が多いので、挙げた馬が除外されていたらごめんなさいということで。

編 まあ、仕方ないですよね。マイラーズCのほうは頭数が少なそうだし。では、フローラSの注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはザクイーン。

編 また、思いっきり人気のないところから挙げてきますね(笑)。石橋さんらしいわ。でもザクイーンのどのあたりを評価したんですか?

石 スタミナがありそうな前走の勝ちっぷり。デビュー戦からの3戦には全く見るべきところはなかったんだけど、休み明けをひと叩きされた前走が良かったなと。

編 スタミナがフローラSのポイントになるんですか?

石 そうだね。今は距離体系がしっかり整ってきたから、ある程度中距離を走っている馬はいるんだけど、それでもこの時期の3歳牝馬にとって、2000mの重賞はやっぱりタフなんだよね。ここ5年を見ても、5番人気以下で馬券に絡んでいる馬は1800m以上での勝ち鞍があるから。

編 なるほどね〜。

石 その前走なんだけど、掲示板に載った5頭のうち、3頭が4コーナーでふたケタ番手にいた馬なんだ。それをザクイーンは好位から進めて楽勝だった。あそこからメンバー中上位の上がりを繰り出すのはスタミナの裏づけがないとできないから。未勝利戦とはいえ時計的にも悪くないし、評価できるよ。

編 フローラSは差して勝ってきた馬が多いというのもいいですよね、展開的に。

石 そうだね。まあ枠順とかもあるから、現時点では展開に触れないでおくけど、好位から流れに乗った前走を見ていると、器用さもあるから。そういう強みはあるね。距離が延びて良さそうだし、うん、面白いと思うよ。

編 続いてチェックするのは?

石 レッドミラベルかな。

編 こちらも前走の未勝利戦を勝ち上がってきたばかりの馬ですね。

石 そうね。この馬の場合いは新馬戦で東京芝2000mを経験している強みもある。

編 そして前走が中山芝1800m勝ちと。

石 その前走がなかなかの競馬で、こちらは2〜4着に先行した馬がそのまま残るという流れだったんだよね。それをレッドミラベルは後方から徐々にポジションを挙げていく競馬で、道中からかなり脚を使っているんだよね。スローの未勝利とはいえ、全然ラクな競馬ではなかった。

編 そんな脚を使えるだけのスタミナがあると。

石 そうだね。スパッと切れるタイプではないから、ペースが速くなって持続力が活かせる流れのほうが合っているし、注目の一頭だと思うね。

編 あとはどの馬に注目しておきましょう?

石 ブラックスビーチだね。これも未勝利勝ちだけど、前走はハイペースを前で受けてあっさり抜け出した。2000mでも連対実績があるし、これも注目。現時点ではこの3頭かな。あとはなんとか抽選をクリアしてくれればというところかな。

編 ですね。ではあんまりグダグダと続けて先週の勢いを削いでもあれですからね。サクッと終わりにしましょうか。

石 飲みにいく予定があるだけだろ(笑)。

編 まあ、この週末に勝たせてもらいましたから(笑)。では石橋さん、週末の勝負予想、よろしくお願いします! 福島芝1200m、期待していますからね!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、相変わらずシレっとデカイのを当ててきますね。

石橋 武(以下、石) 別にシレっとしているつもりもないんだけど……。

編 シレッとでしょう、G1開催日のウラ、福島の最終レースで21万馬券当てるとか。

石 それ、完全にディスってるだろ(笑)。

編 ディスってないです。ただ、正直あんなよくわからないメンバーのレースをよく選ぶなというのと、見解で書いた通りの内容でよく当てるよなというのと、どうせならもっと目立つレースで当てればいいのになというのと、これがいちばん大きいんですけど、桜花賞であれだけ自信たっぷりに書かれたら福島の最終を買うお金残ってないっす!ということです。

石 そうだよね〜。

編 あ、でも桜花賞は本当に納得して買えたので全然いいですし、たぶん僕以外の皆さんは福島最終で十分すぎるくらい取り戻しているから問題ですらないと思うんですけど、……くっそ〜、買っときゃ良かった〜!とあれから4回くらい叫びました。

石 買っといたほうがいいよね〜。でもその前のレースで余裕を出せていれば問題なく買えたわけだからね〜。責任は感じてます。

編 いいんです、当たったのに反省してもらっちゃ困ります。

石 あ、そう? じゃあ、遠慮なく。なんで買ってないの?

編 ……それはそれでムカつきます(笑)。とまあ、冗談はさておき、桜花賞はマジであそこまで見解で詳しく解説してもらって、完全に納得しましたからね。実際、その通りになっている部分は多いし、落鉄だなんだとツイてなかった部分もありますしね。納得の外れです。むしろ納得いかないのが、福島最終の喜多方特別で。

石 納得いかないのかい!

編 いや、納得いかないというか、なんで??というか。だって、福島は開幕週だったじゃないですか。で、石橋さんが本命に選んだのはしばらくダートを走っていた◎キッズライトオン(7人気)ですよね。しかも大外枠ですよね。もっと言うと追い込み馬ですよね。

石 そう。で、ちゃんと1着。なんの不思議もありませんが?

編 いやいや、小回り福島の開幕週ですよ。定石通りなら、内枠の先行馬が有利ですよね。

石 ああ、そういうことか。それなら簡単で、まずは雨予報だったこと。そしてテンに速い馬がいなくて、ペースが落ち着きそうだったこと。この馬に獲ってはハイペースで前と引き離されるほうがツライからね。

編 そうなんですよ。実際それも見解に書いてあるんですよ。なのに……

石 なにが問題なの。なのに、なに?

編 なんでオレは買わなかったんだ〜! いつも通り買ってれば30万円コースだったのに〜!ということです。

石 はいはい、自分に納得がいかなかったのね。ただ、冗談抜きでさっきも言ったけど、買うまでの余裕を持たせられなかったのは申し訳ないなと。土曜日も……あ〜、思い出してしまった! 世紀の大失態。

編 どうしたんですか、今度は石橋さんがいきなり。

石 あれです、土曜日のニュージーランドTです。

編 ああ、あの失態(笑)。笑いごとじゃないですけど。穴馬の本命は◎メイソンジュニア(8人気2着)ということで、まあ、しっかり見ているなというところですよね。

石 お恥ずかしいのが、芝1400m好走組が狙い、特にファルコンSに出走していた馬は買いと見解でのたまっておきながら、なんで勝ったジョーストリクトリ(12人気)を買っていないんだという。

編 ホントですよね〜。しかもファルコンSのときは穴馬の本命にしていましたよね。ニュージーランドTは49万馬券でしたよね。

石 あれは情けないやら申し訳ないやらで……

編 同じ中山芝1600m、日曜日の隅田川特別の見解にも書いていたくらいですからね。相当堪えたんでしょうけど、でもその隅田川特別では◎ニシノカブケ(7人気3着)から3連複5,470円が的中。理論というか、狙いは間違いなく正しかったと証明されたわけですから。49万円には全然届きませんでしたけど(笑)。

石 グサっ!

編 リアクションが昭和ですね。

石 うるさい!

編 それでもさっきの21万馬券もそうだし、そのほかかなりのレースで本命馬が馬券に絡んでいましたし、惜しいのも◎クロコスミア(阪神牝馬S7人気4着)とか、◎タガノゴールド(梅田S10人気4着)とかね。梅田Sは人気馬の本命が走って馬券的には当たりですし、ますます今週が楽しみになりましたよ。

石 皐月賞でリベンジ!

編 リベンジって、21万馬券当ててる人のセリフじゃないですから(笑)。

石 とにかくリベンジなんだよ、僕的には。

編 まあ、石橋さんがいいならそれでいいですけど。それに石橋さんが大きい馬券を当てるときは、固め打ちしてきますからね。先週の21万馬券、今週の30万馬券とか普通にありそうだし、またしばらく目が離せませんね。そういう意味でも思う存分リベンジしちゃってください。

石 というわけで、皐月賞。

編 はい、皐月賞です。荒れると言っている人が多いですけど、石橋さんはどう見てます? 前に伺ったときは荒れるんじゃない?ということでしたけど。

石 あくまでオッズの出ていない現時点での、という話になるけど、たぶん荒れても10万馬券に届くかどうかというレベルだと思うね。

編 あ、前とちょっと変わりましたね。

石 ファンディーナがこっちに回ってきたからね。

編 あ、そういうことか。

石 新聞の見出しとか、メディアの煽り方にもよるんだけど、タブンファンディーナは1番人気か2番人気だと思うんだ。今年の牝馬はやたらとレベルが高いし、今年の牡馬はやたらとレベルが低いので、ファンディーナが勝っても不思議じゃない。というかいままで示してきた能力だけでいえばファンディーナが勝つなと。ただ、この時期の牝馬だし、調教とかあとは枠順に左右されるところも多い。

編 でも有力候補には変わりないと。

石 そう。あとカデナも有力で、この2頭が馬券に絡んだ場合はもう1頭が人気薄でも配当はそこそこだよね。もちろん着順によるけど。

編 ええ。ということは、石橋さんは今の2頭が人気馬の本命候補ということですか。

石 現時点では。あとはさっきも言ったように、調教とか枠順とか、あとは馬場とかね。って、なぜか人気馬のことを話し始めてたわ(笑)。止めてよ。

編 いや、ありがたいので止める気は一切なかったですけど(笑)。で、穴馬のほうはどうなんです? どの馬に注目すればいいですか?

石 まずはサトノアレスかな。

編 朝日杯FSの勝ち馬ですね。当時は6番人気でしたけど、人気馬の本命に推して22万馬券をゲットしましたよね。

石 そうね。もはや懐かしい(笑)。ただ、だから推すというわけではないよ、もちろん。

編 朝日杯FSのときは、この馬の瞬発力、瞬時に加速できる資質を買っていましたよね。

石 よく覚えてるね。感心、感心。今回もそこがポイント。中山芝2000m、とくに皐月賞は2度の坂越えがあって、この時期の3歳馬にとってはすごくタフなコースなんだよね。だから前半はスローになりやすくて、後半、ラスト4ハロンくらいから一気にペースアップ。そのままゴールへという競馬になりやすい。

編 ということは瞬発力じゃなくて持続力が求められるのでは? いつもの石橋さんの理論だと。

石 鋭い。その通りなんだよね。ただ、朝日杯FSでは逃げたボンセルヴィーソのペースで中盤が緩まない流れ、要は皐月賞の後半と同じような流れになったんだけど、サトノアレスはそれを差し切っている。

編 そういうペースに強い差し馬だと。

石 そうだね。今回は中山に替わって直線は短くなるけど、マイルに対応できる同馬なら中団くらいからの競馬も可能だし、速い逃げ馬がいないぶん、その位置でも十分脚は溜められるはず。距離延長で人気を落とすだろうけど、掛かる馬でもないし、前走の走りを見る限り2000mはまったく苦にならないと思うしね。

編 となると、G1勝ちの能力の高さもあるわけで、たしかに注目の一頭ですね。

石 続いてはウインブライト。この中山巧者ぶりはいいよね。

編 中山では3戦して2勝。連対を外してないですからね。

石 上がりのかかる競馬が合っているよね。前走もスプリングSもスタートはよくなかったけど、後方で脚を溜めつつ、最後は長い脚を使ってメンバー中最速上がり。

編 中山では毎レース速い上がりを出せますよね。

石 そうだね。さっき言ったような持続力を求められるレースが多いからね。先週の雨で馬場の内側は荒れているし、外差し馬場ならさらにチャンスは広がるよね。

編 なるほど。

石 あとはアルアイン。

編 前走で毎日杯を勝って、参戦してきます。あれ、気づいてみたら3頭とも今回が初の2000mですよね。

石 そうね。特に皐月賞で差してくる馬は将来的にマイルとか1800mくらいで活躍する馬が多いんだよ。そういうスピードが求められるんだよね。

編 アルアインは前走で先行していますけど……

石 あの少頭数だし、人気だったサトノアーサーとの差し比べよりも、前に行ったほうがという判断だったんだろうね。

編 たしかにそれ以前は中団からの競馬が多いですからね。

石 そうね。むしろその前走で、得意の差し脚ではなく先行して粘り切ったというのは能力の高さの表れでもある。力のいる馬場も問題ないし、かなり期待のできる馬だと思うよ。

編 わかりました。では人気の2頭も含め、週末の勝負予想を楽しみにしていますね。

石 枠順が出ていればもうちょっとはっきりした物言いもできるんだけど、まあ、そこは週末の見解でカバーしますね。

編 はい、よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は今年からG1となった大阪杯が行われましたけど、まさかの本命◎ステファノス(7人気2着)で。

石橋 武(以下、石) ここでも話していたし、別にまさかというほど人気薄でもなかったでしょ。

編 僕としてはまさか本命とは思ってませんでしたけどね。でも結果2着に好走して3連複が的中と。

石 さすが△キタサンブラックは渋太かったなと。なんかその◎も含めて先週はちょっともどかしいというか、走っているけど金にならないという本命が多かったなと反省中です。

編 たしかに本命が2、3着というレースが多かったですね。でもそんななか土曜日の重賞ダービー卿CTでは◎ロジチャリス(5人気)からの買い目で、3連単15,660円(3連複2,100円)他を完璧に的中。あいかわらずこういう単勝を獲ってくるなと。

石 思ったよりつかなかったんだよね。みんな馬券が上手いわ(苦笑)。

編 ホントに。

石 頼りにされなくなる前に大きいのを獲っておかないと。

編 お願いします。ただ桜花賞はソウルスターリングが断然の人気になりそうで……

石 こういうのがコケるとあっという間に超高配当が出たりするんだけどね。

編 ですよね。で、実際のところどうですか?

石 ソウルスターリング? そりゃ、強いでしょ。実績通りだよ。

編 付け入る隙はあるんでしょうか。

石 競馬だからなにが起こるかわからないという意味で付け入る隙はあるとも言えるし、4戦の内容とか、枠順も悪くないし(7枠14番)、そこらへんからは付け入る隙はないとも言えるし。雨がどうかなというのはあるけど。

編 道悪、どうですかね。

石 プラスにはならないでしょ。早い時計が出ないぶん、他馬との差がつきづらくなるわけで。

編 そうですよね。じゃあそのあたりも踏まえて石橋さんの注目穴馬を教えていただけますか?

石 雨を踏まえてというところではライジングリーズン。

編 フェアリーS、アネモネSと中山マイルで連勝してきましたね。

石 ともに外枠からの競馬で差しきり勝ち。前走はまくるように上がってきてだから、メンバーは弱かったけど着差以上の強い勝ち方だったと思う。素直に評価していいよね。

編 中山マイルでしか勝っていないんですけど、そこは気になりませんか?

石 まあ、やってみないとわからない部分は当然あるからね。それに輸送だって初めてになるし。そういう意味ではリスクはある馬だけど、穴を狙いにいくんだからそれくらいは織り込んでおかないとね。

編 たしかにそうですね。で、さっき雨を踏まえるととおっしゃいましたけど。

石 そうそう。道悪の馬場を経験したことはないんだけど、パワフルな馬場は中山で完璧にこなしている。

編 ああ、阪神は雨が降ると相当なパワーが要求されますからね。

石 そうね。冬の力のいる中山であれだけ走れれば全く問題なし、デビュー戦も稍重だけれども一切苦にしなかったからね。

編 たしかに。

石 今回はソウルスターリングという圧倒的な馬が前にいて、それを他馬が追いかけにいく展開。こういう時は得てしてペースが速くなるものだし、ましてや道悪になって他馬にもチャンスが出てきたら早め早めの仕掛けになりがち(石橋氏より下記を追記してほしいと連絡がありました。たしかに速くなることが多いが、ジョッキー心理として反対に超スローになるケースもある。その場合は、むしろライジングリーズンにとっては先行馬との差が少ないわけで、有利に働くと見ている。単純にハイペース=差し馬台頭、スローペース=先行有利というわけではない。ハイペースで逃げたい馬、スローの差し馬もいるわけで、あくまで出走メンバーや馬の特質による)。前を見ながら進められるのも同馬にとってはプラス材料だよ。

編 展開的にも強調材料があるんですね。

石 そうね。アエロリットを物差しにしてもかなり強かったクイーンC組の上位組とも互角以上に戦えるだろうし、大きく期待している一頭だよ。

編 なるほど。

石 あとはそのアエロリット。勝ち切れない競馬が続いているけど、内容はかなり優秀なんだ。

編 重賞のフェアリーS、クイーンCで連続2着ですよね。

石 そう。フェアリーSは差し馬が上位を占める厳しい流れになったんだけど、それを2番手からあわや押し切る勢いだったし、クイーンCはレース当時も言ったけど、4着まではかなり強い、レベルの高い競馬。それを道中で強気にポジションを上げていって、2着でしょ?

編 ええ。石橋さんの人気馬の本命だったので、よく覚えています。あとほんのちょっとのところだったんですけどね。

石 そうね(苦笑)。しかも出遅れての競馬だけにね。ただ、前に行ってそれだけ強い競馬ができるというのは大きな強みだよね。先行抜け出しから、人気馬にひと泡吹かせる可能性はあるよね。

編 なにか起こるとしたら前にいる馬ですもんね。

石 その通り。

編 あと一頭挙げていただくと?

石 カワキタエンカ。もう、無事に抽選を突破してくれてホッとしたわ。

編 あ、今週の対談は石橋さんの強い要望により、枠順確定後の木曜日に行われています。

石 それソウルスターリングの枠順でみんなわかってると思うぞ(笑)。

編 やべ、言うの忘れたと思って(笑)。枠順確定後にしたのはこのカワキタエンカのためですか?

石 そうなんだよ。道悪に実績があるのもいいし、千両賞、チューリップ賞をレベルの高いメンバー相手に強い競馬をしているんだよね。

編 ほう。

石 千両賞は先行してメンバー中3位の上がりをマーク。先着を許したのはこの前の毎日杯を勝ったアルアインと道悪の鬼キョウヘイ。チューリップ賞にしても瞬発力勝負になったなか、先行してよく粘ったよ。一発の魅力はあるよね。

編 なるほど。仮にソウルスターリングが勝ったとしてもヒモ荒れで高配当が期待できるかもしれないんですね。

石 それもそうだし、実際ソウルスターリングが勝つかどうかというところもあるからね。さっきも言ったように雨とかあるし。これで3戦連続で関西への輸送になるわけで、そのあたりも気になるっちゃ気になる。

編 そうか〜。じゃあ、そこは週末の勝負予想でビシッと語っていただきましょうか。

石 はい。そういうことでよろしくお願いします。

編 了解です。では石橋さん、ありがとうございました。今週末もよろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR