Sportmaster編集部・本田(以下、本田) 石橋さん、先週のマイルCS、もうどうなんでしょう!

石橋 武(以下、石) あれはちょっと、ねぇ……。真剣に予想して馬券を買っているファンからすればどうしてもやるせなさは残るよね。後味はよくないよね、正直。

編 特に石橋さんは穴馬の本命◎ディサイファ(10人気)、人気馬の本命◎サトノアラジン(1人気)でしたから、両馬ともに思いっきり不利を受けて……。

石 まあ、それも含めて“競馬”なので、いまさらどうこう言っても仕方ないけど、◎ディサイファのマイル適性と好走がわかっていただけに、悔しさはもちろんありますよ。悔しいのは僕の予想を見てくださっている皆様も一緒だと思いますけど。

編 正直、不利を受ける直前の脚色、そして残りの距離を考えると、◎ディサイファが勝っていたと思うんですよね。それだけに……

石 勝っていたかどうかはわからないけど、スムーズに走っても何かが起こっていたかもしれないし。ただ、まあ、ね。ま、切り替えていきましょう。ここでグダグダ言ってもお金が返ってくるわけじゃなし。前を向いて建設的にいこうよ。

編 まあ、そうですけどね。……よし、切り替えた! じゃあ建設的に今週のジャパンCで取り返してもらいましょう。倍返しだ!

石 古っ! ま、でもその意気でがんばっていきましょ。

編 ジャパンC、外国馬の出走が3頭と、国際レースとしてはちょっと寂しいかなという感じですけど。

石 まあ、今の日本馬とわざわざ日本馬のホームで戦いたいという馬はそんなにいないだろうから。実際、ここ何年も外国馬は馬券に絡んでいないし。ただ、それだけになんか雰囲気的に、“忘れた頃の外国馬”という感じがしないでもないんだけど。まあ、そのあたりは雰囲気だけじゃなくて、ちゃんと精査したうえで週末の勝負予想に反映させますよ。油断せずにチェックして。

編 そうですね。そこは石橋さんにお任せしたほうがよさそうです。じゃあ、枠順も発表されたことですし、どういう馬に注目しましょうか。

石 枠順な〜(笑)。まあ、見事にキタサンブラックが最内枠を引いて、キタサンを見ながらレースを進めたいゴールドアクターが2枠3番。この人気2頭にとっては競馬がしやすい枠を引いたよね。

編 ということは、一騎打ちも?

石 そりゃ、そうなる可能性もあるけど、あとひとつ大きなポイントとなるのが天気だよね。

編 関東地方は木曜日に雪が降りましたよね。その影響もあると。

石 それもそうだけど、日曜日にまた雨の予報が出ているでしょ。

編 あ、そうなんだ。

石 僕が見たのは曇り時々雨、降水確率80%というやっかいな予報なんだけど(笑)、東京競馬場はかなり水はけが良くて、しかも雨が止むと馬場の内から乾いていくんだよね。だから雨がやんでしばらくすると、かなり内有利の傾向になる。

編 ということは、日曜日もジャパンC前に雨がやんだらさっきの2頭にとって有利な馬場になると。

石 そうだね。まあ、気温が低いから一気に乾くということはないけど、それでもその可能性は考えておく必要はあるよね。

編 そうか〜。

石 ただひとつ言えるのは、どういう馬場であれ、キタサンを楽に先行させたらやられるというのはゴールドアクターにしても、どの陣営もわかっていること。(着拾いではなく)勝ちを狙っている馬は、早めにキタサンをつつきにいかなければならないよね。自分の馬がキツくなるか、キタサンをかわせるかというギリギリのところの勝負になるなと。

編 ということは、先行馬にとってはかなりタフな競馬になりそうですね。

石 そうだね。とかこんなことを言ってると、スローになったりするんだけど(苦笑)。

編 お〜い(笑)。

石 ただ、ジャパンCは賞金的(3億円)にもかなり魅力的だし、キタサン自身、スローに落として瞬発力勝負になると厳しい馬でもあるからね。少なくともレース後半は厳しい流れになるだろうね。

編 じゃあ、そのあたりを踏まえると、注目すべき穴馬は?

石 やはり「単勝二頭流」のセオリーからすれば、人気馬と真逆の脚質を狙うべきで、差し、追い込み馬に注目しておきたいなと。ということで、まずはトーセンバジル。

編 お〜、いいですね、人気薄。前走は今回と同じ東京芝2400mのオクトーバーSでメンバー中最速の上がりで差し切っていますね。

石 そうね。ただ評価したのは前走じゃない。たしかに同コース勝ちだけど、レースレベルとしては疑問符がつくからね。まあ、あのスローの流れをよく出遅れながら追い込んだとも言えるけど。

編 たしかにものすごいスローでしたよね。

石 東京芝2400mって、とくに下級条件ではああいうスローからの瞬発力勝負になりやすいだよね。あとはまだ力の突き切っていない3歳戦とか。ダービーもスローからのヨーイドン!ということがあるよね。後にマイルで活躍するような馬が好走したりとか。

編 ああ、そうですよね。

石 ただ、ジャパンCは古馬のトップホースが集まるレースらしいというか、あまりペースが緩まないことが多い。トーセンバジルはむしろ上がりのかかるレースでメンバー中上位の上がりを使っていることが多くて、その資質は合っている。

編 なるほど。あとは昇級していきなりG1というのがどう出るかですけど。

石 たしかにラクな競馬じゃないだろうけど、前で競り合ってという競馬じゃなくて、末脚にかける競馬だけに一発の可能性は十分。それに能力的にももともと買っていた馬だしね。

編 たしかに石橋さん、弥生賞でも本命に推していましたよね。

石 あのときは外々を回らされたこともあって馬券には絡めなかったけど、今回は気楽な立場での一発勝負。前がやりあってタフな流れになってくれば面白い一頭だと思うね。

編 なるほど。

石 続いてはビッシュもチェックしておこう。

編 前走の秋華賞は1番人気に支持されながら10着に大敗。戦前、石橋さんも言っていたように内回り、軽い京都の馬場が合わなかったということですかね。

石 そうだね。勝負予想の見解にも書いたように、やっぱり京都の軽い馬場はマイナスだったと思う。今回は東京で、こちらも中山のようなパワフルな馬場とは言えないけど、雨の影響、そしてタフな流れというのはこの馬にとっては走りやすい条件。

編 末脚を活かせる流れもプラスと。

石 そうだね。あとは斤量。3歳牝馬の53キロはやはり注意が必要だよ。前走からの伸びしろ(距離、コース、馬場)、斤量、脚質と前走からすべてが大幅に有利になるだけに、好走が期待できるよ。

編 あと一頭挙げるとしたら。

石 サウンズオブアースかな。この馬は差しというより、ゴールドアクターの後ろにいて前の人気2頭を見ながら進める立場だけど。

編 去年はこのレースで5番人気5着。この馬らしい勝ち切れなさというか、惜しい競馬が続いているですけどね。

石 最後の切れがないのがこの勝ちみの遅さに繋がっているんだろうね。瞬発力がないから早めに仕掛けていかざるをえなくて。それでも去年は4コーナーでふたケタ着順の馬が上位を占めるなか、3コーナーからポジションを押し上げていく競馬でよく5着に残った。やはり能力は高いよ。

編 道中、不利もありましたしね。

石 今回は強力な先行勢がいるだけに、瞬発力勝負はまず考えづらい。この馬の早めに前にとりつく粘り強い競馬がぴたっとはまる展開が期待できるからね。ちょっと外めの枠だけど、内には控える馬が多いからさほどコース取りには苦労しないと思う。人気を落としてくるだろうけど、まだ見限るのは早計だよ。

編 色々とお話いただいたおかげで、だいぶレースが見えてきました。あとは週末の勝負予想ですね。楽しみに待ってますね。

石 はいよ。期待してお待ち下さい。やっぱり先週の結果は悔しいので、なんとか取り返してみせます。

編 ぜひよろしくお願いします! それでは石橋さん、どうもありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日18時公開予定の対談は、石橋氏の都合により木曜日の夜〜金曜日の夕方にかけて、石橋氏への取材が終わり次第公開させていただきます。
お待たせしてしまい申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。
遅くとも金曜日18時までには公開致します。

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の15万馬券的中とは打って変わって静かな対談スタートとなりますが……(苦笑)。

石橋 武(以下、石) そうね。面目ないです。

編 とはいえ、京都メインの◎マイネルフロスト(9人気3着)は惜しかったですけどね。

石 前残りの馬場とみて、ある意味狙い通りだったんだけど……。

編 ほんのちょっとのところでしたけど、まあ、気分を入れ替えていきましょうか。ところで先週のエリザベス女王杯なんですけど……

石 全然気分入れ替わってないわ(笑)。完全な前残りの競馬になっちゃったよね。あのどスローはないわ〜と思ってみていたけど。ただ、あのペースを読めなかった時点で負けだからね。

編 (雨の止む時間帯の影響で)馬場の急激な変化もあったでしょうに言い訳しないところが石橋さんらしいですけど、明日、そして来週以降の競馬で返してくれるともっと石橋さんらしいですよね。

石 ドデカイのでお返ししますよ。

編 そうですね。そのへんは信用していますので、なんとかよろしくお願いします。ところで、さっき京都は前残りって言ってましたけど、明日も変わらなそうですか?

石 そうだね。京都は雨が止むのが思ったより早くて、今日も後半戦はいつも通りの時計が出ていたし、後ろから差せるような馬場ではなかったよね。馬場が乾けばさらにこの傾向は強まるだろうし、基本的には先行有利の馬場と言えるんじゃないかな。

編 じゃあ、そのあたりも踏まえて石橋さんの注目穴馬を教えていただけますか?

石 そうね。踏まえてというか、むしろ不利にはなっちゃったけど、ガリバルディ。枠は最悪の外枠を引いちゃったんだけど、それでもチェックしておかなければならない馬だよね。

編 それほど有力ということですか?

石 週中(枠順発表の前)の段階ではほぼ本命かなと。それくらい評価していたんだけどね。

編 京都は相性がいいですよね。

石 特に外回りはいいよね。外回りで馬券圏内を外したのって、スローに泣かされた都大路Sくらいでしょ。

編 でもスローに泣かされたと言っても、この馬って先行していましたよね。

石 そう、ちょっと言葉が足りなかったか。スローで前に行ったのは、キミの言う通り。ただ。ガリバルディは正攻法の競馬をすると脚が溜まらないんだよね。後ろから行かないと持ち味を発揮できないという。

編 それでこの枠順がダメなのか〜。

石 後ろから行ったら外を回すしかないと考えるのが常道だからね。ただ、中京記念の鋭い脚、前走も展開不向きだったけどメンバー中最速の上がりと、マイル戦での決めてはメンバー随一。調子もかなりいいし、一発の可能性は十分だよね。

編 なるほど。

石 続いてはダコール。

編 意外。マイルを走るイメージがないですよね。

石 たしかに近走は中距離を中心に使われているからね。ただ、マイルでも5戦して馬券圏内を外していないように、十分対応はできる。それに明日は距離に不安のあるミッキーアイルがハナを切る展開で、スローに落としてくると思うんだ。となると、早めに仕掛けていく必要があるんだけど、3走前の七夕賞がすごく強い競馬で。

編 たしかに速いペースを中団で追走、徐々にポジションを押し上げるという競馬でした。

石 あれで2着を確保だからね。3着馬もちぎっていたし。前走は全然走りに気が向いていなくて惨敗したけど、能力は非常に高くて、このメンバーなら十分太刀打ちできるだけのものはあるよ。8歳馬ということでさらに人気を落としているけど、侮らないほうがいいと思うよ。

編 あと1頭だけお願いします。

石 ディサイファかな。たしか毎日王冠のときに本命にして、その見解で今はマイルのほうが合っているというようなことを言ったと思うんだけど、まさにそれがここかなと。

編 でもその毎日王冠で6着に負けていますよね。

石 もうね。言い訳とかじゃなくて、あれは間違いなく馬場。完全に外差し馬場で、実際、毎日王冠もあれだけスローなのにもかかわらず外から差してきた馬が上位を占めていたでしょ。

編 たしかに。

石 先行しつつ、追ってバテない強みがある馬で、ミッキーアイルが行った後ろのポジションを取れれば、平坦、内有利の馬場を利して勝ち負けまで期待できる。前走の負けで人気を落としているだけに、前走の借りを返してもらうつもりだよ。

編 わかりました。では駆け足でしたけど、この3頭を評価ということで。

石 はい。それと、割り引いたとか、反対に評価するとか話していますけど、最終結論は勝負予想でお願いします。まだ決めたわけではないので。

編 そうですね。馬券は最終結論を待ってからにします。それでは石橋さん、kのあとの勝負予想、よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


編集部からのお知らせ

先々週のコラムでお伝えした通り、今週のコラムは土曜日の公開とさせていただきます。
マイルCSについての対談となりますが、枠順を加味した見解を石橋氏に語っていただきます。
お待たせしてしま、大変申し訳ありませんが、ぜひご期待下さい。
土曜日の夜、遅くとも20日0時までには公開致します。


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、すげ〜! マジ持ってるわ! 石橋さんと一緒にリアルタイムで見ちゃうと、興奮度が違う。というか、石橋さんのすごさがよくわかる。ホントすごい人なんですね。今さらですけど(笑)。

石橋 武(以下、石) 対談前に当たっておいてよかった(笑)。はずれたらどのツラ下げてエリザベス女王杯について語るんだという話だからね。

編 それはないですけど(笑)、でも今の武蔵野Sは見事すぎる。本命が◎タガノトネール(8人気1着)。で、相手筆頭が△カフジテイク(6人気3着)、相手の3番目が△ゴールドドリーム(2人気2着)。これで◎タガノトネールの単勝が、え〜と、いくらだ? 3,660円。単勝3連単15万7,320円、3連複1万9,410円の的中。ヤバっ、早く払い戻しに行きたい(笑)。

石 どうぞ。

編 いや、まずは対談です。最終レースはもう買ってありますしね。それにしてもこの10万馬券の的中もすごいんですけど、なんと言っても、勝負予想の見解ですよ。もうびっくりしたわ。的中してから改めて読み返すと、もうなんか予言かと。

石 大げさな(笑)。

編 だって、武蔵野Sの見解、こうですよ?
「金曜日に降った雨が大きくい影響しそうなレースとなった。東京ダ1600mはダート戦のわりに緩急がつきやすく、瞬発力が必要=人気馬が好走しやすいコースだけに、これだけのメンバーが揃うと堅く収まる公算が大きかった。ところがここにきての、穴党にとっては恵みの雨。雨が降ると、一転スピード勝負となり、スプリント能力、スピードを持続する能力が大きく影響するようになる。言ってみればダート1400mのようなレースになると考えればわかりやすいかも。そこで狙いは◎タガノトネール。同馬は1600mでも悪くはないが、ベストは4勝を挙げる1400m。持ち前のスピードを活かして先行し、そのままゴールまで粘り切るという競馬を得意としており、まさにこのレースで求められる資質と合致する。強力馬の出走で人気の盲点になることが予想され、妙味も十分。“距離巧者”らしい大駆けが期待できる。」

編 で、ホントこの通りだからビックリだわ。重馬場で行われたこのレース、◎タガノトネールは、スピードを活かした先行から4コーナーで早くも先頭に立つと、そのまま粘り切って完勝。マジで予言者かという。

石 だから、大げさかっつーの。あ、そろそろ最終が始まるよ。

編 お、ホントだ。観ましょう、観ましょう。

                    * * *

石 ……というわけでございまして、そろそろエリザベス女王杯の話に移ろうかなと思うんですけどもね。

編 そ、そうですね。って、触れない訳にはいかないでしょ(笑)。それにしてもえらいはずれ方しましたね。最終レース。

石 はい、すみません。人気馬から行って、結果2着。3着馬には印を回していないという完敗ぶり。

編 まあ、全レース当たるわけではないのは承知のうえですけど、武蔵野Sと逆で、石橋さんと一緒に観ると、この人ホントに大丈夫か??となりますね。

石 手の平返しすぎだろ。せんべいか。

編 突っ込みますね〜(笑)。ま、この最終レースの分は、明日の勝負予想できっちり返してもらいましょう。

石 え、武蔵野Sの的中はなかったことに……?

編 的中したレースはすでに終わったレース、大切なのはこれから、ですよね?

石 お〜、たしかに僕、すぐそれいうけど、そういう使い方をしてくるとは(笑)。

編 というわけで、エリザベス女王杯もそれ以外のレースもきっちり的中でお願いします。まずはエリザベス女王杯ですね。読者の皆さんをお待たせしてしまったので。

石 そうだ。読者の皆様、お待たせしてしまい、申し訳ありません。来週も金曜日、もしくは土曜日の更新となってしまいますが、再来週からはいつも通り木曜日更新に戻せるかなと考えていますので。

編 本書いてるんでしたっけ。

石 そう、久々に。まこれはもろもろ確定してからお伝えしますので。さ、このあと勝負予想の配信もあるので、そろそろエリザベス女王杯の話を始めますか。

編 そうですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 了解です。じゃあ、まずはデンコウアンジュ。

編 お〜、そうきますか。ただG1で足りますか? 阪神JFが7着、桜花賞10着、オークス9着、秋華賞9着と散々な成績ですけど。

石 これがね、足りるんだよ。というか、いままでのG1を振り返ってみると、阪神JFは得意の差しじゃなくて、先行して末脚をなくしている。桜花賞は差を詰めてはいるけど、スローすぎてキレッキレの馬と、先行馬にやられた。ちなみに差し負けたジュエラー、シンハライトは今回出てこない。オークスは外を回って伸びてきたけど、不利の影響が大きくて追い切れず。そして前走は内回りの京都芝2000mで外々を回されている。あれじゃどんな馬でも好走できない。

編 お〜、どのレースも敗因がはっきりしているんですね。

石 そう。ただ、展開に左右される点も、道中不利を受けやすいのも、この馬が不器用だからなんだよね。だからこそ今回なんだ。

編 と言いますと?

石 まず、単純に京都外回りコースで直線が長いということ。そして、馬群がバラけやすいというのもいい。特にこの馬は馬群を縫うように伸びてくるのは、正直ムリ。外に出して伸びてくるタイプだからね。馬群がバラけるというのはすごく走りやすいんだ。そして、なんと言っても今回の枠が絶好。

編 6枠11番ですよね。

石 そう。仮に内枠に入っていたら、どこかで外に出すロスが生じるんだけど、最初から外にいれば馬群に包まれるリスクも減るし、ロスも最小限で抑えられる。これが前走のように小回りだと話は別なんだけどね。

編 馬群がバラけやすい、京都芝の外回りコースだからできるという。

石 そういうこと。ようやくまともに走れる条件に戻ってきて、前走からの巻き返しが期待できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてチェックするのはヒルノマテーラ。500万クラスを卒業するのにさえモッタモタしてかなり時間がかかった馬なんだけど、ここにきて一気に本格化。2走前のマーメイドSの好走、そして前走ではオープン特別のカシオペアSの完勝ぶりはすごいよね。

編 G1のここでも好勝負できると。

石 できるね。前走はホントあの500万クラスを勝ち上がれなかった馬か!?と思うほど大人びた競馬だったよね。それに、そういう勢い的なことだけじゃなくて、ヒルノマテーラって、京都外回りとか札幌での好走が大インあけど、一瞬でエンジンに点火するんじゃなくて、徐々にペースアップしてゴールまで伸び続けるタイプなんだ。

編 あ、わかった。京都は3〜4コーナーの坂を利用して加速できるし、札幌は大回りのコーナーでスピードを落とさずに回ってこられるから。

石 素晴らしい。その通り。そういうタイプだけに、今回のコース(京都芝2200m)はかなり合う。前走をひと叩きされた上積みも見込めるし、大駆けが期待できるね。

編 あと1頭挙げるとしたら?

石 あとはシャルール。今回は有力どころに差し馬が多いからね。先行しつつ速い上がりを使えるのは魅力的。後続馬が牽制しあって仕掛けが遅れるようなことがあれば、この馬にも十分馬券絡みの可能性はあるよ。

編 前走の負けは気になりません? 休み明けというのもあったんでしょうけど。

石 休み明けというより逃げたことがない馬が逃げるとよく起こる、集中し切れない走りだったよね。前走の結果を受けて、今回はああいった乗り方はしないだろうし、展開面も含めて楽しみな一頭だと思うよ。

編 わかりました。明日も今日同様の10万馬券を期待してますよ! 特に石橋さんは固め撃ちが多いことでも有名ですからね。

石 有名かどうかはさておき、期待に応えられるように頑張ります。とにかく今週は公開が遅れてしまって申し訳なかったです。来週もですけど。今後ともよろしくお願いします。

編 真面目か(笑)!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



編集部からのお知らせ

先週のコラムでお伝えした通り、今週のコラムは土曜日の公開とさせていただきます。
エリザベス女王杯についての対談となりますが、枠順を加味した見解を石橋氏に語っていただきます。
お待たせしてしまい、大変申し訳ありませんが、ぜひご期待下さい。
土曜日の夜、遅くとも13日零時までには公開致します。


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は長丁場お疲れさまでした。3レース分も予想をお話しいただいて。

石橋 武(以下、石) まあこれほど「量より質」と思われた対談もなかっただろうね(苦笑)。何しろ穴馬を9頭挙げて実際馬券に絡んだのがアルテミスSのシグルーン(5番人気3着)と、秋天のステファノス(6人気3着)だけだからねぇ。

編 ふたケタ人気のハートオブスワローもいいところはあったんですけどね。

石 いや、展開が向いた向かなかったはあるにせよ、それも込みでお話ししているわけで、ちょっと物足りないよね。

編 まあ、ぶっちゃけ物足りないですね(笑)。ただ、勝負予想のほうでは土曜日の新潟最終の△シベリアンマッシブ(14人気3着)、日曜日、京都10R御陵Sの◎リーゼントロック(9人気2着)、新潟11RルミエールADの◎トータルヒート(6人気2着)。まあほかにも色々人気薄が走ってますけど、こういう馬たちを上位にピックアップしてますからね。

石 特に新潟11RルミエールADはあれで20万馬券。もう獲っとけよ、それくらいという馬券で。

編 惜しくも3連単は逃しましたが、それでも3連複35,250円。ただ石橋さんの新潟芝1000mの精度は知っているので、土曜日のシベリアンマッシブみたいな無印でも驚きはしないんですけど、あれ、京都の御陵Sは驚いたな〜。まさか大外のリーゼントロックを本命に推してくるとは。しかもメンバー的に速くなりそうだったのに、先行馬狙いですからね。

石 先行馬というか、脚質はどうでもいいんだけど、いや、どうでもよくはないか。ん〜、そんなに重視はしてないんだけど、速いペースに耐えられるかどうか、得意かというところだよね。あとはハンデと。

編 それが見事にドンピシャですから。

石 いや、勝ってないから全然ドンピシャではないけどね。

編 しかも4着にも人気薄の△メモリーシャルマン(11人気)が突っ込んできて。

石 そうね。まあでも高配当が当たってナンボだから。先週ご迷惑をかけたぶんは、なんとか今週取り返さないと。

編 それはもちろんお願いしたいですけど。なんかあと一手で高配当に手が届く所なんですけどね。それこそメルボルンCも。

石 あ、そうだ。今週末はブリーダーズCもあるんだよね。

編 ええ、フィリー&メアターフにヌーヴォレコルトが出走します。あ、予想配信するんですよね?

石 しますよ。ブログでお約束したし。ただ、普通にレディイーライじゃないかねぇ。C.ブラウン厩舎のワンツーとか。

編 堅く収まりそうです?

石 まだこの段階じゃ人気がよくわからないけど、獲りやすいレースにはなるかもね。あとはスタート直後の下り坂がポイントになるかと。まあ、これは勝負予想のほうでね。あ、ブリーダーズCフィリー&メアターフは日曜日の午前4時43分発走なので、遅くとも土曜日の夕方から日曜日に日付が変わるころまでには配信しておきます。

編 了解です。ではそろそろ本題ということで、今週は重賞が4つも組まれていますけど、どのレースに注目します?

石 ベタにアルゼンチン共和国杯でいいかなと。

編 まあ、ベタですね(笑)。わかりました。ではさっそく石橋さんの注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。じゃあ、まずはハギノハイブリッドからチェックしていこうかな。

編 この馬って、意外にもこのレースに出走したことがなかったんですね。

石 ああ、わかる。その“意外にも”って感じ(笑)。出てそうだよね。でもそれって大事で、要はこのレースに合っていそうと思うから出ていそうと思うわけだから。

編 やっぱり合ってます?

石 合ってるね〜。この馬の切れない感じ。切れないといったらちょっと違うか。スパッと一瞬で抜け出すわけじゃなくて、ずっとバテずに伸びて、結果上がりはメンバー中最速みたいな感じ。

編 そういうタイプがいいんですか?

石 そうなんだよ。今回の東京芝2500mって、日本ダービーが行われる東京芝2400mからたった100m延びただけなんだけど、求められる資質がけっこう違うんだ。

編 へ〜。

石 ダービーだと最後の瞬発力勝負みたいなところがあって、マイラー的切れ味というのかな、一瞬でエンジン全開になるタイプがいいんだけど、100m延びて2500mになると、バテ合いに強いというか、簡単に言えば上がりのかかるレースに強いタイプがいい。

編 たった100mでそんなに違うんだ。

石 違う。東京の場合はね。

編 東京、というと?

石 実際は距離の話じゃなくて、コース設定の話なんだ。というのも、東京芝2400mは最後の坂の途中、ほぼ終わりかけのところからスタートするんだけど、2500mになると、ほぼ坂の始まりのところからのスタートとなるんだ。つまり2500mは2回の坂越えがあるということなんだよね。

編 なるほど〜。距離はたった100m違いだけど、求められるスタミナんが全然違うんだ。

石 その通り。だから序盤からペースが落ち着きやすいわりに、消耗戦になって、さらに早めにペースアップするから長い末脚が必要となるわけ。

編 そういうことか〜。たしかにハギノハイブリッドは、速い上がりのレースでも、上がりがかかるレースでも末脚は変わらないですよね。

石 そうなんだよ。だから自ずと上がりのかかるレースで好走しているよね。速い上がりが求められると差し届かずに終わるだけだから。

編 ええ。そういうのが今回はピッタリ合うですね。

石 そういうこと。意外にも初コースのここで、全然意外じゃない好走を見せてくれると思うよ。

編 いいですね、楽しみです。

石 続いてチェックするのはムスカテール。

編 8歳馬。

石 年齢は気にするなって(笑)。休みも長い馬だしさ。

編 実際、アルゼンチン共和国杯でも2着に好走したことがありますしね。

石 2012年の話だけどな(笑)。その後は切れないけど、バテない強みを活かしてダートでも好走してみせたり、4走前、といっても1年半も前だけど、(東京芝2400mながら)上がりのかかるレースでしっかり勝利。1年以上の休みがどうでるかと思った近走も、ひと叩きされた前走で善戦してきたし、得意の舞台に替わる今回は大きなチャンスだよ。

編 たしかに前走も不向きな瞬発力が要求されるレースになりましたけど、着差はそんなにないんですよね。

石 前走以上の競馬が期待できるよね。キミみたいに年齢だけで嫌う人も多そうだから、楽しみだよ(笑)。

編 どうもすみませんでした!

石 最後はレコンダイト。この馬は上がりのかかるレースがいいというより、単にエンジンの係が遅いから早めに追い出すレースとか、中京みたいにタフで長い直線がいいんだ。

編 じゃあ、このレースも合いますね。

石 もちろん。ただヴォルシェーブとかアルバート、シュヴァルグランと、同じタイプでもそもそも上がりの時計が違う馬もいるので、まともにやったら厳しいよ。ハンデも含め、何かしらの策は必要だろうね。というか、ヴォルシェーブだと同斤の可能性が高いか。

編 まあ詳しくは週末の勝負予想でお聞きするとして、現時点ではこの3頭に注目ということですね。

石 はい。そういうことです。今週末は重賞も多いし、来週からのG17連戦に向けていい形で勢いをつけていきます。ぜひご期待くただければと。

編 もちろんです。よろしくお願いします。


※対談で推奨したハギノハイブリッド号の出走回避が決定致しました。石橋氏に確認を獲ったところ、代わりにワンアンドオンリーを推奨する旨、お預かりしております。「勝負どころで置かれるので、一瞬の切れ味勝負には不向き。徐々に加速していける流れがあっており、ダービーも含め同馬の好走レースはタフな消耗戦が多かった。近走は足りない競馬が続いているが、前走をひと叩きされた効果は大きいはず。条件の合うこのレースで復活する可能性は十分」とのことです。石橋氏とのやりとりに時間を要してしまい、配信が遅くなってしまったことお詫び申し上げます。

※なお、来週、再来週は石橋氏の都合により木曜日ではなく、金曜日の更新とさせていただきます。場合によっては土曜日にずれ込む可能性もあるとのことで、その場合は随時このブログでお知らせ致します。ご注意ください。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は、金曜日の夕方までに公開致します。
お待たせしてしまい申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR