Sportmaster編集部・本田(以下、本田) 石橋さん、今日はよろしくお願いします。

石橋 武(以下、石) あれ、なんでここに来たの? 僕がそちらに行くんじゃなかったっけ。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 今週はスポーツマスターさんの4周年を記念して公式ブログとスポーツマスターさんの特別合同企画をここでやることになったんですよ。

石 あ、そうなんだ。合同企画だったのか。良かった。スポーツマスターで今週の3重賞の穴馬について話すと聞いていたから、ブログでは何を話そうかなと考えてたんだよね(笑)。

編 ちゃんとそこは考えてますから(笑)。さすがに3重賞について聞いたら他のレースを聞く余裕はないだろうと。なので、今週はどちらも同じ内容でお送りしようということですね。

石 お気遣いありがとうございます(笑)。

本田 よろしくお願いします。そういえば石橋さん、先週の予告的中はすごい反響だったんですよ。メールが多くて。

石 なんだそれ? そんなことしてないよ。

編 ああ、たぶんあれですよね。ブログの最後に注目のレースを僕が聞いたじゃないですか。土曜日の東京最終レース。それが的中したから……

石 ああ、あれを予告と言ってるのか(苦笑)。もちろんメンバー的にも面白いし、予想をしていても手応えがあったらか注目とは言ったけど、もうひと鞍の新潟メインはどっぱずれだったから。むしろ申し訳ないなと。

本田 いえいえ、あの新潟メインにしても結果的には外れでしたけど、本命の2頭が全然人気がなくて、狙ってきてるなというのがヒシヒシと伝わってきましたから。それに見事に的中した東京12Rのほうは、4番人気の◎ヨシオがきっちり勝ち切って、単勝930円、3連単40,360円、3連複3,410円の的中ですから。

石 安いよね……。

本田&編 石橋さんの馬券にしては安いかもしれませんけど。あ、ハモった(笑)。

本田 そう、石橋さんの普段の馬券、それこそ20万だ30万だという馬券と比べたらもうちょっと頑張れと思いますけど(笑)、それでも4万馬券だし、次の日曜日の京都12Rでも人気馬の本命◎メイショウワダイコ(2人気1着)、穴馬の本命◎メイショウユメゴゼ(5人気3着)と、両本命が好走して3連単40,790円、3連複8,080円の的中ですからね。

編 そう、土日とも最終レースできっちり取り返すという。

石 馬券を買うほうからしたら、最初のレースで当てろということなんだろうけど(苦笑)。

編 いや、全部当てろということですね、そこは。

本田 たしかに。でもまあ、当たり外れも大切ですけど、先週は菊花賞の見解についてのご意見も多くて、穴人気していたミッキーロケットをトライアルの内容から足りない。(◎サトノダイヤモンドとのあいだに)何頭か割り込まれると判断したりとか、レッドエルディストはステイヤーズSでとか(それぞれ5着、9着。ともに無印)、△ディーマジェスティ(2人気4着)にしても◎サトノダイヤモンド(1人気1着)よりも向かないとか、△エアスピネル(6人気3着)は距離不安も能力で対応できるとか、そういう「レースを見てきたんか!」という見解が素晴らしいと。

石 それはすごく嬉しいけど、レースを見てきたら2着のレインボーラインを無印にはしない(笑)。

本田 たしかに(笑)。

編 今週も注目度の高い天皇賞(秋)ですし、またお願いしますね。

本田 さてそれではそろそろレースのお話をお願いしたいのですが、ここからは僕は引っ込んで慣れているお二人にお任せしますね。3重賞すべてのお話を聞けるということですので、施行順にスワンS、アルテミスS、天皇賞(秋)の順番でお願いしましょうか。

編 わかりました。ではここからは私のほうで進めさせていただきます。それでは、石橋さん。スワンSのお話からお願いしますね。現時点ではどの穴馬に注目してます?

石 このコース(京都芝1400m外)に関しては、注目穴馬の前にどういう馬を狙えばいいのかを話しておこうかな。ほかの1400mのコースとはちょっと違うところがあるので。僕の勝負予想をご覧の方は「またかよ!」ってなるかもしれませんけど(笑)。

編 でも大切なところですからね。石橋さんって1400mは特殊という見方をされていますよね。瞬発力の必要ない持続力コースということで。

石 そう。短距離戦だけあってスタートから飛ばすわりに、ワンターン(コーナー2回)のコースで行われるから息が入りづらい。1400mという字面以上にスタミナが必要というか、タフな距離なんだよね。いかにしてスピードを持続させるかがキモになるという。

編 それが京都の場合はちょっと違うというのは?

石 京都芝1400m外はスタートして1ハロンのところから3コーナーの最初にかけて400m弱で4mの坂を上る設定なのね。その上り坂のおかげで、本来ならスタートしてから一番スピードが上がるところで、そんなに速くならないんだ。そのぶん脚が溜められるというか、最後の直線で瞬発力が必要になってくる。あくまでも1400mにしては瞬発力が必要という意味でだけど。

編 となると、単に持続力に優れたタイプを狙うわけではないと。

石 そう。そういうタイプは最後に差される可能性がある。ほかの1400mほどじゃないにせよ、1400mを走れる持続力は必要だけれども、それに加えて瞬発力も求められるという。

編 すごく簡単に言うと、普通の1400mコースは持続力が100だとしたら、京都芝1400m外は持続力80、瞬発力20みたいな。

石 簡単に言うと。もちろんその数字はデタラメなので皆さん覚えないように。あくまでイメージです。

編 デタラメって(笑)。まあ、そうですけど。じゃあ、それを踏まえるとどの馬に注目しておけばいいんですか?

石 まずはエイシンブルズアイ。

編 1400mを走るのが初めてですよね。

石 そうね。ホントは1400m戦の予想するときには距離実績を重視するというのがひとつのセオリーなんだけどね。ただ、エイシンブルズアイはたしかに1400mで走ったことはないけど、持続力が要求される1200m戦、特に中山芝1200mの行われたわれたオーシャンSを追走、最後の直線で差し切っているでしょ。つまり持続力が要求される流れでも脚を伸ばすことができる馬なんだ。さらにその前には瞬発力が求められる京都芝1600m外で洛陽Sで2着。この時はメンバー中最速の上がりをマークしているよね。

編 そうですね。道中スローペースで流れて、最後にグッとペースがあがるレースでした。

石 このふたつはこのコースを走るうえで非常に大きな武器となる。もともと京都を得意とする馬だし、絶好のチャンスじゃないかな。

編 なるほどね〜。

石 あとは前走の京王杯SCでメンバー中最速(タイ)の上がりで2着に好走したサンライズメジャー。東京芝1400mも京都芝1400m外と同様にスローになりやすいコース設定なんだ。

編 持続力プラス瞬発力が必要という。

石 そう。この馬も京都がいいし、去年のスワンSはさすがに位置取りが後ろ過ぎたけど、速い脚は使えているからね。休み明けも苦にしないタイプだし好走が期待できるよ。

編 なるほど。

石 最後は京都で連対を外したことのないダンスディレクター(京都芝8戦5勝2着3回)。とはいえ、京都との相性の良さだけじゃなくて、前走のスプリンターズSで15着に負けてはいるけど、中山芝1200mのぎゅっと締まった流れだと忙しすぎたかな。ちょっと不器用なところがあるから。

編 だからゆったり走れる京都での成績がいいんでしょうね。

石 そうね。ただスプリンターズSはその割には負けていないし、持続力が要求される流れ出も最後の決め手はしっかりしている。春の京王杯SCも前が詰まったわりに負けてないし。前走の着順だけで人気を落とすだろうけど、侮れない一頭だと思うよ。

編 じゃあ、続いてアルテミスSですね。東京芝1600mですけど、ここはどういう馬を狙えばいんですか?

石 このレースの場合は、コースというよりも、レースそのもの特性でみたほうがいい。というのもまだ夏以降にデビューしたばかりの2歳牝馬限定戦でしょ。この時期の2歳馬にとって東京マイルというのはかなりタフなんだよね。マイルという距離以上に。

編 なるほど。ということは?

石 中盤ですごく緩むことがおおいんだ。基本スローと考えていい。ただ、精神的にも成長途上で折り合いに難がある馬もいるし、短距離しか経験していない馬も多いから、なかなか我慢が効かない馬もいる。そういう場合は表示されるレースラップがハイペースということはあるよ。

編 ええ。

石 でも、たとえば先頭集団の後ろにいる馬は普通にスローだったりするんだ。

編 じゃあ、スローからのヨーイドン!になるレースが多いと?

石 ヨーイドン!とまではならなくても、決めて勝負になることが多いよね。実際、過去4年で馬券に絡んだ12頭のほとんどが、前走でメンバー中3位以内の上がりを使ってるんだ。

編 お〜、なるほど。じゃあ、それを踏まえてこのレースの注目穴馬をお願いします。

石 まずはトーホウアイレス。新馬戦、サフラン賞とマイル戦を連勝していきているんだけど、新潟、中山とまったくコース形態の違うところでメンバー中最速の上がりをマークしてきた。この決め手は魅力的だよ。新潟ではスローからの急加速に対応しているし、中山ではあるていど流れたなかでも速い脚を使えているわけで。

編 たしかにどんな流れにも対応できるのは強みですよね。

石 あとは前走で先行しつつ、メンバー中2位の上がりを使ったシグルーン。今回はメンバー的に前に行きたい馬もいないし、この馬がすんなり先行すると、後ろの馬にとっては厄介な存在になるだろうね。

編 あと1頭は?

石 ハートオブスワローも前走でメンバー中最速の上がりをマーク。まあ、前走は勝負にならない位置から伸びただけなんだけど、それでも評価したのが2走前の未勝利戦。あのレースではメンバー中2位の上がりだったんだけど、メンバー中最速の上がりを使ったのは道中で最後方にいた馬で、先行馬のほとんどはハートオブスワローよりも1秒以上上がりがかかっている。

編 どういうことですか?

石 ハートオブスワローは中団後ろよりにいたんだけど、スローのヨーイドンという手軽なレースでもなかったし、その位置取りだけで速い上がりを使えたわけではないということ。

編 恵まれたわけじゃなくて、ちゃんと末脚を使ったと。

石 そういうこと。前走を見ていると軽い東京の馬場に替わるのはプラスになるだろうし、マークしておきたい一頭だね。

編 わかりました。では最後に天皇賞(秋)を。

石 さすがに3レースとなると長いな(笑)。

編 あとひと踏ん張りです。読んでる方も大変でしょうけど。で、天皇賞(秋)はどんな馬に注目しますか?

石 もうこれは簡単でリピーターに注目すればいい。

編 おお、たしかに! ここ10年を見ても、2年以上馬券に絡んでいるのが、カンパニー、ウオッカ、ブエナビスタ、ペルーサ、エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナ、イスラボニータと7頭もいるんだ。

石 一線級がこのレースを目指してくるからというのもあるだろうけど、来ているのは決して人気馬だけじゃない。それを考えると、たとえば直線の長さとか、最初のスタートから2コーナーへの入りとか、秋の芝とか、割と適性の限られるレースという見方もできるよね。

編 ああ、だからこそ高い適性のある馬が繰り返し馬券に絡むという。じゃあ、それを踏まえて現時点での穴馬を挙げていただくと?

石 そうだね。まずはステファノスだろうね。

編 去年の2着馬ですね。リピーターだ。

石 そう。去年は大外をぶん回して2着。勝ったラブリーデイが内を上手く立ち回ってのものだけに、着差ほどの差はないよ。阪神の内回りみたいに締まった流れになると思うような末脚を発揮できないけど、東京のようにメリハリの効いた流れなら末は確実なタイプ。

編 そうですね。ちなみに前走の負けは休み明けということで問題ないですかね。

石 毎日王冠は前が塞がってまともに追えなかっただけで、悲観する内容じゃないよ。それにもともと使ってから良くなるタイプだし。勝ち負けまで期待できるよ。

編 なるほど。

石 あとはサトノノブレスとサトノクラウンのサトノ2頭。

編 先週の菊花賞に続きサトノ。

石 そう。こういうのは続くよ。というのはさておき(笑)、サトノノブレスのほうは息の長い末脚が魅力だよね。なんかエイシンヒカリが大外とか最内とかなんか極端な枠になりそうな気がするんだよね。1、2枠か8枠か、みたいな。もし内めの枠にはいったらレース自体が流れるとおもうので、そういうときはサトノノブレスの出番かなと。決め手のある馬じゃないから、上がりのかかる展開になったときに台頭してくる感じ。

編 そういうタイプを月曜日の段階で候補に挙げる石橋さんって(笑)。

石 しょうがないじゃん(笑)。そもそもそういうコラムなんだから。

編 まあ、それで激走穴馬を挙げてきてくれているので文句はありません(笑)。で、サトノクラウンのほうは?

石 僕はこの馬がベストの条件で走ったことってほとんどないんじゃないかと考えていて。

編 ほう。でも天皇賞(秋)は去年も走ってますよ。

石 状態がメッチャ悪かったでしょ。今年は状態面は去年より確実にいいし、東京の軽い馬場がいちばん合ってる。決め手のある馬だからこのところ馬場に恵まれなかったけど、今の東京の軽い馬場なら存分に能力が発揮できるでしょ。

編 京都記念は道悪で勝ってるじゃないですか。

石 食い下がるね(笑)。あのレースは本当に馬場が悪くて、道悪の巧拙というより能力、自力勝負になったからね。結果的に追い込みづらい馬場で先行していたというのもよかったし。もちろん道悪が下手とはいわないけど、良馬場のほうがいいんだ。

編 わかりました。じゃあ、3レース、計9頭の穴馬に注目ですね。

石 はい。最終結論は週末のスポーツマスターの勝負予想でチェックしていください。

編 それではスタジオの本田さん、お返しします!

本田 いや、隣にいるから(笑)。いや〜、お疲れさまでした。さすがに3レース9頭ともなると、聞き応えがありますね。めっちゃ参考になりました。

石 疲れました(笑)。

本田 あ、ちなみに来週は重賞が4つありますけど……

石 勘弁してください(笑)。

本田 ちぇっ、やっぱり無理か(笑)。でもまたご登場いただけるのを楽しみにしていますね。石橋さん、お忙しいなかご協力いただきありがとうございました。

石 ありがとうございました。あ、そうだ。公式ブログをご覧の皆様にふたつお伝えすべきことがあったんだ。

編 なんでしたっけ?

石 今週の日曜日なんですけれど、ネットケイバさんからの強い要望で天皇賞(秋)ともう1レース、東京か京都の最終になると思うけど、試験的に勝負予想を配信することになりました。

編 お〜、凄い!

石 もちろん主軸はスポーツマスターで、ネットケイバさんのほうはとりあえず今週の日曜日と、あとは有馬記念の日とかかな。出しても2レースくらい。ただ、先方の要望というのもあるんだけど、こちらとしてもまだ僕の予想をご覧になったことがないという方も多いと思うんですよ。

編 ええ、たしかに。ちょっと考えているという方はいらっしゃるでしょうね。

石 その方たちのお試しにもなるかなと思って。2レースくらい見ていただいて、それで納得できればスポーツマスターで全部の予想を見てもらえればいいわけで。

編 たしかにそうですね。これを機に本格的に「単勝二頭流」に触れていただきたいですし。というか、ホントに勝負予想見たほうがいいので。

石 まあ、それはさておき、ネットケイバさんでも配信しますよ、というお知らせでした。それともうひとつがメルボルンCについて。

編 ああ、ここでのアンケートで海外競馬の馬券についても予想を配信することになったんですね。

石 そうそう。いつものようにスポーツマスターで配信しますけど、イレギュラーなのが、このレースって平日にやるんですよ。

編 ええ。レース発走が日本時間の11月1日(火)13時。馬券の売り出しは11月1日の午前7時からという。

石 そうなんだよね。なので、予想は月曜日の深夜から火曜日の午前7時までに配信しますので、いつもの要領でご覧いただければと。

編 わかりました。

石 それでは長々とありがとうございました。ここまで読んでいただいてありがとうございます。

編 では週末の勝負予想、楽しみにしています! 石橋さん、どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週末は長距離G1の菊花賞ですね。このところ取材が続いているみたいですけど、やっぱり菊花賞のお話がメインですか?

石橋 武(以下、石) まずは読者の皆様、1日公開をずらせてしまってすみません。

編 いえいえ。むしろ枠順確定後のお話を聞けるぶん、ラッキーくらいの感じですよ。僕的には。

石 みんなそう思ってくださっていればいいんだけどね。で、なんだっけ? ああ、取材か。

編 ええ。今週はずっと取材続きみたいですね。それで対談の時間もずれて……。やっぱり長距離G1といえば石橋さんという感じなんですかね?

石 ああ、今週の取材は単行本の件ですね。年内に1冊出す予定なので、それに関する取材で。長距離G1だからというわけじゃないよ。

編 じゃあ、菊花賞の話はここが初めてなんですね?

石 今年の菊花賞はね。もちろん。そういう約束ですから。

編 一安心です(笑)。で、長距離G1マスターの石橋さんにお聞きしますが……

石 その呼び方やめて。嫌みっぽい(苦笑)。普通にしてくれ、普通に。で、なに?

編 菊花賞なんですけど、よく「昔と違って最近の競馬はスローペースが多いから、3000m戦とはいえ、スタミナよりもスピードが重要」という感じのことを言われることが多くなりましたけど、実際のところどうなんですか?

石 まあ、半分は合っているんじゃないかな。馬場管理も進化して、昔のようなボコボコの馬場というのはなくなったし、玉砕覚悟で行くだけ行くような馬もいないしね。折り合ってレースを進めるという意味では、たしかにスローペースは増えたけどね。

編 じゃあ、スピードが重視というのも……

石 もちろん間違いじゃない。半分合っていると行ったのもそこで、スピードも重要なんだけど、相変わらずスタミナも重要なんだよ。そのうえでよりスタミナを要する流れなのか、それともスピードが求められるのかということで。

編 ああ、なるほど。

石 それとキミが言った「スタミナよりもスピードが重要」というのがどういう文脈のなかで言われているのかちょっとわからないんだけど、その“スピード”が何を指しているかだよね。

編 と、言いますと?

石 “スピード”っていう言葉がちょっと曖昧で、それがいわゆる切れ味、瞬発力を指しているのか、上がりの速さを指しているのか、それとも他の何かなのかというね。

編 ああ、たしかに同じ“スピード”でも意味合いは変わってきますよね。

石 でしょ?

編 じゃあ、石橋さんが菊花賞で重要と思われる“スピード”ってどういうことなんですか?

石 一瞬でトップスピードに乗るような瞬発力ではなくて、エンジンのかかりは遅くても長くスピードを維持できること。ざっくり言うとラスト1000mのスピードかな。

編 瞬時にトップスピードに乗らなくてもいいんだ。

石 そう。京都の外回りコースは3コーナーから最後の直線にかけて下り坂になっているでしょ。エンジンのかかりの遅いタイプでもその下り坂でスピードに乗ることができるんだ。それに一瞬にしてトップスピードに乗ることのできるタイプは使える脚も短いことが多い。菊花賞はラスト1000mのスパートになりやすいレースだから、途中で脚が上がっちゃうんだよね。

編 なるほど〜。

石 下り坂を利用して加速して、ゴールまでそのスピードを維持してなだれ込んでいくようなイメージだね。実際はラスト2ハロン目くらいまでは加速するんだけど。

編 では、それを踏まえた上で、現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはエアスピネル。

編 距離不安という声も聞こえてきますが。

石 うん、本質的に3000mが長いのは間違いないと思う。ただ、同世代同士のレースだということ。たとえばこれが天皇賞(春)だと距離適性の高い馬たちが集まってくるんだけど、菊花賞は距離適性が高い馬ばかりが出てくるわけじゃないよね。

編 ええ。

石 そもそも同世代にこの距離に適性のある馬なんてほんの数頭なわけだしさ。それに加えて、能力自体はこの世代のトップクラスにいるのは間違いないわけでしょ。

編 朝日杯FS2着、皐月賞4着(5位入線)、ダービー4着ですからね。この戦積だから距離不安が出てくるということでもあるんでしょうけど。

石 そうね。で、とくに皐月賞とダービーだよね。皐月賞は息の入れづらいかなりのハイペースになったんだけれども、エアスピネルはその流れを先行してさらにポジションを上げていくという強気の競馬。それでいて大きく崩れずに5番手で入線しているし、ダービーもそう。

編 ダービーも最後の直線で早めに抜け出して、一瞬勝ったかと思う場面もありましたよね。

石 そう。普通の年だったら勝ってた(苦笑)。ただ、皐月賞もダービーも他馬より早めに仕掛けて最後まで抵抗してみせたように、長く脚を使える馬だし、立ち回りも上手いタイプだから長距離戦でロスなくかからずに乗ってこられるのもいいよね。今の前が止まらない京都の馬場も見方に、大駆けが期待できるよ。

編 なるほど。

石 続いてはカフジプリンス。

編 菊花賞トライアルの神戸新聞杯でも穴馬の本命に推していましたね(ちなみに人気馬の本命は◎サトノダイヤモンド)。

石 結果、勝負どころでスッと加速できない弱みで、脚を余しちゃったね。ただ、神戸新聞杯の見解にも書いたように……

編 ああ、せっかくだからここに引用しておきましょうか。

「〜前略〜◎カフジプリンスは、2走前に古馬混合の1000万特別・阿寒湖特別を2着に5馬身差をつける圧勝。前に有利な流れを早めの仕掛けから一気に押し切ってみせた。前走は一気にOP特別への挑戦となったが、結果こそ6着とはいえ、前に行った馬のワンツーという流れ、さらに3〜4コーナーで前が詰まる不利もあって、能力を発揮したとは言いがたい。むしろ、もっともスピードをアップさせるところで一旦ブレーキをかけながらよく伸びてきたと思う。今回は世代のトップが出走してくるハイレベルの一戦となるが、神戸新聞杯は直線一気の末脚勝負というよりも、早め仕掛けから長くいい脚を使うような、持続力勝負になるケースが多い。〜中略〜そんなレースの傾向が同馬の資質にピッタリと合う(コース形態から早め仕掛け〜持続力勝負になる中京、札幌で強い競馬をしているのがその証)」※スポーツマスター勝負予想「神戸新聞杯」より引用

石 まあ、そういうことです(笑)。それに付け加えるなら、今回は阪神から京都に替わるのも大きい。さっきも言ったように、勝負どころでモタつく馬なんだけど、京都は下り坂の恩恵があるからね。こういう馬には、この恩恵が大きい。

編 なるほど。

石 ゴチャつきたくない馬で最内枠がどうかというのはあるけど、京都外回りコースなら内は開くからね。そこまで気にする必要はないと思う。

編 あとは人気ですね。なんとか5〜6番人気くらいで止まってくれればいいんですけど。穴人気するタイプですよね。

石 そうなんだよね。まあ、そこは祈っておきましょう(笑)。

編 あと1頭挙げるなら?

石 ウムブルフ。未勝利戦の中山芝2000m、前走の札幌日刊スポーツ杯と、早め仕掛けからのレースで圧勝しているのがいいね。週末の京都は雨の可能性もあるようで、そうなるとなおいい。高速馬場に対応できるかどうかが鍵になるけど、馬券圏内に走ってくる可能性は十分あるんじゃないかな。

編 わかりました。じゃあ、このあとの土曜日の勝負予想から注目のレースを教えてください。

石 え〜っと、って、シレっと何を聞いてるんだよ(笑)。

編 注目レースくらいいいじゃないですか〜。

石 4レースか5レース配信する予定だけど、どれも注目だからまんべんなくチェックしておいてほしいけど、あえて挙げるなら新潟メインと東京最終は個人的にも楽しみにしてるよ。

編 いいですね。新潟芝1000mと、東京ダ1600mですね。僕も楽しみにしています。それでは石橋さん、どうもありがとうございました。このあとの勝負予想もよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は石橋氏の都合により金曜日の公開とさせていただきます。
今週末に行われるG1菊花賞を取り上げますので(枠番発表後の見解となります)、どうぞご期待下さい。
お待たせしてしまい申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週のブログ、700を超える拍手をいただきましたよ。海外馬券への関心の高さがうかがえますね。

石橋 武(以下、石) まさかこんなに多いとは……。さすがにこれでは海外馬券の予想配信をしないとね。

編 ですよね(笑)。皆さんの勝負予想への期待度も感じますし。

石 たぶん勝負予想をご覧になっていない方のなかにもボタンを押してくださった方がいらっしゃると思うので、このブログのなかでも注目馬とか、ちょいちょいお伝えできればと考えています。引き続きよろしくお願いします。

編 あ、それはいいですね。そうやって競馬が盛り上がっていくのがベストですから。

石 それと海外の馬券は平日に売ることもあるので、たしか次のメルボルンCもそうだし、勝負予想をご覧の方は忘れないようにチェックしておいてくださいね。

編 ああ、メルボルンCは現地の火曜日でしたもんね。

石 そうそう。そのあたりは注意しておいてください。

編 そして海外のG1もいいですけど、なんと言っても関心はやっぱり国内G1ですよね。今週から秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)と3週連続のG1ですから。

石 いよいよ始まった感があるよね。外したスプリンターズSをなかったことにするわけじゃないけど(笑)。

編 たしかに(笑)。って、スプリンターズSも本命◎レッドファルクスの単勝は的中していますし、人気薄の△ソルヴェイグもちゃんと3着に走ってきてますからね。あえて不安のある人気馬を切ったのが結果的に裏目に出ただけで。

石 まあ、3連単を外したことに変わりないからね。

編 あれからレース映像をじっくり見ましたけど、あれは展開ですよね〜。遅かったですもん。(逃げて2着の)ミッキーアイルに勝ってくれと言わんばかりのレースでしたよね。

石 ビッグアーサーがスタート後に(先行争いから)引いたのがすべてでしょう。まあ、それも競馬。そういう展開も考えておくべきだったということ。そうおいう反省点を今後に活かしていかないとね。

編 じゃあ、さっそく秋華賞で活かしていただきましょうか。

石 これまた展開が難しそうなレースで(笑)。

編 小回りの京都芝2000mですからね(笑)。でもむしろ石橋さんはこういうトリッキーというか特殊なコースに強みを発揮しますからね。皆さんも期待していると思います。ということでさっそく現時点での注目穴馬をお聞きしましょうか。

石 今回は先行馬が揃ったよね〜。逃げたいエンジェルフェイスが最内枠に入ったり。なかなか前半から激しいレースになりそうだよ。

編 とういことは後ろから行く馬に注目しておいたほうがいいと。

石 基本的には。ただ、先行馬が多い時って、意外と一頭がポンと飛び出すと、流れが落ち着いちゃうこともあるから。ということで、まずは先行馬ダイワドレッサーに注目しておこうか。

編 ダイワドレッサーって、前走のラジオNIKKEI賞でも相手筆頭に推していた馬ですよね。

石 よく覚えてるな、相手まで。

編 だって印象的でしたもん。全然人気ないのに相手筆頭だと思って。で、実際に9番人気2着に激走ですからね。

石 そう、そして評価したのもそのラジオNIKKEI賞なんだ。あれ、かなり強い競馬だからね。

編 小回りを先行して残ったというだけではない?

石 全然違う。勝ったのはこの前のセントライト記念でディーマジェスティと接戦、2着に好走したゼーヴィントだったんだけど、ゼーヴィントはラジオNIKKEI賞で4コーナー7番手の中団から。

編 ええ、キレイに差しが決まりましたよね。

石 で、3〜5着に走ってきたのはほとんど最後方を走っていて、4コーナーでもふたケタ番手だった3頭(アーバンキッド、アップクォーク、ブラックスピネル)。それに引き換え、ダイワドレッサーは……

編 おお、番手の競馬をしてるんだ。4コーナー3番手で、先行勢のなかでは唯一掲示板を確保している。

石 そう、あれは強い。たしかにハンデは53キロだったけど、勝ったゼーヴィントは54キロ。こちらが牝馬ということを考えるとね。道中、ずっと澱みのない流れが続いて、それを番手で受けて、最後まで押し切る勢いだったんだからね。

編 今回、先行馬が揃っていますけど、この馬なら耐えられると。

石 むしろこの馬が早めに仕掛けて前を掃除するんじゃないかと。となれば、簡単にはバテないし、平坦京都の内回りなら押し切る可能性は十分。ハイペースにもスローペースにも対応できる強みがあるんだよね。能力が高くて瞬発力に長けたシンハライトが出てこないここは、大きなチャンスだと思う。外枠は歓迎とは言わないけど、この馬なら大きなマイナスにはならないよ。

編 なるほどね〜。これは楽しみだわ。

石 あとは差し馬から2頭。まずはここにきての成長が大きいミエノサクシード。春は追走だけで手一杯だったのに、ここ2走は完全に格上馬としての競馬だよね。前走でスタートも克服しているし、なんだろうな、腰がパンとしたのかな。以前の出遅れも気性的なものじゃなくて、後肢が弱いのかなと感じるところもあって。

編 へ〜。それがしっかりしてきたことが、この2走の好走に繋がっていると。

石 まあそのあたりは馬と接しているわけではないので、想像だからね。ただ事実として、競馬ぶりが変わっているのは間違いないし、前走なんか最後は遊んでたでしょ。

編 ええ、ジョッキーのコメントでも物見してフラついたと。

石 この2走はスローからの末脚勝負で勝っているんだけど、3走前の1400m戦では着順こそ7着だったけど、1400mの速い流れでメンバー中最速の上がりを使えている。最後方からの競馬というのももちろんあるけど、それにしてもあのペースのなかで脚を溜められて伸びてくるんだから、2000mのここなら問題なく脚を溜められるでしょ。

編 枠はどうです?

石 いいところでしょう。内で揉まれて前が詰まるリスクを考えれば、よっぽどいいよ。

編 じゃあ、もう一頭お願いします。

石 最後は末脚の一発勝負にかけるデンコウアンジュ。展開がハマるかどうかが問題だけど、一発があるのは大抵こういう馬。現時点ではこの3頭かな。

編 わかりました。ちょっとひと波乱ありそうなレースですよね。

石 ひと波乱で済むかどうか(笑)。今言った馬以上に人気がなさそうなのも考えているし、週末の勝負予想をチェックしておいていただければと。

編 そうですね。楽しみにしています。それでは石橋さん、今週もよろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は14日(金)に公開させていただきます。
取り上げるのは秋華賞。枠順発表後の見解となります。
ぜひご期待ください。


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は初の海外馬券発売となった凱旋門賞を予想しましたけど、なかなか好評だったみたいですよ。

石橋 武(以下、石) “初”だけに当てたかった……。

編 とはいえ、穴馬の本命◎オーダーオブセントジョージが8番人気3着と好走したのを見抜きましたし、勝った△ファウンドも相手筆頭。海外の馬券にも二頭流が通用するという最低限のところは見せられたんじゃないですか?

石 そうかな〜。

編 で、今後はどうするんですか?

石 このあとの海外馬券?

編 ええ。

石 まだ決めてないけど、需要があるなら配信していこうかなぁ。少しでも皆さんの参考になるなら。ただあくまで勝負はJRAのレースだけどね。

編 参考にはなるでしょう。あ、じゃあこうします? ほらこの対談って「拍手ボタン」があるじゃないですか。これが10月11日までに100拍手を越えたら需要があるってことで海外馬券の予想も配信していくということで。

石 それはちょっと面白いね。そうしてみようか。

編 はい、決定〜! では皆さん、今後も海外馬券の予想の配信を希望する方は拍手ボタンを押しといてください。で、改めて先週の結果ですけど。

石 はい、勝負予想ね。

編 まずはG1のスプリンターズSですね。こちらは人気馬の本命◎レッドファルクスが見事に3番人気1着(単勝920円)と見解通りの走りを見せてくれて、穴馬の△ソルヴェイグも9番人気3着。ちなみにどちらもスポーツマスターさんの編集部通信(9月30日号)で名前を挙げていましたよね。

石 対談時には、まさか◎レッドファルクスが3番人気まで支持を集めるとは思ってなかったけどね。

編 で、問題は2着のミッキーアイル。これが抜けて3連単18万馬券を獲れなかったですよね。

石 そんな怖い顔をしなくても。まあ、たしかにミッキーが抜けて申し訳なかったなとは思うんだけど、正直この馬に関しては迷いもなく切りだったので……

編 見解にもそう書かれていましたよね。

石 その前の高松宮記念と比べると、明らかに調子が落ちている印象を受けたので。調教からも。あれじゃ買えないなと。結果的に△ビッグアーサーが行かずにマイペースに持ち込まれてしまったという。展開の読みが甘かった。

編 いや、甘くはないでしょう。△ビッグアーサーが好走していれば展開の読みが甘かったとなるんでしょうけど、こちらも沈んでますよね。石橋さんも見解に書かれていたように最内枠、しかも2戦連続での最内枠がアダになった格好ですよね。

石 そうね。行かなければ今回のように出るに出られないポジションになる可能性が高い枠なわけだから。かといって、行けばミッキーと競り合う厳しいペースになる可能性が高いと。そう判断したから印を落として相手評価△までだったんだけど。

編 そうなるとミッキーアイルの評価も落とすと。調子が良くなさそうに見えるうえに、展開面もキツいと。だから無印だったわけですもんね。

石 そうね。

編 めっちゃ理にかなってるじゃないですか。

石 いつもそのつもりですけど(苦笑)。ただ、外したら言い訳にしかならんね。

編 外しているというか、単勝的中ですけど、どうせなら3連単18万馬券も獲りたいですからね。あ、そうそう。理にかなっているといえば、日曜日の勝浦特別が惜しかった。

石 惜しくはないでしょ。

編 いや、穴馬の本命のオートクレール。結果、12番人気4着とあとほんの少しのところで馬券圏内を外したとはいえ、見解を読んで、しかも12番人気での好走ですから、すごく納得というか感心させられたんですよ。で、その見解がこちら。
「◎オートクレールは前々走、前走で札幌芝1500mを善戦(前走は着順的には7着だが、不向きな展開と勝ち馬との着差を考えると十分善戦と言える内容)。札幌芝1500mは大回りのコーナーで息の入りづらい競馬になりやすく、同馬が結果を出している他場と合わせて考えると、持続力勝負に向いたタイプと言える。実際、中山短距離では芝・ダかかわらず大崩れなく走っていることからも、同馬の適性は明らかだ。今回はその中山短距離戦で、使い詰めだった夏場から一息入れたことで調教内容もグンと上昇。今回はメンバー構成からもスローが見込まれ(スローとは言っても中山なりのスローで、瞬発力が通用する流れではない)、前走からの距離短縮とはいえ追走に困るようなペースは考えづらい。中山芝コースでの実績と、持続力を活かせる流れとなれば、ハンデ52キロも含め大いに好走が期待できる」

石 外れたレースの見解を出すんじゃない(苦笑)。

編 当たり外れも大切ですけど、こういう鋭い見解も僕らの参考になるわけで、ここは出させてもらいます。これも石橋さんの予想の魅力ですから。穴馬ってこういう見つけ方をすればいいんだ〜というのが、すごくよくわかるので。で、さらに……

石 まだあるの? 回顧が長くない(笑)?

編 ちゃんと当たったレースについても話したい(笑)。ということで、単勝二頭流としては土曜日の中山最終。穴馬の本命が◎シゲルヒラマサで、人気馬の本命がピュアノアール。

石 意外と◎シゲルヒラマサの単勝がついたんだよね。

編 ええ。それぞれ本命が6番人気1着、2番人気3着に好走して、◎シゲルヒラマサの単勝が2,020円。こちらは2着が抜けずに……

石 うるさいな、嫌みか(笑)。

編 (笑)。2着馬が抜けずに3連単21,900円も的中。3連単の配当は大したことないですけど、単勝はおいしいですよね。

石 そうね。

編 加えて、日曜日の阪神最終でも、◎コクスイセン(3人気1着。単勝590円)からの馬券で、3連単21,170円を的中と。

石 なんかこう並べられると、ひしひしと「3連単の高配当を獲れ!」というのが伝わってきますな。

編 はい、その通りです。スプリンターズSの結果を見るまでもなく、10万、20万くらいの馬券ならすぐ獲れるでしょ。意外と成績のいい東京・京都開催できっちり大きいのを獲ってもらいますからね。

石 その前に意外と成績がいいってなんだよ(笑)。

編 ほら、石橋さんってトリッキーなコースが得意だから中山とか内回りとか、ローカル、特に北海道開催とかが得意なイメージじゃないですか。実際、成績もいいんですけど。だけど調べてみたら、10万円以上の高配当って、けっこう東京と京都で出てるんですよね。

石 だって全然、苦手意識ないもの。

編 あ、やっぱり(笑)。というわけで、今週から始まる東京・京都開催もよろしくお願いします! で、なんでここまで回顧を長くとったのかというと……

石 はい。

編 今週の重賞がどれも少頭数なんですよね〜(笑)。で、どうやって間を持たそうかと。

石 ああ、そんなこと? だったら、こうしようかな。

編 どうしようと?

石 重賞3レースの注目穴馬をそれぞれ1頭ずつ挙げていけば、少頭数でも対応できるでしょ。ただ、3重賞とも勝負予想で配信するかどうかは、妙味次第のところはあるので、その点はご理解いただければと。

編 あ、いいですね〜、それ。あ、そうか。今週末は3日間開催か。スポーツマスターの勝負予想はどうなるんですか?

石 もちろん3日間とも配信しますよ。3日間で9レース以上、たぶん10〜12レースくらいになるかな。ただ、3日間開催は出走馬が分散するので、初頭数になりがちじゃない? だから早めのレース、8レースくらいから勝負予想になる可能性はあるので、早めにチェックしてもらえればと。

編 おお、いつもの週より多いのか。

石 多くなる可能性があるということね。いつもより少ないというのは絶対にないけど。

編 わかりました。では話を戻して、今週末の3重賞についてですけど、さっそく土曜日のサウジアラビアRCから注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。このレースは去年が第1回なんだけど、この時期の2歳マイル戦は意外と上位人気の馬が走ってくるんだよね。人気薄の大駆けというのが少ないんだ。ヒモ荒れのイメージを持っておいてもらえるといいんじゃないかな。

編 へ〜、荒れそうなんですけどね。

石 東京マイルだから能力が出やすいというのと、この時期のオープン戦は出走馬の能力もまだバラバラだから。1勝馬が多いしね。

編 そうか、能力に開きがあるなかでの能力勝負になっちゃうのか。じゃあ、それを踏まえて注目しているのは?

石 バリンジャーが面白いなと。

編 前走、函館2歳Sで6着でした。前走の負けと、今回は一気の距離延長になりますけど……

石 前走はスタートで煽ったからね。結果、ずっと外をまわらされるハメになって、それで6着まで差を詰めてきたことを考えれば、決して悲観するような内容じゃなかった。

編 距離延長に関しては?

石 新馬勝ちしたレースも、前走も勝負どころでスッと加速できるんだよね。この手のタイプは、追走がラクになるぶん距離が延びたほうが競馬がしやすくなる。ペースの速かった前走は、さすがに追走もキツそうだったからね。東京マイルの2歳戦はスロー→瞬発力勝負になるケースが多いし、そうなればスムーズに加速できるこの馬にもチャンスはあると思うよ。

編 なるほど。

石 続いては日曜日の毎日王冠ね。

編 はい、よろしくお願いします。

石 こちらは穴馬となるとなかなか難しいけど、ダノンシャークはチャンスがありそうかな。

編 去年のこのレースでも10番人気4着と善戦していましたね。

石 そうね。しかも去年はエイシンヒカリの逃げ切りで、ペースも緩かった。末脚を活かしたいダノンシャークにとっては、不向きな流れだったよね。

編 続く天皇賞(秋)もスローに泣かされたところがありましたしね。

石 後ろからしか行けない馬だけに、展開が向かなかったり、前が詰まったり、そういうリスクはある意味覚悟のうえではあるんだけど、今回は前に行きたい馬が揃って、しかも頭数も手頃でしょ。

編 ええ。登録が14頭ですからね。

石 前が詰まるリスクも少なくなるわけで、ここは相手が強いとはいえ、チャンスは大きい。

編 休み明けにも実績がありますし、8歳という年齢も嫌われそうなので、妙味もありますよね。

石 年齢なんて気にしなくていいのにね。

編 じゃあ、最後に月曜日(祝)に行われる京都大賞典。こちらのオススメ穴馬は?

石 アドマイヤデウス。

編 前走の天皇賞(春)は9着と大敗。やっぱり距離ですかね。

石 3〜4コーナーでのパッタリさ加減を見ると、間違いなく距離だろうね。去年も大負けしているし。

編 じゃあ、今回の距離短縮はいいですね。

石 間違いなくいいよ。ベストの距離もいいし、京都も合うからね。もともと能力は高い馬で、展開がまったく向かなかった去年の有馬記念でも小差の競馬ができているし、このメンバーなら勝てるだけのものはあるよ。

編 キタサンブラック、ラストインパクト、ラブリーデイあたりの実績馬は、先の先まで見通した仕上げでしょうしね。

石 そうね、一方、この馬はある意味このレースの結果次第だよね。仕上げの差も考えれば、アタマまであるよ。

編 馬場が渋ってもOKですしね。じゃあ、現時点ではこの3頭に注目ということで、あとは週末の配信を待つということで。

石 さっきも言ったけど、さらに頭数が減るようだと、勝負レースとしては配信しない可能性もあるからね。

編 ああ、そうか。了解です。いずれにせよ、3日間開催でガツンと3発くらい大きいのをお願いします! それでは石橋さん、どうもありがとうございました。あ、あと、海外競馬の予想希望の方、下の拍手ボタンを忘れずに押しておいてくださいね〜。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日(10月6日)更新予定の対談は予定通り行われておりますが、編集部の都合で公開が遅れております。申し訳ございません。
今晩中、遅くとも金曜日の午前中には公開致しますので、今しばらくお待ち下さい。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR