『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ秋のG1戦線がスタートしますね。しょっぱなの今週はスプリンターズS、おまけに日曜日の夜には凱旋門賞の馬券まで売られるという、楽しい週末になりそうです。

石橋 武(以下、石) そうね。日本初の海外馬券発売がどういう形で売れるのか、すごく楽しみだよね。

編 みんな日本馬を応援するから、馬券的にはかなり面白いレースになると言ってましたよね。

石 コースによってはね。今週末みたいなフランスとかヨーロッパの競馬だと、日本馬に向いているとは言えないからね。日本馬が人気になってコケるパターンが多くなりそうだよね。ただ逆に香港とか、コースによってはオーストラリアだと日本馬向きの馬場だから、むしろ現地で馬券を買った方がオイシイような。

編 ですよね。ちなみに凱旋門賞の予想はどうするんですか?

石 あ〜、それスポーツマスターの方にも言われて、参考予想として配信することにしたわ。勝負予想の日曜日版の最後に掲載するということで。

編 じゃあ、通常の予想5レース+凱旋門賞ということですか?

石 そう。

編 めっちゃ大変じゃないですか(笑)。スポーツマスターさんも働かせますね(笑)。

石 まあ、僕としても配信してみて、どういう感じになるか見たかったというのもあるしね。あまり反応がなければ、次からやめればいいし。

編 まあ、やってみないとわからないところはありますもんね。

石 だよね。あ、あとスプリンターズSの注目穴馬もスポーツマスターの編集部通信でお話しているので、興味のある方はそちらでお願いします。どなたも無料で見ることができますので。

編 興味のある方って、みんな興味あるでしょ(笑)。で、こちらではめずらしく土曜日のレースを取り上げるんですよね。

石 はい、シリウスSについてお話ししようかと。

編 阪神ダート2000mのレースですね。石橋さんが得意の条件ですし、さっそくお話をお聞きしましょうか。ちょうど枠順も発表されたところですし。

石 そうね。少頭数になっちゃったけど、勝負予想では点数を絞って高回収率を狙っていきますよ。

編 じゃあ、現時点の注目穴馬をお願いします。

石 はい、まずはメイショウイチオシ。金蹄Sが強い競馬だったんだ。自身でハイペースを作って、最後まで渋太く粘るという内容で。で、その次走の甲南Sはあっさり勝利してるしね。

編 今回と同じ阪神ダ2000mですよね。

石 そうそう。今回は少頭数で先手を奪いやすいし、芝スタートで直後の直線が長いという、スローになりやすい状況が揃った。展開面で一番メリットを感じられるのがこの馬だよね。

編 休み明けの前走をひと叩きされた上積みも見込めますしね。

石 そうね。前走はスタートで躓いた時点でアウト。あの大敗は度外視でOK。巻き返しが期待で切るよ。

編 続いての穴馬は?

石 ミツバ。穴馬と言えるほど人気薄というわけじゃないのが申し訳ないけど。

編 まあ、この頭数ですから。

石 そうなんだよね。ミツバは速い上がりを使えるタイプで、スローの瞬発力勝負に強い。さっき言ったように、スローになりやすい状況が揃っていて、さらに金曜日のお昼時点でダートは重発表。脚抜きのいい馬場で、さらに上がりのスピードが要求されるからね。

編 なるほど。

石 2カ月ぶりの前走をひと叩きされて、中1週でもしっかり調教で負荷をかけられているからね。上積みも大きいと思うよ。

編 そうですよね。

石 現時点ではこの2頭に注目しておこうかと。最終結論はこのあと配信する勝負予想でお願いします。

編 わかりました。じゃあ、スポーツマスターさん編集部通信のスプリンターズSのお話と合わせて参考にさせていただきます。ありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は中山芝1200mの初風特別で本命馬2頭が馬券絡み。相手に選んだ人気薄△デンコウウノが11番人気1着に激走して3連複18,010円を的中。来週に迫ったスプリンターズSに向けて、いい感じで馬場が掴めているんじゃないですか?

石橋 武(以下、石) そういうことは3連単まで当たってから言いたいけどね(苦笑)。でもまあ、中山芝1200mは適性がはっきりと出るコースなので、けっこう当てやすいよね。

編 ああ、いつも見解で書いているダート的な……という?

石 そうそう。まあ、それは来週詳しくお話しするわ。あ、そうそう。来週なんだけど、この対談の公開を金曜日にしてほしいんだけど、大丈夫かな。

編 もちろん構いませんけど、どうしました?

石 スプリンターズSの話をスポーツマスターの編集部通信ですることになっていて、こっちではシリウスSの話にしようかと思ってるんだけど、せっかく土曜日のレースを取り上げるんだから、枠順の発表を待ってからにしようかと。

編 お〜、いいじゃないですか。そういうことなら大歓迎です。ちなみにスポーツマスターさんのほうのスプリンターズSの話って、いつもここで話しているような内容なんですか?

石 そう。穴馬を3頭挙げてほしいって言われてるから。

編 じゃあ僕ら的にはむしろ2レース分のお話を聞けると。ラッキーだわ(笑)。

石 そりゃ、役に立てばラッキーだろうけど(笑)。

編 それは大丈夫でしょう。特にスプリンターズSについては、さっきも言ったように完全に手の内に入れてるようですし。

石 まあ、今週末もあって馬場の傾向も変わるから、あまり今から大きなことを言わないように(笑)。ということで、来週の対談は金曜日に更新、取り上げるのはシリウスS。スプリンターズSの話はスポーツマスターの編集部通信ということで、よろしくお願いします。

編 はい、了解です。じゃあ、そろそろ本題に入らせていただいて、今週末はオールカマーと神戸新聞杯とが行われますけど、どちらを取り上げましょうか。

石 頭数が多い神戸新聞杯にしようかな。

編 いいですね。ダービーからの直行組、古馬と戦ってきた組、そのほか3歳戦からの組と路線もバラバラだし、ちょっと能力の比較が難しいかなと思ってたので。

石 それで言うと、ダービー直行組、とくに上位組はやっぱり能力は高い。古馬と戦ってきた組は1000万クラスを勝ってきたようならここでも勝ち負けになるレベル。ダービー以外の3歳戦から向かってきた馬は、オープンで上位に入っているようなら見どころはあるという感じかな。

編 となると、やっぱりサトノダイヤモンドとかエアスピネルは強いですよね。

石 そうだね。ただ、この2頭がどうこうということではなく、この手の馬は目標はこの次だからね。トライアルのここで完全に仕上げてくることはないので、付け入る隙があるよね。

編 そうですよね。じゃあ、そのあたりも踏まえて現時点での注目穴馬を教えてください。

石 了解。まずはミッキーロケット。

編 前走、古馬相手の1000万クラスを勝ってきました。

石 そのレースがかなりハイレベルだったんだよね。出遅れぎみのスタートから徐々にポジションを押し上げて、最後はきれいに差し切ったからね。相手関係も強かったしね。

編 なんか競馬ぶりが大人びているというか……

石 そうそう。まだ余裕があったよね。神戸新聞杯は一瞬の切れではなく、息の長い末脚を要求されるんだけど、前走のように早めに仕掛けて最後まで伸び切ったレースぶりはピッタリだよね。

編 なるほどね〜。

石 3歳春の時点で2400mを使ったように(梅花賞2着)、スタミナも問題ないし、スプリングSを見てもわかるようにある程度速い流れのなからでもしっかりとした末脚を繰り出せる。

編 坂もこなしていますしね。

石 そうだね。早めの休養から夏に復帰、順調に使われてきた強みも含め、好走が期待できるよ。

編 たしかに。

石 続いてはカフジプリンスもチェック。

編 これも2走前に1000万クラスを勝ち上がっています。5馬身差の圧勝でしたね。

石 そうね。メンバーがやや手薄だったというのを差し引いても、開幕週で前残りの馬場を差し切ったのは評価できるよ。

編 ですよね。前走のOP特別も負けてはいますけど、メンバー中最速の上がりをマークしていますし。

石 前走は力負けというより展開が向かなかったね。完全に前残りの競馬になっちゃったから。春に息の長い末脚が必要な中京で好走しているし、当然距離も問題なし。今回は大型馬の叩き3走目でもあるし、同世代同士なら十分好勝負できるよ。

編 あとはどの馬をチェックします?

石 ジョルジュサンクかな。

編 ダービー以外の3歳戦組ですね。前走、ラジオNIKKEI賞6着からの参戦です。

石 出入りの激しい競馬で、さらに早めに仕掛けるという強気な競馬だったよね。それでいて最後まで抵抗を見せていただけに、これは高く評価できるなと。

編 6着でも。

石 うん。勝ち馬との差はそんなにないし、あの厳しい流れでよく頑張ったよ。実際、掲示板に乗った5頭中3頭は4コーナーでフタ桁番手にいた馬だし、勝ったのも中団の内でじっとしていた馬だから。

編 ああ、そうでしたね。

石 今開催の阪神はまだ前が残る馬場だし、この馬の持続力をもってすれば面白いことになるんじゃないかな。基本的に差し馬が走ってくるレースだけど、この馬の前残りは警戒しておきたいね。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しておきます。なんかこの3頭から人気馬に流しときゃ当たるんじゃないかと(笑)。

石 そういう意味では人気馬の取捨も大きなポイントになってくるレースなんだよね。どういう組み合わせがベストなのか、妙味も含めて週末の結論を考えていきます。

編 はい。よろしくお願いします。石橋さん、どうもありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週のこのブログで「中山ダ1200mに注目!」と仰っていましたけど、有言実行というか、本当に中山最終で本命の◎ヒカリマサムネ(11人気)が突っ込んできて、単勝4,340円と高配当をつけましたね。

石橋 武(以下、石) 「本当に」って疑ってたんかい(笑)。

編 いや、そうわけじゃなくて、最初の中山ダ1200mのながつきSは惜しいところでタテ目決着だし、その後の得意の中山マイルで京成杯AHをはずすしで、そこでの超人気薄本命じゃないですか。

石 疑ってたんじゃん(笑)。でもまあ、たしかにそれは私が悪かった。気持ち的にも余裕のある勝負ができるようにしないと。

編 最終レースのあとは相当気分的にも金銭的にも余裕でしたけどね。だからオッケーかなと(笑)。ただ、できれば3着馬にも印を打っておいてほしかった。

石 ああ、あれな〜(苦笑)。3連単180万円だっけ?

編 ええ。182万4,150円。

石 獲れたよな〜。

編 獲れましたね〜(笑)。3、4着が入れ替わってくれてもよかったんですけどね。4着の◎スミレは人気馬の本命でしたし、それでも38万馬券でしたから。そう考えると、石橋さんの予想って、いつも100万馬券と隣り合わせのところにいるわけですよね。

石 そりゃそうだよ。狙って勝負しているし、それがあってこその「単勝二頭流」なんだから。

編 ですよね。なんか昔は100万馬券を自分が獲るなんてイメージすらなかったんですけど、石橋さんの予想を見るようになって100万馬券なんてすぐそこじゃんって思えますよね。

石 だってすぐそこだもの(笑)。と言いつつ、先週も獲れてないようじゃ説得力もないね。改めて気合いを入れ直して、秋競馬2週目に突入するとしますか。

編 はい! よろしくお願いします。今週末は3歳G1トライアルが2鞍。秋華賞トライアルのローズSと、菊花賞トライアルのセントライト記念が行われますね。

石 どうしようかな、頭数の揃いそうなローズSにしようかとも思ったけど、穴馬が台頭する余地が……(笑)。セントライトとローズSの穴馬合わせて3頭くらい紹介しようか。

編 それがよさそうですね(笑)。ではさっそくお願いします。

石 了解です。じゃあ、まずはローズSから。まずは先行馬からフロムマイハート。

編 オークスは大敗しちゃいましたね。距離が長かったんでしょうかね。

石 距離というよりペースだろうね。前に行った馬はほぼ崩れてたし、この馬も先行してたから。ただ今回はその先行力が武器になるなと。

編 開幕したての馬場ですしね。

石 そうね。開幕したてである程度速めのペースで流れてもそう簡単には止まらない馬場というのはあるね。ただそれよりもいいのが、フロムマイハートって阪神芝1800mで走るとかならずパフォーマンスを上げてくるんだよね。2走前を見てもわかるように1800mという距離もいいんだろうね。

編 そうか、シクラメン賞の5番人気2着とか500万下勝ちも阪神芝1800mですよね。

石 そうそう。今回、差し馬の強力なのがいるけど、あちらの本番はもうひとつ先。早め抜け出しからこの馬の先行力を活かせれば、得意の距離、得意のコースで好走が期待できる。

編 なるほど。

石 続いて差し馬からフォールインラブ。

編 前走は1000万特別を5着でした。

石 ちょっと距離が短かったね。ついて行けないところがあったし、それに大外枠で内に入れられなかったのもツラかった。むしろあの競馬で古馬相手に1馬身差5着だったら上々の内容でしょう。

編 あ、そうなんですね。

石 うん。それにこの馬は持続力勝負になりやすい1400mで速い脚を使っているけど、ああいう澱みのない流れからシュッと加速できるのは、このレース、そして出られれば秋華賞では大きな武器となる。

編 お、秋華賞まで。

石 出られればだよ(笑)。ただ、前走からの距離延長でラクにポジションを取れるし、このタイプ、1400mでも速い脚を使えるようなタイプは前めの位置からでもシュッと切れるからね。

編 2走前の遊楽部特別でも先行しつつメンバー中上位の上がりを使ってましたもんね。

石 あとはセントライト記念ね。こっちの注目はメートルダール。穴馬と呼ぶにはちょっと人気サイドかなという気もするけど、この馬ってちょっと仕掛けてからトップスピードに乗るまでに時間がかかるでしょ。

編 ええ、いつも脚を余して負けているような。

石 だよね。ただ、今の中山はかなりパワフルな馬場で、こういうパワーを使って伸びてくるというか、なんというかな、仕掛けてちょっとモタつくような、でも追ってバテないタイプによく合うんだ。東京とかだと差し届かなかったり、反対に切れ負けしちゃったりするんだけど。

編 なるほど。近走のちょっと足りない競馬で、人気を落としてくれるといいんですけどね。

石 どうだろうな。5番人気くらいとは思ってるんだけどね。とりあえずはこの3頭に注目しておこうかなと。

編 わかりました。あとは週末の勝負予想ですね。あ、引き続き中山ダ1200mもマジで期待してますからね。

石 もちろんです。重賞だけじゃなくて、特別戦、平場戦にもご注目いただければと。180万馬券、狙います。

編 そこまで狙わなくていいですけど(笑)、勝手に配当はついてきそうですよね。楽しみにしてます! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

石橋 武(以下、石) 皆さん、大変お待たせしました。

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 枠順を見たいということですから、仕方ないですよね。誰も文句言わないでしょう。当たりさえすれば(笑)。

石 ああ、それな(笑)。

編 それはさておき、枠順を見たいというのはやっぱり外枠不利とかそういう意味で?

石 あ〜、外枠って言われているほど不利じゃないですよ。いや、先行馬にとってはポジションを獲りづらいから不利と言えるんだけれども、差せる馬にとってはさほど不利じゃない。しかも今って、クッションの効いた馬場にしているから、開幕週から差しが効く。さらに外枠が不利という状況じゃないよね。

編 ああ、そういうことか〜。

石 実際、馬場を改修したあと、去年の京成杯AHは4コーナーで15番手にいたフラアンジェリコが差し切っているし、枠順も6枠12番と外めだったよね。

編 たしかに!

石 改修前はたしかに外枠がまったくこないということもあったんだけど、今は外枠だからって無条件に切るのはやめたほうがいい。先行馬が外枠に揃ったときにハイペースになりやすいとか、逆にどスローになるとか、そのあたりの見極めが大切かなと。もうこれは馬のタイプによるんだけど。

編 ちなみに今回は先行馬のペイシャフェリスが8枠15番と外枠に入りました。

石 ただ今回はなにがなんでも前へという馬はいないし、この馬自身は1200mでも前に行けちゃう馬だからね。出たなりにラクに先手を奪えることはないけど、多少出して行けばポジションを取れないわけじゃない。まあ、それがまた馬券に繫がるかとなると話は別なんだけれども。

編 じゃあ、馬券的な話になりますけど、このメンバー構成、枠順を見たうえで、石橋さんが注目している穴馬はどれになります?

石 まだ土曜日の競馬が始まったばかりだから(※この対談は土曜日の午前中に行われました)、馬場改修後の傾向から判断するけど、基本は差し馬有利。馬券に絡む3議席のうち2議席は差し馬からという感じかな。

編 なるほど。じゃあ、まずは差し馬に注目ということで。

石 そうね。差し馬からはトウショウドラフタとリーサルウェポン。

編 ともに外枠ですね。

石 そう。開幕週はみんな内を意識するから、むしろ内でゴチャつくよりもスムーズに回ってこられる外枠のほうがいい。さっきも言ったように中山は開幕週から差せる馬場になると思うし。

編 なるほど。ちなみにトウショウドラフタは勝ち鞍が1400mに集中していますよね? マイルってどうなんでしょう?

石 これが例えば東京マイルとかだと瞬発力に欠けるぶん、切れ負けする可能性はあるけど、中山の外回りコースは最後のおにぎり型コースの頂点すぎから最後の直線の坂まで下るというコース設計。中山芝1200mもそうなんだけど、下って、最後の直線で急坂というのは持続力を要するんだ。

編 そういうことか〜。リーサルウェポンも1400mでの好走歴がありますよね。

石 ビュッと切れるタイプじゃないんだけど、言葉は悪いけどダラダラ伸びるというか、バテない脚がある。この馬に関しては展開に恵まれてというところは否めないけど、それでも買う価値はあるなと。

編 なるほど。では先行馬からは?

石 ピークトラム。タフな中京マイルで先行して2着(中京記念)。馬場の軽い新潟だとスピードが足りないんだけど(前走大敗)、上がりの掛かる中山なら再度好走が可能だよ。ハンデも手頃だし、いい感じに人気が落ちたところで警戒してきたい。

編 わかりました。じゃあ、この3頭に注目しておきますね。このあとの勝負予想も期待してます!

石 は〜い。京成杯もそうだけど、中山ダ1200mも2鞍配信する予定なので、ちょっとそちらにも注目してみてください。

編 お、なにかありそう(笑)。了解です。じゃあ、一発とは言わず、2発でも3発でも大きいところを期待してますね! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は、京成杯AHを取り上げる予定ですが、石橋氏より枠順確定後にお話ししたいとの申し出があり、土曜日の夕方までに公開させていただくことになりました。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。
遅くとも土曜日の17時までには公開致します。
ご連絡が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

編集部からのお知らせ

先週お伝えしました通り、今週の対談はお休みとさせていただきます。
ただ、新潟記念の推奨穴馬に関しては、スポーツマスター編集部通信にて公開中です。
どなた様も無料でご覧いただけますので、ぜひご期待ください。
来週は通常通り、対談を行います。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR