編集部からのお知らせ

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今週の対談は、石橋氏のスケジュールの都合により金曜日夕方までの更新を予定しております。
ただ、今週、来週に関しては、スケジュール次第で対談ではなく、推奨馬の掲載となる可能性もございます。
石橋氏も「できる限り対談の時間は取るようにします」と仰っておりますが、変更の可能性があることは事前にお知らせさせていただきます。
あらかじめご承知おき下さい。



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週は春のG1を締めくくる宝塚記念が行われます。意外とメンバーが揃いましたよね。

石橋 武(以下、石) そうだよね。ひと昔前は空き家みたいなレースになることも多かったのに、今年はいいメンバーが集まったよね。

編 ええ。でもそのぶん予想が難しいんじゃないですか?

石 いや、それはあんまり関係ないかな。阪神の内回りコースだから、他のG1と比べると適性がわかりやすいんだよね。

編 といいますと?

石 ほら、ほとんどの日本のG1って、外回りコースか広くて直線の長いコースで行われるでしょ?

編 たしかに。秋華賞と宝塚記念、あとは中山のG1くらいですかね。中山は外回りでも競馬場自体がほかの中央3場と比べて小さいので。

石 そう。あとはほとんど直線の長いコースで行われる。つまり日本の馬って、そういう直線の長いコースで強くなるように代々配合されてきたんだ。言い換えれば、内回りコースで強いという資質は、日本馬にとっては特異なものというと言い過ぎだけど、あまり求められてこなかったものだからね。

編 でもここ5年の結果を見ても、オルフェーヴルとかゴールドシップとか、いわゆる日本で強い馬が勝っているじゃないですか。

石 オルフェーヴルは完全に力が抜けていたから(笑)。ただゴールドシップは内回りに強いタイプでしょ。瞬発力が要求されるダービーとか、京都外回りは基本的に苦手だったわけだし。

編 ああ、そうか。それは石橋さんもずっと言ってましたよね。ゴールドシップが初めて天皇賞(春)に挑戦する4歳の春から。

石 で、ゴールドシップは「順当に」春天を負けて、宝塚記念を勝った。宝塚記念って、そういう馬に向いているんだ。

編 なるほど。ちなみに内回りに強い馬というのは、どういう資質の馬なんですか?

石 脚質とかにもよるけど、スローからの急加速についていけない馬なんかいいよね。東京とか京都のG1で脚は延ばしているんだけど、差してきたときにはレースが終わっちゃってるような。エンジンのかかりが遅いだけというタイプもいるので、一概には言えないけど。要は澱みない厳しい流れからでも脚を伸ばせるタイプだよね。上がりのかかるコース、レースに強いというか。

編 なるほど。たしかに宝塚記念は上がりがかかりますよね。

石 このレースに33秒台の切れは必要ないんだ。そりゃ、競馬だからこれが100%の正解というわけじゃないよ。なんかの拍子に超スローになることだってあり得るわけだから。

編 大丈夫、そのへんはわかってますから。ただ、ここに出走してきている馬って、そもそも外回りとか直線の長いコースに実績のある馬ばかりですよね。

石 日本ではレースの格が上がると、自ずとそうなるよね。そういうレース体系になっているから。だからそういう馬のなかから、内回りに強い資質を持つ馬を見つけていく作業になる。

編 それが難しいような(笑)。まあ、石橋さんに任せちゃうからいいか。ではそれを踏まえて、今年の出走メンバーで具体的に名前を挙げていただきましょうか。現時点での注目穴馬をお願いします。

石 まずはトーホウジャッカル。

編 一昨年の菊花賞馬ですね。ただその後は長い休みを2度挟んで、結果を出せていませんが。

石 そうね。ただ、その順調さを書いた時期と違って、今回は休み明けから3走目。順調に使えているよね。もともと使って良くなるタイプだけに、これは大きなプラス材料だよ。

編 そうか。去年の宝塚記念は休み明けだったんですもんね。

石 それでいて4着に好走したのは、やはり能力の高さと内回りコースへの対応力によるものでしょ。それを感じさせたのが菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯だったんだ。

編 ワンアンドオンリー、サウンズオブアースに続く3着でしたけど。

石 たしかに負けはしたけど、その2頭には外から出し抜けを食らった格好だったからね。それに道中はかなり厳しいペースで、この馬は中団から。先着を許した2頭は後方でじっと我慢していた。その差もあるでしょ。言い換えれば、道中の厳しい流れをものともせず、上の2頭と差のない競馬ができたわけで、これは高く評価できるよ。

編 なるほど。

石 菊花賞以来、状態面も含めまともに走れることがなかったけど、今回は条件も揃ったからね。道悪でも速い上がりを使って勝った経験もあるし、勝ち負けまで期待できるよ。

編 その他で注目しているのは?

石 サトノクラウン。

編 前走は海外遠征で大敗。あれは馬場の影響と言われていますが。

石 どうなんだろうね。馬場じゃない気がするけど。単に気が乗らなかったとか、いつもと違う環境に戸惑っていたとか、そういうことじゃないかな〜。道悪は上手いでしょ、この馬。まあ、海外の道悪と違うと言われればそれまでだけど。

編 馬場は問題ないと。たしかに京都記念とか、むしろ道悪はプラスなんじゃないかという走りでしたからね。

石 他馬が気にするぶんね。それに小回りの中山芝2000mで走った弥生賞では能力の違いもあったけど、上手く立ち回って、スッと加速。先行馬が軒並み潰れた、この馬にとっては厳しい展開だったはずなんだけど、あっさり勝ち切っちゃうという強い競馬だった。

編 その次の皐月賞は6着でしたが。

石 出遅れるわ、4コーナーで大きく外に降られるわで、まともに走れなかったから。むしろあれでよく6着まできたなと。海外遠征からどこまで立ち直っているかは気になるけど、能力、適性はこのメンバーでも上位の存在だけに、人気を落とした今回は「買い」でしょう。

編 なるほど。あと1頭挙げるならば?

石 マリアライトだね。なんと言っても上がりのかかるレースでメンバー中上位の上がりを使えているのがいい。阪神芝2200mはコース形態上、3コーナー過ぎからのロングスパートが要求されるんだけど、そういうレースを何度も経験しているし、実際そういう競馬でエリザベス女王杯を勝っているからね。

編 たしかに近走をみても、牝馬らしいスパッと切れる脚ではなく、ジワジワとバテずに伸びてきますよね。渋太いというか。

石 そうだね。宝塚記念で33秒台の脚を使ってくる馬なんてほとんどいないわけで、今回は切れ負けする展開になる可能性が低いからね。牡馬相手のG1ではもっとも向いている舞台だし、目標とするレースに向けて順調にきているのもいい。楽しみな一頭だよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで、週末もよろしくお願いしますね。石橋さんに向いてるレースっぽいし。

石 わしゃ、日本じゃ異端か(笑)。

編 そういう意味じゃなくて(笑)、ほら特殊な条件で高配当を獲っているので。

石 特殊な条件だから高配当になりやすいんだけどね。まあ、春のG1の締めくくり、大事に丁寧に大胆に予想します。

編 はい、期待しています。どうぞよろしくお願いします。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、石橋さん、函館開催がスタートします! 超楽しみです。

石橋 武(以下、石) なんでそんなに函館が好きなの?

編 函館というか、北海道シリーズがいいんですよ。洋芝の。

石 だからなんで? 洋芝フェチ?

編 なんですか、そのフェチは(笑)。そうじゃなくて、石橋さんが北海道シリーズ得意だからに決まってるじゃないですか。

石 得意なんて一言も言ったことはないよ。

編 そんなもん、実績からも明らかじゃないですか。それで取材も来たんですよね、この前。

石 なんで知ってるの?

編 それを裏付ける資料集めをしたのは僕ですから(笑)。

石 あ、そういうことか。どうもありがとうございます(笑)。

編 いえいえ。まだまとめている最中なので今ここで触れるわけにはいきませんけど、来週あたり、お話しできたらいかに石橋さんが洋芝を得意としているかについてここで語ってみようかと。

石 え、ちょっと待って。それホントにここでやろうと思ってるの?

編 ええ、なにか問題でも?

石 いや、雑誌側からクレーム来ないかなと思って。

編 あ、違う話題を扱うので問題ないです。

石 それに今日は函館SSについて話すんでしょ? もし外したら、来週「函館得意で〜す」とか言っても誰も相手しなくない(笑)?

編 当てればいいだけじゃないですか(笑)。それに万が一函館SSを外したって、来週以降も開催は続くわけですから、誰もひと鞍くらいで見放したりしませんよ。

石 そうだといいんだけど。

編 先週だって、3着抜けとかで惜しいレースもありましたけど、本命馬は馬券に絡んでますし、土曜日には東京メインのアハルテケSで人気馬の本命◎チャーリーブレイヴ(1人気1着)、穴馬の本命◎ワンダーコロアール(7人気3着)がともに馬券に絡む好走を見せて、3連単71,570円を的中。だれが見放すんですか、こんな好配当予想家を(笑)。ましてやこれから得意の夏に入るっていうのに。そんなことを考える前に、さっさと毎年大荒れの函館SSの穴馬を教えてください。

石 はいはい。わかりました。でもまあ、ホントにこのレースは荒れるよね。

編 そうなんですよ。3年前から大荒れっで、その3年前が16万馬券で一昨年が87万馬券。去年に至っては94万馬券ですからね。果たして今年はいくらつくのやら。

石 ホントだよね〜。メンバー的には大荒れもあり得るんだよ、これがまた(笑)。

編 石橋さんとしては高配当を狙いやすいレースですよね。

石 狙いやすいというのと、当たるというのは別だけど(笑)、たしかに狙えるレースだよ。適性的にも掴みやすいメンバーだし。週末の勝負予想ではけっこう意外な馬が本命になっているかも。

編 石橋さんの場合、それあんまり珍しくないので(笑)。いつも意外すぎて(笑)。ただそれをさらに上回るとなると……とんでもないことになりそうですね。

石 まあ、いまから配当のことを言っても仕方ないけど、どの馬が本命でもしっかり買ってほしいなと。

編 もちろんです。ここ3年の配当を見たら、買わないわけにはいかないでしょ(笑)。期待してますよ。と、その前に現時点での穴馬だけ教えてくださいね。

石 じゃあ、始めますか。

編 はい。まずはどの穴馬に注目しておきます?

石 シュウジだね。

編 函館、札幌と未経験ですけど、そこは気にしなくていいですか?

石 シュウジはデビュー戦の中京芝1400mを楽勝しているんだけど、中京のタフな芝1400mでしかも稍重の馬場をまったく苦にするところながかったからね。時計勝負でいまいち弾けきれなかったことを考えても、パワーを要する洋芝に変わるのは大きなプラスだよ。

編 たしかにG1戦線は結果が出せなかったですよね。

石 時計だけが敗因というわけではなかったけどね。ただ、前走なんかを見てても、この馬にとっては長いマイルでも、ハイペースについていって最後まで粘っていて力のあるところは見せているから。今回は距離も短縮するし、斤量も52キロ。負けられないでしょ。

編 なるほど。

石 続いてはキャンディバローズ。

編 こちらも3歳馬ですね。この馬は札幌でデビューして芝1500mで2着、1着。洋芝は問題なさそうですが、距離はどうでしょう?

石 全然問題ないでしょ。1400mの重賞を2回走って1着、3着と好走しているし、あの距離をラクに前につけられるくらいなら、むしろ1200mくらいの距離のほうが合っているんじゃないかな。

編 逃げても、前に馬がいても好走できる強みはありますよね。

石 そうね。開幕週で前を意識する馬が多いけど、ペース次第で控えて競馬ができるのはいいよね。1400mで好走できるスピードの持続力があるのも強調材料。50キロなら好勝負になってもおかしくないね。

編 前走の桜花賞は前が塞がってまともに走れず大敗してしまいましたけど、G3なら力は上ですよね。

石 最後にレッツゴードンキにも注目しておこうか。

編 この馬も札幌芝でデビュー。あっさり勝って(芝1800m)、札幌2歳Sでも3着とこうそうしているんですよね。

石 時計勝負になるとつらいタイプだけに、パワーが求められる洋芝は合っているよね。

編 あとは距離ですね。2走前の高松宮記念も8着に負けていますし。

石 ただあのレースは前が塞がって全然競馬にならなかったからね。道中は流れに乗れていたし、時計のかかる洋芝でG3ならラクに追走できるでしょ。

編 基本的には洋芝巧者を狙うという感じですかね。

石 まあ、それは誰でも思いつくことだけど(笑)。あとは斤量の兼ね合い、つまり3歳馬と古馬でどうかとか、枠順、馬場状態。そして展開。滞在競馬が大きくプラスに働く馬もいるよね。そういう個性も大切。あとはちょっと先の話だけど、札幌に替わってどうかとか。夏の北海道シリーズはホント面白い。

編 勝負予想でも多く配信していますよね。

石 当たりやすいしね(笑)。今年もバンバン狙っていくので、楽しみにしておいてください。

編 そうですね。まずはこの荒れる函館SSで軽〜く高配当を当てていただきましょうか。

石 軽〜くは無理だけど、なんとかね(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の当コラムは石橋氏の都合により、更新が遅れます。
遅くとも金曜日の夕方までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
どうぞよろしくお願い致します。



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 先週で春のG1も一段落。石橋さんの好きな高配当づくしの季節がやって来ましたね。

石橋 武(以下、石) G1はあまりいいところを見せられなかったので、挽回しないと。ちょっとというか、かなり気合い入ってます。

編 ホントいいところなかったですよね。

石 ぐっ……

編 冗談ですよ(笑)。配信内容のすごさは見る人が見ればちゃんとわかりますから。たしかに当たりはずれで言えば、先週の安田記念もそうでしたけど、はずれですよね。

石 はい、すみません。

編 ただ、堅かったにせよダービーみたいに落鉄さえなければ……みたいなレースもあれば、皐月賞のように狙いは合ってる、結果がちょっとズレたみたいなレースもあった。穴馬が激走しながらも、ヒモが抜けてたり……

石 もういいです。苦しくなってきました……

編 違う、嫌みじゃなくて(笑)。本当にすげーなと思っているのが、配信の内容ってほとんど正しいんですよ。そりゃ、的中じゃなきゃ間違い、的中以外は認めないと考える人がいらっしゃるのも知っていますし、別にそういう人たちが間違っているとも思いませんよ。でも石橋さんが配信している内容、見解、展開の見立てそのまんまのレースじゃんって思うことがホント多いんですよ。

石 皆さんにもそこまで読んでいただけていると、多少は救われますけど。

編 読んでくださってますよ。スポーツマスターにも、もちろん、ふざけるな安田記念ぐらい当てろ、堅いのばっかり当たったるじゃん、どこが高配当馬券師?というようなメールも来ているみたいですけど、8割方、本命穴馬が見解通りに走ってくるのが不思議とか、いらないと完全無視していた馬がヒモ△の一番手にきていたりするので不思議とか、買い目とか見解ではわけわからないと思って買わなかったけど、結果を見て単勝だけでも買わなかったことを激しく後悔とか、そういう内容みたいですから。

石 不思議ちゃん扱いだな(笑)。というか、冗談抜きに、最後のコメントなんかは僕の責任でもあるからね。買い目というか、見解で納得していただけなかったということだし、もっと言えば、仮に納得できなくても、ずっと当たってたら、その方だってワケわからないながらも馬券は買ってたと思うんだよね。

編 まあ、たしかにそうかもしれませんね。そう考えると石橋さんのせいですね。

石 ……え。嘘でもフォローを……

編 読者の皆さんに嘘はつけませんから。たしかに春シーズンは例えば注目度の高いG1とか重賞を外してもほかのレースの10万馬券、20万馬券的中でカバーしてもらっているというのもありますけど、これからのシーズンは石橋さんの(過去の)実績狙いで購読される方も多いですからね。

石 ああ、夏だからね。

編 ええ。(過去のローカル開催で)派手に10万馬券を連発してたのを知ってる方たちがどんどん戻ってきているので、多少の高配当じゃ納得してもらえませんよ。厳しい第3者の目で見られるわけですから。

石 それ、いまは超甘い目の代名詞だから。あまあまだから(笑)。

編 (笑)。いずれにせよ、高配当がぼこぼこ出現するシーズンだけに、例年以上の結果を出してもらわないと。

石 仰る通りです。石橋を見限らずにいて良かったと思っていただけるようにがんばります。

編 見限る人はいないと思いますけどね。厳しい第3者の目でチェックしてもらえば(笑)。

石 それ見限られるヤツだから(苦笑)。

編 冗談です(笑)。今までの配信内容、実績を知っている方は、見限ったりしませんよ。本気でそう思います。

石 そういってもらえるとありがたいですけど、僕にとっても会員の皆さんにとっても大事なのは過去の実績よりも、これからの結果。これを肝に銘じて夏競馬でいい思いをしてもらいます。

編 はい、期待してます。って、散々高配当が出る季節だなんだって言いましたけど、なんで高配当が出やすいんですかね?

石 え、いまそこ?

編 いや、なんとなくはわかってるんですけど(笑)、ちゃんと読者の方に説明しないとなと思って。

石 まあ、簡単なんだけどね。まずは3歳と古馬の混合戦が始まったこと。3歳馬と古馬との力関係がはっきりしないから、やたらとフレッシュな3歳馬に人気が偏ったり、反対に勝ち切れないまでも好走が多い古馬に人気が集まったりと、オッズが歪むんだよね。

編 そういうレースが狙い目と。

石 そうね。特に今年の3歳戦って、重賞の勝ち馬がばらばらだったでしょ? 去年ほどじゃないにせよ。そういう年は余計に3歳馬のレベルがはかりづらいから、思わぬ馬が人気背負っていたり、反対に全然人気がなかったりするんだよね。

編 たしかに今年はディーマジェスティ、シンハライト、メジャーエンブレム、マカヒキくらいですかね。3歳重賞で2勝以上しているのって。

石 あとはスマートオーディンかな。いずれにせよ、こういう年は3歳馬の実力がはかりづらくて、オッズ的においしいことになる傾向があるんだ。

編 たしかにトップクラスはかなり強いというのがわかりますけど、その下となると判断が難しいですよね。物差しとなるトップクラスが賞金を確保しちゃって、ほかの重賞が空き巣状態だったのか、それとも額面通りに強いのか、迷っちゃいます。

石 ちゃんと能力比較のツールを持っている人はいいけど、一般のファンにとってはね。

編 その迷いがオッズに表れると。

石 そう。あとはクラス編制が変わるのも高配当が出やすくなる要因のひとつ。

編 それがわからないんですけど、言ってみれば、降級馬、現級馬、昇級馬が一緒に戦うわけじゃないですか。普通に考えれば降級馬が人気なりますし、強いですよね。現にそういう結果を毎年多く見ていますし。それがなんで高配当に繋がるんですか? むしろ低配当じゃないですか。

石 その通り。大抵はというと言い過ぎか、多くのレースで降級馬が人気を背負って好走するのは事実だよね。だから全レースの平均配当という意味では、たとえば春、秋よりこの時期のほうが低い可能性はある。ただ、その降級馬が人気を背負ってコケるんだ、また。そういうレースは、配当がハネ上がるよね。

編 そうか。石橋さんはそういうレースばっかり買ってるんだ。

石 そう。ここは勝てるだろうと陣営が確勝を期したレースが無理使いだったり、このクラスなら多少距離(条件)が合わなくてもと使って走れなかったり、春から使い詰めだったり。まあ、狙いどころは色々とあるのよ。

編 なるほどね〜。

石 あとは中央場所とローカルとのコース形態の違いもあるよね。中央で鋭く差してきた馬がローカルだと人気を背負って不発とか、その反対もあるし、同じローカルでも福島と新潟じゃ全然違ったりね。結果、これが要因で荒れるのがいちばん多いのかな。

編 コース形態については石橋さんもよく見解に書かれているように、かなり重要というのがわかります。

石 そうね。コース形態はローカルではとくに大きな要因になることも多いので、見解でもできるだけ詳しく触れていくつもりだよ。

編 ええ、ホント楽しみな季節がやってきました。皆さんの期待を裏切らないように、よろしくお願いしますね。というわけでさっそくでもないですけど、そろそろ今週のお話もお聞きしたいなと。

石 エプソムCね。

編 はい。どの穴馬に注目してます?

石 まずはマイネルミラノ。さすがにこの時期のCコースだけあって、毎年前に行ったが残ってるよね。逃げ・先行馬2頭+追い込み馬1頭というのがひとつのパターンになってる。

編 で、ペースによっては追い込み馬が中団からの馬に代わるか、先行馬3頭で決まるか。みたいな。

石 そうね。特に今回のメンバーは有力どころに差し馬が多くて、この馬にとっては展開的にかなり走りやすそうだよね。スッと加速するような瞬発力がなくて東京では勝ち切ったことがないけど、今回は枠順、馬場次第では勝つチャンスまであると思ってるよ。

編 たしかに中山に良績があるんですよね。

石 中山は一瞬で加速するんじゃなくて、勢いをつけながら直線に入るのがこの馬にとっては大きいよね。とはいえ、東京でも瞬発力勝負にならなければ、というかこの馬自身が瞬発力勝負にしなければチャンスはあるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはラングレー。現時点では最も勝ち馬に近いかなと思ってる。あ、あくまでも現時点の話で、週末には評価が変わる可能性はありますよ。

編 大丈夫、わかってますって。で、どのあたりを評価したんでしょう?

石 やっぱり先行しつつスッと加速できるのは、このレースにおいては大きな強みでしょう。

編 ああ、たしかに先行してもメンバー中上位の上がりを使っていますね。

石 脚の使いどころひとつだけど、このメンバー構成から予想される展開なら好勝負になるよ。

編 じゃあ、あと1頭お願いします。

石 穴っぽいところとなると、ステラウインドかな。ちょっと足りない競馬が続いているし、実際、好走の条件を選ぶ馬だけど、調教では効果が見えたブリンカーに期待と、渋太さが活きる展開ならという条件付きになっちゃうけど。

編 そのあたりの評価は週末の買い目でチェックですね。

石 そうね。調教もそうだし、馬場とか枠順も含めて最終的に判断しますので。

編 わかりました。今日はちょっと長くなってしまいましたけど、ありがとうございました。週末、期待してますね。

石 はい。厳しい第3者の目を意識して、今まで以上に精査していきます(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、ダービーは堅かった(苦笑)

石橋 武(以下、石) まあ、あのメンツだしな〜。覚悟はしていたとはいえ、ちょっとあの配当じゃ……

編 単勝二頭流としても困ったんじゃないですか?

石 ああ穴馬選び? いや、思いのほかエアスピネルの人気が落ちていたので、(勝つ可能性のある)穴馬としてはこの馬しかいないという感じだったからな〜。あまり困りはしなかったかな。

編 ああ、そうだったんですね。でも上位に食い込んできた人気薄は◎エアスピネル(7人気4着)だけでしたけど、対談でも推していた△マウントロブソンは勝ち馬から0.6差の7着(10人気)と頑張ってはいましたけどね。

石 どちらもあの上位陣によく迫ったと思いますよ。まあ、穴馬で勝つまでとなると◎エアしか選択肢がなかったわけで、そういう意味では二頭流にとっては難しいレースだったかな。

編 ですよね。あと惜しかったのが◎サトノダイヤモンドの落鉄。勝ち馬△マカヒキとの差が差だけに、悔しいところでした。

石 8センチだっけ? まあ、落鉄しなければ……とは思うっちゃうけど、影響の大きい後肢だったしさ。でもまあ、こればっかりはね。ま、切り替えて今週取り返しにいきましょか。

編 はい、よろしくお願いします。ではさっそく安田記念の穴馬を教えていただきましょうか。今年は12頭立てとちょっと寂しいメンバー構成になっちゃいましたけど。

石 そうだね。ただレースは安田記念だけじゃないし、土曜日から高配当を狙えそうなレースがあるから。

編 お、マジすか。どのレースです?

石 まだ言えないよ。買い目まで決まってたら配信決定ということで言ってもいいけど、まだレース分析の途中だから(笑)。

編 あ、そうか。じゃあ、安田記念に集中しますか。

石 そうね。あ、あと安田記念は12頭だてということもあるので、とりあえずこのブログでは2頭の穴馬を推奨しますね。当日の買い目もいつもより絞っていくので。

編 そうですね。了解です。ではさっそくお願いできますか?

石 注目はコンテントメントとレッドアリオン。コンテントメントはモーリスと2回走って2度とも負けているけど、力をつけたのが割と遅くて、前走なんかをみてもまだ能力が伸びているんじゃないかな。

編 あ〜、5歳になってから大きいレースに出始めたんですよね。

石 そうそう。もう6歳馬ではあるけど、まだ伸びしろがあるんじゃないかと思えるよ。それに去年の秋から使い詰めだけど、香港馬にはこういうローテの馬が多いし、実際にそれで日本でも結果を出してるからね。ちょっと古いけどブリッシュラックとか。

編 日本初参戦ですけど、対応できます?

石 そりゃ、走ってみないとわからないよ(笑)。ただ、いままでの傾向から香港馬は日本の軽い芝のほうがパフォーマンスを上げてくることが多いし、調教師もグロリアスデイズとかサイトウィナー、アルマダで安田記念に挑戦してきた実績がある。

編 そうか。アルマダはウオッカの2着に好走した実績もあるんですよね。

石 そうそう。日本を知った調教師が送り込んでくるんだから、素直に適性ありと考えておけばいいんじゃないかな。枠も内めのいいところを引いたし、人気がどうであれマークしておかないと。

編 わかりました。レッドアリオンのほうは?

石 こちらは大外枠がいい。外からかぶされるのを嫌う馬なんで、少頭数の大外枠は願ってもない状況だよね。

編 それにしても能力的にどうかなと……

石 足りるでしょう。いままでG1でもあわやのシーンを演じたこともあるし、スムーズに自分の能力さえ出し切れば好勝負できるよ。

編 そのためにも少頭数が望ましかったと。

石 そうね。前に行けるスピードのある馬だし、同型もいない。楽をさせてたら危険な一頭だと思うよ。仮に後ろからの競馬になっても、予想されるスローなら前との距離もひらかないから、この馬の瞬発力をもってすれば外から差してこられるしね。

編 なるほど。では現時点ではこの2頭に注目ということで、ではこのあとの勝負予想の配信もよろしくお願いします。どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は、石橋氏の都合により金曜日の公開へと変更させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
なお、今週の対談では安田記念を取り上げ、枠順確定後の見解をお伝えする予定です。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR