石橋 武(以下、石) すみません、今週も1日遅れになってしまって。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さすがにダービーウィークという感じで忙しそうですよね。

石 ええ、ちょっといろいろと立て込んじゃいまして。

編 予想のほうは大丈夫なんですか?

石 もちろん(笑)。ダービーと言ってもやることは普段と変わらないですからね。

編 そんなもんですか。

石 そんなもんですよ(笑)。そりゃダービーを当てたからといって配当が倍になるわけじゃないですからね。ただ、皆さんがものすごく注目していますし、勝負予想の見解は普通のレースよりも詳しく書こうかなと思っていますけど。

編 先週の完璧的中だったオークスもそうですけど、G1ではわりと厚めに見解を配信していますよね。

石 注目している人も多いし、本命以外の馬もどういう理由で買うのか、買わないのかって気になると思うからね。結果、いらないって言った馬に走られて大恥をかくこともあるんだけど、それでも説明はしたいなと。

編 読んでいるほうはすごく納得できるので、安心して馬券を買えますよ。たしかに強気にいらないって言った馬が走ることがありますけど、逆に先週のオークスは、本命馬2頭(人気馬◎シンハライト、穴馬ペプチドサプル)とチェッキーノ、ビッシュで決まるんだろうな〜と感じましたし、そのほかにもなんでこの人気馬を切ってるんだろうと思って見解を読むと、「あ〜、そういうことか」と。それで実際に凡走したりするんで、そういうところを見るのかと勉強になったり。

石 そう言っていただけると、書いて良かったなと思えるよね。なんかたまに誰か読んでるのかなと思うときもあるので(笑)。

編 読んでますって(笑)。仮に今回は走らなくても、次に穴をあけてくれる馬もいますし、単なる当たり外れだけじゃなくて、次に繋がりますから。あ〜! それで思い出した!

石 なんだよ、いきなり。ビックリするだろ。

編 すみません(笑)。ほら、先週のフィリーウェイSもそのパターンに近いなと思って。

石 そうだっけ?

編 そうですよ。前走の晩春Sで、「この馬が3着だったら100万馬券だったのに〜」とか騒いだのが当時14番人気4着だったホッコーアムールだったんですよ。

石 ああ、そうだね。そりゃ1400mは走ると思ってるから推すよね。

編 ええ。(ホッコーアムールが4着までだったので)結果、晩春Sは3連単76,290円の的中にとどまったんですけど。

石 十分だろ(笑)。

編 いや、石橋さんとしては低配当なので(笑)。まあ、それはさておき、それが先週末のフリーウェイSですよ。

石 強いのがバレちゃって穴人気になるという(苦笑)。

編 それでも7番人気ですからね。で、しっかり2着に激走ですよ。前走で石橋さんが推していた正しさが証明されましたよね。しかも本命◎ファントムロードが6番人気1着の快走を見せて、3連単18万4,240円を大的中! やっぱ常人とは見ているとこが違うんだなと。

石 大げさか(笑)。しつこく狙っただけだよ。

編 この前(5月7日)の20万馬券といい、先週の18万馬券といい、これからもポンポ〜ンと高配当を固め打ちしてきそうです。石橋さん、そういう高配当連発が多いから。

石 そうね、弾みをつけて的中ラッシュと行きたいですね。

編 よろしくお願いします! ということで今週のレースなんですけど、ダービーについてはスポーツマスターの編集部通信で公開中ということで。

石 はい。誰でも無料で見られるので、興味のある方は覗いてみてください。

編 ですね。さっそく読ませていただきましたけど、意外な馬名が挙がっていましたね。

石 そう? ま、あとは枠順と馬場状態でどういう評価になるかだね

編 ええ、そのあたりはそれこそ勝負予想の見解でお願いできればと。で、こちらの対談なんですけど、目黒記念ということでいいですか?

石 もちろん。

編 では目黒記念の注目穴馬についてお願いします。どんな馬に注目すればいいですか?

石 もうこれは簡単で、多少ズブくてもいいのでスタミナのあるタイプ。もちろん軽い東京芝なので、それなりのスピードはいるけれど。

編 でもダービーではスピードタイプを推していましたよね。たった100m違うだけでもいきなりスタミナ系になっちゃうんですか?

石 わざとらしいほど素晴らしい質問だな(笑)。

編 ありがとうございます(笑)。

石 これはスタート位置が大きく影響しているんだと思うんだけど、東京芝2400mは坂の途中、坂を上り切るちょっと前からのスタートになるんだけど、東京芝2500mは坂を上り始めるあたりにスタート地点がある。つまり芝2500mの場合は、スタート直後と1周回って最後の直線とで2度の坂超えがあるんだ。これがスタミナを消耗させるんだよね。だから最後はスタミナがものを言う。

編 そういうことか〜。あれ、で石橋さんって、東京の坂なんてあってないようなものってよく見解に書いてませんでしたっけ?

石 突っかかるね(笑)。言ったね。事実そうなんだよ。(芝コースの)高低差は2mくらいあるんだけど、中山とかと違って、なだらかな上りなんだよ。急坂じゃない。しかも直線も長くて勢いもついているから瞬発力が削がれるような坂じゃないんだ。結局平坦コースのようなイメージで伸びてくる。そういう意味で坂じゃないって言ってるんだ。

編 とはいえ、実際は上っていると。

石 そうそう。2mの高低差があるわけだから、実際は坂を上っているよ。しかもこれを2回超えるとなると、やはり体力を消耗するからね。

編 そういうことか〜。となると、具体的にはどの馬に注目すればいいですか?

石 まずはサムソンズプライド。

編 勝ちみに遅いところがありますけど、東京芝コースで【3 3 4 5】と、相性のいいところを見せていますよね。

石 そうだね。その勝ちみの遅さというのが、要は切れ負けしちゃってるんだよね。最後に切れのあるタイプに差されちゃう。2走前もそうだけど、速めのペースで先行してもバテないようにスタミナは豊富なタイプだからね。

編 東京芝2500mに替わるのはかなり良さそうですね。

石 相当プラスだと思うし、実際合うと思うよ。ハンデも54キロと手頃だし、おまけに今週から前が残りやすいCコース。大いに期待できるね。

編 おお、プラス材料ばっかりだ。前走をひと叩きされた上積みも期待できますし、これは楽しみですね。

石 あとはクリールカイザーもチェックしておこう。ちょっとスピードが足りないかなという心配材料もあるけど、この馬もバテない渋太さがある。

編 実際、同コースの東京芝2500mで行われるアルゼンチン共和国杯で2着に好走していますからね(2014年)。

石 そうね。ただ、季節的なこともあってアルゼンチン共和国杯のほうがスピードが必要ないんだ。だから好走したとも言えるわけで。ただ、当然この舞台が合わないわけではないし、枠順、ペース次第では大いに期待できる一頭だよ。

編 これは週末の評価に注目ですね。

石 あとはスーパームーン。これもアルゼンチン共和国杯の好走組だけど、(東京芝2500mを走れるタイプとしては)スピードもあるし、斤量の56キロも恵まれた感がある。楽しみな一頭だよ。

編 勝ちみに遅いタイプが面白いという感じですね。

石 そうだね。上位に走ってくるけど、切れ負けして惜敗。穴馬としてはそんなタイプを狙ってみたいなと。

編 わかりました。では、ダービーも含め、今週もフリーウェイSのような高配当を期待しています! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は石橋氏のスケジュールの都合により金曜日の公開へと変更させていただきます。
なお、日本ダービーの見解についてはすでにスポーツマスター「編集部通信 5月26日号」にて公開しております(会員登録のみで無料でご覧いただけます)。興味のある方はぜひご覧下さい。
また、金曜日公開の当ブログでは、日本ダービー当日に行われる目黒記念について取り上げる予定です。
ご期待ください。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週も本命穴馬が走ってましたね。栗東Sの◎フィールザスマート(9人気3着)とか飛竜Sの◎コウユーココロザシ(12人気2着)とか。

石橋 武(以下、石) とはいっても勝ち切れてないからね。土日とも的中は3連複が多かったし。

編 ああ、土曜日もそうでしたね。日曜日も栗東Sの6,360円とかヴィクトリアマイルの6,090円が的中で。

石 そういう意味ではちょっともどかしい競馬が続いてしまったので、今週は気持ちよく決めますよ。

編 石橋さん、オークスとか得意ですもんね。

石 あまり得意とか不得意とか考えたことはないけど、たしかに相性はいいかも。

編 「いいかも」じゃなくて「いい」じゃないですか(笑)。

石 まあ、でもそれはあくまで過去の実績だから。大切なのは今度のオークスを獲るかどうかだよ。

編 そりゃそうだ。でも自信がありそうでなによりです。

石 それもそうだし、配当的にも楽しみだよね。

編 メジャーエンブレムがNHKマイルCに回りましたし、桜花賞馬のジュエラー、フローラSで好走したパールコードが回避。出走していれば人気になったであろう馬たちが抜けちゃいましたからね。

石 そうね。強豪馬たちの走りを見たかったという思いはあるけど、配当面を考えると穴馬が走ってくる可能性が増えたわけだから、それはそれで期待が大きい。

編 ですよね〜。ちなみに先週の競馬を見て馬場的にはどうですか?

石 やっぱり内のほうが伸びるね。大外から差せるイメージはないなぁ。時計も速いしね。ただ前が止まらない馬場というわけでもないので、差し自体は効くんだけど。

編 となると、内枠のほうがいいと。

石 そりゃポジションも取りやすいし、馬にもよるけど馬込みのなかに入って折り合いをつけやすくもなる。単純に距離ロスもなくなるしね。

編 なるほど。ではその辺りも踏まえて、現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。じゃあ、まずはデンコウアンジュに注目しよう。

編 なんかそれこそ大外一気のイメージが強いですけど。

石 そんなことないよ。未勝利戦は馬群のなかを縫うように伸びてきているし、アルテミスSも真ん中より内。今回は4枠8番と真ん中の枠を引いたし、わざわざ外を追走するような乗り方はしないでしょ。

編 たしかにそうでしょうね。ちなみにここ3走は阪神マイルで走って7着、5着、10着と敗戦続きですよね。

石 京都、東京ではメンバー中最速の上がりを使えているのに、阪神ではまったくというころを考えても急坂が合わないんだよね。東京は坂があるけど、長い距離をかけてのぼるから急坂ではない。というか、僕はむしろ平坦コースくらいに思ってるよ。あの坂はあまり気にしなくていい。

編 そう考えると今回はアルテミスSで見せたような鋭い差し脚が期待できそうですね。

石 そうだね。このコースは瞬発力勝負になりやすいので、同馬にとってはかなり有利。未勝利勝ちを決めたレースなんて完全に前残りの競馬なのに、フラフラしながらあっさりと差し切っちゃった。あれを見ても、瞬発力、能力の高さは明らかだよね。

編 石橋さんはアルテミスS(12人気1着)でも上位に評価していましたもんね。

石 そうね。距離が伸びたほうが追走もラクになるだろうし、人気を落としたこのタイミングで大駆けが期待できるよ。

編 なるほど。

石 あとは破壊力のある末脚が魅力のレッドアヴァンセ。この馬も東京に替わって良さが活きてくる。そして瞬発力勝負のコースでは上位に上がってくるウインファビラス。この馬は桜花賞のときにもここで取り上げたけど、残念ながら凡走。ただ、スローからの急加速、そしてそのスピードを維持する資質はオークスを戦ううえではかなり重要だからね。巻き返しがあるよ。

編 わかりました。あまりお時間がなさそうなのでこのへんにしときますか(笑)。

石 すみません。最後はちょっと駆け足になってしまいましたが、お伝えしたいことを言えたので。

編 そうですね。では今週末もよろしくお願いします!



 
-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は、石橋氏の執筆スケジュールの都合により、20日(金)の公開とさせていただきます。
直前でのお知らせになってしまったこと、お詫び申し上げます。
なお、金曜日には枠順も確定した段階での見解をお伝えする予定となっております。
ぜひご期待ください。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ枠順が発表されました。この前(5月12日更新分)のお話では、内枠有利の馬場なので枠順発表まで待ちたいということでしたが。

石橋 武(以下、石) そうそう。先週の競馬を見てもわかると思うけど、好走するのは馬場の内側を通った馬ばっかりなんだよ。差し馬も来ているんだけど、やっぱりそれも馬場の内側を通った馬ばかり。

編 あ〜、たしかに。ちなみに今週からBコースに替わりますが、内有利の傾向は続きそうですか?

石 多少は緩和されると思ってるけど、今週末は気温も高いし雨が降らないから、また水を撒くと思うんだ。もちろん量にもよるけど、そうなると東京は馬場の内側から乾いてくから、内有利に拍車がかかる可能性はある。あとこの時期の東京は時計が速くなるから、コースロスなく走れるという意味でも内枠、先行馬のほうがいいかな。

編 じゃあ、基本的には内有利で考えていけばいいですかね。

石 そうだね。ただミッキークイーンみたいに力のある差し馬には注意を払っておくべきだけど。ま、とりあえず土曜日はそれでいってみて、日曜日は土曜日の状況を踏まえつつ微調整していけば問題ないかと。

編 じゃあ、そのあたりの微調整は石橋さんの勝負予想にお任せして(笑)、今日のところは枠順も踏まえたうえで、ヴィクトリアマイルの注目穴馬を教えていただければと。

石 了解です。

編 では1日お待たせしてしまいましたが、さっそくお願いします。まずはどの馬に注目しますか?

石 クイーンズリングかな。

編 前走、京都牝馬Sを勝っています。

石 そうね。この馬は1400mで2勝しているんだけど、1400mは緩急がつきづらく瞬発力よりもスプリント的な厳しい流れを追走してさらにそこから早い脚を使う資質、あるいは速いペースを押し切る、バテ合いを制するような資質が求められるんだよね。このあたりは勝負予想をご覧になっている方には耳にタコかもしれないけど。要するにスペシャリストが出やすいコースなんよね。

編 ええ、石橋さんはよくそう仰ってますよね。ただ、ヴィクトリアマイルはマイル戦ですよ?

石 わかってるわ(笑)! で、なんで持続力に優れたタイプのクイーンズリングをマイルで推すのかといえば、ヴィクトリアマイルというレースがそういう持続力が求められるようなレースになりがちなんだ。

編 へ〜。

石 このレースって先行馬が残りやすいでしょ? 冒頭で話したように内が残りやすい、有利という傾向もあるんだけど、つまりこの流れというのはシュッと瞬時に加速するような流れではなく、逃げ・先行馬だったら止まらない芝を味方に後続に捕まらないように早め早めの仕掛けで長く脚を使うということだし、中団以降にいる馬だったら、そんな感じの前を捕まえにいく流れということ。

編 そうか、1400m戦みたいに速いペースで進む距離が多いのか。ラスト3ハロンの追い比べではなく。

石 そういうこと。クイーンズリングは持続力を求められる距離、レースで好走して、瞬発力が生きるレースでは惜敗と、どちらにも対応しつつも、より持続力勝負のほうが得意というタイプ。内に逃げるレッツゴードンキがいる枠をひいて、これについていけば自ずとポジションが取れる好枠でもあるし、面白いと思うよ。

編 前走をひと叩きされた上積みも見込めますしね。

石 続いてはいまちょっと名前の上がったレッツゴードンキ。

編 去年の桜花賞馬ですよね。

石 そうなんだけど、あの桜花賞はあり得ないほど展開に恵まれたのでさほど評価はしなくていい。むしろ阪神JFのほうが厳しい流れで、ああいう流れで好走できたのがいいよね。変にスローに落とすよりも、後続になし崩しに脚を使わせるような逃げならチャンスがあるでしょう。

編 このところ短距離を使って結果は出ていないですけど、距離延長で巻き返してくる可能性があると。

石 この馬の資質だけで言うなら、基本的には短距離のほうがいいと思うよ。ただ、ヴィクトリアマイルはそういう馬が走れるってことだね。とにかく溜めて切れる馬じゃないので、展開の助けは必要だけど、状況的には有利なものが揃ってるのでね。穴馬として狙う価値は十分にあるよ。

編 わかりました。

石 あとはウリウリもチェックしておかないと。

編 お、差し馬からも推奨ですね。

石 マイル戦だったらある程度前に行けるだろうね。有利な内枠からシュッとした脚を使えるのは魅力だよね。それにたしかに瞬発力を活かすタイプではあるんだけど、1400m戦でも上々の結果を出しているように、厳しい流れのなかから脚を伸ばす競馬には慣れているしね。今回は久々のマイル戦、近走の成績から人気を落とすだろうけど、それに惑わされちゃだめ。買うべきはこのレースだと思うよ。

編 なるほど〜。ではこの3頭に注目しつつ、週末の勝負予想を楽しみに待っていますね。って、もうこのあとすぐ土曜日の予想の配信か(笑)。どうもありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ありがとうございました! 先々週の晩春S(東京10R)はすんでのところで100万馬券を獲り逃して「ギャ〜〜!」という感じでしたが、先週、見事に超高配当的中であっという間に取り返してくれましたね!

石橋 ああ、東京最終ね。

編 なんと3連単21万3.970円、3連複35,050円を完璧的中でした! スッゲ〜! 

石 ただ、その前のプリンシパルSとか外してるから、みんなちゃんと買ってくれたかどうかが気になるな〜。

編 お礼のメールがバンバン来てたみたいですから、みんな買ってくれていたと思いますよ。

石 そうか。ならひと安心だ。ただもっと的中数を増やしていかないとね。肝心なときに馬券が買えなかったら、ショックだもんね。

編 そうですよ。ただ、前にも土日の2日間連続で20万馬券的中とかあったように、石橋さんの高配当的中は固め打ちというのがもっぱらの評判ですから、今週あたりまたドカンと来る気がしているんですけどね。

石 もっぱらの評判って(笑)。

編 いや、マジなんですよ。去年とか一昨年の夏も毎週のように10万馬券が当たっていましたし、不的中が続くこともありますけど、ある程度の期間予想を見続ければまず高配当にありつける。で、トント〜ンと大きいのをとってあっという間に取り返しているという。

石 夏は洋芝の北海道シリーズがあるから高配当を獲りやすいというのは
たしかにあるよね。

編 夏だけじゃなくて、今みたいな中央開催でも固め打ってくるので、たとえば今週から石橋さんの予想を見るっていう人も多いと思いますけど、安心してください。全然遅くないですから。

石 着々と俺にプレッシャーがかかってるぞ(笑)。

編 石橋さんはプレッシャーがかかっているほうが当たるので(笑)。というわけで、今週もよろしくお願いしますね。

石 そうね。G1が続くし、いいところで決めますよ。期待してください。

編 ではそのG1ヴィクトリアマイルではどんな穴馬を狙っているのかお聞きしたいんですけど。

石 じゃあ、さっそく始めよう。まずは……いや、ごめん。ちょっと枠順が出るまで待ってもらっていい?

編 ここにきてまさかの(笑)。

石 話すつもりではきたんだけど、昨日、一昨日(この対談は月曜日に行われています)の東京芝のレースを見てると、完全に内有利なんだよね。差し馬も来てはいるけど、それも内を通って伸びてきた馬だし。

編 ああ、そうでしたね。たしかに週末の枠順発表を待ったほうがいいか。僕らにとってはそっちのほうがありがたいし。

石 なんか中途半端になってしまって、すみません。金曜日に改めてお話しするのでご勘弁下さい。

編 じゃあ、そういうことにしましょう。金曜日、よろしくお願いします。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週日曜日の晩春S(東京10R)、もう「ギャ〜〜!」ですよね。

石橋 武(以下、石) なんだよ、「ギャ〜〜!」って(笑)。

編 だってクビ差で100万馬券的中だったんですよ。それを「ギャ〜〜!」と言わずして、なにを「ギャ〜〜!」と言う。

石 ギャーギャーうるさいな。でもまあ、たしかに惜しかった。

編 惜しいというか、石橋さんの本命は単勝5番人気の◎テルメディカラカラ。5番人気のこの馬を人気馬の本命に推してきたのでなにかあるレースだなとは思ってたんですよ。で、実際に目論み通りに◎テルメディカラカラが勝って、2着△マカハ(7人気)、3着△マンボネフュー(2人気)の順に決着。3連単76,290円の的中だったんですけどね。

石 そうね。テルメディカラカラが思ったより人気なくておいしかったね。

編 たしかにそうなんです。そうなんですけど、このときクビ差の4着に単勝14番人気の△ホッコーアムールが突っ込んできてるんですよ。しかも3着の△マンボネフューを差し切る勢いで。これが3着だったら3連単107万馬券だったんですよ!? もう「ギャ〜〜!」じゃないですか。

石 うるさいって。でもまあ、そんなこともあるでしょ。ただ、逆に言ったら100万馬券なんてすぐ当たると思えたでしょ?

編 それはもう。痛いほど実感してます(笑)。天皇賞(春)でもこのコラムで推したカレンミロティックがあわやの大激走で13番人気2着。馬券的には不的中でしたけど、これも超高配当的中を実感させてくれましたし。

石 あ〜、あれな〜。期待していただいている方が多いなかで、不的中は面目ない。でもピックアップした穴馬は走ってきているので、今週末以降、しっかり取り返させていただきます。

編 ええ、ホント期待してますよ。というか、マジで100万馬券一発お願いします。

石 はいはい。

編 そうそう、100万馬券と言えば今週末のNHKマイルCでも惜しいことがありましたよね。

石 あ〜、13年のマイネルホウオウの時ね。そういうことはよく覚えてるね。

編 そりゃ、忘れないですよ。単勝10番人気の◎マイネルホウオウを1着、7番人気の△インパルスヒーローも買っていて……

石 で、3着フラムドグロワールがギリギリまで迷って抜けたという(苦笑)。

編 週中のネットケイバさんのコラムではちゃんと推していたのに。

石 はい、すみません! あれで3連単123万だったもんな。

編 もうほんのちょっとのところまで来ていたのに〜。

石 まあ、そういうチャンスはけっこうあるということだね。

編 前向き。でもそうですね。前にも石橋さんが言っていましたけど、100万馬券なんてすぐそこに転がっていると改めて認識しました。今週末からよろしくお願いします!

石 もちろんです。

編 で、今年のNHKマイルCなんですけど、どの穴馬に注目しています?

石 ブレイブスマッシュ、ストーミーシー、レインボーライン。この3頭かな。

編 おお、一気に。その心は?

石 NHKマイルCって、持続力のある先行タイプが引っ張ってレースの流れを作り、その先行馬めがけて瞬発力タイプが突っ込んでくるという展開がかなり多いんだよね。

編 ああ、言われてみれば毎年のようにそんな競馬になってますよね。さっきのマイネルホウオウのときもフラムドグロワールが先行して3着に粘ってという競馬でしたし、一昨年も逃げたミッキーアイルが勝って後方から脚を伸ばした馬が2、3着。去年も先行したアルビアーノが2着で、残り2頭は差してきてますね。

石 そう。今年は桜花賞で1番人気になったメジャーエンブレムが参戦してきたことで、また同様の流れになるでしょ。切れないけどバテないというタイプだけに、先行馬はこの馬が掃除してくれるだろうから。

編 あ、それで差し馬3頭を穴で狙っているのか。

石 簡単に言えばね。もちろんメジャーが確実に残るとも思ってないし、当日の馬場状態もチェックする必要はあるけど、3頭とも瞬発力を活かせるタイプだよね。しかも3頭とも持続力が必要な流れのなかで、メンバー中上位の上がりをマークできるタイプなんだ。

編 ああ、そうですね。ストーミーシーは中山芝1200mのよどみない流れでメンバー中最速の上がりをマークしていて、ブレイブスマッシュは前走1400m戦でメンバー中最速上がり。レインボーラインも2走前のアーリントンCで徐々にポジションを押し上げつつ差し切り勝ち。

石 すばらしい。その通りだよね。メジャーエンブレムは前走のこともあるから中途半端に脚を溜めるような先行はまずしてこない。よどみない流れが見込まれるだけに、この3頭にとっては大きなチャンスでしょう。

編 なるほど〜。

石 そのほか、シゲルノコギリザメとか、先行させたらうるさい馬も多いからね。

編 たしかにスローの瞬発力勝負というのは想像しづらいですね。

石 うん。だたそう思い込んじゃうと落とし穴もあるから、勝負予想では改めて細かく分析していくよ。

編 はい、楽しみにしてます! ドーンとでっかい花火を期待してますので、よろしくお願いします! どうもありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は石橋氏のスケジュールの都合により、金曜日の公開とさせていただきます。
NHKマイルCについてお話させていただきますので、ぜひご期待下さい。
また、読者の皆様をお待たせしてしまうこと、申し訳ありません。
公開まで今しばらくおまちください。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR