書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、相変わらずというかものすごく忙しそうで。

石橋 武(以下、石) ホントすみません。公開が1日ズレてしまいました。

編 大丈夫です。当たればいいので(笑)。今日もあまり時間がないんですよね?

石 そうなんです。こうやって電話での対応にしてもらって助かります。

編 あ、それ言わなくていいやつです(笑)。

石 あ、そうか(笑)。

編 それにしても先々週は愛知杯で34万馬券を獲ったかと思えば、先週、特に日曜日はAJCCをはじめ、完璧的中のラッシュ。マジ素晴らしいっす。

石 ん〜、土曜日が物足りなかったから……そこがちょっと。ただ、日曜日にすべてお返しできたとは思います。

編 ええ、間違いなく。中山9Rの◎ワイルドコットン(8人気3着)で3連複ゲットを皮切りに、東雲賞では◎ツクバアズマオー(1人気1着)からの買い目で3連単21,970円、3連複4,450円的中。続くAJCCも◎ディサイファ(2人気1着)から3連単30,450円、3連複6,350円的中。直後の京都メイン石清水Sも人気馬の本命◎ラングレー(2人気1着)、穴馬の本命◎マサハヤドリーム(11人気3着)がともに激走で、3連単24,500円、3連複6,810円的中。

石 けっこう堅めだったけど。

編 石橋さんにとってはそうなんでしょうけど(笑)、十分好配当ですから。しかもこの固め打ちはすごい。ありがとうございました!

石 いえいえ。今週も期待していてください。

編 あ、時間か。

石 申し訳ない。時間が取れなくて。今週は根岸Sのオススメでいいかな?

編 もちろんです。よろしくお願いします。

石 ではまとめてお伝えしますね。いつも見解にも書いているように、ダート1400mは持続力勝負になるんだけど、東京の場合は、ダート1400mのわりにはペースが緩みやすいコース設定なんだよね。

編 京都と東京はそうっていつも言っていますよね。

石 うん。だから持続力に優れたタイプを選ぶのは当然なんだけど、それに加えてシュッと加速できる瞬発力の要素も必要になってくるんだ。

編 よく見解では持続力に瞬発力のスパイスを振りかけた感じって言っていますよね。

石 そうそう。その表現がわかりやすいのかどうかわからないけど(笑)。

編 大丈夫です。イメージしやすいですよ(笑)。

石 それは良かった(笑)。

編 で、そのあたりを踏まえると、どの穴馬をチェックしておけばいいですか?

石 レッドファルクス、サトノタイガー、そしてプロトコル。現時点ではこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。いずれも1400m巧者ですしね。

石 駆け足になってしまって本当に申し訳ないです。来週は多少落ち着く予定ですので、懲りずにまた覗きにきてやって下さい。

編 よろしくお願いします。お忙しいところ、ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は、石橋氏の都合により、29日(金)の公開とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、今後とも当ブログをよろしくお願い致します。


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、凄い! マジで凄い! 先々週末はほら、フェアリーSは外すし3日間開催も冴えない結果で、先週のこの対談では文句を言わせていただきましたが……

石橋 武(以下、石) ああ、愛知杯ね。だからちゃんと巻き返すって言ったでしょ? 皆さんには結果でお返しないとって。

編 ええ。たしかに言いましたけど、まさか愛知杯の3連単34万5,200円を当ててくるとは(笑)。さすが想像を上回ってきますね〜。

石 まあ、配当に恵まれてよかったよ。皆さんにも多少は溜飲を下げていただけたかなと。

編 それにしてもホントこんな超高配当をよく当ててきますよね。本命◎バウンスシャッセ(8人気1着)にも驚かされましたし。

石 休み明けを嫌う人が多かったのかもね。

編 あと当日の馬体重がプラス22キロというのもありましたけど。石橋さんは気になりませんでした? 勝負予想の見解にも去年の敗因のひとつに馬体増を挙げていましたけど。

石 去年は前走で減った馬体を戻すのに専念して、あまり強い調教もやってなかったからね。今年は調教もバッチリ積んでいたし、当日にプラス22キロというのを知っても、まあ大丈夫だろうなとは思ってたよ。もともとそんなに馬体重は気にしないしね。

編 へ〜、そうなんですね。

石 まあ、展開も想定内で、持続力を活かす競馬ができたし、当たったからというわけではなく、予想としては良かったかなと。

編 そりゃそうでしょう。それに配当も良かったですよ(笑)。なんか皆さんこれぐらいの配当は慣れてきたのか、いつもより反応がおとなしいですけど(笑)。この金額に慣れるって凄いな、しかし(笑)。

石 みんながみんなじゃないでしょ。その前の週が散々だったから、様子見という方もいただろうし……。毎週、安心して買ってもらえるような予想を続けていくしかないね。

編 まあ、1週単位で見れば当たりはずれはしょうがないと思うんですけどね。実際、その前の週はファイナルSの12万馬券を獲っているわけで、先週も34万馬券的中。1開催とか3カ月とか半年とか、そんな単位で見えてもらえればとは思いますけど。

石 ま、僕らは地道に、そして派手に結果を出していきましょ。

編 そうですね。地道な的中に派手な配当。がんばりましょう。ではそろそろ今週末の話に移ります?

石 そうね。AJCCでいいかな。

編 はい。では石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 了解。じゃあ、まずはマイネルフロスト。

編 前走は中山金杯で2着。逃げて惜しい競馬でしたけど、逆に言えばあのペースで逃げ切れなかったのはどうなのかなという気もするんですが。

石 お、まともっぽいこと言ってる(笑)。ただ、言わんとすることはすごくよくわかるよ。後続を離して逃げていたし、スローに持ち込んで逃げ切り体勢だったよね。ただ、そのぶん最後は速い上がり勝負になっちゃった。この馬の場合はもうちょっと速いペースで進めて、後続馬にも脚を使わせるような流れに持ち込んだほうがいいよね。

編 あ〜、なるほど。

石 今度は外回りコースになって、タテ長の展開になりやすい。先手を奪えば後続馬との距離は自然に広がるし、同馬にとっては走りやすい展開が見込めるよ。

編 今回は展開的にも恵まれるんですね。相手強化で人気を落としそうだし、これは楽しみです。

石 続いてはスーパームーンに注目。

編 中山芝コースでは未勝利ですけど。

石 数を使ってないし、レース内容をみても急坂が苦手とか小回りがダメとか、そういうこともない。

編 瞬発力勝負の馬で、直線が短くなるのが気になりますけど。

石 瞬発力って、……ああ、若い時の競馬のことを言ってるのか。昔はたしかに後方一気みたいな競馬をしていたけど、それだけでオープンでやっていけるほど切れる馬じゃないよ。

編 あ、そうなんだ。

石 むしろ上がりのかかるレース(コース)で善戦が多いように、オープンクラスでは瞬発力勝負には持ち込まれたくない。中山芝2200mは上がりのかかるコースだし、今のスーパームーンにはピッタリ。前走みたいな強気に前で進める形がベストでしょう。今の中山は前がなかなか止まらないし。

編 なるほど。

石 あとは差し馬からフラガラッハ。中京の長い直線が得意なように持続力タイプの差し馬だよね。直線の長さはまったく別だけど、中山外回りも持続力が活かせるコースで、適性的には合っている。反対にスローからの急加速する能力が求められる東京は苦手なんだけど。

編 実際、このコースで惜しい競馬をしていますし、9歳馬というだけで人気を落とすなら配当的にも楽しみですね。

石 9歳馬というだけで人気を落としているわけじゃないけど、展開が向けば一発があってもおかしくないよ。

編 いや〜今週も週末が楽しみだ(笑)。石橋さん、また大きいのを一発お願いしますね。地道に派手に、ですからね。

石 はいはい。がんばります。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、はっきり言いますけど、先週はちょっとヒドイですよね。

石橋 武(以下、石) 仰る通りです。フェアリーSもあって期待していただいたぶん、本当に申し訳ない。本命もヒモ含め、穴馬は上位に走っているんだけど、どうも馬券に結びつかなくて。

編 たしかに例えばシンザン記念とかもね〜。人気に推されていたジュエラー(2人気2着)はもちろん、8番人気1着のロジクライも11番人気3着のシゲルノコギリザメもちゃんと評価してたのに〜ともどかしくて。あれで3連単67万円ですからね。

石 ついたよね〜。それだけにあのタテ目決着は痛かった。

編 土曜日もポルックスSの本命◎ヒラボクマジックが10番人気ながら3着に好走したり、フェアリーSにしても不利だなんだとありましたけど、ビービーバーニング(3人気1着)、ダイワドレッサー(10人気2着)、ダイワダッチェス(7人気3着)と、すべて評価していたんですよね……。こちらも痛恨のタテ目で。


石 ん〜、ただ不利だろうがタテ目だろうが、相手抜けだろうが、惜しいだけじゃ払い戻しに繋がらないのでね。まずかきちんと結果でお返しするしかないですね。

編 まあ、ぶっちゃけ皆さんもそう思っていると思いますよ。結果で返してくれと。それに今までもこうやって外してきたこともありますけど、すぐに20万、30万の馬券で簡単に返してくれますしね、石橋さんは。

石 簡単にではないけどな(笑)。ただ、皆さんに納得していただけるようにもっていきます。あ、それとフェアリーSで本命に推した◎ラブリーアモン。

編 8番人気でしたけど、まさかあれが人気馬の本命◎になるとは。人気薄だろ、みたいな(笑)。

石 人気はまあね。ただ、結果的に6着には負けたけど、引き続き注目はしておいてほしいんですよ。レースによるとは思うけど、たぶん次もそんなに人気しないと思うんだよね。能力的には高いし、フェアリーSにしてもスタートで後手を踏んで前につけなかっただけなので、次はチャンス大きいよ。

編 穴をあけてくれると。

石 うん。もちろん勝負予想でも狙っていくけど、頭の片隅にでも置いておいていただければと。

編 今回は勝ったビービーバーレルに去年のノットフォーマルのような競馬をされましたけど、ラブリーアモンもこれだけで見限らずに引き続き注目ということですね。

石 そうね。お願いします。

編 さて、それでは名誉挽回といきたいところですが、どのレースに注目しましょうか。

石 3歳戦の借りは3歳戦で、というわけじゃないけど、京成杯が面白いんじゃないかと。

編 中山芝2000mのG3ですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬についてお話を伺えればと。

石 そうですね。ではまずはユウチェンジに注目しますか。

編 前走はG1の朝日杯FSで4着に善戦していますね。

石 そうね。ただ、直線の入り口でちょっと詰まったところがあったのが残念。とはいえ、適距離より短いマイル戦、しかもG1で4着を確保したのは能力の高さがあればこそだよね。

編 今回は直線の長い阪神マイルから、小回りの中山芝2000mに替わりますが。

石 むしろプラスでしょう。器用なタイプで、未勝利勝ちも新潟内回りの2000mを徐々にポジションをあげていくという大人びた走りで勝利。で、そのあとの野時菊Sは阪神の外回りコースで瞬発力勝負になって切れ負け。まあ、相手は強かったけどね。

編 そういう瞬発力勝負になるよりは、器用さが活かせる中山のほうがいいと。

石 うん。この時期にああいう器用な競馬ができるのは大きなアドバンテージだし、ましてやゴチャつきやすい中山ならなおさらだよね。内枠に入ってくれればベストだけど、いずれにせよ、いままで戦ってきた相手とこの馬のパフォーマンスを考えると勝ち負けになるでしょう。中山だとじっくり構えるようなことはないだろうしね。

編 ええ、切れ負けというか、仕掛け遅れみたいな競馬にはならないと思います。この馬の徐々に上がっていって、最後は突き放すという競馬ぶりが目に浮かびますね。

石 続いてはケルフロイデもチェック。

編 前走は前残りのレースのなか、4コーナー3番手という絶好の位置取りで5着。ちょっと能力的に……という気がしてしまいますが。

石 そうね。たしかに前走だけみると物足りないのは事実。ただ、その前走はスローからの瞬発力勝負だったでしょ。

編 ええ。2番手から勝ったドレッドノータスがメンバー中3位の上がりでしたしね。

石 ケルフロイデにあの流れは向いていない。京都の軽い馬場で典型的な切れ負けパターンだよ。それよりも注目したいのが、その前のきんもくせい特別。

編 たしかに1着ですけど。

石 そうね。ただ、メンバーが軽すぎて勝ったこと自体は別段高く評価することはないよ。それよりも、上がりのかかるコース、レースではちゃんと速い上がりを使えるということ。

編 ああ、そういうことか。どうころんでも上がりのかかる中山芝2000mならこの馬の持ち味が発揮できると。

石 そうね。もちろん中山芝2000mだって展開によっては瞬発力勝負になることだってあるよ。ただ、3歳のこの時期で賞金を加算しておきた馬がいること、他馬の今までのレースぶりからすれば、まずスローからの急加速パターンはないでしょ。

編 ですよね。

石 3コーナー過ぎからラップがあがる流れで持続力を試されるようであれば、この馬のタフさ、苦しいところから脚を伸ばせる特性が活かせる。あ、補足しておくと、この馬はまだそこまで厳しい競馬をしたことはないけど、この手の上がりがかかるレースで好走できるタイプは往々にして持続力に秀でているのでね。瞬発力はからきしだけど(笑)。

編 なるほどね〜。

石 あとはプロフェット。この馬も持続力タイプ。札幌2歳Sがわかりやすくて、澱みのな流れになって先行馬にとっては厳しいレースだったんだよね。そんななんか先行しつつ、メンバー中3位の上がりで2着確保は非常に強い。今の中山の馬場は札幌より軽いので、その点は見極める必要があるけど、好勝負になるだけの能力、適性はある。週末にどういう印を打つのかも含め注目しておいていただければと。

編 わかりました。じゃあ石橋さん、週末はきっちり巻き返していただくということで。

石 そうね。重賞に限らずいつも通り強気に穴馬を挙げていくので、ぜひ注目していただければと。皆さんに安心して馬券を勝ってもらえるような状況にしないとね。

編 安心はしてるんですけどね(笑)。それでは週末を楽しみにしています。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、眠いっす。

石橋 武(以下、石) ごめん、ごめん。でもこの時間しかあいてないんだよ。

編 あいてないって言ったって、4時ですよ!? 夕方じゃなくて朝の4時ですよ!? 絶対おかしいでしょ。しかも電話で対談するって。

石 ちょうど勝負予想の配信が終わったところだからね(笑)。電話がイヤだったら今からこっちに来る?

編 いやですよ。電話でいいです。というか、電話がいいです。で、フェアリーSですよね。

石 なんか投げやりだな〜。キミが今週の対談はフェアリーSにしましょうって言ったんじゃなかったっけ。

編 そうなんですけど、こんな時間に電話が掛かってくると思わなかったので。まあ、でも目は覚めました。やりましょう。去年のこともあるので皆さんもお待ちかねだと思いますし。

石 ちゃんと録れてる?

編 大丈夫です。ではさっそく始めましょう。現時点での石橋さんの穴馬候補を教えて下さい。

石 了解。まずはラブリーアモンに注目かな。

編 前走、東京芝1600mで未勝利勝ちですね。

石 そう、その前走がかなり強かったんだよね。道中は4、5番手あたりにつけて、直線ではメンバー中最速の上がりで抜け出すという競馬で。

編 そうでしたね。内からグングン伸びて、2着以下を完封でしたね。特に3番手以下はちぎっちゃいましたから。

石 そうね。前走で2着に負かしたウムブルフも強い馬で、実際、その次走では大楽勝。その観点からも前走の内容は評価できるよね。今回は東京マイルから中山芝1600mに替わるけど、スッと先行できるセンスと、馬群に包まれてもひるまない性格、馬群を割る根性、そし瞬発力に秀でているというよりは長くいい脚を使える持続力を考えると、このコース替わりはプラスでしょう。

編 枠はちょっと外めでしたけど。

石 この馬のすぐ内に先行したい馬がいないから、邪魔されることなく、スッと前につけられるでしょう。気にするような枠じゃないよ。

編 なるほど。続いてチェックするのは?

石 リセエンヌ。

編 ダメ。人気です。

石 あ、やっぱり。寝ぼけて許してもらえるかと思ったけど(笑)。

編 もう目は覚めてますって(笑)。

石 じゃあ、ハマヒルガオ。

編 大外枠じゃないですか。

石 あ〜、中山マイルはたしかに大外は不利なんだけど、それはあくまで先行馬にとってはということ。後ろから行く馬に関しては別に気にしなくていいよ。

編 あ、そうなんだ。

石 まあ、この話はいずれ話します。今は眠そうなのでやめておくけど(笑)。

編 そうして下さい。で、ハマヒルガオ。

石 そうね。前走は4コーナー1〜3番手にいた3頭がそのまま馬券に絡むという前残りの競馬だったんだけど、この馬はなんと4コーナー16番手(笑)。どう考えても勝負にならない位置だったんだけど、あの絶望的な位置からよく伸びてきたよ。距離も合わなかったしね。

編 今回のマイル戦のほうがいいですか?

石 少なくとも今のところは。スタートで遅れをとらないし、追走もラクだから。緩急のつくマイル戦になるのはいいんじゃないかな。

編 あと一頭はどの馬にしましょう?

石 ラシーム。一気の距離延長となった前走のひいらぎ賞は評価できる内容だったよ。距離不安があるなかでの競馬だっただけに、おそるおそるの追走、仕掛けだったんだけど、それでもそれなりに伸びてきたからね。一度距離を経験した今回はもっと積極的に乗れるだろうし、上積みが期待できるからね。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目しつつ、今晩の勝負予想の買い目を楽しみにしてますね。去年並みの高配当をぜひ!

石 48万馬券はどうかと思うけど、まあ、そこにとらわれずにまずは的中ということで。でもけっこうつくと思うよ。

編 じゃあ、今晩よろしくお願いします! 早朝からありがとうございました!

石 嫌みたっぷりだな(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願い致します。

さて、新年早々ではございますが、本日7日に更新予定の対談についてお知らせ致します。
昨年48万馬券を的中したこともあり、皆様からフェアリーSの話が聞きたいとのリクエストを多数いただいております。
石橋氏と協議の結果、もちろん皆様のお声にお応えしたとのことで、今週は月曜日(祝)に行われるフェアリーSについて対談致します。
ただし、中山芝1600mということもあり、どうせなら枠順を加味したうえでお話したいとのことで、対談の公開は10日(日)18時とさせていただくことになりました。

読者の皆様をお待たせしてしまうことになり、心苦しくもあるのですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。
それでは、日曜日の公開まで今しばらくお待ちください。
よろしくお願い致します。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR