書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の3日間開催は最後に16万馬券的中で締めていただいて、スッとしました。

石橋 武(以下、石) スッとする前にホッとしたんでしょ(笑)。ただ、土曜日、日曜日とも高配当を穫れたからな〜。読者の方もどうせ穫るなら最初に穫っておけよと思っているだろうし。

編 まあ、たしかに最初にデカイのを穫ってもらうと後がラクですからね。それに10万円クラスの馬券とはいかないまでも、的中はありましたしね。

石 せっかく高配当が出たところで2着抜けとか、タテ目とか、ちょっともどかしい配信になってしまったなと。

編 それでも月曜日は京都10Rの花背特別で◎コパノチャーリー(単勝16.2倍、7人気)の逃げ切り勝ち。東京12Rも◎シルヴァーコード(単勝12.4倍、5人気)の好走を予見して3連単16万8,470円、3連複31,170円を完璧的中。あっというまに逆転勝利。やはり石橋さんの勝負予想の醍醐味ですよね。高配当があっさり当たるというのは。

石 予想をご覧になっている方からすると、待ってられないというのが本音だと思うよ。当たり前の話だけど、それこそ土曜日の緒戦から高配当を狙っているんだけど。それがうまくいくこともあれば、先週みたいに最後まで10万馬券的中をお待たせしてしまうこともあるので。

編 そりゃそうでしょう。全部当ててたら、むしろ怖いわ(笑)。あとはG1で高配当というのも期待されていますよね。

石 この時期はね。先週は堅すぎてどうにもこうにもな感じだったけど、今週のジャパンCはもしかすると……とは思ってるよ。

編 お、マジっすか!? それは楽しみです。このコラムの公開も1日延びましたし、その成果を見せてもらおうじゃないですか。

石 ハナから変なプレッシャーをかけないでください(苦笑)。

編 でもなんで1日延びたんですか?

石 3日間開催で月曜日まで競馬があったのがひとつ。それと先週の東京の馬場に関してちょっと思うなことがあって。

編 でも馬場に関しては日、月でしっかり修正して、16万馬券的中につなげてたじゃないですか。見解にも書いていましたけど。

石 ああ、外が伸びる馬場になったことね。うん、あれに関しては雨の影響もあったんだけど、ちょっと僕が思っているよりパワーがいるのかなと。

編 それは何度か見解で書いているクッション性があがったから?

石 それが大きいよね、やっぱり。それと開催中の雨の量とかも関係あるのかも。今週も雨が降っていたし、水はけのいい東京芝コースだけど、影響はゼロじゃないと思うんだよね。今の東京の馬場なら外国馬の馬券絡みも考えておかないと。

編 お〜、近年のジャパンCは外国馬の出番がまったくといっていいほどないですからね。しかも今年来るのは超有名馬というわけでもないし、馬券に絡んだ時点で配当が跳ね上がりそうですよね。

石 うん、妙味はあると思う。

編 ちなみにどの外国馬に注目しています?

石 イトウ。逃げ馬なんだけど、ドイツでのレースぶりをチェックすると、最後の直線に向かうところでスッと加速ができるんだよね。日本向きの瞬発力を感じる。追い出してから首が高いからあんまりスピードにのるタイプじゃないのかなと思っていたんだけど。

編 へ〜。意外とやれそうだと。

石 と、思う。スッと加速できてそのスピードを維持するというか、もちろんラップは落ちているんだけど、追ってバテないというかね。スピード感はないけど、なぜか伸びてるみたいな。ちょっとまだ説明がまとまってなくて抽象的になっちゃうんだけど、現時点では注目の外国馬だね。

編 なるほど。

石 日本馬からはアドマイヤデウスと、サウンズオブアース。

編 お、ちょっと意外な2頭の名前が挙がりましたね。

石 ジャパンCって意外とスローで流れることが多くて、4コーナーあたりから直線にかけて加速、一気に追い出すというのがパターンなんだ。今年もさっきのイトウが先手を取って、この馬自体は飛ばす可能性はあるけど、メンバー的にも番手以下はそんなに速くならない。となれば、冒頭で言ったタフな馬場をこなしつつ、スローペースからのあがり勝負に耐えられる馬となるとこの2頭なんだ。

編 へ〜、ほかにいないんだ。

石 いや、いるけど人気馬だから。穴馬しか挙げちゃだめなんでしょ?

編 ああ、そうか(笑)。

石 アドマイヤデウスは、日経賞とか、日経新春杯でそういう競馬で好走しているし、サウンズオブアースも菊花賞とか前走で経験済み。

編 なるほどね〜。

石 あとはゴールドシップが出遅れて向こう正面からまくってくるとか、早めにしかけてくるような競馬になった場合にどうかだけど、アドウアミヤデウスは若葉Sで厳しい流れからの差し脚を繰り出しているし、サウンズオブアースも神戸新聞杯がホントにタフな競馬だったよね。なんとかなるんじゃないかなと。

編 わかりました。じゃあ、現時点ではこの3頭に注目しつつ、週末、石橋さんがどんな印を打ってくるのか、本命にどういう馬を推してくるのかを楽しみにしています。

石 僕もレースが楽しみだよ。あ、東京も今年最後だし、久々に競馬場まで見に行こうかな。

編 じゃあ僕も一緒に行きます!

石 え〜、あ、その日は約束があるんだった。

編 嘘を言うんじゃない(笑)。じゃあ、日曜日に競馬場で。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせです。

本日更新予定の『単勝二頭流』公式ブログは、石橋氏の意向により金曜日の公開とさせていただきます。
外国馬に関する分析や、枠順、馬場を加味したうえでお話しさせていただきたいとの趣旨による公開日変更となります。
金曜日の夕方には更新致しますので、今しばらくお待ちください。
読者の皆様にはお手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はマイルCS。高配当を当てて下さい。

石橋 武(以下、石) どストレートだな(笑)。もっとなんかこうオブラートに包む的なことないの?

編 僕にはスマートな会話術なんていらないんです。欲しいのは高配当だけ(笑)。だってタイミング的にそろそろでしょ? 10月も10日くらいに2日連続で20万馬券を当てていたし、9月の10万馬券もこれぐらいの時期。だいたい月のなかごろに高配当を当ててるじゃないですか。

石 あ〜、それ偶然。あわよくば開催何週目がいいとか言わせたいんだろうけど(笑)、そうは問屋がおろさない。

編 バレてたか(笑)。まあ、毎月10万超えの馬券を当ててもらっているので、別に心配はしていないんですけど。先週がちょっと堅めでしたらかね。

石 あ〜、そうなんだよね〜。土曜日も◎タガノトネール(5人気2着)がもうちょっとのところで刺されちゃって2着。あれがアタマだったら多少はね。結局、まあまともと言える配当は東京10Rの三鷹特別くらい?

編 ◎トータルヒート(4人気1着)で3連単42.630円を的中でしたね。というか、日曜日も福島記念も◎ヤマカツエースが勝ち切ってパーフェクト的中だし、重賞でいえばその福島記念のほか、デイリー杯2歳S、エリザベス女王杯も本命馬が好走して3連複が的中。ただ、相手が人気馬なんですよね。

石 まあ、そういうこともあるでしょ。人気薄で惜しい競馬をしていたのもいるし、相手に関しては人気薄が来るのも人気馬が来るのもタイミングひとつというところもあるから。

編 そうなんですけどね。全然焦ってはいないんですけど、ほらそろそろ払い戻しのパサパサパサパサ……という音が恋しくなってきて。

石 アホか(笑)。そんなもん聞きたきゃ銀行行って両替してこい。

編 だったらその両替するお金を下さい。

石 開き直りも甚だしいな(笑)。

編 ね? だから今週末あたりドカンと……

石 ね?じゃないわ(笑)。意味わからん。とはいえ、高配当云々は僕も同じ意見なので、なんとかがんばりますよ。

編 今週末は3日間ありますしね。あ、そうだ。スポーツマスターの勝負予想は3日間とも配信していただけるんですか?

石 もちろん。3日間で10〜12レースくらいは配信するつもりだよ。想定を見てもなかなか高配当が期待できそうなレースがあるしね。

編 よし、そうとわかればまずはG1のマイルCSから狙っていきましょうか。石橋さんの現時点での注目馬を教えてください。

石 了解。じゃあ、まずはヴァンセンヌだね。

編 安田記念の2着馬なのに、あまり人気にならなそうなんですよね。

石 そりゃ、秋の2戦を見ればね。

編 でも石橋さんはその2戦を知りながらも高く評価するんですよね?

石 するよ。だって毎日王冠、天皇賞とも距離がこの馬にとっては距離が長いのは明らかだし、毎日王冠は休み明けで調教も(好調だった)春と比べると全然動けていなかった。

編 仕上がり途上だったと。

石 もちろん。目標は先だったから。それに本来は差す競馬が得意なのに、前につけちゃったからね。休み明けでテンションがあがってたのか、距離が伸びてスピードの違いで自ずと前に行っちゃったのかは別として。

編 ああ、そうでしたね。前走の天皇賞は?

石 スタートから行きたがっていたのをなんとか抑えようとはしてたけどね。やっぱり向正面でガツっと行っちゃった。ペースも遅かったし、さっきも言ったけど、やっぱりこの馬には距離が長いよ。今回はベストのマイル戦に戻るし、叩いて精神的な落ち着きも増す。自分の競馬ができるでしょ。

編 そうですよね。あとは京都での成績が【1 0 0 2】と案外なのが気にはなりますけど。

石 案外って言っても負けたのはデビュー2戦目でいきなり重賞に挑戦した京都新聞杯と5戦目で古馬と走った木津川特別(1000万)。デビューが遅くてしかもなまじっか能力が高いだけに、そういうレース選択になったんだろうけど、キャリアから考えるとさすがに厳しいでしょ。別に京都が苦手で負けたわけじゃないからね。

編 まあ、そうですよね。

石 むしろ負けた木津川特別でも速い上がりを支えているし、勝ったレースでもメンバー中最速の上がり。軽い京都の馬場は合うと思うよ。

編 じゃあ、巻き返してくる下地は十分ということですね。期待しておきます。

石 あとはサトノアラジンもチェック。

編 人気だからダメです。

石 あ、やっぱり人気?

編 4〜5番人気じゃないですか? だからダメです。穴馬にしてください。

石 トーセンスターダム?

編 は大丈夫です。もともと菊花賞にも出走していたような馬ですけど、徐々に距離を短縮してきて今回が初のマイル戦。距離的にはこれぐらいが合うんでしょうか。

石 走ってみないとなんとも言えないけどね。ただ、気難しい馬で、そういう意味では集中力の途切れにくいマイル戦はいいと思うよ。それに京都は合うよね。

編 ええ。【4 0 0 1】と得意にしています。前走も京都の外回りコースで勝っていますし。

石 もうちょっとさかのぼるときさらぎ賞勝ちもある。戦績的には1800m巧者という見方もできるんだけど、じゃあ京都芝1800mと京都芝1600m外の違いってなに?と考えると、スタート位置が200m後ろに下がるだけ。コース形態としては同じなんだよ。もちろん道中のペースは多少変わるけど、それも気にするレベルじゃない。

編 そうですよね。

石 あとはレッドアリオン。全7勝のうちマイルで6勝。典型的なマイル巧者だよね。

編 そうですね。今回と同じ京都芝1600m外でもマイラーズCを勝っていますし、このコースは合いそうですよね。

石 そうね。気難しいところがあるのでコンスタントに能力を発揮できるわけじゃないけど、それが穴馬としての魅了を増しているし、人気がないなら絶対に買っておくべき馬だと思うよ。ごちゃつかないという意味では外枠でもひいたら面白いんじゃないかな。

編 なるほど〜。

石 京都はもちろん、東京や新潟での好走が多いように軽い馬場も合っているし、要注目だよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということですね。あ、4頭か(笑)。

石 余計なこと言っちゃったわ。まあ、仕方ない。ただ、週末の勝負予想の印もしっかりチェックしておいていただければと。

編 そうですね。楽しみにしています。それでは今週は3日間ですね。宜しくお願いします。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はこの対談で取り上げたファンタジーSで3連複4,490円を、アルゼンチン共和国杯では3連単14,570円を的中。そのほか京洛Sの的中もあったりと、なかなか充実した週末でした。

石橋 武(以下、石) とはいえ、この対談で取り上げた6頭はほとんど馬券に絡まずで(苦笑)。

編 週末の勝負予想では(ファンタジーSを勝ったキャンディバローズ以外は)下のほうのヒモ扱いになってましたからね(笑)。

石 ここで推奨した馬を下のほうのヒモ扱いするって、悪気があってやってるわけじゃないんだけど、なんかごめんみたいな。

編 ここはあくまで現時点での注目馬で、勝負予想と違うのはみなさん理解してますから。そんなに気にすることないんじゃないかと。

石 ん〜、このコラムでも皆さんのお役にたたないとね。今週から7週連続G1だし、懲りずに参考にしていただければと。よろしくお願いします。

編 ただ、このコラムはさておき、ファンタジーSは3連単こそ獲り逃したとはいえ、穴馬の本命◎メジェルダが6番人気ながら2着。人気馬の本命ブランボヌール(1人気)が3着と、ともに馬券絡み。しかもいつもより大幅に買い目を削っての配信でしたからね。

石 まあ、12頭立てだったから。

編 で、日曜日も京都10R 京洛Sで人気馬の本命◎ネロ(2人気)が圧勝。穴馬の本命◎アースソニックが6番人気ながら2着に激走して3連単25,710円、3連複4,310円的中。アルゼンチン共和国杯でも人気馬の本命◎ゴールドアクター(1人気)が勝って3連単14,57……。

石 ああ、もういいよ。大した配当でもないのに、わざわざ並び立てることない。

編 あ、いや、だから配当面での奮起を促そうかと(笑)。

石 あ、そういうこと(笑)? 

編 まあ冗談ですけど、期待はしてます! ちなみにエリザベス女王杯なんかどうです?

石 配当的に?

編 ええ。

石 人気上位馬に適性がある馬が多いし、まともなら堅い決着になる可能性は高いよねぇ。

編 ああ、やっぱり……

石 ただ、幸運なことに週末は雨の可能性が高いらしいじゃん。

編 ああ、そうですね。京都は金、土、日とあまり天気は良さそうじゃないです。

石 それは穴馬にとっては大きなチャンスだよね。人気馬=瞬発力に秀でたタイプが多いんだけど、その瞬発力が馬場の悪化によって削がれちゃうわけだから。反対にスピードはないけど力のいる馬場を苦にしないタイプとか、持続力タイプにとっては恵みの雨になる。

編 雨乞いしましょ、雨乞い(笑)。

石 頼むわ(笑)。たぶん降るには降るんだろうけど、あとはどれくらいの降雨量になるかだよね。そこは週末までチェックし続けないと。

編 ええ、お願いします。じゃあ、とりあえず今日のところは現時点での注目穴馬を教えていただけますか。

石 了解。まずはマリアライトに注目しようか。

編 条件戦から着実に勝ち上がってきて、2走前には重賞のマーメイドSで2着。前走も牡馬相手のオールカマーで5着に善戦。力をつけてきてますよね。ただこの馬って瞬発力タイプじゃないですか?

石 たしかに、条件戦のときはほとんどのレースで上がり最速の脚を使って勝ち上がってきてるよね。

編 ですよね。

石 ただ、もちろん速い脚を使っているからこその上がり最速ではあるんだけど、マリアライトはスッとギアチェンジをして急加速しているわけではなくて、早めの仕掛けからスピードにのっていくタイプなんだ。だからこそ急加速できる実力馬が多い重賞だとメンバー中上位の上がりというわけにはいかないんだ。

編 ああ、たしかに。前走も勝ったショウナンパンドラに一気に差し切られましたよね。

石 そうだね。その点、今回は3コーナーからの下りを利用して加速していける京都の外回りコース。マリアライトのようにエンジンに火がついてからの末脚が長いタイプにはそれが大きなアドバンテージとなるんだ。

編 なるほどね〜。

石 京都自体は初めてになるけど、かなり向いていると思うよ。それに道悪を苦にしないしないのもいい。実績馬の瞬発力が削がれるぶん、この馬の息の長くて力のいる馬場を苦にしない末脚は魅力だよ。

編 続いてチェックするのは?

石 リラヴァティ。

編 こりゃまた意外な。

石 意外でもなんでも、この馬の先行力は侮らないほうがいい。秋華賞ではハイペースで上位は差し・追い込み馬が独占するかなり厳しい流れだったんだけど、逃げた馬が直線に入って早々に脱落するなか、最後まで抵抗をみせていたし、福島記念も淀みのない流れを2番手で受けて2着に粘った。あのペースを先行してよく2着に粘ったよ。4コーナーでは先頭だったからね。

編 そうか。今回人気になりそうなのは、差し馬ばっかりなんですよね。

石 瞬発力を発揮しづらい馬場になればという条件はつくけど、一発の魅力がある。どうせ人気はないんだから、押さえておいて損はないよ。

編 たしかに。相手に人気馬がきても、この馬ならけっこうな配当がつくでしょうしね。

石 あとはシュンドルボン。この馬も先行客室で、相手なりに走れるタイプ。そのぶん勝ちみに遅いところがあったけど、精神的に成長したのかそれも解消してきたよね。こういうタイプは得てして厳しい流れになったほうが能力をフルに発揮できることもあるから。勝つかどうかと聞かれると、まあかなり厳しいとは思うけど、馬券圏内という意味ではチャンスはあるよ。

編 わかりました。では雨乞いしつつ、この3頭に注目しておきます。それにしてもこの3頭で決まったらエライことになりそうですね。

石 さすがにそれはないでしょ(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の天皇賞(秋)は……

石橋 武(以下、石) はい、すみません! 全然見当違いでな外れ方をしてしまいました。

編 ですよね。そもそも敗因はなんなんでしょうね。

石 う〜ん、言うまでもなく僕の力量不足が最大の敗因ですけど、それを大前提としておいといて言うならば、スタートの読みの甘さでしょうね。

編 思っていたのと違った。

石 そうね。これは馬場もちょっと関係するんだけど、先週はこの対談で「東京芝は使い込まれてきて馬場も踏み固められ、そろそろ瞬発力が問われる」的なことを言ったと思うんだけど。

編 はい、そう言ってました。

石 ところが土曜日の東京芝コースは金曜日に散水した影響かな、まだまだパワーを要する馬場だったんだよね。と、なると日曜日は馬場の内側から乾いていくという東京特有のパターンになるだろうと。内枠、先行有利の。

編 まあ、そうなりますよね。読み、合ってたんじゃないですか? 実際、秋天と同じ東京芝2000mの精進湖特別では単勝13番人気のマイネグレヴィルを穴馬の本命に推して、2着に激走。あれも先行有利だからこそ本命に推せたわけですよね。

石 そうね。それもひとつの要因。

編 というか。あれで800万馬券になるとは……。なんかマイネグレヴィルからの馬券を持っていたのが、誇らしかったですもの(笑)。

石 ああ、穴馬をちゃんとわかってるって?

編 そうそう。別に僕が選んだわけじゃなくて、石橋さんの買い目のまんま買ってただけなんですけど。まあ、それはいいや(笑)。で、スタートの読みの甘さというのは?

石 それこそのあの9レースを見ると、完全に内有利、先行有利なわけじゃない。当然、ジョッキーもそれを意識するわけですよ。だから同コースの天皇賞(秋)では、勝ったラブリーデイなんかが一気に内を狙ってくるし、内にいた人気馬の本命◎アンビシャスなんかはスタート自体は悪くなかったけど、押し込められて中団からの競馬でしょ。しかもスローに落とされて掛かっちゃって。

編 最後も5着までは来てるんですけどね。

石 まともなら勝ったとは言わないけど、もうちょい上には来られてた競馬だったよね。ちょっともったいなかった。ただ、ラブリーデイが好スタートから先行、押し切った競馬はかなり強かったし、適性にひっぱられて結果的にその力量を見誤っていたのも入んだし、そういう意味でも冒頭で言ったように僕の力量不足。ここでもう一度引き締め直して今まで以上に丁寧に予想していきます。

編 とはいえ、前日のアルテミスSではデンコウアンジュ(12番人気1着)を相手筆頭に評価していましたし、さっきのマイネグレヴィルも本命評価。穴馬はきっちりと走ってきてますので、今まで通りでいいと思いますけどね(笑)。

石 いずれにせよ、今週きっちり取り返さないとね。

編 はい、お願いします。

石 というわけで今週のレースだけど……

編 ふた鞍ですよね!? 先週約束しましたもんね?

石 わかってるわ(笑)。ちゃんと約束は守ります。で、1鞍はアルゼンチン共和国杯として、もうひと鞍やろうとおもっていたみやこSが少頭数なんだよね。たしか登録が12頭だったかな。となると配信するかどうかもわからないので、違うレースをやろうと。ただ、今週はせっかく重賞が2鞍も組まれているのを考えると……

編 考えると?

石 もうひと鞍は土曜日のファンタジーSにしようかなと。土曜日のレースでいいかな?

編 もちろんです。でもVstyleさんのほうは大丈夫なんですか?

石 うん、違うレースを話すので。

編 了解です。じゃあ、さっそく土曜日のファンタジーSからお願いします。石橋さんお得意の1400m戦ですね。

石 得意というか、特徴がわかりやすいのでね。ただ、京都芝1400mはスタート後に上り坂があるぶん、普通の1400mよりは流れが落ち着きやすい。つまり持続力だけではなくて、ちょっとした瞬発力も必要になってくるんだ。2歳戦だけにその傾向はより強くなる可能性もあるけど、そのあたりは枠順が決まってからの判断になるかな。

編 そうですね。最終結論は勝負予想まで待つとして、現時点での注目穴馬をお願いできます。

石 じゃあ、まずはアドマイヤリード。

編 あれ、前走マイルで勝ち上がってきた馬じゃないですか。石橋さん1400mの予想をするとき、マイルで、しかも速い上がりをマークした馬って嫌うのに。

石 お、いいね。それが1400m予想の定石ではあるんだよ。ただ、さっきも言ったように、京都芝1400mは緩急がつきやすいコースというのと、反対に同馬が勝ち上がってきた中京芝1600mは直線がかなり長くて、急坂もあるというタフすぎるコース設定。ましてや2歳馬にとっては非常にキツイコースで、持続力にも秀でていないとメンバー中上がり最速なんて出せないんだ。

編 イメージとしては1400mらしからぬ1400mと、1600mらしからぬ1600mの共通点が重なるという感じでしょうかね。

石 ああ、そうそう。求められる資質が似ているよね。アドマイヤリードの前走は、前残りの競馬のなか、徐々にポジションを押し上げて差し切り勝ち。(前をとらえるには)かなり厳しい位置取りだったけど、あのタフな直線をよく差し切った。前走は400キロを切っているように小柄な馬で、中京のねちっこい芝をこなしたのも評価できるよね。

編 その点、今回は軽い芝の京都ですからね。

石 そうだね。当然プラス材料だし、前走のようにあの位置から差し切る、要は速い脚を長く持続できるのは京都芝1400mを走る上では高く評価できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはメイショウスイヅキ。

編 前走は今回と同じ京都芝1400mのもみじSで1着。

石 あのレースは京都芝1400mらしいスローになったんだよね。結果、メンバー中最速上がりの33.0秒で差し切ったんだけど、この馬はここまでの3戦すべてでメンバー中上がり最速をマークしているんだ。特に2戦目のサフラン賞(中山芝1600m)は前残りの競馬で6着に負けたんだけど、同馬自身はレース中盤からずっと脚をつかっているんだ。かなり負荷のかかる競馬だったけど、それでもメンバー中最速上がりというのは、1400mへの適性を示しているんだよね。

編 つまり1400m適性もあり、瞬発力もある。

石 そう。この先、成長することでどっちの適性が伸びるのかで将来的な活躍の場は決まってくるけど、たぶん1400mとか、上がりのかかるレース、コースが得意になっていくんじゃないかな。ま、先々のことはおいといて、ここも注目といういことで。

編 はい。ではファンタジーエスの1頭は?

石 キャンディバローズ。

編 前走、札幌芝1500mで初勝利を挙げた馬ですよね。

石 札幌芝コースは小回りというイメージを持っている方も多いと思うけど、コーナー角が大きくて、長くいい脚が求められるんだ。コーナーが大回りでスピードが出るぶん、スピードを落とさずに回ってこられるのでね。それと同時に、コーナーが回りやすいのでペースが急に落ち着くことがなくて道中で息を入れづらいんだ。負荷のかかる競馬になりやすいのも札幌芝1500mの特徴だね。

編 1400mに近いイメージがありますね。

石 それか、トリッキーでかつ厳しいラップが続く中山芝1600mとかね。この馬も小柄で、パワフルな洋芝から軽い京都の芝に替わるのは大きなプラスだし、要注目だよ。

編 わかりました。では続いて日曜日のアルゼンチン共和国杯についてお聞きしましょうか。

石 長いな(笑)。

編 言い出したのは石橋さんですからね(笑)。ということで、アルゼンチン共和国杯の注目穴馬をお願いします。

石 まず大前提として、このレースで求められるのはスタミナだということを頭に入れておこうか。

編 あれ、でもダービーとかジャパンCの時にはとにかく瞬発力って言ってましたよね。東京芝2500mって、そこから距離がたった100m延びただけですよね。

石 その100mが大きいんだ。それぞれのスタート位置を比べてみるとその理由がわかるんだけど、芝2400mは最後の直線の坂の後半からスタートするのに対し、芝2500mは坂下からスタート。1回ちょっとの坂越えと、2回の坂越えでは消費するスタミナが全然違うんだ。

編 ああ、なるほどね〜。

石 1回の坂だと上りきってからさらに加速という瞬発力がものをいうけど、2回も上るとなると、そういう瞬発力タイプじゃスタミナがもたない。大げさに言うとバテ合いを凌ぐ競馬になるからね。だからむしろ2400mでは差し届かないタイプとか、反対に伸びてはいるけど瞬発力タイプに置いていかれるとか、そういう馬に注目しておきたいんだ。で、こういう話をすると、キミなんかが「じゃあ、瞬発力タイプは全然いらないんだ」と早合点しがちなんだけど(笑)。

編 たしかに(笑)。

石 いくら瞬発力に寄っていたとしても、能力が違えばそりゃ走ってくるからね。ちゃんと能力と適性と、そのあたりを掴んでおかないとね。

編 わかりました。ではそれも踏まえて、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはサトノノブレス。

編 スタミナはあるでしょうね。なんと言っても菊花賞2着馬ですから。

石 そうだね。溜めれば速い上がりを使えないこともないけど、ジリっぽいというか、切れ負けするタイプで、この条件はぴったり。それに4走前の金鯱賞は澱みのない流れを中団から差してきているようにタフな流れ、スタミナを要する流れから脚を伸ばしてこられる強みもあるよね。前走の伸びなさは明らかに休み明けのぶんだろうし、ここは巻き返しが期待できるよ。

編 ええ、ひと叩きされた上積みは大きいでしょうね。期待です。

石 あとはスーパームーン。

編 去年のこのレースの3着馬ですね。

石 そうね。下級条件時代はこの馬の瞬発力でもどうにかなったんだけど、さすがにオープンとなると瞬発力では通用しないのがわかるよね。下のクラスでも勝ちみに遅いところがあったし。

編 そうですね。取りこぼしが多いというか。それで出世に時間がかかっちゃいました。

石 ただ、瞬発力勝負ではなく、渋太さ、持続力を武器にしたことで、この馬本来の良さが活きてきた。去年の3着なんかがまさにsの好例だと思うけど。前走はイギリス遠征明けの一戦、しかもハイペースという高負荷のレースで最後はタレたけど、あれを使ったことで大きく変わってきそうな雰囲気だよ。

編 あとは?

石 ヒラボクディープ。

編 前走は長距離の丹頂Sを圧勝。強い競馬でした。

石 格が違ったね。中団後ろからレースを進めて徐々にポジションを上げていって4コーナーでは早くも先頭というね。で、札幌の大回りのカーブを長い脚で上がっていってメンバー中最速上がり。反対に、5走前のモンゴル大統領賞とか、エプソムCとか、瞬発力が求められると凡走しているのも、このレースに関してはプラスに捉えられるからね。スタミナも長い脚も上位の存在で、要注目だよ。

編 ふう。これで2レースぶん終わりました。

石 キミが疲れるんじゃない(笑)。それと読者の皆さん、長々と失礼しました。

編 ホントですよ。

石 おいっ!

編 冗談です(笑)。さて、それでは現状はこの2レース3頭ずつに注目しつつ、週末の勝負予想をお待ちしてますね。

石 はい。よろしくお願いします。







-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR