石橋 武(以下、石) 皆さん、すみません! 大変お待たせしました!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、待ちましたよ〜。でも珍しいですね、石橋さん自ら「枠順確定後」に延期したいなんて。

石 ああ、エイシンヒカリの枠順を見たかったんだよね。逃げるのあの馬だけでしょ?

編 ああ、そういうことか。

石 東京芝2000mは外枠に入ったら逃げるの大変だろとか、内枠だったら絶好だなとかね。それによってペースが変わってくるからね。

編 で結果はど真ん中の9番(笑)。

石 そうなんだよ。まあ得てしてそういものだよね(笑)。

編 で、結論は出たんですか?

石 うん、現時点での穴馬は決めたよ。アンビシャスとステファノスとスピルバーグ。

編 全部言っちゃった(笑)。え、まさかの……

石 ごめんなさい! 時間がないパターンです……。

編 え〜! それはないですよ〜。マジで言ってます〜!?

石 ただ、来週はそのぶん2つレースを取り上げるので、それで勘弁してください。

編 あ、ならいいですよ。

石 軽っ!

編 じゃあ、一言だけでも推奨理由を。詳しくは勝負予想の見解で書いてくれるでしょうし。

石 東京開催も今週で4週目。だいぶん踏み固められたし、瞬発力の要求されるスピード馬場になってくる頃だね。今週からBコースに替わるけど、特に先行有利な馬場になるとは思えないんだ。アンビシャスはそういうスピード馬場に対応できる瞬発力を持っているし、早めに仕掛けても速い脚が使える強さがある。ラジオNIKKEI賞みたいにね。

編 なるほど。エイシンヒカリがスローに持ち込むようだと、その競馬ができる強みは大きいですよね。

石 前走は前に有利な展開で、この馬は後方から出遅れて最後にちょろっと脚を使っただけ。全然能力を出し切ってないよ。超ざっくりと言うと、それは他の2頭も同じようなイメージだよ。

編 わかりました。じゃあアンビシャス、ステファノス、スピルバーグの3頭に注目しておきます。石橋さん、来週はほんと頼みますよ。ちゃんと2レース分やるって約束しましたからね。

石 もちろんです。読者の皆様、お待たせしたのに時間がなくなってしまい、本当に申し訳ありません。このぶんは来週お返ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。







-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

皆様、こんにちは。
石橋武公式ブログ編集部です。

今週の対談は石橋さんの希望により天皇賞(秋)の枠順確定後に行うことになりました。
したがいまして、通常は木曜日の18時前後の更新となっておりますが、今週は金曜日の18時までに更新するという形をとらせていただきます。
対談が終了次第、なるべく皆様をお待たせしないように早めの更新を心がけますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週は菊花賞なんですけど、石橋さん期待のミュゼゴーストが出走しないということで。

石橋 武(以下、石) それ、もう何週間も前からわかってるから(笑)。どこかでこの馬を狙ってると言ったらそのあとすぐに回避されたわ。

編 そうでしたよね(笑)。じゃあ、今週の予想には影響なく。

石 もちろん影響はない。セントライト記念でうまい具合に凡走してくれて人気も落とすだろうから出て欲しかったけどね。

編 ですよね〜。

石 ただ、ミュゼゴーストがどうこうではなく、メンバー的にこの菊花賞は大きいのを狙うよ。

編 配当的に?

石 ほかになにがある。

編 馬体とか。

石 別に大きい馬は狙わらないです(笑)。今年の菊花賞は2冠馬デュラメンテが出走しないこともあって世間的にも混戦と報道されているけど、本当に主役不在というか、ホント大混戦なんだよね。現時点で狙ってるのも、思った以上に人気がないし、配当面はかなり楽しみだなと思って。もちろん当たればの話だけど。

編 石橋さんは外さないでしょ(笑)。

石 そういうのホントやめて。

編 期待の表れですって。ちなみに人気馬の本命◎になりそうな馬もあまり人気ないんですか?

石 ん〜、まだ具体的なことは言わないけど、その可能性はあるね。

編 となると、人気薄の本命なんかどうなっちゃうんでしょう。

石 本当どうなっちゃうんでしょう(笑)。とりあえず今言えるのは、どんなに人気がなくても、ちゃんと馬券は買ってほしいなと。ほら、前に単勝万馬券近い馬を本命に推したときって、キミびびってたよね。

編 そ、そんなことないですよ(苦笑)。新潟芝1000mのフレイムヘイローですよね(韋駄天S。単勝94.8倍)。ちゃんと買いました〜。

石 はいはい。今回の菊花賞は人気が読みづらいので、フレイムヘイローほどつくかどうかはさておき、まあ、びびらずにちゃんと買ってくださいと。

編 だからびびってません〜。

石 わかったよ。じゃあ、キミもちゃんと買ってくれるということなので、そろそろ始めましょうかね。

編 はい、よろしくお願いします。で、混戦、混戦って言ってますけど、現時点ではどの穴馬が良さそうなんですか?

石 まずはスティーグリッツ。

編 前走、古馬相手に1000万特別の九十九里浜特別を勝っていますね。

石 過去の菊花賞を見ても古馬相手の1000万特別を勝てれば好勝負になるのは明らかだから。ただ、それで推したわけじゃない。

編 あ、そうなんですか?

石 うん、前走のレースぶりがまさに菊花賞向きでね。

編 へ〜、どのあたりがですか?

石 前走は中団から徐々に押し上げていって、外を回して勝ったんだよね。たぶんこの馬ってエンジンのかかりが遅いんだよ。だから直線の短い中山だとずっと仕掛けながら助走をつけているんだよね。

編 ああ、なるほど。反対に連勝している中京では直線が長いぶん、加速するまでの時間が十分にあると。

石 そう。長くいい脚を使えるから。あれだけ直線が長いとメンバー中最速の上がりをマークできちゃう。今回の京都芝3000mはまさにエンジンに火がつくまでが長い馬向きのコースで、距離も十分あるうえに3〜4コーナーの下りを利用して勝手にエンジンがかかる。

編 あ、そうか。中山ではある意味強引にエンジンをかけていたけど、今回の京都はその必要がないのか。

石 そういうこと。しかも前走はそんな強引な競馬で結果をだしたうえに、2着馬に競りかけられたらさらに伸びて差し返すというスタミナを証明するかのようなレースぶり。

編 まさに菊花賞向きじゃないですか。人気にならないことを祈るのみですね。

石 え、けっこう人気しそうなの? リアファルとかリアルスティールとか、サトノとか、サブちゃんの馬とか春の実績馬が人気を吸ってくれると思ってるんだけど。

編 どうでしょうね。単純に長距離の古馬1000万特別を勝ってるという理由で推すファンも多いでしょうし。

石 そうか。今できるのは祈ることだけだな(笑)。

編 続いての穴馬は?

石 アルバートドック。

編 京都はいいですもんね、この馬。

石 そうだね。春には重賞の京都新聞杯で一線級と差のない競馬ができているし、前走の負けだけで能力不足と思われているならラッキーでしょ。長距離に不安があるならわかるけど、むしろデビューから長距離適性を見込んだ使われ方をしているしね。

編 ただ、前哨戦で負けたというのは、やっぱり気になりますけどね。

石 前走は久々の競馬で行きたがってたからね。長距離となるとたしかに折り合いは心配だけど、もともとかかる馬でもないし、前走がいいガス抜きになったでしょ。

編 京都芝3000mというコースに不安はないですか?

石 ああ、適性という意味かな。だったら不安はない。いままでずっとメンバー中上位の上がりを使っているけど、上がりがかかるレースほど、この馬の(他馬との比較で)上がりは速くなっている。要は他馬にとって伸びづらい持続力が要求されるレースほど同馬にとっては伸びやすいということ。菊花賞はごくごく稀にドスローからの瞬発力勝負になるけど、基本的には3コーナーを回ってからの持続力が問われるレースだけに、この馬向きでしょ。アホみたいなスローになったら諦めるしかない。

編 まあ、それが競馬ですからね。

石 まあ、ペースに関しては週末の勝負予想できっちり詰めて配信しますので。

編 お願いします。さて、あと1頭ですが。

石 ベルーフですね。気難しい馬だけにそこだけが心配だったけど、秋になってだいぶん成長してるのを感じる。前走のセントライト記念でも、スローで我慢してたしね。今回につながる競馬ができてた。

編 古馬相手の重賞でも2着と好走していますしね。

石 そうだね。春は瞬発力に頼るような競馬だったけど、もともとは切れるタイプじゃない。小倉記念みたいに競って競って最後まで伸びるというタイプ。距離が伸びるのも歓迎のクチだし、中山なんかでちょっと足りなかったのは京都替わりで大きくカバーできる。好走が期待できるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで、あとは週末の最終見解をお待ちしています。

石 そうですね。今週も新潟芝1000mもあるし、狙えるレースが多いので、期待しておいてください。

編 菊花賞も高配当狙いですしね。

石 堅かったりして(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) パンパカパーン! 石橋さん、おめでとうございます!& ありがとうございます!

石橋 武(以下、石) なんだこの無駄に明るい始まりは。

編 無駄じゃないです! だって高配当連発ですよ!? 2日連続20万馬券的中ですよ!? 連日の京都最終ダ1400m……

石 わかった、わかった。無駄じゃないです。ありがとうございます。みなさん、的中おめでとうございます。

編 わかっていただければそれでいいんです。それにしてもやってくれますね〜。

石 偶然だよ。たまたま配当がいいのが続いただけ。

編 またまたご謙遜を〜(笑)。日曜日に20万馬券獲って、月曜日に25万馬券を獲るとか、もはや予想じゃなくて投資レベルですからね。

石 大げさな(笑)。たまたまだって。

編 い~え、たまたまじゃないのは皆さん知ってます。だいたい10月までで何本の10万馬券を当ててきてるんですか?

石 数えてないわ、いちいち(笑)。何本だった?

編 いや、僕も数えてないですけど(笑)、月2本ペースはいってるんじゃないですか? 

石 あ〜、平均したらそんな感じかもね。

編 なんか少ないふうに返してますけど、公開予想でこの数字って相当多いですからね。しかも10万どころか20万、30万馬券だって珍しくないし、というか先週がそうだったし、なかには48万馬券的中もある。

石 今度何本獲ってるのか数えといてよ。

編 え、僕が?

石 そう。いちばんヒマそうだし。

編 数えてどうするんですか?

石 ふ〜んって思う。

編 いやだわ、そんなためにいちいち数えるの(笑)。それにしても先週の2レース、日曜日の京都最終と月曜日の京都最終でそれぞれ20万馬券、25万馬券が当たったわけですけど、これがともに京都ダート1400mのレースだったんですよね。

石 そうだね。

編 え、それだけ(笑)? なんかないんですか、京都ダート1400mの特徴というか狙い方というか、そういうの。

石 そりゃあるけど、この2レースがともに荒れた因果関係は特にはないからね。強いて言えば、勝った◎ネヴァーハーツ(日曜日。9人気1着)も◎イサチルホープ(月曜日。8人気1着)も芝で勝った実績を持っていたということくらい。

編 と言いますと? ダートが軽いとか?

石 終わったあとに言うのって後付けっぽくて本当にイヤなんだよね……。

編 当たってるからいいじゃないですか。

石 ん〜、ダートが軽いとかはそんなに関係ないんだけど、いつも言っているように1400mって芝・ダートかかわらず持続力勝負になることが多いんだ。ただ京都ダ1400mはスタート後の坂で落ち着くぶん、1400mにしては最後に瞬発力が問われる。この2頭が芝でも戦えるだけの瞬発力を持っている点を評価したのは事実だよ。まあ、それ以外に展開とか枠順とかメンバー構成とか力関係とか適性とか総合的に本命に推したわけで、さっきも言ったように京都ダート1400mだからという因果関係はないし、あまり気にもしてないよ。

編 そういえば、たしかに石橋さん1400m戦得意ですよね。芝・ダートかかわらず。

石 そうね。得意というか、基準にしているところはあるかな。適性をつかみやすいし、1200mとか1600mで走ってきた馬が1400mに替わってどうなるかというのもわかりやすいし。その逆も同じだけど。それにそういう馬って内回りコースで穴をあけることも多いしね。あ、このまま秋華賞の話に移ろうか。

編 お願いします。1400m巧者が内回りも得意というのは?

石 当たり前だけど内回りコースって最後の直線が短いでしょ?

編 ええ。

石 直線が長ければ瞬発力に秀でたタイプが差し切っちゃうんだけど、直線が短いと瞬発力タイプは届かない。これは単純に直線の距離の問題でもあるし、直線が短いコースだと、わりと前がかりの展開になって道中も厳しいペースが続くから、瞬発力タイプにとっては脚が溜まりにくいということでもあるんだ。

編 なるほど。澱みのない速い流れが続く1400mで好走できるようだと、その厳しいペースの内回りでも好走できると。

石 そう、ともに求められるのは厳しい流れのなかゴールまで押し切る持続力だからね。

編 あ〜、そういうことか〜。よくわかります。

石 もちろん1400mとたとえば秋華賞の2000mでは距離が全然違うので、そういう適性だけではスタミナが足りないので、そこは気をつけてほしいですけどね。

編 じゃあ、そのあたりを踏まえて現時点での秋華賞の推奨穴馬をお聞きしましょうか。

石 了解。まずはクインズミラーグロ。

編 たしかに新馬戦、2戦目と1400mで好走していますね。

石 そして前走では中山芝2000mの紫苑Sを勝っているよね。

編 ええ。

石 こういうタイプはいいよ。持続力が求められるレースで2戦ともきっちり好走して、距離実績もある。しかも前走は内回りコースだったからね。その他のレースを見ても、例えば初勝利を挙げたレースでは、内回りの中山芝1800mで澱みのない流れを中団前めから押し切っていて、器用さも持続力も見せている。上がりの速くなる新潟のマイル戦でも厳しいペースを先行から2着好走と対応しているのも評価できる。

編 持続力もあって距離実績もOK。それでいて速い上がりタイムにも対応できていると。死角がないじゃないですか。

石 京都芝2000mは枠順にも左右されるし、まぎれも起こりやすいからね。それが死角っちゃ死角だけど、この馬の資質としては高く評価しているよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはクイーンズリング。

編 いやいや、これは人気じゃないですかね〜?

石 え〜、5〜6番人気でしょ。桜花賞、オークスもダメだったし秋緒戦のローズSも5着と中途半端だったよね。

編 たしかにな〜。でも微妙だけどな〜。まあ、今回は良しとしましょう。で、やっぱり1400m実績を買ったんですか?

石 もちろんそれもある。それとさっきキミも言っていたけど、この馬が負けたのってクラシックの2戦と前走のローズSだよね。

編 ええ。

石 で、勝ったのは中山芝1800mの新馬戦と中山マイル。そして阪神芝1400mのフィリーズレビュー。これでなにか気づかない?

編 気づきません。

石 ちょっとは考えろや(笑)。

編 あ! ホントに今気づいた。瞬発力が求められるコースで負けてるんだ。

石 その通り! 素晴らしい。

編 中山芝1600mの菜の花賞とフィリーズレビューで最速の上がりを使っているからつい瞬発力があるのかなと。

石 目のつけどころも素晴らしい。もちろん瞬発力がゼロというわけじゃないよ。ただ、その2戦は上がりがかかるコースだよね。むしろ他馬が速い上がりを使えないなかで、他馬よりも速い上がりをマークできるのは持続力に秀でているからこそ。

編 おお、なるほどね〜。

石 菜の花賞は道中のペースも厳しかったんだけど、急坂も苦にせず最後まできっちり伸びた。内回りでタフな流れになればなるほど、この馬の台頭が見えてくる。春の2戦の雪辱を果たすのはここでしょ。

編 この馬の話を聞いておいてよかった(笑)。

石 でしょ? で、最後にホワイトエレガンス。

編 徹底してますね。この馬も1400m実績があって、前走は中山芝2000mの紫苑Sで2着。

石 穴馬狙いは徹底しておかないとね。

編 3走前に2000mを使ってから安定していますね。

石 ん〜、それはあんまり関係ないかな。もちろんマイルよりは1800m、2000mがいいのは間違いないけど。それよりも2走前の札幌がいいよね。

編 藻岩山特別。

石 そうそう。3歳牝馬ということで50キロではあったけど、厳しい流れをよく前で押し切ったよ。前走も崩れなかったし、好走できるだけの適性、能力はあるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しておきます。では改めまして20万馬券×2本ありがとうございました!

石 そんなこと改めて言わなくていいです。唐突に。

編 そして今週末ももっといい馬券をお願いします!

石 はい、それもっと言わなくていいやつね。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、スプリンターズS、惜しかったですね〜。

石橋 武(以下、石) 惜しかっただけじゃ罵倒されるだけなのが、競馬の厳しいところだね。

編 1円にもなりませんしね(笑)。ただ、あの予想なら罵倒はされないでしょう。

石 冗談だよ(笑)。皆さん、優しいし、当たり外れに関係なく、いいものはいいと正当に評価してくれるし、ダメなところはダメと厳しく言ってくれる。そういうふうに予想を隅々まで見てくれているのがすごくありがたい。当の意味で叱咤激励していただいています。

編 ああ、たしかにそうですね。それに石橋さんにあれだけ内容のある見解を書かれたら読んじゃいますよ。もちろん買い目の当たり外れは大切なんですけど、それ以外にも見どころたっぷりというか。

石 ああ、スプリンターズSというか、その前の勝浦特別と合わせて中山芝1200m戦の見解はちょっと長すぎた(苦笑)。もっと簡潔に書けないものかと、我ながら文才のなさにびっくりしたわ。

編 でもわかりやすかったですよ。勝浦特別で書いた内容はドンピシャで実際に、◎キャレモンショコラが1着。スプリンターズSも(見解で触れた)穴馬の本命◎リッチタペストリーこそ6着でしたけど、勝った◎ストレイトガールは人気馬の本命でばっちり的中。2着の△サクラゴスペル(11人気)もしっかり評価していましたしね。たしかに3着のウキヨノカゼは抜けましたけど、お金を出して石橋さんの予想を見ている僕としては納得の一戦でしたけどね。

石 そういってもらえると多少は救われるけどね。

編 それにあれがかっこ良かったです。

石 なんだっけ?

編 ウリウリ自信の切り情報ですよ。

石 ああ、スポーツマスターの編集部通信でも取り上げてくれたみたいね。ただ、ウキヨノカゼに走られたらそれも間違っていたと同義なのでね。それが3連単を的中できなかった要因だし。

編 どういうことですか?

石 見解にも書いたようにウリウリはスローの差し馬。道中が速く流れる中山芝1200mだと脚がたまらずに惨敗の可能性が高いんだ。反対に京都とかは得意だけどね、脚をためやすいので。

編 ああ、中山芝1200mはスタート直後から降りでラップが落ちないということも見解に書いてましたね。

石 そう。ウリウリは走っても7〜8着とかそんな感じで見ていたし、ウキヨノカゼはついていけずにふたケタ着順と見ていたんだよね。ウキヨノカゼもスローで脚をためたいタイプで、しかもウリウリよりスピードがないぶん、中山芝1200mの速い流れにはついていけないと思って。

編 あ、そうか。それが予想外にスローになったもんだから。時計的には10Rの勝浦特別よりも遅かったですもんね。

石 そうなんだよ。2頭とも予想外に脚がたまっちゃって最後は伸びてきたし、穴馬の本命に推した◎リッチタペストリーは、上がりの勝負になった時点でアウト。あれ以上速い上がりは使えないからね。

編 ホントはもっと引っ張っていくような競馬をしてほしかったんですけどね。

石 そうだね。ただ、ここまでスローになることを読みきれなかったのは僕の詰めの甘さ。結果、ウキヨノカゼに馬券絡みされるし、ウリウリも上位に走ってきた。ん〜、まだまだ精進しなければと思ってます。

編 まあ、そこは頑張ってもらいましょう(笑)。で、先週のことを振り返るのもいいんですけど、そろそろ先のことにも目を向けたいなと。

石 そうね。あ、そうだ。それでひとつ提案というか、お願いなんだけど、今週末の3日間開催中に毎日王冠と京都大賞典が組まれているでしょ?

編 ええ、土曜日にはサウジアラビアRCもあって、3日間で3重賞が行われますね。

石 まあ、土曜日はVstyleのほうなのでさておき、3重賞とも登録が少ないんだよね。

編 たしかに。毎日王冠が登録13頭で、京都大賞典のほうが11頭ですからね。

石 ということもあって、もともと実力馬の出走が多いレースだけに、ぶっちゃけ現時点で穴馬を3頭ずつお伝えするのが厳しいんですよ。人気がなけりゃいいってわけじゃないので。

編 そりゃ、馬券に絡んでもらわないと困りますからね。

石 それに週末の勝負予想で配信するかどうかも危ういところなので。特に京都大賞典のほうはね。

編 もし、これ以上減るようなことになったら妙味もへったくれもないですもんね。

石 そうなんだよね。なので、穴馬に限らず毎日王冠と京都大賞典の2レース分の注目馬を挙げるので、馬券の参考にしてもらえればなと。そして週末の勝負予想でこのレースが配信されない可能性もあるということを事前にお伝えしておこうかと。

編 ああ、そんなことですか。全然大丈夫ですよ。

石 軽いな(笑)。じゃあ、そういうことで。

編 ではさっそくそれぞれの注目馬を教えていただけますか?

石 じゃあ、日曜日の毎日王冠から。こちらはクラレントとスピルバーグ。休み明けを苦にしない東京巧者だね。エイシンヒカリが引っ張る流れもいいし、パワーのある走りもいい。東京芝も春以来の競馬でかなりクッションを効かせてくると思うので。

編 京都大賞典のほうは?

石 レコンダイトとサウンズオブアース。エンジンのかかりの遅いタイプだけど3〜4コーナーの下り坂がカバーしてくれるし、長く脚を使えるのがいいよね。京都巧者もいるけど、引けはとらないと思うよ。

編 わかりました。あ、最後に3日間開催の予定を聞いておきたいんですけど。勝負予想はいつも通りでいいんですか?

石 3日間開催なので、1レースの出走頭数が少なそうなんだけど、ちゃんと妙味もあるレースを選んで1日3〜5鞍。3日間で10〜12鞍は配信するつもりだよ。

編 サウジアラビアRC、毎日王冠、京都大賞典は未定と。

石 期待している方も多いので、できるだけ配信する方向で考えているけどね。ただ、ガチガチになりそうだったら配信しても意味がないので。

編 そうですね。僕からも妙味優先でお願いします!とお伝えしておきます(笑)。では今週末は3日間の予想と大変だと思いますが、来週からのG1連戦に向けてバシッと高配当をお願いします! 石橋さん、どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、なんだかんだ言っているうちに早くも秋のG1戦線がスタートですよ。早いもんですね〜。

石橋 武(以下、石) なんだかんだって、だいたいキミの愚痴しか聞いてない気がするぞ(笑)。あとは無理な要求とか。

編 愚痴は言いますけど、無理な要求はしてませ〜ん。

石 ウソつけ(笑)。毎週のように10万馬券獲れ〜、次は20万だ、30万だって要求が増していく一方だろ。

編 何言ってるんですか、僕だってちゃんと相手を見てものを言ってるんですから。だいたいこんなムチャな要求、石橋さんにしかしませんって。

石 ……いまムチャって言ったよね。自分でムチャな要求って言ったよね。

編 細かいな〜。そういうの気にしてたら獲れるもんも獲れなくなっちゃいますよ。とにかく僕が言いたいのは石橋さんならできるってことです。

石 安っぽい洗脳だな、おい(笑)。

編 と・に・か・く、今年の秋シーズンも去年以上の高配当をバンバン獲ってもらいますからね。30万馬券とか40万馬券とか。あ、まだ公開予想になってから100万馬券とか獲ってないですよね。惜しいのはたくさんあるんですけどね、マイネルホウオウのNHKマイルCとか。

石 ちょいちょい、そこのおじさん、配当がすべてじゃないからね。まずは皆さんに納得してもらえる予想を配信することが大切なので。

編 だから、それって高配当を獲ればみんな納得するわけで。結局石橋さんが目指しているものと、僕ら読者が欲しいと思っているものって同じなんですよ。

石 うっ。ホントにああ言えばこう言う。

編 わかったら、さっさとスプリンターズSの注目穴馬を教えなさい。

石 はい。って、偉そうに言うな(笑)。

編 ちょっとした寸劇みたいなものですから(笑)。はい、ここからは真面目に進めますよ。スプリンターズSの注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはマヤノリュウジン。

編 あ、石橋さん、マヤノリュウジンは出走できないっぽいです。

石 え、賞金足りないの?

編 ええ。そうみたいですね。

石 全然勝負にならない馬が出走できるのに、ホントこのシステムをなんとかしてほしいわ。

編 ですよね。

石 じゃあ、ミッキーアイル。

編 ん〜、人気じゃないですか? ストレイトガールでしょ? で、ウリウリ、ベルカント、その次くらいじゃないですか?

石 え〜、それだったらギリギリOKでしょう。OKにしてよ。

編 まあ、仕方ないか。どのあたりを評価したんですか?

石 この馬はもともと一本調子のところがあって、若いときは仕上がりの早さも手伝って結果を残せていたマイル戦でも、最近はガーッと行っちゃうことが多くなってきたんだよね。気性的な面も含め。

編 たしかに。それで距離を短縮してきたんですもんね。

石 そうだね。たしかに距離短縮はいいほうに出たんだけど、これは短い距離がいいというよりも、持続力が求められる距離、レースのほうがいいということなんだ。実際、前走の安田記念では緩急のついた競馬になったんだけど、その流れに対応できずにかかって終わり。今は1400mと、1200mのなかでも持続力が求められるコースがベストだよ。

編 ということは、持続力勝負になる中山芝1200mはぴったりなんですね。

石 そういうこと。前走の大敗、休み明けということでもっと人気を落としてくれればいいんだけど。

編 祈りましょう。

石 続いてチェックするのは香港馬リッチタペストリー。

編 よくわからない外国馬ですが、どのあたりを評価したんですか?

石 まずは能力的なことから言うと、この馬は一昨年の香港スプリントでロードカナロアと戦っているんだけど、逃げた同馬にとっては厳しい流れのなかよく粘っているんだよね。

編 ああ、ロードカナロアが勝ってこの馬が6着でしたっけ?

石 そうそう。ロードカナロアには離されたけど、他馬との比較では着順ほど悪い内容ではなかったんだ。レースを見直しても、2着とはそんなに差がなかった。0.2とか0.3秒差くらいかな、たぶん。今の日本のスプリント路線は主役不在というか、抜けて強い馬がいないこのメンバー相手なら能力的には十分足りるよ。

編 なるほど。じゃあ、あとは日本の馬場が合うかどうかですよね。

石 馬場は問題ないよ。これまで数々の香港馬が結果を出しているわけだから。香港で結果を出している馬は、日本の馬場でも走れるのは実証済み。それよりも適性をみておきたいんだけど、この馬は芝・ダ兼用タイプで、アメリカのダートG1も勝っているよね。

編 ええ。

石 アメリカのダートは究極の持続力勝負と言える流れになるんだけど、それを勝っているのは中山芝1200mで走るうえで大きな武器となる。前走から間隔があいているとはいえ、香港は記録にのらない調教代わりのレースがあるし、仕上げに不安はないと考えておいたほうがいい。もちろんよっぽど直前の調教がおかしかったら、評価を下げるけど。

編 現時点ではマークしておいたほうがいいと。

石 能力も適性も高いからね。要チェックでしょう。

編 あとはどの馬をチェックしておきましょう?

石 ティーハーフですね。

編 あ、意外かも。中山芝で【0 0 0 4】と不安がありますが。

石 だって着外の4戦のうちの2戦は距離の長いマイル戦だよ? しかもそれでも朝日杯FSの5着という戦績だってあるのに。ほかの負けも一頭だけ抜けて重いハンデとなったチバテレ杯とか。数字上はたしかに相性が悪そうに思えるけど、内容は悲観するようなものじゃない。

編 たしかに。

石 このところ重賞でも連続好走を見せているように、かなり力をつけているし、上がりのかかるレースで脚を伸ばしているのもいいよね。スプリンターズSは道中の流れがかなり厳しくなって、毎年のように差し・追込馬が1頭は飛んでくる。マークが必要な一頭だよ。

編 わかりました。ではとりあえず現時点ではこの3頭に注目ということで、あとはレース前日の最終結論まで楽しみにしておきます。それにしても、けっこう荒れそうな雰囲気がしますよね。

石 そうね。さっきも言ったように主役不在の路線だし、今の中山の馬場もクセがあるからね。けっこう、大きいのを狙ってるよ。

編 おお、いいですね。では今週末も大きいところを期待してます! ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR