書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週も10万馬券(瀬戸内海特別)ありがとうございました!

石橋 武(以下、石) あ、的中おめでとうございます。

編 勝った◎ラッフォルツァート(3人気)、3着の△タイセイララバイ(5人気)はまだしも、2着の△セトノフラッパー(14番人気)は自分では完全にノーマークだったので、一瞬焦りました(笑)。

石 自分で買った馬くらい覚えておきなよ(笑)。

編 そうなんですけど、マークするときに石橋さんの買い目の番号しか見なかったので(笑)。あ、もちろん見解とかは読みましたけど。

石 まあ、とにかく最後はきっちりと◎ラッフォルツァートが差し切ってくれて良かったよ。あんなにつくとは思わなかったけど。

編 3連単11万5,060円、3連複2万,150円ですもんね。

石 △セトノフラッパーもちょっとなめられすぎてたよね。

編 終わってみれば2着とはいえ強い競馬をしていますよね。ああいう強い穴馬を見逃さないのはさすがです。

石 先週はたくさんの方に注目していただいていたので、なんとか的中できて良かったわ。配当的にはまあそこそことはいえ。

編 10万馬券をそこそこって言わないように。ただでさえ、皆さんの目が肥えちゃってハードルが高いんですから。

石 それでこそ予想のしがいがあるってものでしょ。

編 頼もしくて惚れてまうわ!

石 あ、妻がおりますので。

編 そういうことじゃなくて(笑)! それにこの10万馬券一発だけじゃなくて、土曜日には古作特別(3連単2万6,270円他)、日曜日ローズS(3連単2万5,340円他)とか、3連複まで含めると3日間で配信11レース中7レースが的中と、調子に乗ってますね。

石 「調子に乗ってますね」ってわざと使っただろ(笑)。調子が上がってきたとか、なんかほかに言い方あるのに。

編 細かいな〜(笑)。ただ、調子が上がってきただと、ここに来て良くなった印象を受けますけど、10万馬券とかずっと獲ってますからね。調子こいてるくらいがちょうどいいんですよ。

石 それ、もっと悪くなってる!

編 冗談ですって(笑)。それにしてもローズSの◎タッチングスピーチもよく本命に推してきましたよね。なにが良かったんでしょう?

石 あ、それ、スポーツマスターの編集部通信に掲載するって。勝負予想の見解を。

編 あ、マジっすか?

石 うん、そろそろ掲載されているんじゃない?

編 へ〜、どれどれ。あ、ホントだ。ブッ(笑)。

石 なんだよ、プッ(笑)って。

編 だって、ほら。外したレースの買い目まで載っちゃってますよ? 中山の10R。あ、セントライト記念の見解まで。なかなか大胆なことしますね(笑)。

石 え。……ホントだ。あれ? ローズSだけかと思いきや……あ、これ日曜日の全レースじゃん。

編 完全ノーカットですよね(笑)。

石 全部使うってこういうことか〜。まあ、しょうがない。って、菊花賞の話まで出ちゃってるし。たしかに神戸新聞杯についてのコメントは出したけど。

編 あの菊花賞で狙ってる馬、本田さんが言った馬で合ってるんですか?

石 合ってるね(笑)。まあ、まだ現時点で狙ってるだけだからいいけど(笑)。

編 丸裸ですね(笑)。

石 丸裸だね。まあ、たまにはいいでしょう(笑)。え〜、こういう予想をしているので、興味のある方は購読してみてください。

編 あ、ちゃっかり宣伝に結びつけた。

石 そういう意味で言ったんじゃないけど(笑)! もう、そんなのいいからそろそろ本題に入りますよ。

編 は〜い。それにしても笑える。全部出ちゃってるって(笑)。

石 いつまでも笑ってるんじゃない。はい、オールカマーの注目穴馬ね。

編 はい、お願いします。

石 じゃあまずはハギノハイブリッド。

編 前走、札幌記念で7着。あ、その前の函館記念では本命◎に推してましたよね(10人気2着)。

石 そうそう。よく覚えていたね。函館記念は結果的に2着に負けちゃったけど、今回推すのもその時の見解に書いたのと同じ理由なんだよね。

編 なんて書いてましたっけ? あ、そのまま掲載していいですか?

石 見解? いいよ。ちょっと待ってね。

編 はい。見解だけでいいですよ。買い目とかほかのレースは掲載しないので(笑)。

石 しつこい(笑)。あ、あったこれだ。

編 え〜と。「◎ハギノハイブリッドは、3歳時にダービートライアルの京都新聞杯でなまじっか速い上がりを使って勝ってしまっただけに、その後も瞬発力に頼るような競馬が続いた。結果、好走からはほど遠い結果が続いている。本来は上がりの掛かるコース、レースで粘り強い末脚を活かすのが同馬にとってはベストの競馬。ようやく近走はそういう競馬をさせてもらえるようになり、再びパフォーマンスが上がってきている。今回走る函館芝2000mは、ご存じの通り洋芝でパワーを要する馬場。しかも雨の予報が出ており、瞬発力は一切必要とされないと言っていい。◎ハギノハブリッドに向いた条件だ。しかも函館芝コースは今週からBコースに替わり、内枠からロスなく回れる同馬にとっては大きなプラスとなる。持ち前のパワーを活かした推進力で、タフな馬場、厳しい流れでも差し切れる。大駆けが期待できる」(函館記念見解より)と。

石 今の中山はだいぶん内が踏みしめられて、先行馬にとって有利な馬場になってきているし、函館記念のようにキツイ流れからもう一踏ん張りするような流れになれば、好走が期待できるよ。

編 前走も負けたとはいえ、不利がありましたしね。

石 そうね。行きたいところで前が塞がっちゃって、結局後手に回ってしまって……。それでも勝ち馬との差は1馬身半だし、今回は巻き返しが期待できるよ。

編 なるほど。

石 続いてチェックするのはゴールドアクター。

編 前走、函館芝2000mで行われた洞爺湖特別を勝って臨んできますね。

石 前走に関しては休み明けであれだけ走れたというのが良かったくらいで、レース内容はさほど高く評価できるわけじゃないんだけどね。

編 じゃあ、どのあたりを評価したんですか?

石 2走前の菊花賞のように、差し馬が台頭してくるタフな流れでも先行して粘る競馬ができる点。今回と同じ中山芝2200mにも実績があるし(山吹賞2着)、このトリッキーなコースにも対応済みというのもいいよね。

編 ああ、たしかに。前走をひと叩きされた上積みも期待できますし、期待できそうです。

石 あとは出走できるかどうか。なんとか出てきてほしいけど。

編 あ、ホントだ……。そういう馬を挙げないように。次は出走できるなかからお願いしますね。

石 はいはい。じゃあ、最後はレッドレイヴン。

編 へ〜。この馬って瞬発力勝負の東京とかで狙う馬なのかと思ってました。

石 ああ、後方一辺倒の競馬が多いからそう思っている人が多いんだよね。でも本来は中山コースのほうが合ってるんだ。

編 瞬発力勝負にならないほうがいいと。

石 そう。瞬発力だけで勝負になる馬じゃないからね。挙がりのかかる流れで速い脚を使うタイプなので、直線を向いて一気に加速するのではなく、道中からペースが上がる中山芝2200mはぴったりだよ。現時点ではこの3頭に注目しておこうかな。

編 わかりました。ちなみに神戸新聞杯の注目穴馬もスポーツマスターの編集部通信に挙がっていますので、外れレースの見解ともどもご覧いただければと(笑)。

石 余計なこと言わんでよろしい!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、◎アクティブミノル(セントウルS、10人気1着)決めてくれましたね〜。

石橋 武(以下、石) あ、もうその話はいいや(笑)。Vstyleでも散々話したし、スポーツマスターでも編集部通信に出て話してきたいし。興味のあるそちらでお願いします。

編 ちぇ〜っ! せっかくあの見解の話ができると思ったのに〜。

石 あ、その話もすでにしてる(笑)。どっちで話したかな。あ、スポーツマスターの編集部通信か。まあ、とにかくご覧いただければと。ローズSの注目穴馬についても話したしね。

編 お、ラッキー。さっそくこのあとすぐにチェックしておかないと。じゃあ、こっちはなんの話をしようかな。

石 なんの話って、そりゃセントライト記念の話でしょう(笑)。むしろそれが本題だわ。

編 まあ、そうなんですけどねぇ。なんか色気もへったくれもない気がして。

石 大丈夫だよ。誰もそんなこと求めてないから(笑)。はい、そういうわけでさっさとセントライト記念の話に入りましょうかね。

編 は〜い。では石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 まずはブランドベルグ。

編 中山コースは今回が初挑戦ですよね。なかなかクセのあるコースだと思いますが、そのあたりはどうなんでしょう?

石 そう、いまキミが言ったようにクセのあるコースだし、馬場も改良して「開幕週=前残り」みたいな安易な考えも役に立たなくなったんだよね。

編 僕らにとってはすごく難しいんですよ、これが。石橋さんは馬場についていつも勝負予想の見解で書いてくれるので、それがすごく助かるんですよ。

石 たしかにいまの馬場(の造り)に慣れるまでは難しいかもね。クッション性を高めているぶん、すごくパワーが要求される馬場なんだ。まずはこれが大前提だね。

編 で、ブランドベルグにはそういう馬場が合うと。

石 うん、合うと思う。中京の粘っこい芝でも好走しているし、阪神の内回り2000mでも先行してメンバー中最速の上がりで楽勝しているように、器用な面もある。

編 パワーと器用さを兼ね備えているんですね。

石 その通り。前走は道中の位置取りのままゴールするような流れで力が発揮できなかったけど、巻き返しが期待できるね。

編 なるほど。

石 続いてはウイングチップ。

編 すでに中山でも結果を出していますよね。1800mで2着、2000mで勝利実績ありです。

石 そのふたつはともに内回りコースで、今回は外回りコースに替わるよね。

編 ええ。

石 スパッと切れる脚を使うタイプではないぶん、加速のしやすい今回のほうが走れるよ。休み明けの前走をひと叩きされた上積みも期待できるし、楽しみな一頭だよね。

編 あとはどの馬をチェックしましょうか?

石 大穴候補のタケルラムセス。春の成績があまりにも悪すぎるんだけど、寒竹賞、そして負けたとはいえ京成杯の走りはホント高く評価できる内容なんだよね。

編 たしか弥生賞では本命に推していましたよね。

石 大外れだったけど(苦笑)、でもあの判断に後悔はない。それだけの走りを見せていたからね。本命にするかどうかは別として今回も懲りずに狙ってみたいし、それだけの能力、適性の持ち主だよ。

編 タケルラムセス、きっちり覚えておきます。

石 現時点ではこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。また先週のセントウルSみたいに、ひと波乱もふた波乱もありそうな穴馬が挙がりましたね。すんごく楽しみです。それこそタケルなんて来た日にゃ。

石 楽しそうだな、妄想が(笑)。

編 石橋さん、この妄想を現実のものとして下さい(笑)!

石 キミのはムリ。壮大すぎる気がする(笑)。ま、勝負予想の配信まで待ってて下さい。あ、3日間開催ともに配信しますので、忘れずにチェック指定下さいね。

編 わかりました。よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、秋競馬です! 先週は配当こそアレでしたけど、西日本スポーツ杯がまさに完璧な的中で、いい思いができました。ありがとうございました。

石橋 武(以下、石) キミが「配当はアレ」とか言うんじゃない(笑)。まあ、たしかに4万しかつかなかったけど。

編 でもあれは配当よりも内容を賞賛すべき配信でしょう。穴馬の本命◎ミッキーシーガル(6人気)が1着、人気馬の本命◎スーサンジョイ(3人気)が2着。3着メイショウウタゲ(1人気)もばっちり評価して3連単41,800円の的中。

石 賞賛は大げさというかイヤミに聞こえる(苦笑)。そんな驚くほどの的中ではないと思うけどね。

編 いや、石橋さんらしいというか、1400m適性が1700mで活きると見抜いたのはホント石橋さんならではでしょう。予想を見た瞬間に「あ、キタコレ」って思いましたもん。だから単勝も3連単も厚めに勝ったですよね。

石 あ、そうなんだ。それは良かった。

編 それだけじゃなくて、土曜日は人気馬の本命にクロコスミア(8人気3着)を推して3連複5,810円というのもあったし、夏競馬のオーラス新潟最終の雷光特別では△ウールーシュヴァル(12人気2着)を高評価で、こちらも3連複8,780円的中。

石 なんか中途半端だな。当たり方も配当も。

編 いや、穴馬がしっかり馬券に絡んでいるというのがいいんですよ。こういうのがこの前みたいな35万馬券につながるんですから。見てて安心しますもん。「あ、ちゃんと穴馬が走ってるから大丈夫だ」って。だから秋競馬も超期待なんです。去年も超高配当が炸裂しまくった時期ですからね。

石 ああ、それはいいよね。同時期の開催って、同じような馬場の傾向になるので、適性馬がわかりやすい。去年の暮れの中山で稼いだのも馬場を読めていたからだし。

編 ですよね〜。路盤改修後の馬場をあそこまで読める人もなかなかいないですけど(笑)、今週末の中山から超楽しみで。

石 阪神もちゃんとチェックしておいてよ。

編 もちろんです。ちなみに中山の馬場って去年の暮れのようにパワーが必要な馬場になりそうなんですか?

石 さっきJRAの発表を見たら、エアレーション作業を行っているので、クッション性の高い馬場にはなっていると思う。ただ、去年の暮れほどパワフルな感じにはなっていないと思うよ。それでも開幕週から差しが届くような馬場だとは思うけど。

編 ふ〜ん。またそのさじ加減が難しそうですね。

石 ん〜、大丈夫じゃないかな。もちろん開幕してみて、実際はどうなってるかという話ではあるけど、わりとわかりやすいと思う。たぶん開幕週は前に注意しつつも基本的には差し馬を狙ってみたい馬場でしょう。開催が進むに連れてまえが有利になっていく形でいいと思う。

編 ああ、馬場が踏み固められて。

石 そう。雨の影響とかもあるから一概には言えないけど。まあ、そのあたりは勝負予想の見解のなかでお伝えしていきます。

編 そうですね。そのほうが伝わりやすいでしょうね。さて、ではそろそろレースの話に移りましょうか。今週末は京成杯AHとセントウルSが行われますが。

石 あ、そうそう。ひとつ相談なんだけど、今日は両方のレースから2頭ずつ穴馬を挙げるという形でいい?

編 え? ええ、もちろんいいですよ。いつもよりお得だし。でもなんでですか?

石 ほら、京成杯AHは中山マイルで、枠順もチェックしておきたいし、しかも週中は台風が来るんでしょ? その影響がどこまで出るか分からないからね。セントウルSのほうも穴馬が走ってくる余地はあるだろうけど、人気どころも強力だからさ。

編 ああ、たしかに。じゃあ、今週は特別に京成杯AHから穴馬2頭、セントウルSから穴馬2頭をピックアップするということで。

石 よろしくお願いします。

編 じゃあ、まずは京成杯AHからいきましょうか。

石 了解です。まずはショウナンアチーヴ。

編 中山巧者ですよね。今回と同じ中山芝1600mでは朝日杯FS2着、ニュージーランドT1着という実績もありますし。

石 そうそう。その2鞍とも3コーナーから4コーナーにかけてポジションを押し上げていくという競馬だったんだよね。

編 それが合っているんですか?

石 要は器用さがあって、さらに瞬発力で勝ったのではなくて持続力で勝っているということなんだけど、今のパワフルな、言い換えれば瞬発力の効かない馬場にはぴったり。だから(瞬発力の求められる)新潟で行われた去年の京成杯AHとかだと切れ負けしちゃうんだけど。

編 なるほどね〜。

石 持続力の活きる中山ならマイルでも問題ないけど、本来は1400mが得意なタイプだと思うよ。春の京王杯SCはアホみたいなスローで最後は瞬発力勝負になっちゃったけどね。

編 へ〜、じゃあ次1400mに出てきたら買いですね。

石 うん、覚えておいて損はないよ。

編 もう1頭の注目馬は?

石 ヤングマンパワー。前走の関屋記念が休み明け、プラス18キロの馬体重で先行して3着に粘った。ハンデ戦で53キロだっととはいえ、ちょっと驚いた。今回は叩き2走目の上積みも期待できるからね。

編 春のニュージーランドTの負けは気になりませんか?

石 全然。最後の直線で不利を受けたしね。デビュー2戦目で走ったジュニアC(3着)を見ても、中山のトリッキーなコース形態を苦にするようなタイプじゃない。前走以上の走りが期待できるよ。

編 では続いてはセントウルSですね。こちらの注目穴馬は?

石 マイネルエテルネルとマヤノリュウジン。マイネルの前走はいくらなでも大事に乗りすぎでしょう。この馬の良さがまったく出てない。もっと乱暴に前に行っても良かったんじゃないかな。開幕週で内回りコースだけに、先行脚質も合っているよね。

編 となると、脚質的にはマヤノリュウジンは不利じゃないですか? いつも後ろから行くし。

石 お、鋭い(笑)。実際去年のこのレースもメンバー中最速の上がりで差してきながらも5着までだったんだよね。ただ、今年はメンバー的に急流になる可能性があるんだよね。となると、同馬の出番は十分に考えられる。人気馬だったら危なっかしくてしょうがないけど、穴馬だからね。警戒しておいて損はないでしょ。

編 たしかに。

石 今のところはこんな感じかな。

編 わかりました。なんか秋競馬の開幕週からひと波乱ありそうな感じがしますね。

石 まあ、穴馬の話をしてたからね(笑)。

編 そうか(笑)。じゃあ、この続きは勝負予想でお願いしますね。

石 はい。期待してお待ち下さい。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



石橋 武(以下、石) 読者の皆さん、先週は対談のお休みをいただきありがとうございました。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) はいはい、そんなことはどうでもよろしい。それよりも35万馬券的中どうもありがとうございました!

石 ああ、え〜と的中おめでとうございます。

編 いや〜、素晴らしかった。お盆明けで苦しいときに40万円以上の払い戻しはホント助かりますよね(笑)。

石 それはキミだけだろ(笑)。

編 いやいや、そんなことないですよ。勝負予想を配信しているスポーツマスターのほうの反響もものすごかったらしいですよ。

石 みんな買ってくれたんだ。

編 当たり前じゃないですか(笑)。

石 いや、そうでもないでしょ。このところ大きい的中がなかったし、完全に安心して買えたという人は少なかったと思うよ。いきなりポンと35万馬券当たりましたなんて言ってもねぇ。こういう的中を続けて、皆さんに安心して勝ってもらってこそ意味があるんじゃないかなと。

編 いや、僕は普通に安心して買ってますけどね。そりゃ、もちろん競馬ですから外れっぱなしの週もありますけど、石橋さんがすぐに取り返してくれるのは配信内容を見てればわかりますし、実際、20万馬券だ〜、30万馬券だ〜、とポンポン獲ってますしね。

石 まあ、そのプレッシャーに負けずに安心して馬券を買ってもらえるように頑張ります(笑)!

編 プレッシャーなんか感じたことないくせに(笑)。

石 あるわっ!

編 じゃあ、今週はプレッシャーを感じてもらいながら新潟記念の話をお願いしましょうか(笑)。

石 今はリラックスしてお話しします(笑)。

編 現時点では、どの穴馬に注目しています?

石 まずはクランモンタナ。

編 前走は小倉記念で4着に善戦。久々の掲示板確保でしたよね。

石 ちょうど1年前の新潟記念から走ってなかったからね。ただ、前走の小倉で走ってくれたことで、適性も能力も大きく変わってないというのが確認できて良かったよ。やっぱり調子を崩していたんだろうね。

編 ちなみにこの馬の適性というのは? 前走もメンバー中上がり1位を出していますし、やっぱり瞬発力なんですか?

石 いや、持続力。厳しい流れになってからの末脚の持続力に優れているんだ。

編 ああ、この馬って苦しくなってもそこからさらにもうひと脚使ってきますよね。

石 そうそう。器用さもないし、瞬発力も体力的なタフさもないけど……

編 なんか酷い言われようですね(笑)。

石 これから褒めるとこだから(笑)。そういうのはないんだけど、厳しい流れになって上がりのかかるレースとか、新潟外回りコースみたいに(体力のいらない)平坦で直線の長いコースで力を発揮できる。実際、新潟でのレースぶりも結果もいいよね。

編 ええ。あと直線の長い中京も。

石 中京はオープンクラスだとこの馬にとっては厳しいと思うよ。条件戦ならまだ能力でカバーできたけど、さすがにこのクラスだとクランモンタナにはタフすぎるんじゃないかな。

編 へ〜、覚えておこうっと。

石 むしろ前走の小倉なんかはいいよ。急流になりがちで上がりもかかるし、スパイラルカーブのおかげで急加速する瞬発力が求められることもないからね。

編 なるほどね〜。ちなみに京都は?

石 スピードが足りないかな。まあ、そんなことはさておき、今回はベストの新潟外回りだし、ハンデもそんなにもらわないだろうからチャンスは大きいよ。

編 はい。注目しておきます。

石 あとはパッションダンスもチェック。

編 前走の小倉記念は6着と、ふるいませんでした。

石 ちょっと強気に乗りすぎでしょう。後方にいた馬がワンツーする速い流れを中団から徐々にポジションを押し上げて行っちゃって。さすがにあれじゃ最後はタレるよ。

編 ちなみに2走前の新潟大賞典の負けは気にしなくていいですか?

石 そんなに悲観する内容じゃなかったからね。閉じ込められて動きたいところで動けなくてね。結果、脚を余すかっこうになっちゃって。もともと新潟外回りコースを得意としている馬だし、鞍上強化の今回は大いに期待できるよ。

編 あと1頭挙げると?

石 ラブイズブーシェかな。

編 近走大敗続きですよね。

石 完全に調子を崩しちゃってたね。

編 「た」ということは立ち直ってきたと?

石 うん。前走は道中でポジションを徐々に上げていけたよね。最後は沈んだけど。

編 ええ。

石 ホントにダメだったときは淡々と走ってそのまま終わるという、なんの見どころもないレースばかりだったんだ。まあ、不調というのはわかっているから鞍上も無理させないというのもあるんだけど。

編 それが前走では道中から動いていけたと。

石 そうなんだよ。今週の調教で最終的に判断したいけど、好走できるほどに回復している可能性は十分にあるよ。新潟芝コースは初めてになるけど、上がりのかかるレースで他馬より速い脚を使えるタイプだけに、適性自体はあるからね。現時点ではこの3頭に注目かな。

編 わかりました。なんだか荒れそうなニオイがプンプンしてきますね。週末が待ち遠しいわ。

石 そうだね。夏競馬の終わりにもう一発大きな花火を打ち上げておきたいところで、その可能性が十分にあるハンデ重賞だよね。

編 ですよね。あ、一発とは言わず、二発でも三発でもいいですからね。遠慮の必要はありません。

石 はいはい。キミのことはさておき、皆さんのお役に立てるような配信にしますね。ぜひ、ご期待下さい。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR