書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、中京記念の◎スマートオリオン(6人気1着)は、さすがというところを見せましたね。函館2歳Sも◎ヒルダ(10人気3着)が走ってましたし。

石橋 武(以下、石) スマートオリオンはね。ただヒルダは走ったとはいえ3着。「単勝二頭流」としては勝ち切らないといけないわけで、そこは申し訳なかったなと。

編 あ〜それ絶対言うと思った(笑)。スポーツマスターの編集部通信にもそんなようなことが書かれていましたよ。

石 え、また何か書かれてるの?

編 あれ? 知らないんですか? 先週の配信全レースの単勝推奨馬が全部晒されてましたよ(笑)。

石 え、マジで!?

編 ええ。

石 別に成績が良かったわけでもないのになんでだろ。

編 あ、それも書かれてました。「大して良くはない週だったけど」って。

石 失礼か(苦笑)。

編 まあ、失礼ですよね(笑)。僕でもさすがに書けません。

石 香嵐渓特別とかホント酷い結果になってしまったし、完全に恥をさらしてるな〜。

編 でもそれ以外の8レースは本命馬が全部馬券絡みですからね。さすがというのは感じましたよ。

石 ん〜、さっきも言ったように例えば函館2歳Sの◎ヒルダみたいに勝ち切れていない本命馬もいるから。今週はさらに気を引き締めなければ。

編 そう、今週と言えば札幌、新潟、小倉が開幕! これは楽しみですよね〜。

石 そうだね。色々とクセのあるレースが多くて、荒れる要素が満載だからね。

編 ええ、新潟の直線競馬とか、かなり特徴的ですもんね。また、単勝万馬券を当てて下さい(笑)。

石 フレイムヘイロー(韋駄天S。15人気1着)? 単勝万馬券まではいかなかったけどな。

編 94.8倍ならもう万馬券って言っちゃってもいいでしょ(笑)。

石 いや、それはダメだろ(笑)。まあでもああいう馬が走ってくるのが新潟直千だからね。この開催も狙っていきたいね。

編 ええ、ぜひお願いします。というわけでさっそくその直千で行きましょう!  アイビスSDの注目穴馬をお願いします。

石 なかなか難しいところを言わすね(苦笑)。枠順がかなり重要なレースだけに、ホントは枠順発表後じゃないと穴馬を確定させたくないんだよな〜。

編 そこをなんとか。あくまで現時点でのってことで。

石 う〜ん、じゃあ2頭だけ挙げさせてもらおうかな。

編 2頭か〜。……まあ、しょうがない。どの穴馬をチェックしておきます?

石 ベルカントとレンイングランド。

編 たしかに実績馬ではありながらも、近走の成績から人気はあまり上がらなそうな2頭ですよね、

石 そうね。ともに新潟直千は初めてだし、それも妙味アップにつながるかなと。

編 そう、初めてなんですよね。いきなり対応できます?

石 できる。両馬とも持続力が要求される1400m戦で勝ち鞍があるでしょ? ベルカントについては、僕はいまだに1400mが得意だと思ってるし。

編 ただ、ベルカントのほうはいいとして、レンイングランドのほうは1400mで勝ったとは言ってもダート戦での勝利ですよ?

石 むしろいいくらいだよ。ダートも走れるような持続力に秀でた馬が好走するレースだし、芝でもやれるスピードも証明済み。斤量が軽いのもいいし、これでもし外枠でも引いたら完璧でしょ。

編 おお〜、そこまで評価が高いんだ。

石 あとは人気にならないように祈るだけ(笑)。

編 じゃあ、現時点ではこの2頭ということで。

石 はい。あ、あとVstyleさんのほうでも土曜日の閃光特別について話しているので、合わせて参考にしていただければと。

編 お、直千づくし(笑)。わかりました。このあとチェックしておきます! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、相当忙しそうですね。これで3週連続でVstyleさんとの合同企画ですよ。

石橋 武(以下、石) すみません。。。ホント申し訳ないです。

Vstyle編集者 いや、ウチが無理を言って対談していただいているので。今だから言えますけど、本当は一度石橋さんにお断りされているんですよ。対談のオファーを出したときに。先々時間が取れない可能性があるということで。それでもこちらで対応しますからということで、了解してもらって。

編 たしかに石橋さんの話は皆さん聞きたいでしょうからね。netkeiba.comさんで対談していたころから1番人気のコンテンツでしたから。

石 いや、でも一度お受けしたからにはなんとか更新に間に合うようにとやってきたんですが、今はちょっと秋に向けていろいろとシステムを改良しているもので……。単行本を出したときにデータを配信していたんだけど、馬場、まあ特に芝とかそういうのが変わっているので、マイナーチェンジしながら分析しているたんだよね。ただ、そのマイナーチェンジの手間というか時間ももったいないので、思い切ってシステム自体を新しくしちゃおうと。あくまで直接予想に反映するものではないんだけど、僕にとっては必要なので。

編 いや、別に文句を言っているわけではないんですけど(笑)。

石 さっき始まる前に文句言ってただろ(笑)。

編 それは先週とんでもない時間にスタートしたからです(笑)。朝の4時スタートとかマジあり得ないので。

石 あ〜、あれはね〜。たしかに(笑)。ただ、今週でようやく落ち着くので、来週からは間違いなく平常通りの更新でお送りできます。これは約束できますので。

編 よろしくお願いします。とはいえ、その忙しいさなかにも先週のこの対談でお伝えした穴馬が激走してるんですよね。

Vstyle編集者 函館記念ですよね。あれは凄かった。Vstyleのほうもエライ反響がありましたよ。

編 やっぱり。推奨した穴馬3頭のうち、ハギノハイブリッドが10番人気2着、ヤマカツエースが7番人気3着に好走しましたからね。

石 ダービーフィズを軽んじて馬券は外しましたけどね(苦笑)。

編 あれは獲ってほしかったですけどね。獲ってほしかったというか、石橋さんの本命のすごさを的中という形でみんなに知ってほしかった。

Vstyle編集者 勝負予想はハギノハイブリッドが本命でしたもんね。ただ、ああいう予想ができるからこそ高配当がバンバン当たるんだなと改めて思い知らされました。勝負予想の「見解」もドンピシャでしたし。

石 あ、それはスポーツマスターの編集部通信に使うみたいです。さっき連絡があって。

編 じゃあ、興味のある方はそちらをご覧いただくとして、2レースぶんの穴馬チェックなので、そろそろ始めましょうか。

Vstyle編集者 そうですね。ではさっそくお願いします。

編 まずは土曜日。どのレースを取り上げましょうか。

石 じゃあ今年最後の函館開催から10Rの横津岳特別にしようか。

編 芝2600m、渋っ(笑)。ではさっそくですが、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 了解。じゃあ、まずはスリーヴェローチェに注目。

編 あ、勝ち切れないものの、この距離は得意ですよね。

石 得意というか、スピードがなさすぎてこれくらいの距離、メンバー相手としか戦えないというかな。だからこそまだ中央では未勝利なんだけど。

編 それでも今回は推すんですよね。

石 うん。まずは開催最終週で馬場が荒れているのがこの馬にとってはプラス材料。それにスピード不足とはいっても、バテない強みと器用さはある。だからこそこういうスタミナを要求されるレース、コーナーをクルクル回るようなレースでは、メンバー中上位の上がりを使えるんだ。

編 前走も上がりはメンバー中3位でしたしね。

石 その通り。先週からBコースに替わって前残り馬場を先行できるし、その上スピードはさほど求められないとなれば、この馬の出番だよ。

編 なるほど〜。

石 続いてはジューヴルエール。

編 この馬も善戦はしているんですけど、勝ち切れないですよね。

石 このレースに出走してくるのは、そういう馬ばかりだからね(笑)。ジューヴルエールはここ2走のように瞬発力が必要な京都とか東京だと、エンジンのかかりが遅くて一瞬置かれる。ただ、こういう中途半端な距離とパワーのいる馬場なら追えば追うほど伸びるというこの馬の良さが活かせるからね。今回は勝ち負けまで見込めるんじゃないかな。

編 もともとはデニムアンドルビーにも先着してたほどの馬ですからね。

石 それ未勝利時代の話だよね(笑)。まあ、クラシックで勝ち負けするような馬という方向性ではないけど、素質があるのはたしか。今回は期待したいね。あ〜っと。

編 どうしました?

石 ごめん。ちょっと時間が危なくなってきた。ここからはバッと駆け足で。いきます。もう1頭はマイネルアクロス。これもまあ、言ってみればさっきの2頭と同じで今の函館は合うよ。

編 では日曜日。中京記念の注目馬を。

石 中京記念は中京芝1600mという特殊なコース攻略がカギを握る。直線がやたらと長いし、急坂もある。だからほかのコースで伸びてはいるけど差し届かなかったようなタイプを狙うといいんだ。

編 そのあたりを踏まえると、今回の注目穴馬は?

石 アルバタックス、オツウ、トーセンレーヴ。先行タイプもいるけど、長くいい脚を使えるのがいいよね。この3頭はハンデも手頃だし、妙味もたっぷり。とりあえずはこの3頭に注目しておいて。詳しくは勝負予想の見解に書くので。時間がなくて申し訳ない。最終の新幹線に乗らないとマズイので。もちろん週末の勝負予想は腰を据えてじっくりと取り組みますのでご安心を。

編 これから新幹線!? 急がないとヤバイですね。じゃあ、週末はよろしくお願いします。

石 はい。来週からはこんなことはないので。読者の皆様にもご迷惑をおかけします。ごめんなさい。

編 もういいですから、早く出て下さいよ。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、相当忙しそうですね。

石橋 武(以下、石) ホント申し訳ない。今週は通常通りのスケジュールで行けると思ったんだけど、またVstyleさんと合同で対談というか鼎談という形で。

Vstyle編集者 それは全然いいんですけど……

編 そう、問題はそこじゃない。え〜と、石橋さん、今何時かわかってます?

石 え〜、まあ4時ですね。

編 夕方じゃないですからね、朝の4時ですからね。

石 でももう(勝負予想の配信がある)金曜日になっちゃうし、この時間しかあいてなくて……

編 大抵の人はこの時間をあいてるとか言わないんです(笑)。

Vsytyle編集者 まあ、やっていただけるだけありがたいですから。

石 さすがVstyleさん。どこかの編集の人とは大違いだ。

編 ダメですよ、甘やかしたら。

石 いやいや、別に甘えているわけじゃないので。でもホント申し訳ないです。来週こそ通常通りのスケジュールでいけるように調整しますので。

編 というか、対談を4時に設定するのだけはやめてください(笑)。というのはさておき、時間も時間だし、お待ちかねの方も多いのでさっそく始めましょう。Vstyleさんなんて、本来は水曜日の公開だったんですよ。

石 Vstyleの読者の皆さん、ご迷惑をおかけしました。

Vstyle編集者 もういいですよ(笑)。それよりも土曜日のレースについてのお話をお願いします。

編 そうですね。石橋さん、土曜日はどのレースを取り上げます?

石 函館10Rの臥牛山特別(函館芝2000m)にしようかと。

編 あ、いいですね。翌日の函館記念と同コースで、参考になるところがあるかもしれないし。じゃあ、さっそく現時点での注目穴馬をお願いできますか?

石 はい。まずはスペランツァデーアに注目。

編 前走、今回と同じ函館芝2000mで3着。やはり適性は高いですか?

石 高いね。というか、こういうスピードの絶対値が問われないコースでしか走れないというかね。

編 ああ、たしかにローカルの福島とか小倉で好走していますよね。

石 しかも上がりのかかる展開でね。前走もまさにそんな感じで、同馬の上がり3ハロンタイムは37.2秒だったんだけど、それでもメンバー中3位だから。

編 ちなみに1位が勝ったサトノメサイアで36.7秒。たしかに上がりがかかってますね。

石 洋芝というのもあるし、雨で馬場が緩かったのも味方したんだけど、それでもなかなかのハイペースの流れを中団から追い上げた走りは、パワフルで函館に合っているなと。

編 小回りもいいし。

石 うん、馬場も荒れてきて、天気も微妙でしょ?

編 ええ。雨になるかもしれません。

石 それも他馬がスピードを発揮できないぶん、同馬にとってはプラスに働く。前走同様、好走の期待が持てるよ。

編 ひと叩きされた上積みも期待できますしね。

石 続いてはギブアンドテイクもチェック。去年の夏に同じ洋芝の札幌で3戦。未勝利、500万下のレースだけど、3戦とも馬券絡みをしているんだよね。

編 洋芝得意?

石 それもあるけど、バテずに長くいい脚を使えるタイプだからね。前走もそうだけど、直線の長い東京でも好走が多いでしょ。

編 ええ。

石 札幌もコーナー角の大きい、言ってみれば大回りなコースで、バテない強みを活かせるコースなんだ。

編 函館も合っているんですか?

石 今の函館は合ってる。馬場の悪化も込みでの期待になるけど。

編 あ、瞬発力勝負になりさえしなければいいのか。

石 そういうこと。札幌や東京で先行してバテない強みは、小回りでさらに活きてくる。しかも瞬発力が使えない馬場になれば、それを味方につけられるのはこの手の馬なんだよね。

編 そういうことか〜。

石 あとは去年のこのレースの3着馬マウイノカオイもチェックしておこう。前走は間隔があいたぶんかな。近走の戦績は冴えないけど、先行すればハイペースになるわ、後ろから行けばスローだわとちょっと運もなかった。このクラスで十分戦えるだけの能力はあるし、巻き返せるだけの条件は整っているよ。

編 1000万クラスでも好勝負した実績のある馬ですしね。こういう馬の巻き返しパターンは石橋さんの得意なところでもあるし、期待しておきます!

石 さて、続いては函館記念。

編 よっ、待ってました!

石 はいはい。時間も時間なのでさっさと行きますよ。

編 誰のせいですか。

石 うるさい(笑)。

編 で、函館記念の注目穴馬は?

石 まずはエックスマーク。

編 前走は前哨戦の巴賞で5着。函館はその1戦だけですけど、洋芝も含めてこのコースは合います?

石 問題ないでしょ。前走は馬場とかコース適性というよりも、流れが不向き。仕掛けどころもずれてたし、そもそも函館記念を狙うなら巴賞なんて負けてるくらいがいいのは常識でしょ。

編 常識ですか?

石 常識。巴賞で勝った馬って、よく函館記念で1番人気推されてるけど、近年は馬券にすら絡んでないでしょ。マイネルスターリー(11年)とかトウカイパラダイス(12年)とかエアソミュール(13年)とか。

編 あ、ホントだ。コケまくってる。

石 むしろ巴賞で差し届かなかった馬、動きが鈍かった馬が巻き返してくる。

編 馬場が使い込まれて傾向が変わってくるからですか?

石 それもあるし、北海道に移動→とりあえず巴賞をひと叩きというローテもある。エックスマークは重賞でこそ結果を残せていないけど、ハンデ55キロならこのメンバー相手でも十分に戦えるよ。

編 陣営は小回りコースに対して不安なところがあると言ってますけど。

石 そうなの? 中山とか京都の内回りコースを見る限りむしろ合っていると思うけどね。前走は前が止まらなかったし、仕掛けに対する反応がにぶかったからそう思ったのかもね。僕は問題ないと思う。

編 わかりました。続いてチェックするのは?

石 リベルタス。

編 これも巴賞負け組。

石 そうね。切れはないけど、上がりのかかるレースで渋太く脚を伸ばせるタイプ。わりと瞬発料を求められるコースでの出走が多くて、それでもそこそこの結果を出しちゃってるんだけど、言い換えれば切れがないぶん、勝ち切れないということでもある。

編 じゃあ、函館コースに替わった前走で3着と好走できたのは、適性があるからなんですね。

石 前走に限って言えば、結果的に行った行ったの競馬で早めに動いたぶん、それこそ切れ負けみたいな感じで2着馬に差されたけど、巴賞みたいな前残りの傾向の強い馬場じゃなくなった今回は、同馬の渋太さが活きてくる。というか、むしろ前走も向こう正面から仕掛けてるからね。それで最後まで粘っているのはさすがだよ。

編 あと1頭お願いします。

石 ハギノハイブリッド。3歳の時に結果が出ていたからある意味仕方ないんだけど、近走で瞬発力に頼らない競馬にシフトしてきたのは買いだよね。2走前にはその競馬で好走できたし、ここも人気がないなら狙って面白いなと。とりあえずはこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。じゃあ、週末というか、もう数時間後か(笑)。勝負予想も期待してます。

Vstyle編集者 Vstyleのプレミアムコラムもお忘れなく。

石 もちろんです(笑)。ではのちほど。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

■編集部からのお知らせ

当コラムは毎週木曜日の夕方に更新しておりますが、今週7月16日に関しては、石橋氏のスケジュールの関係で、木曜日の夜〜金曜日の夜にかけての更新となります。
対談終了後、なるべく早く更新する手配をしておりますが、金曜日の夜にずれ込む可能性があることをご承知おきください。
読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

なお、対談の内容は先週と同様にvstyleさんとの合同企画となり、土曜日、日曜日の各1レースずつの注目穴馬についてお伝えしていきます。
ぜひ、ご期待下さい。



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はブログとVstyleさんの合同対談と聞いてるんですけど……。

石橋 武(以下、石) そうなんです。ちょっと別々にする時間が取れなくて、申し訳ないんだけど合同でお話しさせていただこうかと。

Vstyle編集者 それは構わないんですが、内容はどうしましょう?

石 もちろん土日のレースについてお話しします。

編 あ、ホントにまとめてやっちゃうだけね(笑)。

石 そういうこと(笑)。

編 まあ、いいか。

Vstyle編集者 進行はお願いします。

石 じゃあ、そういうことで。

編 了解です。というか、そんなことはいいんですけど、先週はなかなかの高配当が出てましたね。

石 そんなことって言うな(笑)。え〜と、先週の高配当? ああ、猪苗代特別ね。

Vstyle編集者 そうそう! Vstyleの「二頭両談」と「二頭流一鞍道場」でも紹介したレースですよね。

編 3連単12万3,720円、3連複29,900円の的中。

石 勝ったのは人気馬の本命◎ロワジャルダン(1人気)だったんだけど、うまいこと2、3着に人気薄が突っ込んできてくれて。

編 11番人気(!)の△ロジテールと8番人気の△エイシンヴァラーですよね。よくこの2頭へ印を回せましたよね。

石 Vstyleの「二頭両談」でも話したように、もともとエイシンヴァラーは注目していた穴馬だし、そんなに難しいレースではなかったんだけど。って、当たったから何とでも言えちゃうと思われたらイヤだな(笑)。でもまあ、夏競馬らしいというかローカルらしい荒れ方だよ。ああいうレースは今週以降もバンバン出てくると思うよ。

編 あ、それは思いました。去年の夏競馬でも10万馬券がポンポン当たってましたけど、猪苗代特別を見てて、そういえば去年もこういうレースが多かったよなって。

石 だよね。◎ロワジャルダンみたいに強い馬が勝っても、2着、3着にローカル適性がある馬とか、人気の盲点になっている人気薄が来れば思った以上に配当がつくというね。

編 ある意味石橋さんの得意技と言えるかもしれません(笑)。

石 得意技(笑)。でもまあ、ああいうレースは積極的に狙っていくからね。あまり配当で語るのは好きじゃないけど、10万、20万の馬券が取りやすいシーズンだよね。

編 そこはホントに期待してますよ、読者の方も同じだと思いますし。

Vstyle編集者 Vstyleの読者もそこらへんがよくわかっているようで、猪苗代特別の反響は大きかったですし、(Vstyleでは買い目までは公開していないが)石橋さん得意の夏競馬だからと狙って獲ったという方は多かったみたいですよ。

石 お役に立ててなによりです。

編 さらに日曜日もラジオNIKKEI賞で3連複19,940円も的中。勝ったのが1番人気のアンビシャスだけに3連単も行けたかな〜と思うんですが。

石 いや、あのレースはアンビシャスみたいな馬を軽視してナンボなので、僕ではあの3連単は厳しいかな。やせ我慢してあえて言うなら、あの3連単はいらないというか、獲れなくていい。あ、誤解のないように言っておくと、予想をご覧になった方には申し訳ないと思ってますけど。

編 ラジオNIKKEI賞だからこそ、ああいう人気馬を軽視したということ?

石 そう。今年はアンビシャスが抜けていたわけだけど、適性が合ったわけではない。そういう馬はたいてい人気でコケるからね。アンビシャスみたいな馬から買うと、むしろ獲れないことが多いんだよね。

編 危ない人気馬ということですよね。

石 結果的に勝たれたので、危ない人気馬ではなかったんだけど、実際僕も押さえていたし。ただ、決して本命で狙うべき馬ではないというかな。なんというか、ラジオNIKKEI賞を5回やって1回はああいう馬に走られても、あとの4回で高配当を獲ればいいわけで。

編 今年の3連複19,940円も高配当なんですけどね(笑)。

Vstyle編集者 たしかに(笑)。

石 ま、そんな感じで、今週も高配当を狙っていこうかと。

編 ですね。じゃあそろそろ今週の話に移りましょうかということで、まずは土曜日のレースから。どのレースを狙いましょう?

石 中京11Rの豊明Sにしようか。

編 わかりました。では現時点での注目穴馬をお願いします。

石 ポンポン行きますね。まずは前走の1800mから距離を短縮してくるマルタカシクレノン。

編 距離短縮馬のほうがいいですか?

石 少なくとも延長してくるよりはね。最後の直線が長すぎるくらいあって、しかも急坂も待ち構える中京芝1400mはかなりタフなコースなんだ。こういうコースは距離を短縮してくる馬のほうがフィットしやすい。

編 スタミナの裏付けがあるわけですからね。

石 あとは負荷がかかるレースに慣れているというのもあるかな。さらにマルタカシクレノンは1400mでの実績もあって、脚質もわりと自在性がある。

編 たしかに逃げても差しても競馬ができるタイプですよね。

石 こういうタフなコースだけに本来は差し馬が台頭しやすいんだけど、開幕からまだ2週だけに前が残るケースも想定すると、こういう自在性のある馬というのはそれだけで有利なんだ。

編 ハンデも55キロと、前走から減っていますしね。

石 そうだね。前走は厳しいペースで逃げて負けたけど、あの負荷のかかったレースをしたことが今回活きてくると思う。要チェックだね。

編 なるほど。

石 あとはアンブリッジと、メイショウライナー。

編 ともに今回が昇級緒戦になりますね。いきなり通用しちゃいます?

石 「夏は格より調子」というわけでもないんだけど、ともにクラスが上がってペースが厳しくなったほうが力を発揮できるタイプなんだよね。

編 そうですか? アンブリッジなんかはペースが緩んだほうがいいような気もしますが。

石 いや、変にペースが緩んで瞬発力が要求される流れになるよりも、持ち味でもある持続力を発揮できる流れになったほうがいいよ。このクラスまできたら同馬の瞬発力じゃ通用しない。一定以上のラップを続けてもバテない強みを活かしたほうがいいし、このクラスだとそういうペースになりやすいから。

編 わかりました。では豊明特別ではこの3頭に注目ということで。続いて日曜日なんですが、七夕賞がいいです(笑)。

石 そう言うだろうなと思ってました(笑)。

編 お、やった(笑)。では七夕賞の注目穴馬をお願いします。

石 了解です。じゃあ、マイネルディーンから。

編 福島で3走して一度も馬券圏内を外していないコース巧者ですよね。

石 その通り。前走の新潟大賞典みたいにシュッと加速するレースになっちゃうとツライんだけど、レース中盤から徐々にペースの上がる小回りだとエンジンのかかりの遅い同馬でもついていけるからね。

編 ああ、前々走と前走を比較するとわかりやすいですね。

石 そうそう。一瞬の加速では置いていかれるけど、前々走のような流れだとちゃんとついていって脚も使えるという。今回も2走前と同じ福島芝2000mで同様の流れが見込まれるだけに、当然注目だよね。

編 福島実績のわりに人気がなさそうですし、期待したいですね。

石 あとはバーバラ。ずっとスプリント戦を使われてきたんだけど、福島芝1800mを走った前走でなかなかの競馬を見せたんだ。

編 一気に2ハロンの距離延長だったんですけど、勝ち馬からは0.5秒差。今はこれくらいの距離があったほうが走りやすいですかね。

石 スプリント戦で活躍していたスピードはここに入れば上位だからね。それにスプリント時代も切れる脚で勝つというよりは、スピードを持続させるレースで結果を出していた。前走は一気の距離延長もあってちょっと前のめりの競馬になったけど、慣れの見込める今回はラクについて行けるだろうし。

編 ハンデも52キロですからね。

石 あとはグランデスバルもいいね。

編 おっと、超人気薄っぽいですよ。

石 ハンデ戦ぽくていいでしょ(笑)? ただ、もちろん単に人気がないだけじゃない。福島での実績もあるし、中山芝コースでの成績がダントツにいいよね。

編 ええ。特に中央に再入厩後の好走はほとんど中山ですよね。

石 ご存じの通り中山コースも小回りコースで、瞬発力はあまり必要のないコース。福島と共通点は多いよね。同馬にとってこのコースは力を発揮しやすいと思う。長期休養明けを使われつつ、巻き返してくる可能性は十分にあるよ。とりあえずはこの3頭というか、6頭に注目しておこうかな。あとは週末の勝負予想配信までお待ちいただければと。

編 わかりました。

石 ということで、今週は2レースをまとめて話させていただきました。ありがとうございました。来週はたぶん通常通りのスケジュールでいけると思います。夏競馬もブログ、Vstyle、そしてスポーツマスターの勝負レースにぜひ注目してみて下さい。

編 ポンポン高配当が出ますから、きっと皆さんもびっくりしますよ(笑)。

Vstyle編集者 たしかに(笑)。それでは今週末もよろしくお願いします。ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は本命馬の好走が多かったんですが、結果的に堅かったり、2、3着までだったりと、ちょっとストレスの溜まるレースが多かったかなと。

石橋 武(以下、石) だね〜。勝ったのはカレンケカリーナとか人気馬の本命◎が多かったし、穴馬の本命◎も含めて馬券には絡むんだけど相手が堅かったり、勝ち切れないぶん3連複の的中が多かったりね。

編 ちゃんと来てるんですよね〜、で思い出した! ちょっとストレスの溜まる〜じゃないわ! すげ〜ストレスなんですよ!

石 おっと、いきなり何でスイッチが入った(笑)?

編 日曜日の東京メイン・パラダイスSですよっ。

石 ああ〜、あれか〜(△スマートオリオン/11人気 → ◎カオスモス/3人気 → △ミナレット/4人気で決着)。

編 あれか〜じゃないですよ〜。人気馬の本命◎カオスモスが内にモタれさえしなければ3連単22万7,100円的中だったんですよ!?

石 馬だってわざとやったわけじゃないしさ、3連複40,020円は当たってるので損したわけじゃないし。

編 損どころか普通に儲かってますけど(笑)、ただレースを見直せばわかりますけど、あれは完全に勝ったレースですからね。

石 それが競馬だし、そういうことがあるのを承知で賭けているわけだから。反対にそういうのに僕らが助けられることだってあるわけだし。

編 ……でも22万馬券はデカイよな〜。

石 そんなもん、いつでも獲れるから大丈夫だよ。すぐに忘れるって。

編 だったら今週当てて下さいよ〜。

石 いいよ。って簡単に約束できるか(笑)。ただ、チャンスはあるよね。ラジオNIKKEI賞とか、相変わらず函館も面白いし。

編 競馬だから約束はできないってだけで、自信はあると。

石 配当に関して約束するバカはいないでしょ(苦笑)。ただ、ローカル開催はコース形態的にも特殊だから、そういうコースは楽しいよ。

編 実際に実績を残していますしね。では石橋さん得意の夏競馬でド〜ンと儲けさせていただきましょう。さっそく今週のお話をお願いします。先週はショウナンパンドラ(11人気)も3着に好走していますし、穴馬選びの参考にしていただいている方は非常に多いので。

石 せっかくだらかさっきのラジオNIKKEI賞をやろうか。穴馬はすんなり決まったし。人気馬がコケるパターンもわかりやすいし。

編 ということは高配当が狙えるレースじゃないですか!?

石 だからさっきそう言ったでしょ。面白いって。

編 おお〜、で、どんな特徴というかパターンがあるんですか?

石 まず穴馬に関しては前走でクラシックトライアルを大敗しているような馬が狙い目。特に切れ負けしちゃったような馬がオススメだよね。人気馬でコケるのはその逆で、クラシックトライアルでいい競馬ができた馬は凡走の可能性が高い。

編 ああ、そういうことか〜。

石 言ってみればローカルでの穴狙いの常道でもあるんだけど、3歳限定戦とかだと近走の成績に目がくらんじゃって、いまだにその狙い方で高配当が当たっちゃうんだ。

編 おお、楽しみだ。で、それを踏まえると、現時点での注目穴馬は?

石 まずはさっきの条件の典型であるストレンジクォーク。

編 たしかに青葉賞で10着に大敗してますね。

石 しかもスローの流れを先行して、上がり33秒台を出した馬たちにことごとくかわされるという、典型的な切れ負けパターン。クラシック路線は基本的に瞬発力が求められるコースで行なわれるんだけど、ラジオNIKKEI賞が行なわれる福島芝1800mで求められるのは小回りをこなす器用さと、(小回り特有の)厳しい流れを耐えるだけで持続力。

編 その点、ストレンジクォークは中山芝2000mで2勝を挙げているように、小回りへの適性を示していますよね。

石 その通り。厳しい流れのなか徐々にポジションを上げていくようなタフな競馬も経験しているし、前走の大敗で人気を落とす今回は楽しみな一頭だよ。

編 なるほど。

石 続いてチェックするのがグランアルマダ。

編 あれ、この馬はクラシック路線で走っていたわけじゃないですよね。

石 そうね。さっきも言ったけど瞬発力勝負のコースが多すぎて出世できなかったタイプだから。ただ、逆に前走の内回りコースみたいに適性のある舞台であれば古馬1000万クラスでも勝ち負けできる。

編 しかも前に行って粘ったのってこの馬だけだったんですよね。

石 そう。かなり厳しい流れになったんだけど、持ち前の持続力を活かして2着に粘ったんだ。掲示板に載ったのは、この馬以外は4頭とも4コーナーでふたケタ番手だった馬ということを考えると驚異的ですらある。いくら52キロだったとは言っても、なかなかできる芸当じゃないよね。

編 その持続力が今回は活きてくると。

石 そういうこと。福島芝1800mなら苦手な瞬発力勝負に持ち込まれることはほぼないだろうし、好走が期待できるよ。そもそも夏の古馬1000万クラスで勝ち負けできる馬って、秋華賞、菊花賞でも通用するわけだから。

編 能力的にもG3ならまったく問題なしということですね。

石 あとはミュゼゴースト。

編 近6走が3、2、1、3、1、3着となかなか勝ち切れないイメージですよね。あ、でもそれがいいのか。

石 そう。というか、別に良くはないんだけど(笑)、この馬も前走は切れ負けしちゃっているよね。ただ2走前の中山芝2000mで行なわれた山藤賞では、反対にメンバー中最速の上がりで勝利。持続力の求められるコースで上がり1位というのは、その特質に優れているということだから、当然今回もばっちり。

編 今、名前の挙がった3頭のなかではいちばん人気しそうな感じですね。

石 それでも5、6番人気じゃない? 妙味も十分だと思うよ。ちなみに……、あ、やめとこ。

編 うわ、感じ悪いわ〜。途中でやめないで下さいよ。なんなんですか?

石 あくまで今のところの話だけど、僕の菊花賞候補はこのミュゼゴーストなんだ。今からそのつもりでレースを観ておこうって言おうとしたけど、替わる可能性があるからまあいいかと思って。

編 へ〜、へ〜。これが現時点での菊花賞候補なのか〜。ちょっとレースを観るのが楽しみです。石橋さんとしてもぜひとも勝ってほしいんじゃないですか?

石 ここは2着くらいでシレッと賞金を加算。トライアルは惨敗で菊花賞に出てくるというのが理想だけどね(笑)。

編 たしかに(笑)。そのあたりも考えつつレースを観ておきます!

石 あ、念のために言っておくけど、勝負予想でこの馬がどんな評価になろうとも、それがラジオNIKKEI賞での評価なので、さっきの話とは切り離して考えて下さいね。さっきのはあくまでおまけなので。

編 わかってますって。では、週末の勝負予想も期待しています! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR