書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の対談で取り上げた函館スプリントSは、推奨した穴馬3頭のうちのレンイングランドが12番人気3着に好走。相変わらず函館での適性をばっちり掴んでいますね。

石橋 武(以下、石) ただ、馬券は外しちゃったからね。2着のアースソニックが抜けで。

編 結果、3連単94万馬券という大荒れ決着となったわけですが、でもなんとなく取れそうな感じはありますよね。

石 そうだね。まあ、94万円までつくかどうかは別として、先週上位に走ってきた馬の適性は、前日のHTB杯も含めて去年と大きく変わったところがない印象だよ。

編 そのHTB杯も3連単100万円を越える超高配当決着となったんですよね。

石 はい、こちらも外してしまいました。すみません。

編 ただ、Vstyleでこのレースの穴馬を取り上げていましたけど、推奨した穴馬3頭のうちオオタニジムチョウが13番人気4着、ポルボローネが6番人気5着。ちゃんと上位に走ってきていますからね。それも含めて、まあ、高配当は獲れるだろうなと。100万くらいの。

石 しれっと100万とか言わないように(笑)。

編 願望です(笑)。まあ、冗談はさておき、というかあながち冗談でもないんですけど(笑)、やはり今の函館芝は、先週もお話ししていたようにスピードの持続力が大事になってくるというイメージでいいですか?

石 特に芝1200mはそうだね。思ったよりも馬場が堅いのかな、ちょっと想定よりもスピードがある馬が走っていて、そのあたりが獲り切れなかった原因かなと思っているんだけど、そこはすぐに修正できるので。持続力は今週以降も意識しておいたほうがいいよね。

編 今週も函館芝1200mの勝負予想はありそうですか?

石 まだ月曜日の段階なのでなんとも言えないけど(笑)、面白いレースがあればもちろん出す予定だよ。さっきちらっと登録馬を見たけど、土曜日の長万部特別とか面白そうだよね。ただ、高配当が望めるのは函館芝1200mだけじゃないからね(苦笑)。

編 もちろんわかってますって(笑)。ただ期待している人が多いので、聞いておかないと。そうそう、他のレースも、ということで今週は春のG1オーラスの宝塚記念が行なわれますね。

石 普通は最初にその話だと思うぞ(笑)。まあ、いいんだけどね。

編 たしかに(笑)。じゃあ、そろそろその本題に移りましょうか。宝塚記念の現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 はい。ではまずはカレンミロティックに注目。

編 去年の2着馬ですね。

石 もうちょっと人気になるかなと思ったけど、専門誌の印なんかを見ているとそうでもないかな。

編 意外と人気は落ち着きそうですよね。5〜6番人気とか。ちなみに評価したのは去年の2着という実績ですか?

石 それもあるけど、この馬は瞬発力が足りないぶん、厳しいペースでレースを進めてもなかなかバテないという強みがある。阪神芝2200mは内回りコースを使用するんだけど、このコースは後半から一気にペースが上がるタフな流れになることが多いんだ。

編 ですよね。だからそういう競馬に強いゴールドシップが2連覇をしているわけで。

石 そうだね。実際、去年はカレンもゴールドシップに先着を許しているし。

編 それでも逆転は可能と。

石 ペース次第だよね。去年の宝塚記念とか前走の天皇賞(春)もそうなんだけど、スローに落とすと瞬発力のあるタイプにやられたり、去年の宝塚記念のように、出遅れたゴールドシップにスタンド前でラクに前につけられたりと、あんまりいいことがない。

編 むしろ厳しいペースで先行したほうがいいと。

石 そうだね。それは鞍上も前走でわかったと思うよ。今回は前走から一気に距離が短くなるし、ある程度ムチャというか、厳しいレースをしても問題ない。この馬の強みをフルに活かす競馬ができれば、G1奪取も可能だよ。というか、この馬にG1を勝つチャンスがあるとしたら、宝塚記念か有馬記念でしょう。

編 ああ、他の古馬G1戦だと瞬発力が必要ですもんね。

石 あとはワンアンドオンリーもチェックしておきたい。

編 さっきのカレンミロティックと反対で、瞬発力を武器に勝負するタイプじゃないですか?

石 ダービーも勝っているし、たしかにそう受け取る人も多いよね。ただ、僕の場合は……

編 あ、そうか。石橋さんって、ワンアンドオンリーは、ダービーよりも皐月賞に向いているって言い続けてますよね。ダービーの後も(笑)。

石 最後の一言は余計だけど(笑)、そうなんだよね。ダービーがフロックだったとは言わないけど、あのレースは内枠・先行有利の馬場で、先行力を活かした勝利。瞬発力というよりスピードの持続力で勝ったレースだよね。というか、先行しつつメンバー中2位の上がりを使っていることこそ、厳しい流れで脚を伸ばせることを証明しているように思えるんだ。その意味でも、適性はいまだに小回りのタフな流れにあると確信しているよ。

編 ああ、脚を溜めてビュッと伸びるんじゃなくて、ある程度のスピードで走りつつも、そこからさらに脚を伸ばせるということですよね。

石 そうそう、そういうこと。前走も慣れない海外の競馬で先行。ちょっと厳しいかなと思ったところから、さらに脚を伸ばして3着でしょ。やはりああいう競馬に対する適性は高いし、もちろん能力も文句なし。阪神では4戦して3勝を含むパーフェクト連対。コース巧者でもあるからね。勝ち負けになる一頭だよ。

編 わかりました。あと一頭挙げていただくと?

石 ショウナンパンドラ。

編 おっと、これはちょっと意外な名前が挙がりましたね。先の2頭とは違い差し脚質ですよね。

石 そうだね。しかも内回りコースの秋華賞を中団から差し切っているのはいいよね。牝馬らしい一瞬の切れで、ハイペースをスパッと勝ち切ってみせた。今回も内回りのレースで澱みのない流れが予想されるだけに、この馬の瞬発力には期待したいよね。

編 ですね。いくら持続力が効くコースとはいえ、毎年のように一頭は差し馬が馬券に絡んできますもんね。

石 しかもこのところ牝馬も馬券に絡んでくるから。近3走は結果が出ていないけど、エリザベス女王杯はスローにハマッてしまって、2走前は道悪というよりも休み明けの影響だろうね。前走は明らかに距離不足と前残りの展開。どのレースも敗因ははっきりしているんだ。

編 でもそれで人気を落としてしまっているという。

石 そう。適性があるのに人気がないというね。実績からもわかるように、仮に道悪になっても問題ないし、これぞ穴馬って感じかな。いまのところはこの3頭に注目しておこう。

編 わかりました。終わりよければすべて良しじゃないですけど、春のG1をいい形で締めくくりたいですね。

石 締めくくると言うより、高配当が目白押しの夏競馬に向けて弾みをつけておきたいね。ついでに財布の中身も厚くしておきたいし。

編 ですよね〜。せっかく20万馬券が当たってるのに、買ってなかったじゃどうしようもないですからね。石橋さん、お願いしますよ!

石 はいはい、期待してお待ち下さい。そのかわりといってはなんだけど、今週の勝負レースで穴馬の本命◎がどんなに人気薄でもビビらないように。

編 前はそれで20万馬券を取り損ねたからな〜(苦笑)。今度こそ、気をつけます(笑)。どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、さあ函館です! というか、G1が一段落しても相変わらず忙しいんですね。

石橋 武(以下、石) G1が終わっても競馬は毎週あるし、そうそう時間があくなんてことはないよね。

編 そうですよね〜。競馬は続きますもんね。

石 それに一昨年、去年と夏競馬の成績が良かったと言って下さる方が多くて、色々と取材を受けたりしているので。

編 ああ、そっちもあるのか〜。そりゃ、時間がなくなっちゃいますね。

石 おかげでこちらのコラムが1日遅れてしまって申し訳ないです。

編 ホントですよ(笑)。ただまあ、けがの功名というか、今回は函館スプリントSの枠順確定後の対談ですから、そこも踏まえたうえでお話を聞けるかなと。

石 開幕週だけに枠順は大切だからね。

編 ええ。というわけでさっそく始めちゃいましょうか。

石 いつでもいいですよ。

編 では函館スプリントSの注目穴馬をお願いします。

石 はい。まずはレンイングランドに注目しようか。

編 今年に入ってからふたケタ着順が続いているのが気になりますけど。

石 G1のNHKマイルCも含めだからね。レベルが高いというのもあるけど、あとは距離だと思うよ。この馬、本質的には持続力を活かすタイプのスプリンターだから。

編 たしかに芝で勝っているのは1200mだけなんですよね。

石 で、そのうちの1勝が洋芝の札幌。札幌では3回走って1500mと距離の長かったデビュー戦以外は馬券絡みを果たしているだけに、実績的にも、実際の走りを見ても洋芝適性に関してはまったく問題ない。

編 じゃあ、久々に適距離の1200mになる、そして適性のある洋芝なら巻き返せると。

石 そうね。ただ、それだけじゃないよ。函館芝1200mっていわゆるローカルにありがちな平坦コースというイメージが強いと思うんだよね、小回りコースというのと相まって。

編 ええ。

石 ただ実際はけっこう高低差のあるタフなコースなんだよね。たしか4m近い高低差があるんだ。特に今回の芝1200mの場合はスタートから4コーナーの途中までがずっと上り。で、そこからゴールまで若干下るというコース設定なんだ。

編 へ〜、けっこう厳しいんですね。

石 そう、だからちょっとでも前が速くなると、開幕週から差しが効くのが函館芝1200mなんだ。

編 レンイングランドは先行馬ですけど、大丈夫ですか?

石 この馬は去年の暮れのクリスマスローズSで中山芝1200mを勝っているよね。中山芝1200mはスタートから下って最後に急坂と、函館とまったく反対の造りではあるんだけど、トップスピードを持続させてゴールするという持続力が求められるタフなコース。しかも当時の中山の芝は馬場改良工事の影響でかなり力を要求されて、差し馬有利のコースだったんだ。それを好スタートから一気に逃げ切るというのはなかなかできることじゃない。

編 コースの造りは反対とはいえ、同じくタフな函館でもそれが活きると。

石 結局は同じなんだよね。ずっと上りでスタミナを削られながら最後まで粘り切る持続力が要求されるわけだから。まあ、同じと言っちゃうとちょっと乱暴だけど。

編 なるほどね〜。ちなみにレンイングランドは外枠に入りましたね。

石 え〜と、7枠13番ね。

編 ええ。

石 まあ、内枠のほうがいいけど、向正面の引き込み線からのスタートだからね。スタートしてすぐにコーナーだとさすがにツライけど、1200mのコース設定ならあまり気にしなくてもいいよ。

編 なるほど。

石 続いてはタガノアザガルに注目。

編 2走前に勝ったファルコンSといい、勝ち鞍はすべて1400m戦。距離的には問題ないですか?

石 これがエンジンのかかりが遅くて後ろから行くタイプだと嫌だけど、スッと前に付けられるだけのスピードもあるし、1200mでも余裕でついていけるよ。ましてや52キロで走れるわけだし。それに1400m戦に強いということは持続力に優れているということ。さっき説明したように函館芝1200mはタフな競馬で力を発揮できるタガノみたいな馬に向いているからね。

編 そうですよね。

石 前走は距離も長かったし、さすがにG1じゃ家賃が高かった。G3で52キロなら好勝負が期待できるよ。

編 あと一頭はどの馬をチェックしましょう?

石 サトノデプロマットもいいよ。

編 ずっとダート戦を使われてきましたけど、芝に転向した近2走が連勝なんですよね。

石 そう。内容的にも高く評価できるし、ダートでも走れているだけに洋芝をこなすパワーも十分。勝ち負けまで期待できるよ。あ、ちなみに仮にこのレースで走れなかったとしても、この馬はずっとチェックしておいたほうがいいよ。北海道シリーズでけっこう活躍すると思う。1600万クラスを勝ったばかりで、OP特別でも斤量はもらわないしね。

編 へ〜。できればこのレースから活躍してほしいんですけどね。

石 まあね。ただ、重賞のここで勝つと、あとは人気になっちゃうからな〜。先々を考えると、あえて負けてもらってもいいかも(笑)。

編 こら(笑)。でもそうか……

石 ま、冗談はさておき、現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということで。

編 はい、わかりました。土曜日に配信される勝負予想(日曜版)も期待してます。というか、今日の夜の勝負予想(土曜版)も楽しみですね。函館芝1200mのHTB杯も勝負予想のなかに入っているですよね。

石 入れるつもりだよ。ただ、ほかのレースにもちゃんと注目しておいてね。

編 もちろんです。では、お忙しいなか本日はどうもありがとうございました。

石 こちらこそ1日遅れてしまって、ご迷惑をおかけしました。今週末もよろしくお願いします。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

いつも石橋武の「単勝二頭流コラム」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
今週のコラムは6月18日に公開予定でしたが、石橋氏のスケジュールの都合により6月19日の公開とさせていただきます。
せっかく訪れていただいたのに申し訳ありません。
明日公開のコラムは枠順発表後の対談内容となりますので、その点も加味したお話ができるかと思います。
取り上げるレースは函館スプリントSの予定となっております。
1日お待たせすることになってしまいますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、G1戦線も一段落して、夏競馬の季節が近づいてきましたね。というか、暑いし。早く北海道シリーズが始まればいいのに。

石橋 武(以下、石) そうね。って、キミ別に北海道に行くわけじゃないじゃん(笑)。

編 そうなんですよね〜。まあ気分的なものです(笑)。

石 まあ、来週から函館開催だし、もうちょっとの辛抱でしょ。ん? 辛抱ってなんの辛抱だ(笑)?

編 そうか。もう来週から北海道シリーズか。こりゃ、楽しみだわ。あ、そういえば石橋さんって、去年の夏は函館、札幌の短距離戦で10万馬券連発してましたよね〜。1週間に1本はそれぐらいの馬券を当ててたような……。

石 さすがに毎週10万馬券はなかったんじゃない(笑)?

編 でも1週間おきとか3週で2本とかそんな感じでしたよね。なんか秘訣があるんですか?

石 秘訣ねぇ。まあ簡単に言えば馬場適性と滞在競馬かな。

編 あ、面白そう。もうちょっと詳しく聞きたいです。

石 馬場に関しては、皆さんご存じのように北海道シリーズは力の要る洋芝で行なわれるというのが大きいよね。

編 ああ、そうですね。去年の勝負予想の見解でも、その点は多く触れていましたよね。

石 というか、そういう馬場に合う穴馬ばっかり狙ってたから、自ずとその話は見解に書かざるを得なかったんだけど。読んでいる方からしたらしつこかったかも……。

編 それはないでしょう(笑)。むしろ納得して馬券が買えたと思いますし、そのぶん儲けてもらえたわけですから。でも去年の勝負予想を見ていると初めて函館とか札幌で走る馬に関しても洋芝の適性を見抜いていましたよね?

石 だって経験馬というか、洋芝ですでに結果を出している馬は人気になるでしょ。穴馬を狙うんだったら未経験の馬とか、実績のない馬の適性を見抜かないと。

編 たしかにそうなでしょうけど、どうやって見抜けばいいんですか?

石 過去の時計がかかる馬場での走りとか、ダートでの走りとか、まあ色々だよね。そのあたりは今年も勝負レースのなかでお伝えしていこうと思っているけど。

編 なんか、こういうのが狙い目!みたいなわかりやすいのないですか? ほら、(勝負予想のない)早いレースとかで役に立つような。

石 ああ、そういうことね。ん〜、だったら去年の暮れの中山芝で好走している馬なんかはわかりやすいかもね。あの馬場を走れるタイプは合うと思うよ。

編 たしかにパワーが要求される特殊な馬場でしたし、実際、石橋さんもそれを利用してホープフルSとか超高配当を当ててましたもんね。あ、もしかして石橋さんって、北海道シリーズの快進撃といい、パワー馬場が得意なんじゃないですか?

石 パワー馬場というか、特殊な馬場がいいんだよね。穴が出やすいし。だから新潟芝1000mとかもいいはずだよ。

編 あ、この前も◎フレイムヘイロー(韋駄天S。単勝94.8倍、15番人気1着)を本命に推していましたしね。

石 そうね。特殊な馬場とかコースはやっぱり狙い目だよね。

編 あとは滞在競馬?

石 ああ、そうそう。滞在競馬だと輸送に弱い馬が力を発揮するみたいな穴のあけ方もあるし、調教施設が限られるから、いつもと違う調教になるケースも多いんだ。

編 要するに馬の体調面ですね。

石 まあ、体調というか調子ね。さすがに体調はわからない。ずっとそばにいる厩務員さんじゃないので。ただ、輸送で馬体重を減らしていた馬とか、コース調教で力を出せるとか、そういうのは過去の戦績からも読み取れるから。

編 ああ、なるほどね〜。ただ、僕がそれを判断できるかどうかとなると、ちょっと難しいですね。これは石橋さんの判断に乗っかったほうがいいわ。

石 まあ、お任せします。って、これ函館が始まる来週すべき話だろ(笑)。

編 まあ、いいじゃないですか(笑)。

石 余計な時間を使ってしまった……。はい、じゃあ、切り替えて今週のレースね。

編 今週は東京でエプソムC、阪神でマーメイドSが行なわれますけど、どちらのレースを取り上げますか?

石 どちらも面白いよな〜。高配当が狙えそうだし。まあ、マーメイドSはまだハンデが出てないし(※本対談は月曜日に行なわれています)、エプソムCにしておこうか。

編 わかりました。では、さっそく石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 はい。じゃあ、まずはアーデントをチェック。

編 前走の新潟大賞典は久々の2000m戦ながら4着に善戦していましたよね。

石 アーデント自身が逃げてペースを作ったんだけど、ちょっとスローに落としすぎた印象だね。最後は距離で止まったというより切れ負けだったから。

編 そうですね。今回はそういう流れにはなりませんか?

石 今回はメンバー的に前に行きたい馬がいるし、今の東京はまだ前が残りやすい。それを考えるとスローにはなりにくい。やっぱり早めに仕掛ける馬が増えるから。

編 じゃあ、先行するアーデントにとっても厳しい流れじゃないですか。

石 そういうバテ合いになったほうが、この馬にとっては競馬がしやすい。瞬発力勝負だけは避けたいからさ。それにこの時期だけに雨も想定しておかないとね。

編 あ、道悪は得意ですもんね。

石 とにかく切れ味勝負にならなければいい馬だからね。

編 続いて注目するのは?

石 差し馬から2頭。ヒラボクディープとマイネルホウオウをチェックしておこうか。

編 あれ、アーデントの時の話と違うじゃないですか。

石 ああ、前有利っていう?

編 ええ。

石 前が有利だからって先行馬だけが残る競馬にはならないでしょ(笑)。それに先週までは前が有利だったとはいえ、Cコースも3週目。梅雨時期だし土曜日の天気次第では内が悪くなる可能性もあるからね。

編 あ、たしかに。

石 ヒラボクディープは長らく低迷していたけど、前走でようやく復調気配が感じられたし、前走と同じ東京芝1800mで同様の競馬ができればチャンスはある。

編 もともと東京に良績のある馬ですしね。

石 そうね。マイネルホウオウは2年近い休みが明けて、今回が4戦目。徐々に体も戻ってきたし、調教も動いているからね。NHKマイルCを勝つだけあって、もともと能力も高い。そろそろ復活してもおかしくないよ。とりあえずはこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。

石 あとは週末の馬場状態をしっかり見極めて、勝負予想を配信します。

編 期待してます。来週からの北海道シリーズに向けて、弾みをつけていきましょう!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ダービーは残念でした。

石橋 武(以下、石) すみません。外しました。相当自信はあったんですが……まあ、外れたら何も言えないですね。

編 結果的に印を打った馬が1〜7着を独占していただけに、しかも15番人気5着の△コメートまで印を回していただけに、見立ては完璧だったと思うんですが。

石 能力、適性の見立ては合っていたと思うよ。枠順とか展開面も含めて。でも肝心の軸馬が馬券に絡んでいないようじゃね。どうこう言えないです。

編 ただ、◎リアルスティールもレース中に骨折していたとのことで……

石 そこは、どれくらい影響したのかなんて誰にもわからないから。そのリスクも含めて競馬だし。当たり前だけど、外れは外れだよ。

編 まあ、たしかにねぇ。

石 ただ、あのメンバー、あの枠順で何度予想しても同じ予想になる。それだけ自信を持って予想を配信したし、その点についてはまったく悔いはない。皆さんに的中をお届けできなかったことだけが心残り。

編 ですよね〜。ただ、今まで石橋さんの高配当馬券で何度も救われてきましたので、そこは皆さんも「また次!」って思ってくれていると思いますよ。実際、スポーツマスターのほうにはそういう声が届いていますし、ほとんどの方がまた購読のお申込をされているようなので。

石 ホント、ありがたくて泣きそうになりますね。それと、先週の対談では「拍手」ボタンをたくさん押していただいてありがとうございました。

編 あ、スポーツマスターの本田さんが気を使って言ってくれたみたいですね。

石 あれだけ読んで下さっているのがわかっただけで、大いに励みになります。本当にありがとうございます。ダービーを外しておいて心機一転というのもずうずうしいですが、また新たな1年に向けて気合いを入れ直していきますので、引き続きよろしくお願いします。

編 僕からもお願いします。って、なんか雰囲気が堅いわ(笑)。まだまだG1も続きますし、それこそ去年は10万馬券を連発した夏競馬もすぐそこなんですから、真剣に、楽しんで予想していきましょうよ。たかがダービーを外しただけじゃないですか。安田記念で借りを返せばいいんですって。

石 言われなくてもそのつもりだわ(笑)。

編 そうそう、その調子。じゃあ、そろそろ本題に入りましょうか。安田記念の注目穴馬をお願いします!

石 了解。と言いたいところなんだけど、週末の天気が微妙なのと馬場が読みづらいのもあるので、あくまで現時点での注目穴馬ね。ちょっと重めの馬場だと違う馬の評価を上げる可能性もあるし、基本的には先行有利の馬場のはずだけど、一気に差し馬場に変わる可能性もあるので。

編 わかりました。

石 というのを大前提に、差し馬からはサトノギャラントに注目しておこうか。

編 前走は、上がり31.9秒というとんでもない上がりで飛んできましたね。

石 まあ、(時計の出やすい)新潟での時計なので、上がりタイム自体に大きな意味を持たせないほうがいいけど、真剣に走ればあれぐらいは走れる馬だよ。東京を得意としているし、良馬場なら面白いところはあると思う。

編 3走前に今回と同じ東京芝1600mで東京新聞杯を惨敗しちゃってますけど。

石 この馬はそれがあるんだよね。ムラっけというか。ただ、前走を見ると走りに集中できていたし、気性的にようやく大人になってきた印象がある。これが人気馬なら危なくてしょうがないけど、穴馬だからそういう一発狙いはありでしょう。それだけの能力はあるし、末脚はここに入ってもまったく見劣らないどころか、上位の存在だしね。

編 なるほど。

石 続いては同じく東京新聞杯を負けたエキストラエンド。ただし、この馬は勝ち馬からわずか0.2差の6着。しかも直線で前が詰まる不利があっての結果だけに、巻き返してくる余地は十分にあるよ。

編 去年の安田記念は12着に大敗していますよね。

石 あれは馬場に尽きるでしょう。それにたしかに勝ち味に遅いところはあるけど、東京や京都、新潟ではメンバー中上位の上がりをコンスタントにマークしているように、長くいい脚を使うことができる。G1は一瞬の伸び脚勝負よりも、タフな追い比べになりやすいので、その点もこの馬にとってはいいよね。G3あたりよりもよっぽど向くんじゃないかな。

編 たしかにスローだと切れ負けしちゃいそうですけど、厳しい流れでの追い比べなら分がありそうですね。

石 とりあえず今日のところはこの2頭をチョイス。いつものように3頭ピックアップしたいんだけど、さっき言ったように馬場も含めちょっと慎重にならざるを得ないので。

編 まあ、仕方ないか。そのぶん週末の予想で弾けてもらいますので、覚悟はいいですね?

石 なんの覚悟かわからないけど(笑)、なんとか皆さんに満足していただけるように頑張ります。

編 よろしい(笑)。では週末を楽しみにしています!






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR