書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) ついに……ダービーだぁ! 石橋さん、ダービーです! 日本ダービーです! 絶好調です!

石橋 武(以下、石) ダービーひとつでそこまで盛り上がれるかね、しかし。それになんか変なのが混ざってたぞ。

編 盛り上がれます。むしろ石橋さんがいつものテンションと変わらないのが不思議なくらいですよ。もっとテンション上げていきましょうよ。

石 いやいや、そのテンションは絶対ムリ。

編 つまんないの。それにただダービーだからって、石橋さんが好調期に入ったところでダービーを迎えるというのも、テンションが上がるひとつの理由で。

石 えっ? 俺、好調なの?

編 はい、知らなかったんですか? 先週からまた好調期に入りました。一時期は落ちてましたけどね。

石 はっきり言うね(苦笑)。

編 まあ、落ちてたって言ってもこのところ10万円クラスの配当がなかっただけですけど。当たるのは当たってましたから。

石 で、先週から好調??

編 はぁ。石橋さんって、本当に自分のことわかってないですね。

石 ため息をつくんじゃない(笑)。

編 先週は土曜日に平安S、日曜日にはフリーウェイSとオークスを当てましたよね。

石 ああ、そういうこと?

編 いや、それは関係ないですw

石 関係ないんかいっ! というかwを使うな。

編 まあ、関係なくはないですけど。◎がきっちり勝ち切っているということですから。落ちてた時期は人気薄の本命が上位に走ってきても2、3着とか多かったですからね。結果、3連複しか獲れないという。

石 でも悪くはないんじゃ……

編 甘いっ! 石橋さんは高配当を獲ってナンボなんです。だいたい「単勝二頭流」なんですよ?

石 厳しいけど、仰る通りです。

編 で、平安Sとかオークスの的中はまあいいとして、キタコレ!だったのが日曜日の新潟11R韋駄天S。

石 ああ、フレイムヘイロー。

編 「ああ」ってことはないでしょう。15番人気1着ですよ!? 単勝94.8倍ですよ!? こういうのが出たら石橋さんが好調期に入った証拠。

石 人気薄?

編 人気薄の激走というだけだったら、けっこう多いんですよ。ただ、フレイムヘイローみたいに、「訳わかんね〜な。石橋はなんでこの馬を選んだんだ? つ〜か、ホントに買っていいの?」みたいな感想の馬がちゃんと走ってくるんですよ、なぜか。

石 酷い言われようだな。それに推奨理由も見解にちゃんと書いてるじゃん、いつも。

編 もちろん読みましたよ。でもまさかという馬でしたからね。専門誌でも無印にしているところが多かったみたいですし。

石 でもまあ、言わんとすることはわかるよ。ああいう勝ち切れる人気薄を本命に推せるというのは、自分でレースが見えているということでもあるからね。

編 そういうことです。たしかに韋駄天Sは3着が抜けて3連単73万馬券は獲れませんでしたけど、それは時間の問題。本命が走ってこそですから。ここまでくれば、いつでも獲れる。でしょ? 石橋さん。

石 いつでもって……。まあ、がんばります。

編 よろしい。ということで、皆さんお待ちかね。日本ダービーの注目穴馬をお願いします。

石 え? やらないよ?

編 は? 何言ってるんですか?

石 だってダービーの話はスポーツマスター(編集部通信 5月28日号)で話しちゃったもの。それと同じことを話してもしょうがないでしょ?

編 え〜っ。勘弁して下さいよ〜。じゃあ、こっちはどうなるんですか〜。みんな楽しみにしているのに。

石 いやいや、そんな大げさに騒がなくても。だいたいダービーの話だってスポーツマスターで読めるんだよ。それにキミだって今週は合同企画って知ってたでしょ?

編 だったらここはどうなるんですか?

石 だから目黒記念の話をしようかと。

編 あ。だったらOKです。

石 え、そこはあっさり納得なの?

編 だって、ダービーの話はスポーツマスターで読めるし、目黒記念の話も聞けるんですよね? いつもよりお得じゃないですか。

石 現金なヤツ……。

編 じゃあ、さっそく目黒記念の注目穴馬を教えて下さい。ちなみにダービーと目黒記念って、100mしか違わないですよね? 狙う穴馬も似たような感じなんですか?

石 って、さりげなくダービーの話もさせようとするんじゃない。往生際悪いわ。

編 てへっ。

石 まあ、真面目に答えておくと、たしかに100mしか違わないんだけど、ダービーの行なわれる東京芝2400mが坂の上からのスタートに対して、目黒記念の東京芝2500mは坂の途中からのスタート。その影響もあって、東京芝2400mは切れ味勝負になりがちで、東京芝2500mはスタミナというか持続力が求められる勝負になりがち。まあ、ふたつのコースを比較すると、というレベルでだけど。

編 なるほどね〜。たった100mでも違いが出てくるんですね。

石 そうだよ。で、それを踏まえると、まず注目しておきたいのがムスカテール。

編 あれ、前走は東京芝2400m(メトロポリタンS)ですよ。勝ってはいますけど。

石 ああ、ちょっと紛らわしいか。たしかに、前走のメトロポリタンSはこの馬にとっては厳しいかなと思っていたんだよね。ただ、当日は雨が降ってパワフルな馬場になったし、レース自体もけっこう流れて瞬発力勝負というよりも持続力が問われる流れになったんだ。それがこの馬にとっては良かったよね。

編 じゃあ、舞台が2500mになる今回はさらに期待できると。

石 まあ、言ってしまえばもともと目黒記念(13年)も勝っているし、アルゼンチン共和国杯でも好走しているからね。今さら適性云々もないんだけど、この馬みたいにビュッとは切れないけど、一旦加速したらなかなかスピードが落ちないというタイプは合うよ。

編 あとは前走勝ちということで、そんなに人気にならないことを祈るばかりです。

石 あとはステラウインドもいいよ。

編 たしかに上がりのかかる競馬を得意としているイメージがありますね。

石 そうだよね。実際、瞬発力勝負になると切れ負けしちゃうからね。

編 前走の日経賞も最後の末脚勝負で負けてるし。あ、そういえば去年のこのレースも負けてますよね。

石 そうね。たしかに去年の目黒記念は7着に負けたんだけど、早めに後続馬に詰め寄られて、ステラウインドみたいに前に行った馬には相当厳しい流れだったし、むしろそれにしてはよく粘っていたと思う。今回はメンバー的にもそういう苦しい展開は考えづらいし、ハンデ戦で、このコースなら巻き返せるよ。

編 あと1頭は?

石 ダービーフィズかな。

編 前走で1600万クラスを勝ち上がってきて、今回が昇級戦ですよね。

石 一応ね。ただセントライト記念で2着していたり、重賞で見劣りする実績ではないよね。

編 あ、たしかに3歳時には重賞戦線で活躍していた馬ですもんね。

石 降級しても勝ちみの遅さが災いしてここまで昇級するのにかなり時間はかかったけど、ようやく完成してきたかな。切れ味のなさも昇級に時間がかかったひとつの要因だけど、それも東京芝2500mなら自身の持ち味を惜しみなく発揮できるでしょう。ハンデも54キロとかもらっても55キロまでだろうし、好勝負が期待できるよ

編 わかりました。いや〜、日曜日が楽しみだ。ねぇ、石橋さん。

石 僕はプレッシャーしかないけどな(笑)。

編 大丈夫ですって。気楽に高配当を獲っちゃって下さいよ。

石 それがプレッシャーだっつーの。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ヴィクトリアマイル……。

石橋 武(以下、石) が、どうしたの?

編 2000万馬券なのに、なんで石橋さんが獲ってないんですか〜。

石 ああ(苦笑)。

編 本命◎ストレイトガール(5人気1着)がばっちりだっただけにな〜。

石 ◎ストレイトガールは見解にも書いた通りの競馬をしてくれたからね。かなり安心して見ていられたんだけど、前があそこまで頑張るとは。ん〜、決め手のある先行馬が勝って、人気薄の逃げ・先行馬が残るという、まあありがちな競馬なんだよね、終わってみると。

編 終わってみると、そうなんですよ。

石 それだけに悔しいんだけど。あれで2000万円もついちゃったからね。

編 ですよね〜。ただ、ヴィクトリアマイルの◎ストレイトガールにしても、京都11R 栗東Sの◎エイシンゴージャス(3人気1着)にしても、圧倒的な1番人気もいましたし、単勝としてはなかなか買いづらい馬でしたよね。

石 どっちかという栗東Sのほうが難しかったよね。単勝という意味では。

編 たしかにメンバー的にどの馬にもチャンスがありそうでしたからね。というか、ヴィクトリアマイルも難しいでしょ。言ってもストレイトガールは前走で大敗していますし。

石 でもストレイトのほうは敗因が掴めていたからね。まあ、それが実際に敗因なのかどうかは、馬に聞いてみないとわからないんだけどさ(笑)。

編 ああ、敗因というのは見解でも書いていた調教ですか。

石 そう思うよ。まあ、多少は大外枠の影響とかもあったかもしれないけど。というか、2000万円を獲り逃しているわけだし、単勝的中だけでは物足りないと感じている読者の方がほとんどだろうから、今週きっちり取り返さないとね。

編 そうだ、そうだ! よろしくお願いしますね。

石 じゃあ、オークス話ということで。

編 は〜い。これまた難しいメンバーが集まりましたけど、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはアンドリエッテ。好走しても好走しても上位人気にならないから、ありがたい馬だよ(笑)。

編 たしかに、いつも石橋さんの評価は高いですよね。

石 前走は本命に推していたんだけど、あの超のつくドスローで、4コーナー最後方じゃどうしようもない。正直、鞍上には工夫してほしいけど、あの競馬でよく6着まで差して来られたなというのが、素直な感想だったよ。

編 力は示したと。

石 そうね。今回、末脚を活かしやすいレースになるのは強調材料だし。

編 たしかにオークスって4コーナーの通過順位がふたケタ番手だった馬がけっこう馬券に絡んでいますよね。

石 かなり多いよ。東京芝2400mということで直線が長いということもあるけど、3歳牝馬にとって過酷な距離で、中山ほどの急坂ではないけど、だらっと上り続ける坂があるから差しが決まりやすいというのもあるし、どの馬も距離を意識して大事に乗ってくるから、最後の直線の瞬発力勝負になりやすいというのも理由のひとつ。

編 そこで瞬発力に秀でたアンドリエッテは評価できると。

石 そうね。重賞を走ったここ2走もメンバー中最速の上がりをマークしているだけに、瞬発力に関してはメンバー随一と言っていい。非常に面白い存在だよね。

編 なるほどね〜。

石 続いてはクイーンズリング。これがどこまで人気を落としてくれるか……。

編 ん〜、微妙だな〜。桜花賞も負けたとはいえ4着に善戦していますし。

石 この馬より人気になりそうなところだと、レッツゴードンキ、ルージュバック、ミッキークイーン、クルミナル、ココロノアイかな?

編 そのなかでいちばん人気のないココロノアイとどっちが上か、みたいな感じじゃないですか?

石 じゃあ、5番人気、6番人気ぐらいか。だったらここで取り上げてもOKでしょう。

編 まあ、良しとしますか。で、クイーンズリングなんですけど、ひとつ気になる点が。

石 ああ、馬体重でしょ?

編 そうです。2走前にマイナス20キロで、前走もマイナス2キロ。これってどうなでしょう?

石 別にいいんじゃない?

編 へ?

石 いや、だから別にいいんじゃないの? 結果も出てるしさ。

編 そんなのでいいんですか?

石 だって、馬体が減ってもパフォーマンスは落ちてないどころが上がっている。調教もしっかり積んでいる。そして結果も出ている。なにか不都合があるの? それに、ホントのところなんて僕らファンはわからないじゃん。体調不良なのか、もともと太かっただけなのか、意識的に絞っているのか。それにこの馬は関西馬なんだけど、中山遠征時に減ったんじゃなくて、地元の阪神開催で減っているわけだからね。普通に考えたら中山のときは馬体が減るのを見越して余裕を持たせて作っていた。でも輸送に強くてまったく減らなかった。阪神では輸送減りの心配がないから絞ってつくった。ということでしょ? まあ、陣営は阪神で減っていたときに驚いたみたいな話をしていたから、違うのかもしれないけど。

編 たしかに推測するしかできないですよね。

石 であれば、この馬の走りと成績といった僕らが実際に判断できるところで考えないと。となると、この馬の評価を下げる理由はまったくないよね。

編 前走の4着惜敗も?

石 あの流れじゃどうしようもないよ。とにかく今年の桜花賞は特例中の特例。あんなペースなんか基本的にはあり得ないからね。もちろんその流れを作って勝ったレッツゴードンキは評価するけど。今回のオークスは桜花賞で力を出せなかった馬の巻き返しがポイントだと思うよ。

編 なるほど。ちなみに2400mは問題ないですか?

石 真摯に答えると「走ってみないとわからない」ということなんだろうけど、まあ、問題ないよ。勝ったフィリーズレビューはこの馬だけ違うレースを走っているかのような競馬ぶりだったんだけど、あの1400mの澱みのない流れを外からぶっこ抜いたというのはスタミナ面に不安があったらできないよ。

編 一瞬でスパッと差し切る競馬じゃなくて、澱みのない流れで他馬もまだ脚を使っているところをさらに長くいい脚で差し切ったわけですからね。しかも余裕で。

石 そうだね。能力的にも図抜けているものを感じるし、勝ち負けになる一頭だよ。

編 それであと1頭は?

石 ローデッド。

編 出遅れ常習犯。

石 出遅れなかったことがないからね。ただ、それでもマイル戦を中心に結果を出してきているのは、逆に能力の証でもあるよね。だって、出遅れてマイルの速い流れを急がせながら追走。レースによってはマクっているわけだし。普通の馬より負荷がかかった状態で走っているんだ。

編 たしかに! 

石 それに未勝利を勝ったのは中京芝2000mの未勝利戦だったんだけど、けっこう速いペースを前で受けて差し切っているんだよね。中京のタフな芝コースを。これぐらいの長い距離なら出遅れたところで慌てる必要はないし、すぐに挽回できる。むしろ最初から出遅れることがわかってる馬だから、レースも組み立てやすいし突発的に出遅れられるより全然いい。

編 なるほどね〜

石 近走の成績からも人気はまったくないだろうし、面白い一頭だと思うよ。

編 そうですね。じゃあ、大穴のローデッドを含め、現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 最終判断はスポーツマスターの勝負予想をご覧いただければと。

編 そうそう、それと来週はスポーツマスターとの合同企画なんですって?

石 あ、そうなんだよ。まだどういう話になるかわからないんだけど、このブログも確認しておいていただければと。

編 わかりました。では、今週末、そして来週のダービーも楽しみにしていますね。お忙しいなか、どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の湘南S(東京9R)はすげ〜というか、惜しい!というか、結果は3連単の17万8,760円こそ獲り逃したものの、3連複4万6,610円はきっちり的中。それにしてもよくまあ△タイセイドリーム(14人気3着)を上位に評価できましたね。

石橋 武(以下、石) 距離を短縮してきたでしょ?

編 ええ、このところ2000〜2400mを中心に使われていましたよね。やっぱり短距離のほうが合うってことですか?

石 この馬の短距離適性云々よりも、今の東京の馬場を考えると今走で走る距離よりも長めの距離を走っていた馬に合うなと思っていて。力の要る馬場が得意な馬とかね。

編 と、言いますと? たしかに人気の本命に推していた◎ピオネロも前走2000mからの距離短縮馬ですよね。

石 そう、それもあって本命に推したんだ。まあ、スタートの遅れが響いて勝ち馬を差し切れなかったけど(苦笑)。

編 差してたら18万馬券だったんですけどね〜。ほんと惜しい!

石 そんな馬券、すぐに獲れるよ。

編 自信家か(笑)! まあ、今までの実績を知っているだけに納得ではありますが。

石 違う、違う。言葉が足りなかった。そういう意味じゃなくて、今の東京の特徴的な馬場を考えると、あれぐらいの馬券はすぐに出るし、それを狙い撃ちするのもさほど難しくないってことを言いたかったんだよ。

編 結果、同じように聞こえますが(笑)。

石 そうか(笑)。

編 ええ(笑)。たださっきの話に戻ると、今の馬場はパワーが要求される馬場だから実際の距離以上のスタミナが必要となるという解釈でいいんですか?

石 そうだね。それと、さほどスピードが要求されない馬場というのも、そういうタイプにとっては走りやすいというのもあるけど。

編 たしかに先週の日曜日は前日に降った雨の影響が残っていましたよね。

石 そうね。ただ、勝負予想の見解にも書いたけど、仮に雨が降っていなかったとしても今の東京はパワーを要求される馬場ということには変わりないよ。今週末の天気がどうなるかはわからないけど、それは念頭に入れておきたいね。

編 さっき天気予報をチェックしたら雨が降るかもしれない感じですよ。

石 もちろん雨の量にもよるけど、やっぱり傾向としては距離短縮で臨んでくる馬。あとはパワフルな馬場で良績を挙げている馬は狙い目と言えるね。一概には言えないけど、北海道の洋芝とか、去年末の中山で好走している馬なんかいいと思うよ。

編 なるほどね〜。馬場からだけでも、狙い目がはっきりしてくるんですね。

石 馬場からだけというより、詰まるところ馬場とコース形態でしょ、競馬の予想は。そこに適性が表れるわけだからさ。

編 ふ〜ん。

石 理解してないだろ(笑)。

編 まあ、それはおいおい(笑)。さ、色々と突っ込まれないうちに、今週末の話に移っちゃいましょう。

石 なんだそりゃ(笑)。

編 今週末は東京芝1600mを舞台にヴィクトリアマイルが行なわれますね。このレースも当然さっきの距離短縮とか、パワー馬場得意の馬が狙い目になるわけですよね。

石 全部が全部そうではないけど、狙って面白いのは間違いないよ。

編 では具体的にどの馬を狙うのか、さっそくお願いします。

石 了解。まずはウエスタンメルシー。

編 さっそく距離短縮馬で、去年の暮れには中山でも勝っていますよね。

石 そうだね。前走は9着に負けたとはいっても、内枠からのスタートで道中もずっと内々。最後は前がふさがってまったく追えていないからね。それにしては勝ち馬との着差もないし、巻き返しはある。

編 しかも中山での好走実績も加味すると……

石 3走前だよね。あれが馬場改良後の中山開催初日で、その影響もあってかなりパワフルな馬場だったよね。勝負予想の見解にも書いたと思うけど。

編 ええ。たしか「馬場の路盤から改造したことで、かなりクッションの効いた力の要る馬場になっているだろう」的な話でしたよね。実際、ふたを開けてもその通りの馬場でした。

石 初日ということもあって前残りの競馬になっていたし、特にこのレースはかなりスローで同馬以下の2〜6着馬はすべて先行馬。それを中団から差し切っちゃうんだから、さすがに1000万クラスでは力が違ったということだし、ああいうパワーの要求される馬場への適性も非常に高いのもわかるよね。

編 そうですよね。

石 もともとダートで勝っているだけのパワーの持ち主だし、今の東京の馬場は非常に合う。前走でまともに走れなかった鬱憤を晴らす走りを期待したいね。

編 全然人気もなさそうですし、妙味を考えてもぜひ好走を見せてほしいです。

石 続いてはスマートレイアー。前走が1400mの阪神牝馬Sだから距離延長になるけど、この馬のベストは1800m。

編 ええ、全5勝中1800mで3勝を挙げていますよね。

石 そう。今回の馬場を走るにはちょうどいい実績。重賞のクイーンCも1800mだよね。

編 はい、3着に好走したレースですよね。……あ。

石 そう(笑)、洋芝の札幌1800mね。去年は8着に負けちゃったけど、直線で挟まれてまともに追えていない。度外視でいいよ。そもそも今回とは馬場も違うし。

編 前走をひと叩きされた上積みも期待ますし、去年よりも人気を落としそうで配当的にも楽しみですね。

石 あとはバウンスシャッセ。

編 前走、中山牝馬Sを勝って距離短縮で臨んできますね。

石 ちょっとスピードが足りないタイプで決してマイル向きではないけど、それがむしろ今の東京芝コースへの適性を感じさせるんだよね。

編 前走も含め1800mで3勝、オークスでも3着に好走しているように、本来は中距離タイプですもんね。

石 それだけの実績馬が本来の調子を取り戻したとなれば、そして馬場も合うとなればこのメンバー相手のG1好走は全然不思議じゃないよ。しっかりチェックしておきたい一頭だね。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということですね。お話を聞いているうちに、週末の勝負予想が俄然楽しみになってきました。 

石 最終的にどういう結論になるのか、期待してお待ち下さい。あ、それと土曜日の京王杯SCにもご注目を。いい穴馬がいるんだ、これが(笑)。

編 お、それは楽しみ。石橋さん得意の1400m戦ですし、馬場を読み切った東京芝。ヴィクトリアマイルの軍資金稼ぎということで、一発決めちゃってください。それでは石橋さん、お忙しいところどうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はNHKマイルC。一昨年には10番人気のマイネルホウオウを本命に指名。見事優勝を飾って、当時コラムを連載していたnetkeiba.comさんをはじめ、ネットでかなり話題になった思い出のレースですよね。

石橋 武(以下、石) また先週に続いて過去の話を(苦笑)。

編 いやいや、これ大事なんですよ。こういう過去のレースでの実績があるからこそ、どんな人気薄が本命になっても安心して馬券を買えるわけですから。

石 それはあるかもしれないけど、先週も言ったようにこれからの結果が大切なわけだから。

編 その考えもわかってますし、大切だと理解もしています。ただ、マイネルホウオウみたいな穴馬を見つけるのって、はっきり言って僕みたいな素人には無理なんですよ。だからこそ過去にどういう穴馬を選んで成功したのか、なんでそんな穴馬を選べるのか、というのを皆さんに知ってもらって、あるいは思い出してもらって、「じゃあ、今週はこれで思い切って勝負できるね」と感じてもらいたいんですよ。

石 そんなもんかな〜。

編 そりゃそうでしょう。最近になって石橋さんを知ったという方も多い……というか、勝負予想の読者の3分の1は実際そういう方なんですよ。1年、2年と長く続けている方が多いのが石橋さんの勝負予想の特徴でもあるんですけど、この競馬シーズン真っ盛りの時期になって新しい方がどんどん入ってきているんですね。

石 ありがたいことに。

編 そう、ありがたいことです。そういう方に、過去はこういう穴馬を選んで、しかもちゃんと結果を出しているので、どんな馬が本命でも安心して下さいね。と伝えるのは大事なことなんです。そのあたりを石橋さんは本当にわかってない。

石 すみません。

編 たしかに色々な予想家とか予想サイトがあって、過去の実績をことさら大げさに喧伝しているところもありますよ。そして石橋さんがそういうのを嫌っているというのも理解していますけど、極端に過去の実績に触れないというのも、どうかと思いますよ。

石 はい、わかりました。

編 わかればよろしい。

石 ただ、そういう話は打ち合わせのときにお願いします。格好悪いので(笑)。

編 いまさら格好悪いもなにもないでしょ(笑)。で、本題。

石 はい、NHKマイルCね。

編 そのマイネルホウオウのときですけど、たしか当時の勝負レースの見解には「結果はともかく、厳しい流れを経験しているのがいい」的な話を書いていましたよね。それとnetkeiba.comさんの対談では穴っぽいのはスプリント路線から、人気馬は距離短縮で臨む馬がいいということで、フラムドグロワール(8人気3着)を推奨していた記憶があるんですけど。

石 ん〜、見解はあまり覚えてないけど、まあそうだろうね。マイネルホウオウは中山実績のほうが注目されていたけど、実は東スポ杯とかも着順が悪くても評価できる内容ではあったし。ただ、フラムドグロワールは穴馬というより、人気馬のほうの距離短縮組として注目したんだよね。

編 ああ、そうでしたね。で、そういう傾向は今でも変わってないですか?

石 そうだね、去年も17番人気2着と穴をあけたタガノブルグは1200mで2勝、前走も1400mの橘Sだったし。ん〜、ただ去年はな〜。かなり特殊な流れなので、僕のなかではあまり予想の際に重きをおかないようにしているので。

編 ああ、逃げたミッキーアイルがスローのマイペース。2着以下は内枠しか上位に走ってないって言ってましたもんね。

石 そうそう。だから過去の傾向も大切だけど、それを鵜呑みにするんじゃなくて、今の馬場傾向や展開も踏まえたうえで最終的な結論を出せればと。

編 じゃあ、最終結論は週末の勝負予想でお願いするとして、ここでは現時点での注目穴馬をお願いします。

石 そうだね。じゃあ、まずはダノンメジャーに注目しておこう。

編 前走のスプリングSは5着、その前の共同通信杯は12着、その前のホープフルSは9着と、デビューから3戦はいい感じできていたのに、ここにきて成績が停滞ぎみですよね。

石 着順だけみればね。ただ、ホープフルSは内枠の先行馬しか残らない馬場で、ダノンメジャーは後方から外々を回される展開。次の共同通信杯は以上歩様で4コーナーから歩いて戻ってきただけ。前走は3コーナーでバランスを崩して流れに乗り切れずと、敗因は能力、適性とは別なところにあるからね。

編 となると、近3走は度外視として、それ以前の競馬で適性を見せているわけですよね。

石 そうだよ。ダノンメジャーはデビューからの3戦が示すように好位からでも速い上がりを使えるし、特に内回りの競馬らしくレース後半からグッとペースが上がった京都2歳Sでは中団から外々を長くいい脚で追い込む競馬も見せている。

編 どんな流れにも対応できているんですね。

石 そう、瞬発力勝負、持続力勝負ともに好走しているんだ。今の東京の芝コース、そしてメンバー構成だと去年のような緩いペースは考えづらいし、マイル戦らしい締まった流れになれば、この馬の良さが活きてくる。大いに期待したいね。

編 スプリングSの勝負予想の見解でも、同馬の能力の高さについて言及していましたもんね。

石 そうだね。だからここで推しているわけじゃないけど。

編 あとはどの馬をチェックしますか?

石 ニシノラッシュもいいね。

編 前走はクロッカスSを勝利。

石 あれは着差以上に強い内容だったね。溜めが効く競馬ができるのもいいし、瞬発力は一級品だよ。

編 マイルでは長いような気もしますが。

石 たしかに将来的には1200mで活躍するイメージだよね。ただ、一気に2ハロンの延長となった新潟2歳Sでも折り合っているし、字面以上にスタミナを要する1400mの流れで好走できていることを考えると、そう大きな問題じゃない。現時点ではね。

編 ちなみに新潟2歳Sでは、今回も出走してくるミュゼスルタン、アヴニールマルシェに先着を許していますが。

石 ちょっと抜け出すのが早くて、結果的にいい目標にされっちゃったよね。しかもその2頭は併せて伸びてきたし、ニシノラッシュにとってはちょっと厳しい展開だった。たしかに先着した2頭も評価すべきだけど、着差ほどの差はないよ。それに今回は得意の東京コースに戻るわけだしね。

編 たしかに東京芝コースでは【2 0 1 0】と好相性。その点も含めて期待できそうです。

石 あとはクラリティスカイを挙げておこうか。人気のないことを願って。

編 ん〜、微妙ですけどね。穴馬として挙げるには。

石 まあ、そこをなんとかしていただいて、現時点ではこの3頭に注目しておこうかと。

編 わかりました。では勝負予想ではマイネルホウオウ並みの爆弾馬を期待してますね。

石 勝つ馬を本命に推すので、それがふたケタ人気かどうかはなんとも言えないでしょ(笑)。

編 細かいな〜(笑)。そんなことはわかってますって。とにかくビシッと決めちゃってください。それにほら、日曜日は得意の新潟大賞典もありますし。ほら2年連続で当たってますよね、たしか。

石 あ〜、そうだっけ。去年は堅かったし、あんまり記憶が(笑)。

編 人ごとか(笑)。とにかくよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR