※今週は石橋の代名詞でもある天皇賞(春)ということで、取材が多く組まれています。本ブログで石橋の見解を読むのを楽しみにお待ちいただいている方も多いと思いますので、特別に月曜日に公開させていただきました。なお、来週は通常通り木曜日の更新となります。



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はVstyleとの合同企画、お疲れ様でした。おかげさまでVstyle、Sportsmasterではけっこうな反響があったようですよ。

石橋 武(以下、石) へぇ、どんな?

編 長いとか、言い訳するなとか。

石 そっちかよ!

編 冗談です(笑)。それはあくまで少数意見。いや、ホントに。公開したあとは馬場の話は参考になったとか、そもそもエアレーションとかを知らないかたも多くいらしたみたいで。僕もほとんど知りませんでしたし。

石 まあ、そうだよね〜。別に知らなくても馬場の傾向さえ掴んでいれば問題ないわけだしね。

編 でも何をやっているのかを知らないと……

石 そう、細かいところというか、正確な傾向を掴むのは難しくなるかもしれないけどね。ただ、普通に楽しむレベルだったら、そこまで気にしなくてもとは思うけど。

編 なにを言ってるんですか。石橋さんの予想をご覧になる方が普通に楽しむレベルなわけないでしょ。普通以上に詳しくなりたい人、楽しみたい人、あるいは大勝ちしたい人、高配当を当てたいという方がほとんどだと思いますよ。

石 じゃあ、そこまで気にして下さい(笑)。そうか〜、馬場の話は不評だと思ってたんだけどな〜。

編 まあ、興味津々に読むという方よりも、石橋さんの敗因を求めるうえで「そういうことか」と腑に落ちた方が多かったというイメージですね。

石 なるほど。

編 あとは週末の競馬の結果を受けてのコメントも多くて……、ほら、福島牝馬Sでは対談で推奨したリラヴァティ(9人気2着)が、マイラーズCではレッドアリオン(8人気1着)がそれぞれ好走。ちなみにマイラーズCのレッドアリオンは、勝負予想でも本命◎に推してましたよね。レッドアリオンの単勝は2,240円と、二頭流らしい穴馬の激走が見られました。

石 そうだね。3連単98,650円まで当たれば言うことなしだったんだけど(苦笑)。

編 そりゃそうですけどね(笑)。ま、それは今週末に持ち越しということで。なんてったって今週末は、石橋さんが150万馬券(12年)をゲットした大得意レース・天皇賞(春)ですから。

石 あ〜、もうその話はいいや。正直、聞き飽きた(笑)。

編 そりゃ、当事者ですからねぇ。たしかに毎年この時期には同じような話を何度も聞かれちゃうんでしょうけど、知らない方だっているわけですから。あの本命◎ビートブラック(14番人気1着。単勝1万5960円)からの買い目を。

石 もういいって(笑)。過去にどんな馬券を獲ったかじゃなくて、これからどんな高配当が当てられるかのほうが大事なわけだからさ。

編 あ、正論言っちゃった(笑)。

石 だって、その通りじゃん。

編 でも、得意なレースだというのは言ったほうが……

石 いいんだよ、わかっている方にはわかるんだから。さ、というわけで、「今年の」天皇賞(春)の話を始めますよ。

編 は〜い。今年はビートブラック級の穴馬はいます?

石 しつこい(笑)。まあ、どの程度の人気になるのかはさておき、面白い穴馬はけっこういるよ〜。というか、現時点で狙ってるのって、6頭に目をつけてて、そのうちの5頭は人気がなさそう。超楽しみだよ。出走馬の想定を見ながらニヤけちゃったもん。

編 気持ちワルっ! あ、間違えた(笑)。いいですね〜。

石 わざとらしいわ(笑)!

編 てへ。ではさっそく天皇賞(春)の注目穴馬をお願いします。え〜と、6頭に絞れたんでしたっけ?

石 全部は言わないよ(笑)。まだ粗いフィルターにかけただけの段階だから。いつも通り3頭の穴馬を挙げさせてもらいます。

編 あ、やっぱり(笑)。では3頭で我慢しましょう。それではお願いします。

石 了解。まずはラブリーデイ。

編 ラブリーデイ!? とんでもないところから来ましたね〜。3000mを走った前走も途中で止まっちゃいましたよね。

石 阪神芝3000mと京都芝3200mはコース形態から要求される能力というか資質が違うからね。阪神芝3000mは内回りコースで2度の坂越え。一方の京都芝3200mは向正面から3コーナーにかけての坂を2度上ることになるけど、急坂でもないし、上り切ってからはずっと下り。しかも外回りで緩急がつきやすい。つまり息が入りやすいコース形態をしているんだ。阪神とはスタミナの消費がまったく違う。

編 そんなもんですかねぇ。

石 そんなもんだよ。しかもこの馬は他馬よりも早めに仕掛けていくタイプだよね。

編 ええ。

石 3〜4コーナーにかけての下りで加速しやすいのと、前がとまらない京都の馬場も見方につけられる。この馬は先行して最後に切れ負けするっていうのが負けパターン。これをカバーできるんだ。

編 ああ、そういうことか。下り坂で加速しやすいのは他馬も同じですけど、先に仕掛ける強みがあると。

石 いや、これが他馬も同じというわけではない。瞬発力を活かすタイプになればなるほど下り坂で加速するのは下手な馬が多い。加速するのが下手というか、スピードを持続させられないというか。

編 ラブリーデイはそれができると。

石 京都記念を走ったでしょ? あれが初の京都だったんだけど、外回りコースで下り坂を利用してうまく加速してきたからね。たしかに前残りの競馬ではあったけど、前に行ってメンバー中上位の上がりでまとめたのは評価できる。

編 あとはやっぱり距離が不安なんだよな〜。

石 そんなに心配かね。そりゃ、めちゃくちゃなハイペースを追いかけたらタレるだろうけど(苦笑)、道中の流れは当たり前だけど京都大賞典よりもラクなわけだし、この馬は厳しいラップになりやすい中山芝2000mでも前から脚を伸ばせる能力がある。おそらく今回もメンバー構成から前半は緩く流れて2周目の3コーナーあたりからギュッと締まった流れという、(天皇賞・春では)毎度お馴染みの展開になると思うんだけど、十分に耐えられるだけの能力、適性は示してきているからね。僕は全く心配してないよ。

編 じゃあ、僕も心配するのはやめます(笑)。先行から早め抜け出しでスムーズに加速、止まらない馬場を味方にゴールまで突き進むというイメージですね。

石 まあ、そう簡単に言われるとあまりに理想的すぎるけどな。でもまあ、そういうことだね。

編 あとはどの馬に注目します?

石 デニムアンドルビー。

編 お、牝馬。

石 このご時世に牝馬も牡馬もないでしょ。むしろ牝馬のほうが強いくらいだわ。ブエナビスタやらジェンティルドンナやら。

編 ウオッカにダイワスカーレット。まあ、たしかに(笑)。

石 デニムアンドルビーは京都で3回走って勝ち鞍がないんだけど、未勝利戦で出し抜けをくらったのと(2着)、内回りの秋華賞で持ち味を発揮できず(4着)、それともうひとつは道悪のエリザベス女王杯で差し届かず(5着)と、敗因ははっきりしている。というか、エリザベス女王杯の加速を見ても、むしろ得意なコースだと思うよ。少なくとも阪神よりは走りやすいでしょ。

編 あ、そうなんだ。てっきり苦手なのかと。

石 全然。それに牡馬相手の厳しいレースのほうが、この馬の瞬発力を活かせるしね。

編 たしかに3歳時にジャパンC2着という実績がありますよね。ただ、近走はそれこそ牡馬相手のG1で足りない競馬が続いているような……。

石 表面上はね。ただ、去年の宝塚記念はスローで差し届かず、天皇賞(秋)は窮屈なポジションでまともに追えず、ジャパンCは特殊な流れで力を発揮できず、有馬記念はドスローで前が詰まるという内容。まともに走れていないだけなんだよ。たしかに前が詰まる云々も含めて、不器用なところがある馬なんだとは思う。でも京都の外回りコースは馬群もバラけるし、この馬の瞬発力はフルに活かせる。巻き返せるだけの下地は整っているよ。

編 なるほどね〜。

石 あとはフェイムゲーム。

編 去年は6着だったんですよね〜。

石 スタートで遅れて流れに乗れなかったからね。ただ、それにしてはよく追い上げてきたよ。ダイヤモンドSは相手関係もあるし、連勝しているように得意コースでもあるから、特段高く評価する必要はないけど、3走前のアルゼンチン共和国杯は道中早めから仕掛けて押し切るという横綱相撲。京都での走り方にマッチするような加速で、人気もない今回は狙いどころだよね。

編 わかりました。やはり天皇賞(春)には石橋さんも力が入っているのがよくわかりました(笑)。

石 え、そう?

編 話す速さと量がいつもと全然違う(笑)。

石 あら、そういうものなのね(笑)。

編 これでますます週末が楽しみになりました。どんな穴馬が本命に推されていても、絶対にビビらずに勝負に向かいます! ありがとうございました!








-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はスペシャル企画ということで、Vstyleさんと合同で土日の重賞について一気にお話ししていただこうということになっております。

石橋 武(以下、石) 福島牝馬SとマイラーズCね。あ、ちなみに日曜日のもうひとつの重賞フローラSはスポーツマスターの編集部通信でお話ししていますので、興味のある方はご覧下さい。誰でも無料で読めますので。

Vstyle担当編集者 よろしくお願いします。進行は慣れている方がいいだろうということで、僕は存在を消して担当編集さんにお任せしようと思います。

編&石 えっ!?

編 いやいや、僕が謙遜の意味も含めて「えっ!?」と言うのはいいですけど、石橋さんが「えっ!?」って言うのはどういうことですか(笑)。

石橋 武(以下、石) 「謙遜の意味も含めて」って、いやらしいな〜。本音が出たな(笑)。

Vstyle担当編集者 たしかに(笑)。

編 ふたりに突っ込まれると弱いな(笑)。まあ、というわけでお願いします。まずは牡馬・牝馬ともにクラシック第一弾が終わりましたが、そのあたりからお聞きしましょうか。え〜、石橋さんは桜花賞、皐月賞ともに外したわけですが、一体どうなってるんでしょう。

石 そうですね。そこはちゃんとお話ししないといけないですね。そのつもりで来ましたし。

Vstyle担当編集者 しかも桜花賞はちょい荒れ、皐月賞は大荒れという事前の見解でしたよね。

石 え〜と、責められますね(苦笑)。では、そのあたりも含めて。まず桜花賞に関しては人気の本命◎クイーンズリング、穴馬の本命◎アンドリエッテという布陣だったんですけど、ともに差し届かずという形で外しました。

編 そうでしたね。近年稀にみるスローペースで。

石 もう、敗因はそこに尽きますね。もちろん、もしハイペースで流れていたら当たったかどうかというのは実際にやっていないわけですし、なんとも言えないところですけど、あの超ド級のスローには参りました。本音を言えば内にいて、かつスタートも良かった△ムーンエクスプレスに行ってほしかったというのはありますよね。

編 あの日は一緒にレースを観ていましたけど、「ムーン(エクスプレス)行けよ、大バカもの!」って怒鳴ってましたもんね。

石 それ、バラさなくていいです(苦笑)。まあ、それくらいもどかしかったということで。正直、人気馬の取捨、穴馬の選択も含めてかなり納得のいく予想でしたし、相当自信もあったんですよ。まあ、当たるだろうなと。

編 ああ、人気馬に関しては、△ルージュバックはかかるので、初の多頭数競馬で危ないところがある。キャットコイン(7着)は能力的に不安、ココロノアイ(10着)はスピードに不安。狙うならオークスという見解で。

Vstyle担当編集者 実際、△ルージュバックは石橋が懸念された通り、かかって◎アンドリエッテの邪魔をする始末(苦笑)。あ、すみません。しゃべっちゃいました。

編 どうぞどうぞ(笑)。

石 桜花賞に関しては、あそこまでのスローになるとは読めなかったというのが敗因。まあ、今さら何を言っても言い訳ですね。

編 いや、それは違うと思いますよ。なんで外れたのかを知っていれば、予想をご覧になる方も安心して馬券を買えると思うんですよ。

Vstyle担当編集者 そうそう。競馬なんで100%はないっていうのは、当たり前ですけど読者の皆さんがいちばんわかっているんです。ただ、なんで外れたのかもわからないまま賭けるのは、いくら今まで高配当を当ててきたとは言っても怖いものなんですよ。

編 そういうことです。では次は皐月賞。

石 もうこれは反省しかなくて、皐月賞というよりも中山開催に関してですけど。

編 ちなみに皐月賞は人気の本命◎サトノクラウン(1人気6着)、穴馬の本命◎クラリティスカイ(10人気5着)でした。

Vstyle担当編集者 本命◎クラリティスカイはびっくりしました。

石 逃げると目されていた△スピリッツミノルは別にテンから速い馬ではないので、◎クラリティスカイが行く可能性も考えていて。

編 ◎サトノクラウンは4コーナーでの不利が痛かったですね。勝った△ドゥラメンテに大きく外に振られて。

石 まあ、あれがなくても勝負になったかどうか。ただ、◎クラリティスカイに関しては、納得ですね。

編 納得というのは予想に? それともレース内容に?

石 両方です。結果は外れなんで、いばって言うことじゃないですけど。

編 じゃあなんで、さっき反省しかないと言ったんです?

石 さっきも言ったように、皐月賞だけではなくて中山開催が反省なんだよね。

編 どういう点で?

石 ちょっと前から振り返るけど、いいかな?

編 はい、お願いします。

石 去年の秋に路盤改良工事が終わって12月から新しい馬場になったじゃない?

編 ええ。

石 その時は完璧に馬場が読めていたんだよね。だからほら、けっこうデカイ馬券も当たってたでしょ。

編 けっこうどころじゃないですね(笑)、特大万馬券でしょ。ホープフルSの34万馬券と年明けもフェアリーSで48万馬券的中ですから。それに5万、10万の馬券を挙げたらキリがないほどで。

石 キリはあるけどね(笑)。で、まだ工事の影響でどういう馬場になるのか、みんながわかってないうちにうまいこと稼げたわけなんだけど、2月の東京開催を挟んだ、2回、3回中山開催。

編 先週までの開催ですね。

石 そう。ここで馬場を読み誤るんだよ。しかも最終週までそれが修正できなかったというていたらく。

編 具体的にはどう見誤っていたんです?

石 簡単に言うとね、こういうこと。
12月開催……馬場改良工事の影響でクッション性の高い馬場(力のいる馬場)
1月開催……馬場が使い込まれて、クッション性が亡くなってくる(馬場が締まってくる)

石 ここまでは読めていたんだよね。さっき言ったように。

編 ええ、フェアリーSとかの馬場ですよね。

石 で、問題は次。僕の予想ではこうだった。
3月開催……上記に引き続き締まった馬場、かつ低温で芝の育成状況も悪かったため馬場も荒れぎみ。徐々に差し傾向に。
4月開催……馬場はさらに荒れて差し傾向がより顕著に。

編 え、違うんですか?

石 違ったんだ。実際はこうだった。
3月開催……低温の影響で芝の育ちは悪いものの、クッション性が回復。結果、12月開催と同じように差し馬が台頭。ただし、内差し。
4月開催……クッション性が失われ締まった馬場に。先行、内有利のスピード馬場に。

編 真逆だったんだ。

石 そう。本来、というか今までは開催が進むにつれて内が荒れ、外差しにシフトするというのが馬場の傾向だったんだけど、今は開催が進むにつれ内伸び、内差しの馬場になるんだ。しかもこの春の中山開催は雨が多くて、それに引っ張られたというのもある。お恥ずかしい話で。

編 石橋さんがよく言うエクイターフの影響ですか?

石 それとエアレーション(馬場にクッション性を持たせる作業)の相互作用だね。

編 それで最終週はクラリティスカイを含め、ガラッと狙いが変わっていたんですね。

石 そうなんだ。もちろん全部が全部外れたわけじゃないんだけど、そういうことではなくて、雨が多かったにせよそれ(馬場の変遷)ぐらいはわかれよと。

編 でも今まで真逆というのは、なかなか気づけないでしょ。

石 いや、エクイターフもそうだし、エアレーションも知っていたんだから、気づかなきゃダメ。相当恥ずかしいよね、これは。

Vstyle担当編集者 とは言っても、中山だけでも、ちょいちょい5万馬券だなんだと当たってますからね。

石 全部ダートだったりして(苦笑)。

編 たしかに(笑)。ちなみに次の東京、京都開催の馬場はどうなんでしょう?

石 金曜日のJRAの発表を待たないとなんとも言えないけど、エアレーションはやっているだろうから、いつも以上に注意深く馬場の変化をチェックしておくよ。

編 はい、お願いします。一昨年、去年とこの開催はかなりの良績を挙げているので、また一発、二発とデカイのをお願いしますね。

Vstyle担当編集者 Vstyleでもお願いします!

編 ということで、そろそろ今週末の2鞍について伺っていきましょうか。まずは土曜日の福島牝馬Sについて、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 了解です。ちなみに福島芝コースもエクイターフに張り替えた影響で、開催が進んでも内が伸びる。以前みたいに大外を回ってみたいな競馬がなくなっちゃったのは、ちょっとツマらないよね。

編 じゃあ、素直に小回りコースらしい予想でいいんですか?

石 ん〜、キミの言う素直な予想というのがどんなものなのかはわからないけど(笑)、基本的には先行、内有利。ただしメンバー構成によっては急に締まった流れになるので要注意という感じかな。

編 それが素直な予想です(笑)。で、今回の注目穴馬は?

石 けっこういるんだよな。どれにしよう。

編 じゃあ、全部で(笑)。

石 そうはいかない(笑)。OK。じゃあ、まずはグレイスフラワー。

編 ちょ、ちょっと。いきなりさっきの内、先行有利と反対の馬じゃないですか。

石 あくまで基本的には、でしょ? 傾向がすべてじゃないから。それにこの馬は前からでも競馬ができるしね。

編 1800mで前に行けるかな〜。

石 だから行かなくてもいいんだって。グレイスフラワーは中央に復帰後、内回り(小回り)、外回りにかかわらずコンスタントにメンバー中上位の上がりを繰り出している。とくに直線の長い新潟、中京での上がりのパフォーマンスは素晴らしいよね。

編 だから小回りの今回は真逆じゃないですか。

石 しつこいな(笑)。たしかにコース形態は真逆と言ってもいい。ただ、福島牝馬S自体、差し馬が勝ち切るペースになることが多く、さらにこの馬は福島でも、新潟、中京でも最速上がりを出している。つまり一瞬の切れではなく、速い上がりを維持できるタイプなんだ。

編 ペースが上がればこの馬のレースになると。

石 簡単に言えばね。前走は馬群を捌きながらの進出で差を詰め切れなかったけど、スムーズならもっとやれていた。叩き2走目となる今回はさらに期待できるよ。

編 そういうことか〜。

石 あとはやっぱり先行馬もマークしておきたいね。

編 ということは?

石 フィロパトール。福島が得意で、ここで走るといつもパフォーマンスを上げてくるよね。

編 たしかに。

石 それとリラヴァティも忘れずにチェックしておこう。G1ではさすがに家賃が高かったけど、もともと重賞でも通用する能力の持ち主だし、格上挑戦とはいえ、牝馬同士で福島のコース形態なら粘り込みを警戒しておかないとね。

編 やばっ! 時間がない。急いでマイラーズC。

石 だから最初の話が長過ぎるんだって。

編 いいから、早く!

石 はいはい。じゃあ、エキストラエンド。前走は渋って力のいる馬場で伸び切れなかったというか、勝ち馬に離されたけど、軽い京都は最も得意とするコースだからね。巻き返しが期待できる。

編 前走は勝ったモーリスは抜けていましたけど、2着馬とはクビ+クビ差ですからね。というか、人気じゃないですか?

石 いや、他に人気になりそうな馬がいるから、そうでもないと思う。

編 じゃあ、良しということで。

石 偉そうに(笑)。

編 続いては?

石 レッドアリオン。去年のこのレースは4着までだったけど、1年経って成長しているのがよくわかる。

編 馬体重からして違いますもんね。

石 さすがに490キロ台になると重くて結果が出ていないんだけど(笑)、480キロ台に絞ってきた前走は余裕の勝利。前に行くにせよ、後ろからの競馬になるにせよ、揉まれないことが大前提にはなるけど、そこさえクリアすれば好勝負になるよ。枠順は気にしたほうがいいね。

編 外めの枠なら良しと。

石 内でも突っかかってくる馬が近くにいなければOKだけど、まあ、外枠がベストだね。

編 あとは?

石 ロサギガンティア。やっぱりマイル以下の距離がベストだよね。

編 去年の春はクラシックもあって2000mまで走りましたけど、やっぱりマイラーですか。

石 将来的にはもっと短いところになるかもしれないけど。前走の1400mも合うはずなんだけど、スタートで遅れたのが痛かったね。展開的に前残りだったから。

編 たしかに。

石 1600mなら前走よりも流れに乗りやすいし、人気を落としたここであっさり勝利も十分あり得る。それだけの能力も適性もあるよ。今までは運の悪さもあって勝ちみに遅い印象があるけど、能力さえ出せれば勝ち負けになるよ。ふう、とまあ、こんな感じでしょうか。

編 了解です。いや〜、長々とありがとうございました。

石 いえいえ、これくらいならいつでも。

Vstyle担当編集者&編 ウソつけ(笑)!

編 石橋さんのスケジュールを抑えるのにどれだけ苦労したか。

石 すみません。やっぱりさっき話した馬場のこともあって、分析に時間がかかっちゃって。

編 まあ、それなら仕方ないんですけど。とにかく、今週からの東京、京都開催はお願いしますね!

Vstyle担当編集者 来週から6週連続GⅠですしね。

編 そうですよ。勝負予想の購読お申込もすごいらしいじゃないですか。

石 おかげさまで、過去最高みたいです。人数が増えるから予想がどうこうというのはないんですけど、それだけ期待していただいているからには結果を残さないとね。

編 そういうことです。マジでお願いします!

石 今週から乞うご期待!

Vstyle担当編集者&編 ではこれからのG1開催2カ月間に期待しつつ、今週はこのあたりで締めましょう。石橋さん、どうもありがとうございました。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、久々に天気のことを心配しなくていい週末になりそうですね。

石橋 武(以下、石) 事前に予想を配信しなきゃいけない立場としては、ホント助かるわ。

編 ですよね。前日に雨が降っていると馬場の傾向まで予想する必要がありますからね。

石 うん。まあ、馬場のせいだけで外しているわけじゃないけど(苦笑)。

編 ああ、桜花賞(苦笑)。人気馬の取捨に関しては完璧でしたけどね。勝負予想の見解を読んでびっくりしましたもん。ルージュバックは初の多頭数でかかる不安があるので△まで。キャットコインは能力的に厳しくて無印。ココロノアイはスピード不足で狙うならオークス。桜花賞では無印。「おお〜、人気馬をそんなにばっさり切っちゃって」と思いましたけど、それがことごとくその通りになりましたからね。

石 ああ、それVstyleの対談でも言ったけど、外した時点、本命馬が馬券に絡まなかった時点で意味ないから。詳しくはあちらの対談に譲るけど、本命馬が勝つ展開で消えてないとね。

編 その本命馬ですが、人気の本命がクイーンズリング。穴馬の本命がアンドリエッテということでしたが。

石 そうね。まあ、そもそもあそこまでのスローになるというのを読み切れなかった時点で予想としてはアウトなんだけど、特にアンドリエッテは道中下がるルージュバックに詰まってポジションを悪くしたのが痛かったね。それでもメンバー中最速の上がりを使っているだけにもったいなかった。クイーンズリングはスローの上がり勝負についていけなかったね。

編 さすがにあの展開は読めなかったですか。

石 ある程度スローだとは思ってたけど、△ムーンエクスプレスがあんなに控えめに乗るとは(苦笑)。ん〜、ただこれに敗因を求めちゃうとジョッキーと同じになっちゃうからね。

編 ああ、スローで動けなかった的な(苦笑)。

石 きっちり修正して出直します。すみませんでした。

編 はい、お願いします! ということで前を向いていきましょう。

石 さすがポジティブ。

編 お互い様です(笑)。さて、皐月賞なんですが、メンバー的にもひとクセもふたクセもありそうなレースになりそうですね。

石 枠順を見てから話したいよね(笑)。

編 そこをなんとか今日でお願いします。月曜日の段階で穴馬をチェックするのは大変だと思うんですけど。

石 まあ、それを言っても仕方ないか。よし、始めよう。

編 はい、よろしくお願いします。現時点での注目穴馬をお願いします。

石 了解。じゃあ、まずはスピリッツミノル。

編 ここ3戦、逃げて連勝中ですね。

石 そうだね。先週は雨の影響もあったので、今週が前残りの馬場なのかそれとも差しが効くのかというのは土曜日に改めてチェックするけど、単純に皐月賞でこの先行力は魅力だよ。ほかになにがなんでも行きたいという馬は見あたらないし展開的にはかなり面白い。

編 たしかに。

石 それに逃げ馬にとっては厳しい中京芝コースで好走している点、そして前走のパワーを要する馬場でも最後までしっかりと走れていた点は評価すべき。馬場傾向に左右される面はあるけど、逃げ馬を狙う時点でそのリスクはつきものだから。

編 そうですね。あとは当日にどういう評価になるか注目ですね。続いては?

石 ブライトエンブレム。

編 ん〜、穴馬選びという観点からは、どこまで人気になるか心配ではあるんですが。

石 枠にも左右されそうだよね。外枠ならある程度人気しちゃうかもしれないけど、出遅れるだけに内枠だと人気を落としそう。ただ、仮に外枠に入ったとしても、5〜6番人気じゃない?

編 ん〜、4〜5番人気と見てますけど。まあ、良しとしますか。今回と同じ中山芝2000mで2着に好走した弥生賞は久々でも強い競馬を見せましたよね。

石 そうね。いつものようにスタートは遅かったんだけど、最後はきっちり伸びてきた。札幌2歳Sも長くいい脚を使って追い上げてきたように、中山のように瞬発力ではなく持続力を求められるコースを得意としているよね。反対に一瞬の切れを要求されるとツラくなるんだけど。

編 後方からということは、ペースが速くなったほうがいいということですよね。

石 いや、一概にそうとも言えないんだけど。今の中山の馬場っていったんスピードに乗るとなかなか止まらないんじゃないかなと思って。まあ、さっきも言ったように詳しくは土曜日の競馬でチェックするけど。そうなるとブライトエンブレムがいくら長くいい脚を使っても差し届かないよね。かといって先週の桜花賞のようなスローだと瞬発力が足りない。

編 好走の条件が厳しいですね(苦笑)。

石 そんなことないよ。中山芝2000mはスタンド前の坂下からスタートして、向こう正面から最後の直線にかけて下るというコース設計。つまりいきなりの急坂超え、そして道中から下り坂の厳しいペースを強いられて、最後にもう一度急坂超えというタフなコースなんだけど、そのぶんとんでもないハイペースにもスローにもなりづらいからね。あ、もちろんどんなペースにもなり得るのが競馬だから、いつもブライトエンブレム向きのペースになると言っているわけじゃないよ。

編 はい、そこは理解してます。

石 ブライトエンブレムはそういうタフなコース、流れでこそ強みを発揮するタイプだし、狙ってみたい一頭だね。

編 なるほど。

石 で、もう一頭といきたいところだけど、さっきから言っているように枠順にかなり影響されるレースなので、残りは勝負予想までお待ちいただけないかと。

編 え〜。マジっすか。

石 マジっす。だっていまここで名前を挙げても、結局枠順を見たら「ないわ〜」ってことがあり得るコースなんだよ。でもその馬も(一度公表しているだけに)週末の買い目に入れざるを得ないじゃない。

編 たしかにそれは困ります。

石 ね? なので、今日のところはここまで。勝負予想できっちり決着をつけますので。

編 ん〜、わかりました! では、今週末も期待してますね。お忙しいところありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



石橋 武(以下、石) ごめん! 本当に申し訳ない。読者の皆さん、申し訳ありませんでした。1日遅れでの公開となってしまいました。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 相当忙しいみたいですね。って、まったく先週と同じ状況になっちゃってますけど(笑)。

石 あ、先週もか〜。ホント申し訳ないです。今週で落ち着くはずなので来週は大丈夫だと思うんだけど……。

編 なんですか、その自信なさげな感じは(笑)。

石 いや、この時期は突発的に取材だなんだが入ったりするので……。ただ来週はこの対談を最優先に考えます。

編 はい、よろしくお願いします。お時間もなさそうなので、さっそく本題に入ろうかと思うんですけど。

石 そうですね。え〜、桜花賞。

編 はい。いつも通り注目穴馬をお願いします。

石 どこから穴馬と呼んでいいのか微妙なレースではあるんだけど、まずはローデッドかな。

編 フェアリーS2着、フラワーC5着という実績ですよね。ただ、スタートでいつも後手を踏んじゃう馬なので……。

石 まあ、スタートに関しては出遅れ前提で考えているよ。ただここ2走はトリッキーな1600mも含め、出遅れたロスが響く中山で善戦。これが一瞬の切れを武器にするタイプならそれもまだわかるんだけど、この馬は長くいい脚を使うタイプでしょ。

編 ええ。中京での未勝利戦も先行から渋太く脚を伸ばして押し切りましたからね。

石 そうだね。そういうタイプだけに中山から直線の長い阪神に替わるのは大きなプラスだし、出遅れても中山よりはカバーしやすい。このコース替わりは大きいよ。

編 ええ、そうみたいですね。早めの仕掛けからどこまで粘れるかの勝負になるんでしょうけど、たしかに面白い一頭ですね。

石 続いてはクルミナル。

編 前走はチューリップ賞で惨敗しちゃってますよね。

石 あの馬場だろうね。持ち前の切れをまったく発揮できていなかったよね。ただそのおかげで人気を落としてくれるし、この馬もスタートが上手いとは言えないけど、それをカバーできる瞬発力がある。

編 さっきのローデッドとは逆のタイプですよね。

石 あ、気づいた? そうなんだよ。これが人気馬だとどういう展開になるのか、そしてどういう馬が勝つのかを決める必要があるんだけど、今選んでいるのは穴馬だからね。少なくとも現時点では展開にも幅を持たせておいたほうがいいし、どちらかがコケてもどっちかは好走という目も押さえておきたいからね。

編 そうですよね。

石 あとはテンダリーヴォイス。さっきの2頭とは打って変わって非常に器用なタイプ。なんと言うかな、外から見ていても動きたいときにスッと動けるよね。これは3歳春の時点では大きな武器だよ。

編 わかりました。では続いて人気馬について……

石 は? 人気馬も?

編 そうです。2週続けて遅れたペナルティです。

石 いや、現時点で人気馬を取捨するのは無謀だって。

編 だって、昨日のお知らせで言っちゃいましたもの。

石 言っちゃったって言われても……。

編 あ、じゃあこうしましょう。石橋さんが勝負予想で買うかどうかは別として、僕が言った馬について評価する点だけを教えて下さい。

石 人気馬なんて基本は買っとけばいいんだよ。

編 そのわりにはよく人気馬を切ってるじゃないですか。あ、この人気馬はいらないんだというのは、馬券を買う側からすればいい情報なんですから。

石 人気馬を切ってるのは、勝負予想での話でしょ? そりゃ、いらない人気馬、危険な人気馬は着るけどさ〜、現時点でそれをやるのは厳しいって。

編 だから、評価する点だけ教えてくれればいいですって。買う買わないは勝負予想の配信で確認しますから。

石 ん〜、わかったよ。ただ3頭までにして。それとその3頭に関しての最終評価はあくまで勝負予想を参考にして下さい。ここで評価しても買わない可能性がありますから。

編 わかってますって。あくまで僕が選んだ3頭についてのお話をうかがうだけなので。

石 混乱のもとでしかない気がするんだけど……。

編 大丈夫ですって。はあ、行きますね。まずはやっぱりルージュバック。

石 評価する点ね?

編 はい。マイナス点は言わなくていいです。

石 評価する点って、まあ、強いことだよね。

編 こら(笑)。

石 だってそうじゃん。新潟、東京、京都と3戦とも違う競馬場でメンバー中最速の上がりを使ってるんだよ? しかも牡馬相手に。

編 ただ急坂のあるコースで走ったことはないですよね。

石 こら、何を言わせようとしてるんだよ(笑)。評価する点だけだろ。

編 うわ、引っかからないし(笑)。では続いてココロノアイ。

石 阪神マイルで実績が豊富なのはいいし、仮に馬場が渋っても対応できるからね。栗東に滞在しているのも3歳牝馬にとっては大きいでしょう。

編 そうですね。輸送がないのはいいですよね。

石 あとは出遅れグセかな。人気馬として気になるのは。

編 まあ、枠も外になりましたし、出遅れて揉まれることはないでしょうからね。

石 まあね。

編 じゃあ、最後にキャットコイン。

石 ん〜、すごく不安定な競馬をするんだけど、それでも3戦3勝というのは能力の高さの表れだよね。

編 不安定?

石 と、僕には見えるよ。まあ、強いよ。はい、以上。各馬の本当の評価は勝負予想で確認して下さい。

編 は〜い。では石橋さん、来週はちゃんと木曜日に公開できるように頑張って下さいね。

石 がんばります。

編 あ、あとSportmasterの編集部通信で石橋さんが取り上げられているみたいなので、興味のある方はぜひとスタッフの方が言ってました。

石 ああ、見解がどうのって言ってたな。あれ今週だったか。

編 というわけで、石橋さん、今週末の勝負予想もよろしくお願いします。ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


毎週、毎週の同じようなお知らせで大変心苦しいのですが、今週もクラシックシーズンまっただ中ということあり、石橋のスケジュールが確保できておりません。
今晩〜明朝にかけて対談を行なう手はずを整えますので、今週も金曜日の夕方の公開とさせていただきます。
そのかわりといってはなんですが、今週は桜花賞について、穴馬だけではなく人気馬についてのコメントも取ってきますので、どうぞよろしくお願い致します。

せっかくご訪問くださったのにも関わらず、お待たせしてしまい大変申し訳ありません。
金曜日夕方の公開まで今しばらくお待ち下さい。

石橋 武(以下、石) ごめん! 本当に申し訳ない。読者の皆さん、申し訳ありませんでした。1日遅れでの公開となってしまいました。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 相当忙しいそうですね。

石 ん〜、ちょっと詰まっちゃいました。ただ、この時期に忙しくないと予想家としてどうなのかというのもあるし(笑)、ありがたいことです。

編 たしかに。ただ、僕から石橋さんにひとつ言いたいことが。

石 なんでしょう?

編 え〜、朝の5時から対談を組むのをやめてもらっていいですか(笑)。眠くてしょうがない。

石 すまん(笑)。明日(土曜日)の予想もあるし、この時間しか取れなくて。それにただでさえ1日遅れているので、早めにアップしたいじゃない。

編 それにしてもです(笑)。それともうひとつ。

石 ひとつだけじゃなかったのか。

編 話してたらあれこれ出てきました(笑)。そろそろデカイのを当ててもらわないと。先週の高松宮記念は不的中でしたし、ほかのレースも堅いところだけなんですよね。

石 あ〜、不的中はごめんなさい。結果的に前日段階での馬場の読みを間違えましたね。差し馬場だったんだけど、高松宮記念は前残りという決着で、真逆になってしまった。

編 人気の本命◎ミッキーアイル、△エアロヴェロシティまでは良かったんですけど、ハクサンムーンが抜けでしたからね。

石 そうだね。なんとか取り返します。

編 今週から新年度の4月に入ったことですし、気分一新よろしくお願いしますね。

石 競馬に4月の新年度もなにもない気はするけど、というか、それを言うならダービーだろとも思うけど(笑)、改めて頑張りますのでよろしくお願いします。

編 さて、新年度一発目となりますが、どのレースを取り上げましょう?

石 しつこい(笑)。レースは、……そうだな、ダービー卿CTにしようか。

編 そういえば中山・阪神ともに今週からBコース替わりですよね。やっぱり前残りに注意すべきなんですか?

石 そうだね。基本的には。ただ、ダービー卿CTが行なわれる中山芝1600mに関してはちょっと注意が必要で、このコースはあんまりペースが緩まないんだよ。だからたしかに前が有利であるけど、ちょっとしたペースの変化でズバッと後ろから差してくるケースもある。差し馬だからって盲目的に軽視するのはやめておいたほうがいいだろうね。

編 なるほど。その他で注意点はあります?

石 ん〜、切れる脚はそんなにいらないかな。とくに東京とか京都でものすごい切れを発揮して好走してきたタイプは人気で凡走する可能性が高い。渋太く脚を伸ばせるタイプのほうが狙い目だよ。

編 やっぱりトリッキーなコースだけあって、他場のマイル戦とは狙い目が変わってくるんですね。

石 そうね、とくに主場4場のなかでは特徴が際立って異なるね。そのぶん獲りやすかったりもするんだけど。

編 お〜、楽しみですね。ではさっそく注目穴馬についてお聞きしましょうか。どの馬をチェックしておけばいいですか?

石 まずはウインマーレライをチェックしておこうか。

編 前走は小倉大賞典で大敗していますよね。

石 あれは馬場じゃないかな〜。全然いいところがなかったし、すごく走りづらそうだったからね。気にしなくていいと思うよ。それよりも3歳時のラジオNIKKEI賞とか、あと中山で善戦した3走前、2走前を評価したいよね。

編 ああ、前に行って速めのペースを粘るという、ウインマーレライの得意パターンの競馬ですよね。瞬発力がないのをカバーする競馬ぶりというか。

石 そうそう。それが中山マイルにはぴったりなんだ。さっきも言ったようにスパッと切れる脚は必要のないレースだし、ハンデの55キロも手頃。いつも通りの競馬で好走が期待できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてチェックするのはアーデント。

編 前走は今回と同じ中山芝1600mで好走(ニューイヤーS)。速めのペースを向こう正面から仕掛けて3着に好走したんですよね。

石 そうそう。この馬も切れのなさをカバーするような競馬ができるよね。中山コースとの相性がいいのがよくわかる。前走よりも斤量が軽くなるし、重賞でも見劣りはしないよ。

編 あと一頭はどうしましょう?

石 ブレイズアトレイルだね。

編 東風Sの4着馬ですね。

石 結果的に出遅れが響いたかな。それにしては最後よく追いつめてきたけど。

編 この馬って、このレースではあまり魅力がない瞬発力が売りのタイプじゃないんですか?

石 ああ、近走は後ろからの競馬になって上がりが速いからね。ただ、それが東京の長い直線を利したような瞬発力タイプじゃないでしょ。前走にしても中山で速い上がりを使っているわけだし。2走前も京都で速い上がりを使っているんだけど、勝ちに行く競馬ではなく、出遅れから直線だけの競馬に徹して上がりが速くなっただけだからね。

編 ああ、そうか。

石 本来は上がりのかかるレースで相対的に速い上がりが使えるタイプで、ペースの緩まない中山マイルなんかはピッタリの馬なんだ。当然ここでも勝ち負けになる一頭だよ。

編 なるほどね〜。わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで、最終結論は明日の勝負予想でお願いします! あ、もちろん今日の勝負予想もね。

石 当たり前だろ。あ、Vstyleのほうでは、明日の船橋Sについて話しているので、興味のある方はぜひご覧下さい。コラムは無料で読めますので。

編 では、土曜日、日曜日と楽しみにお待ちしてます! ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


読者の皆様、いつも石橋対談コラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今週もいつも通り木曜日更新の予定でおりましたが、競馬シーズンということもあり石橋のスケジュール調整が難しくなっております。
したがいまして誠に勝手ながら、今週の対談は金曜日の公開とさせていただきます。
せっかくご訪問いただいたのにもかかわらず、ご迷惑をおかけしますが、金曜日の更新まで今しばらくお待ち下さい。
今後とも石橋のブログ、勝負予想をよろしくお願い致します。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR