書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、石橋さん、いよいよ始まりますよ!

石橋 武(以下、石) そんなにテンション上げなくてもわかってますよ。いつもこの時間から始めてるのに。

編 違う、違う。対談じゃない。春のG1戦線が始まるんですよ!

石 あ、それでそのテンションね。納得。

編 なにを渋く「納得。」なんて言っちゃってるんですか。ほら、テンション上げていきますよ。

石 いいって、普通で。

編 きっと皆さんもテンション上がってると思いますよ。ほら、石橋さん短距離戦で25万馬券とか、高配当をバンバン当てちゃってるし、桜花賞、皐月賞に向けてもこの世代のホープフルSとかフェアリーSとか、34万馬券だ、48万馬券だと、すごいことになっているので。

石 先週は全然ダメだったけどね。

編 !! ホントですよ。マジで勘弁して下さい。めずらしく全然当たらないんだもんな〜。

石 う〜、ごめんなさい。

編 敗因はなんなんですか?

石 え、敗因? それはレースによって違うけど、全体的には読みというか想定がちょっとズレてたかなと。

編 たしかに本命馬も含め、印を打った馬は上位に来ているんですよね。ただ、ちょっと「アレ」と思ったのが、例えば日曜日だったら中山9Rの千葉Sとか。

石 千葉Sってなんかあったっけ?

編 ほら、人気の本命に推したチェリーヒロインが結果的に7番人気だったり。

石 いや、それは2着に好走してるから(笑)。まあ、本当は勝たなきゃいけないんだけど。それよりも中京10R豊橋特別で穴馬の本命に推したトシストロングが3番人気と全然穴馬じゃなかったのと、しかも5着に負けるというね。そっちのほうがマズかった。結果的に勝ったコウセン(2人気)を人気の本命に推してたとはいえ、穴馬と思っていたのが蓋を開けてみたら人気というのはたまにあるんだけど、掲示板が精一杯というのはね。

編 ちょっと見立てがズレていたと。

石 そうだね。ただ、自分で言ってりゃ世話ないと思われるかもしれないけど、競馬なんでこういう週もあるのよ、実際。あとはそこからどれだけ修正できるかというのが大事なんでね。

編 まあ、1年間は長いですからね。前にも言っていたように、そして実際にあったように、石橋さんはこういうのをちゃんと取り返してくれるので心配はしてないんですけどね。

石 こういう話は取り返した後にしようか。なんかプレッシャーしかなくなるから。

編 じゃあ、来週ですね。

石 わざとプレッシャーをかけてるだろ(笑)。ま、でもそうなるようにきっちり詰めていかないとね。

編 ええ、今週末も期待してます。さ、ここで気分一新ということで、高松宮記念の注目穴馬について伺いましょうか。先週のぶんを取り返すべく。

石 気分一新じゃなかったのか(笑)。

編 冗談ですって。突っ込むな〜(笑)。で、どの穴馬に注目すればいいですか?

石 あ、その前にひとつお断りが。

編 なんでしょう?

石 毎週3頭の穴馬を挙げているんだけど、今週だけ2頭にしてくれないかなと思って。

編 え、穴馬の台頭がないんですか?

石 違うよ、むしろ反対だと思っているけど、週末の天気も気になるところだし、あと枠順を見たいんだよね。

編 枠順ってけっこう影響しそうなレースですか?

石 明らかに影響するでしょう。完全に外枠有利だもん。もちろんそれを鵜呑みにするんじゃなくて、土曜日のレースを見たうえで判断するけど、枠がわからないまま穴馬を挙げるのはちょっと危険なんだよね。このレースは特に。

編 まあ、仕方ないのかな〜。ちょっと残念ですけど。

石 ただ、その代わりといってはなんなんだけど、さっきスポーツマスターの事務所に行ったらさ、ちょうど編集部の本田さんに会っちゃって。

編 会っちゃったって(笑)。面倒な感じで言わないであげてください。

石 面倒じゃないけど、いや、けっこう面倒だな(笑)。今回も色々言ってたし。

編 それでどうしたんですか?

石 ああ、それで今週は重賞が多いから全部の穴馬を言っていけとか言われちゃって。

編 もしかすると、それを読めるとか?

石 そう。いつもの編集部通信で木曜日の夜に更新するからって。

編 おお、本田さん、いい仕事するじゃないですか。

石 ん〜、強引だよね(笑)。なんかあのペースに巻き込まれる。まあ、それはさておき、そういうわけで全重賞の穴馬を何頭か挙げているので、それと合わせてここは2頭でお願いできないかと。

編 そういうことなら勘弁しましょう(笑)。というか、現時点で無理に穴馬を挙げられるより、週末の勝負予想の配信を待ったほうがいいですから。

石 OK。じゃあそういうことで。

編 では改めまして、高松宮記念の注目穴馬をお願いします。

石 了解です。まずはレッドオーヴァルですね。

編 去年のスプリンターズSを3着に好走していますが、その後の2戦が9着、9着と惨敗続きですよね。だから人気がないわけなんですが。

石 ただ2走前は出遅れてずっと内に閉じ込められちゃったし、前走は反対に外々を回らされてたからね。

編 それに馬体重もプラス12キロと仕上がり途上の感もありましたよね。

石 たしにね。道悪だったし、度外視しても問題ない。

編 そういえば去年の高松宮記念も道悪でダメだったんですよね。

石 そうそう。決して中京が苦手というわけではないんだ。道悪がダメなだけで。むしろ外から伸びてくる鋭い脚を考えると、中京は得意なほうだと緒思うんだよね。ほら、去年の夏に札幌芝1200mでメンバー中最速の上がりで連勝してたでしょ。

編 ええ、札幌日刊スポーツ杯とキーンランドCですよね。

石 札幌コースって、小回りのイメージがあると思うけど、コーナーの角度が大きくてずっとゆるいカーブを回っているようなコースなんだ。だから小回りコースに向いた一瞬の切れというよりも、長くいい脚を使えるタイプが好走しやすい。

編 あ、直線の長い中京芝コースとちょっと傾向が似ているのか。

石 そういうこと。阪神芝1400mの阪急杯での好走もあって、坂を苦にするタイプじゃないというのもわかっているし、今回の舞台はぴったり。この馬がG1を獲るならここでしょという感じだよ。

編 お〜、そこまで。

石 もちろん枠順や天気で好条件が必要だけど、それだけの能力と適性はある。期待したいね。

編 そうですね。で、あと一頭は?

石 ショウナンアチーヴかな。

編 前走を見ていると明らかに距離が短かった印象ですけど。陣営もそういうコメントを出していましたよね。

石 そりゃそうだよ。だって1200mを走ったのって未勝利戦以来だっけ? しかもスタート直後から下り坂でペースが上がる中山芝1200mだからね。いきなり対応できてたら、むしろびっくりするわ。だいたいその時点で人気になっちゃうだろうし。

編 まあ、たしかに。

石 中京芝1200mもスタートから下る設計になっているけど、中山芝1200mがスタートから400mで4m下るのに対して、中京芝1200mは600mで3m下るという、(中山に比べると)緩やかな下りなんだ。

編 へ〜、じゃあ、前走ほどの忙しさは感じないと。

石 だね。もともと前半が速くなるタフな流れに強いタイプで、直線の短い中山での活躍が多いけど、長く脚を使える馬なんだよね。負けたとはいえ、ファルコンSでもメンバー中上位の脚を使えているし。前走をひと叩きされた上積みも含め好走が期待できるよ。

編 さすが意外なところから攻めてきましたね。週末が楽しみです。

石 とりあえずはこの2頭で、そうね、あとは週末の勝負予想をお待ちいただければと。

編 あとはスポーツマスターの編集部通信ですね。そちらもしっかりチェックしておきます。ありがとうございました。

石 はい、ぜひ参考にしてみて下さい。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編)  さて、今日は昨日の
ブログで公表したように、Vstyleとの合同企画で土曜日のレースを取り上げていただきますね。

石橋 武(以下、石) そうそう。日曜日のスプリングS、阪神大賞典が少頭数になるからね。

編 じゃあ、当日の勝負予想も?

石 配信するかどうか、微妙なところかな〜。じっくり検討してみて、高配が見込めるようなら出そうかなと思ってるけど。

編 まあ、たしかに重賞にこだわる必要はないですからね。それよりも配当にこだわっていただければと(笑)。

石 配当はこちらで決められないからね。もちろん荒れそうなレースを選んで配信するけど。いずれにせよまずは的中だよ。

編 そうですね。よろしくお願いします。で、さっそくなんですけど、今日はどのレースを取り上げましょうか。

石 ファルコンSにしようかな。中京の芝1400m戦。

編 いいですね。では石橋さんの注目穴馬を教えていただけますか。

石 まずはコパノハート。

編 ダート馬じゃないんですか?

石 走りを見ていると、芝もこなせそうだよ。1200mとか1600mではさすがにどうかとおもうけど、1400m戦ならやれてもおかしくない。それに週中の雨で力のいる馬場になっているし、これくらいのパワーがあったほうがいいからね。

編 なんで1400mならやれるんですか? そもそも1400mは初めてですよね。

石 うん、1400mというのはすごく特殊な距離で、芝のレースでも瞬発力より持続力が要求されるんだ。この持続力はダートで求められる資質と同じで、ダートからの転戦組が穴をあけるケースがすごく多いんだよね。

編 なるほど。だからコパノハートみたいなダート馬を買うのか。たしかこのレースを勝ったブライトラインも穴ではなかったですけど、その後はダート路線で活躍していますもんね。

石 そうそう。ブライトラインね。ただ、こてこてのダート馬じゃさすがにスピードが足りないから無理。ダートも走れるような芝馬というか、ダートもこなせる芝馬が狙い目なんだ。コパノハートは芝が初めてだけど、そういう適性はあると踏んでいるんだ。

編 わかりました。

石 続いてはマジックシャトル。

編 この馬も1400mが初めてですよね。しかもダートでは大敗。

石 たしかに。ただ、3走前に中山芝1200mに躓きながらも5着に善戦しているでしょ?

編 ええ。

石 中山芝1200mというのは、スタート直後から直線までずっと下って、その直線では急坂が待ち構えるという非常にタフなコースなんだ。

編 そっか。スタート直後からずっとスピードを維持していかなきゃいけないんですもんね。下りだから。

奥 そうそう。持続力が求められるんだ。だからほら、スプリンターズSの好走馬にももともとはダートで走っていたという馬が多いでしょ?

編 サンアディユとか。

石 スリープレスナイトとかね。マジックシャトルは前走でも持続力を活かす競馬で小倉芝1200mを勝っているし、今回も好走が期待できるよ。

編 なるほどね〜。

石 あとはアクティブミノル。

編 朝日杯FSの5着馬ですね。

石 そうだね。あの厳しい流れをよく逃げ粘ったと思うよ。能力は高いよね。

編 前に行って掲示板に載ったのはこの馬だけですもんね。1、2着馬は4角ふたケタ番手の馬でしたし。

石 そうだね。一頭だけ1400mのレースをしたという印象を受けたんだよね。その前の京王杯では、1400mにしては珍しくスローになって折り合いを欠いたけど、今回は1400mらしい澱みのない流れが見込める。

編 となれば、先行力を活かした好走が期待できると。

石 そういうこと。前走を見てもスピードの持続力があるのは明らかだし、好勝負が期待できるよ。

編 わかりました。あ、それと、ついでと言ってはなんなんですけど、日曜日のスプリングSと阪神大賞典で、いい穴馬いませんか?

石 ついででする話じゃないだろ(笑)。

編 ほら、ブログの読者も楽しみにしていると思うんですよね。

石 しょうがないな〜。ん〜、阪神大賞典のほうはメイショウカドマツ。スプリングSはキタサンブラックとフォワードカフェ。そんなところかな。

編 了解です。

石 あ、これはブログのほうだけに掲載してね。色々とあるらしいので。

編 ああ、契約的な話ですね。了解です。ではこのあとの勝負予想の配信も楽しみにしています! ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は堅めのうずしおS(3連単11,080円他)、アネモネS(3連単5,030円他)、フィリーズレビュー(3連複4,790円)、中山牝馬S(3連単20,190円)、日曜中山最終(3連単4,820円他)から、中波乱となった播磨S(3連単52,330円他)まで、的中ラッシュ。

石橋 武(以下、石) やめて。嫌みにしか聞こえないぞ(笑)。

編 まあ、配当的に堅かったのは仕方ないですから。ただ、中山牝馬Sの△ケイティバローズ(12人気4着)とか、土曜日の房総特別とかね、穴馬もきっちり走ってきてますので、高配当についてはあんまり心配してないんです。

石 じゃあ、なんでそんなに心配そうな顔をしてるんだよ。

編 日曜日の重賞2鞍がともに少頭数で、どうなるんだという。

石 あ、そっちの心配!?(笑)

編 だって、阪神大賞典の登録が11頭(のちにトーホウジャッカルの回避も決定)、スプリングSの登録も12頭ですよ。

石 まあねぇ。

編 しかもそのんかから穴馬を選ばなければならないという……。

石 そのルールはなんとかなるだろ。穴馬以外からも選んでいいことにすれば。

編 それは絶対にダメです。穴馬を挙げてもらわないと読者の皆さんも困るので。

石 キミが、だろ。

編 で、どうしようかなと。

石 スルーかよ。ただ、たしかにメンバーを見渡してもねぇ。じゃあ、また奥の手を使っちゃおうかな。

編 なんですか?

石 Vstyleとの合同企画。土曜日のファルコンSとフラワーCは登録多いでしょ?

編 そうですね。

石 そのどちらかを取り上げるのと、あとこのブログではスプリングSと阪神大賞典の穴馬がいればそれも話しておこうかなと。

編 お、いいですね〜。ということは、金曜日の公開になります?

石 うん、読者の方はせっかく来て下さったのに申し訳ないんですけど、明日(3月20日)の金曜日に先の内容でお話しさせていただきますので、また是非いらして下さい。たぶん18時には更新できるとおもうので。

編 ほんと、石橋のわがままですみません。明日、またお待ちしております。

石 おいっ!




※ 上記ブログ内にもありますように、今週は日曜日の重賞が少頭数のため、土曜日のファルコンS、もしくはフラワーCについてVstyleと合同企画として金曜日に更新いたします。ブログでは日曜日の重賞の穴馬がいれば、あわせてお伝えする可能性もありますので、ぜひ金曜日にもご訪問下さい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



石橋 武(以下、石) 大丈夫?

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) ああ、先日はホントすみませんでした。珍しく仕事したら熱が出ちゃいまして。

石 むちゃくちゃな仕事ぶりは聞いてたけどさ。人間、寝ないとダメなの知ってた?

編 なんとなく(笑)。今回で確信しましたけど。

石 遅いわ(笑)。でさあ、ということで、あまりキミに負担をかけちゃいけないだろうなと、Vstyleの人とも話し合ったんだよね。

編 え、クビはマジ勘弁して下さい。

石 あ、いやだ?

編 当たり前じゃないですか。ほら、もうこんなに元気で。ほら、ほらっ!

石 腕立てとかしなくていいから(笑)。じゃあ、クビはやめるとして。

編 マジだったんかいっ!

石 冗談だよ。ほら、土曜日のVstyleの対談もあるじゃない? 今週はブログとVstyleの対談を一挙にやってしまおうかと。

編 土曜日のレースの穴馬と日曜日のレースの穴馬をここ(ブログ)で発表しちゃうということですか?

石 ブログだけじゃなくてVstyleでも。そのぶんキミの時間も節約できるだろうし、何度も外出しなくてすむだろうしね。

編 おお、そこまで僕のことを考えていてくれたなんて。

石 だって風邪ひいてるんでしょ? あ、ちなみにインフルエンザじゃないだよね。

編 ええ、単なる風邪って言われました。まあ、日頃の不摂生のツケが回ったんでしょうね。って、なんであからさまにホッとしてるんですか。

石 い、いや、単なる風邪で良かったなって。

編 まさか僕と接する時間を減らしたくてVstyle と協力を?

石 さ、そろそろ始めないと。まずは土曜日のレースからいこうか。

編 図星か(笑)。ま、今週はそれに乗っかってラクをさせていただきます。じゃあ、まずは土曜日ですね。どのレースを取り上げます?

石 どうせ土日分取り上げるなら、ちょっと企画的なものがあったほうがいいかなと思ってね。

編 と言いますと?

石 今週は阪神芝1400mにこだわってみようかなと。日曜日はフィリーズレビュー、土曜日はうずしおSと。そうしたら、ほら、今後自分で予想するうえでも、芝1400mの特殊な適性というか、特質というの? そういうのを参考にしていただけるかなと思って。

編 あ、なるほど。それはいいかも。じゃあ、さっそく土曜日のうずしおS(阪神10R)から始めましょうか。どの穴馬に注目すればいいですか?

石 モズハツコイ、ボンジュールココロ、ウキヨノカゼの3頭。

編 ウキヨノカゼ以外はたしかに1400m実績がありますね。1400mって同距離実績が大切なんですよね?

石 そうだね。2、3歳戦だと、実績がある馬は人気になることが多いんだけど、古馬クラスだとキャリアも多くて、その実績があまり目立たないからね。

編 1400mでは「実績が大事」というのは、なにか理由があるんですか?

石 勝負予想では何度も見解に書いているんだけど、1400mってすごく特殊な距離なんだよね。だからスペシャリストが生まれやすい。1400mと距離が近いスプリント戦、マイル戦というのは緩急のつく競馬が多くて、コースによって度合いこそ違えど、瞬発力が求められるんだ。ただ、1400mは緩急のつかない競馬が多い。ということは、重要なのは一定以上のスピードをゴールまで維持できるかどうかという資質。つまり持続力なんだ。

編 石橋さんが「1400m戦ではダートも走れるようなタイプが買い」っていっているのも同じような意味なんですか?

石 そうそう。ダート戦で重要なのは持続力だからね。だからダートのスプリント戦を先行して勝ち負けできるタイプって、芝の1400m戦で穴をあけたりするんだ。それでもガチガチのダート馬だとスピード不足で好走もへったくれもないんだけど。

編 あくまでダートでも走れる「ような」というのが重要なんですね。

石 そうだね。とくに阪神芝1400mはスタートしてから最後の直線まで緩やかに下って、最後に急坂があるというコース形態だけに、ほかのコースよりも持続力が求められることが多いよ。

編 下り坂でのハイペース→急坂も我慢しきれる持続力という図式ですね。

石 そういうこと。切れなんてホントいらないし、脚の遅さをカバーできちゃう距離、コースと言えるかな。だから他のコースで切れ負けしていた馬が逆転したりね、そういう意味では荒れやすいとも言えるかもしれないね。

編 たしかにこの前の阪急杯も23万馬券でしたっけ? 大荒れでしたよね。

石 獲れなくてすみません。

編 そういう意味じゃなくて(笑)。で、さっきの3頭はそういう条件に合致すると。

石 うん、3頭とも上がりのかかるレースで速い上がりを出せるタイプだからね。つまりは他馬が苦しくなって速い上がりを使えないときに、頑張れるタイプ。言い換えると、他馬が速い上がりを使えるようなレース(=上がりの速いレース)では、脚の遅さが露呈してしまう馬というか。

編 なるほどね〜。ではフィリーズレビューも同じような馬を狙っていけばいいですか?

石 基本的には。ただ、3歳限定戦でキャリアが浅い馬が多いだけに、1400m適性を見抜くのが骨だけど。

編 そうか、実績がないから。

石 そうそう。過去に走った数戦だけで見極める必要があるからね。あと、古馬戦よりもペースが落ち着くケースが多いので、多少は切れも必要。多少ね。

編 それを踏まえて穴馬を上げていただくと?

石 スマートグレイス、ダノングラシアス、スマートプラネットの3頭。

編 スマートプラネットとダノングラシアスは1400m実績があって、スマートグレイスは芝・ダで勝利。たしかにそういう視点で見るとわかりやすいですね。

石 まあ、これが合っているかどうかはレースが終わってから、という話になるんだけど。

編 これでここまで当ててきているわけですから、合ってるでしょ(笑)。いきなり不安にさせないで下さい。

石 合ってるけどね(笑)。その他の注目馬、そして詳しい見解は勝負予想のほうでお伝えしますよ。

編 はい、わかりました。

石 はい、もう終わったので出ていっていいですよ。

編 あからさまに距離を取らないで下さい(笑)。ただの風邪なのに。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


いつも石橋武の対談をご覧いただき、誠にありがとうございます。
本日更新予定の対談は編集者急病のため、1日延期させていただきます。
明日金曜日にはアップ致しますので、ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。

フィリーズレビューの穴馬についてのお話をご覧いただきます。
今後とも「単勝二頭流」をよろしくお願いします。



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週どうします?

石橋 武(以下、石) 取り上げるレースをどれにするかってこと?

編 ええ。弥生賞の登録が11頭と少頭数なので、どうしようかなと。

石 ああ、そうなんだよね。週末の勝負予想でも取り上げるかどうか微妙だな〜。高配当が見込めそうなら配信するけど。

編 で、ちょっと考えたんですけど、先週の日曜日にダート戦を連続的中したじゃないですか(阪神10R 伊丹S…3連単36,280円、中山10R ブラッドストーンS…3連単38,390円)。だからたまにはダート戦を取り上げてみてはと思ったんですけど。

石 たまにはってフェブラリーSでタートを取り上げたばかりじゃん(笑)。それにダート戦、みんな聞きたいかな〜。

編 え〜と、どうなんでしょう(笑)。

石 ダート戦は週末の勝負レースでいいんじゃない? あ、弥生賞がダメなら同じくクラシックトライアルのチューリップ賞にしようか。

編 え、土曜日のレースですけどいいんですか? Vstyleでも土曜日のレースについて話すんですよね。

石 そっちはなにかしら違う案を考えるよ。

編 おお、ありがたい。ではチューリップ賞ということで、よろしくお願いします。

石 はいよ。

編 ではさっそくですけどチューリップ賞の注目穴馬をお願いします。

石 まずはアンドリエッテに注目しようか。

編 たしか前走のクイーンCのときに本命に推してましたよね。結果、10番人気4着と惜しい競馬になっちゃいましたけど。

石 そうそう。外々を回らされるロスの多い厳しい展開になっちゃったね。でもまあ、それでも勝ったキャットコインからはわずか0.1差だからね。能力は高い。

編 輸送減り(マイナス12キロ)もしていたなかで、あの僅差の競馬ができたのは能力の証でしょうね。

石 そうだね。今回は長距離輸送はないし、体を戻しつつとはいえ調教もしっかりとやっている。ここ2走は外から伸びてくる競馬が続いたけど、新馬戦で内を突いているように、馬混みを嫌うタイプでもないからね。

編 最内枠も問題なしと。

石 まったく問題ないよ。阪神マイルも経験済みだし、かなり期待できるんじゃないかな。

編 いいですね。

石 あとはレッドカーラもいいね。

編 この馬も2戦目の阪神マイルで初勝利。コース経験はありますね。

石 そうだね。前走は1400m戦で2着に負けたけど、コーナーでポジションを下げたにも関わらず、最後の直線ではしっかりと巻き返してきた。まあ、言い換えればコーナーでのロスが大きかったわけだけど、レースぶりからも内回りの1400mから外回りのマイル戦へ替わるのはプラス材料でしょう。

編 実際勝っているのは外回りのレースですからね。

石 1枠2番とこの馬にとっては絶好枠を引いたし、得意の内から脚を伸ばすパターンで好走が期待できるよ。

編 時計も優秀ですし、楽しみな一頭ですよね。

石 あとはティーエスクライ。

編 京都芝1600m内と、中京芝1400mで勝っているんですよね。前走のエルフィンSは6着に負けちゃいましたけど。

石 勝った2戦ともメンバー中最速の上がりを使っているというのもいいね。前走はプラス10キロの馬体重が示すように、ちょっとかわいがりすぎたかな。

編 それまで使い詰めできていましたらから、ちょっとラクをさせた印象ですよね。

石 そうだね。ただ今回はハードに追い切っているし、前走からの上積みが見込める。キャリアがものいう若駒同士の競馬で、ここまで6戦という経験値は評価できるし、本番はともかく前哨戦のここなら好走が期待できるよ。

編 なるほどね〜。実績上位馬の戦いになるのかな〜と思ってましたけど、意外に穴馬の台頭もありそうですね。

石 あ、全然あると思うよ。3頭以外にもやってくれるんじゃないかな〜という穴馬もいるし、逆に人気馬で危なそうなのもいる。このレース自体、極端でしょ。荒れたり堅かったり。

編 ええ。

石 今年は荒れるほうの年じゃないかな〜と。最終結論を配信するまでの数時間、改めてじっくり吟味するよ。

編 そうか、数時間後には結論が出ているんですもんね。

石 あ、こうしようかな。

編 え、なにがですか?

石 Vstyleでもチューリップ賞を取り上げて、各馬の印を公開しようかな。買い目は契約上出せないんだけど。

編 あ、いいですね〜。皆さんも参考にしていただけるでしょうし。買い目はいつも通りスポーツマスターの勝負予想配信で、ということで。

石 そうだね。スポーツマスターでは、チューリップ賞はもちろん、オーシャンSとか穴馬券を獲りやすい中山ダ1200mなんかを配信するので、そちらも楽しみにしていただいて。

編 盛りだくさんの週末ですね〜。楽しみです。よし、そうと決まればさっさと予想に取りかかっていただきましょう。

石 言われなくてもそうします(笑)。

編 では、のちほど。よろしくお願いします。







-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


今週の対談は石橋氏の都合により、3月6日(金)夕方の公開とさせていただきます。

チューリップ賞についてお話しいただく予定ですので、ぜひご期待下さい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR