書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さ〜ん、25万馬券当てた次の週に好配当ゲットならずとかやめて下さいよ〜。

石橋 武(以下、石) いや〜、ホント面目ない。そうなんだよね。ここで高配当が決まってれば年末まで遊びながら馬券買ってられるくりの余裕が出せたんだけどね。

編 まあ、遊んでもらっても困るんですけど。

石 たとえだよ、たとえ。

編 もちろん毎週20万、30万の馬券が当たるとは思ってないですし、結果的に馬券が当たってない週だってあるとは思うんですけど、25万とか当たっちゃった次の週でバカみたいに馬券買っちゃうじゃないですか。

石 そこは、いつもと同じだけ買ってもらえればいいんですけど。

編 そういうわけにもいかないんです、競馬好きは。ま、それでもトータル的に全然プラスなんでいいんですけど、今週は頼みますね。調子崩したわけじゃないんですよね。

石 もちろん。調子を崩すのって、センスで買っている人に多いでしょ。勝負予想の見解を読んでもらえればわかると思うけど、僕はセンスがないぶん、わりと理詰めで決めるタイプだから調子が悪いとかってあまりないんだよね。

編 じゃあ、先週はその理詰めの「理」が間違っていたと。

石 ハッキリ言うね(苦笑)。まあ、結果からすると間違っていたことになるんだろうけど、決して言い訳をするわけじゃなくて、ちょっと歯車が噛み合わなかったというか。

編 まあ、たしかに惜しい!というレースがいくつもありましたからね。マイルCSだって、穴馬の本命◎エキストラエンド(12人気5着)が最後の直線でスムーズに伸びてこられていれば馬券に絡んでいたでしょうし、人気の本命◎フィエロ(3人気2着)も勝ったダノンシャークに目標にされちゃってましたしね。で、そのダノンシャーク(8人気1着)も相手筆頭に評価。さっき文句は言ったものの、さすがの予想ではあるんですよ。特に人気薄の選択が絶妙で。だから余計に悔しいという。

石 大丈夫。僕がいちばん悔しいから。ただ、歯車が噛み合なかった原因も把握できているし、東京、京都の最終週を良い形で締めくくれると思う。先週のぶんは早めに取り返しておかないとね。

編 そうですよ〜。お願いしますね。ちなみに歯車が噛み合なかった原因ってなんだったんですか? さっきのレースのスムーズさを欠いたとか、そういうことを除くと。

石 一言で言えば、馬場傾向の読みがちょっとズレてた。先々週までの福島がたぶんエクイターフの影響なんだろうけど、全然悪くならないのよ。ずっと前が残るというか。で、京都ってそのエクイターフの割合がいちばん少ない競馬場なんだよね。だからそろそろ内が荒れて外が伸びてくるだろうなという意識がちょっと強かったかな。東京も先週からCコース替わりで、前残りが増えるのは当然なんだけど、その傾向がいつもより強かったというか。まあ、このあたりは馬場の傾向だけじゃなくて、出走馬、レースのレベルにも拠るところだから、これだけが原因ですって言うわけじゃないけどね。

編 なるほど。

石 途中から聞くのあきらめただろ(笑)。

編 だって、エクイターフとか出ちゃったらわかんないですもん(笑)。とりあえず僕の耳にには、今週は馬場の傾向に気をつけて、頑張りますっていうふうに聞こえました。

石 脱力……。まあ、もうなんでもいいよ。

編 まあまあ、そんなにガッカリしないで(笑)。

石 うるさい(笑)。それで今日はジャパンCの話?

編 そうで〜す。かなりハイレベルなメンバーが集まって、難しそうな一戦ですが。

石 難しそうというか、難しいよね(笑)。でもジャパンCはJRAのG1のなかでももっとも厳しいレースになることが多くて、すごく好きなんだ。だから相性もいいんだよね。

編 去年もデニムアンドルビーに本命を打ってましたよね。人気ないのにジェンティルドンナにハナ差まで詰め寄って(7人気2着)、石橋すげ〜なと思ったのを覚えてます。

石 そこ、呼び捨てになってる(笑)。

編 心の中を忠実に再現してみました(笑)。ただジャパンCって堅いイメージがあるんですよね。去年はたまたまというか、高配当になりましたけど。

石 まあね。ここ10年で1番人気馬が馬券に絡まなかったのは1回だけだし、2番人気も6回は馬券に絡んでいるからね。

編 あ、ホントだ。しかもたった1回だけ馬券圏内を外した1番人気って、外国馬のデインドリームだったんだ(11年)。

石 そう。日本馬が1番人気に推されたときは無条件に馬券に絡んでいるんだ。

編 となると、穴馬の出る幕が……。

石 ないね。

編 え〜〜!

石 ウソウソ。ちゃんとあるよ(笑)。ほら、今までの結果を見てごらん? ジャパンCは人気馬2頭+穴馬1頭で決まるケースが多いでしょ。

編 ホントだ。なんででしょうね。

石 さっきもちょっと言ったけど、ジャパンCはレースレベルが高くなるからね。能力上位の人気馬がガチンコ勝負するなか、人気薄は一矢報いようと逃げとか追い込みとか一発狙いの競馬がハマるんだ。

編 ああ、なるほどね〜。一昨年の3着馬ジャガーメイル(14人気3着)なんてまさにそんな競馬でしたよね。

石 そうそう。人気馬の能力、適性をちゃんと精査したうえで、そういう穴馬を見つけておけばほぼ当たるレース。って言うと、ちょっと強気すぎるか。

編 でもそのチェックが難しい外国馬が参戦してきますよね、ジャパンCは。

石 外国馬なんてここ10年一度も買ってないよ(笑)。それこそさっきのデインドリームがまさにそうだったんだけど、凱旋門賞で強い勝ち方をする馬って、言い換えればロンシャン芝2400mが合うわけであって、別に日本で強いわけじゃないからね。反対にディープインパクトだって、オルフェーヴルだって日本の馬場には合うけど、向こうの馬場には合わないわけでしょ。

編 まあ、そうなんですよね。でもつい引きづられちゃうというか、たとえば凱旋門賞馬が参戦ですっ!なんてなったら買っちゃうんだよな〜(笑)。

石 どうせ買うんだったら、凱旋門賞で負けた馬とか、ヨーロッパでは一流ではない戦績の馬のほうを選ぶべき。今年のアイヴァンホウみたいに。

編 は? 外国馬を取り上げるんですか? さっき10年以上買ったことがないと言いながら?

石 そう、超久しぶりにね。

編 アイヴァンホウのどこを評価したんです?

石 まさにさっき言ったように、凱旋門賞ではまったく走れなかったし、ヨーロッパではとても一流とは言えない戦績という点。それでもG2では地位は盤石のようだし、G1を勝つだけの能力もあるのがいい。

編 ちょっと言ってる意味がわからないんですけど……。

石 向こうの一流馬、たとえばダービーをはじめとするG1を勝ちまくっちゃうような馬って、能力もさることながら、向こうの馬場への適性が非常に高いわけ。

編 そうですよね。じゃないと、そんな成績を残せませんから。

石 でもそのどちらかが欠けている馬について考えてみようか。

編 はい。

石 まずは適性があるけど、能力はない馬。これは簡単だよね。いくら適性があっても能力が足りなければ、とてもじゃないけど重賞では活躍できない。日本で言えば条件馬という感じかな。500万下とかの。

編 では、適性はないけど、能力は高い馬は?

石 能力が高ければ、適性がなくとも重賞の上位に走ってこられる可能性は高いよね。さっきのディープとかオルフェもそうだったけど。オルフェはちょっと適性もあったけど。

編 たしかに能力だけで上位に食い込んだ印象ですよね。

石 もっとわかりやすくいうと今年の凱旋門賞のハープスターみたいなものか。ジョッキー云々は置いといて、適性はまったくないんだけど、最後の直線だけで6着まで伸びてくるみたいなね。

編 その外国馬バージョンがアイヴァンホウだと。

石 そういうこと。向こうの馬場への適性はそんなに高くないけど、能力があるからG2なら確勝級だろうし、すべてのG1で好走するわけじゃないけど、なかには勝つレースもある。

編 そういうことか〜。でもそういう馬が日本の馬場に適性があるかどうかはわからないですよね。

石 その通り。こればっかりは走ってみないとわからないよ。ただね、向こうでの惨敗も含めた競馬ぶりを見ていると、強い日本馬が向こうで走ったような戦績なんだよね。それに全然人気がないわけじゃない。

編 ええ。最近の外国馬の成績が悪いし、さすがに外国馬が人気になるようなメンバー構成じゃないですよね。

石 でしょ? ここまで人気がないならチェックしておいて損はないと思うよ。

編 たしかに。実際に馬券を買うかどうかは、週末の勝負予想まで待ちますけど、この馬が馬券に絡んだらデカイですよね。完全にノーマークでしたけど、ちょっと楽しみになってきました。

石 続いてチェックするのはヒットザターゲット。

編 前走も天皇賞(秋)で5着と、このところ良い競馬が続いているんですけど、あとひと押しが足りないというか。

石 それがいいんだよ。ジャガーメイルみたいなイメージを持ってもらえるとわかりやすいんじゃないかな。

編 ああ〜、たしかに!

石 本質的にはタフさ売りのジャガーメイルとは違うんだけど、天皇賞(秋)なんかだと、スピード負けというか展開待ちというか、ちょっと足りないのは同じ。それがジャパンCになって流れもタフになれば、この馬の着拾い的な競馬がハマってくる。言ってみれば、ジャガーメイルの場合はタフな流れで本気を出せて3着。ヒットザターゲットの場合は、他馬がキツくなってきたところで本気を出して馬券圏内を狙うというね。

編 強者には強者の、弱者には弱者の戦い方があるってことですね。

石 そういうこと。ただ、この馬の末脚は本物だし、それが安定して出せるようになってきたからね。決して侮れない一頭だよ。

編 正直、侮ってましたけど(笑)、ちゃんと見直します!

石 もう一頭はデニムアンドルビー。去年の2着があるから、このレースに向いていることは言うまでもないんだけど、このジャパンCはリピーターが多いからね、特に牝馬は。

編 そうですね。前走の天皇賞(秋)も窮屈になりながらも、僅差まで脚を伸ばしていますし、去年同様の走りが期待できそうですね。

石 現時点ではこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。あ、そうだ。

石 なに?

編 今日のこの対談って、ブログだけじゃなくて、スポーツマスターでも公開させてくれって言われてたんだ。

石 あ、そうなんだ。

編 ええ。注目度の高いレースだから、ぜひって言ってましたよ。どうしましょう、録り直しましょうか。

石 なんでだよ(笑)。どこで話そうが、内容に変わりはないよ。このまま出せばいいよ。もしくはキミの名前だけ変えるとか。

編 なんでですか(笑)。そういうところで、ちゃんと仕事してるんだとアピールしておかないと。

石 ちゃんとねぇ。仕事してる風ねぇ。

編 風じゃないです、してるんです(笑)。とにかく、今週も新設重賞の京都2歳S、京阪杯もありますし、ジャパンCともどもお願いしますね。

石 はい。ぜひご期待下さい。



※土曜日のレースの見解はVstyleにて絶賛公開中!


-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さ〜ん! 25万馬券(日曜日東京11RオーロC)ありがとうございました!

石橋 武(以下、石) はい、的中おめでとうございます。

編 いや〜、この対談でも「10万馬券ぐらいすぐに当たるでしょ」って何度か言いましたけど、ホントすぐ当たるんですよね(笑)。今年に入って何本当てました?

石 10万馬券を? いちいち覚えてないよ(笑)。月イチペースよりは多いはずだから12〜3本かなぁ。

編 勝負レースだけで月イチペースより多いって、尋常じゃないですからね。というか、オーロCでダノンプログラマー(13人気1着)に本命を打っている時点で尋常じゃないんですけど(笑)。なんで本命を打てたんです?

石 勝負予想の見解に書いた通り。コース形態と展開、そしてこの馬の適性が合ってたからね。それに1400m戦というのもポイント。これは僕の予想のキモの部分なので、今度じっくり話すよ。ホント大事なところなので。

編 へ〜。

石 あ、だから武蔵野Sの見解にも1400mに関して書いたけど、この2つの見解を頭に入れて意識できるようになれば、穴馬の狙いどころとか、そういうのが掴めるようになるんじゃないかな。

編 ああ、武蔵野Sも◎ワイドバッハ(7人気1着)で、完璧な読みでしたよね。

石 勝ち馬に関してはね。ワイドバッハはここ1年ずっと1400m戦を使われてきて、今回が久々のマイル戦。そのあたりがポイントだったので、レース当日の見解で詳しく解説しておいたんだ。

編 これも覚えておいたほうがいい見解。

石 そうだね。穴馬を見つけるうえでかなり役立つと思うよ。

編 たしかに、あの見解を読んだらすごく理解できたんですよ。なんでダノンプログラマーが本命なのか(オーロC)、なんでずっと1400mで走ってるワイドバッハが本命なのか(武蔵野S)が。

石 ありがとうございます。

編 ただ、それと同時に、ぶっちゃけ自分であれだけの穴馬を見つけるのは無理だと思いました(笑)。なので、今後も石橋さんに頼りっぱなしでいくと思います。

石 まあ、そう断言されちゃうと「よろしくお願いします」としか言えないんだけれども(笑)。

編 オーロCも含む先週の配信についてはスポーツマスターの編集部通信でも取り上げてくださっているようなので。

石 あ、そうみたいね。じゃあ詳しくはそちらをご覧いただくとして、こっちはそろそろマイルCSの話でもしましょうかね。

編 はい、お願いします。現時点で石橋さんが注目している穴馬を教えて下さい。

石 了解です。じゃあ、まずはサンレイレーザーをチェック。

編 これまた大胆なところから攻めますね(笑)。

石 大胆というか、この馬の実績・適性を考えても人気がなさすぎなんだよ。そっちのほうがありがたいけど(笑)。

編 あ、そうか。去年もこのレースで善戦してるんですよね。

石 そう。14番人気ながら小差の6着まで追い込んできたんだよね、出遅れながらも。

編 そうそう、そうでした。勝ったトーセンラーも追い込んできたんですけど、2〜4着は先行馬だったんですよね。

石 うん、スローペースで完全に前残りの展開だったよね。トーセンラーはスローのぶん追走がラクになってマイルに対応できたけど、サンレイレーザーにとっては悪夢の展開だったよね。当時はハイペースの差し馬だったから。

編 ああ、展開が向かなくて差して届かずという競馬が続いた時期もありましたもんね。

石 それがここにきて身体がパンとしてきたおかげもあって、前めの位置でも競馬ができるようになってきた。要は展開を待たなくてもいいんだよね。

編 前走の毎日王冠も先行して2着に粘っていましたし。

石 そういう自在性が出てきたのは大きなプラスだよね。今回はメンバー的にある程度速くなる公算が高いんだけど、そういう流れは得意だし、マイル戦といっても東京のような瞬発力勝負ではなく、京都のように持続性のある脚が求められるのもいいね。

編 楽しみな一頭ですよね。

石 続いてはサンライズメジャー。

編 京都巧者ですよね。

石 そうね。実績的にはマイル戦を得意とする距離巧者でもあるし。

編 そうですね。前走は前哨戦のスワンSで2着でしたが。

石 上々でしょう。あのスワンSはスローペースになってマイル的な要素が求められたんだよね。たとえばシュッと加速する脚とか。そういうのを重賞でクリアできたというのは心強いね。

編 むしろ前走はスローというのが良かったんですか?

石 うん。1400mらしい、いわゆる淀みのない流れになっちゃうと、たぶんこの馬ならこなせるというか、むしろ本質的には向いている気もするんだけど、好走はできたと思うんだよ。

編 ええ。

石 でもそこからまたマイル戦になるというのが嫌でね。

編 1400mがクセづいちゃうのが嫌という?

石 まあ、そう言ってもいいかな。仮にいずれ1400mを舞台に戦うなら、ここで穴をあけてから行ってもらいたいなと(笑)。ただ、幸いにも前走はマイル的な流れだったし、京都コースに対する適性を活かした走りで好走が期待できるよ。

編 最後に一頭挙げると?

石 エキストラエンド。極悪馬場の安田記念以降、チグハグな競馬が続いちゃったけど、前走で復活の兆しが見えた。もともとマイラーとしての資質が高い馬で、京都も得意だしね。

編 そうなんですよね。安田記念からの3走をカットすれば、普通に有力候補になる一頭のはずなんですけど。

石 でもその近走成績に引きずられて人気の盲点になってしまうというね。まあ、オイシイ状況ですわ。僕らにとっては。

編 ですよね〜。じゃあ、現時点ではとりあえずこの3頭に注目しつつ、週末の勝負予想をお待ちしています。あ、あとVstyleで公開する土曜日のレース見解(金曜日夕方更新)も。

石 はい、期待してお待ち下さい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、今週末のエリザベス女王杯から年末の有馬記念まで休みなしのG1連戦です! 一気に畳み掛けていきましょうよ、石橋さん!

石橋 武(以下、石) テンション高っ。G1は、7週連続になるんだっけ?

編 ええ。

石 そうか、今年は条件替わりとなるレースもあるのか。

編 そうなんですよね。ジャパンCダート改めチャンピオンズCが中京ダ1800m。そして朝日杯FSが中山芝1600mから阪神芝1600mに舞台を替えて行われることになっているんですよね。

石 こういう条件替わりのときは荒れることが多いから、楽しみだよね(笑)。予想していても楽しいし。

編 僕らも楽しみです(笑)。そうそう、楽しみと言えば今週末は重賞が4鞍も組まれているんですよね〜、石橋さん。

石 なんだ、その期待に満ちた目は。おじさんのくせに気持ち悪いぞ(笑)。

編 おじさんって(笑)。日曜日がエリザベス女王杯でしょ、それに福島記念。その前の土曜日がデイリー杯2歳Sと武蔵野S。G1からダート重賞、2歳重賞、そして荒れるハンデ重賞まで、バラエティー豊かなラインナップでお待ちしております(笑)。

石 うるさいよ(笑)。大丈夫、ちゃんと配信するつもりだって。特に福島記念と武蔵野Sは狙っていた穴馬が無事に出走できそうだし。

編 おお、最初っから素直にそう言えばいいじゃないですか(笑)。

石 アホか。出走が確定するまでは決められないでしょ。それに極端な話をすれば、外枠なら狙える馬が最内枠に入って時点で狙いを下げることだってあるんだから。

編 そりゃそうでしょうけど。でも今週は4鞍とも配信ということでいいですよね?

石 エリザベス女王杯、福島記念、武蔵野Sはほぼ確定。デイリー杯だけちょっと待って。この時期の2歳重賞だし、調教とかもチェックしないと。それに少頭数とかガチガチに堅そうなレースを配信してもしょうがないしね。

編 まあ、そうですよね。とにかく重賞が多いというのもありますし、G1シーズンまっただ中というのもあって、石橋さんの予想はかなり注目を浴びているみたいなんですよ。スポーツマスターの勝負予想購読申込みもすごいことになってるって言ってましたし。

石 あ、ホントに。なんとか皆さんに喜んでもらわないとね。

編 そうそう、それが言いたかったんです。

石 ウソつけ(笑)。単純に自分が重賞の予想を見たかっただけだろ(笑)。

編 心は読者の皆さんと一緒です。キリッ。

石 キリッとかいらんし(笑)。まあ、いいや。とにかく一戦一戦、勝負を賭けていきますので、日曜日の最後のレースまでしっかりと見てやって下さい。

編 そして今日のエリザベス女王杯の注目穴馬も見てやって下さい。ということでお願いします!

石 はいよ。じゃあ、まずはコウエイオトメをチェック。

編 え、この馬ってオープンに昇級後、馬券に絡んだことがないですよね。

石 ないね。でもこのレースはオープンの実績いらないから。去年だって、1000万特別を勝ったばかりのラキシスが2着に好走しているし、一昨年もピクシープリンセスが1000万下の平場戦を勝ったばかりで3着に好走しているでしょ。

編 あ、たしかに。

石 むしろオープン実績よりもコース実績を重要視すべきレースなんだよね。

編 あ、今名前の挙がったラキシスもピクシープリンセスも前走はともに京都で勝っているのか。

石 そうそう。両馬ともその前走で京都適性を思いっきりアピールしてたよね。一方のコウエイオトメは前走が京都大賞典6着。前走を勝ったわけではないけど、もともと京都巧者ぶりが目立つ馬だし、前走にしたってひと叩きの内容としては上々だと思うよ。

編 牝馬限定戦ならチャンスはあると。

石 大アリでしょう。オープンに昇級後は愛知杯(14着)、中山牝馬S(9着)と牝馬限定戦で大敗しちゃってるけど、愛知杯は超スローペースをほとんど最後方から行った時点でアウト。届くはずがない。中山牝馬Sも京都得意の馬らしい、加速しきれずにゴールを迎えるという内容。むしろ今回の京都出走へ向けては評価できるくらいの走りなんだよね。

編 中山の短い直線、急坂では伸び切れないという。

石 伸び切れないというか、エンジンがかかるのもモタつくし、ようやく点火したら急坂で減速という、この馬にとってはもう出ちゃダメという(笑)コースだからね、中山は。

編 度外視でいいと。

石 もちろん。あくまで京都コースでのパフォーマンスを評価すると、実績的にも去年のラキシスとか一昨年のピクシープリンセス以上の立ち回りは十分に可能だよね。

編 完全にノーマークだったな〜。危ないところでした。

石 まあ、そういう人が多いから人気にならずに済むんだけど。で、次は……

編 はい、次は?

石 アロマティコ。

編 去年の3着馬ですよね。

石 そう。この馬もさっきのコウエイオトメと同じような戦績のイメージだよね。愛知杯は超スローペースを後方からの競馬で14着。中山牝馬Sでは内を突くも差し切れずに4着。

編 コウエイオトメと似てますね。

石 コウエイオトメよりは器用に脚の使えるタイプだけど、今回、加速のしやすい京都コースに替わるのはプラス材料。前走のオールカマーは中山コース、牡馬混合重賞にもかかわらず勝ち馬から0.1秒差の競馬ができているし、牝馬限定のここなら好勝負必至だよ。

編 なるほどね〜。でも僕はこの馬って小回りの淀みのない流れのほうが得意だと思っていました。

石 あ、その認識で合ってるよ。タフな流れのなかでも脚を伸ばせるというか、早い上がりを使えるタイプだからね。秋華賞で3着に走れるというのが、それをよく示していると思うよ。

編 だったら、なぜ外回りのここで?

石 まずは当たり前だけど、去年のこのレースで実際に3着に好走してみせたというのは大事だよね。リピーターの多いレースだし。それと京都の外回りコースは、切れ勝負にはならないでしょ?

編 ええ、長く良い脚を使えるかどうか、ですよね。

石 そう、3〜4コーナーで加速してゴールまでなだれ込むような競馬。そういう持続力が求められるのは小回りコースも同じだからね。こっちのほうがちょっと軽いというか、タフさはないけど、去年がそうだったように十分対応できるでしょ。

編 なるほど。

石 あとはフーラブライド。愛知杯、中山牝馬Sでは先の2頭に先着というか、両方とも勝っているんだよね。ただ、評価するのはそこではなくて、京都でのパフォーマンス。

編 京都芝2400mで1000万特別を勝って、日経新春杯でも3着という。

石 そう。コウエイオトメとかと似ているよね。まだ実績から京都巧者と言えるほどのレース数をこなしているわけじゃないけど、走りは完全に巧者のそれ。前走の京都大賞典は休み明けでプラス10キロと余裕残しだったけど、そのぶんひと叩きされた上積みも期待できる。

編 もともと使い込まれたほうがいい馬ですしね。

石 そうね。面白い一頭だと思うよ。

編 わかりました。じゃあ、現時点ではこの3頭の穴馬に注目しておきます。

石 はい。ということであとは週末の最終結論までお待ち下さい。

編 あ、その前にVstyleの土曜日の見解がありますので。そちらは金曜日の夕方に公開ということで。

石 あ、そうだった。まだサイクルに慣れてないんだよね(笑)。

編 あっちはあっちでかなりの反響がありますから、忘れないで下さい(笑)。たぶんアルテミスSの影響だと思うんですけど。

石 ああ、あのレースね。ま、とにかくがんばります。

編 よろしくお願いします! 重賞4鞍楽しみです。

石 だから、まだ決めてないっつーの(笑)。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、石橋さん。すごいんだけどもどかしい週末でした。

石橋 武(以下、石) そうハッキリ言ってくれると、むしろこちらも話しやすいよ(苦笑)。ホントもどかしかった。

編 ですよね。超のつく穴馬を本命に推して、しかもちゃんと上位に走ってきてるんですよ。だけども馬券としては単勝、3連複のみの的中だったり、ハズレだったりと。あ、あっちの反響がハンパなく大きかったです。

石 なんの反響?

編 Vstyleの土曜日の対談ですよ。

石 ああ、アルテミスSね。

編 ええ、ご覧になった方も多いと思うんですけど、穴馬3頭を取り上げて。ココロノアイが9番人気1着、トーセンラークが11人気3着ですよ。そりゃm反響も大きいはずですよ。しかもまだ力関係のはっきりしていない2歳馬の重賞ですからね。

石 ちなみにもう1頭はタマモルミエールの13番人気12着。

編 あえて言わなかったのに(笑)。

石 フェアじゃないでしょ。好走した馬だけ取り上げるのは。

編 真面目かっ! ただ、そのアルテミスSは3連複24,100円の的中がありましたけど、さっきも言ったように土日を通してもどかしい競馬が続いたかなと。

石 そうなんだよね。でもまあ、大丈夫だけどね。今週末で取り返せるでしょ。

編 自信ありすぎでしょ(笑)。でも、先週初めて石橋さんの予想をご覧になった方も多いと思うんですよ。お申し込みが異常に増えていたので。

石 あ〜、そういう方は不安になっちゃうよね。申し訳ない。

編 そう、だからさっき石橋さんが言った「大丈夫でしょ」の根拠が知りたいなと。

石 根拠!?

編 はい。

石 ん〜、まず基本的に単勝二頭流自体が穴狙いの予想ということだよね。全レース当てるのが理想とはいえ、競馬で毎週それを狙うのは無謀。年に1度あるかないかぐらいでしょ。ただ、高配当馬券っていうのは毎週出ている。

編 ええ、それこそ先週のアルテミスSだって13万馬券ですからね。

石 そう、そういう馬券を狙う、そしてある一定以上の的中率をキープすれば、トータル的に勝てるからね。実際そうだし。

編 ええ。ことあるごとに30万馬券だ〜、20万馬券だ〜って獲ってますからね、石橋さんは。たとえ1週は負けても、4週トータルで見たら余裕で勝ってるというか。

石 そうね。それともうひとつ。え〜と、あ、そうだ。先週の馬券に絡んだ本命馬を見てもらおうかな。恥をさらすみたいだけど。

土曜日
アルテミスS
◎トーセンラーク(11人気3着)
東京12R
◎アンジェリック(3人気)

日曜日
東京9R 国立特別
◎ボンジュールココロ(7人気3着)
東京10R ウオッカC
◎アルボナンザ(5人気3着)
福島11R 河北新報杯
◎ワイルドジョイ(11人気2着)
東京11R 天皇賞・秋
◎スピルバーグ(5人気1着) 
京都12R
◎トータルヒート(4人気3着)

編 改めてこう並べてみると、すごい走ってるんですよね。ふたケタ人気馬が馬券に絡むことなんてそうそうないのに、それが2鞍もあって。しかもヒモとかなじゃなくて、本命ですからね。これ全部。

石 土曜日は4レース配信して2つは本命が馬券に絡めなかったんだけど、日曜日は配信した全部のレースで馬券絡みしているでしょ?

編 ええ。

石 これで外しているレースもあるから恥をさらしているだけなんだけど。単勝二頭流だけに、ホントは全部1着というのが理想なわけだし。

編 たしかに(笑)。あ、冗談です。ただ、これだけ本命の精度が高いというのは、異常ですよ。石橋さんが自信を持って、「今週取り戻せるでしょ」って言える理由が一目瞭然ですね。

石 もちろん競馬だけに今週で絶対取り戻せますよなんてことは口が裂けても言えないんだけど、ただ続けてもらえればさっきみたいな高配当がすぐにでも当たるというのは実感してもらえると思うんだよね。

編 もう十分に実感しております(笑)。

石 今は東京、京都、福島だけど、3場とも馬場傾向とか、そういったことはちゃんと掴めているし、うん、今週末も期待していただければと。

編 そうですね。じゃあ、そろそろ今週末のレースについても伺っていこうかと。

石 アルゼンチン共和国杯でいいんだっけ?

編 ええ。あ、ちなみにVstyleではどのレースを取り上げるですか?

石 先週と同じく2歳牝馬重賞のフェアリーSにしようかな。金曜日の18時にはアップされていると思うので、そちらも合わせて参考にしていただければと。

編 もちろんですよ。だって、先週のアルテミスSがあれですからね。見るなと言われても見るでしょ(笑)。

石 まあ、見るなとは言わないので。さて、じゃあ始めましょうかね。

編 はい。では石橋さんのアルゼンチン共和国杯の注目穴馬を教えて下さい。

石 了解。じゃあ、まずはマイネルジェイドに注目。

編 マイネルジェイドって、中山巧者じゃないですか? 東京ではあんまり走っていない印象ですけど。

石 そう、その通り。でも今回のアルゼンチン共和国杯はそれがいいほうに出るレースなんだよね。

編 と、言いますと?

石 ん〜、例えばダービーが行なわれる東京芝2400mとか、天皇賞・秋の東京芝2000mとかね、そういうコースって瞬発量勝負になるでしょ?

編 ええ。直線の長い東京コースですし、瞬発力勝負という意味ではJRA全10場のなかでも一、二を争うコースですよね。

石 そうね。だからマイネルジェイドは東京コースで勝てないわけだよね。スパッと切れる脚を持ってないから。

編 ええ。でも、だからなんでアルゼンチン共和国杯はそれでいいんですか?

石 瞬発力よりも持続力というか、負荷のかかるレースで走れる能力が求められるから。マイネルジェイドは、中山とか福島コースで速い上がりを使えるタイプなんだけど、これって過去の好走馬と同じなんだよね。去年の勝ち馬のアスカクリチャンなんかもそうだったし。

編 ああ、たしかに。そんなタイプが多いですよね。ルルーシュもそうだし。

石 でしょ? というのも、東京芝2500mってスタートが最後の直線の坂の手前なんだ。要するに2回の坂超えがあるコースなんだよね。

編 ああ、だからタフな馬が走りやすいという。

石 そうね、簡単に言うと。スタート直後、そしてゴール直前の坂は馬にとっては相当堪える。これをクリアできる馬って、瞬発力、軽いスピードはないけど小回りでずっと小脚を使い続けることができるようなタイプなんだ。しかもその流れでメンバー中上位の上がりを使えるようなね。

編 なるほどね〜。

石 続いてはコスモロビンをチェック。

編 この馬も中山での好走が目立ちますよね。あ、去年のこのレースでも4着に善戦しているのか。

石 そうそう。中山芝2500mで速い上がりを使えているし、去年の10番人気4着というのも決してフロックではない。ハンデももらったとしても去年と同じだろうし、休み明けも問題ないからね。

編 去年の好走実績があるだけに、もうちょっと人気するのかなと思ったんですが、そうでもなさそうですよね。

石 そう、ラッキーなことに。アルゼンチン共和国杯はリピーターが多いレースだし、去年以上の走りを期待したいね。

編 そうですね。

石 あとはクリールカイザー。

編 たしかに中山で速い上がりを使うタイプですけど、人気じゃないですか〜?

石 いやいや、そんなに人気しないでしょ。

編 え〜、下手したら4番人気、5番人気じゃないですか?

石 それぐらい勘弁してよ。

編 VstyleでやったアルテミスSはふたケタ人気とかだったのに〜。

石 そりゃ、レースによって変わるだろ。ね、クリールカイザーでいきますよ。

編 しょうがないか。ただ、たしかにさっきも言ったように、中山とかのタフな流れで速い上がりを使えているんですよね。

石 それに最近感じるんだけど、この馬って年齢からくるものなのか、けっこうズブくなっているように感じるんだよね。追い出してからエンジンがかかるまでがワンテンポ遅れるというか。

編 へ〜、そうなんですね。

石 その点、直線の長い東京コースに替わるのはプラス材料だし、休み明けを叩かれつつ着実に上昇しているのも強調材料。勝ち負けまで期待できるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということで。

石 そうね。最終結論はいつも通りスポーツマスターで配信しますので。あ、土曜日分の対談はVstyleで確認して下さい。

編 金曜日の夕方ですね。楽しみにしてます。それでは今週も超人気薄の激走を期待してます! 石橋さん、ありがとうございました。

石 ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR