書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、石橋さん!

石橋 武(以下、石) 本格的に帰ってきましたね〜(笑)。

編 ええ、帰ってきました! 今週からはこのブログで日曜日の重賞についてお話するということでいいんですよね。

石 もちろん。毎週このお時間にお届けしますので、ぜひ期待しておいて下さい。

編 で、いきなり天皇賞・秋というG1中のG1についてお話するという。なんかブログでG1の話をするというのも贅沢な感じがしますね。

石 そう? 僕としては制限されることなく何をしゃべってもいいだけに、かなりやりやすくなるんじゃないかなと。

編 でもnetkeiba.comさんでもあれだけの人気コンテンツだったのに、彼らももったいないことしますね。先週の菊花賞もトーホウジャッカル、ゴールドアクターとあの対談で取り上げた3頭中2頭が馬券絡みを果たしていますし。

石 お互いに納得して終えたんだから、それはそれでいいの。まあ、でも最後のレースでお役に立てて良かったよ。トーホウジャッカルは思いのほか人気しちゃってたけどね。

編 3番人気でしたからねぇ。さすがに月曜日の段階ではあそこまで人気するとは。

石 思わなかったよね。まあ、しょうがないということで(笑)。

編 でもゴールドアクターは7番人気。この馬の激走はお見事でした。臨戦過程も地味だっただけに、完全に人気の盲点になっていましたよね。

石 そうだね。超距離適性に加えて、春に戦ってきた相手を考えれば十分に勝負になる馬なんだけど。

編 そうなんですよね。まあ、ですからアレですね。

石 なに?

編 これからもこの対談ではそういう穴馬をバンバン見つけちゃって下さい。

石 わざわざキミに言われなくてもそのつもりです。

編 では、記念すべき完全移籍第一回目の対談を始めましょうか。

石 大げさか(笑)。普段通りにいきますよ。

編 は〜い。では石橋さんが天皇賞・秋で注目している穴馬をお願いします!

石 OKです。では、まずはフラガラッハに注目しておきましょうかね。

編 ! いきなり超意外なところから攻めてきますね(笑)。

石 そうかなぁ。まあ、たしかに意外か(笑)。でも、かなり面白いと思うよ。

編 どのあたりを評価したんですか?

石 単純にこの馬の特性だよね。長く良い脚を使うという。しかもそれでいながらメンバー中最速の上がりをマークするからね。

編 たしかに前走も新潟芝2200mで行われたオールカマーで、前残りの競馬にもかかわらずメンバー中最速の上がりで4着に突っ込んできましたからね。

石 そうだね。直線の短い新潟内回りコースであの競馬ができたというのは、心強いよね。というのも、この馬は伸び始めたら速い脚を長く使えるけど、エンジンのかかりが遅いタイプなんだ。だからこそ直線が長くてかなりタフな中京コースのマイル重賞(中京記念)を連覇したりする。

編 ああ、中京だからエンジンのかかりが遅くても間に合っちゃうという意味で?

石 そうそう。マイラーとしては反応が鈍いと言ったら身も蓋もないんだけど、でもまあそんなタイプ。だからこそ距離を延長して中距離を使うようになってから着順も安定してきたでしょ?

編 たしかにそうですね。馬券に絡めないにしても勝ち馬とさほど差のない競馬ができていますよね。

石 うん、一瞬の加速が求められるマイラーとしては反応が鈍いけど、中距離ランナーとしてはそんなに遅いタイプじゃない。むしろマイラー並の上がりを使えるだけに上位の存在となるんだ。ふつうは距離を延ばすと使える脚も鈍化したり、一瞬だけ加速して終わっちゃうものなんだけど、フラガラッハは本当はこれくらいの距離に適性があったんだろうね。

編 ああ、中距離寄りのマイラー。

石 まあ、中距離寄りという時点で、すでにマイラーじゃないないんだけど(笑)。でもイメージとしてはそういうことだよね。

編 ひとつ気になるのが、去年のこのレースは速い上がりも使えず、着順も冴えなかったですよね(9着)。

石 そりゃそうでしょ。ずっとマイル以下の距離を使われてきて、いきなり中距離戦に挑戦したのがあの天皇賞・秋だからね。それに速い上がりを使えな勝ったと言っても、実質上がり順位は4位だからね。全然悪くない。

編 あ、たしかに。

石 去年はマイル戦からの臨戦過程だったけど、今年は中距離戦を使ってきているからね。そういう慣れも含めて期待したいね。

編 わかりました。

石 続いてはサトノノブレスをチェック。

編 去年の菊花賞の2着馬ですよね。ただ前走(オールカマー16着)が物足りなくないですか?

石 あれだけイレ込んでたら走れないでしょ。それに使い込まれてボコボコした馬場も合わなかったんだろうね。陣営も言ってたけど、レースを見直しても全力で走っていないというか、走れていないからね。

編 でも道悪の菊花賞とか走ってますよね。

石 渋った馬場とボコボコの馬場とじゃ意味合いが全然違うから。単純に「馬場が悪い」ってひと言で片付けられちゃうことが多いんだけど。その菊花賞にしても、2走前の小倉記念にしても雨の影響で渋ってはいたけど、開幕から間がないレースで、馬場自体はキレイだったよね。

編 たしかに、そうでした。

石 それにね、2走前に小倉記念を勝っているけど、本来は小回り向きの馬じゃないよ、サトノノブレスは。

編 でもその小倉記念で石橋さんは本命に推してたじゃないですか。

石 あのメンツならね。それに瞬発力勝負のタイプでもないから、置いていかれる心配もなかったし。

編 じゃあ、この馬の適性はどこにあるんです?

石 京都の外回りコース。そして東京コース。札幌も合うと思う。距離は菊花賞2着という実績はあるけど、2000〜2400mくらいがベストだろうね。

編 その心は?

石 京都での良績からもわかるように、勝負どころで瞬時に加速できるタイプではなくて、徐々に加速していくタイプだよね。だからこそ小回りコースも合わないし、阪神とか中京のタフな急坂も合わない。坂を上ってから再度加速することができないからさ。中山なんかはまさに鬼門だろうね。

編 むしろ、この馬が走れるのは京都、東京、札幌だけみたいな感じですね。

石 うん、今のところはそうだろうね。将来的には、う〜ん、でもやっぱり京都で走るんだろうな。京都外回りは下り坂で加速できるし、札幌はずっとコーナーを回っているようなコースで、徐々にスピードをあげていくことができる。

編 で、肝心の東京は?

石 東京の坂って、厳しいように感じると思うけど、あれくらいの勾配でしかも直線も長いと、ほぼ平坦って考えちゃっていいんだよね。

編 へ〜、そうなんですか?

石 誤解のないように言っておくと、距離にもよるし、年齢にもよるからどのレースでも東京は平坦でOKというわけじゃないよ。たとえは1400m戦だったらけっこうキツイ坂となるし、2歳馬の2000m戦だとかなりタフな坂ではあるから。

編 あくまでも古馬の芝2000m戦だと、という意味ですね。

石 そう。だからちょっとエンジンのかかりの遅いサトノノブレスにとっては長い直線を利用して脚を伸ばせるし、平坦だからその脚もゴールまで十分に持つんだ。

編 なるほどね〜。

石 そういう意味では、同馬が自分に適した舞台で走るのは春の日経新春杯以来。合わない条件のG1でもそこそこ走れているように、能力はここに入ってもひけはとらない。大駆けの可能性は十分だよ。

編 おお、期待したいですね。

石 あとはダークシャドウ。

編 たしかに以前はこのレースで2着に好走してますけど、成績も安定しなくなってすでに7歳馬。そのあたりはどうなんでしょうね。

石 成績が安定していない理由は、余計なレースに出走させているのがひとつ。そしてジョッキーの乗りヘグリもある。まず合わない中山とか走らせちゃダメだし、出遅れがあったとはいえ、追い出すタイミングをはかれていないジョッキーも多すぎるよね。

編 たしかに脚を余して負けるパターンが目立ちますよね。

石 ある程度は脚質からも仕方ないと思えるんだけど、それにしてもねぇという競馬が多いんだよね。結果、マイル戦とか合わない距離に使われたりね。完全に歯車が狂ちゃった。このところの負けは全部敗因がはっきりしているんだよ。多すぎて話したくないけど(笑)。

編 ただ、今回は復活の兆しがあると。

石 復活の兆しというよりも、再度ベストの条件で普通に走ってくれば勝負になるからね。幸い、今の東京コースは差し馬も届く馬場だしね。前走の毎日王冠は出遅れて流れに乗れないままで終わっちゃったけど、ひと叩きされてピリッとしてくるでしょう。

編 なんかモタれてましたし、休み明けというのはあったでしょうね。

石 そのぶん上積みが期待できるよね。メンバー的にも同馬がいままで戦ってきた相手のほうが骨っぽかったし、この相手関係なら勝ち負けになるでしょ。

編 わかりました。現時点(この対談は月曜日に行われています)では、この3頭の穴馬に注目ということで。

石 そうね。最終結論はスポーツマスターの週末の勝負予想までお待ちいただければと。

編 東京芝2000mだと枠順も大きく影響しますしね。

石 ん〜、まあ、多少はね。それよりも今回は展開面への影響が大きいかな。ま、そのあたりも週末に。

編 はい、期待してます。

石 あ、ちなみに土曜日の重賞アルテミスSについてもVstyleさんのほうでお話ししますので、ぜひ参考にしていただければと。

編 え〜と、あっちは金曜日の夕方更新でしたっけ?

石 そう。対談は無料で読めますので、ぜひ。

編 至れり尽くせりですね(笑)。

石 当たればね(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、netkeiba.comの対談も無事に最終回を終えまして、ひとまずはお疲れ様でした。

石橋 武(以下、石) はい、お疲れさまでした。

編 とは言っても、来週以降もこのブログで対談を続けていくので、僕らとしては何も変わらないんですけどね(笑)。

石 まあね。こちらに引っ越しても大勢の方に見に来てもらえるように、クオリティーを上げていかないとね。

編 そうですね。その点も踏まえて、今週の対談で初めて対談の引っ越しを知ったという方もいらっしゃると思いますので、改めて皆さんに今後の予定をお伝えいただけますか?

石 そうだね。では改めて。まず、今までnetkeiba.comさんで連載していた日曜日の重賞に関するお話は、毎週木曜日の18時までにこのブログにアップします。内容も今までと変わりなく、穴馬3頭をピックアップ。もちろん無料でご覧いただきます。

編 ということです。

石 それともうひとつ。

編 あら? 何かありましたっけ?

石 ブログ再開記念ということで、先週と今週は土曜日の重賞についてもお話ししているんだけど、これを続けてほしいという声が寄せられていまして。

編 そりゃ、僕だって可能なら続けてほしいですけど、そんな時間あります? 勝負予想もあるのに。

石 そうなんだよね〜。でもせっかくのリクエストだしなぁ。どうしようかな〜と思ってたところに、Vstyle(ヴイスタイル)さんというサイトからいいタイミングでオファーがありまして。

編 時間は大丈夫なんですか?

石 うん、そちらの編集の方が木曜日の深夜に動いてくれるということで、時間の問題はクリアできそうなんだ。

編 へ〜、それは楽しみですね。ちなみにそちらの公開スケジュールも決まっているんですか?

石 え〜とね。金曜日の夕方から深夜にかけてのアップになるかと。ためしに今週はここで富士S、Vstyleさんでも土曜日の富士S以外のレースをアップしてもらうので、金曜日にでも一度遊びに行ってみて下さい。

編 ということは、今週は3レース分も石橋さんの話が聞けるんですね。

石 そうなるね。なんか申し訳ないけど(笑)。

編 なんでですか(笑)、かなりありがたいですよ。ちなみにVstyleさんのほうの対談も無料で読めるんですか?

石 ええ、そうなるように交渉してきました。

編 さすが!

石 そのほかVstyleさんでは有料コンテンツ(月額540円)もありますので、詳しくはサイトのほうで確認してみて下さい。

編 そうします。コンテンツが増えてきたので、ちょっと整理させて下さい。アップ時に配信内用の詳細も追記しておくので。以下のスケジュールで合ってますよね?

木曜日:このブログで日曜日の重賞について対談(無料)
金曜日:Vstyleで土曜日の重賞について対談(無料)
   :Vstyleの有料コンテンツあり(上記対談+各馬の印を掲載)
   :スポーツマスターで勝負予想配信(有料)
土曜日:Vstyleで有料コンテンツあり(日曜日の勝負予想から重賞以外の1レースをピックアップ。見解、印、買い目を配信)
   :スポーツマスターで勝負予想配信(有料)

編 こんな感じでしょうか?

石 はい、合ってます。

編 大忙しじゃないですか(笑)。

石 そうなんだよね(笑)。でもできるだけ皆さんのご希望に沿えるようにと考えた結果だし、今は楽しみのほうが大きいよ。

編 素晴らしい! 半年後もその意気を忘れないで下さいね(笑)。

石 キミじゃないんだから(笑)。もちろんクオリティーを下げることなく続けていきますよ。

編 楽しみにしてま〜す! それでは本日のお楽しみに参りましょう。土曜日に行われる富士Sの注目穴馬を教えていただければと。

石 そう、ここからが本題だったよね(笑)。

編 そうなんです。お願いします。

石 了解。まずはクラリティシチーに注目しておこうか。

編 前走はセントライト記念で11着。距離が影響したんでしょうか。

石 ん〜、それはなんとも言えないけど、今回東京芝1600mに替わるのは大きなプラスだよ。

編 たしかに東京コースでは【1 1 2 0】と大崩れなく走っていますよね。

石 そう、東京だと距離にかかわらず追走するのがラクなんだよね。反対に中山とか福島みたいな小回りコースだと1コーナーまでに置かれてしまって、早めにまくりぎみに仕掛けるという強気な、というかムチャな競馬になっちゃうという。

編 ああ、たしかに。

石 行き脚がつかない馬だから、スタートしてすぐコーナーだとどうしてもポジションを下げちゃうんだ。その点東京コース、とくに今回の東京芝1600mだと最初のコーナーまでの距離が長いから、そこまでポジションを下げなくて済むんだ。

編 なるほどね〜。

石 東京コースなら先行しても差してもちゃんと末脚を伸ばせる馬だし、鞍上が不安ではあるけど、普通にスムーズな競馬ができれば好走が期待できるよ。

編 続いてチェックするのは?

石 ミトラもいいね。

編 この馬も東京巧者で【3 1 0 1】という成績を残していますね。

石 そうね。以前はダートを走っていたこともあって(一本調子になりやすい)1400mタイプかなとも思っていたんだけど、東京マイルでの1600万特別(紅葉S)勝ちとか、前走の京成杯AHなんかを見てると、上手く緩急のある競馬にも対応していて、成長の跡がうかがえる。2走前の関屋記念は不利もあって大敗したけど、馬場のいい東京で好位からできる強みもあるし、大駆けが期待できるよ。

編 たしかに、前走も長い直線でヨーイドンの競馬になりましたけど、好位から脚を伸ばしてきましたよね。

石 今回はメンバー的にも中団から進めたい有力馬が多いだけに、展開面でも期待できるしね。要チェックだよ。

編 わかりました。

石 あとはシャイニープリンスもチェックしておこうか。

編 3走前に今回と同じ東京芝1600mの多摩川Sを勝って再昇級。すでにオープンの東風Sを勝っているように、能力的にはまったく問題ないですよね。

石 ないね。というか去年のこのレースの3着馬でもあるしね。

編 あ、そうか。

石 近走は展開が向かなかったり、不利をうけたりとイマイチ力を出し切れていないだけで、能力が足りない云々の話ではない。敗因ははっきりしているからね。

編 むしろ巻き返しが期待できると。

石 そうだね。

編 わかりました。では土曜日の富士Sはこの3頭の穴馬に注目ということで。さて、来週は天皇賞・秋ということですが、このレースを楽しみにしていたんですって?

石 まあ、どのレースも楽しみだけど、今年の天皇賞・秋は大混戦になりそうでしょ。

編 たしかに。凱旋門賞組の3頭が出てこないし、3歳馬の参戦もあるということで、力関係が把握しづらいですよね。

石 そう、そんなふうに思われてるんだよね。ただ、この夏からの一連の競馬を見ているとある程度の力関係の把握はできるはずなんだ。

編 じゃあ、石橋さんは?

石 もちろんできているつもり。来週はそのあたりも含めてお話しするので、また遊びに来ていただければと。

編 もちろんです。来週もよろしくおねがいします。というか、今週末もよろしくお願いします。Vstyleさんのほうも楽しみにしていますね。

石 はい。乞うご期待です!



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、なんか新鮮ですね。ひさびさにこの場に戻ってくると。

石橋 武(以下、石) たしかに。またここで長く続けていけるというのは、いいね。

編 そうですね。まあ、いろいろとあったようですが(詳細はnetkeiba.comをご覧下さい)、ブログ再開ということで!

石 いろいろはないけど、ま、クオリティーを落とさずにこっちで自由に話そうかなと。

編 僕らは石橋さんのお話が聞ければ、どこでもいいので(笑)。皆さんもブックマークをよろしくお願いしますね。

石 そう言っていただけると嬉しいよね、キミじゃなくて読者の方に(笑)。さて、ブログ再開ということで、簡単に今後の予定をお話しておきましょう。

編 お願いします!

石 まず本日はブログ再開記念ということで、今週の土曜日に行われる府中牝馬Sについてお話していきます。日曜日の秋華賞はnetkeiba.comさんのほうをご覧下さい。

編 はい。

石 で、来週の土曜日の富士Sもブログ再開記念第2弾ということで、こちらで公開します。

編 netkeiba.comさんは来週で最終回ですよね。

石 そう、菊花賞が最後。ですので、天皇賞・秋以降のG1をはじめとする日曜日の重賞のお話は、今後はこのブログで公開していくことになります。

編 毎週ですね?

石 そう、毎週。毎週木曜日の18時、今までのクオリティーを一切落とさず、内容も注目穴馬3頭をピックアップ、そして無料と何も変えずに続けていこうかと。

編 公開場所が変わるというこだけで。

石 そういうこと。

編 ちなみに富士S以降の土曜日の話は?

石 欲しがるね〜(笑)。実は土曜日の対談も本格的に始めようかと思っているんだ。せっかく再開記念と称して公開するんだから、そのまま続けてみようかなと思って。

編 おお、やった〜! 欲しがってみるもんだ(笑)。

石 詳しくは来週くらいにお伝えできるかなと。

編 わかりました。ではブログ再開記念第一弾ということで、府中牝馬Sの注目穴馬をお願いします!

石 了解。まずはスイートサルサをチェックしようか。

編 去年の3着馬ですもんね。

石 そうね。去年はスローペースで好位からの競馬になったんだけど、この馬のすごいところはどの位置からでも、脚を使えるというところ。

編 たしかに。後方から直線一気という競馬もあれば、2走前のようにハイペースを前で押し切る競馬もできるという。

石 前走は出遅れてまったく競馬をしなかったけど、もともと出遅れグセのある馬でもないし、前走のダメージがないぶん、かえって馬にとっては良かったかなと。道悪を走ったあとだったしね。

編 そうですね。

石 形のうえでは格上挑戦になるんだけど、実績、適性からも互角以上の戦いができるよ。期待大だね。

編 そうですね。

石 続いてチェックするのはアミカブルナンバー。

編 1400mのイメージしかないですけど、距離は大丈夫ですか? 1800mは初めてですよね。

石 まあ、そうくるわな。距離に関しては厳密に言うとやってみないとわからない部分はある。ただ、持つだろうなという根拠はあるよ。

編 その根拠を教えて下さい。

石 それは1400m巧者であるということ。

編 は?

石 スポーツマスターの勝負予想をご覧になっている方ならわかると思うんだけど、1400m戦っていうのは緩急がつきづらく、非常にタフな流れになりやすいんだ。

編 ええ。だから石橋さんはいつも「1400mはスペシャリストを狙え」って言ってますもんね。

石 そうそう。1400m巧者って、だから実際に走っている字面以上のスタミナの持ち主であることが多いんだ。

編 ああ、字面のうえでは1400mだけど、求められるのはそれ以上のスタミナという?

石 そうそう。それに1400mが非根幹距離だけに、(根幹距離の)1200mや1600mのレースより(非根幹距離の)1800mのほうが対応しやすいということもある。まあ、このあたりを詳しく説明しだしちゃうと、えらい時間が掛かっちゃうので「1400m巧者には1800m巧者の素質がある」って覚えておいてもらえばいいよ。

編 そうします(笑)。簡単に理解できそうもない(笑)。つまり、1400mを走っていれば、1800mはもつってことですね。

石 そういうこと。アミカブルナンバーは、1400mで重賞級の走りを見せているし、牝馬限定のここなら能力上位と言ってもいい。かなり楽しみな穴馬だよ。

編 なるほどね〜。

石 あとはオツウもチェック。

編 前走こそ大敗しちゃいましたけど、芝・ダに限らず大崩れしない馬ですよね。

石 そうだね。前走は大逃げを打って潰れてしまったけど、というかあのペースで行ってもつわけがないんだけど、本来は好位でも競馬ができるくらいの馬だからね。

編 そうですね。いろんな意味で前走はびっくりしましたけど。

石 過去の戦績からも1800m巧者なのは間違いないし、1000万特別を連勝してくるあたりは能力がなければできないこと。牝馬限定戦なら引き続き好勝負できるよ。

編 3歳時にはレッドオーヴァルあたりとも好勝負になっていた馬ですからね。ちょっと遠回りしましたけど、ここで一発決めてほしいですね。

石 うん、十分可能だと思う。

編 わかりました。では週末の勝負予想のほうも期待していますね。

石 今週末は楽しみだよね。秋華賞も高配当が狙えそうだし、うん、期待していただければと。

編 では来週もよろしくお願いします。ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR