FC2ブログ

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は日曜日の名古屋城S(3連単40,620円)なんかの的中もありましたけど、高松宮記念とか期待されたレースが不的中で……。

石橋 武(以下、石) ホントだよね。申し訳ないことです。

編 雪で日曜日の中山が火曜日になったというのも影響しましたかね。

石 いや、それはみんな同じ条件だからね。ただ、それよりも馬場を把握できなかったのが敗因。見解にも書いたと思うけど、火曜日の中山はもうちょっと回復すると見込んでいたし、反対に日曜日の阪神、中京はもっと雨の影響が残る馬場だと思っていたので。そこで馬の取捨選択を誤ったレースが多かった。

編 たしかに先週の馬場は難しかったですよね〜。中京も荒れて外差しになるかとおもいきや、結局は馬場の内を通った馬で決まりましたしね。

石 そうなんだよ。グランアレグリア以外はね。単勝二頭流としてはタワーオブロンドンが人気馬の本命だったわけだけど、あの馬場傾向で外を回っちゃうとさすがに厳しい。もちろん馬場がすべてではないけど、僕の予想のなかでは大切な要素のひとつなので、先週はそこが大きかったなと。

編 阪神は良のときと重のときで、全然馬場の傾向が変わりますね。

石 そう、来る馬が全然違うから。高速馬場から一気に超パワー馬場に変わるので。ただ、今週は中山、阪神ともに雨の心配はなさそうだし、どちらも今週からBコース替わり。馬場に関してそんなに気を使わなくていいというのは予想しやすいなと。

編 先週のぶんを一気に取り返せそうですね。

石 そうなるように頑張ります。

編 注目度の高いG1が続きますし、ぜひともよろしくお願いします。で、今週のG1は大阪杯ですね。12頭立てとちょっと寂しい頭数になっちゃいました。

石 そうなんだよね。勝負予想の買い目点数も思いっきり絞ってお届けする予定です。

編 そうなりますよね。人気も偏りそうだし。そんなレースですけど、穴馬っています?

石 人気になりそうな馬がほとんど差し馬という点では、やはり先行馬に魅力を感じるよね〜。ベタだけど。

編 まあ、そうなりますよね。

石 なかでもジナンボーには注目しておきたい。

編 前走、小倉大賞典で3着でした。

石 荒れた差し有利の馬場を先行して3着だったからね。強い競馬だったし、レース内容も評価できる。

編 新潟記念も追い込み馬が1、3着に走ってくる展開で、先行して2着に粘っていましたし。

石 そうそう。しかもクビ差負けしたのが、その後に天皇賞(秋)で4着、ジャパンCで5着と、G1でも好走したユーキャンスマイルだったからね。ハンデが54キロだったとはいえ、相当キツイ競馬を粘ったのはいいよね。

編 さすがに新潟だけあって時計も優秀でしたし、たしかに高速馬場、持続力が求められる内回りの競馬にぴったりのタイプですよね。

石 でしょ? 大阪杯は後半のラップが厳しくなるので、シュッと切れる3ハロンで33秒台を出すような末脚より、4ハロンで平均的に長く脚を使える馬のほうが合う。このレースも人気の差し馬が早めに動いてきて、ラスト5〜4ハロンのロングスパートが要求されるんだ。ジナンボーはハイペースで先行しつつ長く脚を使えるだけに、馬券圏内は十分にあり得る。気性の激しい馬だけに無観客というのもいいだろうし、注目しておきたい1頭だよ。

編 あとはどの馬がいいです?

石 う〜ん、なかなか難しいよね、このメンバーだと。能力差もあるしな〜。……ここは人気上位5頭の一言寸評をお伝えして逃げちゃおうかな(笑)。

編 そうですよね〜。そうしましょうか。じゃあ、内枠から、まずはブラストワンピースですかね。

石 東京のような速い上がりを要求されないというのはいいよね。中山と比較すると明らかに東京でのパフォーマンスは落ちるし、阪神内回りと中山で似たような適性が求められることを考えれば、評価すべき馬だよね。

編 でも去年のこのレースでは6着に負けていますよね。

石 去年はスローで、マイラー的資質が求められるレースになっちゃったからね。今年もその展開だと厳しいけど、まあ、ジナンボーがいる流れだからね。現時点ではその心配はしていないけどね。

編 では続いてワグネリアンですね。去年の3着馬です。

石 去年は枠順、展開に恵まれた感はあったかな。あれで外枠だったら届いていないだろうし、ハイペースだったら枠があだになっていただろうし、という意味で。少頭数でペースが速くなりそうな今年のほうがレースはしやすいと思う。

編 器用なタイプではないですからね。

石 そうだね。2000mは悪くはないけど、もうちょっと距離はほしいよね。ちょっと忙しい印象はある。そのあたりがどう出るかだね。

編 次はラッキーライラック。

石 条件は悪くはないですけど、これまで好走してきたレースは展開に恵まれた感があるのと、前走はこの馬向きの競馬ながら、ダノンキングリーに離されたのが気になるかな〜。

編 でも枠順はいいでしょうし、内回りの2000mという条件も合っているのでは?

石 だから悩ましい(笑)。ただ、前走からしても少なくともダノンキングリーを逆転するのは難しいと見ているけどね。

編 ではそのダノンキングリーは?

石 ダービーが相当強い競馬を見せたからね。かなり長く脚を使って勝ち馬との差を詰めているし、その後の競馬を見ても、能力はアタマひとつリードしているんじゃないかな。内回りなら内回りなりの競馬ができる馬だし、臨戦過程もいいしね。

編 じゃあ最後にクロノジェネシス。

石 外枠がどう出るかだな〜。包まれないというメリットになるのか、距離ロス&外差しというデメリットになるのか。この馬の良さは自在性と内からでも伸びてこられる点にあるんだけど、それを発揮できるかどうか。内回り自体は合わないことはない。

編 なるほど。話ぶりからはダノンキングリーがいちばん高評価で、ラッキーライラックにはあまり気がないのかなという印象でしたね。

石 ま、あとは土曜日の馬場傾向を確認したうえで、決めますので。

編 そうですね。来週の桜花賞はかなり自信がありそうなので、ここで軍資金を増やしておきましょう。よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------


編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏が新刊執筆のため、金曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも金曜日の24時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。
読者のみなさまをお待たせしてしまい、申し訳ありません。

なお、対談で取り上げるのは大阪杯(G1)。
枠順確定後の対談となります。
ぜひ、ご期待ください。

今週はスポーツマスターさんとの共同企画で、高松宮記念の注目穴馬はスポーツマスターの編集部通信〜3月27日号〜でお話しする予定です(枠順発表後の対談となります)。
金曜日の18時前後に公開される予定となっております。
どなたでも無料でご覧いただけますので、ぜひ参考になさって下さい。

また当ブログでは土曜日に行われる毎日杯の注目馬について公開致します(スポーツマスターの勝負予想で配信するかどうかは未定です)。
合わせて参考にしていただけますと幸いです。

【毎日杯】
毎日杯はスローからの上がり勝負となるレース。
単純に速い上がりを出せる馬を買えばOKというレースだ。
今年も良馬場であれば、アルジャンナ、サトノインプレッサ、ストーンリッジの上位人気3頭で決まりそうなレースだったが、阪神競馬場は金曜日から雨の予報が出ており、日曜日まで雨の影響が残りそうな雰囲気。
良馬場の阪神芝コースは高速馬場だが、雨で渋ると途端に超のつくパワフル馬場になるため、今年は例年と違い荒れる可能性も含めた馬をオススメしておく。

・アーヴィント
前走は道悪のダートで新馬勝ち。スローを先行した前走は抜群の手応えで先頭に並びかけ、ラスト1ハロンから追い出されると瞬時に反応。前へ前へと伸びるフットワークは明らかに芝向きで、時計勝負にならないパワーを要する馬場なら好走が期待できる。

・サトノインプレッサ
人気馬のなかでは道悪でも信頼を置けるタイプ。過去2走は道悪で2連勝しているが、良馬場ならさらに切れる馬でもある。道悪でも追い出してからの加速に手間取ることなく走れている点を評価。

・テイエムフローラ、アーニングフェイム
過去10年、牝馬の好走例はないが、そもそも牝馬が出走したのは2頭のみ。
テイエムフローラは新馬戦が強い内容。他馬が道悪で脚をなくしていくなか、この馬だけは後方からあっさり差し切った。追い出してからのスピードの乗りは良馬場でこそ活きてきそう。今後が楽しみな一頭。アーニングフェイムは大飛びで小回りは合わないが、上がりが速くなっても苦労しそうなタイプ。外回りの重賞ながら時計がかかるというなかなかレアな条件が揃いそうなこのレースで狙ってみたい。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログも対談ではなく、石橋氏より注目穴馬をお伝えする形で配信させていただきます。
先週に引き続き、新刊執筆、そして3日間開催も重なっており、その旨ご了承いただけますと幸いです。
「その代わりと言ってはなんですが、週末の重賞3レースの注目穴馬をお伝えします。」とのことで、本日は金曜日に行われるフラワーCの注目穴馬を公開致します。
日曜日に行われるスプリングS、阪神大賞典の注目穴馬は土曜日の20時までに更新致します。

先週は公式ブログで推奨したナイントゥファイブ(12人気3着)もあり、フィリーズレビューは3連単11万馬券を的中。そのほか高配当的中が目白押しでしたが、その模様はスポーツマスターの編集部通信さんが全レース振り返ってくださっています。
どなたでも無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

それではフラワーCの注目馬をお伝え致します。



■フラワーC(G3)
フラワーCが行われる中山芝1800mは、この時期の3歳牝馬にとってはかなりタフな条件。それだけに前半はスローで流れることが多いが、レース中頃から徐々にペースアップし、後半はハイペースの凌ぎ合いとなる。牝馬らしい一瞬の切れでは脚がもたず、ラスト800mを脚を伸ばし続けられるようなタイプがベスト。よく勝負予想の見解でもお伝えしている”切れなくともバテない末脚”が合うレース。
そこで注目は、前走、スタートで後手を踏みながらも向正面で先団にとりついてそのまま脚を伸ばしたポレンティア。前走、外差しが圧倒的に有利だった小倉の荒れ馬場を強気に押し上げて楽勝したキングスタイル。そして小回りへの対応と、ダラっとしたロングスパートが期待できそうなアブレイズの3頭。



■阪神大賞典(G2)
近年は少頭数が続き、出走メンバーの質も低下傾向にあり、天皇賞(春)の前哨戦と呼ぶには物足りないレースとなっている。またレベルの低下も相まって道中のペースは緩み、極端に言えば2400mの助走+600mの上がり勝負となっている。ただし今年はG1レベルの先行馬キセキが出走し、キセキ自身スパッと切れる脚を使えないために、後半1000mからペースアップ。ラスト800mのロングスパート合戦という展開が見込まれ、このレースとしては久々に長距離戦らしい消耗戦が見られそうだ。
となれば、注目穴馬はタイセイトレイル。一瞬で加速できるタイプではないだけに【4 4 4 11】と勝ち味の遅さが目立つが、上がりのかかる競馬でのロングスパートなら同馬の息の長い末脚が活きてくる。前走は前が止まらない馬場に苦戦したものの、徐々にポジションを上げていく流れできっちり脚は使っており、巻き返しは可能。
もう1頭はトーセンカンビーナ。こちらは近4走すべてで上がり最速をマークしているが、いずれもスローペースを後方に構えていただけで、それ自体に価値は置かないほうがいい。ただ、前走は京都外回りのスローで4コーナー手前の下りから仕掛けて上がりのかかる競馬を制した。京都の下りはお世辞にも上手いとは言えず、その点、今回の阪神替わりもプラス材料。昨春の青葉賞当時と比べると、ようやく能力に馬体が追いついてきた印象で、このメンバーに入っても好走が期待できる。



■スプリングS(G2)
ヴェルトライゼンデの能力が抜けており、先を見据えた仕上げという点で付け入る隙があれば、というレース。シルバーエースのハイペースでの先行に期待したい。2走前の競馬ができれば理想的で、阪神外回りより中山のほうが競馬はしやすいはず。そのハイペースに乗じてタフな流れでこそのココロノトウダイが走ってくれば。人気の一角サクセッションは(同世代で走る)現状は2000mまでならこなせるだろうが、将来的には1400mで活躍しそうな雰囲気。コーナー4つの1周コースは合わない気もする。ファルコニアは阪神大賞典で推したトーセンカンビーナの全弟。普通に考えれば完成はまだまだ先。ここで走るようだと、将来の伸びしろ的に不安。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週は石橋氏が新刊執筆で多忙のため、対談は見送ることになりました。
石橋氏もギリギリまで調整してくださったのですが、編集部の判断が遅れてしまい、結果的に読者のみなさまにお伝えするのが遅くなってしまいました。誠に申し訳ありません。
今週は対談の代わりに、石橋氏自身が非常に楽しみというフィリーズレビューの見解と現時点での注目穴馬をお伝えいたします。


フィリーズレビュー(G2)

阪神芝1400mで行われるフィリーズレビューは、1400mらしい上がりのかかる競馬になりがち。近5年もメンバー中上位の上がりを使っている馬が上位に走ってきているものの、5年の最速でも上がり3ハロンは34.4秒だ。勝負予想の見解でもしばしばお伝えしているが、基本的に1400mは芝・ダを問わずペースの速い一本調子の流れになりやすい(東京芝1400m、京都芝1400m外は当てはまらない。また、もちろん出走メンバーにもよる)。脚を溜めて一気に加速するようなタイプでは脚をなし崩しに使わされて、末脚不発に陥りやすいのもこの距離だ。
この距離で必要とされるのは、ハイペースを押し切る持続力。特に最近の阪神芝コースはかなりの高速馬場となるため、スピードの絶対値とそれを持続する能力が要求される。
今週末は土曜日に雨の予報が出ているが、降水量はさほどでもなさそうで、日曜日は良馬場。となれば、例年通りに上記に合う下記の3頭を穴馬として推しておく。
いずれも近走で、上がりのかかるコース(レース)でメンバー中上位の上がりをマークしており、切れないがバテないというタイプ。桜花賞とは真逆とも言える適性だが、フィリーズレビューには合うタイプだ。

・メルテッドハニー
・ナイントゥファイブ
・ケープコッド




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------


プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR