『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週のコラムはお休みをいただいたわけですが、その間にとんでもないことが起きまして……。

石橋 武(以下、石) 何があったの?

編 ほら、20万馬券的中とレパードSの◎ローズプリンスダム(11人気1着)ですよ。

石 ああ、それね。キミがクビにでもなったのかと思ったわ。

編 なんでですか(苦笑)。

石 でも先々週の話をされてもあまりピンと来ないよね。もう終わった話なわけで。

編 忘れるのが早すぎるわ! たしかに石橋さんからしてみれば20万馬券なんて珍しくもないんでしょうけど。

石 でもそう言えば、札幌じゃなくて新潟だったね。珍しく(笑)。

編 たしかに(笑)。洋芝での高配当的中が続いていましたけど、先々週の20万馬券は新潟芝1600mだし、レパードSは新潟ダ1800m。もっと言うと、先週の5万馬券的中は小倉ダ1700m。バラバラ(笑)。

石 本来、そんな感じでしょう。キミが勝手に洋芝の短距離だ〜とか騒いでいただけで(笑)。

編 いやいや、実際、洋芝の短距離スゲ〜し! めっちゃ当たってるし!

石 はいはい、ありがとうございます。まあ、勝負予想はギリギリのところまで考えているので、条件に関わらずどのレースにもご注目いただければと。

編 それにしても驚いたのがレパードSですよね〜。本命◎ローズプリンスダムで来るとは思わなかった。

石 あ〜、なんか2週間前のレースだし、それスポーツマスターさんで取り上げてくれていると思うので、もうその話はいいかなと。

編 え〜。めっちゃ楽しみだったのに〜。

石 というわけで、北九州記念ね。

編 いいですよ。スポーツマスターさんの編集部通信を読むから。

石 だから最初からそうしろと。はい、切り替えて北九州記念ね。

編 はいはい。フルゲートの短距離ハンデ戦で、これまた石橋さんが好きそうなレースですね。

石 だからそうやって条件を限定するなという話をしたばかりだろ。……まあ、好きだけれども(笑)。

編 ほら〜(笑)。期待できそうじゃないですか。じゃあ、さっそく現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはトウカイセンス。

編 え、トウカイセンス。意外で、たしかに穴っぽいですけど、オープンに昇級後はあまりいい競馬ができていないですよね。

石 まあね。だからこそ狙いどころでもあるんだけど。

編 でもどのあたりを評価したんですか?

石 オープンに昇級緒戦カーバンクルSなんだ。着順的には8着だったんだけど、外々を回されながらも脚を伸ばして、勝ち馬からたったの0.3差。これは高く評価できる。

編 ああ、あのレースな〜。たしかに。そもそも中山での好走が多いですよね。2走前もなんだかんだと好内容ですよね。

石 そうそう。前残りの展開で差を詰め切れなかったけど、脚は使ってるよね。で、前走のバーデンバーデンCの4着。福島はスパイラルカーブを採用していて、小倉に近いんだけど、やっぱり差し・追い込み馬にとっては走りやすいよね。これって、中山もそうで、中山芝1200mは外回りコースを使用して、スピードを落とさずに直線に入って、急坂、そしてゴールという流れ。

編 そうですね。だから持続力が求められるという。

石 そうそう。つまりトウカイセンスは持続力を求められるコース・展開で好走できるということ。

編 スパイラルカーブも持続力勝負になりやすいと言ってましたもんね。

石 そうそう。だから小倉では2戦1勝1連対というのも頷けるし、前走の好走もわかる。

編 そして今回もまた小倉ですね。

石 そうね。北九州記念は開催時期もあって、毎年のように差し馬が穴をあけるレースだし、トウカイセンスみたいなタイプにぴったり。前走は休み明けでプラス20キロ。それであの善戦だからね。ひと叩きされた今回は大きな上積みもあるからね。実際、調教は抜群だし。

編 しかも52キロですからね〜。期待できそうです。

石 あとの2頭も差し馬から。ラヴァーズポイントとプレイズエターナル。プレイズエターナルは出遅れグセがあるけど、それが気にならないコースだからね。

編 小倉では馬券圏内を外したことがないですしね。

石 そうね。ラヴァーズポイントは最内枠がどうかだけど、前につける競馬もできるし、今の小倉は4コーナーでバラけるから。人気もないだろうし、一発狙うならこういう馬はアリだよね。

編 なるほど。では現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 そうね。人気馬でちょっと危なそうな馬もいるし、高配当狙いで勝負だね。

編 はい、よろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は北九州記念を予定しております。
また、石橋氏より枠順を確認してからお話ししたいとの申し出を受け、金曜日の更新とさせていただきます。
金曜日中には公開致しますので、今しばらくお待ち下さい。
今週末も、ぜひご期待下さい。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、今週は小倉記念、去年の◎クランモンタナ(11人気1着)的中で、えらい話題になったレースですよね。

石橋 武(以下、石) 古い話を(笑)。今年は今年でまた状況が変わってくるからね。台風の影響で馬場がどうなるかわからないし、各馬の能力も変わってくる。出走メンバーが違えば展開も違うし。

編 でもコースが変わらない限り、求められる適性は同じですよね。

石 馬場で多少変わるけど、まあ、基本的には同じだよね。

編 だったら問題ないですよ。今年も期待できます。石橋さん、小倉芝2000mでどういう適性が求められるかわかってるんですから。

石 誰も問題があるなんて言ってないから(笑)。

編 あ、そうか(笑)。まあ、自信を持って予想してください。

石 お前が言うな(笑)。言われなくても自信はあるわ!

編 そうですよね。あ、そういえば今週はスポーツマスターさんでもかなりしゃべってましたよね。

石 あ、そうそう。先週の全レース振り返りとか、これやりたくなかったけど(苦笑)、あとはUHB賞とHBC賞の注目穴馬なんかをベラベラと話しているので、ご覧いただければと。編集部通信はどなたも無料で読めますので。

編 ペラペラ(笑)。まあ、よく話していましたね。それにしてもやっぱり皆さん北海道シリーズの短距離戦には注目されているようですね。

石 う〜ん、複雑(笑)。それ以外でもいいレースはあるんだけど。

編 まあ、40万馬券とか、函館2歳Sの17万馬券的中とか、派手な配当が続いていますし、実際、的中率がハンパないですからね。予想家さんにとっては嬉しいことだと思いますよ。

石 まあ、そうだよね。意気に感じてがんばりますか。

編 はい、今週末も高配当をビシッとお願いします。ということで、小倉記念ですね。今年もクランモンタナが出走してきますが(笑)。

石 現段階での評価はちょっと難しいわ。馬場がグシャグシャんある可能性もあるじゃない? 台風の影響で。そうなると浮上の目があるんだよね。ちょっと保留。

編 まあ、そうですよね。

石 ちなみにこれからお伝えする2頭も重馬場予想で挙げさせていただくので、その点はご了承いただければと。

編 もちろんです。それくらい決めてかかっちゃっていいと思いますよ。週末に最終結論を出してもらえればいいので。あくまで現時点というのは、皆さんにもご理解いただいていると思います。

石 じゃあ、変更の可能性もあるということでよろしくお願いします。

編 で、その2頭とは?

石 ヴォージュとタツゴウゲキ。

編 おお、意外。ともに前走七夕賞組か。どのあたりを評価したんです?

石 ヴォージュのほうは七夕賞で9着に大負けしたんだけど、あれは完全に前を追いかけすぎでしょ。もともとスローからミドルペースで先行、そこから長い脚を使って押し切るというタイプなんだけど、前走は暴走ぎみに逃げたマルターズアポジーを追いかけて自滅。いったいなんだったんだという競馬だったんだけど、今回はまずその競馬はない。それに小倉は去年のクランモンタナもそうだったように、急加速に弱い馬にとってはその弱点をカバーしてくれるコースなんだ。スパイラルカーブでコーナーで急に減速する必要がないから、3コーナー過ぎから加速しつつ、最後の直線に入ることができる。

編 しかも直線が平坦だから最後までスピードが落ちないわけですよね。

石 素晴らしい。その通りだよ。パンパンの良馬場で時計が速くなると不安もあるけど、遅いぶんには道悪になっても問題なし。道悪で他馬がマクッてきづらくなるなら、よりチャンスが広がるよね。

編 なるほどね〜。ちなみに良馬場だとマクリが多くなるんですか?

石 良馬場だからというわけではないけど、このレースって開幕週近くのレースのわりに追い込み馬がけっこう馬券に絡むでしょ?

編 ええ。

石 これって。前を意識して早めにマクる、早めに仕掛ける馬が多くて、その結果後半がかなり厳しい流れになって差しが届くという。

編 そういうことか。で、タツゴウゲキのほうは?

石 こちらは前走がもったいない競馬でね。ハイペースを先行していたんだけど、バテた馬が一気に下がってきて、それに巻き込まれるという……。スムーズだったら馬券に絡んでいたかはさておき、あのハイペースをラクに追走して余裕があったからね。実際、一旦後方まで下がっても最後は盛り返してきたわけで。

編 そうですよね。

石 この馬も時計勝負には不安があるけど、というか弱いけど、時計がかかるなら52キロのハンデも含めて好走が期待できるよ。

編 わかりました。ではこの2頭に注目しておきつつ、あとは週末のお天気ですね。そのあたりも判断をよろしくお願いしますね。

石 もちろん。あと、せっかくあれだけしゃべったので、スポーツマスターの編集部通信も見てやってください。

編 よろしくお願いします。僕もちょっとだけ登場します。

石 それはどうでもいい(笑)。

編 たしかに(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は函館2歳Sを見事に的中ですよ、ありがとうございます! この公式ブログでもオススメした穴馬ウインジェルベーラがなんと12番人気2着に激走しましたからね。あれはビビった(笑)。

石橋 武(以下、石) やっぱり函館2歳Sは、逃げて勝った馬じゃなくて先行、差して勝ってきた馬を狙うのが定石なんだよね。

編 ああ、この前も言ってましたね。馬場の問題です?

石 まあ、そうね。馬場のいい(開催の)早いうちはどうしても逃げた馬にアドバンテージがあるから。スムーズに逃げると着差がついたり、強そうに見えるんだよね。でもその勝ち方を鵜呑みにしちゃダメという。

編 ああ、たしかに。

石 ポンとマイペースで逃げちゃえると、プレッシャーもかからず実力を出せるんだよね。そういう展開的な有利さもあるし。要はラクな競馬をしている馬が多いということだよね。逆に言えば、逃げずに勝った馬は、不利な展開だったり、プレッシャーだったりをはねのけて勝ったということだよね。

編 それに開催が進んで荒れた馬場も味方すると。

石 そういうこと。差せる馬場になってくるからね。

編 なるほど〜。来年まで覚えておこうっと。しっかし、石橋さん、洋芝の短距離はホント高配当を当ててきますよね。函館開催だけでも42万だ、8万だ、ほかにも色々当たって、で、開催最終日にとどめの17万馬券。どんだけ当てるんですか(笑)。

石 まだまだ札幌もあるから……。というか、あれくらいをとどめにしないでいただきたい(苦笑)。

編 あれくらいって、17万馬券だっつーの(笑)。まあ、でも頼もしいですよ。でも洋芝で、なんでこんなに当ててくるんですか?

石 スピードだけではなくてパワーも必要なんだけど、そのバランスと持続力。他場みたいに軽いスピード一辺倒で通用するわけじゃないし、同じ洋芝といっても函館と札幌ではちょっと狙いが変わってくるしな〜。いきなりなんでと聞かれるとちょっと困るね(笑)。あ、でも来週のスポーツマスターさんの編集部通信に呼ばれているんだよね。そこで洋芝の短距離戦について聞きたいってオーダーされているから、それまでにまとめておくよ(笑)。

編 お願いします(笑)! じゃあ、ここでは新潟の短距離戦についてお聞きしましょうか。

石 アイビスSDね。さっそく始めますか。

編 お願いします。石橋さん、現時点、といってももう枠も出ていますけど(笑)、どの穴馬に注目しています?

石 まずはレジーナフォルテ。初勝利がこのコースだよね。

編 そうですね。去年の夏。今回はそれ以来の出走となりますけど。

石 1年ぶりの千直だから、みんな忘れてないかなと思って(笑)。

編 それはないでしょうけど(笑)、適性は高いということですよね。

石 もちろん。勝ったときもハナに行って、メンバー中最速の上がり。相当適性は高いよ。陣営もここに使いたくてしょうがなかったんじゃないかな、たぶん。それくらい走れる。1200mで2勝を上げているけど、(向いている)条件はこっちだろうね。

編 斤量もいいし。

石 そう、51キロはいいね。枠もいいところに入ったし。……けっこう人気かな。

編 かもしれません(笑)。ま、いいでしょう。あと2頭は?

石 レヴァンテライオンとラインスピリット。レヴァンテライオンのほうは、函館2歳S以来凡走続きだけど、ラクに前に行ける馬だし、途中でレースをやめているところもあるから、この距離短縮がカンフル剤になるかなと。

編 適性もあるんですか?

石 あると思うよ。去年の函館2歳Sを勝ったときがそうだったけど、緩急がつく競馬より、スピードというか持続力で押し切りたい馬だからね。この条件はいい。

編 ラインスピリットは?

石 一本調子なタイプだからね。アクセルを踏みっぱなしで走れるこの条件はいいよね。実際、一度この条件で走ったときは強い勝ち方をしてたしね。

編 たしかに。

石 新潟芝1000mって、すごく特殊な条件でしょ? JRAでは唯一の直線コースで。

編 そうですね。

石 だからいままで凡走続きだった馬がいきなり巻き返したりするんだ。こういう特殊コースに合う持つ馬が走るから。

編 なるほどね〜。じゃあ、現時点ではこの3頭に注目ということで。このあとの勝負予想でお願いしますね。

石 はいはい。土曜日の勝負予想で閃光特別を配信しているんだけど、その結果も踏まえて予想するので乞うご期待。

編 ですね。ではこのあと、よろしくお願いします。お忙しいところありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは、アイビスSDを予定しております。
枠順が大きく勝敗を左右するレースですので、石橋氏より対談を枠順確定後に行いたい旨、連絡がございました。
対談は早ければ金曜日の夕方、遅くとも土曜日の夕方に行う予定となっております。
それにともない、公式ブログの更新を延期させていただきます。
遅くとも土曜日中には更新致しますので、今しばらくお待ち下さい。

先週も函館2歳Sで17万馬券を的中するなど、短距離戦で荒稼ぎ中の石橋氏ですので、楽しみにお待ち下さい。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR