編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏のスケジュールの都合により、土曜日の午前7時までの更新とさせていただきます。
毎週、毎週、更新がずれてしまい、申し訳ありません。
石橋氏も心苦しく思っているところですが、少しでもお役に立てる内容でお伝えしたいとのことですので、どうかご理解いただけますと幸いです。
お送りするのは対談となった場合は、オールカマーについて。
先週同様、見解のみとなってしまった場合は、オールカマー、神戸新聞杯の両重賞を取り上げます。
公開までお待ち下さい。

なお、来週の公式ブログでは、スポーツマスターさんとの合同企画としまして、スプリンターズSについてのお話をお送りする予定です。ぜひ、ご期待ください。


編集部からのお知らせ
今週は3日間開催ということもあり、石橋氏より対談を行うのが難しいとの連絡を受けました。
週中にもお伝えした通り、代わりにローズS(G2)、セントライト記念(G2)の穴馬の見解をお伝え致します。ご了承ください。


ローズS(G2)

メイズオブオナー
同馬はダート戦で勝ち上がってきたが、本質的には芝馬。実際、前走では最後の直線半ばまで前が詰まりながらも、前があくやいなや瞬時に加速。あっという間に先行各馬を差し切った。未勝利脱出まで10戦を要した馬とは思えない楽勝ぶりだった。その前走が休み明けでプラス14キロと馬体的に成長したのも大きく、ようやく本来の力を発揮できる身体になったのだろう。未勝利時代に戦ってきた相手を考えればこのメンバーでも気後れは不要。重馬場も得意なタイプで、馬場も味方に勝ち負けまで期待できる。

ミリッサ
同馬はもともと能力を高く評価されており、前走で古馬相手の1000万特別をレコード勝ちしたのも驚くことではない。実際、チューリップ賞でも今回人気のリスグラシューに僅差にまで詰め寄った実績がある。前走、長すぎる中京の直線でメンバー中最速の上がりをマークしているように、タフなコースで長く脚を使えており、外回りの阪神芝1800mでもその強みを大いに発揮できる。どちらかと言えば火曜日に延期になってくれたほうがありがたいタイプの馬だが、注目すべき一頭と言える。



セントライト記念(G2)

サーレンブラント
サンシロウ
どちらも前走で新潟の長い直線で脚を伸ばして好走。中山芝2200mは外回りコースを使用するために長く伸びる脚が必要となるうえに、月曜日の中山はおそらく重馬場。どの馬も末脚勝負が使えないとなると道中のラップが緩まずにいつも以上の持続力勝負になりがち。そこで強みを発揮するのが、2頭の前走のような息の長い末脚。
また、サンシロウのほうはダートで勝ち上がってきたが、これもローズSのメイズオブオナーと同様に体質的な弱さがあっただけ。本来は芝向きの馬で、メイズ同様に前走の楽勝ぶりがそれを証明している。
正直なところ、セントライト記念はある2頭のワンツーとなる可能性が高いと考えているが、3着に入ってくるのはこの2頭のようなタイプだろう。



編集部からのお知らせ

今週は3日間開催となります。
配信レース数が通常より増えること、また台風の影響を受ける可能性もあり、石橋氏のスケジュールを調整中です。
対談が行われる場合はセントライト記念を取り上げる予定ですが、時間の調整がつかずに穴馬の見解のみをお伝えする形になる可能性もございます。
その場合はローズS、セントライト記念の両重賞の穴馬をピックアップしてお伝えいたします。
また、公開は土曜日の夕方〜日曜日の朝にかけて、遅くとも日曜日の午前7時までには更新しますので、その点につきましてもご了承ください(台風の影響も考えられますが、いずれにせよその時間までにはなにかしら発信致します)。


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、夏競馬はお疲れさまでした。40万馬券から新潟記念の大外れまで色々とありましたね。

石橋 武(以下、石) 新潟記念な〜(苦笑)。すべての読みの逆に行き過ぎて、悔しくもなんともないレースだったわ。

編 それはもう見事な外れっぷりで(笑)。

石 展開から違ってたので、外れて当然。あれで当たってたほうが怖いわ。

編 悔しいという意味では小倉2歳Sのほうが?

石 小倉2歳と札幌2歳、両方とも。本命馬がともに2着という不完全燃焼さだからね。

編 そうでしたね。札幌がファストアプローチ(4人気2着)で、小倉がアイアンクロー(5人気2着)。ただ、すごいなと思ったのが、ここまで2歳重賞は4つありましたけど、そのうち3戦で本命馬が好走しているんですよね。

石 新潟がダメだったからね。

編 函館は◎カシアス(1人気1着)完勝で3連単17万5,020円的中。で、新潟2歳を外して、先週の札幌と小倉(ともに本命馬が2着)ですね。やっぱり得意なんですか?

石 得意というか、獲りやすいんだよね。函館2歳のときにも言ったけど、
逃げて勝った馬を信用しないとか、そういうのが通じるから。

編 それ、他のレースでも通じるんですか?

石 短距離の小倉には同じことが言える。特に小倉は馬場が荒れるから、より外差しの傾向になるね。って、3連単も獲れないやつがなに言ってんだってなるからやめようか(笑)。

編 いや、予想の難しい2歳重賞で、この本命馬の精度はすごいですよ、マジで。でももう終わった話だし、いいか(笑)。

石 いいよ。いいよ。秋競馬の話をしよう。

編 どうですか、秋は?

石 質問がざっくりしすぎて答えられないわ(笑)。まあ、今週ということに限って話すと、紫苑S、京成杯AH、セントウルSはメンバー的にも注目のレースだよね。

編 秋華賞トライアルに、重賞ですからね。

石 それもあるけど、メンバー的にひとクセもふたクセもあるタイプがけっこう出走してくるんだよね。紫苑Sなんかも人気しそうな実績馬が何頭か出ているけど、ちょっと危ないんじゃない?という感じもするし。

編 お〜、荒れそうな感じですね。

石 荒れるかどうかはまだわからないけど、危ない人気馬がいるのはたしか。京成杯AHだって、枠と馬場を見たいけど、いかにも荒れそうなメンバーが集まったよね。

編 ですよね。

石 まだ競馬ファンの間では、開幕週だし中山マイルだから内枠の先行馬を狙おうという意識が強いんだよね。でも実際は違う。エアレーション、シャタリングの影響で、開幕週から差せる馬場になるのが今の中山だし、外枠に関しても、逃げ、先行馬以外はさほど不利じゃない。

編 たしかに石橋さんは去年? 一昨年くらいからでしたっけ? それを勝負予想の見解で書いていますよね。

石 まだ一般のファンは知らない人も多いからね。

編 石橋さんの予想を読んでいる人は、もうバッチリでしょうけどね。セントウルSはどうです?

石 堅く収まる可能性があるとしたらこれかなと。先行力、持続力に秀で得たタイプを買えばいいから。あとは夏場に使ってきた馬と、休養してきた馬との兼ね合いだよね、この時期は。個体差もあるけど、そのあたりの見極めがポイントになるかな。今年の夏は比較的涼しかったし、使ってきた馬のなかにもまだへたってないのが多そうだし。

編 となると、堅い可能性が高くなりますよね。近走頑張って、今回もいいわけですから。

石 そうなんだよね。ま、いずれにしても週末の勝負予想をお待ちいただければと。

編 そうですね。って、ならないから。ちゃんと週末の注目穴馬を教えてもらいますから。

石 あ、やっぱり(笑)? じゃあ、京成杯AHでいいかな?

編 もちろんです。石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 さっき言ったように中山は開幕週から差しが効く馬場になっていると思うんだ。で、枠順も出ていない現時点でお話しできるのは(枠の有利不利が少ない)差し馬なので、ガリバルディとダイワリベラルを挙げておこうかな。

編 たしかにどちらも差して好成績を挙げていますよね。

石 ガリバルディが好走するひとつ目のポイントはとにかく直線の長いコースということ。中京記念がいい例だね。

編 じゃあ、全然違うじゃないですか。今回は中山マイルですよ。

石 慌てるなって。で、もうひとつが長く脚を使わされるレースに強いということ。2走前の大阪城Sがそんなレースで、緩い流れから後続馬が早めに進出していって追い比べになったんだ。勝ち切れなかったけど、ああいう長く脚を使うレースは得意だよね。メンバー中最速の上がりをマークして。

編 今回はそのパターンになると。

石 先行馬が揃っているし、流れは速くなると思うんだ。中山は3コーナーからずっと下って、後半のラップが速くなりやすいタフなコースで、他馬がバテるような流れで脚を伸ばしてくるガリバルディにはもってこい。できれば外枠がほしいね。

編 ダイワリベラルは去年のこのレースで4着に善戦しているんですよね。

石 そうね。もともと中山芝コースで【4 3 3 5】と好成績を挙げている、典型的な中山巧者。加えて、トリッキーな中山マイルで前に行く競馬も後ろからの競馬も両方できるのも心強いね。

編 たしかに。去年のこのレースは差して4着。3走前の東風Sは逃げて2着と、どんな競馬もできますね。

石 今回はメンバー構成からも差しに回ると思うけど、まさかの最内枠なんかに入ったときは出していかざるを得ないこともある。それに対応できるのは強みだよね。

編 じゃあ、現時点ではこの2頭に注目ということですね。

石 はい、いつもより1頭少ないけど、ちょっと枠は見ておきたいので。

編 そこをなんとかと言ったら?

石 ミッキージョイ。でも枠次第かな。これは参考までに。

編 言うんだ(笑)。うれしいけど。2頭プラス参考までにミッキージョイということで承りました。では石橋さん、秋競馬のスタート、ばっちり決めてくださいね! よろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は土曜日、日曜日にそれぞれ超大万馬券に2本も肉薄するという、なんとも香ばしい競馬でしたね〜。

石橋 武(以下、石) あれな〜。結果からすれば“肉薄”は言い過ぎなんだけど(笑)。ちょっとタラレバというか、証明しようがないことを言っていい? もう聞き流してくれればそれでいいので。

編 どうぞどうぞ。

石 日曜日の五頭連峰特別の2着馬マイネルディアベル(16人気)、結果的に無印だったんだけど、途中まで相手に入れてたんだよね……。

編 マジか!?

石 惜しかったとか言いたいわけじゃなくて、このまぬけさを笑ってほしいんだけど。

編 ホントまぬけだわ……。

石 なんかキミが言うとイラッとするけど(笑)、ほんとバカだよな〜と。

編 だって、3連単の配当680万ですよ(笑)。もう笑うしかないというか、本当にまぬけというか、バカーっというか。もう! しかもこれまた難しかった本命◎メイショウオワラ(7人気)が1着、3着も△ペルソナリテ(8人気)でばっちりだったのに〜。

石 もう、皆さんに申し訳なくて。まあ、結果から言えば2着が抜けたわけだし、似たような適性のアイリーグレイを穴馬の本命に選んでいるわけで、変な言い方だけど悔いはないというか、ん〜、なんというか、悔しくはないんだけど。

編 いや、悔いろよ、そこは。あ、すみません。つい(笑)。

石 最終的に納得して切ったから。来るとしたらアイリーのほうが先と思っちゃって。

編 せっかく単勝17.9倍の◎メイショウオワラが完璧だったというのに。しかもこの単勝7番人気馬を人気馬の本命で選ぶという(笑)。

石 アイリーグレイより人気だったから。

編 それにしても、よ(笑)。まあ、実際に上位人気組はことごとく凡走しちゃってるんですけどね。

石 これは獲ったら自慢できてたけどな。

編 自慢しまくりますよ、こんな馬券。もはやWIN5の配当だわ。680万とか。それと土曜日の釜山Sもですよ。

石 あ〜、話す順番間違えた(笑)。こっちから話さないと配当がしょぼく感じる(笑)。

編 たしかに(笑)。こちらも◎ナムラアラシ(4人気1着)は完璧。2着の伏兵馬△クリノリーソクツモ(10人気)もちゃんと評価して、本当によく評価したと思いますよ、一気の距離延長でしたし、凡走続きでしたし。

石 で、こちらは3着のクールオープニング(16人気)が抜けるという。先週は16番人気にやられた週だったな〜。

編 なに余裕かまして振り返ってるんですか。こっちも3連単で89万円ついてたんですよ!? もうちょっと悔しがるとかあるでしょ?

石 まあ、これくらいの配当はよくあるから。

編 まあ、石橋さんはそうでしょうけど! だから実際、90万だ、100万だの馬券も近いなと実感できるんですけど、これ、僕にとっては大騒ぎ案件で、馬券仲間とこれを肴に3時間飲んでますよ。

石 飲み過ぎだろ。

編 いや、そっちじゃなくて……(笑)。

石 まあ、とにかく勝負予想をご覧いただいた方には申し訳なかったなと。

編 謝ることはないですけどね。土日で単勝プラス収支ですし、スポーツマスターさんのほうにもお礼のメールとかすげ〜みたいなお声は多かったって聞いてますよ。それにこういう流れのときは次の週に特大万馬券が出るというのが石橋さんの法則ですから。

石 そうなの(笑)? じゃあ、今週は楽しみだね。

編 他人事か(笑)。とにかく、680万円とは言いませんけど、皆さんが納得のいく配当を期待してますからね!

石 わかったよ。で、今週はどのレースを取り上げるって? 

編 あ、そういえば、先週のこのブログで取り上げたキーンランドC、エポワス(12人気1着)、ナックビーナス(5人気3着)と、名前を挙げた2頭がともに馬券に絡んでましたね。

石 あ、そうね。というか、もうさっきの話のあとでは誰も気にしてないと思うぞ(笑)。新潟2歳Sはダメダメだったし。というわけで、今週の話に移りますよ。新潟記念にするからね。

編 は〜い。でも新潟記念って難しくないですか? 荒れるときと去年みたいに比較的堅い決着になるときとがあって……。

石 ペースによって上位にくる馬の適性が違うんだよ、このレース。新潟芝2000m外って、やっぱりみんな長い直線を意識するからどうしても瞬発力のある馬を狙いたくなるんだよね。近走で速い上がりを使っている馬(=瞬発力タイプ)はどんなレースでも人気になりやすいんだけど、新潟芝2000m外もご多聞に漏れずというか、より人気を集める。

編 そういう馬が走ってくると去年みたいになる。

石 そうそう。向こう正面も長いからペースが落ち着きやすくてスローからの瞬発力勝負になるんだね。そうなると人気上位馬が走ってきちゃう。でも必ずしもそういうペースになるわけじゃなくて、瞬発力勝負を嫌う馬がいたり、あとは最後の直線が長くて、早めの仕掛けになったりすると、瞬発力タイプが脚をなくすような流れになる。そうなると今度はエンジンのかかりは遅いけど、追ってバテないタイプが上位に来る。

編 そういうタイプは人気にならないんですか?

石 なりづらいよね。その手のタイプは他場では差して届かずとか、先行して最後に切れ負けするタイプだから、近走で5〜9着に負けてたりするんだ。あ、いまの5〜9着はあくまで目安ね。

編 わかります。ほかのコースでは勝ち切れないタイプですよね。

石 そうそう。で、この手のタイプは人気馬が来るような流れでも1頭は馬券に絡んでいたりするので、狙って損はないんだ。なんというか、この対談で紹介するにはぴったり(笑)。

編 去年の3着馬ロンギングダンサー(9人気3着)なんかがそのタイプでしたよね。

石 そうだね。

編 で、今年の出走馬でその手のタイプというと?

石 カフジプリンス、ソールインパクト、ハッピーモーメント。

編 一気にきましたね。たしかにどれも勝ちみに遅いというか、ちょっとタルいタイプですよね。

石 そうね。カフジプリンスはもうちょっと距離があってもいいかなという馬だけど、スタミナが問われるような流れ、早めの仕掛けから他馬が脚をなくすような流れだと最後にきっちり伸びてくる。

編 ソールインパクトは?

石 先行して渋太いのがいいよね。切れないから最後に差されて3着とか、もう全体成績の【4 4 10 10】がこの馬をよく表しているよね。いつもスローから差されてしまうんだけど、前走も3着とはいえハイペースだとああいう内容の濃い競馬ができる。今回はこちらも瞬発力勝負には持ち込まれたくないマイネルフロストがペースを握るだろうし、後続になし崩しに脚を使わせるような流れも期待できるから。そうならなくても、ソール自身が早めに仕掛けていっちゃえばいいわけだし。

編 なるほど〜。

石 ハッピーモーメントは軽ハンデ込みで期待。スタミナ勝負もOKだし、バテない。でもエンジンのかかりはめっちゃ遅い。それが活かせる可能性のあるレースだからね。

編 わかりました。ではこの3頭に注目しつつ、あとはお天気ですよね。

石 そうだね。雨の予報も出ているみたいだし、どこまで馬場に影響するかだよね。勝負予想ではそのあたりもきっちり詰めて配信するので、注目していただければと。

編 そうですね。それでは石橋さん、今週末もよろしくお願いします! どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR