編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏のスケジュールの都合により、注目穴馬の見解をお伝え致します。
対談を楽しみにされていた方には申し訳ございません。編集部としましてもなんとか対談をと考えておりましたが、先週の3日間開催もあってスケジュールの確保が困難となってしまいました。
来週は菊花賞について詳しくお話しいただく予定ですので、ぜひご期待ください。



【秋華賞(G1)】

■カワキタエンカ
春はチューリップ賞5着、桜花賞7着と一歩足りな勝ったが、1800mの君子蘭賞を楽勝するなど、もともとは中距離のほうに適性があるタイプ。実際、マイルから1800mに距離延長となった近2走は勝ち切れないまでも2着に好走しており、特に前走のローズSでは4角ふたケタ番手の馬が上位を占める厳しいペースだっただけに高く評価できる。秋華賞は小回り特有の澱みのない流れになりやすく、基本的には先行馬に有利なレース。コース形態的にも前走よりかなり走りやすくなるはずで、逃げ残りに警戒が必要だ。


■メイショウオワラ
前走は流れにとってかなりいい形で進めていたが、最後の急坂で失速。2走前の新潟戦では最後までしっかり脚を伸ばして強い競馬を見せていただけに、本来的には平坦のほうがいいタイプ。その点、京都に替わるのは大きなプラスと言える。戦績が示すように道悪を得意としており、立ち回りの上手さで好走してくるタイプだけに、器用さの求められる京都芝2000mは歓迎のクチだ。距離を不安視する声があるように、1600〜1800mがベストだろうが、得意の平坦コース&道悪。そして同世代の牝馬同士ならば十分我慢できる。


■ハローユニコーン
オークス、ローズSと近2走の重賞で惨敗しているが、見限るのは早計。オークスはその前々走(黄梅賞)、前走(忘れな草賞)で馬体重を減らし続けていたように出がらし状態。オークスは出走しただけというレースで、実際疲れもたまっていたのか関節炎を起こして休養。その休み明けとなった前走のローズSは体重こそ戻していたものの、仕上がり途上は明らかで調教時計だけ帳尻を合わせたような内容だった。ギリギリ好調と言えた忘れな草賞では前残りの展開を中団から強気に押し上げて勝ち切っているように、上がりのかかるレース、コースで持続力を活かした競馬を得意としており、また馬群を割れる精神的な強さもある。秋華賞のようなゴチャつきやすい競馬では心強い存在だ。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

石橋氏からの要請により、今週の対談は枠順確定後に行うこととなりました。
現在スケジュールを調整中ですので、公式ブログの更新は金曜日の夕方以降とさせていただきます。遅くとも日曜日の午前8時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
また、スケジュール次第では対談ではなく穴馬の見解をお送りする可能性もございますので、あらかじめご承知おきください。
それでは今週末も石橋武の勝負予想にご期待ください。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週は狙っていた中山芝1200m(勝浦特別)で10万馬券的中と、魅せてくれましたね。

石橋 武(以下、石) ただG1のスプリンターズSが3連複までしか的中できなかったので、手放しで喜べる週ではなかったし、反省点のある週ではありますね。

編 そのあたりはスポーツマスターさんの編集部通信10月4日号をご覧いただければと。まさかの全レース振り返り企画で。

石 予想家としてはリスクが高いし、それ以上に恥ではあるのでやりたくないんだけど、読者の皆さんにはどういう提供をしているのかわかりやすいということで。

編 先週から勝負予想を購読している方も多かったので、それもあってでしょうね。

石 まあ、とにかく恥を晒してますよ(苦笑)。

編 恥っていっても、先週は完全にプラス収支だし、いいじゃないですか。しかも単勝、3連単、3連複、全券種でプラスなわけで。

石 イヤだね。外れたレースを結果が出たあとに晒されるとか、地獄でしかない(笑)。

編 というわけで、興味のある方はスポーツマスターさんの編集部通信をどうぞ(笑)。

石 見なくていいです!

編 というわけで、今週も3日間開催ですね。お忙しいと思いますので、サクサクと進めましょうか。

石 どのレースについてお話ししましょう?

編 全部。

石 ……は、ムリ(笑)。いちばん配当的に期待できそうなサウジアラビアRCにする? 土曜日のレースだけど。

編 配当、期待できます? これ堅いんじゃないですか?

石 たぶん人気はダノンプレミアムとかダブルシャープ、ステルヴィオあたりかな?

編 でしょうね。

石 でもそうすんなり決まるかな?という感じがしていて

編 あ、興味が出てきました(笑)。

石 興味出るの早っ(笑)!

編 毎日王冠も京都大賞典も穴馬の台頭が難しい気がするし、じゃあ、サウジアラビアRCでお願いします。どの穴馬に注目すればいいですか?

石 まずはスワーヴエドワード。

編 ん〜、人気っぽいけど、ギリOKにしましょう。ただ、前走は危なげなく勝ち切ったというレースで、印象に残ったところはあまりないですよね。

石 そうなんだけど、そのなんの危なげもなく勝ち切るというのが、この時期の2歳馬にとってどれだけ難しいか。出遅れつつもすぐに先団に取り付いて押し切った内容はセンスに溢れていたし、合図を送ってからスパッと切れすぎなかったのもいい。

編 切れすぎなかったのがいいんですか?

石 そう。このレースに関しては。もう一頭の注目馬がハクサンフエロなんだけど、この馬が澱みのない流れを作りだすと、瞬発力のあるタイプ、つまり道中で脚を溜めておきたいタイプには不向きな流れとなるんだ。その点、スワーヴエドワードは切れないぶん、追ってバテない脚を使えるタイプと見ていて、そういう馬には合うなと。

編 なるほどね〜。

石 それともう一頭の注目馬がカーボナード。これは溜めれば切れるタイプだと思うけど、先行できる強みがあるからね。万が一スローからの瞬発力勝負になったら注意すべき一頭だなと。なんだか駆け足で申し訳ないけど、今週はこの3頭に注目しておきたい。

編 わかりました。ではこのあとのスポーツマスターさんでの勝負予想も楽しみにしていますね〜。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏のスケジュールの都合により金曜日の公開とさせていただきます。
18時までには更新致しますので、今しばらくお待ち下さい。
読者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承いただけますと幸いです。


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は結果的にはちょっと厳しいものがありましたね。


石 はい、予想をご覧いただいた方には申し訳ない結果となってしまいました。


編 敗因は?


石 これはもうはっきりしていて、すべてが悪いほうへ出ちゃったなという。予想をご覧いただいた方はわかると思うんですけど、ほとんどのレースで勝ち馬や好走馬が買い目に入っていたと思うんですよね。


編 そうですね。


石 ただ、的中が第一というのは当たり前なんだけど、たとえばどっちが好走しても……というケースで、人気のないほうを取るのがギャンブルでは常道なんだけど、それが結果的に裏目に出てしまったレースが多かった。


編 あ〜、実際、配信した9レースのうち、5レースが3連単4ケタ配当というガチガチの決着でしたよね。


石 そうなんだよ。その前の週が3日間開催ということで、出走馬が揃うレースが少なかったのもあって、ちょっと難しい配信になってしまったかなと。というか、言い訳っぽくない(苦笑)?


編 なにも知らずに聞いていると(笑)。ただ、石橋さんの普段の配信内容、的中実績を知ってますから、たしかに先週は不運だったよなと素直に思いますけど。ただ、そんな厳しいなかでもオールかマーとか、ちゃんとファイトしている姿が伝わってきますからね。


石 ああ、◎マイネルミラノ(10人気4着)とか。


編 ええ。結果的に4着でしたけど、あれはレースを見ていて興奮しましたよ。まさか10番人気馬が本命で、しかもあそこまでいい競馬を見せて。僕、完全に終わった馬だと思っていましたから。


石 見解にも書いたけど、近走の競馬内容、使うレース(コース)が悪かっただけだから。あれくらいは走る馬だよ。


編 そう。そういう見極めをしてくれているし、今までの実績もあるので、逆に平気で先週悪かったみたいな話ができるんですよね。ずっとダメな人に、先週ダメじゃんとは言えないので(笑)。


石 ふ〜ん、そんなもんかね。まあ、とにかく今週は想定のメンバーを見ても、先週のようなガチガチ感はないし、ここで一丁巻き返しますので、ご注目いただければと。


編 はい、頼んます! ま、短距離は今年の夏に40万馬券を含め大稼ぎした得意なカテゴリーでしょうし、ダートもレパードSの◎ローズプリンスダム(11人気1着。単勝6,630円)とか、秋競馬でも鋸山特別で9万馬券的中。土曜日のダート重賞シリウスS、日曜日の短距離G1スプリンターズSと、得意カテゴリーだけに、大丈夫でしょうというのが本音ですが(笑)。


石 それは裏切らないようにせねば。


編 というわけで、そろそろ本題に入りましょうか。今日はスプリンターズSと凱旋門賞についてもお話をうかがつつもりですので、よろしくお願いします。

石 はい、こちらこそ。


編 まずはスプリンターズSなんですけど、石橋さんって、このレースの穴馬を挙げるときに、いつもダート実績に注目しますよね?


石 そうだね。勝負予想の見解をご覧の方には耳にタコ状態だろうけど(笑)、中山芝1200mはダート的な要素、つまりハイペースでレースを進めてどこまで粘れるか、ハイペースのなかでどれだけ終いの脚を使えるかというのがポイントになるんだ。


編 それはコース形態から?


石 その通り。中山芝1200mはスタートしてからずっとゆるやかに下っていって、最後の直線に急坂があるコース。最初からハイペースになる要因が揃っていて、しかもいちばん苦しいところで急坂を迎える。いかにゴールまでスピードを持続できるかというコース形態だから。実際、去年のレッドファルクスもそうだし、過去のスプリンターズSの好走馬もダートに実績のある馬が多いよね。


編 たしかに。ということは今年もそこに注目すればいいんですね?


石 そう。それでいいんだけれど、ちょっと問題があって。


編 え、なんですか?


石 今年はダートに実績のある馬って、人気どころなんだよね(笑)。この対談ではちょっと名前を挙げづらい(笑)。


編 注目穴馬を挙げる対談ですからね(笑)。


石 そう。ということで、それぞれ別の角度から穴馬を挙げてみたいなと。


編 いいですね。ではさっそく一頭目は?


石 ダンスディレクター。ダート実績は皆無(笑)。でもこれも常々言っているように、持続力勝負になりやすい1400mに実績があるのは強調しておきたい。


編 あ、1400mもダート実績をチェックするって言っていますもんね。


石 そう。1400m戦って芝・ダートを問わず、基本的には前にいる馬にとって有利。これはワンペースの競馬が多くて、そういう緩急のつかない競馬というのがダート戦の流れに似ているからでもあるんだよね。ダンスディレクターはそういう流れのなかからでも末脚を伸ばせるタイプだけに、ここでも面白い存在だよ。


編 なるほど。ただ、去年のスプリンターズSが15着に大敗。適性的にはどうなのかなと。


石 去年は出遅れてそのままだったからな〜。スプリンターズSにしてはペースが緩んで、前に行った馬が上位にそのまま残っていたし。この馬にとっては展開的に厳しかった。今年もメンバー的に去年の顔ぶれと大きくは変わらないけど、それでも逃げ・先行馬は多いし、去年はポンと人気のミッキーアイルが先手を取って他が遠慮しちゃった格好だったよね。誰も競っていかないという。ああいうのは想定外の展開だし、それが2年続くとは考えづらい。そして考えたくない(笑)。


編 今年はミッキーアイルはいませんし。


石 そうね(笑)。いつも通りのスプリンターズSの流れならば、ダンスディレクターで勝ち負けまで見込めるよ。


編 いいですね〜。では続いてチェックするのは?


石 レッツゴードンキ。この馬も去年のスプリンターズSで凡走しているんだけど、こちらも展開が向かなかったから。まあ、そのあとの函館スプリントSとか、あとは春の高松宮記念でスプリント適性がバレてしまったのがちょっと残念だけど。


編 でもそのわりに今回もそんなに人気しないんですよね。


石 もっとわかりやすく1200mがいいという馬がいるからね。ただ、レッツゴードンキもワンペースなところがあるから、中山芝1200mが合っているのは間違いない。ほら、4走前にもマイル戦だけど中山芝コースで好走しているでしょ?


編 ええ。6番人気ながら2着に好走しましたね。


奥石 あのレースも中山マイルっぽい澱みのない流れになって、それを後方から差してきている。ペースは多少違えど、ああいうダート的なハイペースというか、緩まない流れは瞬時に加速できないこの馬にとってはプラスだからね。


編 ああ、それで逆に緩急のつきやすい東京マイルでは前走みたいに惨敗しちゃうのか。


石 そうだね。さっきも話したように、今回は自動的にハイペースになりやすいコースだけに、大駆けが期待できるよ。


編 なるほど。あと一頭挙げていただくとすると?


石 モンドキャンノかな。2着に好走した朝日杯FSを見ても、脚が溜められれば破壊力はあるよね。前に行くと淡白な面があるけど。その朝日杯FSも速い流れから脚を繰り出しているし、逆に瞬発力が必要だった東京マイルでは凡走。


編 レッツゴードンキと似たような成績ですよね。


石 同じような適性なんだよね。今回もじっとついていきつつ、最後の直線で弾ける競馬ができればチャンスはある。能力は高いからね。


編 ではスプリンターズSはこの3頭に注目ということで、つづいて凱旋門賞ですけど。


石 こちらは外国のレースらしくまだ出走馬が固まりきっていないので、穴馬にこだわらず注目している馬を挙げておくと、カプリとウィンターあたりかな。


編 ブックメーカーで人気に推されているのはエネイブルですよね。


石 だろうね。勝ちっぷりがハンパないから。実際強そうに「見える」し。


編 なんかトゲのある言い方ですね。


石 トゲがあるというか、あの着差を額面通りに受け取っていいのかどうか、レースレベル自体はどうなんだというのがちょっと引っかかってて。週末までに整理するけど。


編 そうか、凱旋門賞は勝負予想でも配信するんですよね。


石 もちろん。勝負予想の日曜日版で配信しますので、こちらもご期待いただければと。


編 じゃあ、日曜日は全部で6レースの配信になるのか。楽しみです。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR