FC2ブログ

編集部からのお知らせ
今週の公式ブログはスポーツマスターさんとの合同企画として、オークスの注目穴馬についてお伝え致します。
スポーツマスターさんの編集部通信(5月17日号)では上記オークスの見解のほかに、先週の配信9レースについて、◎ノームコアの本命指名の理由など、全レースの振り返りを行なっておりますので、興味のある方はぜひご覧ください(無料でご覧いただけます)。


〜前略〜
Sportsmaster編集員・本田(以下、編) オークス、いかがでしょう?

石 面白いですよね〜。いろんな路線から強い競馬をしてきた馬が集まって。人気も割れそうですし。

編 今日は慣れている編集の方がいらっしゃらないのでこのまま進めさせていただきますが、現時点ではどの穴馬に注目されているんですか?

石 まずは明らかに距離が延びてよくなるであろう2頭。エールヴォアとシェーングランツですね。

編 ああ、どちらもマイルじゃ忙しい印象を受けますよね。

石 そうなんですよ。エールヴォアは距離が延びるにつれて前で競馬ができるようになるんですけど、前走みたいなマイル戦ではどうしても序盤に置かれて後方からの競馬になってしまう。となると、マイル適性の高い馬にどうしても切れ負けしてしまうんですよね。

編 たしかに、距離が延びるごとに着順も上げてきますし。

石 まあ、着順はレースレベルにもよるので、そんなに気にしなくていいですけど、前に行っても速い上がりを使えている点、そして後方から追い上げる競馬でも長く脚を使えている点、そしてスローだけではなく、平均以上のペースでも脚を使えているのはいいですね。

編 なるほど。

石 オークスはどの馬も距離不安があるから前半はじっくり、直線の瞬発力勝負になるか、あるいは今回のコントラチェックみたいに明らかに逃げるであろう有力馬がいるときはラップの弛まないタフな競馬になるかというパターンが多いんですけど、前につけられるというのは今の東京の馬場を考えても有利ですし、またそこから脚を使えるというのもぴったり。面白い存在ですよね。

編 シェーングランツのほうは?

石 これもマイルでは短い馬で、いつも一歩遅れて突っ込んでくるんですよ。決してエンジンのかかりが遅いタイプではないんですけど、マイルの速い流れが合っていないんですね。それでいて堅実に走ってくるのが能力の高さなんですけど。

編 たしかにいつも差し遅れていますもんね。

石 そうなんですよ。ただ、札幌の未勝利戦(芝1800m)が内容のある競馬だったんですけど、ハイペースを強気にポジションを上げていって楽勝したんですよね。あれだけ長く脚を使えるというのは大きな武器ですよ。距離が伸びていちばん恩恵を受けるのはこの馬だと思います。

編 あと1頭挙げていただくと?

石 ビーチサンバでしょうか。

編 今まで1600mしか使われていないですよね。さっきの2頭とは逆のイメージを受けますけど。

石 その通りです。ただ、スローからの瞬発力勝負になった場合はこの馬が面白い。G1でも大崩れなく走っているようにもともと能力は高いんですけど、今回出走してくるマイラータイプのなかで折り合いに不安がないというのは強調材料ですよね。かつ、タフな流れにも強い。そしてスピードの持続力がありますから。

編 では現時点ではこの3頭に注目しておきます。果たして週末の勝負予想でどのような印になるのか、そして見解も楽しみです。あ、ちなみに人気馬の本命は決まっているんですか?

石 はい、順当ならもうこれだろうなという馬がいますね。もちろん最終の追い切り、枠順なんかを確認してから決定しますけど。そのあたりが順調ならあの馬ですね。
〜後略〜





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週のNHKマイルCは穴馬の本命◎グルーヴィット、人気馬の本命◎グランアレグリアともに力を発揮できずで……

石橋 武(以下、石) だね。◎グランアレグリアは勝負予想の見解にも書いたけど、スッと横に馬がくるとヨレるクセがモロ的中。いらんところばっかり的中してしまいました。

編 改めてレースVTRを見ると明らかですよね。しかも前のワイドファラオもフラフラして。

石 まあ、道中からかかっていたし、あれがなくても負けていたでしょう。結果的にはスタートで遅れたのが響いてしまったかなと。で、その◎グランアレグリアに邪魔されたのが◎グルーヴィット。スピードに乗ろうというところで◎グランアレグリアに前をカットされて、そこから立て直して追い出したら前が壁でまともに追えず。あれ、スムースだったらあったけどな〜と、タラレバを言ってみたり。

編 たしかに最後は追えないまま前に取り付いてきましたし、まともだったらという競馬でしたよね。

石 でもケイデンスコールには印を打っていなかったし、ダメですね。すみませんでした。

編 はい、そのぶんは同じ東京マイルのヴィクトリアマイルで取り返していただきます。頼みますよ!

石 もちろん。

編 で、時間もないところでさっそく始めたいんですが、枠順を気にしていましたね。

石 ああ、アエロリットとかラッキーライラック、クロコスミアとか、先行馬がどこに入るかなと思って。

編 アエロリットは6枠11番ですけど、ラッキーライラックが3枠6番、クロコスミアが2枠3番。そのほかアマルフィコーストとかミッキーチャームも内めの枠に入ってきましたね。ということは前が速くなりそうですか?

石 この並びならそんなに速くはならなそうだけどね。このレース自体、もともとガクッとペースの落ちるところなく、平均ペースで流れつつ、ラスト3ハロンの持続力タイプの粘りと瞬発力タイプの切れとの争いになりやすいからね。今回もアマルフィコースト、アエロリット、ミッキーチャーム、ラッキーライラックら人気の持続力タイプと、ミエノサクシード、ノームコアら瞬発力のある伏兵馬の争いになるんじゃないかなと。

編 で、現時点ではそのなかで人気のない3頭の穴馬に注目と。

石 そうだね。今挙げた人気馬のほうはアエロリットが海外遠征明け、ミッキーチャームは前走恵まれたところもあり、ラッキーライラックは(東京マイルでは)ちょっと合わないんじゃない?というところもあるので、最終的な判断は土曜日の馬場、調教、適性をもう一度きっちり精査したうえで判断するけど。

編 そうですね。慎重にかつ大胆にいきましょう。人気薄の3頭について一言ずついただけますか?

石 アマルフィコースト(※編集部:馬名が間違っており修正致しました。12日15時。ミエノサクシード→アマルフィコースト。読者のみなさま、石橋さんにはご迷惑をおかけしました。)は1400mで好走できる持続力、そして1200mでも先行できるスピードが今のスピード馬場と、ヴィクトリアマイルという先行力、持続力が問われるレースにぴったり。前走はスローの瞬発力勝負という苦手な流れかつ、久々のマイル戦でラストの3ハロン目、2ハロン目の11.0秒―11.0秒を凌いで2着に粘った点は評価できる。ペース的には今回のほうが走りやすいし、スピードを活かせる馬場、そしてBコース替わりの最内枠も強調材料だね。

編 なるほど。

石 あとは反対に瞬発力タイプからミエノサクシードとノームコア。ミエノサクシードは速いペースになった時向き。ノームコアはマイルだと後方からになるし、自分から動いていくというりょいワンテンポ遅らせるくらいのほうがいいけど、ハマれば爆発力はある。前走みたいに前が詰まるリスクはありつつ、G1でも戦える能力があるのは実績が示している。そんなに人気にならないだろうし、kcおひらも馬券に入れておいても損はないでしょ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しておきつつ、あとは週末の勝負予想で人気馬、穴馬と注目しておきます。どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏より枠順を確認したいとの申し出があったため、金曜日の更新とさせていただきます。
遅くとも金曜日の24時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。
お待たせしてしまい、大変申し訳ありません。
取り上げるのはヴィクトリアマイル。穴馬2〜3頭の公開を予定しておりますので、ぜひご注目ください。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、天皇賞(春)の話題に触れないわけにはいきませんね。

石橋 武(以下、石) そうですね。はい。不的中ということで、誠にすみません! 外した〜。ちくしょう!

編 なんというか、穴馬の本命が◎グローリーヴェイス(6人気2着)だっただけに見立ては正しかったと思うんですけどね。

石 ん〜、でも△フィエールマンとのあのクビ差は現時点では力負け。見立てが正しかったとはやっぱり言えないな〜。

編 でも競馬として、1番人気馬と石橋さんの穴馬の本命馬の叩き合いというのは見ていてかなりシビれましたけどね(笑)。3着馬大きく離して。それだけにやっぱり石橋さんの予想、あってるんですけどね。

石 いや、予想は外れてるから(笑)。3着だったパフォーマプロミスも抜けちゃったし。どうして◎グローリーヴェイズに本命を打ったのか、△フィエールマンをヒモまでに評価にとどめたのかは、勝負予想で配信した見解がスポーツマスターさんの編集部通信(5月2日号)にさらされているようです(苦笑)。

編 あ、そうなんですね。

石 外れたレースの見解をさらされるとか、公開処刑でしかない……。

編 それだけ納得できたということでしょう。それにしても先週は3日間開催に加えて香港の馬券もあって大変でしたね。

石 香港は馬場がどうなっているのか、現地の友人に連絡をとっていたんだけど、現地でもかなり掴みづらかったみたいで。いきなりスコールみたいな雨が降ったりして。

編 あ〜、そうなんですね。それでもQEⅡでは3連複を的中。

石 まあ、日本じゃ堅くなっちゃうよね。あれこそ現地で買うべき馬券。

編 ですね(笑)。ちなみに日本では春光Sの◎サノサマー(5人気1着)とか、青葉賞の惨敗とか、土曜日東京最終の3連複、日曜日端午Sでは◎モンペルデュ(8人気3着)、◎ケイアイターコイズ(5人気2着)と本命馬がダブルで激走。△ヴァニラアイスと合わせて3連複23,220円とか。というか、あれはもはや3連単16万馬券的中でいいでしょ。

石 それはダメだろ。

編 あとはスイートピーSも◎シングフォーユー(4人気2着)、◎カレンブーケドール(2人気1着)で本命馬がダブルで好走。△セリユーズで3連単15,770円とか、月曜日も新潟大賞典の惨敗とか、京都メイン天王山Sで◎バイラ(8人気3着)の好走で3連複9,060円とか、あと新潟最終では◎コスモビスティー(2人気1着)の楽勝に、◎ララロワ(8人気4着)惜しかったとか、まあ3日間長かったですね。

石 惨敗のところだけ声大きくしてメンタル削るのやめて。

編 もう少しで10万馬券、あ、16万馬券とかもありましたけど、獲ってはないですからね。そろそろお願いしたいなと。

石 そろそろって、この前25万馬券獲らなかったっけ?

編 もう3週間も前ですよ。

石 それを「もう」というのか、恐ろしい子だわ、まったく。

編 それだけ石橋さんにかかる期待が大きいということです。実際、いままでそうやって高配当をコンスタントに獲ってきているわけですし。ちなみに今週末のNHKマイルCはどうなんですか?

石 どうって高配当になるかどうかということ?

編 ええ。

石 まあ、グランアレグリア次第でしょ。当たり前だけど。ただ、この馬も完璧ではないからね。もちろん能力は高いし、実績も素晴らしいけど、かなり早熟だと思うしね。桜花賞のときの見解に書いた懸念材料もある。枠と展開は気にしたほうがいいよね。

編 お〜、死角ありと。じゃあ、石橋さんが現時点で狙っている注目馬は?

石 グルーヴィットとハッピーアワー。ともに1400mで強い勝ち方をしていて、本来は1600mでは狙わないタイプ。

編 ですよね。いつも1400mと1600mはまったく別ものと考えたほうがいいって言っていますよね。

石 だね。ただ、今回はさっきのグランアレグリアなんだよ。

編 と言いますと?

石 いまの東京芝コースはかなり速い時計が出ていて、しかもグランアレグリアは前走と同じように先行押し切りを狙ってくる。桜花賞の見解にも書いたけど一瞬でエンジンに点火するタイプじゃないから、そこはまず間違いない。そのほかアドマイヤマーズも皐月賞はなにを考えてるんだか、あんな位置取りになったけど、あのミスを2度は犯せない。この馬も早めの競馬になるし、要は道中が緩みづらいんだよね。展開的に。

編 あ〜、そうなると、1400mの速い流れに対応できている馬がいいと。

石 簡単にいえばそういうこと。それ以上にタフな流れになれば後方から差し込んでくる馬もいるだろうし、まだ枠順も出ていないなかでの見解なので、とりあえずはこの2頭に注目しておきつつ、週末の勝負予想までお待ちいただければと。

編 わかりました。去年も伏兵◎ケイアイノーテックを本命に推していましたし、今年もビシッと決めていただきましょう。今週末、よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

天皇賞・春(G1)の見解はスポーツマスターの編集部通信にてご覧いただけます(4月25日19時頃公開)。
どなた様でも無料でご覧になれますので、ぜひ参考になさってください。
また、公式ブログでは月曜日に行われる新潟大賞典(G3)の注目穴馬をご紹介させていただきます。あわせて参考にしていただければと思います。

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ということで天皇賞(春)でしたが、今度は公式ブログで取り上げる新潟大賞典の注目穴馬をお聞きできればと。

石橋 武(以下、石) はいは〜い。

編 京都芝3200mから一転、新潟市ば2000mのこちらはどんな馬を狙えばいいんですか?

石 ちょっと似ているところもあるんだけど、新潟大賞典で穴馬を選ぶなら切れない馬。

編 あ、そうなんですか? 新潟って上がりが早いから瞬発力のあるタイプがいいのかと思っていました。

石 上がりタイムだけ見るとたしかに速く感じるだろうけど、あの馬場ならどんな馬でも速いタイムが出ちゃうだけの話。要は相対的に速いかどうかだから。

編 で、切れないほうがいいというのは?

石 切れないというか、エンジンのかかりが遅くて他場では切れ負けするタイプね。ご存知の通り、新潟芝外回りコースは直線がやたらと長いんだけど、この長い直線を最後まで伸びてくるのって、こういうタイプなんだよ。馬なりであがっていってスパッと一瞬で切れるタイプも走ってくるけど、それは人気馬。穴馬を狙うなら他場で差して届かず、追ってバテないタイプなんだ。

編 ではそれを踏まえて具体的に名前を挙げると?

石 まずはクリノヤマトノオー。

編 あ〜、たしかに勝ち切れないイメージですね。

石 それでもまだ条件戦のころは通用していたんだけど、やはりオープンになるとね。近走も阪神外回りコースで走っているけど、伸びてきながら脚を余して負けている。

編 そこがいいと。

石 そう、そこがいい。ジリジリと伸びつつバテないというのがね。馬券には入れておきたい一頭だよね。

編 続いては?

石 エアアンセムだね。

編 去年の夏に函館記念を制していますけど、それ以外はまあ勝ち切れない(笑)。

石 だね。全成績【5 4 6 18】というのが物語っているね。ただ8歳とはいえ能力の衰えはないし、2走前の中山金杯にしても出遅れつつかなり脚を遣わされていたけど、それでもバテずに勝ち馬から0.2差のところまで伸びてきた。瞬発力勝負になると厳しいけど、持続力勝負ならまだやれるよ。差し馬が多いなかで、前めにつけられるのもいいしね。

編 なるほど。ではあと一頭挙げていただくなら?

石 メートルダール。なんというか表現が難しいんだけど速力はあるけど、トップスピードの速さでは劣るというか。長い直線があってこそ追いつくというか。だから中京とか、新潟、あとは中山外回りとかね。そういうところが得意なんだ。

編 ハンデも57キロで収まりましたし、たしかに新潟ならチャンスですよね。

石 現時点ではこの3頭に注目かな。

編 わかりました。あ、あと今週末は3日間開催なんですよね。

石 そうね。世間様は10連休のさなか……なんてことはつゆとも思わず、天皇賞(春)も含めて、かなり楽しみなんだよね。

編 ああ、さっき(春天)の話のなかで伝わってきました(笑)。

石 スポーツマスターさんでは3日間とも配信して、あ、あと香港の2レースも配信しますので、ぜひご期待ください。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR