FC2ブログ

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ春のG1シリーズが始まりますね。

石橋 武(以下、石) まずは高松宮記念からか。

編 ええ。去年は◎ファインニードルできっちり単勝を仕留めましたからね。今年も期待は大きいですよ。

石 仕留めたって言っても、人気だったから(2人気1着)。あまり、やった!てなった記憶はない(笑)。

編 僕はすごいと思いましたけどね〜。けっこう混戦だったじゃないですか。あのなかからの一本釣りは難しいですよ。

石 まあ、そう言っていただけると。

編 ただ、先週はエンジンのかかりが遅かったですからね。ちょっと気合を入れ直してもらわないと。

石 ホントその通り。エンジンのかかりが遅かった。土曜日もフラワーCの◎ランブリングアレーとか走っているんだけど、馬券に結びつかなくて。

編 いや、フラワーCは馬券に結びついていますって(笑)。

石 あの3連複じゃどうしようもない(苦笑)。

編 で、日曜日にようやくエンジンがかかって、中京、阪神、中山の最終で3連発。遅いわ(笑)。

石 不利だなんだはあったけど、まあ、言い訳しません。ただ、今週はきっちり巻き返せると思いますよ。

編 ホントお願いします! ただ、春のG1戦線という意味では、去年は桜花賞の前からアーモンドアイのずば抜けた能力を見抜いて桜花賞(2人気1着)、オークス(1人気1着)では不動の本命、ほぼ桜花賞前から予告していましたよね。そのほか皐月賞も見立ては完璧、不利がなければという予想の内容で、ダービーでは◎ワグネリアン(5人気1着)で大混戦に断。もっと大混戦だったNHKマイルCも◎ケイアイノーテック(6人気1着)という完璧な予想。3歳戦以外でも高松宮記念はさっき言った◎ファインニードルだし、天皇賞(春)はシュヴァルグラン(1人気2着)で3連複的中、ヴクトリアマイルは◎レッドアヴァンセ(7人気3着)で3連複的中。安田記念は……あれ、資料がない。

石 なくさないでよ。安田記念は外したよ。その日はキングクリチャンの記憶しかないもん(笑)。

編 あ〜、ありましたね。由比ヶ浜特別(笑)。10番人気の◎キングクリチャンが勝って3連単172万馬券という高配当だったレース!

石 3着抜けたけどな(苦笑)。

編 そうそう、痛恨の。あ、G1の話でした。で、極めつきは宝塚記念! なんと単勝10番人気の◎ワーザーを本命に推して、これが2着に大激走。つまりなにが言いたいかというとですね。

石 なにか言いたいことがあったのか。

編 ありますよ、もちろん。安田記念以外、すべてのレースで本命馬が馬券絡みを果たしているんですよ。

石 いや、皐月賞も本命馬は馬券に絡んでない。

編 ああ、グレイルか。そう、でもその2レース以外はすべて本命馬が馬券に絡んでいるんですよ。

石 馬券的にどうだったかはさておき。

編 そう、さておき。違〜う。たしかに本命馬が2、3着で勝ちきれなかったレースもありますし、あとは本命馬が勝っても2着抜けとか3着抜けとか。ただ、見立てはほぼ完璧。皐月賞の◎グレイルだって不利さえなければ完全に馬券に絡んでいたでしょうから。

石 まあ、タラレバはやめておこうか。

編 それにしても、相当な予想精度だと思うんですよね。だからこそ、今春のG1シリーズでは全レースで本命馬が馬券絡み、そして少なくとも3本は10万馬券を獲っていただきたい。

石 10万馬券のほうは僕の力じゃどうしようもないだろ(笑)。配当を決められないんだから。それこそ全レース堅かったら無理なわけで。

編 それもそうか(笑)。まあ、とにかく、昨春もあれだけの予想ができたわけですから、今年も期待しています!という話でした。

石 ……やっぱり特に言いたいことなかったんだろ。

編 ドキッ。

石 まあいいです(笑)。言われなくても皆さんに的中馬券を届けたいと思っているので、そりゃ、全レース的中を狙いますよ。とくに高配当になるレースは獲り逃したくないしね。まずは高松宮記念からじっくりとご覧いただければと。

編 はい、よろしくお願いします! では、その高松宮記念についてですが、どんな馬に注目しておけばいいですか?

石 このレースは図式的には先行馬2頭+差し・追い込み馬という決着になりやすくて、それは高松宮記念の週からBコースに替わるのも影響しているんだけど、直線の長さの割に先行馬が残りやすいんだ。とはいえ、ある程度人気がないとツライんだけど。

編 ああ、実力があってこそ粘れるということか。

石 そうだね。だから先行馬ならロジクライ、ナックビーナスあたりに注目かなと。あと先行とまでは言わないけど、中団前めにつけられる馬、5〜8番手くらいの馬も加えておく。ダノンスマッシュか。

編 なんか堅そうなんですけど(苦笑)。ちなみに逃げるモズスーパーフレアは?

石 もちろん逃げ馬自体の成績も悪くないコースなんだけど、この馬は前走もガーッとかかり気味に行くタイプだけに、直線が長くなるのは嫌だろうね。そのあたりをどう考えるか。これから展開、ペースをじっくり考えて当日にはどういう扱いにするか決めるよ。

編 なるほど。となると、穴馬は差し・追い込み馬?

石 展開次第では、番手にいる人気薄の先行馬が好走する可能性はあるけど、まあ、狙いやすいのは差し・追い込み馬だよね。

編 具体的には?

石 ショウナンアンセム、アレスバローズあたりかな。

編 ショウナンアンセムは前走のオーシャンSでも評価していましたよね。

石 穴馬の本命だったね。かなりのハイペースだけに差し届くんじゃないか期待したけど、思った以上に前残りの馬場で。完全に読み違えた。ただ、久々の1200m戦の割には動けていた。1400mに勝ち鞍が多いように、タフというか一本調子のペースのほうが合っているのは間違いない。今回、前残りの目立った中山から差しのきく中京に替わるのは大きなプラス材料だよ。

編 いまの中京は上がりの速い馬が馬券に絡んでいますからね。

石 あとはアレスバローズもこのコースに対する適性は高くて、スパッと切れるタイプではなく徐々に加速していくタイプだから、京都だと差し届かないんだよね。エンジンに点火したときには時すでに遅しみたいなレースが多い。小回りでもスパイラルカーブを採用している小倉なんかだとコーナーで減速しないし、馬群もバラけるからいいんだけど。

編 中京の直線の長さがいいのか。

石 その通り。差し馬からはこの人気薄2頭に注目しておこうか、今のところは。

編 わかりました。今日色々と馬名が挙がりましたね。

石 ああ、人気馬についても話しちゃったから。ただ、あくまでも現時点での注目馬で、最終的な印、買い目は勝負予想をちゃんと確認してください。

編 もちろんです。それでは石橋さん、今週末、そして春のG1戦線、よろしくお願いします! 皆さんも石橋さんの高配当的中に乗り遅れないでくださいね〜。まだまだ間に合います! さっそく今週末から一緒に喜びましょう!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは石橋氏の希望により、高松宮記念の枠順発表後に行わせていただきます。
その後、対談をまとめアップ致しますので、金曜日の夕方に更新致します。
遅くとも金曜日の午後19時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
お待たせしてしまい申し訳ありませんが、ご了承下さい。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、今週末は重賞が4つ。そして来週からは春のG1戦線がスタートしますね。

石 あ〜、そうか。連続G1になるのか。

編 そうなんですよ。大阪杯がG1になりましたからね。まずは来週の高松宮記念から大阪杯、桜花賞、皐月賞まで4週連続G1。

石 しかも大阪杯の週はドバイワールカップも行われるからね。

編 ドバイは今年も予想を配信するんですか?

石 もちろん。JRAで馬券を発売する海外G1はどれも配信しますよ。

編 お〜、大忙し(笑)。

石 でも海外の馬券のほうが情報が少ないぶん、ちょっと人気サイドから外れるだけで「こんなに!?」というくらい高配当になったりするからね。けっこうお得なレースなんだよね。

編 それ言ってるの石橋さんくらいじゃないですか?(笑) けっこうみんな苦手意識持っていると思いますけど。

石 そうかな。まあ、結果を出してナンボだからね。口だけにならないように、今年も狙っていきます。再来週を楽しみにしておいてください。

編 で、その前に今週の4重賞ですね。

石 4と言っても阪神大賞典はたぶん配信しないので、配信するのは3つだけどな。

編 でも石橋さんが得意な距離1400mの重賞もありますからね。

石 ファルコンSか。あ、そうだ。ファルコンSに関してはスポーツマスターさんの編集部通信で話してきたので、興味のある方はそちらを覗いてみてください。誰でも無料でご覧いただけるので。

編 へ〜、珍しい。

石 たまたま事務所に行ったら捕まっちゃって(苦笑)。

編 まあ、こちらとしてみれば、編集部通信の本田さん、よくやった!というところなので(笑)。じゃあ、こっちでは日曜日の皐月賞トライアル・スプリングSにしましょうか。

石 そうだね。久々にフルゲートになるし、今の馬場の荒れ方からも一筋縄じゃいかないレースになりそうだよね。

編 やっぱり馬場は荒れてますか。

石 荒れてるね〜。まあ、この開催はずっとAコースを使ってるし、雨も多かったから。

編 そして土曜日も雨の予報が。

石 だね。中山芝コースは基本的に内有利、先行有利なんだけど、先週の中山芝で1枠の馬が絡んだのは1頭だけだったかな。2枠まで入れても2頭だったと思う。もちろん脚質とかもあるからこれだけで内がダメとは言わないけど、まあ、厳しいよね。

編 なるほどね〜。となると、枠順が出ていないなかで注目穴馬を教えていただくわけですが(笑)。※この対談は水曜日に行われています。

石 まあ、いい枠に入るように願うしかないね。

編 そうですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 まずはエメラルファイト。スプリングSはトライアル戦だけあって、仮に前半がスローに流れても3コーナー過ぎから一気にペースが上がる。だから直線の短さの割に長くいい脚を使えるタイプ、上がりのかかるコースで上位に走ってくるタイプが台頭してくるんだ。

編 へ〜、なるほど。

石 だから、言い換えればこのレースを好走して出世する馬は少ないでしょ?

編 たしかに。

石 日本のG1というのは基本的に持続力よりも瞬発力が求められるコースで行われる。要はスプリングSで好走する馬とはベクトルが真逆なんだよね。

編 そういうことか〜。

石 ただ、去年のステルヴィオみたいに、直線に入ってからの末脚だけで勝ち切るような馬は、瞬発力が抜けているということだね。のちのマイラーに多いけど、そういう馬はのちのちG1でも走ってくるんだけど。

編 で、エメラルファイトは?

石 ああ、ごめん。話が逸れてたわ。エメラルファイトは札幌2歳Sが秀逸。スタートで後手を踏みつつ、ハイペースの流れを強いにポジションを上げていってメンバー中上位の上がりで4着にまで突っ込んできた。

編 たしかに。ただ、そのあとも勝ち切れず、2勝目は前走。能力的に足りるのかなと。

石 足りるよ。2走前のアイビーSは苦手なスローからの瞬発力勝負になってしまったし、朝日杯は出遅れが響いた。ただ、急坂のある阪神マイルでメンバー中最速の上がりを使えたのは評価すべきだね。

編 で、前走はあっさり勝利と。

石 そう。中団から徐々に上がっていく競馬は今の中山芝コースにぴったりだし、勝ち負けまで期待できるよ。

編 なるほど。その他でhあ?

石 ディキシーナイトとニシノカツナリ。ディキシーナイトも厳しい流れから脚を伸ばせるタイプで、きんもくせい特別とかジュニアCでは、ちょっと仕掛けが速かったけど、メンバー中上位の上がりをマークしている。前走はスローの流れでも折り合えたし、これも中団から競馬ができれば楽しみ。

編 そしてニシノカツナリ。

石 この馬はスローの2戦しかやっていないんだけど、新馬は外を回して長く脚を使っていたし、前走は楽勝だよね。人気もそこそこだし、馬券には入れておきたいなと。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 あとファルコンSね。

編 ああ、そうだ。スポーツマスターさんの編集部通信もぜひご覧いただければと。それでは石橋さん、今週末もよろしくお願いします!

石 こちらこそ。

編 高配当を期待してます。ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは編集部の都合により金曜日の公開とさせていただきます。
遅くとも金曜日の19時までには公開しますので、今しばらくお待ちください。
読者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週一緒に競馬に行ったじゃないですか。

石橋 武(以下、石) 行ったね。

編 そのとき石橋さんの新聞チラッと見たんですけど、大阪城Sなんなんですか〜!?

石 なんなんですかとは、なんのこと?

編 あれですよ、スピリッツミノルに本命打って消したあとがあったじゃないですか!

石 あ〜、それな……。その話はしません。結果的に変更して外したので、いまさら当たってたんだよな〜は、予想をご覧いただいている方にも失礼。ああいうのはよくあるし、変更したことで当たるレースもあるから。

編 でも変えなきゃ58万……

石 だからもういいって。外したということです。

編 でも……

石 しつこい。

編 じゃあ、そのぶん今週お願いします。このところちょっとの差で100万馬券、50万馬券を獲り逃しているので!

石 それは……そうね。頑張ります。

編 はい、では頑張っていただくとして(笑)、日曜日のレースについてお聞きしていきましょうか。日曜日は金鯱賞とフィリーズレビューが行われますけど、どちらのレースを取り上げます?

石 今週の日曜日ってどちらも雨予報なんだよね。馬場状態を見たいというのがあって、今日は穴馬2頭にしてもらいたいなと。その代わりといってはなんだけど、金鯱賞とフィリーズレビューと両方取り上げるので。。

編 2頭ずつ?

石 そう。

編 まったく文句なしです。むしろラッキー(笑)。では金鯱賞のほうからお願いできますか?

石 中京芝2000mは直線がやたらと長い上に急坂がある。急坂を上ってからまた1ハロンくらい走らなきゃいけないし、かなりタフなコースなんだよね。おまけに馬場まで重くなることを考えると、いつも以上にじりっぽい馬を穴馬としてピックアップしたいなと。

編 具体的には?

石 ショウナンバッハとメートルダール。もともとこのコースは他場で切れ負けしている馬とか差し届かなかったじりっぽい穴馬が来るんだけど、この2頭も中京だとメンバー中上位の上がりを使ってくるよね。

編 ですね。どちらも年は違いますけど中日新聞杯で好走した実績がありますし。

石 そう。それとは反対に瞬発力を要求されるレース、コースだと5〜8着みたいに中途半端に負ける。こういう馬がいいんだ。

編 なるほど。で、ショウナンバッハとメートルダール。ちなみにショウナンバッハは先週の大阪城Sでスピリッツミノルから変更した穴馬の本命でしたよね(笑)。

石 まだ言うか。前走はダメだったけど、ついていくのに若干手間取った印象なので、コーナー4つのコースに替わるのはプラス材料だよ。

編 では続いてフィリーズレビューのほうは?

石 こちらは阪神芝1400m。阪神芝コースは雨が降ると極端にパワー志向の馬場になるので、そのあたりがポイントかな。1400mらしく上がりのかかるレース、コースに適性のあるタイプで、パワフル馬場の実績があればなお良しという感じかなと。

編 それが?

石 ジュランビルとホウオウカトリーヌ。特にホウオウカトリーヌのほうは持続力勝負になる中山芝1200mで安定した強さを発揮している。1400mにも実績はあるし、中山の稍重とはいえ力のいる馬場をこなしているのもいいね。ジュランビルはこのところ緩いペースが続いているけど、本来は消耗戦に強いタイプだと思う。現時点ではこんな感じでしょうか。

編 わかりました。では詳しくは週末の勝負予想でお願いします。

石 もちろん。

編 それでは今週末、一発大きいところをよろしくお願いします! くれぐれも先週のぶんを忘れないでくださいよ。あれだけ超高配当に近づいたということは、適性その他しっかり掴んでいるということですからね。

石 キミに言われるまでもないわ(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR