編集部からのお知らせ
今週の公式ブログはスポーツマスターさんとの共同企画として、マイルCSの注目穴馬についてお伝え致します。


さて、それでは改めて石橋さんにご登場いただきましょうか。
石橋さん、よろしくお願いします!

石橋 武(以下、石) よろしくお願いします。先週地味だった石橋です。

スポーツマスター広報・本田(以下、本) 冗談ですって(笑)。

石 まあ、事実ですからね。今週は派手と言われるように頑張ります。

本 マイルCS、期待しています。マイルCSといえば、昨年の覇者サトノアラジンが今年も出走してきますが、石橋さんは天皇賞(秋)でもこの馬を穴馬の本命に推していましたよね?

石 そうですね。結果、まったく走れずに最下位に終わっちゃいましたけど。

本 実はですね、天皇賞(秋)のあと、会員の方からけっこうなメールをいただきまして。

石 お叱りのメールかな。

本 お叱りというか、単純に疑問?という感じですね。ほとんどが「キタサンブラックを本命に推していれば獲れていたのに、なぜ?」、「素人の僕ですら◎キタサンブラックだったのに、なぜ◎ソウルスターリング?」という内容ですね。

石 1番人気の馬が勝ったときによくあるパターンですね。どうしようかな、どうやってお話ししていけばいいかな。まず大前提として僕は天皇賞(秋)の馬券を外しています。そのうえでお話しするので、言い訳だろ!と仰りたい方もいるかと思いますが、興味のある方はお聞きいただければと。

本 誰もそんな風には受け取らないと思いますけどね。で、まず穴馬の本命が◎サトノアラジンで、大敗してしまったわけですが。

石 完全に雨の影響ですね。◎サトノがここまで雨がダメだという情報を収集できなかったのが問題。渋った馬場がダメなのはもちろん知っていたんですが、あそこまで降っちゃうと道悪の巧拙は関係ないだろうと。それよりも(前週=大雨からの)馬場の傾向として極端な外差しに振れていくだろうというのを重視して◎サトノに本命を打ったんですが、まあ、完全に裏目に出ましたね。道悪の巧拙がはっきり出ましたし、反対に馬場は内外関係ない馬場、つまり距離ロスがないぶん内を通った馬が有利という馬場になってしまって。

本 勝ち時計が2分8秒台という、史上まれにみる重い馬場で行われましたからね。

石 ここだから正直に言いますけど、もうそれだけで勘弁してという感じですよ(苦笑)。

本 ですよね〜(苦笑)。僕も聞いていてツライ(笑)。でも今回はなぜか質問が多かったので。で、今週のマイルCSに改めてサトノアラジンが出走してきますが。

石 京都は土曜日に雨の予報が出ているんですよね。それがどこまで影響するかなんですよ。だから現時点では答えづらいんですけど、ただ、天皇賞(秋)の見解に書いたと思うんですけど、この馬、マイラーじゃないと思っているので。東京マイルは対応できるでしょうし、あと走ったことはないですけど中京マイルとかも得意だと思うんですよね。ただ、京都マイルだと、もうちょっと軽い走りをする馬のほうがいいなと。マイルCSで一昨年4着、去年5着というのが如実に表しているんじゃないかと。去年は苦手の内枠スタート、道中の不利もありましたけど。

本 アタマでは買いづらいと。

石 現時点では、買いづらいですね。とか言うと勝っちゃったりするのが競馬なんですけど(笑)。

本 たしかに(笑)。まあ、あくまで現時点ということで。で、問題のと言いますか……

石 人気馬の本命がキタサンブラックじゃなかった件(笑)?

本 はい。

石 それはもう簡単な、あ、その前にキタサンブラックを本命にした方が正しかったというのが大前提ですよ。それを前提としたうえでお話しすると、見解にも書いたように、あの段階ではオッズのわりにリスクが高かったということに尽きるんですよね。道悪がどう出るかわからない。今までと調教の過程が違う。宝塚記念の負けっぷり。それで最終的には3.1倍までつきましたけど、割に合わないなと。

本 実際、レースでは出遅れて危ないところもありましたよね。

石 そうそう。あれ馬場が悪くてみんなが外を通ったからいいようなものの、良馬場だったら完全にアウト。まず負けていたでしょうね。今回は鞍上に相当助けられたと思います。さすがでした。

本 いつの間にか前のほうにいましたもんね。

石 武豊騎手の超ファインプレーですね。もちろんキタサンを本命にするという案も頭に浮かびましたけど、人気馬の本命のときも妙味を考えると、そしてさっき言ったリスクを考えると無理でしたね。

本 それで本命が◎ソウルスターリング。6着でした。

石 これは負け惜しみでもなんでもなく、本命を打つべき馬だったし、外してしまって皆さんには申し訳ないとは思いますけど、後悔もしていないんですよね。正直、責められる理由がわからない。

本 誰も責めてはいないと思いますけどね(笑)。

石 そうか(笑)。たしかにレースを見たら皆さんわかってくれたんだと思います。◎ソウルスターリング、相当強い競馬でしたからね。

本 天皇賞(秋)が?

石 ええ。たぶん道悪は避けたいタイプだと思うんですけど、それでも外々を回らされながらも3コーナー、4コーナーではグイグイ押し上げてきた。最後の直線もロスの多いコース取りだったけど、それを後ろから6着まで伸びてきた。3歳牝馬が古馬相手にですよ。これは本命に推しながらもちょっとびっくりしましたね。強い競馬だった。次はジャパンCですけど、再度本命に推す可能性はありますよ。反対にキタサンブラックは休み明けのフレッシュなほうがいいタイプなので、次をどうするかですね。また怒られるかな。

本 だから誰も怒っちゃいませんけど(笑)。でもたしかに石橋さんは、それ相応の理由があって、そして覚悟のうえで穴馬に本命を打ち、人気馬を切っているわけですからね。

石 はい。いや、それで外れちゃってるからこういうご質問をたくさんいただいちゃうんだけど……

本 だからこそ20万、30万馬券も多いわけですし、この時期で言うと去年の朝日杯FSも大胆な人気馬カット、穴馬本命で22万馬券的中でしたし。

石 話が古い(笑)。それ言われると1年くらい当たってないみたいじゃん(笑)。

本 いや、当たってるのは皆さん体感してますから(笑)。では石橋さん、今週からも引き続き頼りにしていますので、改めましてよろしくお願いします!

石 こちらこそ、よろしくお願いします。

本 ではマイルCSの注目穴馬なんかをお聞きできると嬉しいなとおもうんですが。

石 いいですよ、もちろん。まずはペルシアンナイトですね。

本 皐月賞の2着馬。

石 はい。ただ、評価したのはとかその後のマイル重賞なんですけど。スローからの急加速で好走できているのがいいなと思って。

本 それはマイルCSがスローになるということ?

石 ではなくて、そういう素軽いスピードがある馬がいいんですよ。まあ、今年はスローになる可能性はありますけど。中山のマイルなんかの反対で、道中はペースが緩みやすいんですよね。だからペルシアンナイトみたいに瞬時にトップスピードに乗れる馬は走りやすいなと。

本 たしかに、去年は逃げたミッキーアイルが勝つ、わりと一本調子な流れでしたけど、近5年のうち4年はメンバー中最速の上がりを使った馬が馬券に絡んでいますね。

石 でしょ? となるとペルシアンナイトか、あとはレッドファルクス、クルーガーかなと。エアスピネルはシュッと切れるタイプではないし、サトノアラジンはさっき言ったように京都でどうでしょう?という感じだし、イスラボニータは毎年好走はしているけど、勝つほどの瞬発力は?だし、あと前が残ってかつ脚を使えるとなるとヤングマンパワーとか。

本 けっこう馬名が出ましたね(笑)。

石 つい(笑)。だからそのなかで穴馬というと、ペルシアンナイト、クルーガー、ヤングマンパワー。このあたりに注目しておこうかなと思って。

本 なるほど。今年は3歳馬の重賞勝ちが多いですから、たしかにペルシアンナイトとか面白そうですよね。

石 たしかに多いね。調教技術が発達しているから、アメリカ並みとはいわないけど、完成するのが早まってきているんだろうね。それでまだ斤量差があるから、3歳馬の活躍が多くなっているのか。ちょっと面白そうだから、近いうちに考えてみるよ。

本 そういうお話もいいですね。楽しみにしてます。それでは石橋さん、今週はどうもありがとうございました!

石 こちらこそありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週のみちのくSは惜しかったっすね〜。せっかく超人気薄◎ユキノアイオロス(9人気)が勝ってくれたんですけどね。

石橋 武(以下、石) え、ここにきてまだ先週の話をするの?

編 しますよ。気になっている人も多いでしょ。

石 いや、皆さんエリザベス女王杯のほうが気になってるでしょ(笑)。

編 そりゃそうですけど、でもなんで◎ユキノアイオロスを買えた?と思っている人も多いですよ。勝負予想を購読していない方は、わからないですから。勘で選んだと思われますよ。

石 そうやって挑発しようとしてもムダです(笑)。

編 ◎ユキノアイオロスの見解がこちら!

石 こら、勝手に!

「福島芝1200mは4コーナーから直線にかけて下っており、さらにスパイラルカーブを導入している。そのまま直線を進むと今度は坂が待ち構えているというコース形態。中山芝1200mの小型版というかアマチュア版というか、中山芝1200mをちょっと優しくしたようなコース形態と言える。これをレースの流れに置き換えると、その4コーナーの下り坂から一気に加速。スパイラルカーブでスピードを落とさずにコーナーを回って、最後の直線の坂を超えてゴール。中山芝1200m同様、スピードを持続する能力が求められる。また、基本的に、とくに開幕当初は先行馬に有利なコースだが、小回りローカルということもあって仕掛けが早くなりやすく、先行馬にとっては最後の坂が中山以上の急坂に思えるほどのタフな展開となる。そしてそうなりそうなのがこのレース。テンに速い逃げ・先行馬が揃い、また開幕週を意識したジョッキー心理も働いて前のめりの展開が見込まれる。そこで狙いたいのが◎ユキノアイオロス。頭が下がるほどタフな馬でもう70戦以上しているが、いまだに末脚は健在。しかも持続力が要求されるレース、コースでの末脚は信頼度が高く、新潟芝1000mや中山芝1200m、そして4走前もそうだが、今回と同じ福島芝1200mでもしばしばメンバー中上位の上がりをマークしている。このレースにぴったりの差し馬だ。近走は年齢だけに人気を落としているが、近4走中3走でメンバー中3位以内の上がりをマークしており、その末脚に衰えはない。勝ち馬との着差の開いた前走にしても、後方に下げ過ぎたジョッキーの乗りへぐりで、同馬の評価を落とすものではなかった。持続力が求められるコース形態に先行馬が多い展開と好条件が揃ったここは、あっと言わせる大駆けが期待できる」

編 と、やっぱりコースに根ざした予想。コース適性というのが大事なんですよね。

石 競馬だからね。

編 石橋さんはコース適性を掴むのが上手いとあって、先週の3日間開催も色々と的中が

石 あ〜、その話たぶんスポーツマスターさんの編集部通信に書いてあるわ。興味がある人はそちらを読んでいただいたほうが早いかも。キミより話が上手いし。

編 そんな挑発したってなにも出てきませんよ(笑)。

石 あ、挑発じゃなくて本気だったんだけど。って、そういう話はいいから今週末の話を始めますよ。もう金曜日の20時過ぎているんだから。

編 たしかに。ではエリザベス女王杯の石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 まずはリスグラシューがいいね。牝馬3冠をすべて走って3着、5着、2着。無事に出走しただけじゃなくて、1600から2400mまで、良馬場も重馬場も、内回りも外回りも、これをすべて上位争いできるというのはすごいことだよ。

編 そうですよね。間違いなく能力は世代でもトップクラスだなというのはわかります。ただ、長距離のオークスで着順を落としていますよね。今回、2200mというのはどうなんでしょう?

石 オークスに関していえば、勝ったソウルスターリングが強すぎただけだから。しかも1、2着馬は先行馬という流れで展開的にも厳しかった。出遅れからなんかリズムに乗り切れなかった印象だよね。

編 それでも5着ということか。

石 そういうこと。これだけ能力が高いうえに京都の外回りコースに替わるというのが、またいいんだ。

編 どうしてですか?

石 リスグラシューはどのレースも好走しているんだけど、言い換えれば勝ちみに遅いということもできるよね。

編 そうですね。全体の成績も【2 4 2 1】と、ちょっとじれったいところがありますよね。

石 その原因が追い出してからトップスピードに乗るまでにモタつくからなんだけど、なんというかな反応が遅いとまではいかないけど、ワンテンポ遅れるというか。シュッと加速できない。

編 ああ、それが京都外回りの下り坂でカバーできるのか。

石 そういうこと。小柄な割にタフで、追い切りもいつになく追っていたし状態面も心配なさそうだからね。時計がかかるいまの京都の馬場も味方に大駆けが期待できるよ。

編 これは好条件が揃いましたね。楽しみです。

石 続いてチェックするのはトーセンビクトリー。

編 今年に入って中山牝馬Sで重賞勝利を決めて、2走前にもクイーンSを2着。じっくりと力を付けてきましたね。

石 なかなか数が使えないタイプなんだけど、それでもG1で好勝負できるところまできたね。

編 好勝負になりますか。

石 なると思うよ。3歳までは瞬発力を武器に走っていたんだけど、近走は脚質を変えてきた。これがいいなと。

編 近走は前めでの競馬が目立ちますね。

石 そう。さすがにこのクラスになって瞬発力勝負できるほどの切れもないしね。ただ、先行するようになって、同馬がもともと持っていた持続力を活かせるようになったんだ。

編 それがいいと。

石 超高速馬場の京都だったら嫌いたい馬だけど、今年は時計がかかるからね。力のいる馬場で重賞を好走しているし、逃げるクロコスミアを見ながら競馬ができるし、上位人気馬は差し馬が多い。早めの仕掛けから粘り込みは十分にあり得ると思うよ。

編 展開込みでのオススメですね。

石 あともう1頭は前日の勝負予想まで待ってくれる? ここで名前を挙げた馬は買い目に入れるんだけど、何頭か人気馬を消したいのと、どの穴馬を買い目に入れるか、ちょっとバランスを考えない。

編 印を打てる頭数が決まってますからね。どの人気馬を消して、どの穴馬を入れるか。悩ましいですね。

石 ということであと1日悩ませてもらいたいなと。

編 わかりました。思う存分に悩んでください。それで的中に近づくならいくらでもどうぞ。その前に土曜日の勝負予想ですね。

石 このあとすぐ取りかかるので、今しばらくお待ち下さい。

編 は〜い。では石橋さん、どうもありがとうございました! 週末、期待しています!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週の対談は石橋氏の都合により、金曜日の公開とさせていただきます。
いまのところ金曜日の午前中には公開する予定ですが、対談の時間次第で夜にずれ込む可能性がございます。
遅くとも金曜日の23時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
なお、取り上げるレースはエリザベス女王杯となります。
今週から暮れのホープフルSまで8戦連続のG1となります。
この対談もスポーツマスターの勝負予想同様、エリザベス女王杯でいい弾みをつけられるように頑張ります。
ぜひ、ご期待下さい。

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、2週連続に台風に見舞われてしまいまして、秋のG1戦線、えらいことになってますね。

石橋 武(以下、石) ホントだね〜。馬券が難しくなるというもあるけど、走った馬たちの反動も気になるよね。

編 あれだけタフな馬場でしたからね。そんななか行われた天皇賞(秋)ですが、石橋さんは穴馬の本命に◎サトノアラジン(5人気)、人気馬の本命に◎ソウルスターリング(4人気)。さらに1番人気に推されたキタサンブラック(1人気)は無印という布陣で臨まれましたね。

石 そうね。改めて結論を言うまでもなく馬券は外しているわけだけど、このレースに関しては個人的にはあの印がベストだったと思っているので、なんとも言えないというか。

編 キタサンブラックの無印はかなり思い切ったなと思ったんですけど。

石 この馬に関してはお茶を濁すような印はつけられないと思っていたので、本命にするか無印にするかという。

編 でも的中ということを考えれば、△にして3連複的中まで視野に入れるというのはありだと思うんですけど。今回は勝ったので結果的には本命◎でもよかったのかなと思いますけど。

石 そういう考え方はあると思うよ。的中は大事だからね。ただ、当たり外れも大切だけど、僕は「そこまで信用性がないと思うよ」、「二頭流的な考えでは不安材料があるよ」と伝えるのも大事だと思うので。たとえば、キタサンに関して言えば、宝塚記念の負け方が嫌で、臨戦過程もいままでとパターンが違って、道悪に関しては未知数。しかも過剰人気タイプの馬なわけで、その馬に自信の本命を打てるかとなると……。であれば、斤量が少なく、道悪も問題なし、調教はベストのソウルスターリングだなと思ったんだ。適性とかほかにも色々と理由はあるけど。

編 そのソウルスターリングは道中の不利が大きく影響して6着。

石 でもまあ、ジョッキーも言っていたけど、不利がなくても3着までだっただろうから、そういう意味では(本命◎という評価は)間違っていたのかもしれないけど(苦笑)。

編 ちなみに穴馬の本命◎サトノアラジンに関しては?

石 18頭中18着という結果に終わったけど、結果的には馬場につきるんだろうね。僕としては当日の馬場がもっと外差し寄りになると思っていたのと、流れはこの馬向きというのもあって本命にしたけど、あの馬場でまったく走れなかったのは誤算。ただ、決着タイムが2分8秒台だったけど、そこまで悪化するのは現在の競馬ではちょっと想定外。……まあこれは言い訳だね。

編 どの馬を本命にするにせよ、無印にするにせよ、石橋さんの印、見解で迷いがなくなるという方、救われている方も多いですからね。当たり外れがあるのが競馬ですけど、それ以外の部分でもかなり役立つので、この結果に萎縮せずにこれからもいつも通りお願いしますね。

石 萎縮はしない(笑)。ずっとこうやってきたんだから、なにを今さら(笑)。

編 ですよね。150万馬券のときだって断トツ人気のオルフェーヴルを切ったから的中したわけだし。これで数々の高配当を獲ってきたわけですから、はい、このまま突き進んでまた高配当をお願いします。ということで、今週ですが。

石 金、土、日と3日間開催ですな。

編 おまけに金曜日はJBCも行われるという、なんとも贅沢な週末ですね。石橋さんは大変かもしれませんが。

石 ちょっと時間のやりくりを考えるだけのことで、全然大変じゃない。楽しみだよ。あ、そうそう。今週の勝負予想ではJBCも予想しますよ。

編 え、買い目も出してくれるということですか?

石 もちろん。興味のある方はスポーツマスター金曜日版の勝負予想をご覧いただければと。金曜日版ではJBCの3レースも含めて、全部で6〜7レースぶんの予想を配信するので、お楽しみに。

編 で、土曜日、日曜日の配信もあると。

石 当たり前だろ(笑)。いつもよりレース数が多いので、余裕を持って馬券を買えるように、いい配当を的中しないとね。

編 できれば最初のほうのレースで高配当をお願いします。都合のいいお願いですが(笑)。

石 ホントだな(笑)。まあ、乞うご期待ということで。

編 よろしくお願いします。さて、今週末といえば重賞が4鞍も組まれていますけど、ここではどのレースを取り上げましょうか。

石 アルゼンチン共和国杯にしようか。

編 了解です。ではさっそくですけど、現時点での注目馬を教えていただけますか?

石 まずはセダブリランテスに注目。

編 それ、人気だからダメです。

石 あ、やっぱり人気? じゃあタッチングスピーチは?

編 たぶんエリザベス女王杯に行くんじゃないかと。

石 デニムアンドルビー?

編 は、OKです。でもOKですけど、このところ成績が上がってこないですよね。

石 最後に馬券に絡んだのが、たしか一昨年の宝塚記念(2着)かな。

編 そうですね。そこから長期休養を挟んだりで。

石 ただ、この馬が好走している重賞って、オークスとかローズSはさておき、そのあとはジャパンC2着、阪神大賞典2着、宝塚記念2着と牡馬みたいだよね。

編 たしかに。

石 言い換えれば道中の流れが厳しいほうがいい、あるいは上がりのかかる競馬のほうがいいということでもあるんだけど、アルゼンチン共和国杯は東京芝2500mだよね。

編 ええ。

石 このコースは最後の直線の途中からスタートする、つまり2回の坂超えがあるコースなんだ。だからダービーとか切れが求められる2400mとたった100mしか違わないのに、求められる傾向は全然違ったりするんだ。

編 そういうコースがデニムアンドルビーには合っている?

石 上がりがかかるというのはいいよね。前走も差を詰めつつも結局届かないという競馬だったんだけど、先週前の雨で差せる馬場になっているのもいいしね。

編 なるほど。

石 それに近走は負け続けているといっても、条件が合うレースでは差のない競馬をしているからね。

編 たしか今年の春、中山牝馬Sのときに本命に推していましたよね。

石 あ〜、たぶん。あれも距離はベストよりも短いけど上がりのかかるレースだったから。斤量も2番目に重くて、距離的にもさすがに差し届かなかったけど、勝ち馬から0.2差なら悲観するような内容じゃない。まあ、その前に本命だから勝ってくれというのが本音だけど(苦笑)。

編 まあまあ(笑)。でもこういう上がりのかかるレース、コースで一環して狙っていくのは大事ですよね。

石 人気馬の本命なら色々と穴を探して突っついていくことも必要だけど、穴馬の場合はより適性のある馬を一極集中で狙うというのはありだよね。「この適性に賭ける!」的な。

編 ああ、ここはちょっと足りないけど、この適性で補完できるという。

石 そうそう。全部が足りている穴馬なんて年に2、3回しかいないんだから。

編 ですよね〜。あとはどの馬をチェックします?

石 ハッピーモーメント。

編 こちらは新潟記念のときに人気馬の本命に推していましたよね。

石 よく覚えてるな、外したことだけ(笑)。

編 でも着順的には9着でしたけど、勝ち馬から0.3差。しかも人気の本命とはいえ7番人気でしたからね。

石 そのときの見解にも書いたと思うんだけど、この馬はスパッと切れないけど、追ってバテないタイプなんだよ。

編 ああ、他馬の脚がなくなってもまだ伸びていられるとも書いてましたね。

石 そうそう。東京芝2400mだと切れ負けするけど、タフな2500mで台頭してくるタイプだし、ハンデ重賞なら出番はあるでしょ。

編 なるほど。あと1頭は?

石 ん〜、セダブリランテ……

編 人気だからダメだって。

石 タッチング……

編 だから出ないって!

石 じゃあ、現時点ではこの2頭に注目。

編 え〜〜〜〜

石 って、なるよね(苦笑)。じゃあ、簡単にみやこSの注目馬も。

編 あ、ラッキー(笑)。どの馬に注目します?

石 キングズガード。距離延長で追走がラクになるし、この馬の瞬発力がより活かせる舞台になるからね。距離延長は全然問題ないでしょ。あとは逃げて渋太いローズプリンスダム。

編 これはレパードSで本命に推していましたよね。で、度肝を抜く単勝11番人気、66.3倍で勝利。これはかっこ良かった! 超感心しましたよ。

石 今回も平坦京都で持続力を行かせるレースができそうだし、ある程度速いペースも苦にしないタイプの逃げ馬だからね。こちらはこの2頭に注目。

編 ありがとうございます! 今週はJBCの3レースも含め大忙しでしょうけど、3日間楽しみにしています!

石 はい、JBCは金曜日版の勝負予想で公開しますので、興味のある方はぜひ!

編 ありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週に引き続き今週も台風の影響を受けそうですね。

石橋 武(以下、石) 僕としては、荒れるからありがたいけどね。

編 あ、むしろ道悪推奨派ですか(笑)。

石 はい(笑)。だって道悪のほうが荒れやすいもの。

編 それだけ難しいということですよね。先週も荒れたレースが多かったし。

石 まあたしかにあそこまで降られちゃうと、想定していた展開と全然違うものになっちゃって……ということもあるんだけど。

編 それでも菊花賞は石橋さんが獲るべきレースだと思いましたよ。全然ダメでしたけど。

石 ……はい。仰る通りです。

編 1着のキセキはもちろん2着のクリンチャーだってずっと評価していた馬ですよね。

石 ……はい。

編 そのクリンチャーをなんで無印にするかっていう話ですよ。

石 それは、え〜……

編 言い訳はしなくてよろしい!

石 はい。

編 あの55万馬券は石橋さんなら余裕で獲れたはずなんです。自分でもそう思いません?

石 そうかもしれないけど、外したのは事実だし、あとからそれを言うのはどうかと……

編 とにかく! 石橋さんの期待通り雨も降るようだし、今週の巻き返しは必須! 頼みますよ。

石 はい。ちょっと偉そうなのが、気になるけど(苦笑)。

編 お〜、なんか変なスイッチが入ってたわ。でも皆さんも期待してますので、マジお願いします。

石 そうね。先週、今週の雨で、過去の傾向とはちょっと変わってくると思うし、そういうトリッキーなレースは得意だと思っているので。

編 そうですよね。で、逆にこの段階での予想は難しいと思うんですけど、現時点での注目馬を教えていただけますか。

石 了解。ただ、馬場状態もあるし、改修して昔ほどではないとはいえ、外枠に不利なレースではあるので枠順も見たい(この対談は水曜日に行われています)。なので現時点では2頭に注目ということでお願いできればと。

編 わかりました。では石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 まずはレインボーライン。

編 去年の菊花賞の2着馬。

石 そうなんだけど、評価したのはそこじゃなくて、その前の札幌記念と前走の宝塚記念。

編 札幌記念は3着、宝塚記念は5着と勝ち切れませんでしたけど。

石 たしかにね。ただ札幌記念では3歳夏の時点で古馬を相手に3着。展開も向いたとは言えないなかでの好走だったからね。さらに成長を感じたのが前走の宝塚記念。

編 たしかに追い込み一辺倒だった馬が味な競馬を見せましたよね。

石 そうなんだよ。早めに自分から動いていく競馬をして5着。11頭立てとはいえ決してラクな競馬ではなかったし、展開に恵まれたわけでもないから。

編 なるほど。

石 それにこの馬は追い込んで結果を出してきたけど、スピード勝負はそんなに強くないから。結果を出しているのが上がりのかかるレースだよね、基本的に。

編 あ〜、たしかに。

石 結果的に3着になったとはいえNHKマイルCも中団から行ったわりには上がりを使えていない。まあ、そういう流れになったということもあるけど。そういう意味では良馬場で終いのスピード勝負になっていたらちょっと厳しいところもあったけど、今週末もかなり降りそうだし、キタサンブラックが出るレースは途中からグンとペースが上がる、持続力が要求される流れになりやすいから。前走みたいに早めに動く競馬である程度の結果を出せたのも心強いし、一発の魅力は十分だよ。

編 わかりました。それでもう1頭は?

石 ネオリアリズム。

編 海外遠征明けですよね。

石 休み明けでテンションが上がる可能性があるのはたしかだけど、仕上がりに関しては問題ないと思うんだ。明日(木曜日)の追い切りまで見たかったけど。

編 じゃあ、仕上がりは問題ないとして、渋った馬場は苦にしない馬ですよね。

石 そうね。それもいいし、ペースを判断して自在に動けるのは大きい。前に行ってもいいし、後ろからでも差してこられる。ただし、差すなら時計がかかる馬場だから、本質的には前めで持続力を活かしたいところなんだろうけど。

編 たしかに先週の馬場なんかを見ていても、自在に動ける強みは感じますよね。ホントどんな流れになるかわからないですから。

石 だよね。だから基本的には前が残るならこの馬だし、外から差してくるならレインボーライン的な見方だけどね。もし天気予報が大きく外れてパンパンになったら、予想は変えます(笑)。

編 そこまで大きく外れないでしょう(笑)。でもまあ、臨機応変にということで。では現時点ではこの2頭に注目ということですね。

石 はい。あとは週末の勝負予想でチェックしていただければと。

編 わかりました。石橋さん、どうもありがとうございます!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR