fc2ブログ

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週は予告通りに京阪杯ということでいいですね。

石橋 武(以下、石) はい、京阪杯でお願いします。先週お伝えしたように、ジャパンCの注目穴馬はスポマスさんのメールでお知らせするので。

編 今年も阪神芝1200mで行われまして、今週からようやくBコースに替わります。影響は大きそうですか?

石 走ってみないとわからないけど、JRAのHPを確認した感じだとやっぱり内はカバーしきれていないよね。ただ、それで単純に「外差しのほうがいいか」と考えちゃダメなのが今の阪神競馬場。

編 荒れていても内有利なことがあると?

石 内有利というか、芝が剥がれているように見えても、速い時計が出るんだよね。前の週に雨が降って時計がかかっていても、良馬場ならまた高速馬場に戻るという。そうなると、前が止まらないから、外差し有利というわけでもなくなるので。

編 たしかに。

石 ましてや内回りコースだとその傾向は強くなりそう。ま、いずれにしても土曜日の競馬を見て確認だね。明日の最終レースで芝1200m戦が行われるので、これはあえて配信せずに馬場と傾向のチェックをしようかと。

編 そうですね。1日チェックできるのは大きいですね。でもここではどうしましょう?

石 内有利の高速馬場と見込んで注目穴馬をお届けしておこうか。枠順も発表されているので、それを踏まえつつ。

編 わかりました。ではさっそく現時点の注目穴馬をお願いします。

石 はい、まずはヴァトレニ。阪神芝1200mはスタート直後からなだらかな下り坂が続いて、直線のラスト200mから急坂。中山芝1200mほどではないけど、テンから速い展開になりやすい、前傾ラップコースなんだ。

編 それがヴァトレニに合うんですか?

石 そう。ヴァトレニってマイル前後を中心に走っていたんだけど、速い上がりが使えないから3勝クラスまで昇級するとかなり苦労していたんだよね。それで短距離路線に転向するとさっそく青函Sを勝利。これまでのマイル前後の距離からテンが一気に速くなったけど、それをラクに追走しているんだ。

編 たしかにその前の志摩Sのテン3ハロンが36.6秒で、青函Sが34.0秒。ここまで一気に速くなってもすぐに対応できるというのはすごいわ。

石 志摩Sは特別遅かったというのもあるけど、それでも普通は距離短縮かつテンが速くなったらなかなか対応できないんだ。それでいてしまいもしっかり伸ばして1着。一瞬の加速力がないぶん、ハイペースからの持続力勝負になると強いよね。

編 前走は1400mで9着に負けていますが、これは?

石 これは前半が速すぎた。自らハナを切って、2ハロン目と3ハロン目が10秒台というラップになっちゃって、さすがにこれじゃ先行馬はツラいよね。

編 前が総崩れの差し競馬でしたからね。

石 今回はテイエムスパーダのハナで、その番手につけての外め先行が濃厚。スムーズな競馬ができるしね。高速馬場、急坂得意のパワー型の短距離馬だけに、今の阪神芝はかなり合うと思うよ。

編 続いては?

石 ライトオンキュー。

編 失礼ながらもう終わったんじゃないかなという惨敗続きなんですが……。

石 いや、調教を見る限りまだ全然活気があるんだよね。今回は最内枠に入ってある程度出して行かざるを得ない競馬になると思うんだけど、近走は切れなくなっているから、むしろそういう積極的な競馬でスピードの持続力を活かしたほうがいいと思うし。

編 まあ、たしかにこのところは差し競馬なのに前に行ったりとチグハグな面もありましたからね。

石 リズムを守るという点では、乗り替わらないほうが良かったかもね。横山典騎手がどうこうということではなく。能力は高い馬だし、馬場の恩恵があれば大駆けが期待できると思うんだよな。

編 走ったら相当配当がつきそうですね〜。

石 あとはファストフォース。この馬もテイエムスパーダの番手だね。2走前のようにスムースな競馬ができればまだまだ走れる馬だし、前走にしても同馬にとってはマークされて競られてというキツい展開でもそこまで負けなかったからね。

編 たしかに。今回はメンバーのかなりラクになりますしね。

石 そう。あとはヴァトレニとの兼ね合いひとつでしょう。現時点ではこの3頭だけど、明日の馬場傾向次第でガラッと変える可能性はあるので、明日の特に最終レースと、最終の印は勝負予想でチェックしておいてください。

編 了解です。では今年の東京最終週となるジャパンCウィーク、楽しんでいきましょう! 




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは先週の100万馬券的中を受け、急遽スポーツマスターさんとの共同企画として、編集部通信にてマイルCSの注目穴馬を公開しております。
どなたでも無料でご覧いただけますので、ご注目下さい。

また、来週のジャパンCにつきましてもスポーツマスターさんからのメール配信にてお伝えすることが決まっております。
こちらは無料の会員登録をされた方全員に配信されます。
スポーツマスターさんへの会員登録がまだの方は、下記URLよりご登録下さい。

スポーツマスター無料会員登録はこちら

25日(金)の夕方ごろに配信される予定です。
※編集部通信への登場はなく、メール配信のみとなりますので、ご注意ください。

なお、来週の公式ブログは京阪杯の注目穴馬についてお伝えする予定となっております。
どうぞよろしくお願い致します。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 今週はエリザベス女王杯。一昨年、去年に引き続き阪神芝2200mで行われますね。2年連続でこのコースで行われると、適性というかレース傾向もほぼ掴んでいるんじゃないですか?

石橋 武(以下、石) 適性もレース傾向も2年前から掴めているんだけどね。馬券が当たらないだけで(笑)。

編 (笑)。去年は300万馬券だから的中したかったですけどね。

石 そりゃそうだ(笑)。ただ今年も大荒れの可能性はあるんだよ。かなり人気が割れそうだしね。おまけに雨の予報が出ているし。

編 じゃあ、その天候も含めて、阪神芝2200m、エリザベス女王杯の特徴を教えていただけますか?

石 まず阪神芝2200mというのは非常にタフなコースということ。このコースで行われる宝塚記念で頑張った馬って、故障が多かったり、回復に手間取ったり、その後まったく走れなくなったりしやすい。梅雨時で馬場が荒れているというのもあるけどね。エリザベス女王杯は牝馬限定戦だからそこまでタフな流れにはならなくても、阪神芝2200mには変わりないし、雨の可能性が高いというのもあるからね。

編 タフということは、つまりは体力勝負の消耗戦になりやすいということですよね?

石 そうだね。内回りのG1だから、どうしても向正面半ばからペースが速くなるんだ。そのぶんラストは我慢比べになりがちだよね。去年も馬場の内が伸びないという事情もあったけど、最後まで脚を溜めていた馬が上位に走るという極端な結果になっていたし。

編 ということは追い込み有利ということなんですか?

石 違う、違う。去年は特殊な例だと思ったほうがいい。さっきも言ったように馬場傾向が偏っていたし、実際のところ人気どころの調子はどうだったのかというのもあるし。相当ゴチャついたしね。

編 だったらどういう馬が狙い目なんですか?

石 脚質的には前に行けるほうがいいと思うよ。近走で先行していた馬のほうがいい。こういうタフな流れになりやすいレースというのは瞬発力タイプが脚を溜めづらいから、キレ勝負の馬ってけっこうツラいんだ。キレなくてもいいから前につけてジリジリと伸びるようなタイプのほうが走りやすいんだよね。

編 そうなんですね。

石 うん。非根幹距離のレースってそういう形になることが多いんだよね。日本の競馬場のコース形態的に。ある意味特殊な適性が求められるからリピーターも多いよね。エリザベス女王杯自体、ラキシス、ヌーヴォレコルト、ミッキークイーン、クロコスミア、モズカッチャン、ラッキーライラック、ラヴズオンリーユーと、めちゃめちゃリピーターが走っている。

編 お〜、ホントだ。近10年だけでもこんなにいるんだ!?

石 そう。だから言い換えると、ほかのG1で好走するような瞬発力を武器にするような馬は、いつもほど力を出せないというのは頭に入れておいたほうがいいよね。人気にはなりやすいけど、人気ほど信用できないというか。

編 なるほど。それに加えて雨だから、荒れる可能性が高いということなんですね。ではそれらを踏まえて現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはマジカルラグーン。

編 おっと、まさかの外国馬ですか……。外国馬って日本の競馬で全然結果を出していないじゃないですか。

石 結果を出していないのはジャパンCにおいてでしょ? 2200mだったら、18年の宝塚記念でワーザーが10番人気で2着に走っているし、あとはエリザベス女王杯でもスノーフェアリーが10年、11年と連覇。03年も外国馬のタイガーテイルが10番人気で3着。あとジャパンCでも中山芝2200mで行われた02年にはシンボリクリスエスを敗って、外国馬のファルブラヴとサラファンがワンツー。ちなみにジャパンCで外国馬が連対したのは、この年が最後だよね。

編 2400mは走れないけど、2200mだったら走れるということか。

石 そういうこと。東京芝2400mはダービー、オークスが行われるコースで、いわば日本の馬はそこを目指して生産されるよね。で、東京芝2400mで何が必要かというと、直線で伸びるスピード。この能力は世界でも日本がトップだから、この舞台じゃ日本馬に勝てない。

編 ただ、阪神芝2200mだと……

石 そう、さっきも言ったようにキレではなくて、タフな流れで脚を伸ばすというバテない脚が要求される。この分野は外国馬でも通じるからこそ、外国馬が走りやすいというのはあるよね。

編 そういえば石橋さんって、18年の宝塚記念でも◎ワーザーを本命にしていましたもんね。

石 そうそう。その時の見解にも書いた気はするんだけど、キミがさっぱり覚えていないので、同じことを話してもバレない(笑)。

編 たしかに(笑)。

石 話を戻すと、マジカルラグーンはそういうタフなレースが行われるイギリス、アイルランドで好走してきた馬で、現にアイルランドオークスの勝ち馬でもある。雨が降ると一気にタフになる阪神の馬場も向こうに比べたら走りやすいし、あっさり勝たれても驚かないよ。

編 そのほかで注目するのは?

石 イズジョーノキセキ。

編 去年のこのレースの5着馬ですね。

石 馬券にはなっていないからリピーターとは呼びづらいけど、去年は中団前めの競馬でよく掲示板を確保したよね。適性があればこそでしょう。

編 ですよね。その後は1800mばかりを走って前走の府中牝馬Sで重賞初制覇。距離はどうなんですか?

石 1800mばかり走っているのは確かだけど、ちょい足らずの競馬が多いのも事実だよね。前走はある程度流れてくれたから末脚がハマったけど。阪神外回りのような瞬発量コースだと馬の良さが出せていない。去年も厳しい展開ながら5着に走っているように、高いパフォーマンスを出せるのは、こういうタフな流れになる舞台のほう。去年の流れであれだけ走れるなら距離はまったく心配していないし、むしろ去年以来の適舞台だと思っているけどね。

編 なるほど。

石 あとは阪神内回りで2勝を挙げているウインマイティー。上がり34.5秒以上かかるレースでメンバー中上位の上がりをマークできるのがこの馬の良さ。ようやく立ち直ってきたなというところで、適性の高いコースで走れるのがいいよね。現時点ではこの3頭かな。

編 了解です。やっぱりこういう特殊なコースでもちゃんと適性を掴めているというのが伝わってくるので、安心感がありますね。

石 阪神でおこなわれたここ2年は馬券当たってないけど(笑)。

編 今年的中ならいいんです!(笑) お願いしますね!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 先週の天皇賞(秋)は3連単は絞りすぎでしたけど(笑)、3連複は5点で4,400円を的中。5点配信で買いやすかった方も多かったみたいですね。

石橋 武(以下、石) そういうお声が多かったというのは、スポマスさんからは聞いているけど……。

編 石橋さんとしては、馬場を読み違えたと言っていましたよね、さっき。

石 土曜日は外差しだったんだけど、日曜日はまた内が伸びる馬場になっていたのは誤算。だったら当初の予定通りにパンサラッサを穴馬の本命にしておけばよかったなと。まだまだ未熟ですわ。

編 最終的には差し馬のカラテを穴馬の本命に推していましたからね。真逆の脚質というか。

石 まあ、ジャックドールが消極的というか、前残りを狙ったというか、後続に蓋をしちゃった形になったからね。とにかく2番手以下はどスローだったから、そうなると差し馬にとっては厳しいよね。

編 ですよね。パンサラッサ以外は脚を余すというレースでしたから。でも人気馬の本命◎イクイノックスは強い競馬でした。

石 強い競馬というか、単純に馬が一頭だけ強かったという結果でしょう。

編 そういう感じですか。

石 スタートから前に入られて位置取りを悪くしたし、馬の力だけで勝った感じだよね。

編 2番人気で5着に敗れたシャフリヤールについては?

石 能力は高いから展開次第で3着はあるなという△にしたけど、まあ普通に考えれば目標は次のジャパンCだから。勝てば賞金4億円+ボーナスの200万ドルが入るんだから。

編 ああ、ドバイとジャパンCを勝つともらえる報奨金か(※正確には指定外国競走の優勝馬がジャパンCを勝つと交付される報奨金。外国馬の場合は300万ドル。ジャパンC2着以下も準じて交付あり)。

石 そうそう。この円安のおかげでボーナスだけでも3億円だから、秋天で仕上げてくるはずがない(笑)。そういう意味ではキツい競馬にならなくて良かったかもね。スローで上がりだけ脚を使ってという競馬だから、反動は出にくいでしょう。

編 じゃあ、次ですね。

石 1番人気だろうけど(笑)。あとは△マリアエレーナが悔しいね。2コーナーの不利が相当大きかったから。

編 ああ、2コーナーで外から押し込められて。それが原因なのか、最初は行きたがっていましたしね。

石 そうそう。結果的に、最内枠が災いした形だよね。まあ、あれが東京芝2000mだけど。でも内容的には強かったし、改めて能力の高さを認識させられたな。ま、展開も枠順による有利不利も、道中の動きも、それもひっくるめて競馬だからね。3連複5点的中で満足するわけにはいかないけど、最低限の仕事はできたんじゃないかと。

編 そうですね。これで秋の天皇賞は5年連続勝利ですよ。

石 勝利ではないね。去年はトリガミだったから。5年連続的中というだけ。ただ、来年からジャパンC、有馬記念の賞金が5億円になるから、秋天は叩き台とか、そもそも秋天に出てこない有力馬が増えそう。馬券的には秋天で思わぬ高配当というのが増えてくるかもしれない。そうなると少なくとも馬券的には面白いかも。

編 う〜ん、いいメンバーで見たいですけどね。

石 それはそうか。ま、高配当は今週末獲ればいいしな。

編 そういうことです。今週は重賞が4つも組まれていますし、G1の谷間とはいえ、目が離せないですから。

石 そうね。来週からのG1レース8連戦に勢いをつけていきましょうかね。

編 はい! というわけで、今週はアルゼンチン共和国杯を取り上げていきましょう。石橋さんの現時点での注目穴馬を教えて下さい。

石 了解〜。カントル、レインカルナティオ、ダンディズムの3頭。

編 いずれも末脚がしっかりしたタイプですよね。上がり3ハロン上位組の。

石 そうそう。アルゼンチン共和国杯はスローの上がり勝負が定番のレースで、今年もメンバー構成からしてもスロー。ただ、それだけスローのレースだから、一瞬だけ速い上がりを使えても足りなくて、なんというかゴールに向かって伸び続けるようなタイプがいい。

編 それがその3頭と。

石 そう。カントルは前走のような上がり33秒台前半のレースから35秒台のレースまで上位の上がりを使える馬なんだけど、この手のタイプはゴールまで伸び続けるような馬が多いんだ。だから上がり2位になることも多いでしょ?

編 たしかに多いですけど……。

石 それって一瞬のキレ勝負になると上がり1位じゃなくなったり、反対に超持続力勝負になると、脚が上がっちゃったりということなんだ。ざっくり言うと。だけどこのレースは急加速が必要なうえに、長い直線をずっと伸び続けるようなレースだから、カントルのような馬が合う。

編 あ〜、瞬発力と持続力を兼ね備えたような。

石 そうそう。レースによっては中途半端とも取れるタイプだけど、それがアルゼンチン共和国杯には合うんだね。

編 なるほどね〜。たしかにダンディズムもレインカルナティオも同じようなタイプだ。33秒台でも35秒台でも上がり上位だけど、上がり2位がちょいちょいあるという。

石 ダンディズムは33秒台を使ったことがないけど、中京とか阪神の上がりのかかる非根幹距離を使われることが多かったからね。概ね、このタイプ。

編 ああ、なるほど、なるほど。

石 もちろん上がり2位が多いからこのタイプと決めつけちゃだめなんだけど、わかりやすいひとつの指針としてね。

編 そうですね。競馬で決めつけるのは危険ですからね。

石 そう。これまでのレースぶりと、好走時、凡走時の理屈がわかったうえでの話ではあるけど、この3頭に関してはそういう傾向にあるということだね。あと2、3着が多いのもひとつの特徴だよ。

編 ああ、瞬発力勝負でも、持続力勝負でも勝ち切れないという。

石 そうそう。

編 なるほどな〜。なんか腑に落ちます。納得というか。じゃあ、アルゼンチン共和国杯はこの3頭に注目しておきます。じゃあ、今週末もよろしくお願いしますね。

石 はい、なんとか高配当を獲っておきます(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 奥田さん、今週末の天皇賞(秋)は展開的にも、メンバー的にも面白そうな馬が集まりましたね。

石橋 武(以下、石) だよね〜。スポマスさんの編集部通信でも話したけど、点数を絞ってナンボというレースになりそうで、頭が痛い(笑)。

編 たしかに予想家さんには悩ましいレースですね(笑)。石橋さんの天皇賞(秋)の注目馬はスポーツマスターさんの編集部通信でどなたでもご覧いただけるとのことですので、ぜひ注目して見て下さい。

石 よろしくお願いします。

編 そしてこのコラムではスワンSですね。今年も阪神芝1400mで行われます。

石 そうね。京都のときは外回りコースを使うんだけど、阪神は内回り。そのぶん速い上がりよりも持続力が求められやすくはなっているね。

編 あとは阪神実績ですかね。去年勝ったダノンファンタジーは阪神芝1400mに良績がありましたよね。

石 ああ、前年の阪神Cの勝ち馬だったね。コース実績はあるに越したことはないけど、でもそんなにこだわらなくてもいいんじゃないかな。それよりも枠かな。まだ速い時計が出る馬場だし、内回りは内の先行馬が恵まれやすい傾向だから。

編 なるほど。ではその辺りも踏まえつつ、現時点での注目馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはヴァトレニ。

編 1400mでは実績がまったくないですけど。

石 過去に走った4戦のうち3戦は3歳の未勝利戦だし、残る1戦も稍重でかなり時計のかかる馬場だからね。それにもともと1500m戦を3連勝している馬で、3走前も1600m。ここ2走が強い競馬だったから1200mの印象が強いけど、1400mのほうが走れるぐらいでしょ。

編 あ〜、たしかに。

石 その1200mを走った2戦、特に前走は差し馬が上位に走るなか、逃げて3着。持続力をあるところは存分に示したけど、やっぱり距離が短くて最後にスピード負けしちゃっているんだよね。2走前も勝ったとはいえラストは失速しているし。

編 1400mのほうが脚が溜まるということですか?

石 追走スピードはそんなに変わらないから脚が溜まるということではなくて、スプリント戦よりもワンペース気味の締まった流れになるので、より持続力が活かせるというイメージ。

編 あ〜、なるほど。上がりの速さじゃなくて、全体的な速さが必要ということか。

石 そうだね。内枠から先行できるメリットも大きいし、前走からの距離延長でスピード慣れした今なら好走が期待できるよ。

編 続いては?

石 次はダイアトニック。前走は枠と展開に恵まれたとは言え、G1で4着。まだまだ一線でやれる馬だからね。

編 この距離で6勝を挙げているように、距離はベストですよね。

石 それもそうだし、阪神で馬券圏内を外していない阪神巧者でもある。つまり、高速の持続力勝負に強いということ。当然馬券には入れておくべき一頭でしょう。

編 そうですね。

石 あとはメイショウミモザ。前走は前日輸送でイレ込みながらも速い流れのなかポジションを上げつつ勝ち馬と0.7差。これ、かなりの持続力なんだよ。超持続力コースと言ってもいい中山芝1200mでの走りだからね。

編 それが今回は1400mに延びて追走も楽になると。

石 そうそう。この馬にとって距離延長はかなり大きいよ。この距離ならある程度前につけられるだろうし。

編 ただ、能力的にどうなんですか? オープン入り後は全然走れていないですけど。

石 だっていきなりG1を使って、次は1800m、ついで一気の距離短縮で、イレ込んだG1。全然走れる条件じゃない。今回、ようやく走れる条件になるからね。巻き返しは可能でしょう。

編 なるほど。じゃあ、まずは土曜日のスワンSで、秋天に勢いをつけますか。このあとの勝負予想、楽しみにしておきま〜す。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR