FC2ブログ

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、今週は早くもG1フェブラリーSの前哨戦、東海Sが行われますね。

石橋 武 あれ、質問コーナーないの?

編 今週はないです(笑)。質問ほしかったんですか?

石 いや、今週はどんな言い訳しようかなって考えてきたのに。

編 言い訳って(笑)。先週は見ていてわかりやすい外れでしたからね〜。重賞のフェアリーSも完全に人気馬の本命◎エフティイーリスの出遅れでしょう? あれ普通に先行していたらラクに勝っていたんじゃないかと。

石 まあ、やってみないとわからないけど、……勝ってたよね(笑)。うしろから行ったおかげで最後は外を回らされたし。あの内の絶好枠スタートだったのにね。って、これグチだな。やめよう。

編 穴馬の本命に推した◎ホウオウカトリーヌも、先週ここで話したように1200mからのステップでちゃんと2着に走ってきましたし。

石 まさか4番人気にまで支持されるとは。あれを穴馬としちゃダメだったね。

編 まあ、そこは仕方ないです。でも普通は人気にならないパターンなんですけどね。石橋さん効果?

石 まさか。

編 あ〜、あと中山芝といえば月曜日の最終レースですね。なんと本命が◎ビヨンジオール。14番人気でしたっけ? 単勝も100倍超えていましたよね?

石 そう。でも結果4着と。

編 惜しいよな〜。ちゃんと走ってきているのに。というか、よく凡走続きのあの馬を本命に推せましたね。

石 見解にも書いたけど、まあ馬場と適性がぴったり合っていて。見解はスポーツマスターさんの編集部通信に載ってるんじゃないかな。

編 でも4着とはいえ、あの予想はすごい。完全に復調傾向じゃないですか?

石 え、調子崩してたの? わたし。

編 あ、違うわ。年末、最後の開催で10万馬券当たって、それから2週間10万クラスの馬券が当たってないから(笑)、あれ?と思って。自分の強欲さにびっくりだわ(笑)。

石 毎週10万馬券って……。がんばるけれども。

編 じゃあ、さっそくがんばっていただくとして(笑)、今週末はAJCCと東海Sが行われますね。

石 AJCCは11頭立てか。じゃあ、東海Sにしますか。

編 了解です。東海Sの舞台、中京ダ1800mといえば、石橋さんはいつもスローの先行有利を強調しますよね。

石 レースが厳しくなるG1のチャンピオンS以外はね。中京ダ1800mはスタートが上り坂の途中だったり、すぐ1コーナーだったり、そういうコース形態から序盤からスローになるんだ。で、差し馬が先行勢においついていきたい3コーナー過ぎからは下り。つまりで追いつきたいところで先行馬もラクにスピードアップしちゃうから、なかなか差が縮まらないうえに脚も使わされちゃうという。

編 で、結果的に先行有利になると。

石 そういうこと。ただ、穴馬を狙うとなるとやっぱり差し馬に注目したいんだよね。

編 と言いますと?

石 先行有利のコースで先行馬を狙っても基本的には人気になりがちだからね。実際、近5年、6番人気以下で馬券に絡んだのは全部で6頭いて、そのうちの3頭は4コーナー8番手以下。それに去年はふたケタ人気馬が2頭絡んでいて、これはどちらも4コーナー5番手以内にいたんだけど、テイエムジンソクが引っ張る流れで、むしろ離れた番手という展開利があったから。

編 今年は有力な先行馬が揃って、ペースも上がりそうですしね。

石 そうだね。だから人気馬の本命は内枠の先行馬から。穴馬の本命は差し馬からというのが「単勝二頭流」的な買い方になるかな。

編 ではそれも踏まえて、注目穴馬をお願いします。

石 アングライフェン、グレンツェント、コスモカナディアンかな。

編 なるほど、差し馬揃いですね。

石 まあ、コスモは(前でも後ろでも)どっちでもいけるけどね。

編 あ、ちょうどいま、枠順出まして……

石 お、どうなった?

編 人気になりそうな先行馬インティ、スマハマが揃って4枠(笑)。

石 ほぼ絶好枠かよ(笑)。

編 内にこの2頭より前に行く馬はいないので、隊列はすんなり決まりそうですね。

石 あと、武豊騎手が前に行くとペースを落とさないので、そこをどう読むかか。ま、馬場状態もあるし、日曜日までじっくり考えるよ。

編 は〜い、では今週末の勝負予想もよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、今週の話の前にですね、スポーツマスターさんに質問が来ていたということで、ご紹介したいんですけど。

石橋 武(以下、石) ちょくちょくいただいているらしいですね。今回はなんでしょう。

編 去年末のホープフルSについてなんですが。そのままご紹介しますね。

「いつも石橋さんの予想を活用させていただいております。立志ステークスでも惜しくも100万馬券とはなりませんでしたが、10万馬券を的中し、個人的にかなり助かりました。ただ、そのあとのホープフルSについて疑問があります。私は勝ったサートゥルナーリアで鉄板だと思っていましたが、石橋さんの人気馬の本命はブレイキングドーンでした。見解を拝見し、納得したうえでブレイキングドーンから勝負したのですが、勝ったのはサートゥルナーリア。正直、自分のほうが合っていただけにガックリときてしまいました。もちろん石橋さんにはいままで多くの高配当馬券を取らせてもらっているので文句はないのですが、普通に1番人気のサートゥルナーリアから勝負すれば簡単に取れたのにと思ってしまいます。そのあたり、どうお考えでしょうか」(東京都Mさん。※ご本人の許可をいただいて掲載しています)

編 というご意見です。

石 ん〜、まず、不的中だったことについては申し訳ないとしか言いようがないです。ごめんなさい。ただ、いくつかひっかかるところがあって、あ、ムキになって反論しているわけではないですよ(笑)。え〜と、まず何をもって「サートゥルナーリアで鉄板」とお考えになったかですよね。新馬戦、そして萩Sのレースを見て、その見た目のパフォーマンスにつられて「断然」と思われたのであれば、ちょっと気をつけたほうがいいかなと。どちらも相手は相当弱かったので、ちょっと力のある馬なら、あれくらいの見た目のパフォーマンスはできるんですよね。しかもどちらもゆるいペースでの楽勝。今回は中山芝2000mで、逃げると公言していたキングリスティアも出走していて、ハイペースとまではいかなくとも、ある程度流れると僕は想定したので。あと、ああいう持ったまま楽勝するタイプは追って伸びないパターンも結構あるし。

編 それでダントツの人気はリスクがあると。

石 だね。

編 結果論ですけど、今回もスローでしたし。

石 超スローね。キングリスティアがまさかの出遅れで(苦笑)、誰も行きたがらないまま1コーナー。あの出遅れと超スローは誤算。これがあるのが競馬なんだけれども。サートゥルナーリアについては、もちろん能力があるのはたしかだけど、ある限られた状況でしか走れない馬かもというのは、これからも念頭に入れておいたほうがいいと思います。今回も一瞬ポケットに入って、追い出しが遅れたけど、ある意味では結果的にそこで脚が溜まったという見方もできるわけで。

編 石橋さん的には皐月賞は厳しいと(笑)。

石 出てくるかもわからないのに(笑)。でもまあ向いてはいないと思います。ただペース次第で走れる能力はあるけど。

編 最後に本命に推していたブレイキングドーンについては?

石 けっこう絶好な感じで4コーナーを回ってきたんだけどね。結果的にスローからの急加速についていけなかったのかな。本来はもうちょっと走ると思う。ただ、なんだかんだ言いましたけど、競馬は当たった人が正しいわけで、Mさんにはごもっともですとお答えします。ただ、そのうえで1番人気だからとか、前走が強く見えたとか、そういう人気馬の本命の選び方はこれからもしませんので、その点はご理解いただければと。

編 ということです。Mさん、納得いただけたでしょうか。

石 いずれにしても、いい馬券で取り返しますので、引き続きご期待ください。

編 で、その“いい馬券”のチャンスがやってまいりました。今週は3日間開催のうえに、あのフェアリーSも行われます!

石 はいはい。ノットフォーマルね。はいはい。48万馬券ね。はいはい。わかったわかった。

編 はいはい、もうその話はしません。でも僕がしなくても、読者の方々は期待してますからね。

石 それはわかっているつもりです。今日だって、日経新春杯よりはフェアリーSの話のほうがいいかなと思っていたし。

編 あ、マジすか。じゃあ、フェアリーSでお願いします! やっぱりノットフォーマルのときみたいに持続力で勝負するタイプが狙い目ですか?

石 おお、そういうところはちゃんと覚えてる(笑)。そうね。ただ、勝負予想の見解では何度か話しているけど、ここ2年ほどで中山芝の傾向がちょっと変わってきていて、高速化してきているというか。

編 路盤工事のあとはかなりパワフルでしたけど、その効果がなくなってきた?

石 そうかもしれないね。なので、穴馬としての狙いは持続力タイプなんだけど、そのなかでも高速決着に強いタイプ。スピードのあるタイプがいい。あと、速くなるぶん以前より追い込みがきくので、先行馬だけじゃなくて、後ろにいる穴馬にも目を配っておきたい。

編 なるほど。それを踏まえて、石橋さんの推奨穴馬をお願いします。

石 まずはホウオウカトリーヌとサンタンデール。そしてエフティイーリス。この3頭かな。

編 ホウオウとサンタンは前走黒松賞組ですね。それぞれ1着と5着。ただ、1200m戦からというのは……。前走1200mを使った馬ってほとんど馬券に絡んでないですよね。

石 ないね。そもそも出走してくる馬が少ないし。7年前のダイワミストレス(5人気3着)まで遡らないといないんじゃないかな。

編 だったらなぜ?

石 さっき言ったように、馬場の傾向が変わってきているというのが1点。中山芝1200mというのはスタート直後から最後の直線までずっと下りが続くコースで、そのあとに急坂が待ち構えている。要はトップスピードでガーッと走ってきたところに山のような坂を登らなきゃいけないわけで、JRAのなかでもトップクラスの持続力コースなんだ。

編 そこを好走してきたのがいいと。

石 いや、ただ好走しただけじゃなくて、ちょっとニュアンスを伝えづらいんだけど、スプリント的なレースをやっていないというか。ホウオウカトリーヌはスタートからガーッと飛ばした訳ではなく、馬なりでついていって追い出しからさらに加速している。サンタンデールのほうは完全に1200mでは忙しかったけど、それでもジリジリと引き離されずに頑張っていたよね。

編 あ〜、本当はもっと距離があったほうがよさそうなのに、持続力コースの中山芝1200mでも好走できた馬。

石 そういうこと。今の中山芝は前に行ったほうが明らかに有利だし、ましてや中山マイルで先行できる馬が真ん中より内枠を引いているわけだからね。これは買っておかないと。

編 エフティイーリスも絶好枠ですよね。

石 そう。前走はスローというのもあってちょっと行きたがるところもあったから、この1ハロンの短縮は大きなプラス材料だと思う。デビュー戦、前走と2戦連続でメンバー中2位の上がりを使っているけど、基本的には切れないタイプで、立ち回りのうまさとかスピードの持続力で勝負するタイプだと見ているので、ここはチャンスかなと。

編 なるほど。枠順確定後にお話をうかがってよかったです(笑)。

石 あとは結果か(笑)。

編 でもそれこそサンタンデールあたりが走ってきたらえらい配当になりますからね。しっかりと馬券には入れておきます!

石 そうだね。10万馬券的中から1週あいちゃったので、今週はしっかり決めておきたいね。

編 ええ、3日間ありますし、期待しています。それでは石橋さん、今週末もよろしくお願いします! ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 公式ブログをご覧の皆様、そして石橋さん、明けましておめでとうございます!

石橋 武(以下、石) 明けましておめでとうございます。今年も皆様のお役に立てる情報をお伝えしていきますので、ぜひお付き合い下さい。

編 というわけで、今年も始まりましたが、去年末も高配当で決めてくれましたね〜。オーラスの28日に立志Sで3連単10万5,280円を的中。ちなみにクビ差4着だった△マイネルビクトリーが3着だったら106万馬券が的中だったんですよ。

石 それな。スポーツマスターさんでも散々いじられていたみたいだけど(笑)、まあ、それが競馬でしょ。反対にクビ差で100万馬券が当たることだってあるんだから。

編 たしかに。それにいつも言っていますけど、石橋さんの馬券はホント100万馬券がすぐそこに感じられるんですよね。

石 いや、そりゃそうでしょ。そんなに難しいことじゃない。タイミングひとつだと思うよ。

編 ですよね。それを改めて実感しました。実際、クビ差ですからね。

石 まあ、終わった話はいいでしょ。年も明けたことだし、また気分を新たにいきましょう。

編 そうですね。では新年、金杯からドンと高配当的中をお願いします。

石 うん、かなり高配当が期待できるんじゃなかな。

編 お、いいですね〜。ではどちらの金杯を取り上げます?

石 せっかくお正月から見に来てもらっているんだから、今日は中山、京都両金杯についてお話ししようかと。

編 おお、ラッキー! ではさっそく、中山金杯からお願いします。

石 こちらはナスノセイカン、ブラックバゴ。どちらも中山とか内回りでパフォーマンスを上げてくるタイプで、実際、ブラックバゴは去年の中山金杯で小差の4着。脚質的に展開に左右されるけど、馬券には入れておいたほうがいいでしょ。

編 ナスノセイカンのほうは>

石 前走がね、ストレス溜まりまくりの競馬で。

編 たしかに直線で詰まって詰まってというどうしようもない競馬でした。

石 そう。あの4コーナーでの手応えを見ると、ホントもったいない競馬だった。オープンに昇級後は一見凡走続きに見えるけど、内回りとかのタフな流れ、そして2000mならパフォーマンスは高いんだ。前走だけ走れば今回も好走が期待できるよ。

編 京都金杯のほうは?

石 マイスタイルとヒーズインラブかな。

編 逃げ馬と差し馬。両極端な脚質ですけど。

石 展開面を考えると、マイスタイルがハイペースで行って、そのあとに人気のパクスアメリカーナとかでしょ。

編 ですかね。ツーエムマイスターとか逃げたいのがほかにもいますけど。

石 ツーエムは勝手に落ちていくでしょ。パクスとかグァンチャーレとか有力どろころの先行馬が早めに前を捕まえにいくし。

編 となるとマイスタイルも厳しいのでは?

石 いや、マイスタイルは粘れる。まあ、仮に捕まるような展開なら、そのときは人気馬の本命が勝つだろうし。

編 そうか、二頭流ですもんね。で、その人気馬の本命は?

石 言えないのよ、ここでは(笑)。しれっと聞かれても(笑)。

編 でもいま穴馬の本命らしき馬をしれっと言ってましたよね。

石 ……知らない。さ、とりあえずはこんな感じかな。まずはここで決めて、いい形で2019年の競馬に入っていきたいね。

編 そうですね。今年も色々と期待していますよ〜。

石 読者の皆様も、どうぞよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週の土曜日は『単勝二頭流』の本懐でもある単勝好配当的中が続きましたね。

石橋 武(以下、石) そうだね。配信5レース中4レースで単勝が的中したのはよかった。ただ、あそこまでいったら3連単も的中しておきたかったけど。

編 まあ、たしかに(苦笑)。ただ、簡単に振り返っておくと、土曜日最初の配信となったクリスマスローズSで◎ディアンドル(1人気)が勝利。こちらの単勝170円。続く摩耶Sは不的中で、その次がすごかった!

石 阪神C。

編 はい、阪神C。このレース、石橋さんは人気馬の本命に◎ミスターメロディ(2人気)、そして穴馬の本命に◎ダイアナヘイロー(11人気)と強気の勝負でしたね。

石 強気、う〜ん、強気というか、適性と展開面を考えると◎ダイアナヘイローになっちゃうなと。いや、なってもいいんだけど、逆に人気がなさすぎたから僕の知らないところで何かあったのかなとか勘繰っちゃって(笑)。

編 いや、戦績と相手関係をみたら11番人気くらいでしょう、どう考えても(笑)。

石 あんなわかりやすい馬と展開で? 

編 あ、それレース当日の見解がわかりやすかったから載せちゃいましょう。

「◎ダイアナヘイローは前走もそうだが、前半の自身の入りが緩やかであれば好走でき、反対に前半3ハロンが33秒台前半だとさっぱり。レース序盤のラップで勝負が決まるタイプだ。今回と同じ阪神芝1400mで行われた阪急杯を勝利した際も前半3ハロンは34秒台だった。今回はこの距離には何が何でも行きたいタイプがおらず、他馬の前半の入りからも33秒台は考えづらい。さらに土曜日の阪神競馬場は雨が降っており、時計がかかる馬場になるのは間違いのないところ(2走前は道悪で敗れているが鼻出血が原因。本来道悪は得意なタイプ)となれば、レースのペースは◎ダイアナヘイローの得意とするもの。さらに先週の結果を見ても明らかなように、今の阪神芝コースは内有利。展開面、馬場に恵まれたここは大駆けが期待できる」

編 もはや予知レベル。

石 そんなことないわ(笑)。大げさか。見解にも書いたようにメンバー的にラクに行けるのはわかってたからね。早めに◎ミスターメロディにこられるのがイヤだったけど、そうなれば◎ミスターメロディは的中するわけで。

編 まさに単勝二頭流。しかも単勝配当3,830円。

石 3着抜けがな〜。3連単さえ獲れていれば……

編 タラレバ。で、続く中山最終のノエル賞では人気馬の本命◎オハナ(5人気)が勝って、単勝880円。これは2着抜け。

石 はい。

編 で、この日の最後となった阪神最終では穴馬の本命◎プレシャスルージュが解消で、こちらもなかなかの好配当で単勝1,630円。ちなみに3着抜け。

石 痛い、痛い。なんか胸が痛くなってきたわ。

編 いや、“単勝二頭流”ですから。まずは単勝的中ありきですし、しかもその単勝がこれだけハネてますからね。なんと回収率650%超え。2着抜け、3着抜けはありましたけど。

石 わかったって!

編 (笑)。で、日曜日はなんといっても有馬記念。人気馬の本命◎パフォーマプロミス(7人気)、穴馬の本命◎シュヴァルグラン(9人気)と強気な予想で。

石 とはいっても、◎シュヴァルグランは外枠というだけで人気落としすぎでしょ。ちょっと内めの枠だったら普通に3〜4番人気の馬だよね。

編 結果、その◎シュヴァルグランが3着に激走して、3連複4,910円を的中と。そのほか配信6レース中5レースで本命馬が馬券絡み。この2日間、本命馬の精度は素晴らしかったですね。

石 ただ土曜日はともかく日曜日は勝ちきれないレースもあったから。そのあたりは今週に向けて修正しないと。ちょっと馬場が変わっていたというのもあるけど、例年の傾向だと馬場が荒れてちょっとパワフルになるから。

編 たしかにというか、ホープフルSはポンと荒れたりしますよね。

石 軽い馬場で好走してきた馬とか、あとは2000mが初という馬もいたりね。

編 なるほど。ではそのあたりを踏まえて現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。現時点での注目はヴァンドギャルドとヒルノダカール。中山芝2000mだけにラスト4ハロンのロングスパートになるというのが、このコースのデオフォルト。ヴァンドギャルドは新馬で阪神の急坂をラクにこなし、さらに坂上からきっちり伸びて、前走も後半4ハロンの速い流れを後方からよく伸びて3着まで差してきた。長い脚が使えるよね。

編 たしかに。ただ、ニシノデイジーには負けていますよね。

石 あれね〜、馬群を抜け出したところでフッとスピードが落ちるんだよね。なにか気になったのかソラを使ったのか。そのぶんの負けだと思う。仮にソラでも前走から引き続きトップレベルの鞍上だし、ちゃんと矯正してくるでしょ。

編 あとはヒルノダカール。

石 そう。京都で2戦しているけど、こちらも後半から速くなる流れを余裕をもって差しきっているよね。坂のあるコースでさらにパワフルな差し脚が活きるだろうし、面白いと思うよ。

編 わかりました。あと29日の東京大賞典も勝負予想を配信するんですって?

石 そうそう。けっこうリクエストが多かったみたいで、スポーツマスターさんでやることになりまして。

編 石橋さんは地方交流競走の勝率がかなり高いですからね〜。そっちも楽しみだわ。

石 ただ、この公式ブログに関しては年内は今日が最後になります。今年一年お読みいただき、どうもありがとうございました。

編 ありがとうございました。

石 年明けは、勝負予想は5日の金杯から、このブログも金杯について4日に更新します。遅くとも5日の午前8時までには公開しますので、また来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週の朝日杯FS、惜しかったというか、3連複はちゃんと当たっているんですけど(笑)、それでも惜しかったな〜と。

石橋 武(以下、石) う〜む。

編 たしかに本命馬は勝ちきれませんでしたけど、予想としては納得のいくところだったんじゃないですか?

石 いや、納得はないでしょ。全然納得してません。予想の方向性というか見立ては合っていたと思うけど、本命馬が勝てなかった時点で納得のいく予想にはなり得ないので。

編 いや、たしかに買い目、馬券の結果としては納得がいかないんでしょうけど。ただ、勝負予想の見解で「グランアレグリアとアドマイヤマーズにはオッズほどの差はない。グランアレグリア絶対視は禁物」とか書いていたじゃないですか。あれで保険をかけて3連単を的中したという会員さんもいらっしゃいましたし。それに買い目に関しても、堅い決着になった場合を想定して、いつもより買い目点数を減らしていましたしね。しかもそれでいて単勝9番人気2着の△クリノガウディーを入れるとか、相変わらず「すげ〜な」と思いましたけどね。

石 まあ、予想の際にどういう予測を立てて、だから本命なんだ、ヒモ△までなんだ、消しなんだというのは、お伝えしてしかるべきと思っているので。特にG1ではそこを気にする方も多いと思いますしね。当たり前だけど、買い目が100%当たるというわけではないぶん、それ(見解)でご覧いただいている方のお役に立てればと思うし。

編 僕からすればかなり皆さまのお役に立てているかなと思いますけど、それでもやっぱり結果は大事だからな〜。先週はちょっと納得のいかない騎乗とか、あと展開面も含めて不利とか、目立ちましたからね。そのぶんは今週きっちりとお返ししてもらいますよ。

石 不利もなんもない完全な外れもあったけど(苦笑)。ただ、そうね。そのぶんは今週も含めて巻き返さないとね。

編 よろしくお願いします! で、今週といえば有馬記念! そして阪神C! 毎年この週は高配当的中が目立ちますね。さすが勝負どころに強い!

石 けっこう荒れるレースが多いからね。先週あたりから荒れ出して、餅つき競馬らしくなってきた。これいうとおじさんみたいだけど。

編 いや、おじさんですから。

石 うるさい。

編 でも有馬記念、今年は面白いメンバーが集まりましたね。

石 そうだね。人気どころでも前走の反動は大丈夫?なキセキとか、中山小回り大丈夫?なレイデオロ、枠順あちゃーだったねシュヴァルグランに、新潟記念で過信されてない?ブラストワンピース、出るとこ間違ってるでしょオジュウチョウサンとか。

編 そのキャッチフレーズ(笑)。そして穴っぽい馬もたくさんいるという。

石 そうね。中山小回りに合いそうなのがいるよね。

編 ちなみに有馬記念ではどんな穴馬を狙えばいいんですか?

石 いろんなパターンがあるから一概には言えないけど、有馬記念の特性的には3コーナーからグンとペースが上がって、そのまま持続力でゴールまで伸びるという競馬になりがち。

編 たしかに。3コーナーから4コーナーにかけて一気にポジションを上げる馬が多いですよね。かなり長い脚を使う印象があります。

石 そうなんだよ。だから穴馬としては前に行って後続馬とのアドバンテージを取れる馬。そして東京や阪神外回りではキレ不足で負けているけど、ジリジリと、でもゴールまでバテずに走ってこられる馬。あとは滅多にないし、展開の助けも必要だけど直線一気に追い込める馬。こういう馬が狙い目になってくるね。 

編 それを見つけるのが難しい(苦笑)。

石 そんなことないよ。じゃあ、まずはざっくりと今年の展開を考えてみようか。まず、他馬に脚を使わせるような早いペースでキセキが逃げたいよね。そういう競馬でこの秋は結果が出ているだけに、無理に変えてくるようなことはしないでしょ。

編 ですね。

石 で、もう内枠にも恵まれてもう一頭前に行きたいのがクリンチャー。そして同じく内枠を引いたオジュウチョウサンも前に行かないとどうにもならない。まあ、この2頭はテンが速いわけではないので、スタートから2番手、3番手につけられるわけではないと思うけど。

編 下手したら揉まれこんで終わりという可能性もありますよね。

石 あるある。キセキが力を発揮できる状態なら共倒れを避けたから絡んでいきたくないだろうし、できれば離れた2番手で後続に蓋をするというのが理想のポジションだよね、この2頭にとっては。

編 ええ。

石 だた、そんな美味しいポジションを他馬がみすみす放って置くはずもなく、たぶんレイデオロもポジションを取りに行くし、キセキの外枠に入ったシュヴァルグランもキセキについていくだけでポジションを取れるからね。

編 となると、けっこう緩まない流れになる?

石 結局はレイデオロとシュヴァルグラン次第なんだよね。2頭が序盤からキセキを負かしに行くのか、定石通りに3コーナーから仕掛けていくのか。

編 石橋さんはどっちだと思います?

石 レイデオロは捕まえに行くんじゃないかな。1番人気の義務もあるし、キセキをラクに行かせたくないというのもあるし。シヴァルグランは小回りのコーナーが得意とは言えないから3コーナーからになると思う。まあ、これも外々を回されると厳しいので、早めにいい場所を取りに行く可能性も考えておく必要はあるけど。

編 で、そのまま3コーナーからペースアップしていくわけですよね?

石 そうね。

編 で、穴馬はどうしましょう?

石 前に行けるタイプからクリンチャー。予報通りにひと雨降れば他馬が気にするぶんさらに有利になるね。展開的にも後続に蓋をできる位置を取ることができるし、早め仕掛けから粘り込める持続力もある。ただ、今の中山芝コースは時計が早いので、雨が降らなかった場合、土曜日も変わらず高速馬場だった場合は割り引く必要もある。

編 このあたりは勝負予想で最終判断ということですね。

石 はい。続いてはパフォーマプロミス。

編 前走はアルゼンチン共和国杯を勝ちましたね。しかも上がりは32秒台というものすごい脚でした。

石 前走は時計的にもレースレベル的にも大したことないレースだったけど、この馬の制御性の良さとか器用さのおかげで勝てたなと。上がりは、まあ、あのペースだから。ただ、過去のレースぶりからも折り合いがつくし、立ち回りのうまさもあって、好位から速い脚が使えるというのはいかにも小回り中山向き。枠もいいところに入ったし(3枠5番)、なだれ込みはあるよね。

編 なるほど〜。

石 あとはミッキースワロー。これは後方からズドンのイメージ。さっきも言ったように展開的にキセキが引っ張る流れだと中盤もそう緩まない。完全な底力勝負、実力勝負になると上位人気馬同士の決着の可能性も高いと思うけど、そこに割って入ってこられるとしたらこの馬かな。

編 中山は得意ですもんね。

石 まあ、実績は全部外回りコースだけど、この馬の脚の使い方なら内回りでもやれそうかな。(同じく内回りコースの)大阪杯も悪くない競馬だったしね。

編 たしかに出遅れ、内から外への切り替えとロスのあった競馬ながら5着に善戦しましたからね。

石 そうね。展開的にも恵まれそうだし、それにこの馬ってここ一番で能力を発揮できていないところがあって。

編 ああ、菊花賞が極悪馬場になったり。

石 そうそう。前走のジャパンCも休み明けだしね。まだ底を見せていない魅力がある。

編 なるほど。現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 はい。ただ、馬場状態なんかも含めて、週末にかけて精査するので、さっきと違う展開を想定するかもしれないし、あくまで現時点での推奨穴馬ということでお願いします。

編 わかりました。それと年末年始の本ブログについてお知らせです。え〜、簡単に言うと休みません(笑)。

石 はい、休みません。ホープフルSの見解は来週の水曜日か木曜日、年明け、金杯の見解も4日の金曜日までにお伝えします。両日とも遅くともレース当日の午前7時までには更新しますので、ぜひ参考にしていただければと。

編 というわけで石橋さん。土曜日の阪神C、そして日曜日の有馬記念。冒頭でも言いましたが。この週は高配当が当たるケースが多いですからね。期待してますよ!

石 はい、楽しみにお待ちください!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR