FC2ブログ

編集部からのお知らせ

今週は石橋氏の都合により対談ではなく、注目穴馬をお伝えする形となります。
ご了承下さい。
その替わりと言ってはなんですが、石橋氏より福島記念の注目穴馬も送られてきましたので、そちらもお伝え致します。


■福島記念(G3)


内回りの2000mというコース形態からも、早め仕掛けから後半は後半は厳しい流れになりがちで、上がりのかかるレース、コースで好走できるタイプが狙い目。
近3走は着順だけみれば凡走のキンショーユキヒメもそのタイプ。近3走は落鉄、展開不向き、苦手の時計勝負と敗因ははっきりしており、コース適性の高いここは巻き返しのチャンス。
マイネルフロストは同コースの七夕賞で好走実績があり、さらにハイペースでも粘れる強みがある。使いつつ調子を上げてきたここは狙い。
差し馬ならマサハヤドリームも。



■エリザベス女王杯

瞬発力のあるタイプが上位人気に推されがちだが、そういう人気馬が負けるのがこのレース。1番人気馬の成績もよろしくない。言い換えれば狙い目はそういう瞬発力タイプと反対の持続力タイプ、ジリジリと、でもゴールに向かって伸び続けるような長くいい脚を使えるタイプが狙い目。
となると、スマートレイアーコルコバードあたりを狙い目として挙げておきたい。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週、そして来週の公式コラムは、石橋氏のスケジュールの都合のため、金曜日、もしくは土曜日に公開させていただきます。
今週も含め、基本的には対談を予定しておりますが、スケジュール次第では注目穴馬をお伝えする形になることもあり得ます。
石橋自身、みなさまに対して心苦しく思っておりますが、競馬シーズンということもあって取材等が非常に立て込んでおり、信頼いただける予想の配信を考えると、このような形となってしまいます。
ご了承いただけますと幸いです。

対談をお届けする予定でしたが、石橋氏よりどうしても時間が取れないとの連絡があり、急遽注目穴馬をお伝えするという形に変更させていただきました。ご了承下さい。
なお、先週の結果についてはスポーツマスターの編集部通信で詳しく取り上げられています。あわせてご覧下さい。(編集部より)


JBCクラシック
■ノンコノユメ
フェブラリーSの見解で「一方、人気馬の本命◎ノンコノユメも16年のフェブラリーSで2着に好走しているリピーター候補だ。意味のない(と私は思っている)去勢も含め、不調の時期が長引いたが、前走で復活。やはりワンターンのコースは走る。内から捌けるような馬ではなく、枠順によって好走、凡走が左右されるタイプだが、前走に引き続き外めの絶好枠を引き、自らチャンスを呼び込んだ。強敵相手にもっとも重い58キロの斤量で勝ち切った前走は高く評価でき、しかも今回はそれ以上の状態で、ベストの距離を走れる。ペースも速くなりそうなだけに、末脚勝負で勝ち負けまで見込める。」と書いたように、枠順、コースに左右される馬ではある。今回もワンターンではなく2ターンのコースで、その点は割引。ただ、京都ダートの3〜4コーナーはカーブがキツイわけではなく、不器用な同馬でもこなせる可能性は大。また、コーナーから直線への入りも大回りで加速しながら回れるコースでもある。となれば、中央の軽いダートでスピードを活かせる同馬にチャンスはある。


JBCスプリント
■ナックビーナス
■セイウンコウセイ
ともに久々のダートだが、どちらも芝では時計がかかったほうが成績がよく、さらに上がりのかかるレースのほうが得意。要は持続力を生かしたいいタイプで、ダート向きの適性の持ち主。地方のパワフルなダートはともかく、京都の軽いダートなら芝のスプリント戦で鍛えた2頭のスピードはかなり面白い。


JBCレディスクラシック
■リエノテソーロ
NHKマイルCの2着好走のおかげでローテーションも本来の路線も見失ってしまったが、ようやく適性のあるダート路線、そして理にかなったローテへ戻ってきた。前走は大井で大敗したが休み明けで馬体重も増えており、加えて大井の深いダートも合わなかった。今回はスピードの活かせる京都ダートで、本領発揮といきたい。

■アイアンテーラー
何頭が逃げたい馬がいるが、前半をハイペース気味に飛ばしてもバテないのは同馬だけ。牡馬相手の1600万特別で上位人気に推され、かつ勝ち切れば牝馬限定重賞なら上位の存在だ。派手に見える戦歴の馬がいるおかげで人気はそこそこだろうが、展開面からも実績・能力からも勝ち負けになる一頭だ。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

今週はJBCの3レースが行われる変則的な開催番組となります。
石橋氏より「G1レースでもあり、3レースの注目穴馬をお伝えしたい」という要望もありまして、当ブログの更新は土曜日とさせていただきます。
先週、18万馬券を的中するなど、高配当固め打ちの予感がする単勝二頭流の勝負予想。
ぜひ、ご期待ください。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

『単勝二頭流』編集者 さてさて、先週あれだけ詳しくお話しして、せっかくフィエールマンも注目穴馬に推していたのに馬券を外した石橋さん、今週もよろしくお願いします。

石橋 武(以下、石) まどろっこしく嫌味を言うな(苦笑)。

編 ここで推したグレイルは本命にしたのに、なんでフィエールマンを本命にしなかったかな〜。

石 ん〜、散々迷い、考えた結果なんだけどねぇ。

編 実際、なんでなんですか?

石 マジに説明するとひとつにはローテーション。3000mを走るうえでラジオNIKKEI賞以来の約4ヶ月ぶりというのは、僕のいままでの馬券の経験上さすがに厳しいなと。

編 たしかに休み明けでいきなりG1、しかも長距離戦というのは厳しいか。

石 もちろん適性も合うし、走れる可能性があったからこのブログでも推したんだけど、勝つ可能性となると、グレイル、そして結局人気馬の本命に推したブラストワンピースには劣るのではないかと。

編 ちなみに1800mまでしか経験がない馬で菊花賞を勝ったというのも初めてだったらしいですけど、そこは気になりませんでした?

石 あ、それは全然。いままでの走りからも1800mは明らかに短いと思っていたし、折り合いに難のある馬でもないし、3000mはどんとこいという感じだったよ。ただ、

編 ただ?

石 あの買い目にして後悔はないんだけど、一点だけ後悔してもいいかなと思ったのがブラストワンピース。

編 後悔してもいいかな(笑)。言い回しがアレですけど、ブラストワンピースのどのあたりですか?

石 勝負予想の見解には書いたけど、「切れすぎる」って言ったでしょ?

編 ああ、書いていましたね。え〜と、正確には「京都芝3000mを走るには切れすぎるという印象も受ける」と。

石 そうそう。そこは懸念した通りで、最後の一押しが効かなかったのはそこだよね。切れるぶん、早めに脚が上がってしまった。能力的にそこがカバーできるかと思ったけど、足りなかった。これに関しては見立てを間違えていた。

編 穴馬の本命グレイルに関しては?

石 あれはスタートで後手を踏んだのがすべて。結果、自分の外にいる馬に寄られてさらにポジションを下げることになった。あそこまで位置取りを悪くすると厳しいね。適性と能力はあるだけに、あれは痛かった。クセなら直してほしいけところだけど。

編 たしかにあとは見立て通りに来ていましたよね。2着のエタリオウも3着のユーキャンスマイルも。そして勝ったフィエールマンも。勝負に勝って馬券に負けたというか。

石 いや、勝負にも負けているんだけど(苦笑)。ただ、変なというか見当違いの外し方ではないから、僕の予想で勝ってくれた方にはもちろん申し訳ないんですけど、僕としてはまあ心配ないかなと。

編 実際、先週は土日とも単勝回収率はプラスでしたし。ちなみにその単勝が的中したレースはなかなかすごいなと思わせる本命でしたよね。たとえば土曜日の秋麗S。

石 ◎ダンツゴウユウ(4人気1着)。

編 そう。4番人気とはいえ、単勝1,280円となかなかついていましたし、このレースは単勝10倍以内が3頭しかいないという、上位が強い(と目されていた)メンバーでしたけど。

石 そうね。ただ、枠も距離もベストと踏んでいたので。あとは差し届くかどうか。ただ、展開も向きそだたったし、キレイに差し切ってくれてよかったよ。

編 ただ、2着のクレマンザルダスが抜けなんですよね。

石 あ〜、あの馬は無理だわ。たぶんあのレースを何回予想しても買い目には入ってこない。人気がないからというわけではなくて、単純に足りないなと思っていて。結果、ハンデ、展開がバチッとハマって走られたけど。

編 やっぱり厳しいか。

石 ああいうイレギュラーを追っても、長期的に見たら意味がないからね。イレギュラーはイレギュラーで消化するしかない。

編 あとは日曜日の新潟9Rのサラドリーム。こちらは1番人気でしたけど、それでも単勝は590円。

石 あやしい馬が多かったからね。あれは人気が割れると思っていたし、1番人気は予想していたけど、配当的にはそれくらいだろうなと。

編 狙い通り。

石 この馬に関しては順当に走ってくれば勝つかなと。

編 ただ、こちらは3着馬ハーツブライト(13人気)が抜け。大外枠だけになんで買ってないんだと思った方も多いと思われますが。

石 まあ、キミがそう思ったんだろうけど(笑)、あのポジションにつけられるスピードはないなと。何度か見解にも書いたことがあるけど、新潟芝1000m=外枠有利と単純に考えている方も多いけど、前につけられるスピードがない馬にとっては死に枠だからね。スピードがある馬に前にどんどん入られてポジションが悪くなってしまうので。それもあって買い目には入れなかったんだけど、鞍上の松田騎手が思い切って行ったのがよかった。

編 石橋さん、松田騎手を買ってますよね。いつもうまいって言う。

石 いつもじゃないけど、かなりうまいでしょ。それ言われると馬券も買っておけばよかったなと(笑)。

編 たしかに(笑)。あとは日曜日の東京最終ですね。◎バレッティ(3人気1着)。ずっと1800〜2100mを走ってきて、一気の距離短縮となったわけですが。

石 この馬はレースぶりからもこれくらいが合うと思っていたので。将来的には1400mあたりでも活躍できそう。

編 これも上位が拮抗した難しいレースだったと思うんですが。

石 いや、バレッティに関してはあまり負ける気がしなくて、やられるなら一発のある馬、穴馬の本命に推したベバスカーンみたいな追い込み馬に食われるくらいかなと。

編 なるほど。ちなみに2、3着が抜けでしたけど。

石 これは読み違いというか、想定しなかった馬がきちゃった。バレッティが中団から来て、2、3着は先行有利だなと。展開的にも馬場的にも。結果、2番手を進んだミッキーワイルドが2着に残ったので展開の読み時代は合っていたのかもだけど、この馬、出遅れて終わると思っていたので。

編 そういういことか。

石 そういうことです。

編 やっぱ色々考えて印を打っているんですね。

石 当たり前だろ。今話したことの20倍は迷い、考えてるわ(笑)。

編 じゃなきゃ、あんな見解も書けないか(笑)。で、その頭脳を駆使して、天皇賞(秋)の注目穴馬は?

石 だからいちいち嫌味っぽく言うな(笑)。

編 冗談ですって。ただ、マジメな話、このレースに穴馬います? 人気馬で決着しそうな感じですけど。

石 まあ、そのパターンもあるよね。その場合は買い目を減らして回収率を上げるけど。ただ、現時点で注目しているキセキ、ヴィブロスあたりはそんなに人気にならないかなと。

編 ですね。どちらも単勝15〜25倍はつきそうな感じ。でもなんでこの2頭なんですか?

石 まずこのレースが瞬発力勝負だということ。有力馬に瞬発力で勝てるのはヴィブロスくらい。まともに勝負した場合ね。

編 まともに勝負した場合というのは?

石 ああ、道中ずっと死んだふりで、着だけ拾えればいいという競馬をする馬がいたら、上がりの速さでは負けるでしょうと。ただ、上位馬はそんな乗り方はしないし、勝つ可能性を考えると、そういう(道中死んだふりの)馬の単勝は現時点では勧められないということ。

編 そういうことか。でも、キセキの場合、瞬発力では上位馬に敵わないんじゃないかと。たしかにずっとメンバー中上位の上がりを使ってきていましたけど、古馬になってからどうなのかなと。調子を取り戻しているというなら、そうなのかもしれませんけど。

石 お、なかなかいいツッコミ。たしかに瞬発力勝負だと厳しいだろうね。ただ、前走の毎日王冠で、前につけてスタミナ勝負に持ち込もうとしていたんだよね。結局逃げたアエロリットのペースではあったんだけど。ただ、ああいうレースができるなら、今回は面白い存在になる。

編 展開的に?

石 そう。有力馬も自分から動いたら目標になるだけとわかっているなけで、わざわざ自らこの馬に鈴をつけにはいかないだろうし、となると、この馬が早め抜け出しから粘りこむチャンスは大きくなる。

編 他馬が牽制しあっているあいだに、自分に有利な展開に持ち込んじゃう作戦。

石 ネーミングはさておき、そういうこと。さすがにあの極悪馬場の菊花賞がタフすぎて反動はあっただろうけど、その後の成績でナメられているならなおさら有利。甘くみないほうがいいよね。

編 そうですね。じゃあ、現時点ではこの2頭ですか?

石 そうだね。

編 了解です。ではまた勝負予想の見解で、詳しくお願いします。どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR